注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

キセキ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年5月13日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主石川 達絵
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績 1戦[1-0-0-0]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Kiseki
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ブリッツフィナーレ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ロンドンブリッジ
兄弟 ファントムグレイジュビリーライン
前走 2016/12/11 2歳新馬
次走予定 2017/01/29 セントポーリア賞

キセキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/11 阪神 5 2歳新馬 芝1800 8442.421** 牡2 55.0 C.ルメー角居勝彦494(--)1.49.5 -0.634.5グラニーズチップス

キセキの関連ニュース

 日経新春杯の追い切りが11日、東西トレセンで行われた。栗東では4戦3勝のシャケトラが、CWコースで豪快に先着。今回は格上挑戦になるが、陣営は手応え十分の様子だ。菊花賞5着のミッキーロケットは、坂路で力強く先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得した。

 大器が気温4度の寒さを吹き飛ばす快走だ。格上挑戦のシャケトラが、CWコースの併せ馬で圧巻の5馬身半先着。本格化気配の動きに、前川助手が自信をのぞかせた。

 「使うたびにソエが出たりしていたが、今は体質が強くなった。能力は高いし、これだけちぎったのは元気だということです」

 雄大なフットワークで、向こう正面では僚馬キセキ(3歳500万下)に2馬身先行。軽快なリズムで、直線はそのまま外の進路を選択。鞍上から軽く促されると、楽々と相手を突き放した。6ハロン81秒0、3ハロン38秒5−12秒2と上々のタイムをマークし「いい意味で体が張ってきたし、実が入っている。前走よりもいい」と前川助手の言葉にも自然と熱がこもる。

 昨年6月にデビューし4戦3勝。体質の弱さからレース数をこなせずにいたが、少ないチャンスを確実にものにしてきた。4歳を迎え、満を持しての重賞参戦に期待は高まるばかりだ。

 騎乗停止中だった前走以外で手綱を取ってきた浜中騎手も「デビュー前から調教はよかった。前走も力でねじ伏せましたね。もともとオープンまで出世できると思っていた」と素質を感じている。「瞬発力があって、馬格にも恵まれて、見た目もかっこいい。乗っていて、普通の馬との違いを感じていました」。今後へ向け、期待に胸を膨らませる。

 一気の相手強化になるが、53キロのハンデなら、強豪との差を埋める可能性は十分。鞍上も「相手は強いが、見込みがないと重賞に使わないと思う。飛躍を期待している」と意欲満々だ。シャケトラとは、イタリアで幻と呼ばれるデザートワインのこと。熟成の時期を終えた素質馬が、重賞舞台でついにベールを脱ぐ。 (山口大輝)

日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日経新春杯】シャケトラ本番楽しみ5馬身先着 2017年01月11日(水) 13:45

 格上挑戦でも、不安より楽しみが上回る。4戦3勝の上がり馬シャケトラが、栗東CWコースで大きく先着した。併せたキセキが道中で掛かり気味になり、無理をしなかったこともあるが、直線だけで外から5馬身突き放した。

 「使うごとにソエが出て、出走する回数は限られる。(ステップが踏めないので)いきなり格上へ挑むけど、能力は高く期待も大きい。馬体にも実が入ってきたし、いい勝負をしてくれないかな」と前川助手。2キロ減のハンデ53キロも魅力だ。(夕刊フジ)

日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳戦結果】ラッシュアウト、黒松賞V2016年12月12日(月) 05:01

 【中山】9R黒松賞(500万下、芝・外1200メートル)=ラッシュアウト(美・栗田徹、牡、父ケイムホーム)

 ◆大野騎手 「張り切りすぎる面があるので、そのあたりをうまくセーブできれば」

 5R新馬(芝・内1800メートル)=ゴールドスミス(美・二ノ宮、牡、父ステイゴールド

 ◆内田騎手 「まだ太かったし、追い出してからもモタモタしていたけど、最後はよく伸びてくれた」

 6R新馬(ダ1200メートル)=エルヴス(美・田島、牝、父トランセンド

 ◆柴田大騎手 「先手が取れて自分のリズムで走れたのが良かったです。一生懸命走る馬ですね」

 【阪神】5R新馬(芝・外1800メートル)=キセキ(栗・角居、牡、父ルーラーシップ

 ◆ルメール騎手 「余裕で勝てました。乗りやすく、距離はもう少しあってもいい」

 6R新馬(ダ1200メートル)=スターカットダイヤ(栗・平田、牡、父ダイワメジャー

 ◆藤岡康騎手 「上手に競馬をしてくれた。抜け出して物見をしたように余裕もあった」

 【中京】10Rこうやまき賞(500万下、芝1600メートル)=ペルシアンナイト(栗・池江、牡、父ハービンジャー)

 ◆秋山騎手 「真面目すぎる面があり、ペースが遅く、他馬と併せる形になると、抑えるのに苦労する面もありました。とはいえ、ここなら能力と完成度が違った感じです」

 5R新馬(芝2000メートル)=ダノンキングダム(栗・安田、牡、父ステイゴールド

 ◆北村友騎手 「ゲートはひと息でしたが、位置にこだわらず気分良く走らせようと。抜け出してから遊んでいましたけど、初戦としては内容が良かったと思います」

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R キセキが3馬身半差の完勝! 2016年12月11日() 12:52

 12月11日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気キセキ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が5番手追走から前に進出し、直線は馬場の真ん中を力強く伸びて3馬身半差の完勝。タイムは1分49秒5(良)。

 ステファノスの半妹で1番人気に推されたグラニーズチップスは3番手で折り合うかに見えたが、向こう正面で先頭に立ちやや折り合いを欠いたか。それでもしぶとく伸びて2着は確保した。さらに2馬身半遅れた3着には大外から伸びたパールズシャイン(3番人気)。

 キセキは、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ、母の父ディープインパクトという血統。祖母は桜花賞2着のロンドンブリッジ、おばにオークス馬のダイワエルシエーロがいる。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「跳びが大きく、直線の反応もよかったし、余裕で勝てましたね。乗りやすく、距離はもう少しあってもいい」

★11日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

キセキの関連コラム

関連コラムはありません。

キセキの口コミ


口コミ一覧

アイドル馬名?

 グリーンセンスセラ 2017年01月20日(金) 12:47

閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 5


NMB48山本彩に渡辺美優紀、藤田菜七子騎手が「タッグ」を組んだ!? 偶然が生んだ馬名のキセキ?━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年01月20日 08時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2343.html

29日の東京競馬場で藤田菜七子騎手が騎乗予定の馬が、一部で話題になっている。

 藤田騎手の騎乗予定馬の名は「サヤネエ」。父馬はファルブラヴ、母馬はミユキで母父は往年の名馬・アドマイヤベガだ。ジャパンC、香港Cを制したファルブラヴを父に持つ点に期待は高まる。だが、なぜそこまで注目されるのだろうか?

「おそらくこの『サヤネエ』という馬名がNMB48の山本彩のニックネームからつけられているからでしょうね。さらに母馬は『ミユキ』。これも今は離れてしまいましたが、元NMB48の渡辺美優紀というエースを想起させます。しかも、渡辺はみるきーという渾名がありましたが、山本だけは『みゆき』と呼んでいたんですよ。そして、さらに父母父はリトルナナ(Little Nana)です。藤田騎手が騎乗すれば、3人のアイドルの名前やニックネームが関与することになるというわけです」(記者)

 藤田騎手が騎乗するだけではなく、血統から読み取れることができるある種のサイン馬券という面にも期待が集まっているというわけか。またすべてオカルト頼みというわけでもなく、ファルブラヴ産駒は牝馬しか重賞を取っておらず、牡馬よりも比較的走るともいわれている。サヤネエも牝馬であるため、化ける可能性も秘めているのは間違いない。

 競馬界のアイドルが"アイドル"に騎乗する。またしても話題先行となってしまった藤田騎手だが、周囲を実力で黙らせることができるのか。アイドルコンビの活躍に期待したい。

 ムーンシュタイナー 2016年12月29日(木) 10:41
【POG】16年POG大反省会
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 6

2歳戦が終わりましたが、今年はかなり縦長の展開でしょうか。
実力差が出てきている感じですね。
例年2歳戦で先行して最後伸びを欠くスタイルを3年ほど続けていたので
今年は脚を溜めること選択をしたつもりでしたが、
脚溜まっているんだか。。。
指名前に意識したことをお題に反省してみます。


【ディープインパクト産駒】

みんな課題なんでしょうが、私は苦手ですね。
今年もさほど情報が出ていない、でも2歳でデビューできそうな馬を探しましたが、
8頭指名して3頭が入札負け、3頭がリターン(現時点未出走)、
残った2頭のうち1頭が見出走。
結局、クリアザトラックのみで1勝。下手ですねぇ。
クリアザトラックは朝日杯でミルコがもっていかれているのをみると、
そこそこ能力はありそうなので、今後は期待しています。

クリアザトラック  1勝 700万円
レッドアランダ  未出走


【ハーツクライ産駒】

今年の指名馬の中で意識したのはハーツ産駒。
シーズン前から多めに指名するつもりでした。
ハーツ産駒に対する育成レベルが上がっていること、
14年産は繁殖のレベルが上がった狙い目の年というのが理由。
とはいえ、特に牝馬では2勝目が難しい種牡馬。
早めに始動でき、かつ多少は奥のある血統、成長力を考えての選択をしました。

ワンダープチュック 1勝 2,144万円

厩舎は不安でしたが、今のところレース選択含めて許容範囲。
この馬はデビュー前からある程度の動きを見せていて、伸びしろも感じられました。
4戦して成長も見られるし今後も期待していいかな。
あとは切れる配合でもないので、2000m内回りを中心に使ってもらいたいですね。

スピリットソウル 0勝 1,181万円

結局勝ちあがれませんでしたが成長は感じられました。
母方は大物感ない血統構成ですが、スピードを確実に伝えそうで
どこかでスイッチ入るかな、と期待はしています。

クリデュクール  0勝 392万円

こちらも勝ちあがれませんでしたが、緩さ解消されてきて
口向きが良くなれば勝ち上がりはすぐでしょう。
その次となるともう少し成長してほしいところ。
配合自体は大物感あるので、最後まで注目しています。

ヒストリア 1勝(指名後0勝)

牝馬は難しいですが、能力にかけてみた1頭。
体がどこまで成長するか、だと思います。
期間内は難しいですが、牝馬の手駒がないのでお願いします。


【ダイワメジャー産駒】

比較的得意としていたはずの種牡馬ですが、
今年は外れを引くことが多かった…。リターンが3頭。
気性的な部分がネックになることもある種牡馬ですが、
その部分の見極めが甘かったかな。

サンライズソウマ 0勝 236万円

追って全く味がないのは母と同じ。
母のようなスピードもいまいち発揮できていないし、
そのような条件で使ってくれるかも微妙な厩舎。
これは完全に勇み足でしたねー。

マルムーティエ  0勝 513万円

これは友人枠でしたが、全く切れないので未勝利脱出が目標かな。
来年の枠(友人の一口指名馬)はいずれもいい馬と思うので、
たぶんイケるでしょう。

【外国馬枠】

今年はダルタヤ14とThe Factor産駒と決めていました。
ダルタヤ14はまだ緩いんですかね。角居厩舎なのでギリギリ
間に合わせてくれる、という淡い期待はありますが。

The Factor産駒はライラバードに行って撃沈。
あの走りは本来のものではないですね。
来日してからの調整の難しさを感じます。
ズアーが正解だったのか。
出走まで調教みたりしているんですが。

【新種牡馬】

ルーラーシップは血統から完成が遅そうなのに、
夏から走れる馬を出していたのでそのポテンシャルにかけて
積極的に指名しました。
12月からダートでも勝ち星量産しているように
ポテンシャルは高いですね。
角居厩舎のキセキのように母父ディープの影響を受けている馬もいれば
指名したグランドディアマンのようにダートで勝ち上がる馬もいて
想像以上に母方を出しますね。
距離適性もわかりやすいですし、
来年以降も指名できる種牡馬だと思います。

グランドディアマン 1勝 1,398万円

来年については
一口馬をしっかり評価しているので、
そのデータと直近の馬の成長度合いの確認と
個人馬主は牧場・厩舎の関係を整理して関係者期待馬の洗い出しをしたい。

スペシャルには残りたいな。モチベーションが違う。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2016年12月22日(木) 21:58
☆有馬記念パート8(ミッキークイーン・12月25日
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 7

昨年のオークスと秋華賞を制し、今年もヴィクトリアマイルで2着、エリザベス女王杯で3着と古馬になってもG1の舞台で活躍し続けている馬☆

ミッキークイーン(*^-^*)

唯一馬券圏内を外したのは昨年のジャパンカップ・・・8着でした。

しかしその後、力をつけてきました!!牡馬とも戦える力を♪♪

鞍上の浜中騎手は有馬記念が行われる12月25日が!!

そう!!クリスマスが誕生日!!

浜中騎手は思ったそうです!!

「今年初めに競馬番組のカレンダーを見て、誕生日が有馬記念だと知った時、ミッキークイーンといければいいな」と。

12月25日のキセキ♪起こるかもしれません(*^-^*)

[もっと見る]

キセキの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

キセキの写真

投稿写真はありません。

キセキの厩舎情報 VIP

2016年12月11日2歳新馬1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キセキの取材メモ VIP

2016年12月11日 2歳新馬 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。