会員登録はこちら
優駿牝馬 G1   日程:2018年5月20日()  東京/芝2400m

優駿牝馬のニュース&コラム

【2歳新馬】阪神6R メサイア妹のエアシンフォニーがV
 12月17日の阪神6R・2歳新馬(牝馬、芝1400メートル)は、クリスチャン・デムーロ騎手騎乗の2番人気エアシンフォニー(牝、栗東・角居勝彦厩舎)がV。道中は中団の後ろを追走、直線外めから鋭く伸びてデビュー勝ちを飾った。タイムは1分22秒2(良)。 クビ差の2着には馬場の真ん中を伸びたラノカウ(13番人気)、さらにハナ差遅れた3着に大外から追い込んだリバティハイツ(1番人気)。 エアシンフォニーは、父ルーラーシップ、母エアデジャヴー、母の父ノーザンテーストという血統。母は1998年クイーンS・GIIIの勝ち馬で、オークスは2着。半姉のエアメサイアは2005年の秋華賞馬で、オークスは2着。 ◆クリスチャン・デムーロ騎手(1着 エアシンフォニー)「スタートがひと息だったし、抜け出してから遊ぶ面を出してしまったけど、3着馬が後続から来たら、もうひと伸びしてくれました。距離はもう少しあった方がよさそうだし、抜け出して遊ぶ面があったので、これからまだまだ良くなってくると思います」★17日阪神6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら
2017年12月17日() 13:12

 264

【うわさの2歳馬】オークス馬の全弟オーケストラ
 【中山5R】オーケストラは14年オークス馬ヌーヴォレコルトの全弟。今週のWコースを5F67秒7で駆け、マリオーロ(日曜の阪神・元町Sに出走)に半馬身先着した。「追うごとに動きは良くなって、(石橋)ジョッキーもいい感触をつかんでくれた。さすがにヌーヴォとは比べられないが水準よりも上だと思う」と、押野助手は高素質を約束。(夕刊フジ)
2017年12月15日(金) 11:33

 532

【阪神JF】レース展望
 日曜の阪神競馬場では2歳女王決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズ(10日、GI、芝1600メートル)が行われる。新設された外回りコースが舞台になった2006年以降、優勝馬にはダービーなどGI・7勝のウオッカ、オークス馬トールポピー、GI・6勝のブエナビスタ、3冠牝馬アパパネ、NHKマイルCを制覇したメジャーエンブレム、オークス馬ソウルスターリングが名を連ねており、将来の活躍が約束される出世レースといっていい。今年は無敗の連勝馬が多く、実力伯仲の戦いとなりそうだ。 人気の中心をになうのは、オルフェーヴルの初年度産駒2頭だろう。まずは新馬、札幌2歳Sの2戦2勝で駒を進めてきたロックディスタウン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎)だ。新潟芝1800メートルのデビュー戦ではメンバー最速となる上がり3ハロン32秒5の末脚をノーステッキで繰り出して快勝。続く札幌2歳Sでは小回りで初戦とは全く質が違う流れになりながらも、好位から堂々たる競馬で強力牡馬を撃破した。デビュー3連勝でクイーンCを制したキャットコイン(父ステイゴールド)の半妹で、開花が早めの血統も魅力。その姉はカイバ食いが細くて馬体の維持が難しく大成できなかったが、妹の方はカイバ食いも良く500キロ近い体つきだ。姉も担当した佐竹調教助手は「お姉ちゃんはすごく乗り心地のいい馬でしたが、それにパワーがプラスされた感じ」と確かな手応えを感じている。 もう1頭のラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)も2戦2勝の無敗馬。前走のアルテミスSは3、4番手の好位から楽に抜け出しており、勝ちっぷりに余裕があった。スタートから無理なくいいポジションを取れる器用さがあり、それでいて鋭い決め手が使えるタイプで、競馬ぶりに隙がない。2頭とも父オルフェーヴルが抱えていた気難しさを見せておらず、3冠馬のたぐいまれな能力だけをうまく受け継いでいる印象だ。 ベルーガ(栗東・中内田充正厩舎)も無敗の重賞勝ち馬。新馬、ファンタジーSをともにメンバー最速の末脚で連勝した。1200、1400メートルで勝ってきたことに加え、父が短距離馬のキンシャサノキセキでマイルへの距離延長がポイントとなりそうだが、後方で脚をためて伸ばす競馬ぶりから対応しても不思議はない。近親にはアドマイヤムーン、ヒシアマゾンなど、底力があって距離の守備範囲も広いタイプが多い。
2017年12月4日(月) 18:41

 2,502

【BLOOD】ソウル古馬撃破だ 底力高い欧州血統
★ジャパンC いよいよジャパンCウイーク。どんな外国馬が出てくるか、ワクワクしながら1週間を過ごしていたのはもはや遠い昔。今年も4頭の外国馬が登録しているが、あくまでも日本馬中心で考えたい。 昨年の覇者キタサンブラックは、JRA・GI最多タイの7勝目がかかる。もちろん有力なことに間違いはないが、極悪馬場での天皇賞で目一杯走った反動は気になる。対抗としておく。もともと使い出しのほうがよく走る馬。巡り合わせもあるだろうが、休み明けから3走目は着順を落とすタイプだ。今回はまだ2走目だが、さすがに前走で精神力もフルに使い切ったあとの一戦。タフで血統的な枠を超越した馬ではあるが、果たして…。 ◎はソウルスターリングに進呈する。同舞台のオークスを快勝。父フランケルはマイルGIを勝ちまくったとはいえ、父系をたどればガリレオ、サドラーズウェルズに行き着く長距離血統。母父モンズンや超良血のドイツ母系とも相まって、底力は相当に高いとみる。 斤量面で恵まれる3歳牝馬。ましてや今年は牡馬よりもレベルが高いとずっといわれてきたうえ、エリザベス女王杯では3歳馬が古馬を打ち破り、マイルCSでも牝馬含む3頭の3歳馬が掲示板に載った。世代全体の力はかなりのものとみていい。 ▲にレイデオロ。本来なら、オークス馬よりもダービー馬の名前が出てしかるべきだろうが、前述のような理由からこの印に落ち着いた。 血統的には万能型キングカメハメハに、母方はディープインパクトを出した超一流の牝系。皐月賞を叩き台にして狙い澄ましたダービーを制したように、ここも神戸新聞杯からの2カ月ぶり。古馬の上位陣が天皇賞の反動という不安材料を抱えているだけに、フレッシュな3歳馬というだけで食指が動く。(アサカ・リョウ)★ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年11月22日(水) 18:50

 2,138

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

優駿牝馬過去10年の結果

2017年5月21日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年5月22日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 シンハライト 池添謙一 2:25.0 2.0倍 96.8
2着 チェッキーノ 戸崎圭太 クビ 4.0倍 96.8
3着 ビッシュ M.デムーロ 1/2 16.0倍 96.3
2015年5月24日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

優駿牝馬ステップレース

2018年5月6日() 東京競馬場/芝1600m
あと109日
2018年4月22日() 東京競馬場/芝2000m
あと95日
桜花賞   G1 
2018年4月8日() 阪神競馬場/芝1600m
あと81日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

優駿牝馬の歴史と概要

オークスは、1938年にスタートした3歳牝馬GIレースで、桜花賞に続く春の牝馬クラシック第二戦である。日本国内では優駿牝馬という名称だが、もともとイギリスで行われているオークスステークスを模範に作られたため、オークスという副称がつけられている。
距離はほとんどの牝馬が初体験となる2400m。1600mの桜花賞から4ハロン(800m)の距離延長という過酷な条件であるためか、過去70回で桜花賞オークスの二冠を制した馬は、2012年のジェンティルドンナを含めて13頭のみである。

過去の優勝馬を見ると、競走馬としても繁殖牝馬としても歴史に残る名牝がずらりと並ぶ。後にダービーを制したクリフジ、快速テスコガビー。アグネスタキオン皐月賞)とアグネスフライト(ダービー)を産んだ、桜花賞アグネスフローラの母アグネスレディー、牝馬三冠馬メジロラモーヌマックスビューティ、娘のエアグルーヴとともにオークス親子制覇を達成したダイナカールアドマイヤベガ(ダービー)、アドマイヤドンフェブラリーSほか)の母ベガ。さらにダンスパートナーメジロドーベル、三冠馬スティルインラブシーザリオブエナビスタジェンティルドンナなど枚挙にいとまがない。2010年には、アパパネサンテミリオンの2頭が、GIレース史上初の同着優勝を成し遂げている。

オークスのトライアルレースは4着までに優先出走権が与えられる桜花賞、そしてフローラS、スイートピーSとなっている。しかし、フラワーCや忘れな草賞などから出走する馬もいる。

オークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

優駿牝馬昨年のBIGヒット予想家

去年の優駿牝馬を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年05月21日(日) 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 107 
4,600円 460,000円
Lv 102 

20,130円
20,130円
402,600円
Lv 86 
20,130円 201,300円
Lv 108 
4,600円 184,000円
Lv 93 
20,130円 140,910円
Lv 110 
2,280円 136,800円
Lv 95 

4,600円
2,290円
128,700円
Lv 88 
2,280円 114,000円
Lv 102 
2,790円 111,600円
Lv 83 

20,130円
4,600円
105,250円
Lv 102 
20,130円 100,650円
Lv 83 
20,130円 100,650円
Lv 109 
4,600円 92,000円
Lv 98 
4,600円 92,000円
Lv 86 
4,600円 92,000円
Lv 101 

20,130円
2,790円
91,680円
Lv 95 

20,130円
20,130円
88,290円
Lv 96 
830円 83,000円
Lv 93 

20,130円
4,600円
76,480円
Lv 103 

4,600円
1,680円
74,450円

優駿牝馬の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る