ベガ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1990年3月8日生
調教師松田博資(栗東)
馬主吉田 和子
生産者社台フアーム
生産地早来町
戦績 9戦[4-1-1-3]
総賞金30,077万円
収得賞金5,385万円
英字表記Vega
血統 トニービン
血統 ][ 産駒 ]
Kampala
Severn Bridge
アンテイツクヴアリユー
血統 ][ 産駒 ]
Northern Dancer
Moonscape
兄弟 マックロウスターアルファ
前走 1994/06/12 宝塚記念 G1
次走予定

ベガの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
94/06/12 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 14712--513** 牝4 54.0 武豊松田博資436(0)2.14.9 3.738.7ビワハヤヒデ
94/04/03 阪神 11 産經大阪杯 G2 芝2000 15814--19** 牝4 56.0 武豊松田博資436(-2)2.02.2 1.035.9ネーハイシーザー
93/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1433--69** 牝3 53.0 武豊松田博資438(0)2.32.3 1.436.3⑩⑩⑦⑦トウカイテイオー
93/11/14 京都 10 エリザベス杯 G1 芝2400 18612--23** 牝3 55.0 武豊松田博資438(0)2.25.4 0.536.0⑧⑧⑨⑧ホクトベガ
93/05/23 東京 10 優駿牝馬 G1 芝2400 18713--11** 牝3 55.0 武豊松田博資438(+2)2.27.3 -0.335.2④④④ユキノビジン
93/04/11 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 1848--11** 牝3 55.0 武豊松田博資436(-2)1.37.2 -0.0--ユキノビジン
93/03/13 阪神 11 チューリップ OP 芝1600 1624--11** 牝3 54.0 武豊松田博資438(-2)1.36.8 -0.5--ベルシャルマンテ
93/01/24 京都 7 3歳新馬 芝2000 1558--21** 牝3 53.0 武豊松田博資440(-8)2.02.5 -0.7--キョウワジュテーム
93/01/09 京都 7 3歳新馬 芝1800 1648--42** 牝3 50▲ 橋本美純松田博資448(--)1.49.5 0.4--プリンセスメール

ベガの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ベガの関連コラム

閲覧 3,096ビュー コメント 0 ナイス 8

基本的に差し馬有利も、波乱の目は逃げ、先行馬
______________________

 エリザベス女王杯と言えば、一般的に「ベガベガでもホクトベガ」など、荒れるイメージがあるかもしれません。しかし、3歳牝馬限定戦から3歳以上の牝馬限定戦に生まれ変わり、芝2200mで行われるようになった1996年以降は、ほとんど荒れていません。2009年にクィーンスプマンテテイエムプリキュアで馬連10万馬券(3連単154万馬券)とド派手な配当が飛び出していますが、次点の馬連高配当が2000年の5540円と平穏。過去19年で馬連配当100円台が7度、1000円台が4度もあるほどです。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


 全体的に牝馬限定戦は荒れるのに対して、エリザベス女王杯はなぜ平穏かと言うと、一番の理由は能力差が大きいことです。一方はバリバリのG1馬、もう一方は1000万下をやっと勝ち上がった馬では、戦前の段階からほぼ結果が見えてしまっています。2009年のエリザベス女王杯も配当こそド派手ですが、実は勝ち馬クイーンスプマンテ(12番)人気も2着馬テイエムプリキュア(11番人気)も、前走の京都大賞典で前半5F59秒1-後半5F61秒2の前がぶっ潰れるしかない流れの1-2番手で失速したことが人気の盲点になっただけであって、もともとは能力上位の馬でした。それでなければ能力重視の指数派の私が◎−△で当てられるはずもありません。

 また、もうひとつエリザベス女王杯が平穏になりやすい理由として、差し馬有利の傾向があること。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

ベガの口コミ


口コミ一覧
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 6

アヴニールマルシェは、ハープスターのように一等星になれるか?(その1)

2歳で一番期待している牡馬です。
当然、ウマニティPOGの一番手。

新潟2歳Sは昨年の
1着馬ハープスターが桜花賞馬でオークス2着。
2着馬イスラボニータが、皐月賞馬でダービー2着。

もはや、夏の2歳重賞の最高峰と言っていいくらいですが、
元々、新潟2歳Sは根幹距離の基本であるマイルの上に、スピードの持続力を中心に総合力が要求される直線の長い新潟外回りAコース。

勝ち切るにはそれなりの血統の裏付けと実績が必須です。

【血統的考察】
サンデー系(父か母父)の血を持つ馬が圧倒的に強い。
直近の過去5年では、馬券圏内15頭中、12頭がサンデー系です。
さらに言えば、現在7年連続でサンデー系が勝っています。

配合では、サンデー系×ノーザンサー系(逆もアリ)が4年連続で連対しています。
ND系の特徴はタフでスピードの持続力があることです。
ハープスターもディープインパクト×ND系ファルブラヴ。

アヴニールマルシェもディープインパクト×ND系フレンチデピュティ。
父ディープの母父アルザオはノーザンダンサーの直仔リファールの仔で、
祖母キョウエイマーチの父のダンシングブレーヴも同じくリファールの仔。
つまり、リファール4×4のクロスがあります。

フレンチデピュティはノーザンダンサーの孫デピュティミニスターの仔なので、
さらに、ノーザンダンサー5×5×5のクロスもあります。
最強のサンデー系×ノーザンダンサー系の配合と言えるでしょう。

ちなみにハープスターは、祖母ベガの母父がノーザンダンサーなので、
ノーザンダンサー5×4×4のクロスがあります。

そして何よりも強調したいのは、アヴニールマルシェの祖母が桜花賞馬キョウエイマーチ(秋華賞2着、マイルCS2着)であることです。
ハープスターの祖母も桜花賞馬ベガ(オークスと2冠)。

一流のクラシック血統です。

血統的なライバルは、
ナヴィオン。
ハーツクライ×ND系ラストタイクーン。

母ユキノスイトピーは、2歳時に3冠牝馬スティルインラブといい勝負をしたこともあり、エルフィンSは2着で全6勝のバリバリのオープン馬。アドマイヤグルーヴ、シーイズトウショウも同期の最強世代。

父ハーツクライの母アイリッシュダンスは、新潟記念、新潟大賞典と新潟の重賞2勝馬。
ハーツクライ産駒では、ジャスタウェイが最速上がり33秒3で新潟マイル新馬戦勝った後に、
新潟2歳Sを最速上がり32秒6で0秒1差2着。

ナヴィオンも、新潟マイル新馬戦を驚異の上がり32秒7(今年の新潟全新馬戦で最速)で差し切り勝ち。

ダービー馬ワンアンドオンリー、世界ランク1位ジャスタウェイと同じく、ナヴィオンもハーツクライ産駒で橋口弘次郎厩舎。もちろんハーツクライも橋口厩舎でした。

強敵ですね。


※明日は【データ的考察】を書きます。

■単勝1番人気の成績、
■前走1800m→マイルになる距離短縮組の成績
■前走は新馬戦、未勝利戦、オープン組?
■デビュー戦の競馬場
■キャリア何戦が来るのか?

などです。

 Hideki.S 2014年5月22日(木) 00:09
オークス(2014)考察。
閲覧 4ビュー コメント 0 ナイス 10

松田博厩舎といえば、あの『輝く1等星』ベガの印象がやはり強くて、脚が曲がっていながらも新馬戦からチューリップ賞の圧勝(このレースではベルシャルマンテを応援していた)、そして桜花賞とオークスを2冠を制した名牝だったけれども、引退後は繁殖としても超一流の評価が与えられている。

そのベガの孫娘ハープスターがさらに突き進んでいくのは確実であろうオークスの戦前予想ではあるのだが、ちょっと気になる馬がいたりする。

フローラS(2014)
12.9-11.8-11.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.5-11.5-12.5(JRAより)

サングレアル 13-13-13 1着 2:00.0
ブランネージュ 3-3-3 2着 2:00.0 アタマ差

今年のフローラSはレースレコードでサングレアルが勝ち抜いたわけだけど、注目したいのは2着に負けたブランネージュだ。マイネグレヴィルがなかなかのペースで逃げて1000m通過から加速段階に入り、直線を向いてマイネグレヴィルが失速したところをブランネージュが先頭に立ち、粘り切りそうなところを追い込んできたサングレアルにアタマ差交されたのだ。

12.3-12.0-11.8-11.5-11.5のところはやはり緩みがなく、終い12.5秒では差し脚が台頭するのは当然で、やはり各コーナーを3-3-3で通過して粘ったブランネージュに能力上位のものがあると思っていて、現段階の結論としてはハープスターとブランネージュの馬単の裏表は買っておいても良さそうかなと、愚かなニヤケ顔で、フローラSのVTRを何度も眺めていたりするわけで…

フローラS組だったサンテミリオンがオークスでアパパネと同着で1着になった2010年のフローラSとダブる部分はある。そのフローラSで勝ったサンテミリオンの2着だったアグネスワルツもオークスでは3着に踏ん張っていたのだから、今年のフローラS組は打倒ハープスターとしての存在を十分アピールできるレベルにはあると思っている。勝ったサングレアルというよりも、2着だったブランネージュの方に期待したい。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2014年4月17日(木) 18:45
ダービーの叩き台に落ちぶれた皐月賞(その2) 
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 1

ダービーの叩き台に落ちぶれた皐月賞(その2)

まずは、馬主の思惑、調教師の思惑に触れます。

オルフェーヴルを管理した池江泰寿調教師は、トゥザワールドとトーセンスターダムの超強力2頭出しです。でも、昨年の段階では、実はトゥザワールドは3番手扱い。

アユサン、キズナと同じディープインパクト×ストームキャットのプラチナ配合のサトノアラジンの評価が上でした。それが東スポ杯を単勝1.8倍で5着、ラジオNIKKEI杯を1番人気で3着、共同通信杯を2番人気で3着、500万下ゆきやなぎ賞は何と単勝1.2倍で3着敗退。

サトノアラジンは一気に主役からずり落ち、替わって脚光を浴びたのがトゥザワールドなのです。
池江泰寿調教師はオルフェーヴルで皐月賞は既に勝っているので今さらココで必死にはならない。
あくまで狙いは栄誉ある(しかも優勝賞金2倍以上)ダービーです。

トーセンスターダムがなぜ、トライアル(弥生賞、スプリングS、若葉S)を使わず、きさらぎ賞から直行するのか?
皐月賞はダービーの単なる叩き台だからです。
コレは天皇賞を叩き台にしてジャパンカップ連覇したジェンティルドンナと同じ発想。
(1着賞金は天皇賞秋が1億3,200万円に対してJCは2億5,000万円、2着でも1億円)
トーセンスターダムは関東で走ったことすらありません。
初遠征を兼ねてステップレースに皐月賞を走りダービーを目指すというワケです。
トーセンスターダム。頭は無いですね。

トゥザワールドのジョッキーは川田ユウガ。ハープスターで桜花賞を制し、全国リーディングもトップ。ノッテいます。でもオーナーは社台のキャロットF。社台のクラブ馬主&池江泰寿はサンデーRのオルフェーヴルと一緒で、ダメならすぐに外国人に乗り替わりをするシビアなプロ集団。
川田といえども皐月賞でヘタを撃てば乗り替わり必至なので川田も必死で勝ちに来るでしょう。
頭ならトゥザワールドの方。

【きららぎ賞】
1着馬トーセンスターダムは上記したように皐月賞は叩き台で目標はダービー。
それで勝てる程クラシックは甘くない。
実際、2ヶ月以上の休み明けになるきさらぎ賞組は、90年に優勝したハクタイセイ以来、掲示板すらありません。
ただし、きさらぎ賞の後にトライアルを叩いた馬は、

メイショウサムソン。きらさぎ賞2着→スプリングS1着→皐月賞1着
ドリームパスポート。きらさぎ賞1着→スプリングS3着→皐月賞2着
オルフェーヴル。きらさぎ賞3着→スプリングS1着→皐月賞1着
ワールドエース。きらさぎ賞1着→若葉S1着→皐月賞2着

なので、本気で皐月賞を勝ちに来た馬はトライアルを走っている。
トライアルを使わないトーセンスターダムにとって皐月賞は叩き台に過ぎない。

【共同通信杯】(データは東京開催だった11年を除く過去9回)
2ヶ月の休み明けがキツイのか、勝ったのはゴールドシップだけ。
東スポ杯→ラジオNIKKEI杯→共同通信杯と重賞3連勝で4戦4勝の無敗馬フサイチホウオーですら3着が精一杯。
イスラボニータは東スポ杯、共同通信杯勝ち。フサイチホウオーとイメージが重なります。
(しかも実績は劣っている)

さらにイスラボニータには不安要素が2つもあります。
【中山経験】と【芝2000m経験】です。

中山未経験の馬はヴィクトリー、ゴールドシップが勝ち、トライアンフマーチ、ヒルノダムール、ワールドエースが2着。
芝2000m未経験馬はダイワメジャー、メイショウサムソン、ロゴタイプが勝っています。

しかし、両方未経験で連対した馬は一頭もいません。
イスラボニータ。限りなく危険な人気馬です。
(フジキセキがクラシック未勝利のデータもあるし)

【若葉S】
阪神開催となった00年以降、ノーリーズン(7着)、ヴィクトリー(1着)が優勝。
シックスセンス(4着)、トライアンフマーチ(2着)、ヒルノダムール(2着)が2着、フサイチジャンク(1着)が3着。

アドマイヤデウスの父アドマイヤドンの母は2冠馬ベガでその母父はノーザンダンサー。
3代母の父がノーザンダンサーなので、ノーザンダンサー4×4でスピードの持続力と底力、持久力のある血統。
父アドマイヤドンはミスプロ系なので、持続力と底力がさらに加味されています。
さらに叔父アドマイヤフジは皐月賞5着。ジョッキーはジェンティルドンナを下ろされた岩田ヤスナリ。叔父以上の成績を期待出来そうです。叔父以上の成績を期待出来そうです。

不安材料は重賞初出走ということだが、トライアンフマーチ、フサイチジャンクも重賞初挑戦だった。
全成績【3・1・2・0】で、芝2000mは【3・1・0・0】と底を見せておらず、勝つのは無理でも2着、3着ならアリ。
単勝1.8倍で2着に負けたウインフルブルームの評価はガタ落ちだが、全成績【2・3・1・0】でパーフェクト馬券圏内。
G1朝日杯FS3着、シンザン記念ではミッキーアイルに0秒1差まで迫った実績は侮れない。

■社台の思惑と使い分け■
【社台RH】イスラボニータ、ロサギガンティア、キングズオブザサン
【キャロットF】トゥザワールド、バウンスシャッセ、ハープスター
賞金の足りないロサギガンティアはスプリングSで優先権を獲らなければ皐月賞に出走出来なかったが、イスラボニータは東スポ杯を勝ち賞金が足りていたのでわざわざ出走してロサギガンティアの邪魔をすることを避けた。
バウンスシャッセが桜花賞を回避して皐月賞に出走するのもハープスターがいるから勝てないのを分かっていたから。

さらに言えば、バウンスシャッセの藤沢和雄調教師はダンスインザムード、シンコウラブリィ、スティンガー、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、バブルガムフェローなどG1を多数勝っているが、牡馬クラシックは未勝利。
皐月賞は、昨年のコディーノで3着惜敗。ダービーはシンボリクリスエスとゼンノロブロイが2着、マチカネアカツキが3着。
絶対に勝ち目のない桜花賞にバウンスシャッセを出すより、ロサギガンティアと2頭出しで皐月賞を勝ちたい!そんな気持ちがミエミエ。
社台RHとしても2着賞金からしか狙えない桜花賞より賞金の高い皐月賞で賞金を稼ぎたいワケです。

ロサギガンティア。短期免許切れでミルコが乗れないのは痛い。
相談役こと柴田ヨシトミはクラシック未勝利。皐月賞はタケミカズチで2着が最高成績。
(アドマイヤメインでダービー2着、菊花賞3着)

長くなりました。
【なぜディープインパクト産駒は皐月賞を勝てないのか?】
は明日書きます。

僕TERAMAGAZINEの「JRA全重賞完全データ攻略2014」http://www.amazon.co.jp/dp/4864365725/
には、過去5年の1〜3着馬と1番人気で馬券圏外に沈んだ馬の父と母父、前走のデータ(コース・距離・グレード)を全て掲載してあります。その上で、馬券のキモとなるポイント、爆穴パターンも記載しているので馬券攻略の役に立ちます。ご参考にして下さい。

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベガの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ベガの写真

投稿写真はありません。

ベガの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ベガの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。