会員登録はこちら
ニュージーランドT2017

2017年4月8日(

ニュージーランドT G2

中山競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜ニュージーランドT2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【NZT】ビックリ!12番人気・ストリクトリ重賞初V
 第35回ニュージーランドトロフィー(8日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬にNHKマイルCの優先出走権 =出走16頭)アンドレアシュ・シュタルケ騎乗で12番人気の伏兵ジョーストリクトリが好位からしぶとく伸びて重賞初V。タイム1分36秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着はメイソンジュニア。ハナ差3着がボンセルヴィーソで、この3頭がNHKマイルカップ(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 道悪もなんのその! 12番人気の伏兵ジョーストリクトリが、水を得た魚のように稍重馬場を駆けて重賞初制覇。父ジョーカプチーノに初タイトルを贈った。この日3勝と活躍のシュタルケ騎手も「パーフェクトレース」に会心の笑みだ。 「いいポジションに付けられて、直線もすごく手応えが良かった。きょうの馬場も合っていた」 前半3ハロン36秒3の緩いペースのなか、内めの5番手で流れに乗って直線へ。荒れていない馬場の真ん中に導かれると、力強く先行馬をかわした。 この後はNHKマイルCへ向かう。「完璧な競馬をしてくれたし、次につながる」と、ジョッキーは飛躍を保証した。 父はファルコンS優勝から、このレースで3着に入り、NHKマイルCを制覇。着順は違えど、父と同じ道のりを歩むジョーストリクトリが、3歳マイル王の座も奪いにいく。 (千葉智春)★8日中山11R「ニュージーランドトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月9日() 05:03

 1,612

【NZT】12番人気のジョーストリクトリがV
 4月8日の中山11Rで行われた第35回ニュージーランドトロフィー(3歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=5400万円)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗の12番人気ジョーストリクトリ(牡、栗東・清水久詞厩舎)が好位追走から、直線は最内を伸びて快勝。タイムは1分36秒0(稍重)。父ジョーカプチーノはこの世代が初年度産駒で、JRA重賞はジョーストリクトリが初勝利。 1馬身1/4差の2着には逃げ粘ったメイソンジュニア(8番人気)、さらにハナ差遅れた3着に2番手から粘り込んだボンセルヴィーソ(5番人気)で、上位3頭がNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 ニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリは、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート、母の父キングヘイローという血統。北海道新ひだか町・山際牧場の生産馬で、馬主は上田けい子氏。通算成績は7戦3勝。重賞は初勝利。ニュージーランドTは、清水久詞調教師、A.シュタルケ騎手ともに初優勝。 ◆アンドレアシュ・シュタルケ騎手(1着 ジョーストリクトリ)「パーフェクトレース。ペースがそんなに速くなくて、スタートが良く、いいポジションに付けられた。直線に向いてもすごく手応えが良くて、一生懸命に走ってくれた。きょうの馬場もすごく合っていたと思います」★8日中山11R「ニュージーランドトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月8日() 15:51

 1,772

【NZT】動き良化タイムトリップ
 タイムトリップは前走・クロッカスSで、これまでにない切れ味を発揮して3勝目をゲットした。そのあとはここ目標に、併せ馬で再三先着を繰り返す猛アピールを展開中だ。「中間に使えるレースもあったけど、じっくり我慢したのが正解だったのか、動きがとても良くなった。中山のマイルも十分にこなしているし、今の感じなら重賞でもやれるはず」と、菊川調教師はやる気満々。NHKマイルCへ名乗りをあげる。(夕刊フジ)★ニュージーランドトロフィーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月7日(金) 12:05

 1,810

【NZT】追って一言
 ◆イノバティブ・相沢師 「動きは良かった。掛かる馬だからリズム良く行ければ」 ◆クライムメジャー・池江師 「馬なりでサッと。マイルになって折り合いがポイント」 ◆ジャッキー・高橋祥師 「併せて整える程度。好調を維持している」 ◆ジョーストリクトリ・押田助手 「まだ完調ではないが、体調は良くなっている」 ◆スズカメジャー・橋田師 「いい動き。マイルの方が競馬はしやすい」 ◆セイカチトセ・坂本助手 「馬は良くなっている。パンパンの良馬場より渋った方がいい」 ◆ダイイチターミナル・高市師 「引き続き状態はいい。しまいを生かす競馬ならマイルでも」 ◆タイセイスターリー・矢作師 「体調は戻ってきたけど“100”ではない。抜け出してやめる面がある」 ◆タイムトリップ・菊川師 「動きはいい。コンスタントに乗れている。ためて味がある」 ◆ディバインコード・栗田博師 「状態はまずまず。ワンパンチ足りないが、伸びしろは多い」 ◆ナイトバナレット・中谷騎手 「予定より時計は速くなったが、ひと皮厚い感じがするのでこれでいいんじゃないか」 ◆ボンセルヴィーソ・池添学師 「攻め駆けする2頭を突き放した。スローで行ければ」 ◆マンカストラップ・伊藤大師 「前走は納得いかない。抑える競馬で改めて」 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「いい動き。内枠で前走の走りをすればマイルでも」 ◆モンサンレガーメ・牧師 「使われて状態アップ。軽い走りなので芝も走れていい」 ◆ランガディア・木村師 「あまり乗り込んでいない中でも、結果を出してくれている。中山にも対応してくれれば」★ニュージーランドトロフィーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月6日(木) 05:03

 2,867

【NZT】レース展望
 いよいよクラシックが開幕する今週だが、土曜中山では同じ3歳馬によるニュージーランドトロフィー(8日、GII、芝1600メートル)が行われる。3歳マイル王決定戦・NHKマイルカップ(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)のトライアルであり、1〜3着馬には本番の優先出走権が与えられる一戦。過去10年を見ても、ジョーカプチーノ(2009年3着)、グランプリボス(11年3着)、カレンブラックヒル(12年1着)が本番で優勝しており、ほかにものちの活躍馬が多く出ている。必見の3歳重賞だ。 実績で突出した馬は見当たらないが、底を見せていないという点で期待されているのがランガディア(美浦・木村哲也厩舎、牡)。父がキングカメハメハ、母の父がサンデーサイレンス、そして祖母にはオークス馬ダイナカールという配合。血統構成上は2冠馬ドゥラメンテとよく似ている。夏の新潟で新馬戦(芝1800メートル)を快勝したあと、半年ぶりの前走(500万下、東京芝1600メートル)でもあっさりとV。2戦2勝で駒を進めてきた。2戦とも馬群を割る力強い決め手が光り、スケールは大きい。右回りの経験がなく、心身ともまだ本格化手前という印象も否めないが、無傷の3連勝でGIに向かう可能性は十分にある。 きさらぎ賞でスタート直後に落馬競走中止の憂き目を見たスズカメジャー(栗東・橋田満厩舎、牡)だったが、中京のフローラルウォーク賞では上がり3ハロン33秒6という決め手を発揮して差し切り、見事に鬱憤を晴らした。こちらも伯父に天皇賞・春を勝ったスズカマンボがおり、母スプリングサンダーは重賞で2度の2着がある活躍馬。血統的に伸びしろは十分あり、競走中止を除く“3連勝”の期待が持てる素材だ。 新馬戦で鮮烈な勝ち方を演じた後、サウジアラビアロイヤルCとベゴニア賞で3着に終わったクライムメジャー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)が、今年初戦の500万下(芝1400メートル)をアタマ差でV。素質馬がようやく立ち直った印象だ。サトノノブレス、ヒカルオオゾラと兄2頭も池江厩舎で活躍した背景があり、叩き2戦目でさらなる前進も見込める。新コンビ・川田将雅騎手の手綱さばきに注目したい。 デイリー杯2歳S2着、朝日杯フューチュリティS3着と、マイペースで逃げて結果を出していたボンセルヴィーソ(栗東・池添学厩舎、牡)が、前走のファルコンSは控える形でクビ差2着に好走した。勝ち鞍こそ1勝にとどまっているが、脚質の幅が広がったことで、重賞タイトルに近づいたことは間違いない。関東圏への輸送さえクリアすれば、上位争いが見込める。 安定性という意味ではディバインコード(美浦・栗田博憲厩舎、牡)も引けを取らない。京王杯2歳S3着、ジュニアC2着、アーリントンC3着と、体重を増やしながら好結果を出しているのは好材料だろう。中山ではアスター賞1着、ジュニアC2着と2戦2連対。母ツーデイズノーチスは中山マイルの桜花賞トライアル・アネモネS勝ち馬でもあり、この舞台の前哨戦で期待が膨らむ。 ファルコンSでは11着と大敗したナイトバナレット(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も、ジュニアC快勝の舞台で見直しが必要だ。前走はひと息入っていたせいか、反応が鈍かった印象。ひと叩きされて、実績を残す舞台になれば巻き返しが見込める。流れが速くなればチャンスはさらに広がるだろう。 ほかにも、クロッカスSを快勝したタイムトリップ(美浦・菊川正達厩舎、牡)、シンザン記念2着、共同通信杯4着と健闘が続くタイセイスターリー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)、末脚勝負が板についてきたダイイチターミナル(美浦・高市圭二厩舎、牡)、前走で鮮やかな決め手を繰り出したイノバティブ(美浦・相沢郁厩舎、牡)などがスタンバイ。本番の切符をかけた激しいバトルが期待できそうだ。★ニュージーランドトロフィーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月3日(月) 17:39

 3,670

【ニュージーランドトロフィー】特別登録馬
2017年4月8日(土)に中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィー(GII)の登録馬は以下の通り。イノバティブ 牡3カリビアンゴールド 牝3クライムメジャー 牡3サンアンカレッジ 牡3ジャッキー 牡3ジョーストリクトリ 牡3スズカゼ 牝3スズカメジャー 牡3セイカチトセ 牡3タイセイスターリー 牡3タイムトリップ 牡3ダイイチターミナル 牡3ダイメイフジ 牡3ディバインコード 牡3ナイトバナレット 牡3ブラックオニキス 牝3ボンセルヴィーソ 牡3マンカストラップ 牡3メイソンジュニア 牡3モンサンレガーメ 牡3ライオネルカズマ 牡3ライズスクリュー 牝3ランガディア 牡3ロジムーン 牡3◆ニュージーランドトロフィー(GII)の重賞攻略はこちら。
2017年4月2日() 17:30

 2,888

【NZT】追って一言
 ◆イノバティブ・相沢師 「動きは良かった。掛かる馬だからリズム良く行ければ」 ◆クライムメジャー・池江師 「馬なりでサッと。マイルになって折り合いがポイント」 ◆ジャッキー・高橋祥師 「併せて整える程度。好調を維持している」 ◆ジョーストリクトリ・押田助手 「まだ完調ではないが、体調は良くなっている」 ◆スズカメジャー・橋田師 「いい動き。マイルの方が競馬はしやすい」 ◆セイカチトセ・坂本助手 「馬は良くなっている。パンパンの良馬場より渋った方がいい」 ◆ダイイチターミナル・高市師 「引き続き状態はいい。しまいを生かす競馬ならマイルでも」 ◆タイセイスターリー・矢作師 「体調は戻ってきたけど“100”ではない。抜け出してやめる面がある」 ◆タイムトリップ・菊川師 「動きはいい。コンスタントに乗れている。ためて味がある」 ◆ディバインコード・栗田博師 「状態はまずまず。ワンパンチ足りないが、伸びしろは多い」 ◆ナイトバナレット・中谷騎手 「予定より時計は速くなったが、ひと皮厚い感じがするのでこれでいいんじゃないか」 ◆ボンセルヴィーソ・池添学師 「攻め駆けする2頭を突き放した。スローで行ければ」 ◆マンカストラップ・伊藤大師 「前走は納得いかない。抑える競馬で改めて」 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「いい動き。内枠で前走の走りをすればマイルでも」 ◆モンサンレガーメ・牧師 「使われて状態アップ。軽い走りなので芝も走れていい」 ◆ランガディア・木村師 「あまり乗り込んでいない中でも、結果を出してくれている。中山にも対応してくれれば」★ニュージーランドトロフィーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月6日(木) 05:03

 2,867

【NZT】動き良化タイムトリップ
 タイムトリップは前走・クロッカスSで、これまでにない切れ味を発揮して3勝目をゲットした。そのあとはここ目標に、併せ馬で再三先着を繰り返す猛アピールを展開中だ。「中間に使えるレースもあったけど、じっくり我慢したのが正解だったのか、動きがとても良くなった。中山のマイルも十分にこなしているし、今の感じなら重賞でもやれるはず」と、菊川調教師はやる気満々。NHKマイルCへ名乗りをあげる。(夕刊フジ)★ニュージーランドトロフィーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月7日(金) 12:05

 1,810

NZTのニュースをもっと見る >

NZTの直前追い切り情報をもっと見る >

NZTの口コミ情報をもっと見る >

●ニュージーランドT 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜ニュージーランドT2017〜

第35回 ニュージーランドT G2

2017年4月8日()中山11R 芝1600m 16頭

天候:
馬場:稍重
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 6 89.5 ジョーストリクトリ 牡3 56.0 A.シュタ 清水久詞 栗東 492(-2) 51.1 12 1.36.0
2 2 4 93.2 メイソンジュニア 牡3 56.0 菱田裕二 渡辺薫彦 栗東 478(-8) 18.7 8 1.36.2 1 1/4
3 8 16 91.4 ボンセルヴィーソ 牡3 56.0 松山弘平 池添学 栗東 464(-4) 7.5 5 1.36.2 ハナ
4 4 7 86.9 スズカゼ 牝3 54.0 吉田隼人 伊藤正徳 美浦 466(-2) 24.1 9 1.36.3 1/2
5 8 15 90.0 タイムトリップ 牡3 56.0 田辺裕信 菊川正達 美浦 480(+2) 10.9 6 1.36.3 クビ
6 6 12 86.9 スズカメジャー 牡3 56.0 岩田康誠 橋田満 栗東 490(0) 5.2 2 1.36.4 3/4
7 7 14 90.8 タイセイスターリー 牡3 56.0 内田博幸 矢作芳人 栗東 520(+4) 6.1 4 1.36.5 1/2
8 5 10 87.7 クライムメジャー 牡3 56.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 506(-6) 4.2 1 1.36.6 クビ
9 4 8 89.9 ダイイチターミナル 牡3 56.0 大野拓弥 高市圭二 美浦 432(-2) 36.8 11 1.36.8 1 1/4
10 1 1 86.9 ナイトバナレット 牡3 56.0 中谷雄太 矢作芳人 栗東 478(+2) 13.9 7 1.36.9 1/2
11 5 9 85.4 カリビアンゴールド 牝3 54.0 田中勝春 小島太 美浦 460(-10) 34.3 10 1.36.9 クビ
12 7 13 84.0 イノバティブ 牡3 56.0 石川裕紀 相沢郁 美浦 440(+8) 165.6 14 1.37.0 3/4
13 1 2 87.2 ランガディア 牡3 56.0 戸崎圭太 木村哲也 美浦 462(-12) 5.7 3 1.37.2 1 1/2
14 6 11 86.5 ジャッキー 牡3 56.0 松岡正海 高橋祥泰 美浦 478(-2) 125.7 13 1.37.3 1/2
15 3 5 85.1 マンカストラップ 牡3 56.0 江田照男 伊藤大士 美浦 480(+2) 230.3 15 1.37.8
16 2 3 75.2 セイカチトセ 牡3 56.0 吉田豊 南田美知 美浦 478(+4) 281.1 16 1.38.4 3 1/2
ラップタイム 12.9-11.6-11.8-12.1-12.3-12.0-11.7-11.6
前半 12.9-24.5-36.3-48.4-60.7
後半 59.7-47.6-35.3-23.3-11.6

■払戻金

単勝 6 5,110円 12番人気
複勝 6 800円 12番人気
4 490円 8番人気
16 260円 4番人気
枠連 2-3 11,000円 29番人気
馬連 4-6 29,320円 59番人気
ワイド 4-6 4,440円 57番人気
6-16 3,760円 48番人気
4-16 1,500円 17番人気
馬単 6-4 57,590円 123番人気
3連複 4-6-16 49,810円 153番人気
3連単 6-4-16 496,220円 1,131番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜ニュージーランドT2017〜

NZTのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜ニュージーランドT2017〜

2016年 ニュージーランドT 2016年4月9日() 中山11R 芝1600m 良 16頭

ニュージーランドT2016

1着 5 ダンツプリウス 5.5倍(2人気) 丸山元気 1:33.9 94.2
2着 8 ストーミーシー 98.6倍(14人気) 江田照男 ハナ 94.2
3着 4 エクラミレネール 51.9倍(12人気) 北村宏司 クビ 94.2
単勝 5 550円(2人気) 3連複 4−5−8 195,280円(299人気)
馬連 5−8 22,190円(54人気) 3連単 5→8→4 1,051,270円(1,608人気)

2015年 ニュージーランドT 2015年4月11日() 中山11R 芝1600m 稍重 16頭

ニュージーランドT2015

1着 8 ヤマカツエース 15.3倍(7人気) 池添謙一 1:34.8 93.9
2着 9 グランシルク 3.0倍(1人気) 戸崎圭太 3/4 93.2
3着 12 アルマワイオリ 4.1倍(2人気) 勝浦正樹 アタマ 93.2
単勝 8 1,530円(7人気) 3連複 8−9−12 3,340円(7人気)
馬連 8−9 2,940円(13人気) 3連単 8→9→12 29,660円(88人気)

2014年 ニュージーランドT 2014年4月12日() 中山11R 芝1600m 良 15頭

ニュージーランドT2014

1着 12 ショウナンアチーヴ 3.1倍(1人気) 後藤浩輝 1:33.3 96.3
2着 9 ショウナンワダチ 8.0倍(4人気) 北村宏司 ハナ 96.3
3着 15 ベルルミエール 14.3倍(8人気) 川島信二 1 1/4 94.8
単勝 12 310円(1人気) 3連複 9−12−15 7,100円(21人気)
馬連 9−12 1,400円(4人気) 3連単 12→9→15 25,680円(62人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/04/06
ニュージーランドT
中山 16 エーシントップ 3.4倍 2 内田博幸 1:34.8 93.8
2012/04/07
ニュージーランドT
中山 16 カレンブラックヒル 3.7倍 1 秋山真一郎 1:33.2 98.8
2011/04/09
ニュージーランドT
阪神 18 エイシンオスマン 56.3倍 12 幸英明 1:34.5 100.4
2010/04/10
ニュージーランドT
中山 16 サンライズプリンス 3.4倍 1 横山典弘 1:32.9 101.1
2009/04/11
ニュージーランドT
中山 16 サンカルロ 2.6倍 1 吉田豊 1:33.8 97.4
2008/04/12
ニュージーランドT
中山 16 サトノプログレス 18.0倍 6 横山典弘 1:35.0 97.6
2007/04/07
ニュージーランドT
中山 16 トーホウレーサー 51.1倍 11 後藤浩輝 1:33.9 95.4
会員登録はこちら

●ニュージーランドT 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜ニュージーランドT2017〜

ニュージーランドトロフィー前身は、1968年にニュージーランドのタウランガ競馬場を主催するベイオブプレンティ・レーシングクラブとの交換競走として創設された。その後同競走は幾度も競走名を変更され、1977年には初めて「ニュージーランドトロフィー」という名称が使われている。

現在のニュージーランドトロフィーの実質的な創設は1983年で、東京競馬場芝1600mの4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定混合・馬齢条件の重賞競走、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスとして新設されたものである。1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされ、さらに1987年にはGIIに格上げされた。東京優駿(日本ダービー)や優駿牝馬(オークス)の施行距離である芝2400mが不向きな短距離を得意とする4歳(現3歳)の競走馬や、当時クラシック競走の出走ができなかった外国産馬、クラシック登録を行わなかった競走馬の最大の目標となる競走として定着していく。

1996年からは4歳(現3歳)の短距離最強馬決定戦として新設されたNHKマイルカップの誕生に伴って、上位3着までに入賞した競走馬にはNHKマイルカップの優先出走権が与えられるトライアル競走という位置付けになった。これに伴って、開催時期を4月に移動すると共に施行距離を芝1400mに変更される。

2000年からはNHKマイルカップの開催が1週間早まり、あわせて本競走も開催時期が2週間早くなったことにより中山競馬場に移設され、施行距離も芝1600mに戻し、2001年からは現在のニュージーランドトロフィーに名称を変更した。

NHKマイルカップが新設されるまでは4歳(現3歳)の短距離馬の春の最重要競走として施行されていたが、現在はNHKマイルカップのトライアル競走として位置付けされており、NHKマイルカップを占う重要な競走として施行されている。

これまでの勝ち馬からニッポーテイオーオグリキャップシンコウラブリイヒシアマゾンファビラスラフインシーキングザパールエルコンドルパサーエイシンプレストンカレンブラックヒルなどのGI馬を輩出している。

GII格付け以後では他に、ザカリヤエイシンツルギザンマイネルスケルツィトーホウレーサーサトノプログレスサンカルロなどがニュージーランドトロフィーを制している。


ニュージーランドトロフィーの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る