会員登録はこちら
阪神ジュベナイルフィリーズ2017

2017年12月10日(

阪神ジュベナイルフィリーズ G1

阪神競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜阪神ジュベナイルフィリーズ2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【新潟2歳S】レース展望
 夏競馬もいよいよ残り2週となり、新潟では日曜メインに新潟2歳S(27日、GIII、芝1600メートル)が行われる。過去10年では2007年の優勝馬エフティマイアが桜花賞、オークスでともに2着と好走。08年優勝馬セイウンワンダーは朝日杯フューチュリティSを制覇。11年2着のジャスタウェイは古馬になって世界ランキング1位になるまでに出世し、13年の覇者ハープスターは桜花賞馬に輝いた。また、同2着のイスラボニータは皐月賞を勝ち、ダービー、マイルチャンピオンシップで2着。15年の勝ち馬ロードクエストはNHKマイルCで2着、同2着のウインファビラスは阪神ジュベナイルフィリーズで2着と、先々を占う意味でも目が離せないレースだ。 新馬戦の勝ちっぷりが特に光ったのがムスコローソ(美浦・手塚貴久厩舎、牡)。6月18日の東京芝1400メートル戦で5番手から内に進路を取って後続を突き放した末脚は、658.7メートルと日本一直線が長い新潟の外回りでも強力な武器になる。5馬身以上離した2、3着馬がその後に勝ち上がっているように、レベルも高かった。約2カ月半、レース間隔があいたが、一昨年はロードクエストが3カ月近い休み明けで勝っているだけに、問題ないだろう。 速い上がりが要求されるレースでもあり、その点でクローズアップされるのが登録17頭中、唯一3ハロン33秒台の末脚を発揮しているテンクウ(美浦・奥村武厩舎、牡)。ムスコローソと同日の東京芝1600メートル戦で2番手から上がり3ハロン33秒7をマークして快勝。2着だったニシノベースマン(今回は登録なし)がすぐに未勝利戦を勝ち、続くダリア賞で3着に入っているように、レースレベルも上々だった。また、半兄イブキは昨年のこのレース3着馬。舞台適性もありそうだ。 過去10年で牝馬が半数の5勝。今回、最も注目される牝馬は中京の芝1400メートル戦で2着に5馬身差をつけて圧勝したシンデレラメイク(栗東・鮫島一歩厩舎)だ。好位につけ、4コーナーでは他馬が避けた馬場の悪い内を突いて一気に差を詰め、直線は外めに進路を変えて伸びる内容。おっつけながらの追走だったことから、距離延長は歓迎材料だろう。 他の牝馬ではコーディエライト(栗東・佐々木晶三厩舎)も争覇圏内。阪神芝1200メートルの新馬戦は3着に敗れたが、続く中京芝1400メートルの未勝利戦を2着に6馬身差をつけて勝ち上がった。シンデレラメイクを0秒2上回る1分22秒2(良)の勝ちタイムも強調できる。。 今回と同じ新潟芝1600メートルの新馬戦を勝ったオーデットエール(栗東・須貝尚介厩舎、牡)、同未勝利戦を勝ったエングローサー(栗東・清水久詞厩舎、牡)、ダンツセイケイ(栗東・山内研二厩舎、牡)は舞台適性を示しているだけに、上位を十分狙えるだろう。 出遅れながらも後方一気の内容で東京芝1400メートルの新馬戦を勝ったプレトリア(美浦・中川公成厩舎、牡)、同じく出遅れて、しかも4コーナーで大きく外に振られる不利がありながら福島芝1800メートルの新馬戦を勝ったグランデウィーク(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)などもマークが必要だ。 タイムや着差こそ平凡だったが、レース後の良化が著しいフロンティア(栗東・中内田充正厩舎、牡)にも注意を払っておきたい。★新潟2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月21日(月) 18:20

 2,180

【うわさの2歳馬】タニノフランケル衝撃デビューなるか
 “17冠ベイビー”が越後路でベールを脱ぐ。父フランケル×母ウオッカの超良血タニノフランケルが、土曜新潟の芝1800メートルにスタンバイ。名牝の4番子にはクラシック級の期待が高まっている。 ◇ ダービー、ジャパンCなどGI7勝をあげたウオッカの子供は、これまでに3頭(すべて父はシーザスターズ)がJRAでデビュー。ボラーレ、ケースバイケースは未勝利に終わったが、タニノアーバンシーは現3勝と堅実に活躍している。 4番子の父に迎えたのはフランケル。現役時代は英2000ギニーなどGI10勝を含む14戦14勝、種牡馬としてもソウルスターリング(オークス、阪神JF)を送り出している“怪物”だ。父母合わせてGI17勝の期待馬は、「身のこなしが他のきょうだいより軽そう」(岸本助手)と上々の評価だ。 1週前の2日にはCWコースでラスト1F11秒8をマークし、古馬2頭と併入。今週の3頭併せでは大きく遅れてしまったが、「予定したよりゆっくりでもいいんじゃないですか。やれば動く馬だし、日曜の坂路ではラスト1F11秒台を出している。この時季の2歳にしては落ち着きがあるし、すごくいい馬」と、岸本助手は意に介していない。デムーロ騎手を背に衝撃のデビューを飾るか。(夕刊フジ)
2017年8月10日(木) 11:02

 1,860

【新潟2歳S】レース展望
 夏競馬もいよいよ残り2週となり、新潟では日曜メインに新潟2歳S(27日、GIII、芝1600メートル)が行われる。過去10年では2007年の優勝馬エフティマイアが桜花賞、オークスでともに2着と好走。08年優勝馬セイウンワンダーは朝日杯フューチュリティSを制覇。11年2着のジャスタウェイは古馬になって世界ランキング1位になるまでに出世し、13年の覇者ハープスターは桜花賞馬に輝いた。また、同2着のイスラボニータは皐月賞を勝ち、ダービー、マイルチャンピオンシップで2着。15年の勝ち馬ロードクエストはNHKマイルCで2着、同2着のウインファビラスは阪神ジュベナイルフィリーズで2着と、先々を占う意味でも目が離せないレースだ。 新馬戦の勝ちっぷりが特に光ったのがムスコローソ(美浦・手塚貴久厩舎、牡)。6月18日の東京芝1400メートル戦で5番手から内に進路を取って後続を突き放した末脚は、658.7メートルと日本一直線が長い新潟の外回りでも強力な武器になる。5馬身以上離した2、3着馬がその後に勝ち上がっているように、レベルも高かった。約2カ月半、レース間隔があいたが、一昨年はロードクエストが3カ月近い休み明けで勝っているだけに、問題ないだろう。 速い上がりが要求されるレースでもあり、その点でクローズアップされるのが登録17頭中、唯一3ハロン33秒台の末脚を発揮しているテンクウ(美浦・奥村武厩舎、牡)。ムスコローソと同日の東京芝1600メートル戦で2番手から上がり3ハロン33秒7をマークして快勝。2着だったニシノベースマン(今回は登録なし)がすぐに未勝利戦を勝ち、続くダリア賞で3着に入っているように、レースレベルも上々だった。また、半兄イブキは昨年のこのレース3着馬。舞台適性もありそうだ。 過去10年で牝馬が半数の5勝。今回、最も注目される牝馬は中京の芝1400メートル戦で2着に5馬身差をつけて圧勝したシンデレラメイク(栗東・鮫島一歩厩舎)だ。好位につけ、4コーナーでは他馬が避けた馬場の悪い内を突いて一気に差を詰め、直線は外めに進路を変えて伸びる内容。おっつけながらの追走だったことから、距離延長は歓迎材料だろう。 他の牝馬ではコーディエライト(栗東・佐々木晶三厩舎)も争覇圏内。阪神芝1200メートルの新馬戦は3着に敗れたが、続く中京芝1400メートルの未勝利戦を2着に6馬身差をつけて勝ち上がった。シンデレラメイクを0秒2上回る1分22秒2(良)の勝ちタイムも強調できる。。 今回と同じ新潟芝1600メートルの新馬戦を勝ったオーデットエール(栗東・須貝尚介厩舎、牡)、同未勝利戦を勝ったエングローサー(栗東・清水久詞厩舎、牡)、ダンツセイケイ(栗東・山内研二厩舎、牡)は舞台適性を示しているだけに、上位を十分狙えるだろう。 出遅れながらも後方一気の内容で東京芝1400メートルの新馬戦を勝ったプレトリア(美浦・中川公成厩舎、牡)、同じく出遅れて、しかも4コーナーで大きく外に振られる不利がありながら福島芝1800メートルの新馬戦を勝ったグランデウィーク(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)などもマークが必要だ。 タイムや着差こそ平凡だったが、レース後の良化が著しいフロンティア(栗東・中内田充正厩舎、牡)にも注意を払っておきたい。★新潟2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月21日(月) 18:20

 2,180

【うわさの2歳馬】タニノフランケル衝撃デビューなるか
 “17冠ベイビー”が越後路でベールを脱ぐ。父フランケル×母ウオッカの超良血タニノフランケルが、土曜新潟の芝1800メートルにスタンバイ。名牝の4番子にはクラシック級の期待が高まっている。 ◇ ダービー、ジャパンCなどGI7勝をあげたウオッカの子供は、これまでに3頭(すべて父はシーザスターズ)がJRAでデビュー。ボラーレ、ケースバイケースは未勝利に終わったが、タニノアーバンシーは現3勝と堅実に活躍している。 4番子の父に迎えたのはフランケル。現役時代は英2000ギニーなどGI10勝を含む14戦14勝、種牡馬としてもソウルスターリング(オークス、阪神JF)を送り出している“怪物”だ。父母合わせてGI17勝の期待馬は、「身のこなしが他のきょうだいより軽そう」(岸本助手)と上々の評価だ。 1週前の2日にはCWコースでラスト1F11秒8をマークし、古馬2頭と併入。今週の3頭併せでは大きく遅れてしまったが、「予定したよりゆっくりでもいいんじゃないですか。やれば動く馬だし、日曜の坂路ではラスト1F11秒台を出している。この時季の2歳にしては落ち着きがあるし、すごくいい馬」と、岸本助手は意に介していない。デムーロ騎手を背に衝撃のデビューを飾るか。(夕刊フジ)
2017年8月10日(木) 11:02

 1,860

阪神JFのニュースをもっと見る >

阪神JFの直前追い切り情報をもっと見る >

阪神JFの口コミ情報をもっと見る >

U指数コラムを見る

昨年のBIGヒット予想家 〜阪神ジュベナイルフィリーズ2017〜

去年の阪神ジュベナイルフィリーズを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想をご覧になるには会員登録(無料)が必要です。

2016年12月11日(日) 15:39更新
予想家名 予想家
ランク
予想家
レベル
配当 払戻 予想
U駿亭 U駿亭 Lv 84
4,250円
1,210円
157,600円
ヒシディード ヒシディード Lv 112
4,250円
4,250円
127,500円
北の武ちゃん 北の武ちゃん Lv 120 4,250円 106,250円
あさたろう あさたろう Lv 95 4,250円 106,250円
まにょ まにょ Lv 96 900円 90,000円

ステップレース 〜阪神ジュベナイルフィリーズ2017〜

アルテミスステークス  2017年10月28日() 東京 芝1600m

1着
2着
3着
4着
5着

KBSファンタジーS  2017年11月3日() 京都 芝1400m

1着
2着
3着
4着
5着

京王杯2歳ステークス  2017年11月4日() 東京 芝1400m

1着
2着
3着
4着
5着

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜阪神ジュベナイルフィリーズ2017〜

2016年 阪神ジュベナイルF 2016年12月11日() 阪神11R 芝1600m 良 18頭 レース動画

阪神ジュベナイルフィリーズ2016

1着 2 ソウルスターリング 2.8倍(1人気) C.ルメール 1:34.0 97.1
2着 18 リスグラシュー 3.0倍(2人気) 戸崎圭太 1 1/4 95.6
3着 4 レーヌミノル 6.9倍(3人気) 蛯名正義 1 3/4 93.3
単勝 2 280円(1人気) 3連複 2−4−18 1,210円(2人気)
馬連 2−18 510円(1人気) 3連単 2→18→4 4,250円(2人気)

2015年 阪神ジュベナイルF 2015年12月13日() 阪神11R 芝1600m 良 18頭 レース動画

阪神ジュベナイルフィリーズ2015

1着 2 メジャーエンブレム 2.5倍(1人気) C.ルメール 1:34.5 96.4
2着 13 ウインファビラス 33.3倍(10人気) 松岡正海 94.1
3着 11 ブランボヌール 7.8倍(3人気) 岩田康誠 1 1/4 92.6
単勝 2 250円(1人気) 3連複 2−11−13 7,640円(23人気)
馬連 2−13 3,500円(9人気) 3連単 2→13→11 39,480円(115人気)

2014年 阪神ジュベナイルF 2014年12月14日() 阪神11R 芝1600m 良 18頭 レース動画

阪神ジュベナイルフィリーズ2014

1着 16 ショウナンアデラ 9.8倍(5人気) 蛯名正義 1:34.4 93.6
2着 11 レッツゴードンキ 5.6倍(2人気) 浜中俊 1/2 92.9
3着 4 ココロノアイ 6.3倍(4人気) 横山典弘 1/2 92.1
単勝 16 980円(5人気) 3連複 4−11−16 3,530円(8人気)
馬連 11−16 2,200円(9人気) 3連単 16→11→4 22,780円(68人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数 動画
2013/12/08
阪神ジュベナイルF
阪神 18 レッドリヴェール 14.6倍 5 戸崎圭太 1:33.9 94.1
2012/12/09
阪神ジュベナイルF
阪神 18 ローブティサージュ 8.1倍 5 秋山真一郎 1:34.2 96.2
2011/12/11
阪神ジュベナイルF
阪神 18 ジョワドヴィーヴル 6.8倍 4 福永祐一 1:34.9 94.5
2010/12/12
阪神ジュベナイルF
阪神 18 レーヴディソール 1.6倍 1 福永祐一 1:35.7 92.5
2009/12/13
阪神ジュベナイルF
阪神 18 アパパネ 4.6倍 2 蛯名正義 1:34.9 94.3
2008/12/14
阪神ジュベナイルF
阪神 18 ブエナビスタ 2.2倍 1 安藤勝己 1:35.2 96.5
2007/12/02
阪神ジュベナイルF
阪神 18 トールポピー 6.6倍 3 池添謙一 1:33.8 92.1
会員登録はこちら

歴史・レース概要 〜阪神ジュベナイルフィリーズ2017〜

阪神ジュベナイルフィリーズは、もともと1949年にスタートした関西3歳馬(現2歳馬)の王者を決める阪神3歳ステークスが前身。

その後1991年に牡馬と牝馬の王者を決めるレース体系が確立され、名称を阪神3歳牝馬ステークスとして名称を変更して行われるようになった。

2001年に競走年齢の国際基準化に合わせ、3歳限定競走から2歳限定競走に変更し、レース名も阪神ジュベナイルフィリーズに改称された。

過去の優勝馬を見ると、競走馬としても繁殖牝馬としても歴史に残る名牝がずらりと並ぶ。三冠牝馬アパパネをはじめ、レーヴディソールブエナビスタトールポピーウオッカメジロドーベルヒシアマゾンニシノフラワーテイエムオーシャンなど。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去の成績はコチラ

阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦は、ファンタジーS、デイリー杯2歳S、京王杯2歳Sだが、特別戦、条件戦、新馬戦、さらにはブエナビスタのように未勝利勝ち後に出走する場合もある。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年9月24日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2017年9月23日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2017年9月24日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
14,045万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る