会員登録はこちら

鳴尾記念のニュース&コラム

【鳴尾記念】シアトル、遅咲き重賞初V!
 第70回鳴尾記念(3日、阪神11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走10頭)武豊騎乗で3番人気のステイインシアトルがマイペースの逃げで押し切り、重賞初勝利。キャリアわずか10戦目でタイトルを手に入れた。池江厩舎はすべて違う馬で同一重賞3連覇(グレード制導入後初)。タイム1分59秒4(良)。クビ差2着が1番人気のスマートレイアーだった。 本格化のときが近づいてきた。6歳馬ステイインシアトルが、堂々と逃げ切って初の重賞タイトルをゲット。コンビで7戦4勝の武豊騎手は、してやったりの表情だ。 「うまくいきましたね。馬もレースを覚えてきて、非常に乗りやすかった。自分のペースで運べれば強いですね」 好発を決めてスッと先手を奪い、前半1000メートル1分1秒6という絶妙のペースに持ち込んだ。余力十分に直線に入ると、しぶとい粘り腰を発揮。外から差を詰めたスマートレイアーの猛追をクビ差で振り切った。 ラブリーデイ、サトノノブレスに次いで鳴尾記念3連覇となった池江調教師は「たまたまですよ」と謙遜しつつ「ジョッキーの進言もあり、このレースを使うことになりましたが“神騎乗”でしたね。しびれました」と鞍上をたたえた。 池江厩舎では安田記念に出走するサトノアラジンなどと同期。クラシックを期待されたが、デビュー2戦目で挑んだ3歳春の京都新聞杯で15着に敗れた後、脚部不安で1年7カ月も休養し、出世が遅れてしまった。 今もまだ使い込めず、間隔をあけて出走しているが、キャリアは10戦と浅く、伸びしろは十分にある。武豊騎手も「まだまだ良くなる余地を残しているし、さらに活躍できると思います」と今後の飛躍を誓う。 次走は函館記念(7月16日、函館、GIII、芝2000メートル)か、小倉記念(8月6日、小倉、GIII、芝2000メートル)の予定。遅咲きのステイインシアトルが、今年の夏を熱く盛り上げる。 (斉藤弘樹)★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載ステイインシアトル 父ステイゴールド、母シアトルサンセット、母の父ビロングトゥミー。黒鹿毛の牡6歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は青芝商事(株)。戦績10戦5勝。獲得賞金9789万3000円。重賞初勝利。鳴尾記念は池江泰寿調教師が2012年トゥザグローリー、15年ラブリーデイ、16年サトノノブレスに次いで4勝目。武豊騎手は13年トウケイヘイローに次いで2勝目。馬名は「父名、母系より連想」。
2017年6月4日() 05:03

 1,788

【鳴尾記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆M・デムーロ騎手(スマートレイアー2着) 「外枠でも自分のペースで流れにも乗れていました。ただ、勝った馬はマイペースの逃げで止まらなかったからね。距離は全然、問題なかった」(休養して秋に備える) ◆丹内騎手(マイネルフロスト3着) 「ハナを切ってもいいかなと思ったが、主張してくる馬がいたから好位で運んだ。最後までやめずに走った」 ◆横山典騎手(スズカデヴィアス4着) 「よく頑張った。直線もいい脚で伸びたが、今回は休み明けのぶんかな」 ◆幸騎手(スピリッツミノル5着) 「2000メートルでも少しズブさを見せていた。前が壁になったぶんがもったいなかった」 ◆福永騎手(デニムアンドルビー6着) 「少し力んでいたぶんかな。でも、着実に復調してきている」 ◆ルメール騎手(バンドワゴン7着) 「反応が良くなく、ワンペースっぽい走りになっていた」 ◆四位騎手(ラストインパクト8着) 「今までと違う競馬をしようと思って臨んだが、ダッシュが鈍いからね」 ◆松山騎手(ミュゼエイリアン9着) 「リズムは良かったのですが、追ってからがひと息でした」 ◆岩田騎手(レッドソロモン10着) 「ゲートをボコッと出て、ゴーサインを出してからもモタモタしていた」★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載
2017年6月4日() 05:02

 1,632

【鳴尾記念】武豊のリードでステイインシアトルが逃走V
 6月3日の阪神11Rで行われた第70回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の3番人気ステイインシアトル(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)が逃げ切って重賞初制覇。タイムは1分59秒4(良)。 ◆武豊騎手(1着 ステイインシアトル)「逃げるというより、自分のペースで走れると強いですね。6歳で今日が10戦目、ようやく馬が良くなってきた感じです。まだまだ良くなる要素を残していると思うので、これからもっと活躍してほしいですね」 クビ差の2着には直線外から脚を伸ばしたスマートレイアー(1番人気)、さらに1馬身3/4遅れた3着に好位追走からインをついたマイネルフロスト(7番人気)。 鳴尾記念を勝ったステイインシアトルは、父ステイゴールド、母シアトルサンセット、母の父ビロングトゥミーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は青芝商事。通算成績は10戦5勝。重賞初制覇。鳴尾記念は、池江泰寿調教師は2012年トゥザグローリー、2015年ラブリーデイ、2016年サトノノブレスに次いで4勝目。武豊騎手は2013年トウケイヘイローに次いで2勝目。★3日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら
2017年6月3日() 15:42

 1,986

【鳴尾記念】入線速報(阪神競馬場)
阪神11R・鳴尾記念(3回阪神1日目 阪神競馬場 芝・右2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手9番ステイインシアトル(単勝7.9倍/3番人気)、2番手8番スマートレイアー(単勝2.3倍/1番人気)、3番手3番マイネルフロスト(単勝13.8倍/7番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連8-9(8.5倍) 馬単9-8(22.2倍) 3連複3-8-9(25.7倍) 3連単9-8-3(144.6倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017060309030111 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2017年6月3日() 15:35

 1,233

鳴尾記念のニュースをもっと見る >

【鳴尾記念】厩舎の話
 スズカデヴィアス・橋田調教師「しまい重点にいい動き。前向きになって集中して走れている」 ステイインシアトル・池江調教師「脚元は大丈夫だし、動きもいい。どんな競馬でもできる」 スピリッツミノル・本田調教師「中距離がいい。ペースが流れれば」 スマートレイアー・Mデムーロ騎手「馬なりでいい動き。どんな距離でも走るし、楽しみ」 デニムアンドルビー・岸本助手「坂路でサラッとやった。阪神は合うし、この時季もいい」 バンドワゴン・石坂調教師「いい動き。脚質の幅も広がったし、重賞でも勝てる力はある」 マイネルフロスト・高木調教師「前走はブリンカーの効果。叩き良化型で上積みも見込める」 ミュゼエイリアン・黒岩調教師「内回りなら、この距離も守備範囲」 ラストインパクト・岸本助手「調子はいい。開幕週の馬場なので、ある程度の位置で運べれば」 レッドソロモン・庄野調教師「久々だった前回より雰囲気はいい」(夕刊フジ)★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月1日(木) 11:56

 2,541

【鳴尾記念】スマートレイアー、鋭く12秒2
 ヴィクトリアマイル4着から参戦するスマートレイアーは、M・デムーロ騎手を背に、坂路でクィーンズベスト(500万下)と併せ馬。1馬身ほど追走の形から外に出すと、首をリズムよく上下に動かして馬なりで併入。ラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒7)の鋭いフィニッシュを見せた。 「馬なりでもラストまでいい動きだった。もう7歳だから競馬もわかっているし、どんな距離でも走る。楽しみ」と、4度目のコンビとなる鞍上は期待を込めた。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月1日(木) 05:02

 1,758

【鳴尾記念】追って一言
 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「いい動き。前向きになって、集中して走れていた」 ◆ステイインシアトル・池江師 「脚元は大丈夫だし、攻めもいい感じだ」 ◆スピリッツミノル・本田師 「デキは変わりない。本質的には中距離がいいタイプ」 ◆デニムアンドルビー・岸本助手 「坂路でサラッと。今回の距離ならタメも利く」 ◆バンドワゴン・石坂師 「いい動きだった。前回で脚質の幅も広がった」 ◆マイネルフロスト・高木師 「動きは良かった。前走に引き続きブリンカーを着けます」 ◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「リズムを崩さず走れていた。内回りの2000メートルならこなせる」 ◆ラストインパクト・岸本助手 「いい動きで調子もよさそう。開幕週の馬場なので、ある程度の位置で運べれば」 ◆レッドソロモン・庄野師 「先週はCWで今週は坂路の併せ馬でしっかり追った」★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月1日(木) 05:02

 2,217

【鳴尾記念】バンドワゴン、休み明けお任せ
 3月の但馬S(準OP)を快勝したバンドワゴンは、2014年きさらぎ賞2着以来の重賞挑戦。「放牧をはさんでリフレッシュ。最近はこのパターンが合っている。体は大きいが、休み明けでも走る。ゲートをうまくクリアしてくれれば久々の重賞でも」と、久保助手の感触は悪くない。★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月31日(水) 05:02

 958

鳴尾記念の直前追い切り情報をもっと見る >

鳴尾記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月3日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv129 
250円 17,500円
Lv121 
2,570円 15,420円
Lv119 

850円
790円
58,900円
Lv113 
790円 11,850円
Lv113 
1,120円 56,000円

的中情報をもっと見る >

鳴尾記念過去10年の結果

2016年6月4日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 サトノノブレス 川田将雅 1:57.6 3.8倍 101.8
2着 ステファノス 戸崎圭太 クビ 3.3倍 101.8
3着 プランスペスカ 幸英明 クビ 252.7倍⑬ 101.2
2015年6月6日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2014年6月7日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 エアソミュール 戸崎圭太 1:59.1 3.9倍 102.5
2着 アドマイヤタイシ 岩田康誠 ハナ 16.8倍 102.5
3着 フラガラッハ 高倉稜 ハナ 25.3倍 102.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

鳴尾記念の歴史と概要

鳴尾記念は、1951年にハンデキャップ競走として創設された。鳴尾記念創設当初は春・秋の年2回施行されていたが、1954年より年1回の施行となった。その後は初夏に阪神競馬場芝2400mで施行されてきたが、1971年に春季開催に移行し、1981年には距離が芝2500mに変更となった。1984年のグレード制導入時にGIIに格付けされ、1987年には開催時期が12月に移された。

1997年には距離を芝2000mに短縮するとともに6月開催に変更され、また負担重量がハンデキャップから別定重量に変更された。これにより、バブルガムフェローダンスパートナーエアグルーヴステイゴールドなどの有力馬がここをステップとして宝塚記念に挑んだ。しかし、2000年の番組変更で宝塚記念の施行時期が繰り上がると、前哨戦としての役割は金鯱賞へ引き継がれ、鳴尾記念はGIIIに変更。開催時期も12月に変更され、再びハンデ戦に戻された。

2006年に、芝2000mから芝外回り1800mに短縮され、負担重量が再度別定重量に変更された。そして、2012年からは開催時期を6月に、距離を芝2000mに再び戻し、12月に移設された金鯱賞に代わって宝塚記念の前哨戦に指定された。

過去の優勝馬にはニシノライデンタマモクロスヤエノムテキナイスネイチャバブルガムフェローダイタクリーヴァメイショウオウドウサクラセンチュリーサクラメガワンダールーラーシップトゥザグローリーなどが名を連ねる(グレード制導入以後を対象)。


鳴尾記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る