アルタイル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2012年4月24日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主藤田 在子
生産者天羽 禮治
生産地日高町
戦績35戦[7-3-5-20]
総賞金17,333万円
収得賞金4,650万円
英字表記Altair
血統 カネヒキリ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
ライフアウトゼア
トップオブドーラ
血統 ][ 産駒 ]
Grand Slam
Maltese Dianne
兄弟 アロングショットマルターズオリゾン
前走 2018/04/15 アンタレスステークス G3
次走予定

アルタイルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 164827.397** 牡6 56.0 小崎綾也手塚貴久490(-2)1.50.6 0.837.6⑧⑧⑪⑪グレイトパール
18/03/25 中山 11 マーチS G3 ダ1800 1661213.364** 牡6 57.0 田中勝春手塚貴久492(-2)1.52.2 0.137.5⑦⑦⑥④センチュリオン
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 16129.851** 牡6 57.0 田中勝春手塚貴久494(0)1.52.4 -0.237.7⑩⑩⑨⑥ラインルーフ
17/12/09 中山 11 師走S OP ダ1800 165918.978** 牡5 56.0 田中勝春手塚貴久494(+10)1.52.9 0.937.6⑥⑥⑦④ディアデルレイ
17/11/19 福島 11 福島民友C OP ダ1700 148133.413** 牡5 57.0 田中勝春手塚貴久484(-4)1.45.5 0.437.4⑩⑩⑨⑦ディアデルレイ
17/08/26 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 15358.043** 牡5 56.0 田中勝春手塚貴久488(+4)1.51.7 0.236.7⑧⑧⑨⑨トップディーヴォ
17/07/09 函館 11 マリーンS OP ダ1700 14588.135** 牡5 56.0 田中勝春手塚貴久484(-2)1.44.1 1.237.0⑫⑬⑬⑫テイエムジンソク
17/06/10 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16233.7212** 牡5 56.5 田中勝春手塚貴久486(+2)1.37.7 1.136.7⑪⑫メイショウウタゲ
17/04/22 東京 11 オアシスS OP ダ1600 167137.341** 牡5 56.0 田中勝春手塚貴久484(-4)1.35.3 -0.135.6⑩⑩センチュリオン
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 163535.6113** 牡5 54.0 田中勝春手塚貴久488(0)1.52.2 0.238.1⑪⑪⑫⑨インカンテーション
17/01/28 東京 9 白嶺S 1600万下 ダ1600 14467.541** 牡5 57.0 松岡正海手塚貴久488(+4)1.37.4 -0.036.3④④イーグルフェザー
17/01/07 京都 10 羅生門S 1600万下 ダ1400 16489.756** 牡5 57.0 V.シュミ手塚貴久484(+2)1.23.5 0.436.1⑨⑦キタサンサジン
16/12/18 中京 11 三河S 1600万下 ダ1400 137108.444** 牡4 55.0 嶋田純次手塚貴久482(+2)1.24.5 0.336.4⑩⑩ブルミラコロ
16/11/20 東京 10 錦秋S 1600万下 ダ1600 1681631.885** 牡4 57.0 武士沢友手塚貴久480(-6)1.34.9 0.336.9ディアデルレイ
16/10/08 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 128127.147** 牡4 57.0 蛯名正義手塚貴久486(+2)1.51.2 0.936.9④④④④タムロミラクル
16/08/27 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 14584.033** 牡4 52.0 柴田大知手塚貴久484(+10)1.51.7 0.637.4⑧⑧⑨⑦ピオネロ
16/07/02 福島 10 猪苗代特別 1000万下 ダ1700 15347.051** 牡4 57.0 蛯名正義手塚貴久474(-10)1.44.3 -0.836.6クロフネビームス
16/05/29 東京 11 薫風S 1600万下 ダ1400 161212.8711** 牡4 57.0 松岡正海手塚貴久484(-2)1.24.8 1.236.8⑥⑥マッチレスヒーロー
16/05/15 東京 12 BSイレブン 1600万下 ダ1600 152221.076** 牡4 55.0 H.ボウマ手塚貴久486(-8)1.37.6 0.736.4④④ソルティコメント
16/04/30 東京 10 春光S 1600万下 ダ2100 152211.6613** 牡4 55.0 蛯名正義手塚貴久494(-2)2.14.2 3.242.1オリオンザジャパン

⇒もっと見る


アルタイルの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、アンタレスステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
4~5歳馬が圧倒(2008年以降)

グレイトパール
ナムラアラシ
ロンドンタウン
コスモカナディアン
ユラノト
クインズサターン
マイネルバサラ

距離短縮組が優勢(2008年以降)

グレイトパール
ナムラアラシ
トップディーヴォ
アスカノロマン
メイショウスミトモ
モンドインテロ
ミツバ
マイネルバサラ

【人気】
人気サイド(1~3番人気)の信頼度が高い(2008年以降)
※10時30分現在の1~3番人気

グレイトパール
ナムラアラシ
ミツバ

【脚質】
先行優勢(阪神開催に移行した2012年以降)

グレイトパール
ディアデルレイ
トップディーヴォ
マイティティー
メイショウスミトモ

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

上がり3ハロン1~2位馬は【4.0.3.6】の好成績(2012年以降)

グレイトパール
ナムラアラシ
ユラノト
モンドインテロ
ミツバ

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
5~8枠が好調(2012年以降)

コスモカナディアン
アスカノロマン
メイショウスミトモ
ユラノト
クインズサターン
モンドインテロ
ミツバ
マイネルバサラ

【血統】
サンデーサイレンス系またはミスプロ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬が優勢(2012年以降)

グレイトパール
ナムラアラシ
ディアデルレイ
メイショウウタゲ
トップディーヴォ
マイティティー
ロンドンタウン
アルタイル
アスカノロマン
メイショウスミトモ
ユラノト
モンドインテロ
ミツバ

父キングマンボ系が狙いどころ(2012年以降)

グレイトパール
ディアデルレイ
トップディーヴォ
ユラノト


【4項目以上該当馬】
グレイトパール(7項目)
ナムラアラシ(5項目)
ユラノト(5項目)
ミツバ(5項目)
トップディーヴォ(4項目)
メイショウスミトモ(4項目)
モンドインテロ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【アンタレスステークス】ズバリ調教診断!2018年4月15日() 10:11

アンタレスステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。





グレイトパール
最終追い切りは栗東CWで6Fから3頭併せを実施。追走して1頭に先着した一方、もう1頭には遅れをとったため、見栄えは良くないが、走破タイムと動きは悪くない。前回の最終追い切りも似たような感じだったので、この馬なりに順調と言えるのではないだろうか。

ナムラアラシ
調教では良くも悪くも目立つ面を見せない馬。栗東CWで行われた最終追い切りも強調材料に欠ける感。いつもこうした内容で結果を残しているので、大きな割引材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない悩ましい1頭である。

ディアデルレイ
中間の時計&動きに目立つところはなかったが、南Wで行われた最終追い切りでは6Fから追われて好タイムを計測。併走馬には遅れたものの、珍しいことではないので、過度に意識する必要はない。一度使われて、気配は確実に上昇している。

メイショウウタゲ
この中間は栗東坂路で軽めの調整。動き自体はマズマズだが、力強さに欠ける印象。いい時は、もう少し気合乗りが表に出ていた馬。1回叩いた上積みは見込めても、大きな変わり身まではどうか。

トップディーヴォ
入念に乗り込まれているが、栗東坂路で行われた最終追い切りは時計、動きともに平凡。もともと坂路では動かないタイプとは言え、正直ジャッジに悩むところ。攻め馬をビッシリできている点については、好感を持てるが……。いずれにせよ、当日の気配には注意を払いたい。

マイティティー
最終追い切りは栗東CWで6Fから一杯の追い切り。全体時計は78秒台の猛ラップを叩いてきたが、ラスト1Fは失速気味。ただし、これまでの休み明けと比較すると、帰厩後の乗り込み量&負荷をかけた調教本数は多め。そのあたりを踏まえると、仕上がり自体は悪くないものと思われる。

ロンドンタウン
この中間は栗東坂路主体に調整。1週前は流して加速ラップを計測。今週もマズマズのラップをマークするなど、それなりの時計を出してきた点は評価できる。大きな上積みはなくとも、決して悪い状態ではない。

アルタイル
南Wで行われた最終追い切りは長めから追われ、マズマズの時計を計測。最後は少し苦しくなったようだが、単走かつ外めを回ったことを考慮すれば、致し方ないところではある。この馬なりに順調な仕上がりではないか。

コスモカナディアン
中2週続きながら、5日に北C、8日に坂路で時計を出すなど、体調面の不安はなさそう。今週は北Cで6Fから追われ、馬なりでマズマズのラップを刻んでいる。中間の内容から鑑みると、ここ一連のデキは維持できているとみていい。

アスカノロマン
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、一杯に追われてマズマズの時計をマークしたが、速い時計の出やすいコンディションであったため、特筆できるようなモノではない。最終追い切りも頭の高さが目立ち、本調子にはない印象を受ける。

メイショウスミトモ
栗東坂路で行われた最終追い切りは、併走馬に遅れをとる、見た目には平凡な内容。ただし、4Fを52秒6で駆け抜けているので、馬場状態(不良)を勘案すると、決して悲観するような走りではない。このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないだろうか。

ユラノト
栗東CWで行われた最終追い切りは、タイムフライヤーと併せて遅れはしたものの、自己ベストを更新する好ラップをマークした。とにかく、最後まで相手に食らいついて、しぶとく脚を伸ばす姿が印象的。攻めと実戦が直結するタイプではないが、少なくとも状態面の不安はない。

クインズサターン
今週の追い切りは栗東坂路でマズマズの動きを見せた。全体時計は目立たず、脚捌きが若干硬いようにも映るが、前回もこうした感じで結果を残しているだけに、問題は少ないものと考えられる。気合乗りも良く、及第点と言えるのではないか。

モンドインテロ
南Wで行われた最終追い切りの動きは上々。鞍上に促されると首と顎を大きく使って、力強い伸び脚を披露した。難をあげるとするならば、鞍上に促されるまでの行きっぷりの悪さ。もう少し活気が出れば、言うことないのだが……。

ミツバ
中1週ながらも、坂路で時計を2本出しているように、体調面の不安はない。だが、最終追い切りでは、併せた1000万下の格下馬に手応えで見劣り、最後はアオられる物足りない内容。攻め気配からは推しづらく、阪神実績でどこまでカバーできるか。

マイネルバサラ
南Wで行われた今週の追い切りでは、馬なりで上々の時計をマーク。機敏な脚捌きが目につき、最後まで勢いが鈍ることはなかった。自分からグイグイと前に進んでいくさまが印象的。良好な状態であることは間違いない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【アンタレスS】追って一言2018年4月12日(木) 05:02

 ◆アスカノロマン・川村師 「先週に続き動きが良かった。復調気配を感じる」

 ◆アルタイル・手塚師 「体調は問題ない。速い時計にも対応可能」

 ◆クインズサターン・野中師 「いい状態をキープ。安定して脚を使うし、展開次第」

 ◆グレイトパール・中内田師 「まだ休み明けを感じさせる体だが、乗り込み量は足りているし、力を出せる状態」

 ◆コスモカナディアン・金成師 「寒い時期がいいタイプで、状態は平行線」

 ◆トップディーヴォ・昆師 「ピリピリした感じがなく、いい感じでレースに出せる」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「けいこは動くタイプではないが、しまいの動きは良かった」

 ◆マイティティー・本田師 「追い切りはテンから飛ばして止まったけど、順調だよ」

 ◆マイネルバサラ・松山師 「58キロなので脚抜きのいいダートがいい」

 ◆ミツバ・千引助手 「中1週だし、追い切りはサッと。広いコースでスムーズなら」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「ダート2戦目で上積みはあるが、距離がどうか」

 ◆ロンドンタウン・今井助手 「少し外へ張る面があったけど、体の張り、毛づやはいい」

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アンタレスS】レース展望 2018年4月9日(月) 18:48

 春の阪神開催も最終週を迎え、日曜メインにダートのGIIIアンタレスS(1800メートル)が行われる。2012年に連覇を遂げたゴルトブリッツは続く帝王賞でGI初制覇。13年の覇者ホッコータルマエは次走のかしわ記念でGI初制覇を飾り、その後、大きく成長した。16年の優勝馬アウォーディーも2走後のJBCクラシックでGI初制覇を成し遂げ、ダートGIの常連になっている。今後のGIに向け、今年も大いに注目したい。

 グレイトパール(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)はダートへ転向後、無傷の5連勝で重賞初挑戦となった昨年の平安Sを圧勝した。その後、惜しくも右前脚の骨折が判明。昨年末にはいったん栗東に帰厩したが、再び放牧に出たため、休養が長引いた経緯がある。それでも調整は軌道に乗り、いい状態に仕上がりそうだ。レース勘が戻っているかどうかが大きなポイントになるが、あっさり勝っても不思議ではない。今回も賞金順位は16番目で出走枠ギリギリでもあり、今後に向けた賞金の上積みが期待される。

 ナムラアラシ(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)は2走前のアルデバランS、前走の仁川Sとオープン特別を連勝中。ともに最内枠から馬群をさばいて差し切り勝ちだった。全7勝中4勝と阪神コースも得意。脚質的に展開に左右されるが、差し脚は侮れない。今回は牧田厩舎への転厩初戦。リスタートで連勝を伸ばせるか、関心が集まる。

 ユラノト(栗東・松田国英厩舎、牡4歳)は1000万下、準オープン・摩耶Sを連勝中。昨年8月に未勝利を脱出したばかりの馬が一気にオープンまで駆け上がってきた。2走前は2番手からメンバー最速の上がり(3ハロン36秒7)を使い、前走も好位4番手からメンバー2位の上がりでV。好位につけるセンスがあり、しまいの脚もしっかりしているのが強みだ。重賞初挑戦だが、相手なりに走れる可能性は十分ある。

 着実に力をつけているのがクインズサターン(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)。オープン入り直後の武蔵野Sは10着だったが、その後は師走S4着、東海S5着、総武S3着。前走のマーチSではセンチュリオンにハナ差2着とタイトルに手が届くところまできた。以前は左回りにこだわって使われていたが、今は右回りでも問題ない印象。強敵にもまれながら成長してきた点から、このメンバーに入っても見劣ることはない。

 トップディーヴォ(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)は名古屋グランプリ、佐賀記念と交流重賞で連続2着。JRAの重賞でも昨秋のシリウスSで4着に入っており、ここも上位争いが見込める。昆厩舎&横山典弘騎手のコンビは、先週のサンスポ杯阪神牝馬Sミスパンテールで制しており、2週連続Vのチャンスだ。

 韓国のローカルGIコリアC優勝馬で、昨年のこのこのレース2着のロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡5歳)、前走の名古屋大賞典は落馬競走中止だったが、シリウスS、名古屋グランプリと重賞2勝のメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)、マーキュリーC優勝馬で前走の名古屋大賞典2着のミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)、前走のマーチSで小差4着のアルタイル(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)なども十分に上位を狙える。



アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アンタレスステークス】特別登録馬2018年4月8日() 17:30

[もっと見る]

【マーチS】ハイランドピークが単勝2.2倍で1番人気/13:00時点 2018年3月25日() 13:15

 日曜日の中山メインには、ダートのハンデ重賞・マーチS(25日、GIII、1800メートル)が組まれている。ここを足掛かりとして、上半期の交流GIかしわ記念(5月2日、船橋、ダート1600メートル)や、帝王賞(6月27日、大井、ダート2000メートル)を視野に入れたい好メンバーが顔をそろえ、楽しみな一戦となった。



 前走の上総Sを5馬身差で逃げ切ったハイランドピークが単勝2.2倍で1番人気、全7勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者センチュリオンが単勝6.2倍で2番人気、昨年UAEダービーで2着に好走したエピカリスが単勝7.0倍で3番人気、昨年2着に入ったディアデルレイ、昨年の3着馬アルタイルが並んだ単勝10.9倍で4、5番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1  ブレスアロット   84.81- 2  ストロングサウザー192.12- 3  サンマルデューク  82.12- 4  ロワジャルダン   39.23- 5  サクラルコール   31.43- 6  ジョルジュサンク  85.04- 7  ディアデルレイ   10.94- 8  センチュリオン    6.25- 9  エピカリス      7.05- 10 コスモカナディアン 17.86- 11 メイショウウタゲ  41.46- 12 アルタイル     10.97- 13 ハイランドピーク   2.27- 14 クインズサターン  14.58- 15 ロンドンタウン   15.68- 16 オールブラッシュ  60.2



マーチSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルタイルの関連コラム

閲覧 992ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2015年8月4日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年08月04日号
閲覧 401ビュー コメント 0 ナイス 2

▼2015年08月08日(土) 新潟09R ダリア賞
【前走がJRAのレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●2位以内 [3-4-5-12](複勝率50.0%)
●3位以下 [2-1-0-24](複勝率11.1%)
→前走の“末脚”に注目したい一戦。なお、前走がJRAのレース、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった馬のうち、父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬は2010年以降[2-3-2-1](複勝率87.5%)、父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬は2010年以降[1-1-2-1](複勝率80.0%)と、それぞれより安定していました。

▼2015年08月08日(土) 札幌11R 札幌日経オープン
【前年か同年、かつJRA、かつ芝2600mのレースにおける連対経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [2-2-2-5](複勝率54.5%)
●なし [1-1-1-19](複勝率13.6%)
→現在の施行時期に移った2012年以降は、距離適性の高い馬が堅実。特別登録を行った馬のうち、2014年以降、かつJRA、かつ芝2600mのレースにおいて連対経験があるのは、イントレピッドカンタベリーナイトタマモベストプレイモビールの4頭だけです。

▼2015年08月09日(日) 札幌11R UHB賞
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2012年以降)】
●5位以内 [3-1-2-11](複勝率35.3%)
●6位以下 [0-2-1-19](複勝率13.6%)
→前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が優勢。先行力の高さを活かしたいタイプは評価を下げるべきだと思います。

▼2015年08月09日(日) 小倉11R 農林水産省賞典 小倉記念
【前走の着順が4着以下だった馬の、前走との間隔別成績(2009年以降)】
●中6週以内 [1-0-2-48](複勝率5.9%)
●中7週以上 [2-2-1-7](複勝率41.7%)
→前走好走馬を除くと、レース間隔が詰まっている馬は不振。今年は前走で大敗を喫している馬が多いので注意しましょう。

▼2015年08月09日(日) 新潟11R レパードステークス
【同年の3月以降、かつJRA、かつ1800mのレースにおいて3着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [6-6-5-40](複勝率29.8%)
●なし [0-0-1-29](複勝率3.3%)
→距離適性がポイント。特別登録を行った馬のうち、ユニコーンステークスに出走していた5頭(アルタイルクワドループルゴールデンバローズダイワインパルスノボバカラ)はいずれもこの条件をクリアしていません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。今年8月26日には最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)を発売予定。

[もっと見る]

2015年6月23日(火) 17:26 【ウマニティ】
先週の回顧~(6/20~6/21)いっくんプロがユニコーンSで◎○▲的中!払い戻し100万超!
閲覧 268ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、21(日)に東京競馬場でG3ユニコーンステークスが、函館競馬場でG3函館スプリントステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ユニコーンステークスアキトクレッセントが大きく出遅れたもののその他はまずまずのスタート、道中先手を奪ったブチコが先頭で直線コースへ。先頭を行くブチコピンストライプノボバカラの3頭が後続を離して400mを通過。ここでノボバカラブチコを交わして単独先頭に躍り出るとリードを広げていきます。残り200mを通過、ここで先頭を行くノボバカラを目掛けてエンジンかかったノンコノユメが力強い末脚で迫ってきます。残り100mを通過、ここでついにノボバカラを捕まえたノンコノユメがゴール前は流す余裕を見せて完勝。嬉しい初重賞制覇となりました。2馬身半差の2着にノボバカラ、そこから2馬身半差の3着にアルタイルが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ馬券生活プロ夢月プロ億の馬券術事務局プロが的中しています。
 
G3函館スプリントステークスは、逃げるフギンを4コーナーで交わしたアンバルブライベンが先頭で直線コースへ。逃げるアンバルブライベン、2番手にはエーシントップの2頭が叩き合って残り200mを通過。ここで最後方でレースを進めていたティーハーフが桁違いの脚で前の2頭を捉えると一気に突き放して大楽勝。2馬身半差の2着にアースソニック、そこからハナ差の3着にレンイングランドが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロサラマッポプロジョアプロが的中しています。
  
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
勝負予想に指定した21(日)東京11RユニコーンステークスGIIIで◎ノンコノユメノボバカラアルタイルのパーフェクト予想を披露!3連単1007.7倍を1000円的中させ、100万7700円のビッグヒットとなりました。20(土)東京8Rでも◎△×の印で3連単694.8倍を500円的中させ、34万7400円の払い戻し!週末トータル回収率230%、収支プラス94万1000円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
20(土)阪神4Rで◎チャップリンビービーボヌールの波乱決着を本線で的中!17万4200円を払い戻しました。21(日)函館6Rでは単勝61.7倍の大穴◎リュウノースジョイが2着に入り、単勝、馬連を的中させ、41万9800円の払い戻し!週末トータル回収率139%、収支プラス28万4800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
21(日)阪神4Rで◎ヤマノサファイアからの3連単マルチで的中!34万1800円を払い戻しました。東京5Rでは本命に単勝28.9倍の伏兵、タネホカホカを本命に抜擢し、3連単2860.8倍を的中させました。週末トータルでは回収率131%、収支プラス22万3290円の成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
21(日)阪神3Rで本命に37.7倍の伏兵、ケントオーを指名。単勝1万円1点勝負で見事的中させ、37万7000円の払い戻しを達成しました。週末トータル回収率121%、収支プラス6万7000円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

2015年6月17日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第322話ユニコーンS(謎解き編)
閲覧 293ビュー コメント 0 ナイス 1

第322話 「ユニコーンS


10年 34.9-24.3-37.4 =1.36.6 △1▼3△11 平坦戦
11年 34.3-24.7-37.2 =1.36.2 ▼3▼2△ 7 平坦戦
12年 35.0-24.7-36.8 =1.36.5 ▼3▼2△ 3 平坦戦
13年 35.6-25.0-35.4 =1.36.0 ▼6▼2△ 1 瞬発戦 重
14年 34.4-25.1-36.5 =1.36.0 ▼8▼2△ 6 瞬発戦 稍

重馬場だった13年以外はテンの方が速い前傾ラップとなっています。
それでいて瞬発戦or平坦戦となっているので瞬発力があって長くいい脚が使えるタイプの馬が有利というレースです。

3歳のダートGⅢですが春はここを目標にするダート馬が多いためなかなかメンバーが揃うレースでもあります。
レースでの上り1位の馬の成績は
0-3-1-3 勝率0.0% 連対率42.9% 複勝率57.1%
となっていて馬券になる確率はかなり高いものの勝ち馬は1頭もいません。
過去5年では上り1位の馬は全て4コーナー10番手以下の位置取りでした。
つまりここでは「直線だけの競馬では勝ちきれない」ということが言えるでしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
バーディバーディ  【瞬3平1消0】▼ 5▼4△ 4 ▼ 1▼ 9△1
アイアムアクトレス 【瞬1平3消0】△ 2▼2▼ 1 ▼14△ 2△2
ストローハット   【瞬2平0消0】▼ 8▼3△ 5 ▼ 9△ 2△5
ベストウォーリア  【瞬2平0消1】▼ 1▼6△ 1 △ 9▼ 6△9
レッドアルヴィス  【瞬3平0消0】▼10▼5△ 4 ▼ 4▼10▼1
2着馬
バトードール    【瞬3平0消0】▼11▼2△ 7 ▼ 3▼ 6△4
グレープブランデー 【瞬4平2消0】▼ 4▼6△10 ▼ 3▼ 6△6
オースミイチバン  【瞬2平0消0】△ 5▼7△ 9 △ 3▼ 6△3
サウンドリアーナ  【瞬1平1消1】△ 6▼3△ 1 ▼ 5▼ 1△2
コーリンベリー   【瞬1平2消1】△ 2▼1△ 3 △ 1▼ 9△5

連対馬全てに瞬発戦実績がありました、これは必須かなと思います。
また10頭中8頭には連続加速実績がありました。
実際このレースでも10年以外は全て連続加速となっているラップなのでこれはあった方がベターでしょう。

馬券的には固いレース傾向となっています。
過去5年で1番人気2勝、3番人気3勝、となっていて5番人気以下で馬券になったのは5頭いますが全て3着でした。
穴を狙うなら3着固定か?

・前走4着以内
・前走4角4番手以内
・前走1800m以上の距離短縮組
という馬が有利のレースで前走4着以内というのが馬券的に固い理由の一つでしょう。
これにラップギア傾向を加味すると今年の登録メンバーでは
ゴールデンバローズ
の1頭。
前走はUAEダービー3着で直線先頭に立つもMUBTAAHIJにあっさり突き放されました。
あれはMUBTAAHIJが強すぎでその後よく3着に粘ったなというのが正直な感想。
海外遠征の疲れさえなければ勝ち負けでしょう。
次点にはアルタイルダノングッドピンストライプでしょうか。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールデンバローズアルタイルピンストライプ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

アルタイルの口コミ


口コミ一覧

短評17 アンタレスステークス

 あらすぺ 2018年4月20日(金) 00:34

閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 1

ダートの重賞は荒れると思っているので同じ日にある皐月賞より時間をかけて予想しました。

グレイトパールは11ヶ月ぶりのレースということでヒモまでとしました。
ダートのオープンクラスのレースの力関係を見ながら、不良馬場も考慮しつつ本命はコスモカナディアンとしました。
ディアデルレイ、アルタイルも本命候補でした。

コスモカナディアンは前のほうで競馬をしていたのですが、直線で失速しずるずると後ろに下がってしまいました。

結局、1~5着までヒモで決まってしまうという情けない結果に。

あとで新聞を見て思ったのですが、1~5着まで全部栗東の所属の馬でした。
ちなみに本命のコスモカナディアン、候補にしていたディアデルレイ、アルタイル3頭とも美浦の所属でした。

京都と阪神で行われるダート重賞は関西馬を狙うのがいいのかもしれません。

 しんすけ46 2018年4月15日() 09:21
アルタイルステークス(最終結論)
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 7

皐月賞同様、ここも買い目変更。
と言っても軸は変えません。
予想以上に不良馬場までなってくれたんでね。
道悪馬場をスイスイぃって走ってくれそうだ!

三連複の相手のクインズサターンが
某情報サイトによるとまた末脚勝負にかけるとの事なんで・・・。
前走みたいに中段につけてくれるかなぁ~と思ってたんでね。

阪神11R アンタレスステークス

◎⑤トップディーヴォ
〇⑧アルタイル
△①グレイトパール
△⑦ロンドンタウン
△⑬クインズサターン
△⑮ミツバ

馬連⑤ー①・⑦・⑧・⑬・⑮への5点へ300円。
馬単⑤ー①・⑦・⑧・⑬・⑮への5点へ200円。
三連複⑤・⑧ー①・②・⑦・⑬・⑮への5点へ200円。

トップディーヴォは前にも載せた様に道悪実績NO.1。
地方交流だけど重賞実績を付けてのこの舞台。人気薄の横典と買い材料揃った気が?
もしかして罠?
アルタイルも実績の割には人気ないんで三連複の相手に大抜擢!

うまく嵌ってくれたらウハウハでーす。

[もっと見る]

 馬券王くるわ 2018年4月15日() 09:10
馬券王新聞 18.4.15号 
閲覧 182ビュー コメント 0 ナイス 5

======土曜日の結果======

○福島 4R 3連単 20,460円的中♪
◎阪神11R 第27回 アーリントンC(GⅢ)
     馬単  1,830円的中♪

  
昨日 土曜日3連単5点買いで
2万馬券的中しました。
新規一転のコーナーで初日から
万馬券とは縁起のいいスタートです。
この調子で皐月賞もGetしたい
ところです。
 
 
※復活!!馬券王のメインはおまかせ※


◎福島11R 福島民報杯(4歳上OP)
 
◎14 ノーブルマーズ
○ 5 サトノスティング
▲10 マイネルサージュ
△ 7 ヴォージュ
×16 シャイニープリンス
☆12 ストーンウェア
 
 
◎は14 ノーブルマーズを狙いたい。
前走はさすがにG2の壁は厚かったか
8着惨敗も…時計を見ると着順ほど
負けてはいない。人気落ちなら
迷わず狙ってみたくなる。
能力的にはOP特別ならば通用しても
いい。
 
 
馬連 14-5,10,7,16,12 (計5点)

 
◎阪神11R 第23回 アンタレスステークス(GⅢ)
 
◎ 1 グレイトパール
○15 ミツバ
▲13 クインズサターン
△ 8 アルタイル
× 5 トップディーヴォ
☆12 ユラノト
 
 
骨折休養明けの1 グレイトパール。
常識的に考えれば、1走様子見だが
休養までダートで5戦5勝のパフォーマンス。
ここはリスクは承知でこの馬にかけて
みる。
 
 
馬単 1→15,13,8,5,12 (計5点)


◎中山11R 第78回 皐月賞(GⅠ)
 
◎ 2 ワグネリアン
○ 9 オウケンムーン
▲ 3 ジャンダルム
△15 ステルヴィオ
×11 マイネルファンロン
☆12 グレイル
 
 
馬場状態にもよりそうだが、
本命は 2 ワグネリアン。
前走負けた2歳王者が不出走なら
単純に考えれば、この馬でいいと
思う。相手にはオウケンムーン。
父名をみるとこの馬がG1勝てば
胸熱だなあ。などと考えてしまうが。
15 スティルヴィオは前走勝ったとは
いえハナ差勝ち。距離はマイルの方が
よさそうとみた。
 
 
3連単 2,9→2,3,15→2,9,3,15,11,12 (計20点)

 
(ブログ「幸運は駿馬のたてがみ」より一部転載)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルタイルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アルタイルの写真

投稿写真はありません。

アルタイルの厩舎情報 VIP

2018年4月15日アンタレスステークス G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルタイルの取材メモ VIP

2018年4月15日 アンタレスステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。