注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ペルシアンナイト(競走馬)

注目ホース
ペルシアンナイト
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年3月11日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-1-1-0]
総賞金3,333万円
収得賞金900万円
英字表記Persian Knight
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
オリエントチャーム
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
兄弟 ガーネットチャームファシーノ
前走 2017/01/08 日刊スポシンザン記念 G3
次走予定

ペルシアンナイトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/08 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 15352.413** 牡3 56.0 M.デムー池江泰寿478(+2)1.37.8 0.237.5⑦⑦キョウヘイ
16/12/11 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 13441.311** 牡2 55.0 秋山真一池江泰寿476(+2)1.35.4 -0.233.9⑥⑤ジュンヴァリアス
16/10/22 東京 9 アイビーS OP 芝1800 9892.412** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿474(-2)1.49.2 0.333.9④⑤⑤ソウルスターリング
16/08/21 小倉 5 2歳新馬 芝1800 108101.511** 牡2 54.0 川田将雅池江泰寿476(--)1.53.1 -0.535.3⑤④④ハッシュタグ

ペルシアンナイトの関連ニュース

 ★京成杯5着アサギリジョー(美・相沢、牡)は、共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)を予定。7着サンティール(美・鹿戸、牝)は、フラワーC(3月20日、中山、GIII、芝1800メートル)などが視野に。15着イブキ(美・奥村武、牡)は、水仙賞(2月25日、中山、500万下、芝2200メートル)。

 ★ひいらぎ賞を勝ったアウトライアーズ(美・小島茂、牡)は、フジテレビ賞スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)へ。

 ★朝日杯FS2着モンドキャンノ(栗・安田、牡)は、大野騎手とのコンビでスプリングSを使った後、NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)ではルメール騎手とコンビを組む。

 ★シンザン記念3着ペルシアンナイト(栗・池江、牡)は、アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル)へ。鞍上はMデムーロ騎手。僚馬で同6着アルアイン(牡)は、毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)。

 ★菜の花賞2着シンボリバーグ(美・藤沢和、牝)、フェアリーS2着アエロリット(美・菊沢、牝)は、クイーンC(2月11日、東京、GIII、芝1600メートル)。

 ★はこべら賞を勝ったアディラート(栗・須貝、牡)はヒヤシンスS(2月19日、東京、OP、ダ1600メートル)を予定。

 ★14日の中山新馬戦(芝1600メートル)勝ちのスカルバン(美・武井、牡)は、クロッカスS(28日、東京、OP、芝1400メートル)へ。

【シンザン記念】最後方からキョウヘイ強襲!重賞初制覇 2017年01月09日(月) 05:08

 第51回シンザン記念(8日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走15頭)8番人気で高倉稜騎乗のキョウヘイが、最後方追走から直線で突き抜け重賞初制覇。3歳世代が初年度産駒となるリーチザクラウンは産駒の重賞初制覇となった。タイム1分37秒6(重)。落馬負傷の川田騎手から武豊騎手に乗り替わった4番人気のタイセイスターリーが2着、1番人気のペルシアンナイトは3着だった。

 冷たい雨が降りしきる淀の重いターフを、キョウヘイが鋭い脚で突き抜けた。高倉騎手は、2013年7月の中京記念フラガラッハ)以来のタイトル奪取に満面の笑みだ。

 「気持ちよかったです。(重賞制覇は)久々でまだ実感がわいていない。脚をためれば、さばけると思ってました」

 発馬は遅れたが「他の馬と一緒に出ると力むところがあるので、わざと遅れさせる感じ」と、作戦通りの最後方待機。3コーナー過ぎに進出を開始し、直線ではひるむことなく馬群に突っ込んだ。「馬場が渋って、他の馬の脚も鈍ると思っていた」という読み通り、自慢の末脚で、馬群の真ん中からまとめて抜き去った。

 運命に導かれるかのような勝利だった。瀬谷隆雄オーナーはあるとき、自分の所有馬について書かれているブログを目にした。そのブログを書いたのは、競馬ファンの横山真弓さん(53)。横山さんの息子、恭兵さんが2005年、21歳の若さでがんで亡くなったこともブログで知った。そこで今回、横山さんに直接、連絡し「キョウヘイ」という名を所有馬に付けることを決めた。

 恭兵さんの棺には、05年菊花賞ディープインパクトの単勝馬券が入れられたという。それほど競馬を愛した恭兵さんが最後に生観戦したレースが、その年のシンザン記念(優勝ペールギュント)だった。この日、競馬場を訪れた横山さんは「恭兵はシンザンが好きだったから、きっと走りますよ」と瀬谷オーナーと話をし、それが現実となった。「こんなにいいことがあるなんて。夢のようです」と横山さんは感激で声を震わせた。

 初タイトルを手にし、春はNHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)を最大目標にローテーションが組まれる。出世レースを制したキョウヘイは、多くの人の願いを背負って、さらなる夢に向かって走り続ける。 (山口大輝)

★8日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シンザン記念】ペルシアン、スムーズさ欠き3着2017年01月09日(月) 05:07

 第51回シンザン記念(8日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走15頭)1番人気のペルシアンナイトは3着。中団から4コーナー手前で前を射程圏に入れたものの、直線で前があかず進路を探す形になり、スムーズさを欠いた。最後は内めを通って伸びたものの、外の2頭の切れ味に屈した。

 M・デムーロ騎手は「よく頑張ったけれど、スペースがなかったのが…。この(重)馬場も、この馬には合わなかったから」と悔しげな表情だった。

★8日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シンザン記念】8番人気のキョウヘイが力強い末脚で重賞初V! 2017年01月08日() 15:54

 1月8日の京都11Rで行われた第51回シンザン記念(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3800万円)は、高倉稜騎手騎乗の8番人気キョウヘイ(牡、栗東・宮本博厩舎)が直線で力強く馬群を割って勝利をつかみ取った。タイムは1分37秒6(重)。1馬身差の2着はタイセイスターリー(4番人気)で、さらにハナ差の3着にペルシアンナイト(1番人気)が入った。

 キョウヘイは、父リーチザクラウン、母ショウナンアネーロ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道新ひだか町・本桐牧場の生産馬で、馬主は瀬谷隆雄氏。通算成績は6戦2勝。重賞は初勝利。シンザン記念は、宮本博調教師、高倉稜騎手ともに初勝利。

 ◆高倉稜騎手「他の馬といっしょに出過ぎると力むところがるので、スタートはわざと遅らせる感じで。馬場がしぶくなっていましたし、他の馬も脚が鈍ると思っていたので、ためればいい脚を使ってくれると思っていました。この馬の末脚は気持ちいいですね」

★8日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シンザン記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2017年01月07日() 11:33

 シンザンのことはさすがに詳しくないが、孫のマイシンザンは好きだったのでよく覚えている。超久々でぶち抜けた朝日CCもすごかったが、一番驚いたのはダービーで割と簡単にはね返されてたこと(4着)。距離の壁? うーん。

 1番手はタイセイスターリー

 中間はCWコースが主体。本追い切りは大きく先行していた3歳500万下をさすがの脚力であっさり突き放し、2馬身半先着した。四肢の運びが実にダイナミック。気の悪さものぞかせず、反撃OKのムードだ。

 トラストはCWコースで単走。見た目以上にスピードが出ており、6F80秒6の好タイムを楽な手応えでマークしていた。昨夏あたりと比べると素軽さは二割増し。

 ペルシアンナイトは調整程度に、しまい重点。ラスト1Fで瞬時にギアチェンジし、抜群の加速力をアピールした。好仕上がりだ。(夕刊フジ)

シンザン記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【シンザン記念】スピード全開タイセイスターリー2017年01月07日() 11:32

 No.1厩舎の修正テクを信頼したい。◎タイセイスターリーが14年覇者ミッキーアイルに続く兄弟制覇で初笑いだ。

 京都金杯が好位勢2頭のハナ差ワンツーで決まったように、簡単には前が止まらなかった淀の初日。今週末も開幕週らしい傾向は続きそうで、潜在スピードの優劣が結果に直結する場面を、まずは想定しておきたい。

 タイセイはそうした状況がお似合いだ。7Fのデビュー戦は馬なりの手応えで好位を奪い、3番手から楽に抜け出す文句なしの快勝。軽い芝での速さ比べは、願ってもないシチュエーションといえよう。

 問題は気性面だ。1番人気だった前走・デイリー杯2歳Sは十分に手応えがありながら、道中から外にモタれどおし。伸び切れずに8着と馬群に沈んだ。強さとモロさが同居する現状から、万全とは言い切れないもどかしさが残る。

 しかしそこは昨年、JRA57勝で全国1位に輝いたステーブル。矢作調教師が黙って見ているはずもなく、さっそく調整過程に味つけを加えてきた。前走までの坂路追いから一転し、実戦を想定しながらCWコースで併せ馬を展開。暮れの29日は3頭併せの真ん中で、年明けの4日は2頭併せの内で、それぞれ鮮やかに先着してみせた。

 「前走の敗因は距離ではなくて、気難しさを出してまったく競馬にならなかっただけ。引き続き状態はいいし、能力は十分に通用する。そう思うから、また重賞にぶつけるんです」

 息巻くトレーナーは今年も快調。5日の3歳のOP特別ジュニアC(中山)にはシンザン記念にも登録していたナイトバナレットで挑み、後方から危なげなく、豪快に突き抜けた。期待する新鋭2頭での自信満々の使い分け。Wゲットの初夢が正夢となる。

 “究極の3連単”はタイセイを1着に固定、2・3着にスケール互角の◯ペルシアンナイトを据えた12点だ。(夕刊フジ)

シンザン記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペルシアンナイトの関連コラム

閲覧 960ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は5(木)にG3日刊スポーツ賞中山金杯、G3スポーツニッポン賞京都金杯が、8(日)にG3フェアリーステークス、G3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯はダノンメジャーが先頭で直線コースへ。粘るダノンメジャーですが、残り200m地点でクラリティスカイがこれを捉えて先頭!その直後、外からツクバアズマオーが脚を伸ばして2頭が抜け出す形に!内クラリティスカイ、外ツクバアズマオー、激しい叩き合いとなりましたが、坂を上がってもうひと伸びを見せたツクバアズマオーがゴール前でクラリティスカイを差し切って優勝しました!3/4差の2着にクラリティスカイ、そこから2馬身半差の3着にシャイニープリンスが入っています。
  
公認プロ予想家では馬券生活プロ他8名が的中しています。
 
G3京都金杯はペイシャフェリスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手マイネルハニーペイシャフェリスを交わして先頭、後続は団子状態、各馬追い出しにかかります。残り200m、ここでエアスピネルが先頭に立つとワンテンポ遅れてブラックスピネルが猛追!ゴール前ではクビの上げ下げの接戦となりましたが、わずかにエアスピネルブラックスピネルの追撃を振り切って優勝しました!ハナ差の2着にブラックスピネル、そこから半馬身差の3着にフィエロが入っています。
 
公認プロ予想家ではシムーンプロ他13名が的中しています。
 
G3フェアリーステークスツヅクが先頭で直線へ。直線半ばで逃げるツヅクを交わした1人気アエロリットが先頭に代わって200mを通過、2番手には大外から脚を伸ばすライジングリーズン!残り100mを通過、ここでややアエロリットの脚色が鈍ると外ライジングリーズンが一完歩ごとに差を詰め、ゴール前で差し切って優勝!3/4差の2着にアエロリット、そこからクビ差の3着にモリトシラユリが入っています。
  
公認プロ予想家ではくりーくプロが的中しています。
 
 
G3シンザン記念メイショウソウビが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手グループが一気に押し寄せて中からトラストが先頭、内からはペルシアンナイト、外からは馬体併せるようにマイスタイルタイセイスターリーと4頭が抜け出しての追い比べ!残り100m、ここで道中最後方に位置していたキョウヘイが前を行く4頭の間を割って一気に先頭立つとゴールまで力強く伸びて優勝!豪快な内容で初重賞制覇を飾りました!1馬身差の2着にタイセイスターリー、そこからハナ差の3着にペルシアンナイトが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ☆まんでがんプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(日)京都12Rで◎ストンライティングを1着固定、○ショパンを2、3着に置いた3連単流しで28万1250円を1000円的中!281万2500円の高額払い戻しを達成しました!5(木)中山5Rでも◎マイネルパンドーロポールヴァンドル×トータルソッカーの印で78万7600円を払い戻し!週末トータル回収率536%、収支プラス313万9900円の大爆発週となりました!
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号
7(土)京都12Rで◎スペシャルギフト(23.7倍)○デンコウリキ(83.0倍)の大本線的中!ワイド144倍を4000円、3連複1795倍を300円的中させ、111万4500円を高額払い戻し!8(日)中山7Rでは◎デストリーライズ(57.9倍)からのワイド、3複を的中させ、33万円を払い戻しました!週末トータル回収率293%、収支プラス117万6400円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した8(日)京都2Rで『CW、DP、Bコースとどのコースでも水準以上の時計が出ておりスピードのありそうな馬。鞍上の松山騎手もほぼ毎週のように調教に騎乗しておりこの馬のことはよく分かっている。』と本命に抜擢!複勝4.5倍、ワイド129.3倍、36.8倍を的中させました!同日の中山メイン、G3フェアリーステークスでは単勝36倍の伏兵◎ライジングリーズンの単複、馬連59.9倍、ワイド19.1倍を仕留めました!週末トータル回収率190%、収支プラス4万1440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
今週も1点勝負で安定した成績を残したおかべプロ。7(土)京都7Rで◎ストライクイーグルアースシンフォニーの馬連7.8倍を的中させ、7万8000円を払い戻し!8(日)京都9Rで◎オースミラナキラフミノメモリーのワイドを的中させ、6万2000円を払い戻しました!週末トータル回収率169%、収支プラス11万1790円をマークしています。
 
この他にも霧プロ(135%)、スガダイプロ(116%)、ろいすプロ(115%)、夢月プロ(106%)、サラマッポプロ(103%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
   
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月09日(月) 16:28 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/5〜1/8の結果(中山金杯・シンザン記念)
閲覧 350ビュー コメント 0 ナイス 2

1月5日(木)に行われました中山11Rの「日刊スポーツ賞中山金杯G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】▲ツクバアズマオー(2.8倍)
2着:総合ポイント【8位】△クラリティスカイ(10.9倍)
3着:総合ポイント【1位】◎シャイニープリンス(8.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のツクバアズマオーが1着、第3グループ・総合ポイント8位のクラリティスカイが2着、第1グループ・総合ポイント1位のシャイニープリンスが3着という結果でした。

期待した◎シャイニープリンスは頑張ってくれましたのですが、新年早々馬券下手を披露してしましました、、。しかし勝ったツクバアズマオーは余裕しゃくしゃくの競馬、本当に強かったですね、一皮むけた印象を受けました!(^^)!


【馬単流し(マルチ)】
1

2,3,6,7,8,10

計12点 払い戻し0円




続いて1月8日(日)に行われました京都11Rの「シンザン記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】キョウヘイ(27.4倍)
2着:総合ポイント【4位】△タイセイスターリー(9.9倍)
3着:総合ポイント【1位】○ペルシアンナイト(2.4倍)

第4グループ・総合ポイント8位のキョウヘイが1着、第2グループ・総合ポイント4位のタイセイスターリーが2着、第3グループ・総合ポイント1位のペルシアンナイトが3着という結果でした。

ここ2戦とも厳しい展開だった◎トラストの巻き返しを狙ったのですが、またも先行勢には厳しい流れ、、。次こそは!の気持ちです(+_+)

【馬連ながし】
8

2,3,5,6,7,10,14

【3連複ながし】
8

5

2,3,6,7,10,14

計13点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年01月08日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第238回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜シンザン記念 G3
閲覧 616ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日はシンザン記念G3の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルシアンナイトトラストの2頭。
第2グループ(黄)は、ブラックランナータイセイスターリーの2頭。
第3グループ(薄黄)は、アルアインメイショウソウビの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント2位のトラストブラックランナー間に1.8の溝があるぐらいでその他に大きな差は見られない分布となっています。

私の本命は◎トラストとします。昨日の京都芝は内枠の先行馬有利に完全にシフト。前に行ける馬に相当なアドバンテージが生まれています。◎トラストはここ2戦ともに先行馬にとって厳しい流れを踏ん張って善戦。平坦コースに変わるのもプラスですし、粘り込みに期待したいと思います。

対抗には○ペルシアンナイト、先行タイプはありませんが、今回はデムーロ騎手がある程度出していく可能性もあると見ています。デビュー以来3戦ともに上がり最速、ここまでの競馬内容を見るとこのメンバーでは一枚上の可能性は十分です。以下は前付けできる馬を重視して▲メイショウソウビ、△ブラックランナータイセイスターリーブレイヴバローズマイスタイルアルアインと印を打ちます。

【馬連ながし】
8

2,3,5,6,7,10,14

【3連複ながし】
8

5

2,3,6,7,10,14

計13点

[もっと見る]

2017年01月08日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/シンザン記念 G3(スガダイプロ)
閲覧 705ビュー コメント 0 ナイス 4

 ウマニティ公認プロ予想家チームのエース、スガダイさんが新年早々やってくれました。東西の金杯をダブル的中。重賞以外もヒット連発で、堂々のプラス発進を決めたのです。まさに、さすがの一語。その勢いのまま、日曜日も大暴れしてもらいましょう。本日はシンザン記念の予想を提供してくれました。
 本命はデビュー以来3戦連続で上がり最速の脚を繰り出しているペルシアンナイト。「2勝はともに大楽勝で、唯一の敗戦となったアイビーSは勝ち馬がソウルスターリングと相手が悪すぎた。ここなら力は一枚上」と力が入ります。
 対抗は「前走時計は馬場を考えると優秀で、重賞でも侮れないマイスタイル。単穴は「気性的に難しいものの、重賞でも通用するスピードを持ち、ハナを切れればしぶといメイショウソウビ。ここにトラストを加え、馬券は馬連・3連複ボックスキ┃で勝負します。
 本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年08月22日(月) 13:00 みんなの競馬コラム
【札幌記念他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 685ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の競馬を見てのふり返り、考えたこと等をまとめます。


札幌記念は堀厩舎のワンツーで、勝ったのはネオリアリズムの方でした。
ネオリアリズムの、母系からパワーを受け継いで、上手く言語化できませんが、前脚が伸びない走法は、まさに内回りでこそ活きるもので、望田先生のいう「父中長距離馬×母父スプリンターorマイラー」の配合系らしいものだと思っています。「フワッとした捲り」とも言えるのかなぁ、ドゥラメンテの走りを「フワッと」とは表現できないけれど、キタサンブラックネオリアリズムの走りは「フワッと」感あるじゃないですか?斤量増でも評価していたのは、前走の函館記念でもそうでしたが、重賞の流れでも掛かる、脚力と気力があるということで、それでいて人気が落ちるのであれば、外枠替わりでも狙いは立てられました。折り合ったのには道悪も影響しているんでしょうが本来ルメール騎手は、こういった馬をなだめるのが抜群に巧い…。

モーリスが出るときにいつも思うのは、望田先生のマイラーについての考察です。

----------

(内回りコースだった桜花賞でシーザリオは)スタートそのものはよかったものの、2角までのダッシュでマイラーのラインクラフトデアリングハートに少し見劣ったために、外からデアリングハートに斜めに寄ってこられたときにズルッと後退

「ミルコ!ミルコ!ミルコ〜!と叫んだけど前に入ってきやがった…」

福永祐一の代打で手綱をとった吉田稔が悔やんでも悔やみきれない2角の入り、あそこが明暗を分けたレースで、そこからはラインクラフトの後を追うように完ぺきに捌いて、内回りの短い直線を猛然と差してきましたがクビ差届かなかったところがゴールでした

今にして思えば、あのトリッキーなおむすびコースのマイル戦における数完歩のダッシュの違い、これこそがマイラーと中距離馬の違いというべきで、ラインクラフトは勝つべくして勝ったし、シーザリオは負けるべくして負けたというべきかもしれない

---------

視覚的、感覚的なものですがタイキシャトルダイワメジャーを知らない僕からすると、モーリスの走りを見ていると、「あぁ、トーセンラーヴィルシーナはマイラーではないな」ということを思い知らされます。
だからモーリスも、能力でGIIならばこなすかもしれないけれど、史上最高レベルに層の厚い現在の日本競馬で、天皇賞(秋)制覇、すなわち良く言われている「中距離制圧」というのは難しいのではないかと思っています。それでも、個人的に今日の走りを見て、天皇賞で無印にはできないなと感じました。

レインボーラインは、シンザン記念時からかなり注目していた馬で、「神戸新聞杯で◎を打ちたい」と思ってきました。ノーザンテースト≒Vice Regent4×4・5(Northern DancerとVictorianaが共通)とAlycidonでノーザンテーストを増幅しているのがポイントでしょう。今日は+10キロ、なかなか父産駒らしい成長をみせていますし、菊でも要警戒。

ヌーヴォレコルトは走ってはいるんですが、牡馬相手への限界をみたような気もしますね〜。重い馬場がダメなことはないのでしょうが、古馬牡馬相手となると分が悪いのかもしれません。BCフィリー&メアターフは枠順と相手関係次第でしょう。

ヤマカツエースは、Kingmambo≒Ameriflora2×2ですから、一気に母父(グラスワンダー)のように、宝塚・有馬で勝負になる馬になるかなとも思っていましたが、現状はこのあたりが限界かというところ(十分なんですけどね)。

ダービーフィズはジャンポケ×マンカフェ(=マンハッタンフィズ)で今日みたいな我慢比べには強いですから、これくらいは走ってきて当然、ロジチャリスは出遅れてしまいましたが、想像以上にダメジャ×ロックオブジブラルタルという字面以上に綺麗なフォームで走る馬で、これはやっぱりBlushing Groomの影響なんでしょうかね、意外と東京の方が合うのかも。


北九州記念は、バクシンテイオーベルカントサクラバクシンオー産駒のワンツーでした。小倉1200mはサクラバクシンオー産駒が強いことで有名ですが、その原因はやはり父サクラユタカオー、曾祖父Princely Giftではないかと思います。サクラユタカオーはNasrullah3×4で、母系に入るととしては柔らかさ≒怠慢さを伝えることがあり、Princely Giftは前脚主導の走りをするので下り坂が得意であると考えられています。これは、下り坂のある京都外回りの長丁場、菊花賞や天皇賞(春)でPrincely Giftを持つステイゴールドサッカーボーイが強く、ハーツクライが勝ち切れないということとも無関係ではないでしょう…と色々考える結果となりました。


●名繁殖イソノスワロー
土曜新潟1Rでは、ハーツクライ産駒のハートオブスワローが2戦目で初勝利を挙げました。母イソノスワローは、オークス馬イソノルーブルの娘で非常に優秀な繁殖牝馬です。イソノルーブルのナスキロ(NasrullahとPrincequillo)とFlaming Page≒Tom Foolを、デヒアの母Sister Dotで増幅させていることがポイントでしょう。ナスキロとTom Foolというのはどちらも非常に日本向きの血です。マイネルラヴを付けてもトラストワンを、アドマイヤマックスを付けてもモンストールを、スウェプトオーヴァーヴォードを付けてもラーストチカを、そしてハーツクライを付けてもハートオブスワローを輩出するのですから本当に素晴らしいです。オークス路線に乗ってきてもおかしくないのではと思っています。

●名牝系のマンカフェ×Storm Cat
土曜札幌5R(芝1500m)を制したのはマンハッタンカフェ産駒のレッドアンシェルでした。レッドジゼルレッドアルティスタの弟で、母スタイルリスティックはNathaniel(キングジョージ)=Great Heavens(愛オークス)の妹という良血馬。マンハッタンカフェ×Storm CatでRibot系のクロス(Tom Rolfe6×5)というのはショウナンマイティと同じ。前脚の可動域の小さいフォーム(今回は道悪だったために走法を変えていただけかもしれない)はRibotの影響に因るものと考えられます。ヒルノマテーラのようなイメージで、内回りでの一変を狙いたいタイプです。良馬場での走りを見てみないと何とも言えない感じではあります。

●重厚なディープ牡馬
日曜札幌5R(芝1800m)の新馬を制したのはディープインパクト産駒のディープウォーリアでした。Busted4×6・4という重厚な配合で、ディープ産駒の2歳でも気にしていた1頭。こういう欧血ベースの重厚な配合は牡馬の方が結果が出やすいのでしょう。母父デザートキングは1997年の愛2冠馬で、これも母系に流れるBusted→Bustinoの重厚なスピードで距離をこなしたのだろうと思われますが、デインヒル×Nureyevという配合で、こういうノーザンダンサー系のパワーを取り込むのはディープ産駒の必須条件。走りを見ても重厚で、クラシックは厳しいとは思いますが、長い目で見ていきたい馬です。

●ハービンジャーとしてはまずまずの配合
日曜小倉5R(芝1800m)を制したのはハービンジャー産駒のペルシアンナイトガーネットチャームファシーノオリエントワークスの半弟で、叔父にゴールドアリュールゴールスキーがいるニキーヤから広がる追分Fの牝系。ハービンジャー産駒は、Le FabuleuxかShareef Dancerをいじった配合で活躍馬が出ていますが、本馬は後者。ニキーヤの母、つまり本馬の3代母がNorthern Dancerとナスキロ(NasrullahとPrincequillo)とSickleを持っているので、ここがShareef Dancerと脈絡します。また、Flower Bowl≒Aureole6・7×7(HyperionとDonatelloとSon-in-Law)という底力のある重要血脈を継続交配しているのも魅力です。




【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

ペルシアンナイトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 42ビュー コメント 8 ナイス 17

2018年度重賞の一番人気の連対率:86%。複勝率:100%

訂正2017年です(-_-;)

もう目をつぶって一番人気を買うべし!!

月日  レース  1番人気  着順
1月5日 中山金杯 ツクバアズマオー 1
1月5日 京都金杯 エアスピネル 1
1月8日 フェアリーステークス アエロリット 2
1月8日 シンザン記念 ペルシアンナイト 3
1月15日 京成杯 コマノインパルス 1
1月16日 愛知杯 マキシマムドパリ 1
1月17日 日経新春杯 ミッキーロケット 1

 ムーンホーセズネック 2017年01月10日(火) 23:20
競馬検討 京成杯 2
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 18

京成杯

各馬のレースを見て

オダギリジョー マイネルスフェーン、レイデオロの対戦ライン(´-`).。oO

アダマンティン 厳しいか

アダムバローズ 瞬発力、スピード不足?

イブキ 典型的な一瞬の瞬発力タイプ

ウインガナドル 典型的な逃げ馬

オールザゴー 決め手に欠く

ガンサリュート 成長はしているが?カデナ、リスグラシュー、ペルシアンナイトの対戦ライン

コマノインパルス 力は本物か

サーベラージュ 力は秘めて

サンティール ちょい差しタイプ

ジュニエーブル 現状は力差あり

ニシノアモーレ 成長次第か

バリングラ 距離延長はプラスも

ベストリゾート 力差あるが圏内

マイネルスフェーン 十分勝負になる

ポポカテペトル 先行脚質

メリオラ 先行脚質

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年01月09日(月) 18:08
シンザン記念・フェアリーS・淀短距離S・ポルックス
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 2

☆シンザン記念の感想☆
1着キョウヘイ
重賞とはいえ実質500万下のようなメンバー構成、時計のかかる馬場などで人気薄の馬にもチャンスあったんでしょうけど、まさかこの馬が勝つなんて思わなかったんで、お前誰や〜〜〜と驚きました。
後方からメンバー中最速の上がり3F36.7で勝ちましたが、展開の恩恵を最大限に受けたんで騎手の作戦勝ちって部分も大きいけど、馬が時計のかかる馬場に適性あったのも大きかったですね。
父リーチザクラウン、母父ダンスインザダークでサンデーサイレンスの3✕3とサンデーの血が濃い配合ですが、これからどんな馬になっていくのか楽しみです。

2着タイセイスターリー
気難しい面を見せたり、ずっと外を回らされたりでしたが、後方から伸びてきて突き抜けるかな?と思ったけど2着。
ミッキーアイルの半弟という良血馬なんで、今後どれだけ強くなるか楽しみです。

3着ペルシアンナイト
際どい2・3着争いでの3着なんで頑張ってるけど、良馬場の方がいいのかもですね。

4着トラスト
先行勢には苦しい展開で4着なんで頑張りましたが、持ち味が出しやすい展開・馬場だったんで、ここで勝ち負けできなかったのは痛いかも?

☆シンザン記念 馬券結果☆
日曜日は朝方まで起きてて、そこから寝たのでブログに予想更新するだけでもギリギリだったし、まだ眠かったんで実際の馬券は買わずにうとうとしながらTV見てました。

ブログ予想の単勝7・10はハズレ。
収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆フェアリーSの感想☆
1着ライジングリーズン
ずっと外を回ってコースロスはけっこうあったけど、先行勢には苦しい流れになったのもあって、中団付近でじっくり競馬してたのがよかったかも。
中山1600mで2勝ですが、ブラックタイド産駒はタフな競馬が得意な印象あるんで中山向いてるのかな。

2着アエロリット
3ヶ月ぶりで+10kgだったし、先行馬には辛い流れを前めで競馬してたんで、2着に負けたけど内容的には出走馬の中で1番よかったです。
もしかしたら、距離は1400m以下の方がいいかもしれませんけど、どうなんでしょうね。

☆フェアリーS 馬券結果☆
このレースも実際の馬券は買ってませんがブログ予想の単勝アエロリットはハズレ・・・。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆淀短距離Sの感想☆
1着セイウンコウセイ
このレースは緩い流れで先行勢が勝ちやすいレースですが、今年も前半3F34.1 後半3F33.9という先行馬に楽な流れになったんで、2番手で競馬できたのはおいしかったかな。
1200mで2戦2勝、4歳など、今後楽しみな馬ですね。

2着セカンドテーブル
セイウンコウセイのすぐ後ろでいいポジションにいたけど2着でした。
負けたけど、1200mのOP特別に限定すれば(1.2.3.0)と安定感抜群ですね。

11着トウショウピスト
出遅れ、外回るロスなどありましたけど、ちょっとOPでは能力的に足りないのかな?
血統的にはもっと上でやってほしい馬なんで頑張ってほしいです。

☆淀短距離S 馬券結果☆
ブログ予想は、単勝13 馬連12−13 ワイド12−13でしたが、競馬場にいて馬券どうでもいいかな〜って気分になってたんで、ワイド12−13だけを買いましたがハズレ・・・。

ブログ収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ポルックスSの感想☆
1着ドリームキラリ
タフな競馬だったんで最後は捕まりそうになってたけど、自分のスタイルを貫いて逃げて最後までよく頑張りました。

5着バスタータイプ
久々で+12kgで過去最高馬体重とはいえ、このメンバー相手に0.6差の5着か〜。
ここ使った後の次走以降でどこまでパフォーマンス上げてこれるかな。
潜在能力は高いと思うんで頑張ってほしいです。

☆ポルックスS 馬券結果☆
ブログ予想は、バスタータイプの単勝でしたが、競馬場のモニターに+12kgとか3番人気とか見えたんで、これは買ってもうま味ないかも?ってことで実際の馬券は買いませんでした。

ブログ収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今日は、成人の日で全国各地で成人式がありましたね〜。

荒れる成人式とかで迷惑かけてる成人も毎年いたりしますが、20歳でそんな落ち着きのない気性はかなり深刻なんで、

騸馬のように去勢する騸人式もやりましょう!

[もっと見る]

ペルシアンナイトの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ペルシアンナイトの写真

ペルシアンナイト

ペルシアンナイトの厩舎情報 VIP

2017年1月8日日刊スポシンザン記念 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ペルシアンナイトの取材メモ VIP

2017年1月8日 日刊スポシンザン記念 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。