アーモンドアイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アーモンドアイ
アーモンドアイ
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2015年3月10日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[2-1-0-0]
総賞金4,625万円
収得賞金2,300万円
英字表記Almond Eye
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
フサイチパンドラ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ロッタレース
兄弟 スペルヴィアピュクシス
前走 2018/01/08 日刊スポシンザン記念 G3
次走予定

アーモンドアイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/08 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 11332.911** 牝3 54.0 戸崎圭太国枝栄464(-2)1.37.1 -0.334.4⑨⑨ツヅミモン
17/10/08 東京 2 2歳未勝利 芝1600 156111.211** 牝2 54.0 C.ルメー国枝栄466(-6)1.35.1 -0.633.5⑦⑧コスモフェリーク
17/08/06 新潟 6 2歳新馬 芝1400 176121.312** 牝2 54.0 C.ルメー国枝栄472(--)1.24.0 0.334.3⑪⑪ニシノウララ

アーモンドアイの関連ニュース

 デスク 毎年のことだが、この時期は500万下条件戦に視線を注ぐ必要がある。2勝目が春につながっていくから、特別はもちろん、平場まで要チェックだ。

 斉藤 じゃあ、その平場から紹介しましょう。13日京都の芝1600メートル戦を制したインディチャンプは、放牧を挟んで毎日杯(3月24日、阪神、GIII、芝1800メートル)に向かいます。

 デスク スタートで後手に回ったが、すごい脚を使って差し切った。

 斉藤 音無調教師は「ああいう乗り方ができたら、1800メートルでも対応できるんじゃないかな。引き続き岩田騎手でいくよ」と話していました。

 将美 14日京都のダート1800メートルを勝ったスマハマは、ヒヤシンスS(2月18日、東京、OP、ダ1600メートル)が目標。高橋亮調教師は「自分のペースで行けたのがよかった。クラスが上がると砂をかぶる展開も考えられるし、そのときがどうかだろうね」と慎重に構えています。

 デスク もう1頭頼む。

 将美 11月戦のあと休養しているブラゾンダムールが、共同通信杯(2月11日、東京、GIII、芝1800メートル)で復帰しますよ。

 デスク 復帰といっても賞金400万円の1勝馬だぞ。

 将美 厩舎の期待馬で、松永幹調教師は「新馬勝ちしたときのメンバーは強かったし、いいものを持っています。今はソエも収まったしテンションもほどよい感じ」とトーンは高め。横山典騎手が乗るようです。

 デスク 美浦からはどうだ。年明けの3歳重賞、オープン特別で5戦全勝と関東馬は絶好調だな。

 花田 はい。そのうち重賞を勝った2頭ですが、シンザン記念を制したアーモンドアイは、桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)に直行する予定です。

 デスク あとは?

 花田 京成杯勝ちのジェネラーレウーノは、皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)の前に弥生賞(3月4日、中山、GII、芝2000メートル)に出走する可能性があります。矢野調教師は「馬の状態を見ながらだけど、使えるとしたら弥生賞を挟む場合も」と説明してくれました。

【新馬戦スター発見伝】ソルファ2018年1月12日(金) 05:02

 続々と活躍馬を送り出す父は、先週のシンザン記念(アーモンドアイ)で産駒が重賞初V。母もダート交流GIII2勝の活躍馬で、半兄ダノンバラード(父ディープインパクト)が2013年のGII・AJCCを勝つなど、兄姉もコンスタントに走っている。10日のWコースでの追い切りは4ハロン53秒1−13秒1(一杯に追う)で、1000万下の古馬と互角の動き。仕上がりは上々だ。「センスのいい馬で、素質もいいものを持っている」と高柳瑞調教師の評価は高い。

[もっと見る]

【京成杯】コズミック、戸崎でフォースの覚醒! 2018年1月11日(木) 05:10

 京成杯の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。変則日程で追い切る馬が少ない中、前節に史上初の3日連続重賞制覇の快挙を達成した戸崎騎手が、コズミックフォースに騎乗。年長馬と併入して仕上がりの良さをアピールした。デルタバローズ、ダブルシャープなどは、11日に追い切る予定。

 3日連続重賞制覇の“絶好調男”を背に、力強い脚取りで駆け抜けた。戸崎騎手が騎乗したコズミックフォースが、Wコースで6ハロン83秒5、3ハロン39秒5−13秒2をマーク。道中で他厩舎の馬と接近するシーンはあったが、人馬ともに冷静に対処し、3馬身先を進んだ年長馬ミエノドリーマー(1000万下)と併入に持ち込んだ。

 「最後に少し伸ばした程度ですね。ギアが徐々に入っていく感じで反応は良かった。他厩舎がまざって中途半端な形になったけど、リラックスして落ち着いて走れていたし、乗りやすさもある」

 年始の快進撃で周囲の視線を一身に集める鞍上が、パートナーとの初コンタクトに満足げな表情を浮かべた。

 未勝利を勝ち上がったばかりの1勝馬だが、デビュー2戦はともに能力の高さを感じさせた。初戦は出遅れて後方になりながらも、3ハロン33秒2の最速上がりで3着に浮上。一転して前走では課題のスタートを決めて好位につけ、最後はインから抜け出すセンスの良さを見せた。

 国枝調教師も「初戦は競馬を分かっていなかったけど、2戦目は競馬っぷりが良くなった。どうにでも乗れるタイプだから中山でも大丈夫。体も少しずつしっかりして、上積みが見込める」とシンザン記念のアーモンドアイに続く2週連続重賞Vへの手応えを明かす。

 昨年逃したリーディングの奪回を目標に掲げる戸崎騎手は、3日間開催で重賞3勝を含む8勝。新年早々とはいえ、早くもリードを奪った。

 「例年1、2月のスタートが良くないので(年末年始の)オフから意識し、気の入れ方を改めて臨んだのがいい結果に。馬がよく走ってくれたのが一番ですけどね。クリストフ(ルメール騎手)もいなかったし、鬼の居ぬ間に(笑)。これを続けていければ。もちろん今週も十分にチャンスがあります」

 上昇ムードに包まれる戸崎&コズミックフォースから目が離せない。 (板津雄志)

馬名の意味 「宇宙の力」。母ミクロコスモスからの連想。



★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】戸崎、4連続重賞V目指す! 2018年1月11日(木) 05:09

 戸崎騎手は今年の開催初日の中山金杯をセダブリランテスで、2日目のフェアリーSをプリモシーンで、3日目のシンザン記念をアーモンドアイで重賞を制覇。史上初の3日連続重賞制覇の快挙を成し遂げた。今週は土曜・中京のGIII愛知杯に騎乗予定はなく、日曜・中山の京成杯で騎乗機会4連続重賞勝利を目指す。騎乗機会での連続重賞勝利は6連続が最多で武豊騎手が1998年に記録している。



★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【3歳次走報】アーモンドアイ、桜花賞直行の可能性も 2018年1月11日(木) 05:00

 ★シンザン記念勝ちのアーモンドアイ(美・国枝、牝)は桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)直行の可能性もある。

 ★ジュニアC快勝のテンクウ(美・奥村武、牡)はファルコンS(3月17日、中京、GIII、芝1400メートル)へ。

 ★フェアリーS2着スカーレットカラー(栗・高橋亮、牝)はチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)から桜花賞のローテーションを視野。4着ハトホル(美・本間、牝)はクイーンC(2月12日、東京、GIII、芝1600メートル)などが視野に。

 ★シンザン記念2着ツヅミモン(栗・藤岡、牝)は、クイーンCから桜花賞へ。3着カシアス(栗・清水久、牡)は、このあとマイル路線へ。

 ★8日の中山500万下(芝2000メートル)を勝ったオウケンムーン(美・国枝、牡)は共同通信杯(2月11日、東京、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★7日の中山新馬戦(芝2000メートル)を勝ったダイワギャバン(美・菊沢、牡)はフリージア賞(2月17日、東京、500万下、芝2000メートル)などが選択肢。

 ★6日の中山未勝利戦(芝2000メートル)を快勝したクリッパー(美・高橋文、牝)はクイーンCを視野に。

 ★6日の中山500万下(ダ1800メートル)勝ちのワカミヤオウジ(美・栗田徹、牡)は伏竜S(4月1日、中山、OP、ダ1800メートル)。

[もっと見る]

戸崎騎手&シルクレーシング、今週も重賞制覇なるか 2018年1月10日(水) 19:43

 2018年の幕開けとなった1月6〜8日の3日間開催では、戸崎圭太騎手が8勝を挙げる活躍を見せ、6日に中山金杯(セダブリランテス)、7日にフェアリーSプリモシーン)、8日にシンザン記念アーモンドアイ)を制して史上初の3日連続JRA重賞制覇を遂げた。また、セダブリランテスプリモシーンアーモンドアイの3頭は、いずれも(有)シルクレーシングの所有馬で、同一馬主の3日連続JRA重賞制覇も史上初の快挙となった。



 戸崎騎手は14日の京成杯で、コズミックフォース(牡、美浦・国枝栄厩舎)に騎乗する予定で、(有)シルクレーシングの所有馬は13日の愛知杯レーヌドブリエ(牝6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、14日の日経新春杯モンドインテロ(牡6歳、美浦・手塚貴久厩舎)が登録している。さて、戸崎騎手と(有)シルクレーシングは、今週末の開催でも重賞を制すことができるだろうか。なお、レーヌドブリエは1月10日現在、除外対象となっている。



 また、戸崎騎手は6日の中山金杯から、8日のシンザン記念にかけて特別競走で騎乗機会5連勝中。特別競走の騎乗機会連勝記録は田原成貴元騎手が1984年に記録した「7」だが、戸崎騎手は34年ぶりに記録を更新することができるだろうか。



日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーモンドアイの関連コラム

閲覧 328ビュー コメント 0 ナイス 3



1月6日(土)に行われました中山11Rの「中山金杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】○セダブリランテス(2.5倍)
2着:総合ポイント【6位】◎ウインブライト(4.9倍)
3着:総合ポイント【10位】ストレンジクォーク(36.3倍)

第1グループ・総合ポイント2位のセダブリランテスが1着、第2グループ・総合ポイント6位のウインブライトが2着、第3グループ・総合ポイント10位のストレンジクォークが3着という結果でした。


ウインブライトは内枠を生かした完璧な競馬。
負けてはしまいましたが○セダブリランテスとの叩き合いは手に汗握りました(^^)/
堅い決着でしたが、的中でスタートできて良かったとホッとしています。


【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点 払い戻し680円


続いて、1月7日(日)に行われました中山11Rの「フェアリーS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】プリモシーン(4.6倍)
2着:総合ポイント【3位】▲スカーレットカラー(11.5倍)
3着:総合ポイント【9位】△レッドベルローズ(13.5倍)

第4グループ・総合ポイント11位のプリモシーンが1着、第2グループ・総合ポイント3位のスカーレットカラーが2着、第4グループ・総合ポイント9位のレッドベルローズが3着という結果でした。


こちらは、◎グランドピルエットはこれまでよりも前付けしたことが裏目に出た格好で8着惨敗。結果的に、4コーナーで外を回した馬たちが掲示板を独占する見事な差し決着となってしまいました。2着▲スカーレットカラーはともかくとして、1・3着馬を軽視してしまっていたので完敗です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆(7)△(16)=印
8=5,7,10,16=1,5,6,7,10,16(14点)

【馬連流し】
◎=印
8=1,5,6,7,10,16(6点)
○=印(5,7,8,16以外)
5=1,6,10(3点)
▲=印(5,7,8,16以外)
10=1,6(2点)

計25点 払い戻し0円


最後に、1月8日(祝月)に行われました京都11Rの「シンザン記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】アーモンドアイ(2.9倍)
2着:総合ポイント【10位】ツヅミモン(16.7倍)
3着:総合ポイント【1位】◎カシアス(7.5倍)

第4グループ・総合ポイント8位のアーモンドアイが1着、第4グループ・総合ポイント10位のツヅミモンが2着、第1グループ・総合ポイント1位のカシアスが3着という結果でした。


こちらは凄馬出馬表の乖離を狙った馬券、今回は上手くはまりませんでしたね。
しかし、勝ったアーモンドアイはかなりの器。桜花賞馬候補の筆頭かと思います。


【馬連】
2-11

【ワイド】
2-11

計2点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月10日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/6〜1/8)回収率275%のサラマッポプロを筆頭に、霧プロ、スガダイプロ、シムーンプロ含む計12名が2018年プラス発進!
閲覧 484ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3〜4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月8日(月) 11:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(シンザン記念 G3)
閲覧 562ビュー コメント 0 ナイス 2



明けましておめでとうございます。ROBOTIPプロジェクトチームです。本年もよろしくお願い致します。
当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『シンザン記念 G3』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎ファストアプローチで、勝率25.8%となかなか高い数値となっています。3位以下もところどころに勝率の開きが生じていて、比較的メリハリのついたメンバー構成のようです。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは一転、上位拮抗。本命は◎カフジバンガードとなっています。2位○スターリーステージも差がなく続き、上位5頭までが勝率10%以上の状況。ただ、競走馬ロボ、騎手ロボいずれも、上位が人気馬の状況となっていて波乱の余地は小さそうな配置です。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは◎ファストアプローチが勝率トップに返り咲き。勝率22.4%と2位以下には少し差をつけています。


【まとめ】
今回は、ファストアプローチに2票が入る結果となりました。また、いずれも上位人気馬が、すべてのロボで上位5頭を占めていて、並び順や多少の勝率差の違いはあれどファストアプローチカフジバンガードスターリーステージアーモンドアイカシアスの顔ぶれには変化がなかったという点も特徴的な結果となりました。
馬場状態には注意が必要と感じていますが、この5頭を中心に後の大物誕生となるか!?にも注目したいと思っています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

アーモンドアイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の重賞は東海S&アメリカJCC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・2]

○[1・0・0・1・3・4]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・1・2・4・6](^^♪

 グリーンセンスセラ 2018年1月22日(月) 12:49
> 牝馬クラシックは「1強」!? 
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 2

JRA牝馬クラシック、実は「1強」!? 関係者「ジェンティルドンナみたい」と大絶賛のアノ馬─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年1月17日 8時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5581.html

 8日、京都競馬場で行われたシンザン記念(G3)を快勝したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。出遅れて後方からの競馬になったものの、豪快な大外一気で先を行くライバルをごぼう抜きにし、牝馬クラシックの最右翼に浮上した。

 今後はクラシック初戦である桜花賞(G1)制覇のために、どのようなローテーションを組むのかが注目されていた。だが、陣営はトライアルに出走することなくまさかの直行を決断したとスポーツ紙で報じられ、競馬ファンを中心に驚きの声があがっている。

 それもそのはず。通常ならば、桜花賞を見据える馬はその1カ月前に開催されるチューリップ賞(G3)、フィリーズレビュー(G2)などのトライアルを経て参戦するパターンが多い。このアーモンドアイ陣営が選んだローテーションは極めて異例だ。だが、この直行ローテは同馬陣営の自信の現れだと現場記者は話す。

「ここ10年、牝馬でシンザン記念を制したのはアーモンドアイと、史上4頭目の牝馬三冠を達成したジェンティルドンナだけ。そのため今年のレースを制した同馬は関係者たちの間でも『モノが違う』『ジェンティルドンナを彷彿とさせた』と最高級の賛辞が寄せられているようです。

 レース前は関東馬ですので関西への輸送の影響なども心配されたのですが、圧勝したのでその不安も払拭しています。陣営がシンザン記念で実力を確信したのならば、トライアルレースで消耗するくらいならば直行しようと考えてもおかしくはないですよ」(競馬記者)

🏇次のページ 同馬のライバルになると見られている2歳女王は?

同馬のライバルになると見られている阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)覇者・ラッキーライラック、2着のリリーノーブルは3月のチューリップ賞(G2)から始動し、桜花賞へ向かう"王道"を進むと予想されている。

 ライバルたちを尻目に異例のルートで桜花賞制覇を目指すことになったアーモンドアイ。クラシックでは並み居る強豪たちを退け、『ジェンティルドンナ級』と評された実力を発揮し、桜の季節に大輪を咲かせることができるのだろうか? 今年も熱い戦いが繰り広げられるのは間違いなさそうだ。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年1月14日() 21:46
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート2(*^-^*)☆
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は今年初めての重賞!今週は2週目☆3重賞が行われました(^^)/

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[2・1・1・1・2・1]

○[1・0・0・1・3・3]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[3・1・1・2・5・4](^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーモンドアイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  星ガエル   フォロワー:5人 2018年1月11日(木) 11:59:05
シンザン記念は、他馬と次元の違う走り。
バネのあるフットワーク、回転の速さ、素晴らしいです。
募集価格900万Pの同馬はお買得すぎましたね。
牝馬クラシック戦線で期待大です!

アーモンドアイの写真

アーモンドアイ
アーモンドアイ

アーモンドアイの厩舎情報 VIP

2018年1月8日日刊スポシンザン記念 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アーモンドアイの取材メモ VIP

2018年1月8日 日刊スポシンザン記念 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。