京王杯スプリングカップ2017

2017年5月13日(

京王杯スプリングカップ G2

東京競馬場/芝/1400m

最新出走予定馬情報 〜京王杯スプリングカップ2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【京王杯SC】レッドファルクス、ど根性V!
 第62回京王杯スプリングカップ(13日、東京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金5900万円、1着馬に安田記念の優先出走権 =出走13頭)ミルコ・デムーロ騎乗で2番人気のレッドファルクスが鮮やかな差し切り勝ちで3度目の重賞勝ち。安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分23秒2(重)。3/4馬身差2着に11番人気の古豪クラレントが入り、連覇を狙った1番人気サトノアラジンは伸びを欠いて9着に終わった。 飛び散る泥もなんのその。2番人気のレッドファルクスが、これぞGI馬という底力を見せて、スプリンターズS以来の勝利を飾った。 「香港スプリントは状態があまり良くなかったけど、それがいい状態に戻ってきた。高松宮記念と同じような馬場でも頑張ってくれました」 M・デムーロ騎手が復調した愛馬をたたえた。日本の短距離王として挑んだ香港スプリントはまさかの12着。復帰戦の高松宮記念も3着だっただけに、この勝利の味は格別だ。 朝から雨が降り続いて重馬場。中団馬群で前の馬が蹴り上げる芝と泥を浴びての追走だったが、全くひるまない。直線で前があくと力強い伸び。先に抜け出したクラレントをきっちり捕らえた。 これがJRA通算200勝だった尾関調教師は「他のレースでもっと早く勝ちたかったけどね」と笑いながらも、「いろいろな条件で走ってくれて頭が下がります」とファルクスでのメモリアルVを喜んだ。 優先出走権を獲得し、次は安田記念へ。マイル戦は未勝利時の1戦(9着)だけで、トレーナーは「悪い馬場で走ったので状態を確認してから」と慎重な姿勢だが、「仮に使うとしても、いいステップになった」と手応えを感じた様子。ジョッキーも「乗りやすくて賢い馬だし、きょうの感じなら距離は大丈夫」と自信を見せた。 モーリスの引退で混戦模様のマイル路線。スプリント界の頂点を極めたレッドファルクスが、今度は空位となったマイル王の座を狙っている。 (柴田章利)◆岩田騎手(クラレント2着)「行ければ行こうと思っていたけど、他が速かったので自分のペースで。そのぶん最後まで頑張れたと思う」◆戸崎騎手(グランシルク3着)「つまずいて位置取りが悪くなったぶん、馬場のいい外を通れて伸びてくれたけど、最後は道悪で同じ脚いろになってしまった」◆昆師(ヒルノデイバロー4着)「馬場を心配していたが、思い切った競馬をしてくれたのが良かった。今回の経験が今後につながるのでは」◆田辺騎手(トウショウドラフタ5着)「最近では一番いい雰囲気。重馬場も勝っていたので期待したけど、最後は同じ脚いろに。ただ、久々にこの馬らしい競馬ができたのは良かった」◆川田騎手(サトノアラジン9着)「これだけ悪い馬場だと、持ち味が出せません。改めて良馬場で期待しています」◆ルメール騎手(キャンベルジュニア11着)「馬場に慣れていませんね。いいポジションだったけど、あまり伸びなかった」★13日東京11R「京王杯スプリングカップ」の着順&払戻金はこちらレッドファルクス 父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット、母の父サンデーサイレンス。芦毛の牡6歳。美浦・尾関知人厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績21戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金3億3119万6000円(すべて中央競馬)。重賞は2016年GIIICBC賞、GIスプリンターズSに次いで3勝目。京王杯SCは、尾関知人調教師が15年サクラゴスペルに次いで2勝目。ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。馬名は、「冠名+ラテン語で『鎌』の意味を持つ両手剣」。
5月14日() 05:02

 1,645

【京王杯SC】GI馬レッドファルクスが貫禄勝ち
 5月13日の東京11Rで行われた第62回京王杯スプリングカップ(4歳以上オープン、GII、芝1400メートル、別定、13頭立て、1着賞金=5900万円、1着馬に安田記念優先出走権)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気レッドファルクス(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)が直線、外から猛然と脚を伸ばしてV。昨秋のスプリント王者の底力を見せつけた。タイムは1分23秒2(重)。 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 レッドファルクス)「香港のときは状態があまり良くなかった。それがどんどん戻ってきて今日はすごくいい状態だった。高松宮記念も道悪で頑張ってくれたが、今日も同じような馬場で頑張った。安田記念は1ハロン距離が延びるけど、今日見た感じなら問題はないと思う。乗りやすいし、賢い馬だし。次も頑張ります」 3/4馬身差の2着には先行して粘り込んだクラレント(11番人気)、さらに半馬身遅れた3着に大外から追い込んだグランシルク(4番人気)。 京王杯スプリングカップを勝ったレッドファルクスは、父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は東京ホースレーシング。通算成績は21戦9勝。重賞は2016年CBC賞・GIII、スプリンターズS・GIに次いで3勝目。京王杯SCは、尾関知人調教師は2015年サクラゴスペルに次いで2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初優勝。★13日東京11R「京王杯スプリングカップ」の着順&払戻金はこちら
5月13日() 15:50

 1,920

【京王杯SC】7F絶好舞台トーキング
 トーキングドラムは7歳にして阪急杯を勝ち、GI初挑戦となった高松宮記念でも6着とメドを立てた。馬場の悪い大外をぶん回してのものならさらに価値が上がり、「1200メートルは短いことが分かった。それでも、あと1Fあったらという伸び脚だった」と、斎藤誠調教師は振り返る。 ベストの7Fに戻るし、「数を使っていないので、まだ5歳くらいと考えていい。条件戦のころとは馬が違うし、時計勝負もこなせそう」とトーンは高い。(夕刊フジ)★京王杯SCの枠順はこちら 調教タイムも掲載
5月12日(金) 11:26

 2,471

【京王杯SC】厩舎の話
 ◆キャンベルジュニア・森助手 「トモに疲れを残しつつの調整。いいときと比べると1段階落ちる」 ◆クラレント・橋口師 「叩いた上積みはあるし、この舞台は得意」 ◆グランシルク・千島助手 「東京はスムーズに力を出しやすいし、何とかしたい」 ◆サトノアラジン・池江師 「いい状態。(昨秋に休み明けで勝った)スワンSよりもいい」 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「上積みはあると思う。当日、雨ならプラス」 ◆ダンツプリウス・榊原丈調教厩務員 「千四は初めてだけど、先行してどこまでやれるか」 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「(追い切りは)しっかりと動いていた。条件はいい」 ◆トーキングドラム・斎藤誠師 「力を出せる状態だし、今後を占う意味でも試金石となる」 ◆トーセンデューク・四位騎手 「具合は良さそう。タメが利けばしまいはいい脚を使う」 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「前に馬を置いた方が気が入る。阪急杯(2着)のようなレースができれば」 ◆ブラヴィッシモ・山田助手 「先週しっかりやっている。力が要る馬場は合う」 ◆レッドファルクス・尾関師 「芝1400でどういう走りをしてくれるか楽しみ」 ◆ロサギガンティア・柴田善騎手 「(調教では)若干テンションが高かったけど、走りはちゃんとしていた」★京王杯スプリングCの枠順はこちら 調教タイムも掲載
5月12日(金) 05:04

 3,250

【マイルCS】レース展望
 今週の京都日曜メインは第33回マイルチャンピオンシップ(20日、GI、芝1600メートル)。下半期のチャンピオンマイラー決定戦だが、昨年の覇者モーリス、今年の安田記念を制したロゴタイプがともに香港国際競走(12月11日)に向かうため不在となる。それでも、出走予定の18頭中15頭が重賞ウイナーで、うち4頭がGI馬という豪華メンバー。熱戦が繰り広げられることは間違いない。 混戦模様だが、中心になりそうなのは前哨戦のスワンSで重賞2勝目を挙げたサトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)だ。3走前の京王杯スプリングCは上がり3ハロン32秒4、前走のスワンSは上がり3ハロン33秒6と、いずれもメンバー最速の末脚を発揮する豪快な内容。クラシック候補として注目を集めていたディープインパクト産駒が5歳にして、ようやく持てる能力をフルに発揮できるようになった。昨年のマイルCS、今年の安田記念といずれも勝ち馬から0秒2差の4着と僅差の競馬で、前走から200メートルの距離延長も不安はない。本格化を遂げた今なら、GI・5度目の挑戦で待望の初制覇を成し遂げるチャンスだ。 イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡5歳)は、一昨年の皐月賞以来2年7カ月ぶりのGI・2勝目を狙う。1番人気だった昨年のこのレースは最内から脚を伸ばし、勝ったモーリスから0秒2差の3着。サトノアラジンにはハナ差で先着した。安田記念はロゴタイプがつくり出したスローペースに泣いたが、0秒3差の5着。前走の富士Sでも0秒1差の2着と、マイル戦でも好勝負を続けている。現状の充実度ではサトノアラジンにかなわないが、安定感は魅力だ。 そのイスラボニータを前走で破ったのが、ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)。3歳時にアーリントンCで重賞初制覇を飾った後は案外だったが、今年6月に降級してからの勢いは目を見張るものがある。58キロのトップハンデを背負った1600万下・多摩川Sを勝ってオープンに返り咲くと、その後は関屋記念、富士SとGIIIを続けて制し、マイル戦で3連勝を飾った。好位から競馬ができ、最後にひと脚が使えて接戦にも強いのがこの馬の長所。ここ3戦で手綱を取った戸崎圭太騎手はフィエロに騎乗するが、代打が英ダービージョッキーのミカエル・バルザローナ騎手(2011年に19歳で制覇)なら全く問題はない。ここでも主役の座を奪う力は十分ある。 フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)は1番人気に支持された前走のスワンSで9着に敗れたが、マイルCSでは2年連続2着。ヴィクトリアマイルで連覇を飾ったストレイトガールがそうだったように、前哨戦で大きく崩れていても本番ではきっちり変わり身を見せる厩舎だけに、注意が必要だ。国内外14度目となる重賞出走。悲願の初勝利をGIで飾るシーンが見られるかもしれない。 藤原英厩舎所属馬ではもう1頭のガリバルディ(牡5歳)も軽視できない存在。中京記念を勝った後、休み明けの前走・富士Sは5着だったが、上積みが見込め、さらにスペクトゥルの回避で出走可能になったという幸運もある。心身の充実ぶりが際立っており、素質開花をこの大舞台で示すか。 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡3歳)は11月はじめから栗東に滞在して調整中。1番人気に支持された前走の富士Sは9着に敗れたが、落ち着いた流れで自慢の末脚を発揮できなかった。NHKマイルCではメジャーエンブレムから3/4馬身差の2着。2走前の京成杯オータムHでも、ダノンプラチナ、クラリティスカイという2頭のGI馬をねじ伏せた力は紛れもなく本物。その2走前に見せた機動力から、下り坂のある京都は間違いなく合いそうで、2000年アグネスデジタル以来16年ぶり4頭目の3歳馬の勝利がなるか注目される。 札幌記念で同厩のモーリスを破ったネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は、デビュー15戦目で初めてのマイル戦。ただ、半兄アイルラヴァゲインがNHKマイルCで3着、もう1頭の半兄リアルインパクトは安田記念を勝っており、血統的にプラスに出るかもしれない。昨年モーリスを勝利に導いた世界の名手、ライアン・ムーア騎手とコンビを組む点も強調材料だ。 一昨年のNHKマイルCを制し、秋初戦のスプリンターズSで2着だったミッキーアイル(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)、一昨年の覇者ダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎、牡8歳)、同じく一昨年のスプリンターズSを勝っているスノードラゴン(美浦・高木登厩舎、牡8歳)といったGIホースも軽視はできない。 ほかではスワンS2着のサトノルパン(栗東・村山明厩舎、牡5歳)、ダービー卿チャレンジT優勝馬で前走の府中牝馬Sではクイーンズリング(エリザベス女王杯を制覇)の2着に入ったマジックタイム(美浦・中川公成厩舎、牝5歳)、マイル戦2度目となる実力馬ディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡7歳)なども上位争いに加われる実力の持ち主だ。★マイルチャンピオンシップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
11月14日(月) 16:42

 6,443

【京王杯SC】レース展望
 ヴィクトリアマイル前日の東京競馬場では、安田記念の前哨戦・第62回京王杯スプリングカップ(13日、GII、芝1400メートル、1着馬に本番への優先出走権)が組まれている。過去10年の勝ち馬の前走を見ると、高松宮記念が3頭、1400メートルで施行時のサンスポ杯阪神牝馬Sが1頭、ダービー卿チャレンジT2頭、マイラーズC1頭、東京新聞杯1頭、準オープン・朱雀S1頭と1600メートル組が5頭、1800メートルの準オープン難波S1頭と、1600メートル以上組と1400メートル以下組がほぼ互角だ。 昨年、ダービー卿CT3着後にこのレースで重賞初制覇を飾ったのがサトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)。今回は香港マイル7着以来、5カ月ぶりのレースになるが、昨年、安田記念4着から5カ月近い休み明けで臨んだスワンSを快勝しているように、久々も苦にしない。中間の調教量も豊富で、連覇のチャンスは十分ありそうだ。 ほかの1600メートル以上の組では、キャンベルジュニア(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)も目が離せない。オープン再昇級初戦となった前走のダービー卿CTでは、ロジチャリスの半馬身差2着に敗れたが、南半球産の遅生まれでまだ十分に成長が見込める馬。3戦2勝、2着1回と安定している東京なら、重賞初制覇を成し遂げても不思議はない。 ダービー卿CTで3着だったのがグランシルク(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)。NHKマイルCでは5着ながら1番人気に支持されたほどの素質馬だ。伸び悩んでいるが、東京の芝1400メートルはともに条件戦とはいえ、2戦2勝と一番相性がいい舞台。差し脚が生きる流れになれば、この馬も重賞初制覇を飾って不思議はない。 スプリント路線組の筆頭格は、昨年のスプリンターズS優勝馬で高松宮記念3着から挑むレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡6歳)。東京の芝はいずれも1400メートル戦で3戦して2、4、8着だが、本格化する前のレースだけに参考外とみていい。本来、左回りの方がいいタイプで、ダートでの3勝も含めて1400メートルは4勝。好勝負になるはずだ。 昨年3着のロサギガンティア(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)も無視できない。芝1400メートルでは一昨年、阪神Cを制し、その前に東京のオーロCも勝っている。近走は不振ながら見直せる。 2走前に阪急杯を勝っているトーキングドラム(美浦・斎藤誠厩舎、牡7歳)、昨年のファルコンSの勝ち馬で、東京芝1400メートルで3勝しているトウショウドラフタ(美浦・萱野浩二厩舎、牡4歳)、昨年のNHKマイルC4着のダンツプリウス(栗東・山内研二厩舎、牡4歳)も上位争いが可能。中京芝1400メートルの準オープン・トリトンSをレコード勝ちして挑むトーセンデューク(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)、昨年4着のダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡5歳)も勝てるだけの素質は秘めている。★京王杯スプリングCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
5月8日(月) 19:43

 3,360

【京王杯SC】厩舎の話
 ◆キャンベルジュニア・森助手 「トモに疲れを残しつつの調整。いいときと比べると1段階落ちる」 ◆クラレント・橋口師 「叩いた上積みはあるし、この舞台は得意」 ◆グランシルク・千島助手 「東京はスムーズに力を出しやすいし、何とかしたい」 ◆サトノアラジン・池江師 「いい状態。(昨秋に休み明けで勝った)スワンSよりもいい」 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「上積みはあると思う。当日、雨ならプラス」 ◆ダンツプリウス・榊原丈調教厩務員 「千四は初めてだけど、先行してどこまでやれるか」 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「(追い切りは)しっかりと動いていた。条件はいい」 ◆トーキングドラム・斎藤誠師 「力を出せる状態だし、今後を占う意味でも試金石となる」 ◆トーセンデューク・四位騎手 「具合は良さそう。タメが利けばしまいはいい脚を使う」 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「前に馬を置いた方が気が入る。阪急杯(2着)のようなレースができれば」 ◆ブラヴィッシモ・山田助手 「先週しっかりやっている。力が要る馬場は合う」 ◆レッドファルクス・尾関師 「芝1400でどういう走りをしてくれるか楽しみ」 ◆ロサギガンティア・柴田善騎手 「(調教では)若干テンションが高かったけど、走りはちゃんとしていた」★京王杯スプリングCの枠順はこちら 調教タイムも掲載
5月12日(金) 05:04

 3,250

【京王杯スプリングカップ】特別登録馬
2017年5月13日(土)に東京競馬場で行われる京王杯スプリングカップ(GII)の登録馬は以下の通り。キャンベルジュニア 牡5クラレント 牡8グランシルク 牡5サトノアラジン 牡6ストーミーシー 牡4ダッシングブレイズ 牡5ダンツプリウス 牡4トーキングドラム 牡7トーセンデューク 牡6トウショウドラフタ 牡4ヒルノデイバロー 牡6ブラヴィッシモ 牡5メドウラーク 牡6レッドファルクス 牡6ロサギガンティア 牡6◆京王杯スプリングカップ(GII)の重賞攻略はこちら。
5月7日() 17:30

 3,112

京王杯SCのニュースをもっと見る >

京王杯SCの直前追い切り情報をもっと見る >

京王杯SCの口コミ情報をもっと見る >

会員登録はこちら

●京王杯スプリングカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜京王杯スプリングカップ2017〜

第62回 京王杯スプリングカップ G2

2017年5月13日()東京11R 芝1400m 13頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 10 99.6 レッドファルクス 牡6 58.0 M.デムー 尾関知人 美浦 474(+2) 5.0 2 1.23.2
2 8 12 98.9 クラレント 牡8 56.0 岩田康誠 橋口慎介 栗東 488(-8) 50.4 11 1.23.3 3/4
3 6 9 99.2 グランシルク 牡5 56.0 戸崎圭太 戸田博文 美浦 506(0) 6.2 4 1.23.4 1/2
4 1 1 98.0 ヒルノデイバロー 牡6 56.0 横山典弘 昆貢 栗東 522(-6) 81.0 13 1.23.6 1 1/4
5 6 8 95.2 トウショウドラフタ 牡4 56.0 田辺裕信 萱野浩二 美浦 474(-6) 11.7 6 1.23.6 ハナ
6 7 11 96.3 トーキングドラム 牡7 56.0 幸英明 斎藤誠 美浦 478(-2) 22.9 8 1.23.6 ハナ
7 8 13 98.5 ダッシングブレイズ 牡5 56.0 内田博幸 吉村圭司 栗東 500(-2) 7.5 5 1.23.6 アタマ
8 4 5 96.1 トーセンデューク 牡6 56.0 四位洋文 藤原英昭 栗東 454(-2) 45.2 10 1.23.6 アタマ
9 4 4 102.2 サトノアラジン 牡6 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 524(-1) 3.5 1 1.23.6 アタマ
10 2 2 98.0 ロサギガンティア 牡6 56.0 柴田善臣 藤沢和雄 美浦 538(-8) 29.0 9 1.23.7 クビ
11 3 3 100.0 キャンベルジュニア 牡5 56.0 C.ルメー 堀宣行 美浦 534(-2) 5.3 3 1.23.8 1/2
12 5 7 97.1 ブラヴィッシモ 牡5 56.0 北村宏司 須貝尚介 栗東 492(-4) 17.9 7 1.23.9 1/2
13 5 6 95.0 ダンツプリウス 牡4 56.0 丸山元気 山内研二 栗東 494(-8) 53.7 12 1.24.3 2 1/2
ラップタイム 12.8-11.3-12.3-12.6-11.6-11.1-11.5
前半 12.8-24.1-36.4-49.0-60.6
後半 59.1-46.8-34.2-22.6-11.5

■払戻金

単勝10 500円 2番人気
複勝10 220円 4番人気
12 860円 11番人気
9 210円 3番人気
枠連7-8 1,880円 9番人気
馬連10-12 19,230円 54番人気
ワイド10-12 4,520円 50番人気
9-10 650円 5番人気
9-12 4,060円 45番人気
馬単10-12 26,420円 82番人気
3連複9-10-12 29,390円 101番人気
3連単10-12-9 179,770円 578番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜京王杯スプリングカップ2017〜

京王杯SCのコラムをもっと見る >

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜京王杯スプリングカップ2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
5月13日の勝ち組
5/13 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 京王杯スプリングカップ
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ようこ01 ようこ01 Lv 90 6% 347% 816,550円
2位 ひよどり ひよどり Lv 78 20% 744% 630,780円
3位 ワシントン ワシントン Lv 84 2% 214% 383,680円 なし
4位 黒いチャンネル 黒いチャンネル Lv 87 21% 269% 474,400円
5位 tad23 tad23 Lv 34 33% 689% 353,950円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
5月13日の勝ち組
5/13 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 京王杯スプリングカップ
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ようこ01 ようこ01 Lv 90 6% 347% 816,550円
2位 ひよどり ひよどり Lv 78 20% 744% 630,780円
3位 トムトムトム トムトムトム Lv 73 42% 648% 334,390円
4位 科学的競馬指数 科学的競馬指数 Lv 76 66% 1077% 293,100円
5位 kazgu kazgu Lv 106 22% 114% 50,200円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜京王杯スプリングカップ2017〜

2016年 京王杯スプリングC 2016年5月14日() 東京11R 芝1400m 良 16頭

京王杯スプリングカップ2016

1着 10 サトノアラジン 4.5倍(3人気) 川田将雅 1:19.6 106.0
2着 13 サンライズメジャー 19.9倍(7人気) 戸崎圭太 1 1/2 104.3
3着 1 ロサギガンティア 4.3倍(2人気) M.デムーロ クビ 104.3
単勝 10 450円(3人気) 3連複 1−10−13 6,590円(20人気)
馬連 10−13 4,380円(17人気) 3連単 10→13→1 39,380円(105人気)

2015年 京王杯スプリングC 2015年5月16日() 東京11R 芝1400m 良 18頭

京王杯スプリングカップ2015

1着 11 サクラゴスペル 8.7倍(5人気) 戸崎圭太 1:21.6 100.5
2着 15 ヴァンセンヌ 4.7倍(2人気) 福永祐一 アタマ 100.5
3着 8 オメガヴェンデッタ 18.6倍(7人気) 横山典弘 1/2 99.6
単勝 11 870円(5人気) 3連複 8−11−15 16,010円(45人気)
馬連 11−15 2,630円(10人気) 3連単 11→15→8 83,940円(250人気)

2014年 京王杯スプリングC 2014年5月17日() 東京11R 芝1400m 良 15頭

京王杯スプリングカップ2014

1着 9 レッドスパーダ 38.4倍(10人気) 北村宏司 1:19.7 106.1
2着 10 クラレント 4.2倍(2人気) 川田将雅 1 1/4 104.4
3着 5 エールブリーズ 15.5倍(7人気) 三浦皇成 1 1/2 102.6
単勝 9 3,840円(10人気) 3連複 5−9−10 16,300円(59人気)
馬連 9−10 6,900円(29人気) 3連単 9→10→5 162,220円(503人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/05/11
京王杯スプリングC
東京 18 稍重 ダイワマッジョーレ 4.7倍 1 蛯名正義 1:20.6 103.1
2012/05/12
京王杯スプリングC
東京 15 サダムパテック 7.2倍 4 C.ウィリアムズ 1:20.1 104.8
2011/05/14
京王杯スプリングC
東京 17 ストロングリターン 8.5倍 4 石橋脩 1:20.2 104.9
2010/05/15
京王杯スプリングC
東京 18 サンクスノート 39.8倍 10 蛯名正義 1:19.8 105.9
2009/05/16
京王杯スプリングC
東京 18 スズカコーズウェイ 14.3倍 8 後藤浩輝 1:20.6 102.4
2008/05/17
京王杯スプリングC
東京 17 スーパーホーネット 5.9倍 2 藤岡佑介 1:20.8 104.9
2007/05/12
京王杯スプリングC
東京 18 エイシンドーバー 7.8倍 5 福永祐一 1:20.0 106.1
会員登録はこちら

●京王杯スプリングカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜京王杯スプリングカップ2017〜

京王杯スプリングカップは、1956年に5歳(現4歳)以上の混合ハンデキャップ重賞競走、スプリングハンデキャップとして新設、第1回は東京競馬場の芝1600mで施行された。

1960年からは名称を京王杯スプリングハンデキャップに変更。1981年から施行距離を芝1400mに変更し、1984年からはグレード制施行によりGIIに格付け、負担重量を別定に変更した事に伴い名称を現在の京王杯スプリングカップに変更。また京王杯スプリングカップは、スプリンターズステークス・安田記念と共に中央競馬の短距離三冠競走を構成したが、1990年にスプリンターズステークスの施行時期変更に伴い短距離三冠は廃止となっている。

京王杯スプリングカップは、ダービー卿チャレンジトロフィーやマイラーズカップと並び、安田記念の前哨戦に位置付けされ、安田記念と同じ東京競馬場で施行されている事から安田記念の最も重要な前哨戦として位置付けされている。

過去の優勝馬にはニホンピロウイナーニッポーテイオーダイナアクトレスダイイチルビースキーパラダイスタイキシャトルグラスワンダースティンガーテレグノシスアサクサデンエンオレハマッテルゼスーパーホーネットストロングリターンサダムパテックなどが名を連ねる(GII格付け以後を対象)。


☆京王杯スプリングカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

競馬番組表

2017年7月29日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2017年7月30日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る