注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アルタイル(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月24日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主藤田 在子
生産者天羽 禮治
生産地日高町
戦績25戦[5-3-2-15]
総賞金10,083万円
収得賞金2,250万円
英字表記Altair
血統 カネヒキリ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ライフアウトゼア
トップオブドーラ
血統 ][ 産駒 ]
Grand Slam
Maltese Dianne
兄弟 マルターズオリゾンアナトリア
前走 2017/01/28 白嶺ステークス
次走 2017/03/26 マーチステークス G3

アルタイルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 -- 1635------** 牡5 54.0 田中勝春手塚貴久---- --------
17/01/28 東京 9 白嶺S 1600万下 ダ1600 14467.541** 牡5 57.0 松岡正海手塚貴久488(+4)1.37.4 -0.036.3④④イーグルフェザー
17/01/07 京都 10 羅生門S 1600万下 ダ1400 16489.756** 牡5 57.0 V.シュミ手塚貴久484(+2)1.23.5 0.436.1⑨⑦キタサンサジン
16/12/18 中京 11 三河S 1600万下 ダ1400 137108.444** 牡4 55.0 嶋田純次手塚貴久482(+2)1.24.5 0.336.4⑩⑩ブルミラコロ
16/11/20 東京 10 錦秋S 1600万下 ダ1600 1681631.885** 牡4 57.0 武士沢友手塚貴久480(-6)1.34.9 0.336.9ディアデルレイ
16/10/08 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 128127.147** 牡4 57.0 蛯名正義手塚貴久486(+2)1.51.2 0.936.9④④④④タムロミラクル
16/08/27 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 14584.033** 牡4 52.0 柴田大知手塚貴久484(+10)1.51.7 0.637.4⑧⑧⑨⑦ピオネロ
16/07/02 福島 10 猪苗代特別 1000万下 ダ1700 15347.051** 牡4 57.0 蛯名正義手塚貴久474(-10)1.44.3 -0.836.6クロフネビームス
16/05/29 東京 11 薫風S 1600万下 ダ1400 161212.8711** 牡4 57.0 松岡正海手塚貴久484(-2)1.24.8 1.236.8⑥⑥マッチレスヒーロー
16/05/15 東京 12 BSイレブン 1600万下 ダ1600 152221.076** 牡4 55.0 H.ボウマ手塚貴久486(-8)1.37.6 0.736.4④④ソルティコメント
16/04/30 東京 10 春光S 1600万下 ダ2100 152211.6613** 牡4 55.0 蛯名正義手塚貴久494(-2)2.14.2 3.242.1オリオンザジャパン
16/02/20 東京 10 金蹄S 1600万下 ダ2100 148136.637** 牡4 56.0 松岡正海手塚貴久496(+2)2.12.3 1.938.3⑪⑪⑩⑧アポロケンタッキー
16/02/06 東京 11 白嶺S 1600万下 ダ1600 14586.647** 牡4 55.0 蛯名正義手塚貴久494(0)1.36.7 0.337.3⑦⑥サノイチ
15/11/21 東京 11 錦秋S 1600万下 ダ1600 16596.246** 牡3 56.0 松岡正海手塚貴久494(+2)1.37.2 0.937.5⑨⑧プロトコル
15/10/24 東京 10 秋嶺S 1600万下 ダ1600 16474.424** 牡3 55.0 松岡正海手塚貴久492(+10)1.36.6 0.936.9⑫⑫モーニン
15/10/04 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 16243.4113** 牡3 55.0 松岡正海手塚貴久482(0)1.53.8 2.139.2⑪⑪⑪⑪モンドクラッセ
15/08/16 新潟 9 瀬波温泉特別 1000万下 ダ1800 158142.011** 牡3 54.0 松岡正海手塚貴久482(+4)1.52.9 -0.336.6⑨⑨⑧⑦ゴーイングベル
15/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 16369.333** 牡3 56.0 松岡正海手塚貴久478(0)1.36.7 0.836.6⑪⑪ノンコノユメ
15/05/17 東京 10 青竜S OP ダ1600 12335.122** 牡3 56.0 蛯名正義手塚貴久478(-4)1.36.5 0.135.2ノンコノユメ
15/03/15 中京 10 昇竜S OP ダ1400 123315.642** 牡3 56.0 松岡正海手塚貴久482(-6)1.24.4 0.236.8⑧⑧アキトクレッセント

⇒もっと見る


アルタイルの関連ニュース

【マーチS】レース展望

2017年03月21日(火) 19:44

 中山は重賞2本立てで、日曜メインにダートのGIIIマーチS(26日、1800メートル)が行われる。かなり難解なメンバー構成に加えてハンデ戦。荒れる気配が漂っている。過去10年を見ても、1番人気馬は【1・1・2・6】。やはり信頼度は低い。今年はどの馬が1番人気になるかも分からない状況だけに、多くの馬にチャンスがある。

 コスモカナディアン(美浦・金成貴史厩舎、牡4歳)は中山ダート1800メートルで6戦して2勝、2着2回、3着1回と安定。オープンに昇級していきなり挑戦した2走前の交流GI川崎記念で3着に健闘し、仁川Sも2着と崩れなかった。着実に力をつけてきた馬で、ここ5戦と同じ56キロなら上位争いが可能だ。

 ピットボス(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)は3歳時にユニコーンSレパードSでともに4着。その後、着実に力をつけ、古馬オープンとの初対戦となったポルックスSでは1番人気に推されながら6着に敗退したが、スタートでつまずき位置取りを悪くする不利があった。ハンデ55キロは想定内で、スムーズなレースができれば見直せる。

 佐賀記念で4馬身差の圧勝を飾ったロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)は、中央の重賞では武蔵野S8着、東海S7着と結果が出ていない。中山では昨秋の内房Sを勝っているが、このときはハンデ53キロ。今回は重賞を勝ったことでハンデ57キロを背負わされるだけに、過信は禁物か。

 実績的には重賞3勝、フェブラリーS2着があるインカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡7歳)が最上位だが、故障休養明け後は以前のような走りは見られない。実績があるだけにハンデも57.5キロを背負わされては苦しい印象だ。

 重賞2勝、フェブラリーSとチャンピオンズCで3着があるアスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)も、東海S8着、フェブラリーS15着と近2走は振るわない。トップハンデ58キロというのも厳しい材料と思える。

 昨年の勝ち馬ショウナンアポロン(美浦・古賀史生厩舎、牡7歳)は、すんなり逃げられないともろいタイプ。前年から2キロ増の56キロで、同型との兼ね合いが鍵になりそうだ。

 これなら、昇級初戦でも勢いがあるアルタイル(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)=54キロ=あたりも差はない。オープンでここ2戦ともに4着のメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡6歳)=56キロ、交流GIで2度3着があるハッピースプリント(大井・森下淳平厩舎、牡6歳)=56キロ、復調気配の全日本2歳優駿優勝馬ディアドムス(美浦・高橋裕厩舎、牡5歳)=54キロ、昇級初戦の前走・総武Sで小差5着に健闘したディアデルレイ(美浦・牧光二厩舎、牡6歳)=55キロ=も争覇圏内だろう。

 除外対象馬にも有力馬がおり、なかでも繰り上がり順3位タイのセンチュリオン(美浦・田村康仁厩舎、牡5歳)は出走できれば上位人気になりそうな存在。全5勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者で、オープンに再昇級したここ2戦(ともに中山ダート1800メートル)もポルックスS2着、総武S3着と崩れていない。オープン未勝利でハンデ56キロは見込まれた印象だが、今回のメンバーなら妥当ともいえるだろう。

マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【マーチステークス】特別登録馬2017年03月20日(月) 17:30

[もっと見る]

【マイルCS】ヤングマンGI獲りトレ!豪快12秒5 2016年11月17日(木) 05:05

 マイルチャンピオンシップの追い切りが16日、東西トレセンで行われた。美浦では3連勝中のヤングマンパワーが坂路で豪快な動きを見せ、GI初制覇への態勢を整えた。栗東ではスワンSを快勝したサトノアラジンがCWコースで力強く先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得。ミッキーアイルは坂路で上々の追い切りを消化した。

 500キロを超える巨体が迫力満点に坂路を駆け上がってきた。3連勝中のヤングマンパワーが、大きな体で軽快なフットワークを披露。勢いそのままにGI制覇に乗り出す。

 僚馬アルタイル(1600万下)、アジアエクスプレス(オープン)とともに坂路に登場し、グイグイと上っていくヤングマン。2頭の真ん中に入り、ゴール前でアルタイルが1馬身ほど遅れたが、外のアジアエクスプレスとの500キロ超のコンビが並んでフィニッシュする姿は圧迫感すら感じるほどだ。

 4ハロン53秒2−39秒5−12秒5の時計は目立つものではないが、「先週、速い時計(4ハロン51秒2)を出しているし、今週はそれほど出さなくていい。予定通りです。いい状態で出せますよ」と手塚調教師は納得の表情だ。

 新馬戦を勝って3戦目にはアーリントンCで重賞Vと、早い時期から素質を見せていたが、その後は1年以上も勝ち星から見放された。復活のきっかけは、降級戦となった今年6月の多摩川S。アーリントンC以来となる3勝目を挙げると、関屋記念富士Sとマイル重賞を連勝。一気にマイルCSの有力候補へとのし上がってきた。

 「特徴的な頭の高い走法だけど、首の使い方とかに力強さが出てきました。富士Sはメンバーがそろっていたので、どれぐらいの競馬ができるかと思ったけど、完勝でしたからね。ペースが遅かったし、時計以上の内容でした」

 成長した姿と前走のレースぶりでGIへの自信を深めたようだ。「京都は初めてですけど、脚質的に合っていると思いますし、長距離輸送もアーリントンCの阪神で問題なかったので心配していません。すばらしいパフォーマンスを見せられると思います」と話す調教師からこぼれる笑みが、好調ぶりを物語る。

 共同会見の最後に「皆さん、(予想欄に)たくさん印をつけてくださいね」と言い放った手塚師。アダルトな姿へ脱皮したヤングマンパワーなら、“宣言”が現実のものとなるかもしれない。 (柴田章利)

マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】ヤングマンパワー軽やかに弾む 2016年11月16日(水) 11:16

 関屋記念富士Sと重賞連勝中のヤングマンパワーが、美浦坂路で軽快に弾んだ。

 先週に続く3頭併せで真ん中へ。やや頭が高いのは相変わらずだが、フットワークは力感たっぷり。ゴールでは外アジアエクスプレスと併入し、内アルタイルには1馬身先着。先週9日には自己ベストの坂路4F51秒2をマークと、目下の充実ぶりは際立っている。

 「顔を外に向けて走る癖があるけど、2頭の間だと真っ直ぐに走れる。(4F)54秒くらいの予定だったのでちょうどいいかな。大きな上積みはどうかと思うけど、前走と同じくらいの雰囲気で送り出せる」と手塚調教師。GI舞台でも、「モーリス不在で抜けた存在はいない。ウチの馬にも十分にチャンスはある。どんどん良くなっているし、どんな競馬でもできる」と、信頼は絶大だ。(夕刊フジ)

マイルチャンピオンシップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【BSN賞】芝から転向のピオネロ、砂連勝!2016年08月28日() 05:00

 BSN賞(27日、新潟11R、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、ダ1800メートル、1着本賞金2200万円=出走14頭)1番人気ピオネロ(栗・松永幹、牡5、父ネオユニヴァース)が好位から鋭く伸び、芝からダートへ転向後、無傷の連勝を飾った。タイム1分51秒1(良)。通算24戦6勝。今後は放牧を挟み、シリウスS(10月1日、阪神、GIII、ダ2000メートル)で重賞初制覇を目指す。1馬身3/4差の2着が2番人気モズライジンで、3着も3番人気アルタイルと順当な決着となった。

 ◆福永騎手(ピオネロ1着) 「砂をかぶって嫌がるそぶりを見せましたが、よく伸びていました。いい経験になったと思います。今後が楽しみです」

★27日新潟11R「BSN賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等2016年07月02日() 17:51

<今日の出来事>

■第2回福島第1日(7月2日(土))

●出走取消
 3R  4番   ブリーズドゥメール号(田辺 裕信騎手)
  両後肢挫創のため

●競走中止
 7R  7番   ガリンシャ号(杉原 誠人騎手)
  疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
 
馬 : 両前浅屈腱不全断裂 ※予後不良
騎手 : 異状なし

手塚 貴久調教師 JRA通算400勝達成!
10Rで、4番アルタイル号(蛯名 正義騎手)が第1着となり、手塚 貴久調教師(美浦)は現役45人目のJRA通算400勝を達成しました。
コメント : 調教師になって19年目となりますが、毎年コンスタントな成績を残せているのも周囲の方々のおかげです。これからも厩舎スタッフ一同、技術力を高めて皆さんの期待に応えられるように頑張っていきます。

<明日の取消・変更等>

■第2回福島第2日(7月3日(日))

●騎手変更
 4R  7番   ワイルドジーク
  上野 翔騎手(60.0kg)⇒平沢 健治騎手(60.0kg)
  落馬負傷のため


<今日の出来事>

■第3回中京第1日(7月2日(土))

●競走中止
 1R 10番   コウソクコーナー号(石神 深一騎手)
  2周目3号障害飛越着地時につまづいて騎手が落馬したため競走を中止
 
馬 : 異状なし
騎手 : 異状なし
 4R  6番   ウメジマダイオー号(上野 翔騎手)
  1周目3号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
 
馬 : 異状なし
騎手 : 頸椎骨折、鼻骨々折、左鎖骨々折 ※豊明市内の病院に搬送

<明日の取消・変更等>

■第3回中京第2日(7月3日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第1回函館第5日(7月2日(土))

●競走中疾病
11R  6番   スナッチマインド号(藤岡 佑介騎手)
  競走中に鼻出血を発症
12R  5番   サーブルオール号(柴山 雄一騎手)
  競走中に鼻出血を発症

<明日の取消・変更等>

■第1回函館第6日(7月3日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルタイルの関連コラム

閲覧 302ビュー コメント 0 ナイス 2

▼2015年08月08日(土) 新潟09R ダリア賞
【前走がJRAのレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●2位以内 [3-4-5-12](複勝率50.0%)
●3位以下 [2-1-0-24](複勝率11.1%)
→前走の“末脚”に注目したい一戦。なお、前走がJRAのレース、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった馬のうち、父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬は2010年以降[2-3-2-1](複勝率87.5%)、父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬は2010年以降[1-1-2-1](複勝率80.0%)と、それぞれより安定していました。

▼2015年08月08日(土) 札幌11R 札幌日経オープン
【前年か同年、かつJRA、かつ芝2600mのレースにおける連対経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [2-2-2-5](複勝率54.5%)
●なし [1-1-1-19](複勝率13.6%)
→現在の施行時期に移った2012年以降は、距離適性の高い馬が堅実。特別登録を行った馬のうち、2014年以降、かつJRA、かつ芝2600mのレースにおいて連対経験があるのは、イントレピッドカンタベリーナイトタマモベストプレイモビールの4頭だけです。

▼2015年08月09日(日) 札幌11R UHB賞
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2012年以降)】
●5位以内 [3-1-2-11](複勝率35.3%)
●6位以下 [0-2-1-19](複勝率13.6%)
→前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が優勢。先行力の高さを活かしたいタイプは評価を下げるべきだと思います。

▼2015年08月09日(日) 小倉11R 農林水産省賞典 小倉記念
【前走の着順が4着以下だった馬の、前走との間隔別成績(2009年以降)】
●中6週以内 [1-0-2-48](複勝率5.9%)
●中7週以上 [2-2-1-7](複勝率41.7%)
→前走好走馬を除くと、レース間隔が詰まっている馬は不振。今年は前走で大敗を喫している馬が多いので注意しましょう。

▼2015年08月09日(日) 新潟11R レパードステークス
【同年の3月以降、かつJRA、かつ1800mのレースにおいて3着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [6-6-5-40](複勝率29.8%)
●なし [0-0-1-29](複勝率3.3%)
→距離適性がポイント。特別登録を行った馬のうち、ユニコーンステークスに出走していた5頭(アルタイルクワドループルゴールデンバローズダイワインパルスノボバカラ)はいずれもこの条件をクリアしていません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。今年8月26日には最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)を発売予定。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年06月23日(火) 17:26 【ウマニティ】
先週の回顧〜(6/20〜6/21)いっくんプロがユニコーンSで◎○▲的中!払い戻し100万超!
閲覧 187ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、21(日)に東京競馬場でG3ユニコーンステークスが、函館競馬場でG3函館スプリントステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ユニコーンステークスアキトクレッセントが大きく出遅れたもののその他はまずまずのスタート、道中先手を奪ったブチコが先頭で直線コースへ。先頭を行くブチコピンストライプノボバカラの3頭が後続を離して400mを通過。ここでノボバカラブチコを交わして単独先頭に躍り出るとリードを広げていきます。残り200mを通過、ここで先頭を行くノボバカラを目掛けてエンジンかかったノンコノユメが力強い末脚で迫ってきます。残り100mを通過、ここでついにノボバカラを捕まえたノンコノユメがゴール前は流す余裕を見せて完勝。嬉しい初重賞制覇となりました。2馬身半差の2着にノボバカラ、そこから2馬身半差の3着にアルタイルが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ馬券生活プロ夢月プロ億の馬券術事務局プロが的中しています。
 
G3函館スプリントステークスは、逃げるフギンを4コーナーで交わしたアンバルブライベンが先頭で直線コースへ。逃げるアンバルブライベン、2番手にはエーシントップの2頭が叩き合って残り200mを通過。ここで最後方でレースを進めていたティーハーフが桁違いの脚で前の2頭を捉えると一気に突き放して大楽勝。2馬身半差の2着にアースソニック、そこからハナ差の3着にレンイングランドが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロサラマッポプロジョアプロが的中しています。
  
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
勝負予想に指定した21(日)東京11RユニコーンステークスGIIIで◎ノンコノユメノボバカラアルタイルのパーフェクト予想を披露!3連単1007.7倍を1000円的中させ、100万7700円のビッグヒットとなりました。20(土)東京8Rでも◎△×の印で3連単694.8倍を500円的中させ、34万7400円の払い戻し!週末トータル回収率230%、収支プラス94万1000円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
20(土)阪神4Rで◎チャップリンビービーボヌールの波乱決着を本線で的中!17万4200円を払い戻しました。21(日)函館6Rでは単勝61.7倍の大穴◎リュウノースジョイが2着に入り、単勝、馬連を的中させ、41万9800円の払い戻し!週末トータル回収率139%、収支プラス28万4800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
21(日)阪神4Rで◎ヤマノサファイアからの3連単マルチで的中!34万1800円を払い戻しました。東京5Rでは本命に単勝28.9倍の伏兵、タネホカホカを本命に抜擢し、3連単2860.8倍を的中させました。週末トータルでは回収率131%、収支プラス22万3290円の成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
21(日)阪神3Rで本命に37.7倍の伏兵、ケントオーを指名。単勝1万円1点勝負で見事的中させ、37万7000円の払い戻しを達成しました。週末トータル回収率121%、収支プラス6万7000円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

2015年06月17日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第322話ユニコーンS(謎解き編)
閲覧 234ビュー コメント 0 ナイス 1

第322話 「ユニコーンS」


10年 34.9-24.3-37.4 =1.36.6 △1▼3△11 平坦戦
11年 34.3-24.7-37.2 =1.36.2 ▼3▼2△ 7 平坦戦
12年 35.0-24.7-36.8 =1.36.5 ▼3▼2△ 3 平坦戦
13年 35.6-25.0-35.4 =1.36.0 ▼6▼2△ 1 瞬発戦 重
14年 34.4-25.1-36.5 =1.36.0 ▼8▼2△ 6 瞬発戦 稍

重馬場だった13年以外はテンの方が速い前傾ラップとなっています。
それでいて瞬発戦or平坦戦となっているので瞬発力があって長くいい脚が使えるタイプの馬が有利というレースです。

3歳のダートG靴任垢春はここを目標にするダート馬が多いためなかなかメンバーが揃うレースでもあります。
レースでの上り1位の馬の成績は
0-3-1-3 勝率0.0% 連対率42.9% 複勝率57.1%
となっていて馬券になる確率はかなり高いものの勝ち馬は1頭もいません。
過去5年では上り1位の馬は全て4コーナー10番手以下の位置取りでした。
つまりここでは「直線だけの競馬では勝ちきれない」ということが言えるでしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
バーディバーディ  【瞬3平1消0】▼ 5▼4△ 4 ▼ 1▼ 9△1
アイアムアクトレス 【瞬1平3消0】△ 2▼2▼ 1 ▼14△ 2△2
ストローハット   【瞬2平0消0】▼ 8▼3△ 5 ▼ 9△ 2△5
ベストウォーリア  【瞬2平0消1】▼ 1▼6△ 1 △ 9▼ 6△9
レッドアルヴィス  【瞬3平0消0】▼10▼5△ 4 ▼ 4▼10▼1
2着馬
バトードール    【瞬3平0消0】▼11▼2△ 7 ▼ 3▼ 6△4
グレープブランデー 【瞬4平2消0】▼ 4▼6△10 ▼ 3▼ 6△6
オースミイチバン  【瞬2平0消0】△ 5▼7△ 9 △ 3▼ 6△3
サウンドリアーナ  【瞬1平1消1】△ 6▼3△ 1 ▼ 5▼ 1△2
コーリンベリー   【瞬1平2消1】△ 2▼1△ 3 △ 1▼ 9△5

連対馬全てに瞬発戦実績がありました、これは必須かなと思います。
また10頭中8頭には連続加速実績がありました。
実際このレースでも10年以外は全て連続加速となっているラップなのでこれはあった方がベターでしょう。

馬券的には固いレース傾向となっています。
過去5年で1番人気2勝、3番人気3勝、となっていて5番人気以下で馬券になったのは5頭いますが全て3着でした。
穴を狙うなら3着固定か?

・前走4着以内
・前走4角4番手以内
・前走1800m以上の距離短縮組
という馬が有利のレースで前走4着以内というのが馬券的に固い理由の一つでしょう。
これにラップギア傾向を加味すると今年の登録メンバーでは
ゴールデンバローズ
の1頭。
前走はUAEダービー3着で直線先頭に立つもMUBTAAHIJにあっさり突き放されました。
あれはMUBTAAHIJが強すぎでその後よく3着に粘ったなというのが正直な感想。
海外遠征の疲れさえなければ勝ち負けでしょう。
次点にはアルタイルダノングッドピンストライプでしょうか。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールデンバローズアルタイルピンストライプ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

アルタイルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 14ビュー コメント 0 ナイス 4

マーチステークス

ショウナンアポロン 長め、単走、動き軽快、前向き

インカンテーション 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

アルタイル 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ、時計優秀

メイショウスミトモ 坂路、単走、動き軽快、前向き

ディアドムス 長め、単走、動き軽快、前向き

リーゼントロック 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

マイネルクロップ 長め、単走、動き軽快、集中して

コクスイセン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、先着

コスモカナディアン 長め、単走、動き軽快、集中して前向き

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、前向き

シルクドリーマー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

アスカノロマン 長め、単走、動き軽快、集中して

ディアデルイ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ストロングサウザー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

 ムーンホーセズネック 2017年03月21日(火) 22:47
競馬検討 マーチステークス
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 4

マーチステークス

アスカノロマン ムラを克服せねば

アルタイル さて?

インカンテーション 往年の力?

キクノソル 陰りが

コクスイセン ムラあり

コスモカナディアン 力付け

サングラス さて?

ショウナンアポロン 使い詰めで

シルクドリーマー 芝からダート

ストロングサウザー 力付け

センチュリオン 安定して

ディアデルレイ 安定して

ディアドムス ムラあり

トップディーヴォ ムラあり

バスタータイプ 壁に当たり

ハッピースプリント ここならば

ピットボス 再度

マイネルクロップ ムラあり

メイショウコロンボ 故障明け2走目

メイショウスミトモ 差し脚確実も

リーゼントロック 壁に当たり

ロンドンタウン 中央に戻って

アスカノロマン、コスモカナディアン(゜∀゜)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年01月30日(月) 15:50
馬のインフルエンザでは競馬が暫くお休みになった。も 
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 8

一歩間違えれば「開催中止」の大事!? 昨年のJRA賞最多勝利新人騎手・木幡巧也が土曜9レース終了後「病気」で離脱 Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年01月30日 09時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2437.html

 アルタイルとイーグルフェザーがハナ差の激戦を演じた土曜の東京9レース・白嶺S終了後に、不可解なニュースが飛び込んだ。7着のメガオパールカフェに騎乗していた木幡巧也騎手が「病気」のため、騎乗予定のあった12レースのブルローネが乗り替わりになったのだ。

 普通、乗り替わりの理由といえば、落馬によるケガが一般的。それだけに今回の「病気」報道は、競馬ファンにある種の驚きを与えたようだ。SNS上でも「何があった?」「木幡君大丈夫かな...」といった発言が散見された。

 後に同競馬場で精密検査が行われ、病気はインフルエンザと判明。翌日の騎乗はキャンセルとなり、予定のあった9鞍はすべて別の騎手へ乗り替わりとなった。

「今回は大事に至らなくて何よりでしたが、感染力の高いインフルエンザだっただけに、関係者の間でも様々な意見が飛び交っています。基本的に競馬開催期間中の騎手は、調整ルームや検量室など同じ空間で生活をともにするため、病気が蔓延しやすい環境に置かれます。同じ競馬場内で騎乗する騎手達にインフルエンザが伝染すれば、最悪の場合開催中止という事態にもなりかねませんからね。」(競馬記者)

 先週も、福永祐一騎手が開催期間中にインフルエンザを発症し、日曜日の乗鞍をすべてキャンセルするアクシデントがあった。当時は土曜の騎乗をすべて終えた後に発覚となったが、騎乗中にすでに自覚症状が出ていた可能性もなくはない。

 騎手にとって騎乗機会の損失は極力避けたい事態であり、乗り替わりが容易に行われるようになった近年ならなおさらだろう。それだけに、「病気を隠してでも騎乗したい」というジョッキーの心情は、理解できないものではない。


 しかし、競馬開催中止という大事になる可能性は無視できるものではなく、一騎手の願望ばかりを優先するべきではないはず。病身で100%の騎乗ができるとは考えられない上に、一歩間違えれば落馬など事故につながる危険も潜んでいる。同時に、騎乗を依頼している調教師や馬主にも迷惑は及ぶだろう

競馬ファンとしても、騎手には常にベストの状態で騎乗をしてほしいもの。病気が疑われる場合には、無理に騎乗せずに心身の休養につとめるべきだろう。


菌はくしゃみして空気中に9時間は漂い生きている。そしてその場に居る人の呼吸で吸込まれて感染していくのだ。だから、用事で出かけて人ごみの多いところから帰宅したら、うがいは絶対にしないといけない。インフルエンザは水に弱い菌。

[もっと見る]

アルタイルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アルタイルの写真

投稿写真はありません。

アルタイルの厩舎情報 VIP

2017年1月28日白嶺ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルタイルの取材メモ VIP

2017年1月28日 白嶺ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。