注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ニホンピロウイナー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1980年4月27日生
調教師服部正利(栗東)
馬主小林 百太郎
生産者佐々木 節哉
生産地門別町
戦績 0戦[0-0-0-0]
総賞金48,322万円
収得賞金11,475万円
英字表記Nihon Pillow Winner
血統 ステイールハート
血統 ][ 産駒 ]
Habitat
(No Data)
ニホンピロエバート
血統 ][ 産駒 ]
チヤイナロツク
ライトフレーム
兄弟 ニホンピロオーサムテイエムメデル
前走
次走予定

ニホンピロウイナーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
履歴はありません。

ニホンピロウイナーの関連ニュース

 【福島5R】現役の半兄マイネルメリエンダ(父チーフベアハート)は芝1500〜1600メートルで4勝し、京都金杯で3着。母系からは名マイラーのニホンピロウイナーなどが出ており、スピードがある。調教では軽快な動きを見せ、仕上がりは上々だ。「馬がしっかりしている。けいこの動きがいいし、いい気性も初戦向き」と中野調教師は初陣に期待する。

【京成杯】レース展望 2016年01月12日(火) 19:02

 1回中山競馬は後半に入り、日曜メーンで3歳馬による京成杯(17日、GIII、芝2000メートル)が行われる。皐月賞と同じ舞台で行われる重賞とあって、クラシックを占う上で重要な一戦だ。過去10年を見ても、2010年の勝ち馬エイシンフラッシュがダービー馬に輝いたほか、07年サンツェッペリン(皐月賞2着)、08年マイネルチャールズ(皐月賞3着)と勝ち馬はクラシックで好走してきた。今年の勝ち馬もどんな結果を残すか注目される。

 ウムブルフ(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、デビュー戦から2着、2着ときて3戦目で初勝利。素質を考えると初勝利が3戦目というのは少し手間取った印象だが、レース内容は文句なしだった。今回と同じ中山芝2000メートル戦で、好位から抜け出し、ゴール前では鞍上のライアン・ムーア騎手が手綱を抑えながらも2着に4馬身差をつける圧勝。脚質に自在性があって相手なりに走れそうなタイプでもあり、昇級初戦が重賞でもチャンス十分だ。

 メートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡)は、2戦目で初勝利を挙げた後、中山芝2000メートルの500万下特別・葉牡丹賞を勝負強い内容で制した。こちらはウムブルフと比べるとまだ不器用な印象を残すが、決め手の迫力では上回る。中間の調教も絶好調を思わせる動き。グングン力を付けており、コンビを組んで2連勝中の戸崎圭太騎手が継続騎乗するのは心強い。

 プロフェット(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は札幌2歳S2着後の萩Sで5着と案外な結果に終わったが、父ハービンジャー、母の父がタニノギムレットという配合なら、200メートルの距離延長は歓迎。2カ月半ぶりとレース間隔があいたが、中間は長めを中心に6本の追い切りを消化し、仕上がりは良好だ。今回はシェーン・フォーリー騎手との新コンビで挑む。

 プランスシャルマン(美浦・斎藤誠厩舎、牡)は、ホープフルSで勝ったハートレーから0秒9差の6着。道中でやや気負いが見られたことから、中間はその点を考慮して調整されている。当日の気配が鍵を握りそうだ。

 登録17頭中、唯一の重賞ウイナーがサウジアラビアロイヤルCを制しているブレイブスマッシュ(美浦・小笠倫弘厩舎、牡)。ホープフルSは後方から差を詰めたものの7着に終わっているが、距離を経験できたことで前進が見込める。前走だけで見限ることはできない。

 東スポ杯2歳S3着のマイネルラフレシア(美浦・高橋裕厩舎、牡)は、スローペースで押し出される形の先行策となったのが響いた。もう少し脚をためて運ぶ本来の競馬ができれば、巻き返しの可能性は十分にある。今回は初めての右回りでもあり、ここで好走できれば今後への期待は大きくふくらむだろう。

 ユウチェンジ(栗東・森秀行厩舎、牡)は2戦目で未勝利を勝った後、野路菊S3着、アイビーS2着、朝日杯フューチュリティS4着と勝てないまでも堅実に走っている。朝日杯は道中、他馬と接触する不利がありながらも崩れていないだけに、今回も十分争覇圏内だ。

 京都2歳Sで5着に敗れたケルフロイデ(美浦・加藤征弘厩舎、牡)だが、展開が向かず、直線ではスペースもなかっただけに、見直しが必要だろう。今回は地元エリアでの競馬。きんもくせい特別で完勝した際の2着馬ダンツプリウスがジュニアCを勝っており、その比較からも上位争いが見込める。

 前走の阪神戦で3着に終わったナムラシングン(栗東・高野友和厩舎、牡)だが、勝ったのは評判馬サトノダイヤモンド。初めて好位につける形で挑んだものの、決め手勝負には屈してしまった。新馬戦ではドレッドノータス(京都2歳S優勝)からクビ差の2着。デビューから手綱を取り続ける内田博幸騎手とのコンビで、賞金上積みを狙う。

 京王杯2歳S2着のアドマイヤモラール(美浦・上原博之厩舎、牡)は、朝日杯フューチュリティSで果敢に好位からレースを進めたものの、決め手勝負では分が悪く、8着に敗れた。キンシャサノキセキ×ニホンピロウイナーという配合だけに、今回は距離延長がポイントとなりそうだ。

★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【マイルCS】7歳衰えなし!シャーク大願成就 2015年11月17日(火) 05:04

 今週の日曜京都メーン・GIマイルチャンピオンシップで、注目は昨年の覇者ダノンシャークだ。メンバー最年長タイの7歳馬だが、陣営は年齢による衰えを否定し、精神面の成長を強調。昨年より進化しているという。休み明けの毎日王冠(4着)を叩いて、上昇ムード。史上6頭目の連覇を果たして、押しも押されもせぬ名馬の仲間入りを果たせるか。

 ダノンシャークが史上6頭目の連覇へ向けて出陣する。

 「年齢的な衰えはなくまだ若々しい。昨年はようやくGIを勝ってくれて感動したけど、今年もチャンスはあると思う」

 新谷助手も力が入る。昨年のマイルCSでは、GI5度目の挑戦で待望の優勝を飾った。あれから1年。今年は3戦未勝利だが、陣営は手応えを感じている。疲労の蓄積が少ないCWコース半周後、E(ダート)コース半周などのインターバルトレーニングも、やんちゃな面があった以前はできなかったが、現在は可能になっているからだ。

 「昨年より精神面が成長し、いろんな調教メニューを組むことができる。以前はとてもそんなことはできなかった」と新谷助手は目を細める。7歳なら全盛期を過ぎてもおかしくはないが、伸びしろは十分ある。

 前哨戦の毎日王冠は、中団からしぶとく脚を伸ばして4着。勝ち馬とは僅か0秒3差だった。「スローペースでも折り合って、1800メートルもこなしてくれた。前哨戦とすれば好内容」。1ハロン短縮され、一昨年の京都金杯を含めて重賞2勝を誇る京都マイルが舞台なら、優勝を意識するのも当然だ。

 「先週(12日)の1週前追い切り(坂路4ハロン52秒1)もよかった。前走後は栗東に滞在しているぶん、しっかりケアしながら調整できている。それにもともと、使ってよくなるタイプだからね」

 過去に連覇したのはニホンピロウイナーをはじめ、歴史に名を残すマイラーばかり。7歳にして心身ともに完成の域に入ったダノンシャークが、名馬の仲間入りをする。 (片山和広)

★マイルチャンピオンシップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【マイルCS】レース展望 2015年11月16日(月) 19:27

 中央競馬は福島開催が終了して、東京、京都の2場で21日(土)、22日(日)、23日(月=祝)の3日間開催。その中日に、京都で秋のGIシリーズ6戦目のマイルチャンピオンシップ(芝1600メートル)が行われる。下半期のチャンピオンマイラー決定戦だが、中距離路線から参戦する有力馬もいて、目が離せない一戦だ。

 中距離路線から転戦してきた有力馬が昨年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)。天皇賞・秋で2年連続3着に入り、改めてクラシックウイナーの底力をアピールした。マイル戦は新潟2歳S2着以来2年3カ月ぶりとなるが、一昨年、中長距離路線から転戦して初のマイル戦だったトーセンラーが勝っている。鞍上の蛯名正義騎手も京王杯2歳Sに続いてエリザベス女王杯を勝つなど今秋は充実しており、2度目のGI制覇に向けて、不安は感じられない。

 4連勝で安田記念を制したモーリス(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)は、予定していた毎日王冠を自重した経緯があり、5カ月半ぶりの出走となる。だが、ぶっつけの不利をカバーして不思議がないだけの奥の深さがあるのも確か。ライアン・ムーア騎手の騎乗も大きな魅力だ。1985年ニホンピロウイナー、94年ノースフライト、98年タイキシャトル、99年エアジハード、2007年ダイワメジャーに次ぐ、6頭目の安田記念&マイルCS同一年制覇があっても驚けない。

 このレースは、リピーターの活躍が目立つ傾向も顕著だ。その点からいくと、昨年の覇者ダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎、牡7歳)、ハナ差2着だったフィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)も好勝負が期待される。前者は休み明けだった前走の毎日王冠で4着。スローペースの展開だったが、しまいの伸びは目立っていた。後者は相変わらず重賞未勝利だが、大崩れしないのは強み。ミルコ・デムーロ騎手も2度目の騎乗で前進が見込める。

 サトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)も重賞未勝利だが、今年は5戦して全て連対。ここ2走は、エプソムC、富士Sと重賞でともに2着と、安定感は際立っている。先週のエリザベス女王杯で完敗した全姉ラキシスのリベンジを果たしたいところだ。

 アルビアーノ(美浦・木村哲也厩舎、牝3歳)はNHKマイルC2着馬で、前哨戦のスワンSを快勝した。それまでの逃げ・先行脚質というイメージを覆す差し切り勝ちで、潜在能力の高さを誇示。過去31回で3歳牝馬の優勝例はなく、新たな歴史を刻むことができるか注目される。

 3歳牝馬では、桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎)もエントリーしてきた。秋華賞は17着と大敗したが、前走では折り合いを欠いたことが敗因。400メートルの距離短縮は明らかにプラスだろう。今回は昨夏の新馬戦(1着)以来となる戸崎圭太騎手とのコンビで挑む。

[もっと見る]

【東京新聞杯】遅れてきた超良血!ヴァンセンヌ初重賞 2015年02月09日(月) 05:02

 第65回東京新聞杯(8日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)福永祐一騎乗で3番人気の6歳馬ヴァンセンヌが、府中の長い直線を早め先頭で押し切り4連勝を達成。重賞初制覇を飾った。タイム1分35秒7(稍重)。この後は放牧でひと息入れ、1戦してから安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう予定だ。2着は大外から追い込んだ9番人気アルフレード。1番人気のフルーキーは3着だった。

 雨上がりの府中で超良血が開花宣言だ。1996年に春秋スプリントGI制覇を遂げたフラワーパークを母にもつディープインパクト産駒ヴァンセンヌが、早め先頭から後続の追撃を振り切ってゴール。破竹の4連勝で待望の重賞タイトルをゲットした。

 「行きたがるところを見せて3コーナーまで苦労したし、(直線で)あまりに前がスムーズにあいたので人間が急いでしまって早めに先頭に立ちすぎた。それでも脚いろは衰えなかった」

 レースを振り返る福永騎手の表情は、決して満足しているものではなかった。それが逆に強さを物語る。

 スタートダッシュは鈍かったが、少し進んでから掛かり気味になって中団まで上がっていく。3コーナー過ぎに馬群で何とか折り合いをつけた。直線に向いての手応えは上々。鞍上の追い出しに応えて素早く抜け出すと、最後まで力強く駆けて大外アルフレード、最内フルーキーの追い込みを封じた。

 3歳春に右前脚を剥離骨折し、4歳春には同じ右前脚が屈腱炎に。2度も長期休養を挟んだが、高い能力を信じて大事に育ててきた。昨年10月から3カ月半で4連勝。6歳とはいえ、キャリアはまだ11戦。走るたびに強くなる愛馬に松永幹調教師は「きょうも楽しみにしていたけどやっぱり力がある」と満面に笑み。続けて「昼前に雨が降り出してヨシっと思ったんだ。こういう馬場で勝っているから」。この日は天も味方した。

 ここまで来れば当然、GIが視野に入る。放牧を挟んで1走してから、大目標の安田記念に向かう青写真だ。

 ジャスタウェイが引退し、混とんとしたマイル界にさっそうと現れたヴァンセンヌ。遅れてきた新星が主役として春に向かう。 (板津雄志)

★8日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

ヴァンセンヌ

 父ディープインパクト、母フラワーパーク、母の父ニホンピロウイナー。鹿毛の牡6歳。栗東・松永幹夫厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績11戦6勝。重賞初勝利。獲得賞金は9650万6000円。東京新聞杯は松永幹夫調教師、福永祐一騎手ともに初勝利。馬名の意味は「花の展示会で知られるパリ郊外の森の名」。

[もっと見る]

【東京新聞杯】ヴァンセンヌ4連勝で重賞初制覇! 2015年02月08日() 15:59

 8日の東京11Rで行われた第65回東京新聞杯(4歳上オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気ヴァンセンヌ(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)が直線で抜け出してV。4連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分35秒7(稍重)。

 破竹の勢いで、重賞の壁も一気に突破した。連勝街道を突き進むヴァンセンヌが、歴戦の実績馬を相手に堂々のV。遅れてきた素質馬が重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 レースは典型的な逃げ馬が不在で、フレイムヘイローが押し出されるように先行したが、その内からアンコイルドが意を決したように先手を取る。フレイムヘイローは2番手に控え、マイネルメリエンダが3番手を追走。好位にメイショウヤタロウリルダヴァルがつけて、人気を分け合ったフルーキーエキストラエンドはともに後方からレースを進めた。流れは遅く、一団となったまま直線へ。横に広がって、直線半ばを過ぎても全く勝敗の行方が分からない大混戦。その中から抜けたのはヴァンセンヌだったが、ゴール間際で外からアルフレード、最内からフルーキーが鋭く迫る。しかし、先に抜けたヴァンセンヌがわずかにしのぎ切って先着。クビ差で重賞初Vを成し遂げた。ディープインパクト産駒は今年の重賞初勝利。2着は9番人気のアルフレードで、さらにクビ差の3着に1番人気のフルーキーが入っている。

 ヴァンセンヌは、父ディープインパクト、母フラワーパーク、母の父ニホンピロウイナーという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)社台レースホースの所有馬。通算成績は11戦6勝。重賞初勝利。松永幹夫調教師、福永祐一騎手ともに東京新聞杯は初勝利。

 福永騎手は「ある程度の位置を取ろうとは思っていましたが、行きたがるところを見せて3コーナーまで少し苦労しました。それでも外めで持っていかれた前回とは違い、前に他馬がいたぶん、しっかりと脚をためることができたと思います。直線では前がスムーズにあき、ちょっと早めに先頭に立つ形になってしまいましたが、よく頑張ってくれました。(稍重馬場は)ここ2戦も軟らかい馬場だったし、この馬にとっては良かったと思います。もっと雨が降ってほしいと思っていました。屈腱炎で1年7カ月もの長い休養があったのに、よくここまで立ち直ってきたと思います。これも牧場や厩舎の人たちが努力されてきた成果だと思います。掛かり癖があるし、まだ難しいところが残っているのは確かですね。あとは高速馬場への対応も課題になってくると思いますが、これからが楽しみです」とコンビを組んで3戦全勝のパートナーに期待を寄せていた。

★8日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニホンピロウイナーの関連コラム

閲覧 10,870ビュー コメント 0 ナイス 5



面白い配合や見事な配合、完璧な配合では、「親系統」という系統分けが使われます。





親系統は以下の15種類があります。

Eclipse
Fairway
Hampton
Herod
Himyar
Matchem
Nasrullah
Native Dancer
Nearctic
Phalaris
Royal Charger
St.Simon
Swynford
Teddy
Tom Fool



完璧な配合や見事な配合を狙う際は、各系統に属する馬をうまく組み合わせて血統構築をしていくことになります。

この15系統のうち以下の4つはメジャーな系統で、種牡馬や繁殖牝馬はよりどりみどりです。血統構築はとくに問題ないでしょう。

Nasrullah
Native Dancer
Nearctic
Royal Charger



ただ、完璧な配合に関しては7種類以上の系統が必要なため、上記以外のマイナーな系統の馬も必要になってきます。

マイナー各系統に属する種牡馬や繁殖牝馬を覚えておき、血統構築に役立ててください。



難易度「低」のマイナー系統

以下の4系統は、まだそれなりに対象馬がいるほうです。



種牡馬は実績Cや★5の馬だけでちょっと使いにくいですが、繁殖牝馬には優秀な馬がけっこう揃っています。



また以下の4系統は対象馬は少ないですが、Himyar系のノボトゥルーとSwynford系のノヴェリストが比較的パラメータのいい種牡馬なので、血統構築はしやすいほうです。



面白系統の種類を増やすためにマイナー系統を1つ2つ足したい場合などにも、ノボトゥルーとノヴェリストはおすすめです。



難易度「高」のマイナー系統

これらの系統が必要な配合は、高難度です。



いずれも該当種牡馬はいません。繁殖牝馬もごく限られるため、血統構築に制約がつきます。


Eclipse系に至っては、種牡馬も繁殖牝馬も該当馬がいません。この系統を見事系統に持つ馬……ニホンピロウイナーなどは、完璧な配合や見事な配合は今のところ成立不可能です。



今後追加される種牡馬に期待というところですかね。



完璧な配合や見事な配合を狙う際は、難易度「低」の系統までで済むように血統構築するのがおすすめです。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年08月19日(金) 13:39 みんなの競馬コラム
【札幌記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,261ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

オリンピックが盛り上がっていますね。競馬ファンあるあるだと思いますが、どうしても陸上のトラック種目は競馬と重ね合わせてしまいます。100mでは、毎回ラブリーデイのようなピッチ走法のガトリンがスタートダッシュは決めるのですが、ドゥラメンテのような重厚なストライドで走るボルトが差し切るんですよね。ボルトは、大型なのに体質は柔らかく、それなのに俊敏に動ける名馬と重なります。やっぱりサラブレッドは紛れもなくアスリートなんですよね。

さて今週は、スーパーGII札幌記念。
モーリスヌーヴォレコルトという2頭のGI馬が参戦してきました。

モーリスについては、安田記念の際に、以下のように考察しました。
朝日杯3歳S(当時)を制した4代母メジロボサツがBlandford4・4×5で、そこにフィディオン、モガミ、カーネギーと重厚な欧州血脈を配され続けた母メジロフランシスがNorthern Dancer3×4。字面的には重厚な血が重ねられているが、競走馬というのは、スピードがあるからスタミナが活き(=先行できるからスタミナを活かせる)、スタミナがあるからスピードが活きる(スタミナがあるからスピードを持続できる)のであり、名短距離馬には重厚な血が入っていることが多い。
モーリスのマイルでスッと先行できるスピードというのは、スクリーンヒーローの牝祖モデルスポートのTom Fool≒Spring Runの3/4同血クロス(MenowとBull Dogが共通)2×3によるものと考えられる。一言でいうと、モデルスポートのスピードを「日本のMライン(=メジロ)」である母のスタミナで持続させているということだろうか。また、カーネギーの母がTeddy6・6×5・5・6・7・7、モガミの母もTeddy5・6×5・5とTeddyの血量が豊富で、Bull Dog(父Teddy)を遠目に増幅させていることもポイントだろうと考えている(モーリスの母父カーネギーもそうだが、世界で、特に欧州の活躍馬にはBold Reason≒Never Bendのニアリークロスを持っている馬が多く、Teddyの血量というのは様々なところで論じられている)。
スタートして先行できるスピード、直線での加速力、ニホンピロウイナーノースフライトタイキシャトルダイワメジャーを知らない自分にとっては、「マイラーとは何か」ということを教えてくれた紛れのない名馬。負けるとすれば、緩い流れで中距離馬の瞬発力に屈する時ではないか。今回はそういう流れになりそうではあるが・・・。

安田記念はまさに、懸念していた「ヨーイドン」となり、Halo的に瞬間的に加速できるロゴタイプに屈しましたが、2番手から粘り通しての2着死守は地力の成せる業。とはいえ、中距離馬ではなくマイラーであろうとみているので、ここはハイ<スローでしょう。ただ2000mで8枠となるとちょっと危険な臭いもします。

ヌーヴォレコルトの父ハーツクライは、その母アイリッシュダンスがトニービン×Lyphardという重厚なスタミナ型なので、母からスピードやパワーを取り込むことによってアイリッシュダンスのスタミナをレースで活かすことができる産駒が活躍しています。ジャスタウェイこそ例外ですが、ウインバリアシオン(Storm Bird)も、ワンアンドオンリータイキシャトル)も、シュヴァルグラン(Machiavellian)も母父はスプリンターorマイラーです。逆に母父が中長距離馬だと、カレンミロティック(A.P.Indy)やアドマイヤラクティ(エリシオ)、フェイムゲーム(アレミロード)などステイヤーに出ることが多いです。ヌーヴォレコルトも母からスピードとパワーを取り込んだ配合で、同世代や、牝馬相手のオークスやエリザベス女王杯などは直線の長いコースでも勝負になりますが、内回りで立ち回りの巧さや粘着力を活かす競馬(=中山記念)がベスト。急坂こそありませんが、札幌2000mもマイナスになるということはないでしょう。

ヤマカツエースキングカメハメハ×グラスワンダーという組み合わせですので、Kingmambo≒Ameriflora2×3(Raise a Native、Graustark=His Majesty、Northern Dancerらが共通)といいう名種牡馬と名繁殖2頭の強力なニアリークロスを持ちます。Kingmamboのパワーを増幅しているので内回りでこそというタイプで、洋芝や道悪はプラス。初めて古馬の一線級との対戦になった京都記念も2着馬と差のない5着、鳴尾記念は開幕週で終始外を回されての6着はむしろ好走の部類、宝塚記念では期待していたのですがさすがにGIの壁に跳ね返された感じです。先述した通り福島記念→中山金杯の重賞連勝はもちろん、京都記念と鳴尾記念の内容も素晴らしいですし、GI馬2頭の次点にいるのはこの馬だと考えていますが…。

昨年2着のヒットザターゲットは、配合的にキングカメハメハ産駒でもラブリーデイのように内回りで器用に立ち回るタイプというわけではないのですが、母父タマモクロスやHabitat(ヒットザの母母父ニホンピロウイナーの父父で遺伝力が強い)には、ピッチ走法とはまた違う「加速の速さ」があるようで、昨年の当レース2着や、ヴァンデミエール(母父タマモクロス)の福島巧者っぷりなどは似ているものがあります。ここも良馬場で真ん中よりも内目の枠だったら注意が必要でしょう。8歳になっても衰えを感じさせない走りは、母系に入るノーザンテーストの力であることは言うまでもありません。

エプソムカップでは4着だったロジチャリスは、ダイワメジャー×ロックオブジブラルタルという字面らしく550キロ前後の大型馬ですが、意外としなやかに走ることができ、東京の瞬発力勝負になっても大きくパフォーマンスを落とすことはありません。これは母母のNasrullah4×5や、Blushing Groomの影響と考えられます。ダイワメジャー産駒で母系にBlushing Groomを持ちしなやかな走りをする馬という意味ではメジャーエンブレムと被ります。ただ今回は、距離延長、大崩れはありませんが、ここは掲示板争い程度の好走で、次の1800mかマイル戦が狙い目ではないかと思います。

ネオリアリズムは、函館記念はスローペースで外々を回る競馬、休み明けを考慮しても悪くない内容でした。小倉や北海道で見せる3角〜4角の機動力は、ネオユニヴァース×Meadowlakeという、望田先生が指摘される「父中長距離馬×母父スプリンター」の配合系らしいもので舞台はベスト。まだ気性面の幼さもみせており、重賞の流れでも折り合いを欠いたりするのは脚力の証明でもあります。今回は斤量も2キロ増となりますが、それで人気が落ちるようなら重い印を打ちたくなる潜在能力を感じさせる馬です。ただもう少し内目の枠が欲しかったところ。

唯一の3歳馬レインボーラインは、個人的に2歳時から注目していた馬で、万両賞を制した時にはステイゴールド産駒らしい成長曲線を描いてきた神戸新聞杯で◎を打ってやろうと思っていました(笑)ノーザンテースト≒Vice Regent4×4・5(Northern DancerとVictorianaが共通)、母系に入るAlycidonでノーザンテーストの血を増幅。また、3代母レインボーローズがRoyal Cherger≒Malindi4×3、Prince Rose4×4、母父フレンチデピュティもBold RulerとPrincequilloを持っていて、重厚な斬れを伝えるRoyal Cherger≒Milindi=NasrullahとPrince Rose系を増幅した配合というのもなかなか味があります。馬体重が20キロ程度増えていたら、ステイゴールドのノーザンテースト発動といったところで、本来は大箱向きの馬でしょうが注目しなければならない1頭とみます。

ハギノハイブリッドタニノギムレット×トニービンと字面だけみれば東京で斬れに斬れそうな配合ですが、そうはならないのが血統の面白いところ。これは牝系がパワーがあるレガシーオブストレングスで、Bull Lea、Roman、Hail to Reasonなどでブライアンズタイムのパワーを増幅しているからではないかと思います。昨年の北海道シリーズは函館記念2着→札幌記念0.3秒差7着。その後は何と5戦連続で外回りコースを走っています。休み明けでもこのコース替わり&内枠は警戒したいところ。

近走不振のマイネルフロストは、馬自身が衰えているわけではないと思っています。母がグラスワンダー×Dyajurという配合でDanzig3×3なのですが、Princely Giftの影響か少し大飛びで、特別小回りが合っているわけでもなく、かといって東京の瞬発力勝負でも厳しいですから、3角〜4角が緩い中山外回り(AJCC4着)や、小回りでも前がごちゃついていない形で4角を迎えたい(2015福島民報杯、2016中山金杯)馬なのだと思います。だから今回も悪くはないんですが、少しストライクゾーンから外れている感じがします。

ダービーフィズは近走可哀想なほどに展開や枠順など外的要因が向いていませんが、舞台は合っていて、仮にモーリスとヌーヴォレオルトが直線で3番手以下を離すようなレースをした場合、3着には無欲の持続型の差し馬が突っ込んでくることがありますから、そういったイメージに1番合うのはこの馬です。

レッドソロモンは大箱向きの産駒が多いメイショウサムソン産駒でも、Key Partner牝系のパワーが強く出たピッチ走法なのでコース適性は高そう。ただ、重賞で通用するかというとまだ疑問符が付きます。6枠12番と、枠の恩恵も得られませんでした。

そして一言触れておきたいのがレッドリヴェール。人気のヌーヴォレコルトと同世代、桜花賞はハープスターレッドリヴェールヌーヴォレコルトという入線でした。母父Dixieland BandはNorthern DancerとHyperion×TraceryのAlibhai、Hyperion×SwynfordのHeliopolisでノーザンテーストを強力に増幅する血、だからこそ小柄な体でも道悪を苦にしないパワーがあります。しかしヌーヴォレコルトほど大成できなかったのは、母系に入るSir Gaylordが少し邪魔だったのではないかと思うのです。オルフェーヴルナカヤマフェスタもこういう柔らかい血は持っておらず、柔らかさや非力さを伝えるステイゴールドにとっては不要だったのではないでしょうか。それでもヴィクトリアマイルが刺激となったのか、前走は久しぶりに彼女らしい走りがみれました。ヌーヴォレコルトがこれほど注目を集めているのに…という何とも言えない寂寥感と僅かな期待を抱きながら彼女の走りを見守りたいと思います。

【まとめ】
モーリスはコーナー4つの2000mで8枠だと危険な感じがしなくもない。
ヌーヴォレコルトは札幌2000mがマイナスになることはない。
ロジチャリスは内枠でも距離延長は嫌いたい。
ヤマカツエースはKingmamboのパワーを増幅した配合で舞台は歓迎。
ネオリアリズムは重賞のペースでも掛かるところを見せているので、脚力はこのメンバーでも通用。ただ再度の外目の枠は残念。
ハギノハイブリッドの舞台替わり&内枠は要警戒
ヒットザターゲットも5枠9番なら昨年の再現に警戒
レインボーラインは、コース適性は高くはないが、ステイゴールド産駒の走る配合で、夏を超えての父産駒らしい成長に期待
洋芝内回り2000mが抜群に合うハギノハイブリッドヤマカツエースに期待したくなります。ヌーヴォレコルトからこの2頭かな。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年07月14日(木) 18:00 みんなの競馬コラム
【七夕賞他】先週の結果などふり返り byうまカレ
閲覧 649ビュー コメント 0 ナイス 5

●悔いのない◎
先週の中央競馬は、土曜中京が田んぼ馬場に。
そのおかげもあり久しぶりに◎アグネスヒーローという、血統予想らしい血統予想がドカンとハマりました。
ぼくは普段馬券は購入しなくて、コラムも書かせていただいているウマニティで仮想購入をして楽しんでいます。
だから今年購入したレースは、自身のあったフェアリーS(◎ラブリーアモン...)と、現地観戦したオークスとダービーだけです。

しかし、七夕賞はダービーの◎リオンディーズに次いで、今年2番目に自信があったので買ってみたのです...。七夕賞血統考察コラムはこちら

クリールカイザー
アルバートドック
ダコール
◎−○▲のワイドをなかなか厚めに...です(^^;)

まぁ結果はご存知の通りなのですが、まるで先週のジョルジュサンク×田辺騎手を見ているような、クリールカイザー×田辺騎手でした。流れが厳しかったですが、でもああいうレースを見せてくれれば外れても後悔はありませんよねぇ。言っていること、主張してきたことは間違っていなかったということなのでそれで良いです。
アルバートドックはHyperionの血が濃いので、ディープ産駒にしては持続力に富むタイプで、将来的にはハーツクライのようにジャスタウェイのようにリトルアマポーラのようにワンアンドオンリーのようにある程度前で競馬ができるようになり、大きいところを取るかもしれない、と書いてきて、だんだんと現実味を帯びてきました。
オリオンザジャパンは内田騎手のプチゴールドシップ皐月賞騎乗(芦毛ですし)の好騎乗がありましたが、クロフネ×サンデーサイレンスで、1/4にあたる母母パーシャンブルーがトニービン×ノーザンテースト(クリアアンバー)でHyperion凝縮。6歳になってのこの成長はこのHyperionの影響といえるでしょう。
広いコース向きの走りなのですが、広いコースの方が瞬発力勝負になり易いというのが競馬の面白いところですね。
4着マイネルラクリマもチーフベアハート×サンデーサイレンスで、母母パイナップルスターはニホンピロウイナー×ノーザンテーストでHyperion6・5×6・5・5と凝縮されています。この「終わりそうで終わらない」競走成績はやはりHyperion、ノーザンテースト影響でしょう(2回目)。
考えて見れば5着クリールカイザーも母父はサッカーボーイですからノーザンテースト持ちでもありますね。

展望コラムでは以下のように書きました。

===(以下、展望コラムより引用)============================
ジャスタウェイ的成長の可能性を秘める
ディープ産駒×戸崎騎手、先週のゼーヴィントと被るアルバートドックはディープ産駒でも母がHyperionが濃い馬で、瞬発力よりも持続力に富んだ馬。だからある程度の位置から粘り込む競馬が出来れば、さらに持ち味が活きるはずで、同じくHyperion的なスタミナに富んだハーツクライジャスタウェイワンアンドオンリーリトルアマポーラも前で受けれるようになって大成しました。前走エプソムCも18頭中11番手からの競馬、以前よりは前目で競馬が出来るようになってきていますし、厩舎の先輩ジャスタウェイ的な大成をする馬かもしれません。

●軽いスピードで平坦が合う
ダコールは母アジアンミーティアが種牡馬Unbridled’s Songの全妹で、アジアンミーティアは父Unbridledと母Trolley Song(Caro×ナスキロ)の柔らかさを併せ持った馬。とはいえ、軽いスピードが出た走りで平坦コースは合っています。この枠なら・・・あとは斤量との戦い。
=============================================

●Hyperion豊富の名繁殖
プロキオンSも、望田先生も以前から指摘されていましたが、タガノトネールにはもう1400は短い。母タガノレヴェントンは、ブラックタイドとの間でタガノエスプレッソを産んだ名繁殖で、キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。南部杯、そして良馬場のフェブラリーあたりで狙ってみたい馬になっています。成長力たっぷりの血ですからタガノスプレッソももう1つや2つ重賞を取るんじゃないかとみています。

リーチザクラウン×欧血
少し前後しますが、オリオンザジャパンに関連していうと、米血が濃い種牡馬クロフネは、母からHyperion的な欧血を取り込むことで成功しています。それはきっと好調な新種牡馬リーチザクラウンにもいえるのではないかと推測できます。
リーチザクラウンは母母クラシッククラウンがChief's Crownの半妹という良血馬で、スペシャルウィーク×Seattle Slew×Mr.Prospector×Secretariatという米血の塊。競走馬としては欧血を取り込めなかったため、先行しても重厚な粘りが効きませんでしたが、このように「競走馬として完璧でなかったこと」が種牡馬としてはプラスに働くのです。
これは決して種牡馬として優遇されたスタートを切ったとはいえない、ステイゴールドにもいえたことで、望田先生はステイゴールドについて以下のように書かれています。
430キロ足らずの牡馬でPrincely Giftの非力さも受け継いで、全勝ち鞍が東京と平坦コース、小さくて非力なのが唯一の弱点で競走馬としてはチャンピオンにはなれなかったけれど、種牡馬としてはこの唯一の弱点を補うことで(補足:ノーザンテーストのクロスなど)チャンピオンを何頭も出したのは周知のとおり。完全無欠のチャンピオンではないからこそ、完全無欠のチャンピオンを出せるのだという、そんなことも教えてくれた馬でした
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/f2ee786e8959abe85b4847f68a199f38

ちなみにリーチザクラウン産駒中央初勝利となったニシノアップルパイは母がアンバーシャダイ×トウショウボーイでノーザンテーストとトウショウボーイを通じるHyperion6・5×5・6、さらに3代母セリナトウショウはPharos5・5×6・5、Swynford7×6・5、その母ビバドンナがDonatello4×2など、リーチザクラウンの父の内包するセントクレスピンの血を増幅する配合をしています。(簡単にいえば重要な欧血が豊富)この馬が出世頭になるのではないかと見込んでいます。

先週の競馬でいえば、函館で圧倒的人気に応え2戦目で勝ちあがったエスケークラウンは、ニシノアップルパイほど欧血凝縮ではありませんが母父がアサティス、さらにAureole≒Alycidon6×7の3/4同血クロスも持っています。

また、福島芝1200m新馬戦を快勝したニシノオウカンのスピードは、マルゼンスキー≒Caerleon4×2の影響と考えられます。

とはいえ、2歳の夏で好調の要因は、米血らしい一本調子の気性を伝えているからだ、ともいえ、欧血を取り込んでいないと短距離で頭打ちになる馬も出てくるでしょう。リーチザクラウン産駒は全頭チェックしていますが、ぼくの中で最も良いなと思ったのはニシノアップルパイです。

●当然のように重馬場で
日曜の中京では1Rでゴールドケープが11番人気3着、2Rでスイフトアタックが10番人気2着と穴を空けたワークフォース産駒ですが、これは重馬場がプラスに働いたとしか言いようがありません。
Nureyev≒Sadler’s Wells4×2、パワーとスタミナに偏重している血統で、日本の種牡馬の中ではナカヤマフェスタと並んで「田んぼ馬場なら黙って買い」種牡馬だと思いますが、この2頭は2010年の田んぼ馬場凱旋門賞で死闘を繰り広げた2頭でした。この2頭が日本で種牡馬をやっているというのがもったいないというかなんというか…(^^;)

アグネスタキオンのダート化
ジャパンダートダービーはディープスカイ産駒のキョウエイギアが優勝しました。
ディープスカイ産駒の配合についてはまたの機会としますが、全日本2歳優駿のサウンドスカイと合わせてこの世代のダート路線を席巻。ダート種牡馬としての地位を確立していくでしょう。
少し視点を広げてみれば、同じアグネスタキオンの後継であったアドマイヤオーラクロスクリーガーを、母父としてもノンコノユメを輩出しました。アグネスタキオンの牝系を考えれば何ら驚きません。
それでもディープスカイは先述リーチザクラウン牝祖がMiss Carmieで同じ。母アビがその牝祖Miss Carmie4×3の牝馬クロスを持ち、Key to the Mintも内包していますからこちらの影響もあるでしょう。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年06月04日() 17:05 みんなの競馬コラム
【安田記念】 血統考察 byうまカレ
閲覧 1,444ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。
先週の日本ダービーは、マカヒキが優勝。落鉄しながらハナ差2着に好走したサトノダイヤモンド、不得意な上がり勝負になりながらも2着馬に肉薄したディーマジェスティ、府中2400mでシーザリオの仔に先着したエアスピネル、そして究極の上がりを使ったリオンディーズ皐月賞とは全く異なるレースの質ながら上位5頭は皐月賞と同じ。本当にハイレベルな春2冠だったと思います。

今週の安田記念も、モーリスを筆頭に少数精鋭、超ハイレベルなメンバーとなりました。気になる馬のところだけでも読んでみてください。

モーリス
母メジロフランシスはBlandford4・4×5で朝日杯3歳S(当時)を制した4代母メジロボサツに、フィディオン、モガミ、カーネギーと重厚な欧州血脈を配されNorthern Dancer3×4。字面的には重厚な血が重ねられているが、競走馬というのは、スピードがあるからスタミナが活き(=先行できるからスタミナを活かせる)、スタミナがあるからスピードが活きる(スタミナがあるからスピードを持続できる)のであり、名短距離馬には重厚な血が入っていることが多い。最近の例でいえばメジャーエンブレムも、母父はオペラウスだ。
モーリスのマイルでスッと先行できるスピードというのは、スクリーンヒーローの牝祖モデルスポートのTom Fool≒Spring Runの3/4同血クロス(MenowとBull Dogが共通)2×3によるものと考えられる。一言でいうと、モデルスポートのスピードを「日本のMライン(=メジロ)」である母のスタミナで持続させているということだろうか。また、筆者はカーネギーの母がTeddy6・6×5・5・6・7・7、モガミの母もTeddy5・6×5・5とTeddyの血量が豊富で、Bull Dog(父Teddy)を遠目に増幅させていることもポイントだろうと考えている(モーリスの母父カーネギーもそうだが、世界で、特に欧州の活躍馬にはBold Reason≒Never Bendのニアリークロスを持っている馬が多く、Teddyの血量というのは様々なところで論じられている)。
スタートして先行できるスピード、直線での加速力、ニホンピロウイナーノースフライトタイキシャトルダイワメジャーを知らない自分にとっては、「マイラーとは何か」ということを教えてくれた紛れのない名馬。負けるとすれば、緩い流れで中距離馬の瞬発力に屈する時ではないか。今回はそういう流れになりそうではあるが・・・。

リアルスティール
母母Monevassiaが名種牡馬Kingmamboの全妹という超良血馬で、3歳時にSir Gaylord≒Secretariat6×4の緩さが出ていたラングレープロディガルサンといった兄弟と比べると、最もマイラーだったKingmamboらしいパワーが発現されており、「パワーで突進している」という表現が合う走りをする。マイラーのKingmambo(=Monevassia)に、マイラーのStorm Catを配されたのが本馬の母ラヴズオンリーミーだから、もっとも母らしさ(マイラーらしさ)が出た本馬が現状兄弟の中で最も活躍しているというのは納得がいく。とはいえ、生粋のマイラーではないから、モーリスを負かすにはややスローで中距離質なレースになった方が良い。

サトノアラジン
ラキシスの全弟で、キズナリアルスティールエイシンヒカリらと同じディープインパクト×Storm Catというニックス。年齢を重ねるにつれて緩さが抜け、距離適性も短めにシフトしてきた。いくら緩い流れが向いていたとはいえ、前走の勝ちっぷりは本物。しかし、生粋のマイラーではないから、モーリスを負かすとすれば緩い流れで中距離質の瞬発力が要求された時であろう。メンバー的にそうなる可能性は高そうだ。

イスラボニータ
NasrullahとPrincequilloが豊富な母父Cozzene、母イスラコジーン自身はNot Afraid≒Gold Digger4×4でもあり、突き詰めればThe Tetrarchが豊富で、米血とのバランスが良いからか驚くほど柔らかく、美しい全身運動で走る。東京は合っているが、ベストは1800だから、マイルであればスローの方が差し込みやすい。しかしライバルにもそういったタイプは多く、どこまで肉薄できるかだろう。同世代が相手だった皐月賞セントライト記念こそ勝利したものの、基本的に内回りだと大幅なパフォーマンスダウンになるので、中山記念とは度外視、大阪杯は良く走った方だと思う。

フィエロ
母ルビーはロックオブジブラルタルの全妹だから、ミッキーアイルとは3/4同血の間柄となる。母系にNasrullahとCount Fleetを持つから、それなりの柔らかさも感じさせる。コースは問わないタイプで上位との力関係だけで、今回も普通に走ったならば3着争いが一杯一杯というところだろう。

クラレント
エリモピクシーは、Haloと血統構成の似た母母デプスのスピードも良く伝えるが、Hyperion5×4・6・7でもあり、この持続力とそのスピードを活かしている。クラレントの場合はHalo≒Drone≒デプス3×4・4のニアリークロスもあるが、3/4弟レッドアリオンよりも大飛びで、大きな視点でいえば、ジャングルポケットドゥラメンテほど斬れないにしても、NasrullahとHyperion的な末の走りで、極端な前傾戦にならなければジリジリを斬れ続ける。レッドアリオンが「粘り」ならば、クラレントは「重厚に斬れ続ける」といったところで、直線の長いコースはもちろんプラス。ただ、昨年より相手が強化されている点がどうか。

レッドアリオン
エリモピクシーについては、クラレントの項を参照。アリオンの場合は父がアグネスタキオンで、もちろんHalo≒Drone≒デプスというニアリークロスも持つが、タキオンの母母アグネスレディーがHyperion5×5、Lady Juror5×5という「粘り」の塊だから、昨年のマイラーズC、関屋記念の走りをみてもわかるように先行したときにベストパフォーマンスを発揮する。クラレントに比べると1800mがベストというタイプで、マイルだとスローの方が粘り込みやすいというのも昨年の重賞2勝をみれば明らかだ。このようにHyperionとLady Juror的持続力に優れた馬は、ハーツクライ然り、ワンアンドオンリー然り、マジックタイム然り、本格化以前は追い込み脚質になりやすい。アリオンも3歳時は追い込み脚質であり、血統通りの成長を遂げてきたといえる。揉まれ弱い気性があるから、大外と小頭数はプラス。近走は条件が合わなかったし(昨年の安田記念もインの3番手に入ってしまった)、すんなり逃げor先行が出来れば、本格化した今、粘り込みがあっても驚けない。

ダノンシャーク
母カーラパワーがCaerleon×Shirley Heightsで、NasrullahとPrincequilloとLa Troiennneを継続交配されていて、母系にゼダーンも持つことから、大飛びの外回り向きマイラー。生粋のマイラーだからロードカナロア安田記念3着のように、マイル戦らしい締まった流れで持ち味が活きる。東京のマイルは合っているが、中距離馬が多くペースが落ち付きそうなのはマイナスだろう。

ロサギガンティア
母ターフローズは2000mのリディアテシオ賞を制するなど中距離でも活躍たが、母父Big Shuffleの母母がOwen Tudor≒Court Martial2×2というLady Jurorの尻に敷かれた凄い配合で、このスピードが本馬にも伝わっていると考えられる。内回りのスプリングSと阪急杯の3〜4角で見せた加速こそがこの馬の本質で、外回りのここはオーロCのようにスローになって加速力を活かしたいところ。しかし、前走も1400mとは思えない緩い流れでサトノアラジンにあっさり差し切られてしまったから、さすがにこの相手だと1枚落ちるという子とか。

ロゴタイプ
Sadler’s Wells≒Nureyev4×4のパワーに下支えされたHalo4×3的機動力で走る馬で、内回りコースで器用さを活かしたいタイプ。58キロを背負い正攻法で勝ち馬に肉薄したダービー卿はさすがというパフォーマンスだった。直線の長いコースで好走するとなるとスロー希望だろうが、それでも富士Sでは3着だった。

ディサイファ
世界的に活躍馬を輩出するSoaring牝系でも、Ameriflora(グラスワンダーの母)らを輩出するGraceful Touchの分岐。母父Dubawi Millenniumはティンバーカントリーらを出すFall Aspen牝系で、ドバイワールドカップやジャックルマロワ賞に勝った名馬だが、一世代しか産駒を残すことが出来ず、その中からDubawiを輩出したのだから種牡馬としてのポテンシャルも相当なものだったのだろう。名牝系に、名血で貴重なDobai Millenniumを配されたのが本馬の母ミズナ。そこにディープインパクトだから、必ずや種牡馬にしなければならない馬といえよう。母のパワーを父ディープインパクトで中和させているが、このメンバー相手となると馬場が渋ってほしいところ。本質的にはパワーで捲れる内回り向きだが、父がディープインパクトで柔らかくしてしまっているから二兎を追っていると言いえ、競走馬としてはチャンピオンになれない配合なのかもしれない。しかしそれは、種牡馬としては母ミズナ似の馬、父ディープ似の馬という相反するタイプの馬を出せるということだから、競走馬ではチャンピオンになれないからこそ、種牡馬として成功する可能性が高い。とにかく無事に種牡馬入りをしてほしい。

コンテントメント
父HussonetはMr.Prospector直仔で、オーストラリアとチリでリーディングサイアーになった名種牡馬。半弟に2001年の香港ヴァーズステイゴールドの2着となったEkraarがいる。 Nasha3×4だが、母父がRaja BabaだからNasrullah≒Perfume4×4・5・5でもあり、芝での活躍馬を多く輩出しているというのも納得がいく。モーリスの2着に好走したチャンピオンズマイルはインの3番手付近で競馬が出来ていたが、東京の長い直線で世界レベルの日本馬相手となると厳しいだろう。

【まとめ】
モーリスは生粋のマイラーだから、ペースが緩んで中距離馬の斬れにやられる可能性はなくはない。
◆ディープ×Storm Catの2頭(サトノアラジンリアルスティール)は、年齢を重ねるにつれマイラーらしさが出てくる配合で、どちらもその傾向がみられる。とはいえ、生粋のマイラーではなく1800m寄りに適性があるからスロー希望で、打倒モーリスならやはりこの2頭。
イスラボニータは1800mのGIがないので、現状ではベストコースのGIだが、先述3頭と真っ向勝負で地力が足りるかどうか。
レッドアリオンは、大きな視点でみれば配合的にはハーツクライダイワスカーレットと同じで、「粘り」が武器の馬だから、揉まれ弱い気性を考慮しても、小頭数+大外枠という好条件が揃った今回は粘り込みが合っても驚けない。


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

ニホンピロウイナーの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ニホンピロウイナーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ニホンピロウイナーの写真

投稿写真はありません。

ニホンピロウイナーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ニホンピロウイナーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。