グレイトパール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年3月29日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主H.H.シェイク・ファハド
生産者千代田牧場
生産地新ひだか町
戦績 8戦[6-0-0-2]
総賞金10,134万円
収得賞金2,700万円
英字表記Great Pearl
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
フォーチュンワード
血統 ][ 産駒 ]
デヒア
コパノオマモリ
兄弟 ラブミーテンダーエンブレイスライフ
前走 2017/05/20 平安ステークス G3
次走予定

グレイトパールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 16592.511** 牡4 56.0 川田将雅中内田充538(0)1.55.7 -0.737.4⑨⑨クリソライト
17/03/11 阪神 11 仁川S OP ダ2000 9771.511** 牡4 56.0 和田竜二中内田充538(+2)2.03.4 -0.135.8コスモカナディアン
17/01/05 京都 9 初夢S 1600万下 ダ1900 15351.611** 牡4 56.0 C.ルメー中内田充536(-4)1.58.2 -0.335.4⑪⑪⑤テイエムジンソク
16/11/27 京都 8 3歳以上1000万下 ダ1900 168152.611** 牡3 55.0 M.バルザ中内田充540(0)1.55.2 -0.835.7⑦⑤クリノリトミシュル
16/10/10 京都 6 3歳以上500万下 ダ1900 13115.431** 牡3 55.0 川田将雅中内田充540(-6)1.58.5 -0.637.5キングサムソン
16/09/10 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 1661216.0613** 牡3 54.0 和田竜二中内田充546(+20)2.01.9 1.235.5⑨⑨⑪⑫スワーヴアーサー
16/01/30 京都 9 梅花賞 500万下 芝2400 117913.767** 牡3 56.0 和田竜二中内田充526(-4)2.31.7 1.837.6アドマイヤダイオウ
16/01/05 京都 6 3歳新馬 芝2000 1371114.171** 牡3 56.0 和田竜二中内田充530(--)2.05.1 -0.335.1コンパッション

グレイトパールの関連ニュース

 5月20日の平安S・GIIIでダート路線転向後、無傷の5連勝を達成したグレイトパール(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)の故障をJRAが発表。診断は右第1指骨剥離骨折。6カ月以上の休養を要する見込み。

 中内田調教師は「精密検査の結果、骨折していることが分かりました。残念ですが軽度の骨折ですし、秋以降の復帰を目指します」と語った。

グレイトパールの競走成績はこちら

【平安S】砂に新星!グレイト、4馬身差で5連勝 2017年05月21日() 05:04

 第24回平安ステークス(20日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1900メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)重賞初挑戦ながら1番人気に支持されたグレイトパールが1分55秒7(良)の好タイムで圧勝。ダート転向後、無傷の5連勝を飾った。カタール王族のH.H.シェイク・ファハドオーナーは重賞初勝利。今後は、選出されれば帝王賞に出走する。6番人気クリソライトが4馬身差の2着だった。

 “ワンサイドゲーム”で砂の新星誕生を予感させた。グレイトパールがダート転向後、無傷の5連勝で重賞初制覇。照りつける日差しの中、悠々とゴールを駆け抜けた。

 「トップスピードは高くないのですが、スピードが持続します。素晴らしい持続力でしたね。次が楽しみになりました」

 自身にとっても12年連続となる今年初の重賞タイトルを奪取した川田騎手が誇らしげな表情を見せた。道中は促しながら9番手を追走。前半はペースが速かったこともあり、少しもたついていたが、3コーナー付近から加速すると、そこからは前方との差が詰まっていくだけ。手応え十分に直線に向き、残り250メートルで先頭に立ち、ゴールでは上がり最速の末脚で追い込んできたクリソライトに4馬身もの差をつけていた。

 「勝つよ」。追い切り後に中内田調教師は自信のコメントを残していたが、休み明け、しかも重賞初挑戦で歴戦の猛者を一蹴。これだけの走りを演じたとあれば、陣営の期待も高まってくる。

 次のダート界の大舞台は帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)で、トレーナーは「出られるなら出たいですね。最後はグレイトパールらしい走りを見せてくれましたし、まだ良くなりますよ」と力を込める。まだ底が見えない4歳馬が、破竹の勢いで砂の頂点を目指す。 (宇恵英志)

★20日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】グレイトパールが5連勝で重賞初制覇 2017年05月20日() 15:43

 5月20日の京都11Rで行われた第24回平安ステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1900メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気グレイトパール(牡4歳、栗東・中内田充厩舎)が5連勝で重賞初制覇。タイムは1分55秒7(良)。

 道中、中団につけたグレイトパールは向こう正面から早めに進出。直線入り口で、コパノチャーリーを競りつぶして先頭に立ったケイティブレイブを外からかわすとあとは独走。グレイトパールは芝で新馬戦を勝ってその後は7着、13着と勝ち星をあげられなかったが、3歳の10月にダートに転向して以降は500万→1000万→1600万→オープン特別→GIIIと絵に描いたような出世街道に乗った。

 ◆川田将雅騎手(1着 グレイトパール)「トップスピードは高くないのですが、スピードが持続します。素晴らしい持続力でしたね。次が楽しみになりました」

 4馬身差の2着には大外から追い込んだクリソライト(6番人気)、さらに半馬身遅れた3着に好位で粘り込んだマイネルバイカ(15番人気)。

 平安Sを勝ったグレイトパールは、父キングカメハメハ、母フォーチュンワード、母の父デヒアという血統。北海道新ひだか町・千代田牧場の生産馬。馬主のH.H.シェイク・ファハド氏はJRA重賞レース初勝利。通算成績は8戦6勝。重賞初制覇。平安Sは中内田充調教師は初優勝、川田将雅騎手は2011年ダイシンオレンジに次いで2勝目。

★20日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】厩舎の話2017年05月19日(金) 05:02

 ◆アスカノロマン・川村師 「自分の形で競馬ができれば」

 ◆クリソライト・東田助手 「斤量58キロで中央のダートがどうか」

 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「乗り込んで体調は戻ってきた」

 ◆グレイトパール・中内田師 「攻め量は豊富で体つきもいい」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「ルメール騎手は“いつもより良かった”と言っていた」

 ◆ケイティブレイブ・目野師 「ハナに行かないと駄目。行き切る」

 ◆コパノチャーリー・村山師 「逃げた方がいいタイプ。他馬との兼ね合いが鍵」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「いい反応。前回からの上積みがある」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「ハナに行き切る。強引に行かせる」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「体が絞れていい雰囲気。堅実に走ってくれる」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「元気いっぱい。時計がかかる決着なら」

 ◆マイネルバイカ・西村師 「ようやく状態が戻ってきた」

 ◆ラストインパクト・辻野助手 「素軽さが出てきている」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「力をつけて、前回も差のない競馬をしている」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「1回使っていい状態だ」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「中央にめどが立った」

[もっと見る]

【平安S】追って一言2017年05月18日(木) 05:02

 ◆アスカノロマン・川村師 「いい動きでしたし、いい状態。自分の形で競馬ができれば」

 ◆クリソライト・東田助手「けいこの感じからも状態は良い」

 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「脚部不安でここまで復帰が延びた。1回使ってからかな」

 ◆グレイトパール・中内田師 「このひと追いでピリッとしてくると思います。いい競馬を」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「この馬にしてはいい反応。京都への輸送なら我慢が利く」

 ◆ケイティブレイブ・目野師 「好調キープ。ハナに行かないとダメだから、行き切る形で」

 ◆タガノエスプレッソ・北村友騎手 「いい反応。上積みがありそう」

 ◆ドリームキラリ・矢作師 「状態は変わりない。強引にでも行かせる」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「体が絞れていい雰囲気。ここで賞金加算を」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「元気いっぱい。動きもこの馬なりのもので、何も問題ない」

 ◆マイネルバイカ・西村師 「元気いっぱい。状態が戻ってきた」

 ◆ラストインパクト・辻野助手 「追うごとに素軽さが出てきた。落ち着いているのはいい」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「いい頃の状態になってきた。力をつけている」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「1回使っていい状態。京都は相性がいい。賞金を加算したい」

平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【平安S】レース展望 2017年05月15日(月) 18:54

 春の開催最終週となる京都では、土曜メインにダートGIIIの平安ステークス(1900メートル)が組まれている。1月から5月に移ってから5年目。帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダート2000メートル)につながる可能性もあり、必見の一戦だ。

 今年の登録馬ではクリソライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)が中心だ。ジャパンダートダービー優勝馬で、重賞はほかにダイオライト記念を3連覇、日本テレビ盃を勝ち、さらに昨秋はローカルGIながら韓国のコリアCを圧勝している。平安Sは昨年3着だったが、京都ダートは昇竜S勝ちなど【1・1・1・0】と安定。ダイオライト記念以来2カ月余り間隔があいたが、同レース3連覇はいずれも休み明けだったのをはじめ、鉄砲駆けが利くタイプなので問題はないだろう。

 そのクリソライトを昨年の平安Sで破ったのがアスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)。安定感を欠くタイプでもあり、その後は勝てていないが、チャンピオンズCでは3着と力を示している。昨年より1キロ軽い57キロも好材料。連覇の可能性は十分ある。

 2014年の優勝馬で15、16年ともに2着のクリノスターオー(栗東・高橋義忠厩舎、牡7歳)は、コリアC2着以来8カ月ぶりのレースになるが、ひと追いごとに動きが良くなっており、上々の仕上がりで出走できそうだ。今年も好勝負が見込まれる。

 レパードS東海Sと重賞を2勝しているグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)は1番人気に支持された前走のアンタレスSで9着に終わったが、57キロすら背負った経験がなかっただけに、58キロの斤量が影響した可能性は十分ある。今回も58キロだが、1度経験しただけに見直せるはずだ。京都も、みやこSでのちの東京大賞典勝ち馬アポロケンタッキーのクビ差2着がある。

 最大の上がり馬がグレイトパール(栗東・中内田充正厩舎、牡4歳)だ。昨年10月の500万下から1000万下、1600万下、オープン特別の仁川Sと4連勝。仁川Sでは2着コスモカナディアンに3/4馬身差と、さすがに条件戦のような圧勝はできなかったが、まだキャリア7戦だけに伸びしろは十分。重賞初挑戦でも目が離せない。

 名古屋大賞典を逃げ切ったケイティブレイブ(栗東・目野哲也厩舎、牡4歳)は、昨秋の浦和記念でも早め先頭からクリソライトなどを破っている。いかに気分良くマイペースで走れるかが鍵になるが、先行有利な舞台なのでマイペースならあっさりのシーンもありそうだ。

 3戦前の佐賀記念で重賞初制覇を飾ったロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)もその後、マーチS4着、アンタレスS2着と安定している。好位で立ち回れるタイプなので、ここも上位争いが期待できるだろう。

 ほかでは名古屋大賞典2着のピオネロ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)、一昨年のみやこS優勝馬ロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)、元横浜ベイスターズ投手の三浦大輔氏所有馬で着実に力をつけているリーゼントロック(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)なども侮れない。

平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレイトパールの関連コラム

閲覧 342ビュー コメント 0 ナイス 1

5月21日(日)に行われました東京11Rの「オークス G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○ソウルスターリング(2.4倍)
2着:総合ポイント【9位】モズカッチャン(15.0倍)
3着:総合ポイント【4位】▲アドマイヤミヤビ(4.8倍)

第3グループ・総合ポイント1位のソウルスターリングが1着、第4グループ・総合ポイント9位のモズカッチャンが2着、第3グループ・総合ポイント4位のアドマイヤミヤビが3着という結果でした。

ソウルスターリング強かったですね。序盤思った通りのスローでもスムーズに運べていたので、これはヤバいと思いましたが......。いずれにせよ、このレースはモズカッチャンを重視できるかどうかが馬券的にはポイントでしたから完敗です。当日の馬場の恩恵もありましたがこの馬も強い競馬だったと思います。勝ち馬と比べると人気も落ち着きそうなタイプですし、今後も注目していきたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔2,5,14,16(8点)

【3複流し】
◎=印
8=2,5,14,16(6点)

【ワイド】
◎=△(5)
8=5(1点)


計15点 払い戻し0円



続いて5月20日(土)に行われました京都11Rの「平安S G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△グレイトパール(2.5倍)
2着:総合ポイント【11位】△クリソライト(16.7倍)
3着:総合ポイント【8位】マイネルバイカ(156.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のグレイトパールが1着、第3グループ・総合ポイント11位のクリソライトが2着、第3グループ・総合ポイント8位のマイネルバイカが3着という結果でした。

こちらも軽視した△グレイトパールに圧勝され完敗。前に行った組がほとんど脚が上がる展開の中、途中から動いて4角2番手であの競馬ですからこのメンバー・舞台では一枚上だったということでしょうか。正直、未経験のこういった厳しい展開では沈む可能性が高いとみていたので完全に見誤りました。期待した◎リーゼントロックは速くなる流れを想定してでしょうか、いつも以上にスタートから出していかず結果位置取りが中団になってしまいました。こういう流れで前に付ければ結構粘れると思うんですけどね......残念です。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16

計21点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第273回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜平安ステークス G3
閲覧 881ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6〜8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)

[もっと見る]

2017年03月10日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年03月10日
閲覧 1,035ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年3月11日()の凄馬!>
超凄馬
中京7R 4歳以上500万以下
キラージョー(+2.7)

超凄馬
阪神9R ゆきやなぎ賞
ムーヴザワールド(+2.5)

超凄馬
阪神11R 仁川ステークス
Д哀譽ぅ肇僉璽(+2.1)

超凄馬
中山7R 3歳500万以下
.▲疋泪ぅ筌轡淵(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年3月12日、集計数:27,993レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

グレイトパールの口コミ


口コミ一覧

名鉄杯

 better loo 2017年07月13日(木) 21:07

閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 4

まだ出馬確定してないけど
出て来たらマスクゾロの複勝に
入れます。 もうこの馬とテイエムジンソク
あと故障したグレイトパール
この3頭はホントに強いです❗

 まっちゃんGT7 2017年07月09日() 18:56
テイエムジンソクとグレイトパール
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 2

この2頭…帝王賞出られてたら勝ち負け出来たんじゃないの…?

グレイトパールの骨折は残念だけど、復帰したら要注目。
ジンソクはとにかく賞金加算して早くG1出て来て欲しいです。

また後で近走チェックしますが、結果見ても明らかに抜けてますね。

上記の馬もそうですが、今日は僕のお気に入りのミリッサも勝ち、夏に入ってシルバーステートやナムラマルやヒシマサルなど…シャイニングレイもスプリントで開花の兆し。
今年の秋は上がり馬旋風が巻き起こりそうな気がします。

しかしテイエムジンソクは相当ヤバそう。
竹之下騎手散々言われてますけど、それよりも明らかに使い詰めだった頃から休養して、リフレッシュ出来たのが1番良かったんだろうなーと思います。
まあしばらくは賞金加算。チャンピオンズCに間に合って欲しいなー( ´∀`)

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年05月23日(火) 20:25
馬券メモ(2017/5/20・21)
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 8

今日、札幌競馬場でHBAトレーニングセールが行われました。

最高落札額だったのは、231番・トーコーユズキの2015。
価格は5100万円。

今年のトレーニングセールは正直小粒な印象が否めない状況だったので、
5000万円オーバーの馬が出てきたのは良い意味で想定外でした。

これで2歳馬関連のセールは全て終了。
来週の今頃には来季のPOG馬を絞っておかなきゃいけない時期ですから、
今回のトレーニングセールの結果もしっかりチェックして、
お気に入りのPOG馬を選んでいきたいです。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【3回京都9日】

■7R サンライズウィズ 1人気2着

勝ち馬に上手く逃げられてしまいましたけど、この馬の力は出し切ったレースだったと思います。
現級なら安定して走ってくれますが、詰めの甘いところが課題ですね。

■8R メイショウカミシマ 4人気3着

アルメリアブルームを終始マークしながらのレースでしたが、
キレ味勝負になってしまうと厳しいですね。

■9R ラグナグ 2人気1着

中団のポジションから堂々の差し切り勝ち。
次走は降級戦になりそうなので、引き続き勝ち負けでしょう。

■10R ヒカリブランデー 7人気3着

スタートで後手を踏んでしまい、前に取り付くために脚を使ってしまったのが痛かったです。
でも、関西への長距離輸送でも好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■11R(平安S)ロンドンタウン 5人気12着

グレイトパールの強さが際立ったレースでしたね。
「馬場が合わなかった」と松山騎手がコメントを出していますので、本質的には軽い馬場がベストなのでしょう。
今一度最終追い切りの動きを見てみたのですが、前走の方が軽快な動きを見せていたんですよね…。
使い詰めによる調子落ちを見抜けたなかったのが悔やまれます。

■12R サイモンラムセス 5人気8着

外回りコースに替わる事を歓迎材料としたのですが、全然届きませんでした。
2000m以上の距離じゃないと今後も厳しそうです。


【2回東京9日】

■7R フィビュラ 2人気6着

半年以上の休み明け初戦という条件ではさすがに厳しかったですね…。
東京コースだとキレ負けしそうなので、小回りの福島や中山の方が合うかもしれません。

■8R スールキートス 3人気3着

直線で大外を回る大味な競馬になってしまいましたが、よく3着まで追い込んだと思います。
極端な脚質なので、3連系の馬券で勝負すべきでした。

■9R アドマイヤローザ 1人気9着

前残りの馬場を考えて、中団ぐらいの位置にいてほしかったんですけど、
道中の位置取りも絶望的で、どうしようもなかったですね…。

■10R モンドアルジェンテ 1人気1着

先行馬にとっては辛い流れでしたが、よく踏ん張ってくれました。
安定した先行力を持つ馬なので、昇級しても先行馬有利の流れになれば面白いと思います。

■11R ナスノセイカン 2人気6着

今の東京で外枠の差し馬を狙っちゃいけませんね…。
このレースを外した事でオークスのソウルスターリング本命が決まったので、
僕にとっては良い教訓になったレースでした。

■12R ビットレート 1人気13着

もっと積極的な競馬をしてほしかったんですが、
馬体重がマイナス14kgでしたから、状態も悪かったんだと思います。


【1回新潟7日】

■7R ミッキーオフィサー 3人気10着

マイナス10kgの馬体重発表で嫌な予感がしたんですけど、
前走のようなダッシュ力を見せられなかったのはやはり馬体重の影響だと思います。

■8R ミュゼリバイアサン 3人気6着

2番手からの競馬になってしまうと持ち味が活きないですね…。
楽にハナを奪える状況になれば巻き返すんでしょうが、そんな状況ってなかなか無いんですよね。

■9R スターファセット 3人気4着

中団やや前めの位置から脚を伸ばしたんですが4着まで。
前残りの展開に泣きました。

■10R フィアーノロマーノ 2人気10着

坂路での最終追い切りの時計が抜群だったので、前走からの変わり身を期待しましたが凡退。
マル外らしく、速い上がり勝負になると手も足も出ないですね。

■11R ウインバローラス 6人気3着

外枠からスムーズなレース運びを見せ3着を確保。
現級にメドを立てるレース内容だったと思います。

■12R ヴァッフシュテルケ 10人気9着

極端な競馬をしてくれれば…と思っていましたが、正攻法の競馬になると厳しいですね。
無理矢理な穴狙いになってしまいました。


【3回京都10日】

■7R トラストマヴィア 1人気3着

中団追走からよく追い込んできたんですけどね…。
今後も差し馬向きの展開になれば上位争いしてきそうです。

■8R ドルフィンマーク 3人気2着

今回も安定した先行力を武器にして2着に粘り込みました。
詰めの甘さは相変わらずですけど、前残りの展開になりそうな時はこれからも軸にしていきたいです。

■9R レイホーロマンス 4人気1着

有利な内枠からスムーズなレース運びを見せて差し切り勝ち。
降級しますから、引き続き1000万下の牝馬限定なら勝ち負け可能です。

■10R タガノアンピール 6人気6着

最低人気が1着で、ブービー人気が2着、という難解なレースでした。
前走の勝ちっぷりは良かったものの、いきなりOPで通用する馬ではなかったようです。

■11R ヴォージュ 3人気1着

前走の内容が良かったですし、展開利が見込めた一戦でもあったので、順当勝ちといえると思います。
でも、2着のスズカルパンが拾えず…。
この日の小牧騎手は乗れていましたから、シンプルに騎手で買い目を決めた方が良かったかもしれません。

■12R タガノジーニアス 1人気4着

直線平坦コースが合う馬なので、前走からのジャンプアップを期待しましたが4着まで。
勝ち急いだ分、ラストの脚が鈍りましたけど、乗り方次第では現級でも上位争いできそうです。


【2回東京10日】

■7R マツリダバッハ 5人気8着

好位からレースを進める事ができましたが、道中で引っ掛かってしまいました。
先行馬有利の馬場になっているとはいえ、折り合いがつかないと厳しいですね。

■8R レレマーマ 1人気2着

勝ち馬の格好の的になってしまいましたけど、実力は出し切っていると思います。
1着・コロマンデルは現級トップクラスの馬なので、1000万下で戦えるメドは立ちました。

■9R アヴニールマルシェ 2人気4着

最内枠から上手く乗っていたと思うのですが、
上位馬とは瞬発力の差を感じる内容でした。

■10R ワキノヒビキ 4人気13着

絶好の1枠だったんですけど、スタートでの出遅れが致命的でしたね…。

■11R(オークス)ソウルスターリング 1人気1着

内枠を引いた幸運が味方しましたけど、直線で手前を変えてからの伸びはさすがですよね。
東京コースがベストですから、秋は天皇賞⇒JC路線になるかも!?

■12R シャイニービーム 2人気3着

少頭数だったんですが、道中で動く馬が多かったレースになりました。
前走よりも時計を詰めた中で負けてしまったのですから、仕方ないですね。


【1回新潟8日】

■7R トブガゴトク 1人気2着

勝ってほしかったんですけど、勝ち馬に上手く逃げられてしまいました。
単騎逃げ以外の戦法で好走できたのは大きな収穫になったはずです。

■8R スティルウォーター 1人気1着

道中の位置取りが後ろすぎましたが、余裕たっぷりの差し切り勝ちを見せてくれました。
でも、11番人気の2着馬を拾えずハズレ…。

■9R ドルチェリア 1人気3着

マイナス18kgの馬体重が影響したのでしょうか。
いつもよりも粘りを欠いて3着に敗れてしまいました。

■10R ウイングチップ 2人気4着

好位追走から粘り込みを図りましたが、惜しい4着になってしまいました。
得意の福島コースなら更に粘りが増すはずなので、コース替わりでの一変に期待したいです。

■11R シンボリディスコ 7人気2着

アイビスSD2着の実績があるのに55kgというハンデは明らかに恵まれましたよね。
思惑通りの競馬をしてくれましたが、1着・フィドゥーシアを切ってしまいました…。

■12R クラウンアイリス 5人気7着

スタートでの出遅れが響きましたね…。
馬体を維持できていたので、新潟への遠征競馬でも大丈夫と思っていましたが…。


週単位ではマイナス収支になってしまいましたが、
オークス的中のおかげで日曜1日単位ではプラス収支に持っていく事ができました。

1日単位でのプラス収支は3月19日以来、2ヶ月ぶり。
負のスパイラルから抜け出すきっかけをつかめそうなところなので、
今週こそは週単位でのプラス収支を達成できるよう、気を引き締めて頑張りたいと思います。

[もっと見る]

グレイトパールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グレイトパールの写真

投稿写真はありません。

グレイトパールの厩舎情報 VIP

2017年5月20日平安ステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グレイトパールの取材メモ VIP

2017年5月20日 平安ステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。