会員登録はこちら
ニュージーランドT G2   2017年4月8日() 15:45 中山/芝1600m

ニュージーランドTのニュース&コラム

【NZT】ビックリ!12番人気・ストリクトリ重賞初V
 第35回ニュージーランドトロフィー(8日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬にNHKマイルCの優先出走権 =出走16頭)アンドレアシュ・シュタルケ騎乗で12番人気の伏兵ジョーストリクトリが好位からしぶとく伸びて重賞初V。タイム1分36秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着はメイソンジュニア。ハナ差3着がボンセルヴィーソで、この3頭がNHKマイルカップ(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 道悪もなんのその! 12番人気の伏兵ジョーストリクトリが、水を得た魚のように稍重馬場を駆けて重賞初制覇。父ジョーカプチーノに初タイトルを贈った。この日3勝と活躍のシュタルケ騎手も「パーフェクトレース」に会心の笑みだ。 「いいポジションに付けられて、直線もすごく手応えが良かった。きょうの馬場も合っていた」 前半3ハロン36秒3の緩いペースのなか、内めの5番手で流れに乗って直線へ。荒れていない馬場の真ん中に導かれると、力強く先行馬をかわした。 この後はNHKマイルCへ向かう。「完璧な競馬をしてくれたし、次につながる」と、ジョッキーは飛躍を保証した。 父はファルコンS優勝から、このレースで3着に入り、NHKマイルCを制覇。着順は違えど、父と同じ道のりを歩むジョーストリクトリが、3歳マイル王の座も奪いにいく。 (千葉智春)★8日中山11R「ニュージーランドトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月9日() 05:03

 1,627

【NZT】12番人気のジョーストリクトリがV
 4月8日の中山11Rで行われた第35回ニュージーランドトロフィー(3歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=5400万円)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗の12番人気ジョーストリクトリ(牡、栗東・清水久詞厩舎)が好位追走から、直線は最内を伸びて快勝。タイムは1分36秒0(稍重)。父ジョーカプチーノはこの世代が初年度産駒で、JRA重賞はジョーストリクトリが初勝利。 1馬身1/4差の2着には逃げ粘ったメイソンジュニア(8番人気)、さらにハナ差遅れた3着に2番手から粘り込んだボンセルヴィーソ(5番人気)で、上位3頭がNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 ニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリは、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート、母の父キングヘイローという血統。北海道新ひだか町・山際牧場の生産馬で、馬主は上田けい子氏。通算成績は7戦3勝。重賞は初勝利。ニュージーランドTは、清水久詞調教師、A.シュタルケ騎手ともに初優勝。 ◆アンドレアシュ・シュタルケ騎手(1着 ジョーストリクトリ)「パーフェクトレース。ペースがそんなに速くなくて、スタートが良く、いいポジションに付けられた。直線に向いてもすごく手応えが良くて、一生懸命に走ってくれた。きょうの馬場もすごく合っていたと思います」★8日中山11R「ニュージーランドトロフィー」の着順&払戻金はこちら
2017年4月8日() 15:51

 1,787

【ニュージーランドトロフィー】入線速報(中山競馬場)
中山11R・ニュージーランドトロフィー(3回中山5日目 中山競馬場 芝・右外1600m サラ系3歳オープン)は、1番手6番ジョーストリクトリ(単勝51.1倍/12番人気)、2番手4番メイソンジュニア(単勝18.7倍/8番人気)、3番手16番ボンセルヴィーソ(単勝7.5倍/5番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連4-6(293.2倍) 馬単6-4(575.9倍) 3連複4-6-16(498.1倍) 3連単6-4-16(4962.2倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017040806030511 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2017年4月8日() 15:46

 1,068

【NZT】動き良化タイムトリップ
 タイムトリップは前走・クロッカスSで、これまでにない切れ味を発揮して3勝目をゲットした。そのあとはここ目標に、併せ馬で再三先着を繰り返す猛アピールを展開中だ。「中間に使えるレースもあったけど、じっくり我慢したのが正解だったのか、動きがとても良くなった。中山のマイルも十分にこなしているし、今の感じなら重賞でもやれるはず」と、菊川調教師はやる気満々。NHKマイルCへ名乗りをあげる。(夕刊フジ)★ニュージーランドトロフィーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月7日(金) 12:05

 1,821

ニュージーランドTのニュースをもっと見る >

【NZT】追って一言
 ◆イノバティブ・相沢師 「動きは良かった。掛かる馬だからリズム良く行ければ」 ◆クライムメジャー・池江師 「馬なりでサッと。マイルになって折り合いがポイント」 ◆ジャッキー・高橋祥師 「併せて整える程度。好調を維持している」 ◆ジョーストリクトリ・押田助手 「まだ完調ではないが、体調は良くなっている」 ◆スズカメジャー・橋田師 「いい動き。マイルの方が競馬はしやすい」 ◆セイカチトセ・坂本助手 「馬は良くなっている。パンパンの良馬場より渋った方がいい」 ◆ダイイチターミナル・高市師 「引き続き状態はいい。しまいを生かす競馬ならマイルでも」 ◆タイセイスターリー・矢作師 「体調は戻ってきたけど“100”ではない。抜け出してやめる面がある」 ◆タイムトリップ・菊川師 「動きはいい。コンスタントに乗れている。ためて味がある」 ◆ディバインコード・栗田博師 「状態はまずまず。ワンパンチ足りないが、伸びしろは多い」 ◆ナイトバナレット・中谷騎手 「予定より時計は速くなったが、ひと皮厚い感じがするのでこれでいいんじゃないか」 ◆ボンセルヴィーソ・池添学師 「攻め駆けする2頭を突き放した。スローで行ければ」 ◆マンカストラップ・伊藤大師 「前走は納得いかない。抑える競馬で改めて」 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「いい動き。内枠で前走の走りをすればマイルでも」 ◆モンサンレガーメ・牧師 「使われて状態アップ。軽い走りなので芝も走れていい」 ◆ランガディア・木村師 「あまり乗り込んでいない中でも、結果を出してくれている。中山にも対応してくれれば」★ニュージーランドトロフィーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年4月6日(木) 05:03

 2,885

ニュージーランドTの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月8日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv108 
490円 49,000円
Lv107 
1,500円 15,000円
Lv107 
49,810円 298,860円
Lv105 
49,810円 49,810円
Lv104 
1,500円 19,500円

的中情報をもっと見る >

ニュージーランドT過去10年の結果

2016年4月9日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ダンツプリウス 丸山元気 1:33.9 5.5倍 94.2
2着 ストーミーシー 江田照男 ハナ 98.6倍 94.2
3着 エクラミレネール 北村宏司 クビ 51.9倍 94.2
2015年4月11日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ヤマカツエース 池添謙一 1:34.8 15.3倍 93.9
2着 グランシルク 戸崎圭太 3/4 3.0倍 93.2
3着 アルマワイオリ 勝浦正樹 アタマ 4.1倍 93.2
2014年4月12日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ニュージーランドTの歴史と概要

ニュージーランドトロフィー前身は、1968年にニュージーランドのタウランガ競馬場を主催するベイオブプレンティ・レーシングクラブとの交換競走として創設された。その後同競走は幾度も競走名を変更され、1977年には初めて「ニュージーランドトロフィー」という名称が使われている。

現在のニュージーランドトロフィーの実質的な創設は1983年で、東京競馬場芝1600mの4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定混合・馬齢条件の重賞競走、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスとして新設されたものである。1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされ、さらに1987年にはGIIに格上げされた。東京優駿(日本ダービー)や優駿牝馬(オークス)の施行距離である芝2400mが不向きな短距離を得意とする4歳(現3歳)の競走馬や、当時クラシック競走の出走ができなかった外国産馬、クラシック登録を行わなかった競走馬の最大の目標となる競走として定着していく。

1996年からは4歳(現3歳)の短距離最強馬決定戦として新設されたNHKマイルカップの誕生に伴って、上位3着までに入賞した競走馬にはNHKマイルカップの優先出走権が与えられるトライアル競走という位置付けになった。これに伴って、開催時期を4月に移動すると共に施行距離を芝1400mに変更される。

2000年からはNHKマイルカップの開催が1週間早まり、あわせて本競走も開催時期が2週間早くなったことにより中山競馬場に移設され、施行距離も芝1600mに戻し、2001年からは現在のニュージーランドトロフィーに名称を変更した。

NHKマイルカップが新設されるまでは4歳(現3歳)の短距離馬の春の最重要競走として施行されていたが、現在はNHKマイルカップのトライアル競走として位置付けされており、NHKマイルカップを占う重要な競走として施行されている。

これまでの勝ち馬からニッポーテイオーオグリキャップシンコウラブリイヒシアマゾンファビラスラフインシーキングザパールエルコンドルパサーエイシンプレストンカレンブラックヒルなどのGI馬を輩出している。

GII格付け以後では他に、ザカリヤエイシンツルギザンマイネルスケルツィトーホウレーサーサトノプログレスサンカルロなどがニュージーランドトロフィーを制している。


ニュージーランドトロフィーの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月23日(
阪神カップ G2
2017年12月24日(
有馬記念 G1

競馬番組表

2017年12月23日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2017年12月24日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る