会員登録はこちら

京都大賞典のニュース&コラム

【京都大賞典】武豊、同一重賞V記録9勝目!
 第52回京都大賞典(9日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走15頭)4番人気のスマートレイアーが直線で内を突いて、一気の差し切り。重賞4勝目を挙げた。タイム2分23秒0(良)。天皇賞・秋の優先出走権を得たが、当初の予定通りエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)に向かう。武豊騎手は京都大賞典9勝目で、同一重賞の最多勝記録を樹立。また、これがJRA・GII100勝目となった。1番人気のシュヴァルグランは3着に敗れた。 記録づくしの勝ち星に武豊騎手の笑みが弾けた。狙いすました“イン突き”で、7歳牝馬スマートレイアーをエスコート。並み居る牡馬を切り捨て、エリザベス女王杯へ弾みをつけた。 「(脚を)ためにためたので、ラストはすごい脚を使ってくれた。あとは進路さえあればという感じでした」 スタート直後に進路が狭くなったが、名手は慌てない。「いろいろ考えていました。先手をとることも、きょうのような競馬も」。すぐ後方で折り合いに専念。前半1000メートル通過が59秒9とやや速いペースの中、エネルギーを蓄え直線へ。開幕週で、きれいな馬場の内側を強襲し、上がり最速(3ハロン33秒4)でまとめてかわし去った。 武豊騎手にとって京都大賞典は重賞初制覇(1987年トウカイローマン)の思い出のレース。昨年のキタサンブラックに続く連覇となり、このレース9勝目。自身が持つ同一重賞勝利記録を更新した。さらに、JRA・GII100勝目のおまけつきだ。本人は「素直にうれしい」と涼しい顔だが、ファンの声援の大きさが記録の偉大さを物語る。 本番への前哨戦を快勝し、大久保調教師も「前でも後ろでもどこでも競馬ができるので、(鞍上に)任せました。最高の結果」と名手に最敬礼だ。満点回答に「改めて折り合いに心配がないことがわかりましたし、これで最大の持ち味である切れ味を発揮できる」と胸を張った。 7歳を迎えたが、重賞4勝目と衰え知らず。それでもGIの頂には、届いていない。 「GIをとれる馬だと思っています。反動が出ないように。あとは厩舎として、態勢を整えていきたい」と、グッと力を込めたトレーナー。いよいよ、積み重ねた実績が花開く。その先に、悲願のタイトルが待っている。 (山口大輝)★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!スマートレイアー 父ディープインパクト、母スノースタイル、母の父ホワイトマズル。芦毛の牝7歳。栗東・大久保龍志厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬。馬主は大川徹氏。戦績27戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金4億8830万500円(うち海外845万6500円)。重賞は2014・16年サンケイスポーツ杯阪神牝馬S、16年東京新聞杯に次いで4勝目。京都大賞典は大久保龍志調教師が初勝利、武豊騎手は1987年トウカイローマン、89・90年スーパークリーク、91・93年メジロマックイーン、96年マーベラスサンデー、05年リンカーン、16年キタサンブラックに次いで9勝目。馬名は冠名+層。
2017年10月10日(火) 05:07

 1,507

【京都大賞典】3着シュヴァル、挟まれ…後方に
 第52回京都大賞典(9日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走15頭)スタートで挟まれ後方からのレースを強いられたシュヴァルグランはジワジワ伸びて3着。 「3コーナーから上がっていったけど、前の馬がふらふらしていて一旦控えた。長くいい脚を使う馬なので、そのまま行っていれば」とM・デムーロ騎手は悔やんだ。それでも友道調教師は「力のあるところは見せてくれましたからね」と納得の表情。次はジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)で悲願のGI制覇を目指す。★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら
2017年10月10日(火) 05:05

 1,381

【京都大賞典】レースを終えて…関係者談話
 ◆和田騎手(ミッキーロケット4着) 「もう少し展開がばらけてほしかった。スローのヨーイドンの競馬では厳しい」 ◆北村友騎手(レコンダイト5着) 「乗りやすくて、内のいいところに収まって運べた。直線も外からいい脚を使っていました」 ◆浜中騎手(ラストインパクト6着) 「テンから出していったら反応もよく、直線はオッと思った。ここ数戦に比べると頑張っている」 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット7着) 「まだ力は衰えていない」 ◆池添騎手(カレンミロティック8着) 「いい位置で競馬ができた。約1年ぶりなのにラストまでじりじりと来ていた」 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ9着) 「行き脚がついてスッと前へ行けた。4角で手応えが怪しくなったが、次につながる競馬はできた」 ◆ルメール騎手(フェイムゲーム10着) 「4角まではいい感じだったが、直線に向いてから頭を上げ、ブレーキをかけていた」 ◆杉原騎手(プロレタリアト11着) 「一生懸命走ってくれたんですが、メンバーが強くて切れ負けしました」 ◆藤岡調教師(サウンズオブアース13着) 「デキは悪くなかったし、全然走り切れていないね。ここにきてぶり返した暑さが影響したのかな」 ◆古川騎手(バロンドゥフォール14着) 「スタートで上に跳ぶような感じに…。もう少し前で運びたかった」 ◆藤岡康騎手(ハッピーモーメント15着) 「前へ行けたが、コーナーで外へ流れる感じでスピードに乗り切れなかった」★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら
2017年10月10日(火) 05:05

 1,631

【京都大賞典】2着バジル、決め手にやられた
 第52回京都大賞典(9日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走15頭)新潟記念7着から挑んだ6番人気トーセンバジルは2着。2、3番手のインでしっかり脚をため、直線で抜け出しをはかったところに勝ち馬の強襲に屈した。 「理想的なレースはできた。抜け出したと思ったんだけど…。決め手にやられたね」。岩田騎手は唇をかんだが「好位で競馬ができたのは収穫」と手応え。藤原英調教師も「地道に力を付けているし、このメンバーでも通用するのが分かった」と前向きだった。今後はオーナーと協議して決められる。★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら
2017年10月10日(火) 05:05

 832

京都大賞典のニュースをもっと見る >

【京都大賞典】シュヴァル快走 シーズン好発進に高まる期待
 シュヴァルグランは今春の天皇賞で2着に快走。サトノダイヤモンドを3着に抑え込んでの銀メダルだけに価値は高い。ところが前走の宝塚記念では逃げる形になり、直線であっさり8着に失速。やや不本意な内容だった。 栗東での最終追い切りは角馬場で入念なウオーミングアップをしたあと、CWコースを半周して坂路へ。序盤は併走相手のロイヤルパンプを先にやり、柔らかみたっぷりのフットワークで追走。残り2Fあたりで馬体を並べる形になり、ラスト1Fでしっかり追われて12秒7のフィニッシュで半馬身ほど先着した。 「去年は宝塚記念の疲れが残ってしまってアルゼンチン共和国杯からの始動になったが、この夏は順調に過ごせた。ここまで本数も乗っている」と友道調教師。「体つき自体はそう変わった感じはしないが、仕上がり具合はいい。京都外回りのこの距離は合うと思うし、復帰初戦から力を発揮してくれそうだ」と、シーズン好発進へ期待を込めた。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月5日(木) 11:59

 651

【京都大賞典】ミッキーロケット3馬身先着
 宝塚記念6着以来3カ月半ぶりの実戦となるミッキーロケットが、得意の舞台でシーズン初戦へ挑む。 栗東坂路で僚馬サンライズノヴァと併せ馬。いつものようにテンから13秒3−12秒7−12秒1と力強いフットワークで飛ばしていった。ラスト1Fでは余裕のある手応えで相手を圧倒。12秒8のフィニッシュで3馬身ほど先着した。ノヴァがやや走らなかった印象ながら、この馬自身は時計、動きとも申し分ない。 「(坂路に)降ろした瞬間はモタれていたが、動いているし、時計も良かった。仕上がりに関してはいいと思う。実戦では切れる脚を使えるので、自分の競馬に徹するだけだ」と和田騎手。 今回は日経新春杯で重賞初制覇を飾った舞台とあって、「ここ2走の阪神の内回りは合わなかった。跳びが大きいので、京都の外回りでじっくり行けるのはいい。このメンバーでも期待は大きい」と、音無調教師も反撃へ自信の手応え。2つ目のタイトル奪取へ、態勢は整った。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月5日(木) 11:57

 643

【京都大賞典】フェイムゲーム仕上がり及第点
 7歳のベテランステイヤー・フェイムゲームは美浦Wコースでしまい重点の併せ馬。サトノダヴィンチを2馬身追走しながらゆったりしたペースで運び、最後は歩調を合わせるように内から併入した。 もともと調教では目立たないタイプで、「まずまずだね。いつものように3週前に帰厩して順調に乗ってきた。馬体もふっくら見せて、柔らかみもある」と、見届けた宗像調教師も仕上がりに及第点のジャッジ。春に3カ月のブランク明けで目黒記念を制すなど自慢のスタミナに衰えはないが、「今回は京都の開幕週。高速馬場になったとき、対応できるかはやってみないと」と、トレーナーは速い時計への対応を課題にあげている。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月5日(木) 11:56

 538

【京都大賞典】トーセンバジル余裕の先着
 新潟記念7着からの前進をにらむトーセンバジルは栗東CWコースで併せ馬。楽な手応えで2馬身ほど先行し、直線で外へ。十分に余力を残しながら1馬身半先着した。 「先行して馬に気を入れ、前進姿勢を保ちながら気持ち良く行かせた。2400メートルに延びるし、自分のポジションは取れるはず。2000メートルの新潟記念は少しスピードが足りなかったかな。ただ、最速の脚で上がってきたように予定していたレースはできた。外回りはベスト。ここで勝てるように調整してきた」と、藤原英調教師は重賞初Vを見据える。(夕刊フジ)★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月5日(木) 11:56

 731

京都大賞典の直前追い切り情報をもっと見る >

京都大賞典の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月9日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv118 
860円 43,000円
Lv109 
2,950円 11,800円
Lv107 
860円 43,000円
Lv107 
860円 68,800円
Lv105 
2,950円 14,750円

的中情報をもっと見る >

京都大賞典過去10年の結果

2016年10月10日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2015年10月12日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2014年10月14日(火) 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 ラストインパクト 川田将雅 2:24.2 5.2倍 101.9
2着 タマモベストプレイ 津村明秀 クビ 13.1倍 101.9
3着 トーセンラー 武豊 1 3/4 2.6倍 100.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都大賞典のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2400m

有利不利の比較的少ない京都芝2400mを舞台に行われる、天皇賞(秋)、ジャパンCの前哨戦として位置づけられているレース。しかしながら、天皇賞(秋)を目指して出走する馬は減ってきており、レースレベルは年々下降線をたどっている。それでも「格」は重要で、2007年以降の連対馬を見ると、前走G1を使っていた馬が半数を占める。なかでも注目したいのは、G1凡走組だ。2013年の1着馬ヒットザターゲット(11番人気・前走宝塚記念11着)など、前走G1で掲示板を外した馬が毎年のように複勝圏内へ食い込んできている。また、菊花賞や京都記念、日経新春杯など、同じ京都外回りの重賞で好走歴を持つ馬の激走もしばしば見られ、該当馬に対する警戒は怠れない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都大賞典の歴史と概要

京都大賞典は京都競馬場の芝3200mの4歳(現3歳)以上の重賞競走「ハリウッドターフクラブ賞」の名称で1966年に施行されたのが始まり。

京都大賞典は1967年に現行の2400mへ変更され、1974年に「京都大賞典」に改称された。1984年にグレード制施行によりGIIに格付けされた。1995年より中央競馬指定交流競走として地方馬にも門戸が開かれると、2003年より国際競走に指定され、外国調教馬も出走が可能になった。

天皇賞(秋)だけでなくジャパンカップを見据えた前哨戦に位置付けされている重賞(GII)競走であり、中央競馬の秋GIシーズンへの重要なステップ競走であることから、春の天皇賞(春)宝塚記念後に夏シーズンを休養にまわした有力馬陣営が秋の初戦として参戦する。

過去の優勝馬にはタップダンスシチーナリタセンチュリーリンカーンスイープトウショウインティライミトーホウアランオウケンブルースリメイショウベルーガローズキングダムメイショウカンパクヒットザターゲットなどが名を連ねる。

京都大賞典の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る