注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

オグリキャップ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  芦毛 1985年3月27日生
調教師瀬戸口勉(栗東)
馬主近藤 俊典
生産者稲葉 不奈男
生産地三石町
戦績20戦[12-4-1-3]
総賞金88,970万円
収得賞金22,225万円
英字表記Oguri Cap
血統 ダンシングキヤツプ
血統 ][ 産駒 ]
Native Dancer
Merry Madcap
ホワイトナルビー
血統 ][ 産駒 ]
シルバーシヤーク
ネヴアーナルビー
兄弟 オグリローマンオグリシャダイ
前走 1990/12/23 有馬記念 G1
次走予定

オグリキャップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
90/12/23 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1648--41** 牡5 56.0 武豊瀬戸口勉494(-2)2.34.2 -0.135.2⑥⑥メジロライアン
90/11/25 東京 10 ジャパンカッ G1 芝2400 1547--411** 牡5 57.0 増沢末夫瀬戸口勉496(-4)2.24.1 0.935.4⑮⑭⑬⑪ベタールースンアッ
90/10/28 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 18612--16** 牡5 58.0 増沢末夫瀬戸口勉500(0)1.58.9 0.736.6ヤエノムテキ
90/06/10 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 1066--12** 牡5 57.0 岡潤一郎瀬戸口勉500(+4)2.14.6 0.6--オサイチジョージ
90/05/13 東京 10 安田記念 G1 芝1600 1659--11** 牡5 57.0 武豊瀬戸口勉496(0)1.32.4 -0.335.0ヤエノムテキ
89/12/24 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1611--15** 牡4 57.0 南井克巳瀬戸口勉496(0)2.32.5 0.837.4イナリワン
89/11/26 東京 10 ジャパンカッ G1 芝2400 1523--22** 牡4 57.0 南井克巳瀬戸口勉496(0)2.22.2 0.0--④④④④ホーリックス
89/11/19 京都 10 マイルチャン G1 芝1600 1711--11** 牡4 57.0 南井克巳瀬戸口勉496(0)1.34.6 -0.0--⑤⑤バンブーメモリー
89/10/29 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 1434--12** 牡4 58.0 南井克巳瀬戸口勉496(-2)1.59.1 0.0--⑦④④スーパークリーク
89/10/08 東京 10 毎日王冠 G2 芝1800 866--11** 牡4 59.0 南井克巳瀬戸口勉498(+8)1.46.7 -0.0--⑥④④イナリワン
89/09/17 中山 11 産經賞オール G3 芝2200 13711--11** 牡4 57.0 南井克巳瀬戸口勉490(-2)2.12.4 -0.334.7⑤⑤⑤④オールダッシュ
88/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 13610--21** 牡3 55.0 岡部幸雄瀬戸口勉492(-2)2.33.9 -0.135.6⑦⑦④⑥タマモクロス
88/11/27 東京 10 ジャパンカッ G1 芝2400 1648--33** 牡3 55.0 河内洋瀬戸口勉494(+2)2.25.8 0.3--⑦⑧ペイザバトラー
88/10/30 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 1311--12** 牡3 56.0 河内洋瀬戸口勉492(-2)1.59.0 0.2--⑧⑦⑦タマモクロス
88/10/09 東京 10 毎日王冠 G2 芝1800 1268--11** 牡3 56.0 河内洋瀬戸口勉494(+16)1.49.2 -0.2--⑨⑧⑧シリウスシンボリ
88/07/10 中京 11 高松宮杯 G2 芝2000 822--11** 牡3 55.0 河内洋瀬戸口勉478(-2)1.59.0 -0.234.5④④ランドヒリュウ
88/06/05 東京 11 ニュージラン G2 芝1600 13711--11** 牡3 56.0 河内洋瀬戸口勉480(0)1.34.0 -1.2--⑦④リンドホシ
88/05/08 京都 11 毎日放送京都 G3 芝2000 15815--11** 牡3 58.0 南井克巳瀬戸口勉480(+4)2.03.6 -0.9--⑪⑫⑧④コウエイスパート
88/03/27 阪神 11 毎日杯 G3 芝2000 10810--11** 牡3 57.0 河内洋瀬戸口勉476(-6)2.04.8 -0.1--⑦⑦⑩⑧ファンドリデクター
88/03/06 阪神 11 ペガサスステ G3 芝1600 1044--21** 牡3 56.0 河内洋瀬戸口勉482(--)1.35.6 -0.5--⑦⑧⑥ラガーブラック

オグリキャップの関連ニュース

 待望のGP初勝利へ向けて、「第58回宝塚記念」(25日、阪神、GI、芝2200メートル)に挑むキタサンブラックが21日朝、栗東トレーニングセンター(滋賀県)のCWコースで完璧な仕上がりをアピールした。大阪杯→天皇賞・春に続くGI3連勝を決めれば、2億円ボーナスも獲得できる大一番。秋の世界最高峰GI凱旋門賞(フランス)も見据えながら、最強馬はひたすら勝ちにいく。

 6つ目のGI奪取へ狂いなし。大阪杯、天皇賞に続く“春コンプリートV”を目指すキタサンブラックが、貫禄の先着スパーで’17上半期を締めくくりにかかる。

 強烈な雨に見舞われた栗東。朝一番にCWコースに入った主役は、中パリンジェネシス、外ワキノヒビキを2馬身追いかけてペースを上げた。馬場の悪化に加え、時折、強い風も吹く酷なコンディション。しかし完成された最強馬にはそれも些細なハンデにしかすぎない。直線、気負いのないフォームで余力十分に並びかけると、最後は内からきっちり半馬身抜け出してフィニッシュした。

 「馬場が悪いなかでもしっかり走れたし、しまいの反応も良かった。毎回毎回、目一杯に仕上げて馬にはかわいそうなくらいだけど、今回もへこたれずに、それに応えてくれている」と、清水久調教師が目を細める。

 レコードで連覇を決めた春の盾から中7週。パフォーマンスが上がるほど反動が出やすいのが競走馬の常だが、けさの動きに変調の兆しは皆無。例によって派手さこそないが、充実ぶりを物語る滑らかなフットワークはA評価に相応しい。

 最強の座に慢心せず、中間も攻めの姿勢を貫いたトレーナーが、「前走を見ても、もう強いな、強いなと思うばかり。やれるだけ鍛えてやろうと思ってやってきたけど、健康で丈夫だから、それに応えてくれる」と、愛馬のタフさ、そして強さに感服する。

 昨年の宝塚記念有馬記念も同様にファン投票1位となったが、結果は3、2着。まして得票数は10万票を超えて、得票率は1984年のグレード制導入後ではNo.1の83パーセントというのだから、ここで三たび負けるわけにはいかない。

 「秋は凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ、GI、芝2400メートル)にも登録しているし、ここでいい結果を残し、前向きに(北島三郎)オーナーと話し合えたらいい」とトレーナーが言えば、武豊騎手も「応援してくれている人を喜ばせてあげたい。すでに名馬の域に達しているんだから」と気持ちを込める。

 “1強”で迎えるサマーGP。孤高の存在が盤石の態勢を整えた。

★ファン投票は堂々のトップ

 キタサンブラックは10万1621票を獲得して堂々のファン投票第1位。得票率83・0%は90年オグリキャップの82・0%をしのいでトップとなった(グレード制を導入した84年以降)。出走馬中ファン投票1位馬は23勝・2着16回で、勝率40・4%、連対率68・4%の好成績を残している。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【宝塚記念】断然人気“無敵”キタサンGI6勝目だ! 2017年06月19日(月) 17:01

 上半期の中央競馬を締めくくるGP「第58回宝塚記念」(GI、芝2200メートル)が、25日に阪神で行われる。誰もが認める主役はキタサンブラックだ。今季は大阪杯→天皇賞・春と連勝し、その強さはすごみを増すばかり。秋には欧州遠征のプランもあるが、まずは史上9頭目のJRA・GI6勝へ全力投球だ。

 その人気は、希代のアイドルホースを超えた。キタサンブラックはファン投票で2位以下を大きく突き放す10万1621票を獲得。得票率は83・0%で、84年のグレード制導入後では90年オグリキャップ(2着)の82・0%を超えて歴代トップに輝いた。

 「この人気には結果で応えるしかないね。競馬は何があるか分からないし、そう簡単ではない。でも、去年より強くなっているし、この馬はそれができると思っているから」と、武豊騎手は“V宣言”だ。

 それだけ今春の歩みは圧巻。大阪杯を早め先頭から押し切り、春の盾連覇はレコードのおまけつき。進化のスピードは加速するばかりだ。この中間も何ひとつトラブルはなく、先週14日はCWコース3頭併せで最先着。6F78秒9、ラスト1F12秒2とタイムもケチのつけようがなかった。

 「さすがに前走後は体が細くなって10日ほど休ませたけど、回復力はさすが。張り詰めて、ものすごい馬体になっていますよ。やればやっただけ(調子が)上がる。昨年よりパワーアップしていますよ」と、清水久調教師は昨年3着のリベンジを確信している。

 勝てばJRA獲得賞金はディープインパクトを抜いて歴代2位となり、春の古馬主要GI3連勝による2億円ボーナスを獲得。無敵のブラックは仏GI凱旋門賞(10月1日、シャンティイ、芝2400メートル)など秋の欧州も視野に入るが、「すべてはこの宝塚が終わってから。まずは目の前の仕事に集中します」と、指揮官は雑音を封印。全力で6つ目のGIタイトルを獲りにいく。(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】瀬戸口元調教師の馬体診断 2017年05月26日(金) 05:11

 ネオユニヴァースメイショウサムソン日本ダービー2勝を挙げた元JRA調教師の瀬戸口勉氏(80)が、日本ダービー出走馬を馬体診断。最もほれ込んだのは3連勝で青葉賞を制したアドミラブルだ。2番手以降にはサトノアーサーアルアインなどを取り上げた。

 すべてのホースマンが目指す日本ダービー。各陣営がこのレースに照準を定めて完璧に仕上げてきており、なかなか甲乙つけがたいが、馬体を見て青葉賞を制したアドミラブルにほれた。

 510キロもあるとは思えないバランスの良さ。筋肉に張りがあり、無駄なところがなく研ぎ澄まされた印象だ。飛節の角度も理想的で、胸前の力強さも強調できる。胴が長めですっきりしていて、いかにも長距離向きだ。血統の配合も魅力的。父がディープインパクトで、母系には底力のあるトニービン。体形的には(母の父)シンボリクリスエスの方が出ている印象だが、父と母のいいところを受け継いでいる。皐月賞組と比較しても、引けをとらないポテンシャルがあり、馬体からスケールの大きさを感じる。

 サトノアーサーは、全体のバランスが理想的で、非常に好きなタイプ。幅があって、中身の良さが出ている。十分に間隔を取ってきっちり仕上げてきており、筋肉が浮き出て毛づやの良さも目立つ。距離的にどうかだが、全身から筋肉の柔らかさとバネを感じるし、府中の良馬場は合うだろう。

 皐月賞馬のアルアインは一見すると、やや短距離向きの体形にも映るが、胸前にボリュームがあり心肺機能が高そう。後肢にもすごくいい筋肉がついていて、馬体に力強さがあふれている。皐月賞は勝負どころで手応えが鈍かったが、そこから伸びたのは勝負根性と精神力の強さだろう。

 スワーヴリチャードは、ハーツクライ産駒らしく、ゆったりした馬体のつくりで、広い東京コース向きと思える。前走時より輪郭がくっきりして、体に締まりが出てきたのもいい。

 ペルシアンナイトは、やや胴が詰まった感じがあるので、距離が延びるのがどうか。ただ、筋肉に柔らかみを感じるし、毛づやや馬体の張りも目立つ。

 レイデオロは柔らかそうで、顔つきもいい。ただ、肩の傾斜がやや立ち気味で、少し頭も高い。こういう馬はストライドが伸びにくく、中長距離向きとは言いにくい。そのあたりが、最後のひと伸びにどう影響してくるか。 (元JRA調教師)

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

瀬戸口 勉(せとぐち・つとむ)

 1936(昭和11)年11月3日生まれ、80歳。鹿児島県出身。騎手時代は63年の桜花賞(ミスマサコ)など通算329勝。73年から調教師となり、2007年の引退までにJRA通算864勝、重賞は平地GI13勝を含む51勝。有馬記念2勝のオグリキャップ皐月賞日本ダービーを制したネオユニヴァースメイショウサムソンなどを育てた。

[もっと見る]

【有馬記念】岡部幸雄氏の考え!55キロのダイヤ 2016年12月25日() 05:07

 歴史的名騎手で有馬記念でも歴代最多タイの3勝を挙げた岡部幸雄氏(68)が、ジョッキー目線で年度総決算レースを分析した。ジャパンカップに続き(1)番枠に入ったキタサンブラックには、前走時とは違ってマークがきつくなると指摘。唯一の3歳馬サトノダイヤモンドに対しては、前走からの斤量減のアドバンテージを強調。タフなレースになった場合、アルバートが台頭する可能性にも触れた。

 キタサンブラックジャパンカップに続いて逃げ・先行型には絶好の(1)番枠に入ったが、今度はマイペースで逃げ切った前走とは状況が違う。デビューからの17戦全てで先手を取ってきたマルターズアポジーが出走するからだ。さらに、先行タイプのサムソンズプライドもしばしば思い切った騎乗をする横山典騎手が鞍上なら、レースの鍵を握る存在になるかもしれない。

 キタサンブラックは逃げても控えても問題のないタイプで有力候補なのは変わりないが、いいペースでレースが進むことが予想されるため、そのぶん、他の馬にとっては戦いやすくなるはずだ。

 新たな強敵として菊花賞を圧勝したサトノダイヤモンドも加わった。自在に立ち回れる強みがあり、人気になってはいても挑戦者の立場で比較的気楽に戦える点もいい。

 以前と違い、近年の有馬記念は3歳馬が不利というわけではない。負担重量が年長馬より2キロ軽い55キロという設定は長い間変わらないが、この馬自身が今年は56キロ以上を背負ってきただけに、前走から2キロの斤量減は大きなアドバンテージといえる。

 ジャパンカップで敗れた有力馬は“他力本願”タイプが多く、ほとんどが動けないまま終わった。だが、有馬記念は小回りコースが舞台でもあり、2着だったサウンズオブアース、3着シュヴァルグラン、4着ゴールドアクターの各騎手は同じ内容で負けるわけにはいかない。

 特に連覇がかかるゴールドアクターはキタサンの隣の(2)番枠なので、今度は楽なレースをさせないはず。吉田隼騎手をはじめとする各騎手がどうプレッシャーをかけにいくか、熟練した武豊騎手がそれをどう切り返すか、意地と意地のぶつかり合いも見どころだ。

 いずれにしても、有力馬が早めに動きそうな今年は例年以上にタフな戦いになる可能性があり、その場合、注目されるのがスタミナタイプだ。

 なかでもステイヤーズステークスを連覇したアルバートは夏から休みなくきて11着に敗れた昨年と違い、今年は休養明け3戦目という点がいい。前走もR・ムーア騎手が余力を残すようなレースをさせていたので、馬はいいリズムで臨めるはずだ。 (JRA元騎手)

有馬記念の枠順はこちら

岡部 幸雄(おかべ・ゆきお)

 1948(昭和23)年10月31日生まれ、68歳。群馬県太田市出身。67年3月に騎手としてデビューし、2005年3月に引退するまでにJRA通算2943勝をあげ、3860勝の武豊騎手に次ぐ歴代2位(24日現在)。有馬記念は84&85年シンボリルドルフ、88年オグリキャップで3勝し、歴代最多タイ記録になっている。サンケイスポーツ特別版週刊ギャロップで「GI観戦記」を連載中。

[もっと見る]

【有馬記念】キタサンHペースでも大丈夫!2016年12月24日() 12:00

 すでに超一流馬の域。GPも◎キタサンブラックが“まつり”独唱だ。

 スペシャルなGI。今週のトレセンも独特の盛り上がりを見せたが、最も多く聞かれたのが「キタサンは強い」という声だった。

 今年、JRAのGIで唯一4勝している“請負人”M・デムーロ騎手も強さを認める一人。とりわけ強烈な印象として「宝塚記念(3着)がすごく強かった」と指摘する。

 確かにそう。宝塚は前半1000メートルが59秒1、後半が61秒3という激烈なハイペース決着。2番手追走のワンアンドオンリーが2秒差の14着、3番手のアンビシャスが2秒1差の16着と大失速するなか、逃げたキタサンだけはクビ+ハナ差の3着に粘り込んでいた。

 どんなシチュエーションも苦にしない最強馬の真骨頂。単騎逃げでマイペースに持ち込んだジャパンCから一転し、マルターズアポジーサムソンズプライドら同型の逃げ馬が顔をそろえたが、ペースが上がることはまるでNOプロブレム。むしろ、強さを浮かび上がらせる呼び水となるか。

 「JC後にさらに鍛えることもできたけど、あれだけ強かったから。最低限、現状維持なら十分と思いました」。自信満々な清水久調教師の胸のうちも愛馬への信頼と敬意にあふれている。上積みを求めないマイペース調整は至極順調で、「ほぼ同じ状態。心配はありません」と胸を張った。

 「ディープインパクト(06年)からもう10年だからね。素晴らしい馬と参加できるし、勝ちたい」。武豊騎手も90年オグリキャップと合わせての3勝目へ腕を撫す。父の武邦彦さんとのお別れや、弟の武幸四郎騎手の調教師試験合格など、人生の機微を味わった特別な1年のフィナーレを自らの手で彩る。

 “究極の3連単”はキタサンを1着に固定。2着に絶好調ルメールが操る菊花賞馬○サトノダイヤモンドに加え、21日の枠順抽選会で残り2枠から見事に内めの(2)番を引き当てた昨年の覇者▲ゴールドアクターも据えた、フォーメーション10点で勝負。前売りで700倍超えもある自信の買い目で、豪勢に年を越す!(夕刊フジ)

有馬記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】瀬戸口元調教師の馬体診断 2016年12月24日() 05:08

 JRA元調教師で、有馬記念2勝のアイドルホース、オグリキャップを育てたことで知られる瀬戸口勉氏(80)が、有馬記念の出走馬の馬体を独自の相馬眼で診断した。最も熱い視線を送ったのは、今年の菊花賞馬で、ただ1頭の3歳馬サトノダイヤモンド。2番手にはサウンズオブアースを取り上げ、大穴にはアルバートを指名した。

 目移りするほどの好メンバーがそろった。なかでも、3歳馬のサトノダイヤモンドが素晴らしい輝きを放っている。

 皐月賞3着、ダービー2着、そして3冠目の菊花賞で悲願のGIを制したわけだが、その着順通りに馬も成長曲線を描いている。もともとサラブレッドの理想形と思えるほどの好馬体。菊花賞当時と比べても、臀部から後肢にすごくいい筋肉がついて大きくなった印象を受ける。菊花賞から2カ月ほど間隔をとって疲れもないだろうし、55キロの斤量もいい。菊花賞から直行で同年の有馬記念を勝った過去の3歳馬にもヒケをとらない素質、能力、体形の持ち主だと思う。

 ジャパンCから、さらに良くなったのはサウンズオブアース。私が調教師時代に皐月賞、ダービーの2冠を勝ったネオユニヴァースの産駒だが、そのネオより飛節(後肢のすねと管の間にある関節)の角度が広くて、胸前もすごく深い。キャリアを積んで馬体はグングン良くなってきた。

 大穴候補にはアルバートを取り上げたい。毛づやは良く、パワーも十分に兼備した体のつくり。荒れ馬場や時計を要する場合には対応力がありそう。

 他ではシュヴァルグランと、昨年の覇者ゴールドアクター。シュヴァルは体が柔らかそうでバネを感じさせる。アクターは胸前がガッシリしてトモがすごく発達しており、個人的には好みの体形。若干、太かったジャパンC4着時より絞れた体つきにも好感が持てる。

 ファン投票1位のキタサンブラックは、胴長で身のこなしが柔らかいから長めの距離が合う。ただ、毛づやや馬体の張りは前走時の方が良かったような気がする。それでも絶好の(1)番枠を引き当てており、大きく評価を下げることはできない。 (JRA元調教師)

有馬記念の枠順はこちら

瀬戸口 勉(せとぐち・つとむ)

 1936(昭和11)年11月3日生まれ、80歳。鹿児島県出身。騎手時代は63年の桜花賞(ミスマサコ)など通算329勝。73年に調教師免許を取得し、75年に開業。2007年の引退までにJRA通算864勝、重賞は平地GI13勝を含む51勝。有馬記念2勝のオグリキャップ皐月賞&ダービーを制したネオユニヴァースメイショウサムソンなど多くの名馬を育てた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オグリキャップの関連コラム

閲覧 2,837ビュー コメント 0 ナイス 4



雨降り馬場の宝塚記念は、オーバーペースが発生しやすい舞台
昨年3着のキタサンブラックは、大丈夫か?

__________________________

 宝塚記念のファン投票で、キタサンブラックが1992年のオグリキャップを上回る約83%の支持率を集めました。これはグレード制導入後の歴代ナンバー1の支持率なんだとか。キタサンブラックの馬主は愛すべきサブちゃん。オグリキャップと同様にけっしてファッショナブルな血統背景ではないのに強いことが、ファンの心を掴む理由でしょう。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 しかし、約83%もの支持率を集めたのは、ライバルのサトノダイヤモンドを始めとするマカヒキディーマジェスティなどの4歳勢が早くから回避を発表。さらに海外帰国組のリアルスティールネオスターダムヴィブロスらも出走未定だったこともキタサンブラックの人気に拍車を掛けたのでは?

 宝塚記念の位置付けは、上半期のグランプリ決定戦。暮れのグランプリ・有馬記念に対抗して作られたレースですが、例年、有馬記念や春の天皇賞と比較してもメンバーが集まりづらいものがあります。特に今年は11頭立てと寂しく、今年G1に昇格したばかりの大阪杯よりもメンバーが集いませんでした。

 宝塚記念はなぜ、例年メンバーが集まらないかというと、一番の理由は時期的なもの。宝塚記念は梅雨の真っ只中に行われるため、馬場が悪化することが多く、逆に運よく晴れれば猛暑。特に凱旋門賞を目指す馬たちは、昨年のマカヒキや今年のサトノダイヤモンドのように、宝塚記念をスキップして、ニエル賞やフォア賞から始動したがります。

 宝塚記念→フォア賞→凱旋門賞を目指した2010年のナカヤマフェスタ、2012年のオルフェーヴルのほうが、よっぽど凱旋門賞で結果を出しているというのに、宝塚記念をスキップするのは、凱旋門賞ショックという病に憑りつかれているとしか…。凱旋門賞を目指す馬が宝塚記念をスキップするのは、「夏バテしたら大変」「タフな馬場の宝塚記念で負けたら、凱旋門賞へ行きづらくなる」(馬主さんが凱旋門賞へ行くことを躊躇する)などが、よくある理由です。

 詳しくは凱旋門賞での原稿や予想コラムに綴るとして、現時点では宝塚記念を上手に使えていない陣営が多く、結果、メンバーが揃わなくなってしまっているということ。本来、猛暑も、タフな馬場も例え馬がレース後にくたばろうとも経験させることが大切。温室育ちのアスリートが超一流になれるはずもありませんよね?それでくたばるような馬ならば、馬がむしろかわいそうだから「凱旋門賞は諦めなさい」と言いたい(笑)。

 少し話が逸れましたが、今週日曜日も雨模様とのこと。今年の阪神開催は、先週の日曜日の米子S(芝1600m)で前半4F47秒1-後半4F44秒8のスローペースで流れても1分31秒9で決着したように前代未聞の高速馬場でしたが、雨が降ればさすがに様相一変するでしょう。さらに阪神芝2200mという舞台設定は、消耗戦が発生しやすい舞台です。

 宝塚記念が行われる芝2200mの舞台は、芝2000mで行われる大阪杯と同じ内回りコースで、スタート地点が後方に延びただけだけ。一見、阪神芝2000mも阪神2200mも似たようなコースに感じるかもしれません。しかし、実はけっこう異なります。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月06日(火) 14:35 甘粕代三
【香港国際競走】香港有力調教師インタビュー◆腺.オサリバン『エアロヴェロシティ、8歳だが着実に上昇』世代交代の一戦に古豪の意地
閲覧 360ビュー コメント 0 ナイス 2

香港スプリント界に君臨した絶対王者、エアロヴェロシティが復活をかけて香港スプリントに臨む。一昨季には香港、日本、シンガポールと3カ国・地域でスプリントG1を制覇するという快挙を成し遂げたが、その後は挫折を繰り返し、今季ようやく立て直しに成功。ここまで2戦を3着、3着とかつての力を示し、本番では王座奪還を虎視眈々と狙っている。直線での死闘でオグリキャップを下しジャパンカップを制覇した、あのホーリックスを手掛けたP.オサリバン調教師に古豪復活にかけた思いを直撃した(インタビュー/文・甘粕代三)

――一昨季はアジアのスプリント界に君臨した王者も昨季からアクシデント続きでしたね。

P.オサリバン調教師(以下「オサリバン」) 香港スプリント連覇を目指して始動したプレミア・ボウル(HKG2・15/10/15・シャティン・芝1200m)では直線で心房細動を発症、香港スプリントを断念したんだ。立て直しに成功して香港での壮行レース、センテナリー・スプリント・カップ(HKG1・16/1/31・シャティン・芝1200m)を勝って意気揚々と高松宮記念連覇を目指して日本に渡ったんだけど、直前に今度は疝痛。レースを使えずに香港に戻ったんだ。立て直して臨んだ大一番だっただけに残念でならなかった。

――5か月ぶりのプレミア・ボウルでは3着でした。

オサリバン 無事に走ってくれたことでまずは安心しました。

――そして、トライアルのジョッキークラブ・スプリントでも3着。パドックでは一番よく見えました。相当戻ってきているように見えました。

オサリバン 休み明けよりも状態は良くなっていました。4番手から直線真ん中を割って足を伸ばしての3着。レース感も徐々に戻ってきていますね。

――いよいよ本番です。

オサリバン 8歳という高齢だけにかつてのような急上昇ということはありませんが、着実によくなってきています。全盛期の8割までは来ている感じですね。この後、更にどれだけ戻るかは年齢との闘いですが、恥ずかしいレースはしないでしょう。オーナーの期待に応えるためにも最後の最後まで入念に仕上げます。

HKIR2016 P.オサリバン厩舎出走馬
エアロヴェロシティ/セン8/Z.パートン騎手/香港スプリント


ポール・オサリバン=蘇保羅 調教師
父と管理、実弟ランス騎乗のホーリックスジャパンカップ制覇。ニュージーランドで11回リーディングに輝いた後、04年香港で開業。一昨季にはエアロヴェロシティで香港、日本、シンガポールの3か国・地域でG1制覇の快挙。56歳。



甘粕代三の眼
 オサリバン師が言うように楊オーナーのエアロに対する愛情は格別のものがある。愛馬の小旗を作って友人らと競馬場に駆けつけ応援する姿は香港の競馬ファンの誰もが目にしているほどだ。師は8歳という高齢をしきりと気にしていたが、南半球産のエアロはこの夏に加齢したばかり。北半球産の8歳のよりは半年若い。また、セン馬は競走寿命が長く、前走のトライアルでの馬体はその年齢を全く感じさせることはなかった。ラッキーバブルズのF.ルイ調教師は地元馬ではエアロを最も警戒していたが、それも十分理解できる。新旧対決、世界交代の一戦との色彩が強い今年の香港スプリントだが、2度の挫折から復活したエアロには主役の座を譲らせない実力と経験が十分残っている、と見た。
(12月5日午前、シャティン競馬場にて)


※次回(12/7)はJ.ムーア、T.クルーズ両調教師がインタビューに登場します。お楽しみに。


===================
★こちらもあわせてお読み下さい。
日本と香港を股にかけて活躍する「香港競馬のスペシャリスト」が海外プロ予想家第2弾としてデビュー決定!
===================

■甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。
卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、
同台北開設支局長などを務める。中国留学中に香港競馬を初観戦、
94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから
香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を
日本から香港に。香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、
テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)
駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

2016年11月18日(金) 12:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 2,307ビュー コメント 0 ナイス 4

マイルCSの舞台、淀の千六は展開いらず。騎手の技量いらず。
___________________________

 マイルチャンピオンシップは、かつて「日本一堅いG1」と言われていました。1984年のレース創設から11年連続で1番人気が連対し、枠連、馬連配当100円台が連発していたのが理由です。しかし、暮れない日はないように、1995年には1番人気のビコーペガサスが4着に敗れ、トロットサンダー(4番人気)、メイショウテゾロ(14番人気)のワン、ツーで決着し、10万馬券が飛び出しました。それ以来、マイルCSで“日本一堅い”という表現があまり使われることがなくなりました。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



 では、なぜ1995年のマイルCSが荒れたのかというと、展開の紛れというよりも王者不在がもたらしたもの。それまでのマイルCSは、ニッポーテイオーオグリキャップのように天皇賞(秋)の連対馬などがマイルCSで1番人気に支持されて人気に応えてきました。また、マイルCSの創設当初から1990年初頭にかけて、外国馬が圧倒的に強かった時代。つまり、勝てるかどうかわからないジャパンCに出走するよりも、「手堅くマイルCSを勝って賞金を稼ぎたい」というのがその頃の風潮だったのです。

 しかし、ジャパンCで1992年にトウカイテイオーが勝ち、1993年はレガシーワールドが勝ち、1994年はマーベラスクラウンが勝って日本馬が3連覇すると、天皇賞(秋)の上位馬はマイルCSへは目を向けず、日本最高峰の賞金が用意されているジャパンCを目指すことが多くなりました。また、一度、天皇賞(秋)よりも距離の短いマイルCSを使うと、荒れ馬場のグランプリ有馬記念で積極的な競馬をしてバテてしまうという過去の傾向から、天皇賞(秋)の上位馬がマイルCSに出走することが激減しました。

 1995年のマイルCSは、天皇賞(秋)からの参戦馬は、イナズマタカオー(天皇賞(秋)・9着)のみという、天皇賞(秋)の上位馬不在の中で起こった波乱。また、2着馬メイショウテゾロは、勝ち馬トロットサンダーの直後からレースを進めて、楽な競馬が出来た部分があるにしても、トロットサンダーは翌年の安田記念も制したように、世間一般的に見てもフロックではありません。

[もっと見る]

2016年07月05日(火) 16:10 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜スパーキングレディーカップ(ホクトベガメモリアル)2016〜
閲覧 717ビュー コメント 0 ナイス 4

 先月の関東オークスは、JRAインターネット投票で地方の馬券が購入できることや景気回復の影響もありますが、昨年に世代トップクラスの実力を見せつけた、道営出身のタイニーダンサーの出走により、売上レコードを記録しました。地方出身馬の活躍は、古くはオグリキャップなど、いつの世も競馬ファンに夢を与え、競馬そのものが盛り上がるのでとても喜ばしいことです。

 さて、今週は関東オークスやユニコーンで結果を出した3歳牝馬と古馬牝馬が激突するスパーキングレディーカップ。3歳馬か? それとも古馬か? 結論から言うと、古馬優勢のようです。例年、未来を担う関東オークスやユニコーンSの勝ち馬が上位人気に支持されますが、実際はその人気に応えられていません。

 このレースでの過去10年で、3歳馬が勝利したのは2009年のラヴェリータのみ。2006年にグレイスティアラが、2013年にはサマリーズが2着に健闘していますが、2014年のエスメラルディーナのように、掲示板にすら載れずに終わることもあります。エスメラルディーナは、絶対女王のメーデイアが引退し、古馬が手薄という背景もあって断然の1番人気に支持されましたが、その期待を裏切る形で7着に凡退しました。

 これは3歳馬が単に弱い(成長途上の)ケースもありますが、ローテ―ションによるものが一番大きいでしょう。3歳馬は関東オークスやユニコーンSを大目標とするため、そこを勝った後の一戦では疲れを取るばかりで余力なしになってしまいがち。まして牝馬は牡馬よりも筋肉量も少ないため、牡馬よりも疲労が取れにくい傾向があります。確かにラヴェリータは、関東オークスを勝ったあとにこのレースを勝利しましたが、ラヴェリータはその後、この路線の主役として活躍したほどの馬。つまり、タイニーダンサーラヴェリータ級の馬と見るならば、ここは「買い」ということになるでしょう。

 また、前記したこのレース2着馬グレイスティアラとサマリーズには全日本2歳優駿の勝ち馬という共通項があり、グレイスティアラもサマリーズも前走の関東オークスやユニコーンSまで無敗だった馬です。しかし、グレイスティアラは前走の関東オークスで、大外枠からロスの多い競馬で1番人気を裏切る形での2着。サマリーズは前走のユニコーンSで4番人気に支持されましたが、オーバーペースで逃げたために10着に失速した馬です。両馬ともに本来は目標だったはずの関東オークスやユニコーンSで能力を出し切れなかったために、この舞台での巻き返しに成功しているのです。まとめると3歳馬は、ラヴェリータのようにその後この路線で主役級になれるほどの実力馬か、前走で能力を出し切れなかった実績馬しか通用していないということになります。

 対して古馬は、当然、牡馬相手のJBCクラシックで連対実績があれば確勝級で、2007年に前年のJBCマイルの2着馬メイショウバトラーがこのレースに出走してきた際には、2着に6馬身差の圧勝を飾りました。しかし、そういった馬は滅多にいないので、もう少しハードルを下げて集計すると、前年のレディスプレリュードの勝ち馬や牝馬最高峰のJBCレディスクラシックで連対した馬というのは、この舞台でも安定した成績が残せていることがわかりました。また、距離が全く異なりますが、格の高い同年のエンプレス杯の勝ち馬の活躍も目立っています。前年のレディスプレリュードの勝ち馬の成績は【0・0・2・0】、前年のJBCレディスクラシックも連対馬の成績は【1・0・2・2】、同年のエンプレス杯の勝ち馬の成績は【1・0・1・0】。

 JBCレディスクラシックで連対しながらも、このレースで3着以下に敗れたのは、2012年のクラーベセクレタと2013年のアクティビューティ。クラーベセクレタは同年5月に復帰してからの近2走は南関東限定の重賞を使われたものの、そこで連対すら出来ていませんでした。つまり、スランプ期に突入したもの。また、アクティビューティは、前走でマリーンCからレースを使われずの休養明けが影響したのでしょう。つまり、前年のレディスプレリュードの勝ち馬やJBCレディスクラシックの連対馬、同年のエンプレス杯の勝ち馬が勢いを失わずに順調に使われていれば、3着以内は信頼できるものとなります。

 古馬勢でより信頼できるのは、近3走以内の古馬オープン(ダート)で連対実績があった馬で、2009年のクィーンオブキネマ(2着)、2010年ラヴェリータ(1着)、2011年トーホウドルチェ(2着)、2014年サウンドガガ(1着)、2015年サウンドガガ(2着)と、人気以上の走りを見せていました。残念ながら、今年はJRAのオープンから参戦がありませんが、そのタイプの馬が出走してくればかなりの確率で連対するので、このことは覚えておいても損はないでしょう。


 ●まとめ

 ・3歳馬よりも古馬!
 近3走以内の古馬オープン(ダート)で連対実績があればかなり信頼できますが、勢いを失わずに順調に使われていれていることが条件で、前年のレディスプレリュードの勝ち馬、JBCレディスクラシックの連対馬、同年のエンプレス杯の勝ち馬が有力。

 ・3歳馬を狙う場合
 もともと実力がありながら、前走の関東オークスやユニコーンSで能力を発揮できなかった馬。ラヴェリータのように、この路線での主役級になれるレベルにあると思われる場合のみ、関東オークスやユニコーンSの勝ち馬でも買い! ちなみにラヴェリータは、デビューからダートで負けたのはヒヤシンスS・3着のみという馬でした。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2014年03月30日() 10:14 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜第44回 高松宮記念〜
閲覧 123ビュー コメント 0 ナイス 8

ヤエノムテキが逝った。
1988年の皐月賞
まだ競馬というものがわかっていなかった時代
東京で行われる皐月賞に何の疑念もなかった(中山改装中のため)
サクラチヨノオー
スーパークリーク
イナリワン
サッカーボーイ
そしてオグリキャップ
スターホースが多数いた時代
今思えばヤエノムテキが 新馬・沈丁花賞のダート1700mを6馬身・12馬身とぶっちぎったことも
予想ファクターではなかったのかもしれない。
栗毛で真っ白4本ソックス
美しくかっこいい!そう思って 買った馬券だったような記憶である。
僕を大きく競馬の世界に呼び寄せた馬である。
時代の終わり 新たな時代を感じながら 合掌

さて、高松宮記念
カナロアの引退で混戦だ。
人気のストレイトガールは スプリンターとしての資質の高さを示したシルクロードS
6月以降、8戦6勝、2着2回 スプリントは8勝
差し脚質も中京にあう。

ハクサンムーはカナロアと戦ってきた実績がある。
休み明けオーシャンSでは13着と大敗
昨年も巻き返したと評価落とさず!か 終わったとするか

阪急杯4馬身差 コパノリチャード
安田記念馬 リアルインパクト
4連勝 シルクロードS1人気 レディオブオペラ
本格化ムード スマートオリオン
古豪サンカルロ など どこからでも入れる混戦

このパターンのレースは感覚を重視していいと考える。
恐らく 配当に目がくらめば取れないレース
歴史・展開・適性や時計
ファクターは多数だが 結局 強い馬が勝つ! そんな感覚だ。

ヤエノが思い出させてくれた 【六感】 を大切にしたい馬券

ピックアップは 軸1頭 相手2頭
買目を絞って 金額を厚く勝負したい

[もっと見る]

2012年12月25日(火) 19:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜伊吹雅也プロが有馬記念を◎▲○的中!
閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は23(日)中山競馬場でグランプリ・G1有馬記念が行われました。最終オッズは、ゴールドシップが2.7倍の1番人気。2番人気に3.7倍でルーラーシップが続き、3番人気以下は10.0倍で エイシンフラッシュ、10.8倍でダークシャドウ、13.9倍でナカヤマナイトと続いて上位人気を形成。
師走の中山競馬場に生ファンファーレが響き渡って各馬ズムーズな枠入り。スタートは立ち上がるようにしてルーラーシップが大出遅れの波乱の幕開け。ゴールドシップも例によって行き脚がつかず、上位人気2頭は揃って最後方からの競馬に。先手争いはアーネストリーが制してハナに立ちます。2番手にはビートブラックが続き、以下ルルーシュローズキングダムも好位からの競馬。直後の5〜6番手グループはダイワファルコンスカイディグニティトゥザグローリーダークシャドウ エイシンフラッシュトレイルブレイザーオーシャンブルーらが一団といった形。少し離れて、ナカヤマナイトオウケンブルースリネヴァブションが後方からの競馬となって、その後ろがゴールドシップルーラーシップという隊列でスタンド前を通過。
1〜2角に掛けてもペースは落ちず、13秒台のラップが一度も刻まれないまま向う正面へ。60秒台半ばの淡々としたペースで前半1000mを通過した馬群は依然縦長。3角手前でゴールドシップが外へ持ち出してスパートを開始したところから徐々に馬群が凝縮し始め、連れて後方各馬も進出を開始します。
3〜4角を終始外々を回される展開となったゴールドシップは直線入り口で3列目10番手ほどの位置まで進出。そしてその後方からは手応え良くルーラーシップも外を回して直線勝負へ。前は馬場の中ほどに掛けて横一線といった形で激戦の様相。直線半ばまで先頭に立っていたダイワファルコンが脱落すると、内を突いて エイシンフラッシュが一気に先頭へ。さらに馬場の中央のポッカリ空いたところを通ってオーシャンブルーも抜け出しを図ります。大外を伸びるゴールドシップ ルーラーシップと、前のエイシンフラッシュオーシャンブルーの攻防となる中、残り100mを切ってオーシャンブルーが単独先頭へ躍り出ます。しかし、そこに外からゴールドシップが一気に襲い掛かり、一瞬のうちに交わし去って1着でゴール。内田騎手の左こぶしが高々と突き上がって、オグリキャップ以来22年ぶりの芦毛馬による有馬記念制覇を飾りました。ゴールドシップのさらに外を通った ルーラーシップオーシャンブルーに及ばず3着。またしても出遅れが致命傷となりました。勝ち時計は2分31秒9(良)。
公認プロ予想家の中では、伊吹雅也プロが的中しています。

他にも先週は、☆まんでがんプロdream1002プロきいいろプロ佐藤洋一郎プロ山崎エリカプロkmプロ霧プロサラマッポプロスガダイプロ馬単マスタープロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
23(日)G1有馬記念は◎▲○のほぼパーフェクトな予想で3連複2500円分を的中!10万500円の払戻しのスマッシュヒットを記録しています。週末3日間ではトータル回収率130%をマークしました。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
22(土)G3ラジオNIKKEI杯は真骨頂の馬連丁半馬券で◎▲的中!15万4000円の払戻しをマーク。24(月)中山4Rでは◎△○の予想で馬単・3連単のWゲット!計16万260円の払戻しを記録しています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
23(日)阪神10Rは◎サマールナの単勝1万円一点勝負で見事的中!12万8000円の払戻しを記録しました。24(月)は阪神7Rでは◎○単勝と馬連的中で計37万500円のビッグヒットを披露!週末トータルでは、回収率141%、収支29万2600円プラスの好成績で一年を締めくくっています!

☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
24(月)のG2阪神Cで本命◎ガルボからの複勝&馬連を見事ゲット!14万3460円の払戻しを記録しました。週末トータルでは回収率185%を達成しました。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
22(土)の中山6Rでは3連単11万7420円馬券的中のヒットを記録!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
先週は、24(月)中山2Rで3連単10万5990円馬券的中のスマッシュヒットを記録しています。

他にも、、kmプロ霧プロサラマッポプロスガダイプロ馬単マスタープロが週末3日間トータル回収率100%オーバーの好成績で2012年中央競馬最終週を締めくくっています。


※全レースの結果速報はこちら



「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

オグリキャップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 4

JRAに元大物調教師が「裏切られた」と猛抗議!? 函館競馬の超高速化で29年間守られ続けた「伝説のレコード」に迫る"消滅"の危機── ギャンブルジャーナル / 2017年7月15日 17時48分 http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3844.html


「厩舎関係者にすれば、裏切られた思いが強い」

 14日付の『日刊スポーツ』だ。史上初めて4年連続でJRA賞を受賞した名牝メジロドーベルなどを手掛けた大久保洋吉元調教師が、自身の連載コラムで函館競馬場の芝の「高速化」について激しく異を唱えている。

 実際に、先月17日から開幕した函館競馬は初日からレコードが連発。メインの函館スプリントSでは、従来のレコードを1秒も更新する超高速決着となった。

 結局、初週から土日合わせて計5回レコードが更新された"異常事態"に、池添謙一騎手も当日のトークショーで「スピード競馬になってしまった」と語り、騎手会長の武豊騎手も自身の公式ホームページで「土日二日間でレコードが5本!」と驚きの声を綴っている。

 ただ、武豊騎手が「(今後の)馬場の推移を見守っていくつもりです」とコメントしている通り、この時は基本的に速い時計が出やすい開幕週。開催が進むにつれて馬場が痛み「時計が掛かる従来の函館に戻るのでは」と見られていた。

 ところが開幕4週目に入った9日でも2歳新馬がレコードを更新。そんな状況を受けて声を上げたのが大久保元調教師だった。

 師は函館競馬場で使用されている洋芝は本来「良馬場でもクッションの利いた時計の掛かる馬場で、関係者にも好評だった」と話し、今回際の芝状態に対して「ここまで速くなると、ちょっと納得がいかない」と異議を唱えている。


次のページ▶▶▶「JRAは高速決着が故障の原因になることを念頭に置いて馬場管理に当たってほしい」

 また「(従来の)洋芝に合う馬を出走させて結果を求めてきた厩舎関係者にすれば、裏切られた思いが強い」と"現場の声"を代弁。最後には「JRAは高速決着が故障の原因になることを念頭に置いて馬場管理に当たってほしい」とJRAの馬場造園課に対して強く警鐘を鳴らしている。

 元より函館や札幌競馬場は気候の関係上、他の競馬場で使用されている野芝の育成が不安定ということもあって、時計のかかる洋芝が使用されている。派手なタイムこそ出にくいが、例えば「欧州の馬場に近い」という理由で、フランスの凱旋門賞に向かう陣営が前哨戦として札幌のレースを選択するなど、競馬場が持つ1つの"個性"として関係者に親しまれてきた。

 ただ、近年は函館競馬場の高速化が進み「洋芝としての個性が失われつつある」という懸念は競馬関係者だけでなく、競馬ファンからでさえずっと聞かれている。

 大久保元調教師が語るように、馬の故障に繋がる可能性が生まれることももっともだ。だが、ファンからすれば長年守られてきた「最後の聖域」が、ついに"消滅"してしまうのではないかという不安を抱いている人も多いようだ。

「現在、JRAの重賞が行われる芝コースで、平成に入ってから唯一レコードが塗り替えられていないのが、今週の函館記念が開催される函館の芝2000mです。今年は開幕週から高速馬場となりレコードも次々と更新されているので、1988年から守られているレコードタイムが『ついに更新されてしまうのでは』と考えている人も多いようですね」(競馬記者)

 今から29年前、1988年の函館記念は、オールドファンを中心に今でも競馬ファンの間では語り草になっている伝説のレースだ。


次のページ▶▶▶紛れもない“モンスター”の走破時計も危機に
前年のダービー馬メリーナイスを5馬身ちぎり捨て、レコードタイムでレースを制したのは、3歳馬のサッカーボーイ。後にマイルチャンピオンシップを4馬身差で圧勝し、ゲートで暴れて流血した有馬記念でも、先着を許したのはオグリキャップとタマモクロスだけという紛れもない"モンスター"である。

 そんなサッカーボーイが函館記念で記録した1.57.8という走破時計は、当時の函館レコードどころか日本レコードとなる、まさに異次元のタイムだった。

 ただ、そんな29年間も破られていない"スーパーレコード"が、今年破られてしまう可能性は確かに存在しているようだ。

「開幕週で更新された5本のレコードの内、1本は芝1800mでした。実はこれも1988年から29年間破られていなかったレコード。これが更新されたということは、理論的に2000mのレコードも更新される可能性は当然あります。

 今年の函館記念はステイインシアトルやマイネルミラノなど、強力な逃げ先行馬が揃った感がありますし、ペースの速いレースになれば、従来のレコードが更新されるかもしれませんね」(同)

 無論、競馬が続き、競走馬や調教技術が日々進化を遂げている以上、レコードはいつか更新されるものではある。それが「日本競馬の進化の証」という考えもあるだろう。ただ、ファンからすれば、最後に残ったこともあって"あの"サッカーボーイのレコードだけは破られてほしくないという思いもあるようだ。

 現在のところ、函館記念が開催される16日の函館には降雨が予報されているが、果たしてそれが「奇跡の雨」となるのだろうか。

 better loo 2017年07月13日(木) 01:41
平成の名勝負 
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 3

オグリキャップ対バンブーメモリー

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年03月13日(月) 17:06
サトノダイヤモンド圧勝は必然? 
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 4

サトノダイヤモンドの阪神大賞典(G2)圧勝は必然か。過去「最強馬クラス」の"領域"に足を踏み入れた現役王者の「期待値」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年03月13日 08時30分00秒 
http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2827.html


 昨年の競馬の"オオトリ"を務める有馬記念(G1)は、まさに歴史に残る名勝負だった。
 昨年の覇者ゴールドアクターと、ジャパンC(G1)で3つ目のタイトルを手にしたキタサンブラック、そして菊花賞(G1)を勝ち3歳最強として古馬との初対決に挑んだサトノダイヤモンド。
 有馬記念のクライマックスとなる「最後の直線」は、この3頭の壮絶な叩き合いで幕を開けた。
 紛れもなく強い馬が強い競馬をし、渾身の力を振り絞った堂々たる力勝負だった。序盤は先頭を走るキタサンブラックにゴールドアクターが襲い掛かる展開。しかし、残り200mを切ったところでゴールドアクターを競り落としたキタサンブラックに、今度はサトノダイヤモンドが強襲。
 一度は完全に先頭に立ったキタサンブラックだったが、力強い足取りでそれをねじ伏せるが如く差を詰め、最後の最後でクビの差だけ交わしたのがサトノダイヤモンド。鞍上のC.ルメール騎手はレース後「しゃべれない......」と熱い涙を見せた。
 果たして、これが世代交代を象徴したシーンとなるのかは、今年1年の本馬の活躍で明らかになるだろう。
 あれから約3カ月。19日に阪神競馬場で行われる阪神大賞典(G2)に、サトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が満を持して登場する。
 率直に述べて、サトノダイヤモンドを正面から力勝負で負かせる可能性のある現役馬が、昨年の年度代表馬キタサンブラックなどほんの一握りである以上、本馬に掛かる期待は極めて大きい。

次のページ 過去の歴史がサトノダイヤモンドの未来を証明?

 その「期待値」がどれほど大きなものであるのかは、歴史が証明している。
 グレード制が導入された1984年以降、3歳で有馬記念を制したのは述べ12頭。そこから「菊花賞に出走しながらも敗れていた馬」を除外するとシンボリルドルフ、オグリキャップ、ナリタブライアン、マヤノトップガン、グラスワンダー、マンハッタンカフェ、シンボリクリスエス、ヴィクトワールピサ、オルフェーヴル、ゴールドシップの10頭となる。
 当然ながら、いずれも競馬史に名を残す名馬だが、古馬になって屈腱炎を患ったナリタブライアンを除けば全馬が「古馬になってもG1を勝利」している。このことからもサトノダイヤモンドが以後、再びG1勝利を重ねる可能性は極めて高いといえるだろう。
 さらに上記10頭の中で「菊花賞と有馬記念を共に1番人気で勝利」したのはシンボリルドルフ、ナリタブライアン、オルフェーヴル、ゴールドシップのみ。
 サトノダイヤモンドがこれら最強クラスの名馬と比肩する程の能力を秘めているかは別問題だが、少なくともライバルや勢力図と相対的な関係にある「人気」という観点からは、先述した4頭と同じく競馬界を牽引するほどの活躍が期待できるということだ。
 なお、この4頭で古馬になって初レースで敗れたのは、歴史に残る"暴走"をやらかしたオルフェーヴルの阪神大賞典のみ。4コーナーで大きく外に膨れながらも、絶望的な位置取りから2着に追い上げた本馬の走りは、まさしく「負けてなお強し」だった。

次のページ すべてが「脇役」になってしまう?


 今回の阪神大賞典はサトノダイヤモンドの他に、シュヴァルグランとカレンミロティックといった昨年の天皇賞・春(G1)の2着、3着が揃い踏みしているが、ここまで述べてきた通りサトノダイヤモンドの"キャリア"は、すでに現役だけでなく、競馬史全体を見渡しても「最強クラス」の領域に足を踏み入れている。
 無論、競馬はデータがすべてではない。だが、グレード制の導入以降でも33年。重ねられてきた"歴史"はやはり重い。率直に述べて、この2頭がサトノダイヤモンドの異次元の強さを、より浮き彫りにするだけの"脇役"に終わる可能性さえある。
 言い換えれば我々は今週末、競馬史に燦然と輝く存在に登りつめるであろう名馬の走りを目の当たりにするということだ。歴史は、すでに動き出している。
(監修=下田照雄(栗東担当))

[もっと見る]

オグリキャップの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

オグリキャップの写真

投稿写真はありません。

オグリキャップの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

オグリキャップの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。