会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS2017

2017年4月23日(

サンスポ賞フローラS G2

東京競馬場/芝/2000m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜サンスポ賞フローラS2017〜

第52回 サンスポ賞フローラS G2

2017年4月23日()東京11R 芝2000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 1 1 84.6 モズカッチャン 牝3 54.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東 468(0) 37.2 12 2.01.3
2 4 7 86.6 ヤマカツグレース 牝3 54.0 横山典弘 池添兼雄 栗東 448(0) 32.2 10 2.01.3 クビ
3 7 14 89.1 フローレスマジック 牝3 54.0 戸崎圭太 木村哲也 美浦 452(-4) 4.1 2 2.01.3 アタマ
4 3 6 89.4 タガノアスワド 牝3 54.0 国分恭介 五十嵐忠 栗東 492(-12) 11.5 3 2.01.6 1 3/4
5 8 16 83.3 レッドコルディス 牝3 54.0 北村宏司 高橋義忠 栗東 460(-8) 36.2 11 2.01.6 クビ
6 7 13 87.7 アロンザモナ 牝3 54.0 柴田善臣 西浦勝一 栗東 466(+4) 128.9 15 2.01.8
7 5 9 82.1 アドマイヤローザ 牝3 54.0 岩田康誠 梅田智之 栗東 458(-2) 12.6 4 2.01.9 1/2
8 3 5 86.3 ホウオウパフューム 牝3 54.0 田辺裕信 奥村武 美浦 480(0) 2.1 1 2.01.9 ハナ
9 6 11 89.5 ビルズトレジャー 牝3 54.0 田中勝春 田中剛 美浦 468(-4) 30.3 9 2.01.9 クビ
10 7 15 87.8 ニシノアモーレ 牝3 54.0 大野拓弥 上原博之 美浦 424(-4) 63.6 13 2.02.0 クビ
11 1 2 81.1 ザクイーン 牝3 54.0 池添謙一 角居勝彦 栗東 478(0) 14.8 5 2.02.0 クビ
12 2 3 83.5 キャナルストリート 牝3 54.0 蛯名正義 大竹正博 美浦 446(-8) 29.8 8 2.02.1 1/2
13 4 8 80.9 ドリームマジック 牝3 54.0 石川裕紀 中川公成 美浦 454(-4) 85.0 14 2.02.2 クビ
14 6 12 90.2 ディーパワンサ 牝3 54.0 内田博幸 松下武士 栗東 438(-2) 15.5 6 2.02.4 1 1/4
15 2 4 84.0 レッドミラベル 牝3 54.0 吉田豊 尾関知人 美浦 446(-6) 18.8 7 2.02.5 3/4
16 8 18 84.4 ピスカデーラ 牝3 54.0 荻野極 池添学 栗東 446(-12) 229.8 17 2.02.5 クビ
17 8 17 76.7 ラユロット 牝3 54.0 木幡育也 藤沢和雄 美浦 496(+6) 151.4 16 2.02.7 3/4
18 5 10 80.9 メイショウササユリ 牝3 54.0 武士沢友 松永幹夫 栗東 482(-2) 258.5 18 2.03.4
ラップタイム 13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.5-11.2-12.0
前半 13.0-25.1-37.1-48.9-61.5
後半 59.8-47.0-34.7-23.2-12.0

■払戻金

単勝 1 3,720円 12番人気
複勝 1 730円 11番人気
7 730円 10番人気
14 200円 2番人気
枠連 1-4 6,640円 23番人気
馬連 1-7 32,010円 67番人気
ワイド 1-7 6,640円 64番人気
1-14 2,640円 26番人気
7-14 1,800円 17番人気
馬単 1-7 67,650円 138番人気
3連複 1-7-14 35,940円 111番人気
3連単 1-7-14 397,370円 952番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

フローラS関連記事

【フローラS】モズカッチャン、勝ったぜ樫切符!
 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)和田竜二騎乗で12番人気の伏兵モズカッチャンがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初V。混戦ムードのオークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)に名乗りを上げた。タイム2分1秒3(良)。2着ヤマカツグレース、3着フローレスマジックまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得し、1番人気のホウオウパフュームは8着に終わった。 どうしてこんなに人気がなかったのか? 未勝利戦と500万下を連勝中だったモズカッチャンが、12番人気の低評価を覆して、オークスへの切符を勝ち取った。 「瞬発力があるのは分かっていたし、間を割れたらと思っていたけど、うまくさばけて期待どおりの走りでした」 2、3着馬とは首、頭差の激戦に競り勝ち、和田騎手は誇らしげな表情だ。最内枠から課題のゲートを出ると、最初のコーナーでごちゃつく場面もあったが「理想的な位置」(同騎手)という内々の7、8番手へ。直線も馬群が密集する中をすり抜けて、先に抜け出したヤマカツグレースとフローレスマジックをゴール寸前で捕らえた。 本番の優先出走権を勝ち取った和田騎手は「この馬で参戦できるのはうれしいね。距離は大丈夫だし、どんな流れにも対応できる。スタートさえ決まればチャンスはある」とやる気満々だ。 鮫島調教師は、忘れな草賞勝ちのハローユニコーンと、デイジー賞勝ちのマナローラで、オークス3頭出しの可能性も。「3頭出せれば勝つ可能性が広がりますね」とホクホク顔。なかでも3連勝のモズカッチャンには「レースが上手になってきました。これから距離が延びるから、折り合いがついたのも収穫です」と手応えを感じた様子だ。3本の矢でオークスを目指す鮫島軍団。その筆頭に立つモズカッチャンが、大舞台でも波乱を巻き起こす。 (柴田章利)★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2017年4月24日(月) 05:03

 2,100

【フローラS】グレース奮闘2着!本番もコンビ継続
 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)10番人気のヤマカツグレースが、首差の2着に奮闘した。2番手追走から直線で先頭に立ち、最後まで同じハービンジャー産駒の勝ち馬にしぶとく抵抗した。「乗り役(横山典騎手)がさすがだったね。一生懸命になりすぎるけど、いいレースだった」と池添兼調教師。コンビ継続で挑む本番でも目が離せない。★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2017年4月24日(月) 05:02

 1,563

【フローラS】レースを終えて…関係者談話
 ◆国分恭騎手(タガノアスワド4着) 「テンに出していったぶん、ハミを強くかんでしまった。しまいも止まっていたわけじゃないので、ペースを上げて楽に走らせたかった」 ◆北村宏騎手(レッドコルディス5着) 「体が柔らかすぎて、直線で手前を替えるとモタれた」 ◆柴田善騎手(アロンザモナ6着) 「道中で一生懸命になりすぎる」 ◆岩田騎手(アドマイヤローザ7着) 「追い出してからもたもたした」 ◆田中勝騎手(ビルズトレジャー9着) 「張り切りすぎて、ハミをかんだ」 ◆大野騎手(ニシノアモーレ10着) 「前半力んだぶん、伸び切れなかった」 ◆池添騎手(ザクイーン11着) 「きょうは切れ味のぶんかな」 ◆蛯名騎手(キャナルストリート12着) 「素質は感じるし、実が入れば」 ◆石川騎手(ドリームマジック13着) 「外に持ち出したが、伸び切れなかった。まだこれからの馬」 ◆内田騎手(ディーパワンサ14着) 「4コーナーで(他馬が)並んでくるとひるんだ」 ◆吉田豊騎手(レッドミラベル15着) 「テンションが高かった」 ◆荻野極騎手(ピスカデーラ16着) 「しまいの瞬発力勝負で差が出たけど、これから良くなりそう」 ◆木幡育騎手(ラユロット17着) 「最後も少しずつ差を詰めています」 ◆武士沢騎手(メイショウササユリ18着) 「初芝で馬場も気にして、(何度も)手前を替えていた」★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2017年4月24日(月) 05:02

 1,942

【フローラS】ホウオウ8着、オークス登録せず
 第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)1番人気ホウオウパフュームは8着。追われてもジリジリとしか伸びなかった。「直線は今までにないぐらいきっちりと追いました。前の2戦は楽に勝っていましたからね。これから力をつけてくれれば」と田辺騎手。奥村武調教師は「右回りの方が脚は使えるのかもしれない。(春は)もう1回どこかで使うが、オークスには登録しない」と出直す姿勢を示した。★23日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2017年4月24日(月) 05:02

 1,727

【フローラS&マイラーズC】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは、サンスポ賞フローラSとマイラーズCが対象レース。栗東からは大阪サンスポの鈴木、斉藤両記者、美浦からは東京サンスポの板津記者が、狙い馬をピックアップした。 鈴木 日曜の東京は社杯のサンスポ賞フローラSだからな。しっかりといい馬を推奨してくれよ。 板津 人気になりますがホウオウパフュームですね。キビキビとした脚さばきで反応もシャープ。3カ月半ぶりでも全く太め残りを感じないし、力を出せる仕上がりですね。 鈴木 栗東では、ディーパワンサがよかった。坂路でラスト1ハロン12秒8でも、時計以上の反応のよさが目を引いた。3カ月ぶりだった前走のフラワーC6着を使った上積みは大きいと思う。 板津 穴ならキャナルストリートです。活気あふれる動きで気配がいいですね。4カ月ぶりだった前走(500万下)は9着でしたが、道中でスムーズさを欠いたので。ここでも楽しみはありますよ。 鈴木 京都のマイラーズCはどう? 斉藤 重賞連勝を狙うブラックスピネルですね。2カ月半ぶりでもきっちりと仕上がった印象です。今週は坂路で4ハロン51秒4の好タイム。最後まで粘り強く伸びていました。 板津 関東馬ならイスラボニータがイチ推しです。2月10日に帰厩して、じっくりと仕上げられてきました。この馬としては目立った時計は出ていないけれど、全身を使ったアクションは迫力満点。「ここで惜敗続きの流れを断ち切りたい」と栗田博調教師は意気込んでいます。★サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載★マイラーズCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月21日(金) 05:05

 5,650

【サンケイスポーツ賞フローラステークス】特別登録馬
2017年4月23日(日)に東京競馬場で行われるサンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の登録馬は以下の通り。アドマイヤローザ 牝3アロンザモナ 牝3アンネリース 牝3キャナルストリート 牝3ザクイーン 牝3タガノアスワド 牝3ディーパワンサ 牝3ドリームマジック 牝3ニシノアモーレ 牝3ビルズトレジャー 牝3ピスカデーラ 牝3フローレスマジック 牝3ブラックスビーチ 牝3ホウオウパフューム 牝3ムーンザムーン 牝3メイショウササユリ 牝3モズカッチャン 牝3ヤマカツグレース 牝3ラユロット 牝3レッドコルディス 牝3レッドミラベル 牝3ワラッチャウヨネ 牝3◆サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の重賞攻略はこちら。
2017年4月16日() 17:30

 4,099

【フローラS】厩舎の話
 ◆アドマイヤローザ・梅田師 「しまいをサッと伸ばす調教。(同じ休み明けの)前走よりはしっかりしている」 ◆アロンザモナ・井本助手 「前走は力を出し切っていない。能力はある」 ◆キャナルストリート・蛯名騎手 「緩さがあって器用さがないので、大ざっぱな競馬がいいかも」 ◆ザクイーン・辻野助手 「しっかり調整できている。うまく立ち回れれば」 ◆タガノアスワド・五十嵐師 「間隔があいていても問題ない」 ◆ディーパワンサ・松下師 「前走より状態は明らかに上」 ◆ドリームマジック・中川師 「使うごとに良くなっているが、もっと成長してほしい」 ◆ニシノアモーレ・上原師 「しっかり負荷はかけた。慣れている騎手に替わるのはプラス」 ◆ピスカデーラ・池添学師 「体に張りがあって状態はいい。ただ開幕週の馬場はどうか」 ◆ビルズトレジャー・田中剛師 「田中勝騎手は『動きが良く、感じはいい』と言っている」 ◆ホウオウパフューム・奥村武師 「十分すぎるほど本数を乗っているし、息は整っている」 ◆メイショウササユリ・松永幹師 「仕上がりはいい。軽いダートで勝っているので、芝でも」 ◆モズカッチャン・鮫島師 「坂路でしまい重点。馬場が悪いけど時計は上々。動きもいい」 ◆ヤマカツグレース・池添兼師 「動きは良かった。しまいもいい時計」 ◆ラユロット・木幡育騎手 「うまく折り合いがつきましたし、反応も手応えも良かったです」 ◆レッドコルディス・高橋忠師 「ようやく体調は安定。能力は高い」 ◆レッドミラベル・尾関師 「前走でしっかりと仕上げた状態を維持できている。重賞でも」
2017年4月21日(金) 10:21

 4,045

【フローラS】レース展望
 陽気の訪れとともに、今週から関東圏の主場は東京競馬場へ。開幕週の日曜メインでは、第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(23日、GII、芝2000メートル)が行われる。上位3頭にオークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権が与えられ、2010年の勝ち馬サンテミリオンはアパパネと1着同着で樫の女王に、昨年の勝ち馬チェッキーノは本番で2着に好走した。牝馬クラシック2冠目を占ううえで必見のトライアルレースだ。今年は桜花賞で断然人気に推された2歳女王ソウルスターリングが3着に敗れたことで、混戦模様を呈してきた牝馬戦線。それだけに、この一戦への注目度も高くなった。 中でも主役を担うのは、ホウオウパフューム(美浦・奥村武厩舎)だ。新馬戦こそ3着に敗れたものの、1800メートルから2000メートルに距離を延ばしたここ2戦は牡馬を相手に強い内容を披露。特に前走の寒竹賞では、4コーナー最後方から桁違いの末脚で2馬身突き抜けた。その後は桜花賞に目もくれず、距離適性が重視されてオークスを照準に調整。1週前も上々の動きを見せた。「目標は先だけど、きっちり仕上げていく。勝ってオークスへ向かいたい」と奥村武調教師は仕上がりに太鼓判。2走前に今回と同じ東京2000メートルを勝っており、不安らしい不安はない。 フローレスマジック(美浦・木村哲也厩舎)は、アルテミスS2着、クイーンC3着とメンバー最上位の実績を持つ。ただ、1週前の時点で木村哲也調教師が「動きがピリッとしない。心と体のバランスが崩れてしまっている感じ」と説明していたように、態勢は万全とはいえない印象。全兄サトノアラジン、全姉ラキシスとも晩成型だったように、3歳春の時点では完成途上の血筋でもある。最終追い切りの動きなど、仕上がり具合をしっかり見定めたいところだ。 ディーパワンサ(栗東・松下武士厩舎)は、阪神JFで4着に好走。同レースの上位3頭が桜花賞で1〜3着を占めたことから、この馬の地力も確かといえる。前走のフラワーCは6着に敗れたが、休み明けで馬体重は8キロ増、初めての長距離輸送なども重なっただけに、大きく評価を下げるのは禁物だ。左回りは中京で2戦2勝。叩いての上積みも期待できるだけに、距離を克服すれば上位争いできる力がある。 モズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)は芝1800メートルで未勝利−500万下と連勝。先週の皐月賞で2着に好走したペルシアンナイトなど、ハービンジャー産駒は2000メートルで好実績を残しており、本馬もさらなる距離延長でパフォーマンスを上げる可能性がある。逆に、同じ2勝馬でもアロンザモナ(栗東・西浦勝一厩舎)は勝ち鞍がマイルまでだけに、距離克服が鍵になるだろう。 13頭の枠を争う抽選組の1勝馬も、虎視眈々と樫への権利を狙う。タガノアスワド(栗東・五十嵐忠男厩舎)は、前走のつばき賞で0秒3差2着。皐月賞で1番人気(7着)に支持された素質馬ファンディーナが相手だけに、評価できる。3馬身半差Vの新馬戦で2000メートルの適性は証明済み。2戦続けて逃げており、先行力は開幕週の馬場で有利に働きそうだ。 アドマイヤローザ(栗東・梅田智之厩舎)は、前走のエルフィンSで2着だが、切れ味勝負では分が悪かった。2走前に快勝した2000メートルで本来の走りができれば好勝負だ。 キャナルストリート(美浦・大竹正博厩舎)は2000メートルで新馬勝ち。前走はマイルで忙しかったうえ、直線で前をさばけず不完全燃焼の内容だった。オークス4着、秋華賞2着と3歳牝馬GIで活躍したブロードストリートの半妹という血統背景からも、中距離で巻き返しがあっていい。 ヤマカツグレース(栗東・池添兼雄厩舎)は、1800メートルの君子蘭賞2着で距離にめど。ハービンジャー産駒だけに200メートル延長にも対応できそうだ。新たにコンビを組む横山典弘騎手の手綱さばきも興味深い。近2走のホープフルS(7着)、共同通信杯(7着)ともに出遅れながら大きく負けなかったビルズトレジャー(美浦・田中剛厩舎)、昇級後3戦で牡馬相手に好走を続けているムーンザムーン(美浦・上原博之厩舎)あたりも、距離適性は示している。 前走で勝ち上がった馬の中にも、鮮やかに3馬身半抜け出したレッドミラベル(美浦・尾関知人厩舎)や、中距離で安定感ある走りが光るアンネリース(美浦・尾関知人厩舎)、日経賞勝ち馬シャケトラの半妹ザクイーン(美浦・角居勝彦厩舎)、レースごとに力をつけているディープインパクト産駒ブラックスビーチ(栗東・角居勝彦厩舎)、先行力のあるラユロット(美浦・藤沢和雄厩舎)などが、抽選突破から樫の舞台を目指す。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月17日(月) 19:46

 3,569

フローラSのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る