会員登録はこちら
中山記念 G2   日程:2018年2月25日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

中山記念 G2

2018年2月25日() 中山/芝1800m/10頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 5

ウインブライト

牡4 56.0 松岡正海  畠山吉宏 474(-6) 1.47.6 5.3 2
2 8 10

アエロリット

牝4 55.0 横山典弘  菊沢隆徳 504(+18) 1.47.6 クビ 7.4 5
3 7 8

マルターズアポジー

牡6 56.0 柴田善臣  堀井雅広 528(+6) 1.47.6 アタマ 14.1 6
ラップタイム 12.8-11.7-11.7-11.5-11.5-11.8-12.2-11.9-12.5
前半 12.8-24.5-36.2-47.7-59.2
後半 59.9-48.4-36.6-24.4-12.5

■払戻金

単勝 5 530円 2番人気
複勝 5 190円 2番人気
10 270円 5番人気
8 460円 7番人気
枠連 5-8 1,880円 7番人気
馬連 5-10 1,980円 9番人気
ワイド 5-10 730円 8番人気
5-8 1,380円 17番人気
8-10 1,710円 21番人気
馬単 5-10 3,830円 14番人気
3連複 5-8-10 8,640円 32番人気
3連単 5-10-8 41,500円 143番人気

中山記念のニュース&コラム

【古馬次走報】ヴィブロス、ドバイターフ連覇を目指す
 ★中山記念8着ヴィブロス(栗・友道、牝5)は、予定通りにドバイターフ(3月31日、メイダン、GI、芝1800メートル)連覇を目指す。「中山記念は休み明けのせいか、全然、走っていなかった。馬はケロッとしているし、次に期待します」と友道調教師。5着ペルシアンナイト(栗・池江、牡4)は、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。★ヴィブロスの競走成績はこちら
2018年2月28日(水) 05:02

 367

【次は買い】中山記念2着アエロリット
★中山記念・5番人気2着 《レース》4カ月半ぶりで18キロ増。成長分を見込んでも多少余裕残しに映った。直線での反応が鈍く追い比べから遅れかかったが、ゴール前でしぶとく盛り返した。 《次走ポイント》「右回りだと反応するまでにロスがある。勝ち馬にかぶされて終わりかと思ったら、またファイトした。牝馬らしからぬ根性だね」と菊沢調教師。器用さに欠けるだけにベストは東京。次走のヴィクトリアマイル(5月13日、GI、芝1600メートル)も好勝負必至だ。(夕刊フジ)★25日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら
2018年2月26日(月) 11:34

 584

【中山記念】ブライト中山千八の鬼!松岡14年連続重賞V
 第92回中山記念(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走10頭)松岡正海騎乗で2番人気のウインブライトが4番手追走から長く脚を使って3度目の重賞V。中山芝1800メートルは3戦全勝となった。次走は優先出走権を獲得した大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。タイム1分47秒6(良)。松岡騎手は14年連続の重賞勝ち。クビ差2着は5番人気アエロリットで、1番人気ペルシアンナイトは5着に終わった。 ジョッキーと厩舎が大事に育ててきた素質馬が、ひとあし早く開花の時を迎えた。GI馬3頭など10頭中8頭が重賞ウイナーの豪華レースを制したのは2番人気のウインブライト。3つ目の重賞タイトルを手土産に、堂々とGI戦線に名乗りを上げた。 「スタートが良かったし、折り合いも完璧。デキも良かったから、自信を持って乗りました」 14年連続重賞勝利の松岡騎手が、誇らしげに愛馬の走りをたたえた。マルターズアポジーとアエロリットが後続を離して先行。離れた4番手に位置した。前の馬がしぶとく、ペルシアンナイトなど後続の末脚も警戒しなければならない。仕掛けどころは難しかったが、相棒の力を信じて3コーナー過ぎから差を詰め始める。直線で後続の脚いろを確認してゴーサイン。ゴール前できっちりと先行勢をとらえた。 「瞬発力というより長く脚を使うし、アエロリットを目標に、あれを捕らえればと思っていた」と会心の騎乗に笑み。左手の力強いガッツポーズに充実感が漂っていた。 「緩さがあるのに重賞も勝ってクラシックに行った馬。前走は抜け出してソラを使う(気を抜く)ところもあったけど、その点も進歩して、本当に力をつけていますね」 畠山調教師も成長ぶりに目を細める。1週前追い切りの反動が出て、当週は単走の追い切り。それでも「1週間の中で疲れを取り切れたし、明らかに以前より良くなっています」。体力面の進化が、成績にも表れた。 GI馬たちを打ち破って、次なる目標はもちろん大阪杯。「今回出ていない馬たちもいますが、ブライトもまだ伸びしろがある」と調教師が期待を口にすれば、「2歳のときから、“この馬でGIを取りたい”と思ってきた。頑張りたい」と主戦も気合が入る。陣営が一丸となって育んできたウインブライトの素質。その本領を、いよいよGIの大舞台で発揮する。 (柴田章利)★25日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちらウインブライト 父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーン。芦毛の牡4歳。美浦・畠山吉宏厩舎所属。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績12戦5勝。獲得賞金1億9515万8000円。重賞は2017年GIIフジテレビ賞スプリングS、GIII福島記念に次いで3勝目。中山記念は畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+輝かしい」
2018年2月26日(月) 05:10

 950

【中山記念】アエロリット、魅せた闘魂走2着
 第92回中山記念(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走10頭)5番人気のアエロリットは、2番手につけて3番手以下を離す形。特殊な縦長の展開だったが、最後までしぶとく伸びてマルターズアポジーをかわし、クビ差2着と奮闘した。「イメージ通りの競馬はできました。左回りと右回りでは、動かすときの反応に差がある。でも、勝った馬にかぶされてからも牝馬らしからぬファイトを見せてくれました」と菊沢調教師は愛馬をたたえた。ヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)に直行する予定だ。★25日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら
2018年2月26日(月) 05:09

 595

中山記念のニュースをもっと見る >

【中山記念】友道師「上に成長」ヴィブロス万全
 春開幕、「第92回中山記念」に’17最優秀4歳以上牝馬ヴィブロスが出走する。連覇を狙うドバイターフ(3月31日、メイダン、GI、芝1800メートル)へのステップ戦となるが、JRA賞受賞馬として無様なレースはもちろんできない。さらなる高みを目指す友道康夫調教師(54)に胸の内を聞いた。 --ドバイへのステップ戦だが、仕上がりはバッチリ。21日は坂路馬なりで4F54秒7、ラスト1F12秒6 友道康夫調教師「4F55秒くらいを予定していたので、ちょうどいい追い切りができた」 --先週15日はCWコース3頭併せで、6F80秒9、ラスト1F11秒7と一杯に追われている 「先週が実質的な追い切り。そこでしっかりやっているので、今週はこれでいいんだ。いつもの感じだね」 --前走のエリザベス女王杯は府中牝馬S2着から臨んだが5着。1番人気を裏切った 「調整に失敗してしまった。1週前にジョッキーが乗って追ってもらうところを、レース週にジョッキーが乗って、時計が速くなった。その時点でスイッチが入ってしまったのが敗因だろう。女王杯はうるさかった」 --昨年の中山記念は5着 「去年は、古馬と初めての手合わせだったからね。1年経って心身ともに成長したし、実績も積んできているから」 --具体的にどのあたりが成長したか 「姉(ヴィルシーナ)は幅があったけど、この馬は上に大きくなってきた。それに気性面が成長して、落ち着きが出てきている。この血統は本当に成長力があるね」 --もちろんドバイターフ連覇が一番の目標だが、ここでも 「態勢はしっかり整っているから、自信を持って送り出せるよ」(夕刊フジ)★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月22日(木) 11:41

 1,332

【中山記念】厩舎の話
 アエロリット・菊沢調教師「精神的にドッシリして力強さが出た。強い牡馬を相手にどこまで」 ウインブライト・畠山調教師「いい動きをした先週の反動が出たので今週は単走。舞台は合う」 サクラアンプルール・金成調教師「特段強調するところはないが、いつものデキだ」 ショウナンバッハ・上原調教師「時計が出たのは状態がいい証拠。流れに応じた競馬で」 ディサイファ・小島太調教師「9歳だけど、最近では一番のデキ。この距離もベスト」 ペルシアンナイト・池江調教師「マイルCSはおつりを残した仕上げ。久々だけど、昨秋の富士Sより仕上がりはいい」 マイネルサージュ・鹿戸調教師「調子は本当にいい。前走のようにためて行けば脚を使える」 マイネルハニー・栗田博調教師「好状態をキープ。1F短縮、コーナー4つは歓迎だ」 マルターズアポジー・柴田善騎手「先週より身のこなしがスムーズに。スタミナもありそうだ」★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月22日(木) 11:40

 1,770

【中山記念】マイル王ペルシアン、サラッとキレッキレ
 中山記念の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。栗東では昨秋のマイルCSで17年ぶりとなる3歳馬Vを飾ったペルシアンナイトが、CWコースの併せ馬で上々の動きを披露。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』となった。美浦では坂路で一番時計をマークしたショウナンバッハが調教評価『S』だ。 春の始動戦から、アクセル全開だ。昨年、3歳馬として17年ぶりにマイルCSを制したペルシアンナイトが、M・デムーロ騎手を背にCWコースで伸びのある動きを披露した。動きを見届けた池江調教師の口調も滑らかだ。 「ラスト1ハロンから併せて馬なりでサラッとやったけど、動きはよかったね。順調に乗り込めているし(休み明けの)富士S(5着)よりもいい」 僚馬トゥザクラウン(1000万下)を追いかける形でスタート。直線で内に切り替えると、大きなストライドで差を詰める。最後まで手綱はガッチリと抑えられたままで、6ハロン84秒7、3ハロン37秒9-12秒2。馬なりで併入した。鞍上も「いい感じでしたね」。先週もCWコースでラスト1ハロン11秒3(6ハロン82秒1)としっかり負荷をかけており、態勢は整った。 前走のマイルCSでは大外枠((18)番)から序盤は内に潜り込んで末脚温存。直線で外に持ち出されると、矢のように伸びて差し切った。今回はその切れ味を1800メートルでも発揮できるかが鍵となる。 中山記念3連覇がかかるM・デムーロ騎手は「1800メートルは問題ない。負けたくない気持ちが強い馬だし、いい脚もある。ペース次第でいろんな競馬もできる」と自信を見せる。 「マイルの切れ味が中距離だと影を潜めるので、(末脚を)使えるようになれば。(マイルと中距離のGIで)2階級制覇してほしいね」と話すトレーナー。“中距離でも切れる馬”になるための、試金石となる1800メートル戦。目標は春の中距離王を決める大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)。2階級制覇への足がかりを、しっかりとつかみたい。 (長田良三)★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月22日(木) 05:08

 1,770

【中山記念】ラストランのディサイファ&小島太師「最近では一番」
 調教師ともどもラストランになるディサイファは、坂路で田中勝騎手が騎乗して4ハロン51秒9-12秒3。併せたサンマルデューク(OP)が一杯になるところを、直線で仕掛けただけで併入した。9歳馬とは思えない軽快な動きに、田中勝騎手は「反応もよかったし、体の張りもいいよ」と好感触。小島太調教師も「まだまだやれそうな感じ。自分も馬もここが最後と決めていたし、何も言うことない。最近では一番いい状態で臨める」と、ラスト重賞に手応えを感じていた。★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月22日(木) 05:07

 1,461

中山記念の直前追い切り情報をもっと見る >

中山記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月25日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv107 

41,500円
41,500円
290,500円
Lv106 

1,980円
530円
25,100円
Lv103 
270円 270円
Lv103 
1,380円 45,540円
Lv102 
530円 10,600円

的中情報をもっと見る >

中山記念過去10年の結果

2017年2月26日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年2月28日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2015年3月1日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

近年はドバイ、香港、および大阪杯へと向かう実績馬の始動戦としての位置付けが強まっており、前走G1出走馬(海外を含む)が2008年以降7勝、2着3回、3着2回。2013年以降は5連勝中である。前走着順は問わず、2013年ナカヤマナイトは有馬記念7着、2017年ネオリアリズムは香港マイル9着からの臨戦だった。一方、前走非G1組では2012年1着フェデラリスト(中山芝2戦2勝)、2017年2着サクラアンプルール(同4戦3勝)など中山巧者が活躍している。また、カンパニー(2008年、2009年連覇)、シルポート(2012年2着、2013年3着)、ロゴタイプ(2014年3着、2015年2着、2017年3着)など、リピーターの活躍も目立つレースでもある。舞台となる中山芝1800mは、直線の急坂途中にゲートが置かれるため前半のペースが速くなりにくく、また小回りのコーナーを4度回るとあって枠順、脚質によるバイアスが発生しやすい設計となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山記念の歴史と概要


2011年の優勝馬ヴィクトワールピサ

国内外のビッグレースのステップとして一線級が多く参戦する注目度抜群のG2。古くはハイセイコーやクシロキングなど、往年の名馬が勝利を収めている。第69回(1995年)の覇者フジヤマケンザンは、同年の暮れに香港国際カップに勝ち、日本馬による36年ぶりの海外重賞制覇を達成。第70回(1996年)を制したサクラローレルは、次走の天皇賞(春)で3冠馬のナリタブライアンを撃破してみせた。第82~83回(2008~2009年)はカンパニーが連覇を達成。第85回(2011年)の勝ち馬ヴィクトワールピサは、後日訪れる東日本大震災で日本中が悲しみにくれるなか、次走のドバイワールドカップを制して希望の光を日本に届けた。

歴史と概要をもっと見る >

中山記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る