会員登録はこちら
鳴尾記念2017

2017年6月3日(

鳴尾記念 G3

阪神競馬場/芝/2000m

最新出走予定馬情報 〜鳴尾記念2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【鳴尾記念】シアトル、遅咲き重賞初V!
 第70回鳴尾記念(3日、阪神11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走10頭)武豊騎乗で3番人気のステイインシアトルがマイペースの逃げで押し切り、重賞初勝利。キャリアわずか10戦目でタイトルを手に入れた。池江厩舎はすべて違う馬で同一重賞3連覇(グレード制導入後初)。タイム1分59秒4(良)。クビ差2着が1番人気のスマートレイアーだった。 本格化のときが近づいてきた。6歳馬ステイインシアトルが、堂々と逃げ切って初の重賞タイトルをゲット。コンビで7戦4勝の武豊騎手は、してやったりの表情だ。 「うまくいきましたね。馬もレースを覚えてきて、非常に乗りやすかった。自分のペースで運べれば強いですね」 好発を決めてスッと先手を奪い、前半1000メートル1分1秒6という絶妙のペースに持ち込んだ。余力十分に直線に入ると、しぶとい粘り腰を発揮。外から差を詰めたスマートレイアーの猛追をクビ差で振り切った。 ラブリーデイ、サトノノブレスに次いで鳴尾記念3連覇となった池江調教師は「たまたまですよ」と謙遜しつつ「ジョッキーの進言もあり、このレースを使うことになりましたが“神騎乗”でしたね。しびれました」と鞍上をたたえた。 池江厩舎では安田記念に出走するサトノアラジンなどと同期。クラシックを期待されたが、デビュー2戦目で挑んだ3歳春の京都新聞杯で15着に敗れた後、脚部不安で1年7カ月も休養し、出世が遅れてしまった。 今もまだ使い込めず、間隔をあけて出走しているが、キャリアは10戦と浅く、伸びしろは十分にある。武豊騎手も「まだまだ良くなる余地を残しているし、さらに活躍できると思います」と今後の飛躍を誓う。 次走は函館記念(7月16日、函館、GIII、芝2000メートル)か、小倉記念(8月6日、小倉、GIII、芝2000メートル)の予定。遅咲きのステイインシアトルが、今年の夏を熱く盛り上げる。 (斉藤弘樹)★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載ステイインシアトル 父ステイゴールド、母シアトルサンセット、母の父ビロングトゥミー。黒鹿毛の牡6歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は青芝商事(株)。戦績10戦5勝。獲得賞金9789万3000円。重賞初勝利。鳴尾記念は池江泰寿調教師が2012年トゥザグローリー、15年ラブリーデイ、16年サトノノブレスに次いで4勝目。武豊騎手は13年トウケイヘイローに次いで2勝目。馬名は「父名、母系より連想」。
2017年6月4日() 05:03

 1,768

【鳴尾記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆M・デムーロ騎手(スマートレイアー2着) 「外枠でも自分のペースで流れにも乗れていました。ただ、勝った馬はマイペースの逃げで止まらなかったからね。距離は全然、問題なかった」(休養して秋に備える) ◆丹内騎手(マイネルフロスト3着) 「ハナを切ってもいいかなと思ったが、主張してくる馬がいたから好位で運んだ。最後までやめずに走った」 ◆横山典騎手(スズカデヴィアス4着) 「よく頑張った。直線もいい脚で伸びたが、今回は休み明けのぶんかな」 ◆幸騎手(スピリッツミノル5着) 「2000メートルでも少しズブさを見せていた。前が壁になったぶんがもったいなかった」 ◆福永騎手(デニムアンドルビー6着) 「少し力んでいたぶんかな。でも、着実に復調してきている」 ◆ルメール騎手(バンドワゴン7着) 「反応が良くなく、ワンペースっぽい走りになっていた」 ◆四位騎手(ラストインパクト8着) 「今までと違う競馬をしようと思って臨んだが、ダッシュが鈍いからね」 ◆松山騎手(ミュゼエイリアン9着) 「リズムは良かったのですが、追ってからがひと息でした」 ◆岩田騎手(レッドソロモン10着) 「ゲートをボコッと出て、ゴーサインを出してからもモタモタしていた」★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載
2017年6月4日() 05:02

 1,615

【鳴尾記念】武豊のリードでステイインシアトルが逃走V
 6月3日の阪神11Rで行われた第70回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の3番人気ステイインシアトル(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)が逃げ切って重賞初制覇。タイムは1分59秒4(良)。 ◆武豊騎手(1着 ステイインシアトル)「逃げるというより、自分のペースで走れると強いですね。6歳で今日が10戦目、ようやく馬が良くなってきた感じです。まだまだ良くなる要素を残していると思うので、これからもっと活躍してほしいですね」 クビ差の2着には直線外から脚を伸ばしたスマートレイアー(1番人気)、さらに1馬身3/4遅れた3着に好位追走からインをついたマイネルフロスト(7番人気)。 鳴尾記念を勝ったステイインシアトルは、父ステイゴールド、母シアトルサンセット、母の父ビロングトゥミーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は青芝商事。通算成績は10戦5勝。重賞初制覇。鳴尾記念は、池江泰寿調教師は2012年トゥザグローリー、2015年ラブリーデイ、2016年サトノノブレスに次いで4勝目。武豊騎手は2013年トウケイヘイローに次いで2勝目。★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら
2017年6月3日() 15:42

 1,956

【鳴尾記念】“新生”バンドワゴン直一気
 以前は先行して持ち味を発揮していたバンドワゴンが、前走で新たな一面を見せた。後方から末脚を伸ばし、最速の上がり3F34秒6で差し切りV。これもやはり、ルメール効果といえそうだ。 3歳2月のきさらぎ賞2着以来の重賞チャレンジとなるが、「脚質の幅が広がったね。どこからでも競馬ができる。今週の追い切りの動きも良かったし、重賞を勝てるだけの力も備えているから」と、石坂調教師はやる気満々。先週のダービーで2着になった弟、スワーヴリチャードに負けてはいられない。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月2日(金) 11:03

 2,701

【鳴尾記念】レース展望
 関西は京都から阪神に舞台が移り、土曜メインに鳴尾記念(6月3日、GIII、芝2000メートル)が行われる。施行時期が何度も変わり、暮れからこの時期に移って6年目。宝塚記念の前哨戦の位置付けになっており、過去5回の勝ち馬では一昨年にラブリーデイが宝塚記念を制覇している。 今年は12頭と登録が少ないが、好メンバーがそろった。スマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎、牝7歳)は今年に入ってから京都記念2着、ヴィクトリアマイル4着と衰えを感じさせない。切れ味が身上だった以前と違い、先行力が出た今の方がレース内容は安定。距離の融通も利くようになっている。前走が3カ月ぶりのレースだったので、上積みも十分見込めるところ。今回も大崩れはなさそうだ。 ジャパンCと宝塚記念で2着の実績があるデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)は、長期休養明けの昨年12月以降の3戦は精彩を欠いていたが、2走前の中山牝馬Sでは勝ったトーセンビクトリーから1馬身1/4差の5着と復調気配を見せた。続く前走のサンスポ杯阪神牝馬Sは12着に終わったが、マイルは明らかに距離不足。2000メートルなら見直せる。 牡馬は6歳勢が元気だ。スズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎)は今年、白富士Sを勝って金鯱賞で3着。続く大阪杯はさすがに相手が強く11着に敗れたが、GIIIなら上位が期待できる。昨年の金鯱賞以来となる横山典弘騎手とのコンビも魅力だ。 バンドワゴン(栗東・石坂正厩舎、牡6歳)は新馬戦とエリカ賞を連勝し、きさらぎ賞でも2着とクラシックの有力候補になった経緯がある馬。故障で長期休養を余儀なくされた影響がしばらく続いたが、前走の但馬Sを勝ってオープンに返り咲いた。半弟のスワーヴリチャードがダービーで2着と好走。兄も注目できる。好調なクリストフ・ルメール騎手とのコンビ継続も大いにプラスだろう。 この世代のダービーで3着だったマイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳)は前走の新潟大賞典2着と、久々に重賞で好走。ブリンカーの効果もあって、復調の兆しがうかがえた。毎日杯勝ち以来の阪神。最後まで集中して走れば、今回も好勝負が可能だろう。 ステイインシアトル(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)は前走の福島民報杯で6着に敗れたが、勝ったマイネルミラノとの差は0秒4。昇級戦でハイペースの2番手という厳しい条件だったことを思えば、よく粘っている。全4勝が逃げ切り。今回は先手を取れそうなメンバー構成なので、マイペースで行ければ面白い存在だ。騎乗実績【3・2・0・1】の武豊騎手に手綱が戻る点も心強い。 ほかでは、近況不振ながら重賞3勝、ジャパンC2着などの実績があるラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)にも注意が必要だろう。休み明けの平安Sは見せ場なく終わったが、久々をひと叩きして芝のGIII。実績を考えれば、上位争いを演じても不思議はない。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月29日(月) 18:45

 2,908

【鳴尾記念】“新生”バンドワゴン直一気
 以前は先行して持ち味を発揮していたバンドワゴンが、前走で新たな一面を見せた。後方から末脚を伸ばし、最速の上がり3F34秒6で差し切りV。これもやはり、ルメール効果といえそうだ。 3歳2月のきさらぎ賞2着以来の重賞チャレンジとなるが、「脚質の幅が広がったね。どこからでも競馬ができる。今週の追い切りの動きも良かったし、重賞を勝てるだけの力も備えているから」と、石坂調教師はやる気満々。先週のダービーで2着になった弟、スワーヴリチャードに負けてはいられない。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月2日(金) 11:03

 2,701

【鳴尾記念】厩舎の話
 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「しまい重点にいい動き。前向きに集中して走れています」 ◆ステイインシアトル・池江師 「攻めはいい感じ。行っても控えても競馬はできている」 ◆スピリッツミノル・本田師 「デキは変わりない。ペースが流れる方がいい」 ◆スマートレイアー・Mデムーロ騎手 「馬なりでもラストまでいい動きだった。どんな距離でも走る」 ◆デニムアンドルビー・岸本助手 「坂路でサラッと。この距離ならタメが利くし阪神も合う」 ◆バンドワゴン・石坂師 「いい動き。前回で脚質の幅も広がった」 ◆マイネルフロスト・高木師 「動きは良かった。前走に引き続きブリンカーを着けます」 ◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「リズムを崩さず走れていた。内回りなら距離もこなせる」 ◆ラストインパクト・岸本助手 「いい動きで調子もよさそう。ある程度の位置で運べれば」 ◆レッドソロモン・庄野師 「併せ馬でしっかり追った。久々の前回より雰囲気もよさそう」
2017年6月2日(金) 05:00

 2,670

【鳴尾記念】厩舎の話
 スズカデヴィアス・橋田調教師「しまい重点にいい動き。前向きになって集中して走れている」 ステイインシアトル・池江調教師「脚元は大丈夫だし、動きもいい。どんな競馬でもできる」 スピリッツミノル・本田調教師「中距離がいい。ペースが流れれば」 スマートレイアー・Mデムーロ騎手「馬なりでいい動き。どんな距離でも走るし、楽しみ」 デニムアンドルビー・岸本助手「坂路でサラッとやった。阪神は合うし、この時季もいい」 バンドワゴン・石坂調教師「いい動き。脚質の幅も広がったし、重賞でも勝てる力はある」 マイネルフロスト・高木調教師「前走はブリンカーの効果。叩き良化型で上積みも見込める」 ミュゼエイリアン・黒岩調教師「内回りなら、この距離も守備範囲」 ラストインパクト・岸本助手「調子はいい。開幕週の馬場なので、ある程度の位置で運べれば」 レッドソロモン・庄野調教師「久々だった前回より雰囲気はいい」(夕刊フジ)★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月1日(木) 11:56

 2,520

鳴尾記念のニュースをもっと見る >

鳴尾記念の直前追い切り情報をもっと見る >

鳴尾記念の口コミ情報をもっと見る >

●鳴尾記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜鳴尾記念2017〜

第70回 鳴尾記念 G3

2017年6月3日()阪神11R 芝2000m 10頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 9 96.7 ステイインシアトル 牡6 56.0 武豊 池江泰寿 栗東 484(-8) 7.9 3 1.59.4
2 7 8 100.0 スマートレイアー 牝7 54.0 M.デムー 大久保龍 栗東 476(+6) 2.3 1 1.59.4 クビ
3 3 3 97.6 マイネルフロスト 牡6 56.0 丹内祐次 高木登 美浦 488(0) 13.8 7 1.59.7 1 3/4
4 4 4 98.3 スズカデヴィアス 牡6 56.0 横山典弘 橋田満 栗東 516(-10) 9.2 5 1.59.7 クビ
5 2 2 94.3 スピリッツミノル 牡5 56.0 幸英明 本田優 栗東 496(-2) 56.4 10 1.59.8 クビ
6 6 6 96.9 デニムアンドルビー 牝7 54.0 福永祐一 角居勝彦 栗東 464(+12) 8.6 4 1.59.8 ハナ
7 5 5 94.6 バンドワゴン 牡6 56.0 C.ルメー 石坂正 栗東 544(0) 4.0 2 2.00.0 1 1/2
8 1 1 99.8 ラストインパクト 牡7 56.0 四位洋文 角居勝彦 栗東 486(+2) 12.5 6 2.00.1 クビ
9 8 10 92.9 ミュゼエイリアン セ5 56.0 松山弘平 黒岩陽一 美浦 466(-8) 43.1 9 2.00.2 1/2
10 7 7 95.4 レッドソロモン 牡5 56.0 岩田康誠 庄野靖志 栗東 480(-8) 29.4 8 2.00.3 3/4
ラップタイム 12.6-11.6-12.7-12.5-12.2-12.0-11.7-11.5-11.0-11.6
前半 12.6-24.2-36.9-49.4-61.6
後半 57.8-45.8-34.1-22.6-11.6

■払戻金

単勝 9 790円 3番人気
複勝 9 200円 3番人気
8 120円 1番人気
3 250円 6番人気
枠連 7-8 600円 2番人気
馬連 8-9 850円 2番人気
ワイド 8-9 360円 2番人気
3-9 1,120円 15番人気
3-8 500円 5番人気
馬単 9-8 2,220円 7番人気
3連複 3-8-9 2,570円 8番人気
3連単 9-8-3 14,460円 44番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜鳴尾記念2017〜

鳴尾記念のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜鳴尾記念2017〜

2016年 鳴尾記念 2016年6月4日() 阪神11R 芝2000m 良 14頭

鳴尾記念2016

1着 3 サトノノブレス 3.8倍(3人気) 川田将雅 1:57.6 101.8
2着 12 ステファノス 3.3倍(2人気) 戸崎圭太 クビ 101.8
3着 2 プランスペスカ 252.7倍(13人気) 幸英明 クビ 101.2
単勝 3 380円(3人気) 3連複 2−3−12 33,750円(72人気)
馬連 3−12 630円(3人気) 3連単 3→12→2 123,600円(268人気)

2015年 鳴尾記念 2015年6月6日() 阪神11R 芝2000m 良 11頭

鳴尾記念2015

1着 10 ラブリーデイ 4.0倍(2人気) 岩田康誠 1:58.8 101.6
2着 6 マジェスティハーツ 35.8倍(8人気) 武幸四郎 99.8
3着 4 アズマシャトル 8.0倍(4人気) 和田竜二 クビ 99.2
単勝 10 400円(2人気) 3連複 4−6−10 14,120円(45人気)
馬連 6−10 7,030円(22人気) 3連単 10→6→4 73,430円(227人気)

2014年 鳴尾記念 2014年6月7日() 阪神11R 芝2000m 良 12頭

鳴尾記念2014

1着 11 エアソミュール 3.9倍(1人気) 戸崎圭太 1:59.1 102.5
2着 10 アドマイヤタイシ 16.8倍(9人気) 岩田康誠 ハナ 102.5
3着 2 フラガラッハ 25.3倍(10人気) 高倉稜 ハナ 102.5
単勝 11 390円(1人気) 3連複 2−10−11 28,180円(98人気)
馬連 10−11 3,520円(18人気) 3連単 11→10→2 108,720円(417人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/06/01
鳴尾記念
阪神 16 トウケイヘイロー 11.6倍 6 武豊 1:58.9 101.1
2012/06/02
鳴尾記念
阪神 10 トゥザグローリー 3.8倍 2 福永祐一 2:00.1 103.2
2011/12/03
鳴尾記念
阪神 13 レッドデイヴィス 6.1倍 4 M.デムーロ 1:45.6 101.3
2010/12/04
鳴尾記念
阪神 12 ルーラーシップ 3.9倍 2 岩田康誠 1:44.9 104.3
2009/12/05
鳴尾記念
阪神 14 アクシオン 24.2倍 7 藤田伸二 1:46.5 103.4
2008/12/06
鳴尾記念
阪神 17 サクラメガワンダー 1.8倍 1 福永祐一 1:46.0 106.5
2007/12/08
鳴尾記念
阪神 16 ハイアーゲーム 28.7倍 8 藤岡佑介 1:47.5 101.2
会員登録はこちら

●鳴尾記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜鳴尾記念2017〜

鳴尾記念は、1951年にハンデキャップ競走として創設された。鳴尾記念創設当初は春・秋の年2回施行されていたが、1954年より年1回の施行となった。その後は初夏に阪神競馬場芝2400mで施行されてきたが、1971年に春季開催に移行し、1981年には距離が芝2500mに変更となった。1984年のグレード制導入時にGIIに格付けされ、1987年には開催時期が12月に移された。

1997年には距離を芝2000mに短縮するとともに6月開催に変更され、また負担重量がハンデキャップから別定重量に変更された。これにより、バブルガムフェローダンスパートナーエアグルーヴステイゴールドなどの有力馬がここをステップとして宝塚記念に挑んだ。しかし、2000年の番組変更で宝塚記念の施行時期が繰り上がると、前哨戦としての役割は金鯱賞へ引き継がれ、鳴尾記念はGIIIに変更。開催時期も12月に変更され、再びハンデ戦に戻された。

2006年に、芝2000mから芝外回り1800mに短縮され、負担重量が再度別定重量に変更された。そして、2012年からは開催時期を6月に、距離を芝2000mに再び戻し、12月に移設された金鯱賞に代わって宝塚記念の前哨戦に指定された。

過去の優勝馬にはニシノライデンタマモクロスヤエノムテキナイスネイチャバブルガムフェローダイタクリーヴァメイショウオウドウサクラセンチュリーサクラメガワンダールーラーシップトゥザグローリーなどが名を連ねる(グレード制導入以後を対象)。


鳴尾記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る