キセキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年5月13日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主石川 達絵
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績 6戦[3-0-2-1]
総賞金4,516万円
収得賞金1,500万円
英字表記Kiseki
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ブリッツフィナーレ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ロンドンブリッジ
兄弟 ファントムグレイジュビリーライン
前走 2017/08/05 信濃川特別
次走 2017/09/24 神戸新聞杯 G2

キセキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 -- 14453.7----** 牡3 56.0 M.デムー角居勝彦---- --------
17/08/05 新潟 10 信濃川特別 1000万下 芝2000 14452.011** 牡3 54.0 M.デムー角居勝彦498(+8)1.56.9 -0.232.9⑫⑫ブラックプラチナム
17/07/15 中京 8 3歳以上500万下 芝2000 13441.511** 牡3 54.0 福永祐一角居勝彦490(+8)1.59.1 -0.333.2⑪⑪⑩⑪スズカディープ
17/03/25 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 86632.873** 牡3 56.0 A.シュタ角居勝彦482(-4)1.46.7 0.233.4⑦⑦アルアイン
17/02/26 阪神 9 すみれS OP 芝2200 7551.913** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦486(-10)2.15.0 0.936.3⑤⑤⑤⑤クリンチャー
17/01/29 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 11672.615** 牡3 56.0 蛯名正義角居勝彦496(+2)1.48.1 0.433.4⑥④⑤ダイワキャグニー
16/12/11 阪神 5 2歳新馬 芝1800 8442.421** 牡2 55.0 C.ルメー角居勝彦494(--)1.49.5 -0.634.5グラニーズチップス

キセキの関連ニュース

 連勝中のキセキは、CWコースでヘンリーバローズ(2歳未勝利)を5馬身ほど追走。直線で内から追い上げ、最後は半馬身遅れたが、動きは迫力満点で5ハロン67秒2−11秒6をマークした。辻野助手は「ラストの脚は良かったですね。心と体のバランスがとれてきました。本格化を感じるし、楽しみをもって臨めます」と期待を持って送り出す。



神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【神戸新聞杯】キセキ逆転へ意欲 2017年9月21日(木) 11:37

 連勝中の上がり馬キセキが栗東CWコースで弾んだ。

 ヘンリーバローズを5馬身追いかけゆったりとスタート。折り合い十分に持ったままペースアップし、4角で内へ。最後は半馬身届かなかったが、ゴールを過ぎてからの1Fもビッシリと追われて気合を乗せた。

 「良かった。先週と同じような感じ。動きも具合もいい」と、跨ったデムーロ騎手も遅れは気にしていなかった。前走の派手の勝ちっぷりは印象に残り、先週のローズSを伏兵ラビットランで制した厩舎の勢いも追い風となりそうだ。(夕刊フジ)

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】連勝中の上がり馬、キセキの大逆転 2017年9月20日(水) 05:03

 今週の阪神メインは、菊花賞トライアルの神戸新聞杯(GII、芝2400メートル)。注目は連勝の勢いで挑むキセキ。ひと夏を越して、精神面の成長が顕著で良血開花の印象だ。父ルーラーシップ譲りの切れ味を武器に、ダービー馬レイデオロを打ち破る。

 潜在能力の高さなら、春の実績馬に引けを取らない。夏場の連勝で本格化を告げたキセキが、菊花賞への野望を胸にトライアルにアタックだ。

 「春から、うまくいけば大きなステージに行きたいと思っていた馬でしたが、やっと胸を借りる立場になれました」

 清山助手が確かな手応えを口にする。ここまで6戦3勝。春は毎日杯で、のちの皐月賞馬アルアインから0秒2差の3着に入るなど力は示したものの、3走して賞金を加算できず、500万下条件のまま。そこで陣営は秋に備えて早めに休養に入り、成長を促した。

 これが正解だった。「もともと、持っているものは高かったが、精神的にデリケートな部分がレースに影響していた。でも夏前の放牧で、心身のバランスがかみ合ってきました」と清山助手は充実ぶりを感じとる。

 夏場の連勝を見れば、それは一目瞭然。500万下、1000万下とはいえ、後方から圧巻の差し切りでパワーアップを告げた。特に前走は、ほぼ馬なりで驚異の上がり3ハロン32秒9を披露。初コンビだったM・デムーロ騎手も「折り合いに気をつけていただけで、僕は何もしていません。素晴らしい」と目を丸くしたほどだ。

 「とにかく、自身がいいメンタルでレースをしてほしい。落ち着いたレースができれば能力は出せるし、それでどういうパフォーマンスができるか」と同助手は期待を込める。

 先週のローズSは、同じ角居厩舎の上がり馬・ラビットランが鮮やかな追い込みVで秋華賞に名乗りをあげた。そして今週はキセキが続く。 (斉藤弘樹)

★レイデオロ、能力は断然

 ダービー馬レイデオロが始動する。デビューから5戦4勝。皐月賞は末脚不発で5着に敗れたが、ダービーでは積極的な競馬で3歳馬の頂点に立った。秋はジャパンCが最大目標。ここに全力投球とはいかないだろうが、能力は断然。外回りで直線の長いコースなら無様なレースはしないだろう。キセキは春のクラシックは間に合わなかったが、夏場に連勝と勢いに乗っている。毎日杯ではアルアインから1馬身差の3着と世代トップクラスの実力があり、ここ2戦で見せた切れ味は魅力だ。ダービー4着のマイスタイル、同6着のダンビュライト、同9着のベストアプローチ、同10着のサトノアーサーは夏を越してどれだけ成長しているかが鍵だ。

★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】レース展望 2017年9月19日(火) 16:55

 今週の阪神メインは神戸新聞杯(24日、GII、芝2400メートル)。前週のセントライト記念(中山)に続く菊花賞トライアルで、上位3頭が本番への優先出走権を得る。

 ダービー出走組は、過去10年で8頭がVと圧倒的に強い。今年のダービー馬レイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)にとって秋始動戦となり、注目度は抜群だが、この後の照準は菊花賞ではなくジャパンC。まだ先に目標があるので、目一杯の仕上げというわけではない。帰厩後の動きにも余裕があるが、馬体の張りの良さなどは夏を順調に過ごしたことを証明している。世代トップの能力の持ち主だけに、無事に出走できればあっさり勝つ可能性が高いが、前哨戦だけに付けいる隙もありそう。

 夏の上がり馬としてがぜん脚光を浴びているのがキセキ(栗東・角居勝彦厩舎、牡)だ。デビューが昨年12月の阪神芝1800メートル戦。あっさり勝利を収めたが、その後に勝ちあぐねて今年3月の毎日杯で3着。ここで陣営が早々と春のクラシック路線を断念し、成長を促したことが吉と出た。7月の復帰戦・中京500万下、さらに8月の信濃川特別と余力たっぷりに連勝。特に前走のムチを入れることなく抜け出した内容は、新星誕生を予感させるものだった。

 毎日杯キセキに0秒2差をつけて勝ったアルアイン皐月賞を勝ち、ダービー5着。さらに秋初戦のセントライト記念も2着の実力を持つ。春の差が夏の間に縮まったのかどうかを計る意味でも、今回どのような結果が出るか興味深い。

 その毎日杯で0秒1差の2着だったのがサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)。最後方からアルアインを追い詰めた脚は、デビュー前の評判を証明するに足るものだったが、そのぶん気性的な若さがネックに。ダービーでは折り合いに専念してスローペースに対応しきれず、10着に敗れた。この夏にどこまで成長しているのか。決め手は世代トップクラスで、持ち味を発揮するには精神的に大人になっている必要がある。

 きさらぎ賞、弥生賞、皐月賞と3戦連続3着、ダービーは6着だったダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡)。安定感はあるが、ダービーのような瞬発力勝負は合わない。いかにスタミナ勝負に持ち込めるかが鍵だろう。

 ダービーは絶妙なスローペースの逃げで見せ場たっぷりの4着だったマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡)。横山典弘騎手はセントライト記念をミッキースワローで制したばかりで、円熟味を増したベテランの騎乗には今週も要注意だ。

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】特別登録馬2017年9月18日(月) 17:30

[もっと見る]

【神戸新聞杯】ダービー馬・レイデオロ、馬なり12秒9 2017年9月14日(木) 04:01

 《美浦》ダービー馬レイデオロ(藤沢和、牡)は、美浦Wコースで5ハロン69秒7−12秒9を馬なりでマーク。先行2頭から1馬身遅れたが、無理しなかっただけで全く問題ない。藤沢和調教師は「夢中にならず落ち着いていたね。背丈が伸び、体も10キロぐらい増えていい夏休みになった。張り切り過ぎないから調整もしやすい。ダービーの後はここを目標に順調にきている。来週は木曜にクリストフ(ルメール騎手)でやる。上手にスタートしてくれれば。その後に関しては何も決めていない。使ってから考えていく」と秋初戦を全力投球する構えだ。

 《栗東》ダービー6着以来となるダンビュライト(音無、牡)は、坂路で4ハロン50秒4−12秒8。一杯に追われて、一番時計をマークした。「久々に乗りましたが、いい動きでしたね。態勢は整っています」と手綱を取った武豊騎手。

 同11着カデナ(中竹、牡)は、坂路で一杯に追われて4ハロン55秒0−12秒8。「馬場が重くて、思ったより時計が出なかった。ただ、確実に馬は成長している」と白倉助手。

 1000万下の信濃川特別を制したキセキ(角居、牡)は、芝コースで単走。M・デムーロ騎手が乗って、6ハロン78秒8−13秒2を馬なりで軽快にマークした。「時計以上にいい動きでした。春に比べて、もたつくところがなくなったのが強みです」と前川助手。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キセキの関連コラム

関連コラムはありません。

キセキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 9

ここまで秋のクラシックトライアルは全て夏場に条件戦で古馬と戦ってきた馬が勝利。ダービー馬レイデオロの強さは認めつつここは前走1000万クラスで古馬を難なく差しきったゥセキに期待!
休養後の2戦がともに上がり最速で快勝し、春に感じれなかった迫力というか雰囲気が出てきてダービー組相手でもやれそうに思います!トビが大きくもう少し外が良かったが馬場は良さそうで距離も阪神外回りコースも向くハズで楽しみです(`◇´)ゞ
あとはアダムバローズが逃げてある程度速いペースになったらぅ戰好肇▲廛蹇璽舛面白いかな、、ダービーはどスローでこの馬の良さが出なかったが青葉賞でアドミラブルの2着にきてるように距離も良さそうで血統を見るとスタミナもありそう!

 ★コノホシカツ★ 2017年9月22日(金) 13:48
オールカマー、神戸新聞杯枠順決定。出目に入った馬は…
閲覧 134ビュー コメント 0 ナイス 3

2017年9月24日(日)4回中山・阪神4日
★七赤赤口『吉数』枠番1・4・7馬番´きЛ
11R(15:45)芝2200
第63回オールカマーG
【時系列出目】
馬番
タンタアレグリア
【demedas】
馬番
★マイネルディーン
☆押檗檗
*▲▲襯弌璽
*タンタアレグリア
枠番
★7モンドインテロ(マイネルディーン)
☆8カフジプリンス(ツクバアズマオー、トルークマクト)
*1パリカラノテガミ(アルバート)
*8ツクバアズマオー(カフジプリンス、トルークマクト)


11R(15:35)芝2400
第65回神戸新聞杯G
【時系列出目】
馬番枠番該当なし
【demedas】
馬番
★カデナ
☆.瓮ぅ轡腑Ε謄鵐轡
*Д織ノシャルドネ
*アドマイヤウイナー
枠番
★6ホウオウドリーム(マイスタイル)
☆1メイショウテンシャ
*4アダムバローズ(キセキ)
*8タガノヤグラ(アドマイヤウイナー)

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年9月22日(金) 07:30
神戸新聞杯追い切り
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 11



【アダムバローズ】

若干行きたがる素振りがあり、
走りも小さく末脚負けしそうだが、調子は良さそう。



【アドマイヤウイナー】

がっしり抑えられて終いだけ。
動いてはいるけど、目立つほど加速は付かず。



【エテレインミノル】

追ってからも頭の高い走りで消耗が激しそう。



【カデナ】

力強さは十分感じる走り。
終いは脚色が落ちたが、いつものこと。

状態が前に行きすぎて苦しそうだった
ダービーの時より調子は良さそう。



【キセキ】

走りが大きくスッと動ける感じはなさそう。
走法通り、直線上で長く脚を使いたいタイプか。



【サトノアーサー】

調教の動きは相変わらず抜群。
軽く促す程度なので、あとは追ってどの程度伸びるか。



【タガノシャルドネ】

本当に出走するの?と思う追い切り。
緩すぎてさすがに参考にできない。



【タガノヤグラ】

体の伸び自体は悪くないが、
有力所と比較すると力強さに欠ける。



【ダンビュライト】

序盤を速めた分、最後は若干苦しくなる形。

追い切りはいつもこんな感じで
状態としては良い時とそう変わりなさそう。



【ベストアプローチ】

走りのフォームは良いが、
欲を言えばもう少しパワフルさが欲しい。

前回は状態が悪かったのか
ダービーの時と比べると動きはだいぶ良化。



【ホウオウドリーム】

時計自体はそう悪くないが、
最後は走りがバラバラで苦しそう。



【マイスタイル】

春先より馬が大きく見えるし
伸び脚の良さも感じられるが、

いつもと違いそれなりに追われてはいるし、
それで良く見えている印象もある。



【レイデオロ】

軽く促されてはいるが
自分から動いていると思うし、
普段通りの走りはできるように感じる。





パッと見はマイルスタイルが良く映ったが、

いつも馬なりだった所を追ってきてるので
まだ重いのかなという不安はある。

他、カデナとベストアプローチは前走から良化傾向。

ベストアプローチは狙ってみたい感もあるが、
能力的にちょっと心許ないかなと思う部分もある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キセキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キセキの写真

投稿写真はありません。

キセキの厩舎情報 VIP

2017年8月5日信濃川特別1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キセキの取材メモ VIP

2017年8月5日 信濃川特別 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。