サクラローレル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栃栗毛 1991年5月8日生
調教師小島太(美浦)
馬主株式会社 さくらコマース
生産者谷岡牧場
生産地静内町
戦績22戦[9-5-4-4]
総賞金62,699万円
収得賞金13,950万円
英字表記Sakura Laurel
血統 Rainbow Quest
血統 ][ 産駒 ]
Blushing Groom
I Will Follow
ローラローラ
血統 ][ 産駒 ]
Saint Cyrien
Bold Lady
兄弟 サクラフューチャーサクラテンシ
前走 1997/09/14 フォア賞 G3
次走予定

サクラローレルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
97/09/14 フラ   フォア賞 G3 芝2400 8--------8** 牡6 58.0 武豊小島太--0000 ------ヨコハマ
97/04/27 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 16482.112** 牡6 58.0 横山典弘小島太488(-14)3.14.6 0.235.0⑧⑧マヤノトップガン
96/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14462.211** 牡5 56.0 横山典弘境勝太郎502(+6)2.33.8 -0.436.5⑥⑥⑥④マーベラスサンデー
96/10/27 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 178162.513** 牡5 58.0 横山典弘境勝太郎496(+4)1.58.9 0.234.1⑫⑫⑩バブルガムフェロー
96/09/15 中山 11 オールカマー G2 芝2200 9891.921** 牡5 59.0 横山典弘境勝太郎492(+8)2.16.7 -0.436.6⑦⑦④④ファッションショー
96/04/21 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 161114.531** 牡5 58.0 横山典弘境勝太郎484(-12)3.17.8 -0.434.7⑨⑨⑨⑤ナリタブライアン
96/03/10 中山 11 中山記念 G2 芝1800 153519.591** 牡5 57.0 横山典弘境勝太郎496(+6)1.47.2 -0.334.8⑬⑬⑭⑧ジェニュイン
95/02/19 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 12441.512** 牡4 56.5 小島太境勝太郎490(0)2.31.2 0.135.9⑥④ハギノリアルキング
95/01/05 中山 11 日刊スポ金杯 G3 芝2000 166114.921** 牡4 55.0 小島太境勝太郎490(+4)2.00.5 -0.436.4⑨⑨⑪ゴールデンアイ
94/12/18 中山 9 冬至S 1500万下 芝2500 14814--11** 牡3 56.0 小島太境勝太郎486(-2)2.33.5 -0.335.1⑤④ハヤテマジシャン
94/11/20 京都 7 比良山特別 900万下 芝2200 711--11** 牡3 55.0 小島太境勝太郎488(0)2.14.1 -0.334.4④④メジロスズマル
94/10/30 東京 8 秋興特別 900万下 芝2000 1066--12** 牡3 55.0 小島太境勝太郎488(-2)2.01.5 0.134.1⑤④ブランドミッシェル
94/10/15 東京 10 六社特別 900万下 芝1800 966--12** 牡3 56.0 小島太境勝太郎490(+6)1.47.5 0.334.5バースルート
94/09/25 中山 11 セントライト G2 芝2200 1179--28** 牡3 56.0 的場均境勝太郎484(-6)2.17.0 1.136.9⑤⑤⑦⑥ウインドフィールズ
94/09/04 新潟 10 佐渡S 900万下 芝2000 955--23** 牡3 56.0 小島太境勝太郎490(+10)2.01.3 0.636.0⑤⑤⑥⑥ダイゴウソウル
94/04/30 東京 11 青葉賞 G3 芝2400 1759--33** 牡3 56.0 小島太境勝太郎480(0)2.28.9 0.135.0⑩⑩⑦⑫エアダブリン
94/03/26 中山 8 3歳500万下 ダ1800 1077--11** 牡3 55.0 小島太境勝太郎480(0)1.53.9 -0.437.7⑦⑦④キャンドルタイム
94/03/06 中山 3 3歳500万下 ダ1800 733--22** 牡3 55.0 O.ペスリ境勝太郎480(0)1.54.1 0.138.7タイキブリザード
94/02/19 東京 9 春菜賞 500万下 芝1600 12710--46** 牡3 55.0 小島太境勝太郎480(0)1.35.9 0.435.7⑥⑥インディードスルー
94/01/30 東京 2 3歳未勝利 ダ1400 1446--11** 牡3 55.0 小島太境勝太郎480(0)1.26.6 -0.537.1⑤⑤シクレノンヴォルク

⇒もっと見る


サクラローレルの関連ニュース

 1996年に天皇賞・春、有馬記念を制して年度代表馬に輝いたサクラローレル(牡22)が30日、函館競馬場でお披露目された。現在は北海道新ひだか町の新和牧場で繋養されており、同牧場の谷岡毅代表は「今年で22歳になりましたが、まだまだ元気で頑張っております。サクラローレルに会いに、牧場へお越しいただければ幸いです」と話した。

悲しみの雨…境勝太郎さん通夜 2009年4月15日(水) 05:01

 12日に心筋梗塞(こうそく)のため89歳で死去した元JRA調教師の境勝太郎(さかい・かつたろう)さんの通夜が、14日午後6時から美浦トレーニングセンター厚生会館分館で行われた。

 強い雨が降りつけて肌寒い中、サクラローレルの主戦だった横山典弘騎手や騎手クラブ会長の柴田善臣蛯名正義騎手ほか調教師、厩舎関係者ら約300人の弔問客が駆け付けた。

 サクラローレルで96年の天皇賞・春と有馬記念を優勝した横山典騎手は「眠るように亡くなったと、境征勝先生からお聞きしました。とても安らかなお顔で、苦しまずに行けたのではないでしょうか」と、しんみりと語った。故人の思い出については、「僕には厳しく、また優しくもありました。天皇賞・秋(96年サクラローレル3着)でミスをしたときも、今ならクビ(乗り替わり)になってもおかしくないのに有馬記念(同〔1〕着)にも乗せてくれたりと、とても義理人情の厚い方でした。今はただ、安らかにお眠りくださいとしか言えません」と偲んだ。

 告別式は15日午後12時から同所で。喪主は、JRA調教師で長男、征勝(まさかつ)氏。

[もっと見る]

「サクラ」育てた境勝太郎元調教師が死去 2009年4月13日(月) 05:02

 96年の年度代表馬サクラローレルスプリンターズSを連覇(93、94年)したサクラバクシンオーなどを管理した中央競馬の境勝太郎(さかい・かつたろう)元調教師が12日午前4時54分、心筋梗塞(こうそく)のため入院先の東京医科大学茨城医療センターで死去した。89歳だった。

 境さんは20年北海道生まれで、36年に騎手デビュー。騎手時代には50年の桜花賞(トサミツル)を制するなど活躍。桜花賞当日に桜に見送られて旅立った。66年には調教師免許を取得し開業。73年にキョウエイグリーンでスプリンターズSを勝ち、重賞初制覇、79年の天皇賞・秋をスリージャイアンツで優勝した。

 グレード制が導入された84年以降は、88年日本ダービーサクラチヨノオー)、96年天皇賞・春、有馬記念(ともにサクラローレル)など“サクラ”の馬で多くのタイトルを獲得。97年2月末の定年引退まで5202戦656勝で重賞は53勝を挙げた。美浦の境征勝調教師は長男。

 通夜は14日午後6時、告別式は15日午後12時、いずれも美浦トレーニングセンター厚生会館分館で。喪主は征勝(まさかつ)氏。

[もっと見る]

サクラローレルの関連コラム

関連コラムはありません。

サクラローレルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 2

━Business Journal > ギャンブルジャーナル >2016.07.01 http://biz-journal.jp/gj/2016/07/post_749.html

 30日朝、1997年の宝塚記念など重賞を6勝したマーベラスサンデーが、老衰のため北海道新ひだか町のけい養先で死んだことが発表された。24歳の大往生である。

 中央競馬が史上最高の4兆円を記録した1997年、「3強」の一角として活躍したのがマーベラスサンデーだった。マヤノトップガン、サクラローレルという圧倒的な自力を持つG1ホースに肉迫する存在として、そして当時全盛に差し掛かった武豊騎手と合わせて大きな人気を集めた。

 3歳(現2歳)から素質馬として期待されたが、右膝の骨折、疝痛による命の危機、4歳2月からデビュー2連勝を飾るもまたも骨折、菊花賞を目指す過程でさらに骨折と、順調とは程遠い状況下でクラシック戦線に顔を出すことはできなかった。

 復帰は5歳の4月。緒戦こそ4着に敗れるも、その後サンデーサイレンス譲りの強烈な末脚で6連勝を飾る。その内4連勝はエプソムC、札幌記念、朝日チャレンジC、京都大賞典と重賞ということで、一躍「5歳最大の上がり馬」として注目を集めるようになる。

 初のG1挑戦となった天皇賞・秋はバブルガムフェローの4着。道中もたつきっぱなしだったサクラローレルにも差されての敗戦とあって、まだ実力が一枚足りないことを痛感させられるものだった。続く有馬記念でも危なげないレースを見せるも、またもサクラローレルに差されて2着。2馬身以上を突き放された完敗であった。

 6歳、緒戦の大阪杯を完勝し、迎えた天皇賞・春。常に後塵を拝したサクラローレルと、一昨年の年度代表馬でG1競走3勝のマヤノトップガン、そしてマーベラスサンデーが3強を形成。道中を順調に進み捲りながら進出した同馬は、最後の直線で向こう上面の時点から上がっていったサクラローレルと激しい叩き合いを演じる。2頭が後続を突き放し、どちらが勝利するのかに観衆は息を呑んだ。


▶▶▶まさかの「末脚」、そして初戴冠

 しかし、最終的には自分のレースに徹し、大外後方から信じられない末脚を繰り出して2頭をなで斬りにしたマヤノトップガンがレコード勝利を収めた。サクラローレルが2着、マーベラスサンデーが3着。3強が自身の持てる力を余すところなく発揮した名勝負として、この天皇賞は90年代でも屈指の名勝負として語り継がれている。

 続く宝塚記念には憎きマヤノトップガンもサクラローレルもいない中、バブルガムフェローをクビ差制してG1初勝利。この勝利は同馬の能力と同時に、これまで負かされてきたライバルたちがいかに強いのかを示すこととなった。

 この後またも骨折し、ラストランは休養明けの有馬記念となった。1番人気で迎えたレースでは、その年の天皇賞を制したエアグルーヴに先着を果たすも、生涯最高の末脚を繰り出したシルクジャスティスに屈し2着。最後までG1競走の上位を確保しながら競走生活に幕を閉じた。

 種牡馬となった後は、G1ホースこそ輩出できなかったものの、地方中央を問わず重賞ウィナーや勝ち上がりを継続。自身の安定感を産駒にもしっかりと伝えていた印象である。

 まさに「競馬全盛」の時代、すべてのレースで手綱を取り、稀代のスターとなった武豊騎手とともに競馬界に確かな記憶を刻んだマーベラスサンデー。ハイレベルな時代を駆け抜けた勇姿は今後も語り継がれることだろう。安らかに。

サクラローレルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サクラローレルの写真

投稿写真はありません。

サクラローレルの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

サクラローレルの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。