ウインバリアシオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウインバリアシオン
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年4月10日生
調教師松永昌博(栗東)
馬主株式会社 ウイン
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績23戦[4-7-2-10]
総賞金57,994万円
収得賞金16,775万円
英字表記Win Variation
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
スーパーバレリーナ
血統 ][ 産駒 ]
Storm Bird
Count On a Change
兄弟 シングルプレイヤーダンスールクレール
前走 2015/05/03 天皇賞(春) G1
次走予定

ウインバリアシオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/05/03 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1781615.8612** 牡7 58.0 福永祐一松永昌博528(+2)3.15.8 1.135.6⑧⑨⑩⑨ゴールドシップ
15/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 12337.352** 牡7 57.0 福永祐一松永昌博526(-4)2.30.5 0.334.7⑤⑤⑤アドマイヤデウス
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 165934.91012** 牡6 57.0 藤岡康太松永昌博530(-4)2.35.9 0.634.1⑩⑪⑩⑦ジェンティルドンナ
14/12/06 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 177135.4315** 牡6 57.0 藤岡康太松永昌博534(+12)2.00.9 2.136.1⑫⑫⑬⑬ラストインパクト
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 12673.027** 牡6 58.0 岩田康誠松永昌博522(-4)2.14.8 0.935.6⑧⑧⑨⑨ゴールドシップ
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 186126.532** 牡6 58.0 武幸四郎松永昌博526(0)3.15.1 0.034.1⑭⑭⑭⑧フェノーメノ
14/03/29 中山 11 日経賞 G2 芝2500 156102.011** 牡6 56.0 岩田康誠松永昌博526(-8)2.34.4 -0.333.9⑨⑫⑪ホッコーブレーヴ
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 162416.142** 牡5 57.0 岩田康誠松永昌博534(-4)2.33.6 1.337.3⑨⑪⑫④オルフェーヴル
13/11/30 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 143411.083** 牡5 56.0 藤岡康太松永昌博538(+30)2.00.1 0.534.6⑨⑨⑨⑧カレンミロティック
12/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 16117.934** 牡4 58.0 岩田康誠松永昌博508(-4)2.11.7 0.835.8⑫⑪⑧⑥オルフェーヴル
12/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 186119.823** 牡4 58.0 武豊松永昌博512(-2)3.14.8 1.033.5⑫⑫⑫⑫ビートブラック
12/03/24 中山 11 日経賞 G2 芝2500 14576.322** 牡4 56.0 武豊松永昌博514(-8)2.38.0 0.635.7⑭⑭⑩⑧ネコパンチ
12/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 9773.526** 牡4 56.0 安藤勝己松永昌博522(+10)2.13.4 1.035.4⑨⑨⑧⑦トレイルブレイザー
11/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 1661214.775** 牡3 55.0 安藤勝己松永昌博512(-4)2.24.7 0.535.0⑬⑮ブエナビスタ
11/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 187137.822** 牡3 57.0 安藤勝己松永昌博516(+2)3.03.2 0.434.3⑱⑱⑯⑭オルフェーヴル
11/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 12554.522** 牡3 56.0 安藤勝己松永昌博514(+18)2.28.7 0.433.2⑦⑦⑦⑤オルフェーヴル
11/05/29 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 181124.4102** 牡3 57.0 安藤勝己松永昌博496(-4)2.30.8 0.334.7⑮⑮⑮⑮オルフェーヴル
11/04/30 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 182414.561** 牡3 56.0 安藤勝己松永昌博500(-6)2.28.8 -0.133.6⑯⑯⑯⑬ショウナンパルフェ
11/03/06 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 116713.367** 牡3 56.0 福永祐一松永昌博506(-8)2.01.3 0.334.3⑩⑩⑧⑦サダムパテック
11/02/06 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 12792.814** 牡3 56.0 福永祐一松永昌博514(+2)1.48.0 0.433.6⑦⑤トーセンラー

⇒もっと見る


ウインバリアシオンの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ウインバリアシオンの関連コラム

関連コラムはありません。

ウインバリアシオンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 36ビュー コメント 1 ナイス 5

dmmバヌーシーって最初にお金払えば後にはお金かからなくてなおかつ早期引退の場合は一部返金らしいじゃない、そんな夢のようなサービスが出来たのと元々dmmの口座あるのでやろうと思ってますが、馬主やるならやはりウインバリアシオン産駒よ。オルフェーヴルはほっといても誰かが買うからやっぱり応援したいのはウインバリアシオン産駒。調べたら母父がクロフネ、サクラバクシンオー、フジキセキ、ゴールドアリュール、シンボリクリスエス、タニノギムレット、キングカメハメハとまさかの良い牝馬が結構種付けられてるじゃないですか、しかも唯一のキングカメハメハ産駒のタイセイローザの17はサンデーサイレンスの4×4だしノーザンテーストやトニービンの血が入ってめっちゃ金かかってて素晴らしい、牝馬なのは残念ですがこいつは是非とも一口バヌーシーになりたいぜ

 銀色のサムライ 2017年5月24日(水) 20:04
【2011年日本ダービー】オルフェ盤石のレース運びで二冠!
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 5

2011年の日本ダービーは雨の影響を受け、不良馬場でレースが行われました。

ロジユニヴァースが勝った2009年のダービー時ほど酷い道悪じゃなかったんですが、
瞬発力勝負が得意な馬やパワー不足は不発に終わる、という馬場状態でした。

1番人気に支持されたのは、震災の影響で東京開催となった皐月賞を快勝したオルフェーヴル。
単勝オッズは3.0倍。

2番人気は皐月賞2着のサダムパテック、
3番人気はデットーリ騎手がスポット参戦し騎乗する事になったデボネアでした。

レースはタフな不良馬場をもろともしない走りを見せたオルフェーヴルの圧勝!

道悪馬場が苦手だったドリームジャーニーの弟だったんですけど、
後にクラシック三冠馬になり、凱旋門賞2年連続2着という実績を残す馬には厳しい馬場も関係ありませんでした。

2着に入ったのは10番人気のウインバリアシオン。
今思えばウインバリアシオンほどの実力馬が10番人気でダービーに出ていた事に「?」と思ってしまいますけど、
この時点での目立つ実績は青葉賞1着ぐらいしかなかったですから、
低評価になってしまったのも仕方ないのかな?と思います。

オルフェーヴルの強さが際立ったレースでしたけど、
ベルシャザールやナカヤマナイト、トーセンラー、コティリオンなど、
個性的なメンツがそろっていた事もあり、強く印象に残っています。


オルフェーヴルのダービーから6年が経過。
ダービーの翌週からは新種牡馬のオルフェーヴル産駒を含む2歳馬たちがデビューを迎えます。

netkeibaのデータベースで検索してみたところ、
現2歳のオルフェーヴル産駒は154頭いるそうです。

オルフェーヴル自身がムラ駆けタイプだったので、
産駒にも不安定な部分が受け継がれるかもしれませんけど、
ハマった時の爆発力はディープやキンカメ、ロードカナロアよりも凄いものがあるはずですから、
産駒初年度から大物を輩出してくれるのでは?と大いに期待しています。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年4月25日(火) 19:34
【2014年天皇賞・春】フェノーメノ 史上3頭目の連覇達成!
閲覧 84ビュー コメント 2 ナイス 10

昨日の日記で挙げたブリーズアップセールの注目馬の取引結果を見ていきましょう。

イシュタルキャスト2015 ⇒ 1,000万円(H.Iコーポレーション)

サワヤカブラン2015 ⇒ 1,250万円(森中蕃)

ジーントウショウ2015 ⇒ 2,650万円(島川隆哉)

アンキャニー2015 ⇒ 1,050万円(柴一男)

ダイワスプレンダー2015 ⇒ 1,350万円(里見治紀)

いずれも落札額が1,000万円超え、という結果になりました。

里見治紀さんという方は「サトノ」の里見治オーナーの息子さんのようですね。
ついに里見オーナーの息子も馬主デビューする事になるのでしょうか。

サワヤカブラン2015はもっと高い落札額になっても良かったのでは?と思っています。
当日の調教の動きが良くなかったんでしょうかね…。
でも、「シゲル」の森中オーナーにとっては良い買い物だったと僕は思うので、
シゲル軍団の一員としてこれから頑張ってもらいたいです。


それでは今日の本題に。
2014年の天皇賞・春をピックアップします。

この年の天皇賞・春は前年のダービー馬・キズナに、
京都の高速馬場は不利でも根強い人気を誇っていたゴールドシップ、
直前で武幸騎手に乗り替わる事になったオルフェ世代・ウインバリアシオン、
など、個性あふれるメンバーがそろっていました。

「キズナ信者」の僕は当然キズナの一強だと考えていたんですけど、
もう1頭強い馬がいた事をすっかり忘れてしまっていました。
前年の天皇賞・春を鮮やかに勝ち切ったステイゴールド産駒・フェノーメノです。

前年と同じように中団やや前の位置で末脚を溜め、
持ち前の立ち回りの上手さでグングン前へと進出していき、残り100m付近で先頭。
ウインバリアシオンとホッコーブレーヴが一気に差を詰めていきますが、
ゴール板手前でもうひと伸びを見せ、天皇賞・春の連覇を達成。

天皇賞・春の2連覇はメジロマックイーン、テイエムオペラオーに次ぐ快挙!
稀代の名馬と肩を並べる歴史的な勝利となりました。

ゴールドシップに代表されるように、
ステイゴールド産駒は道悪など時計の掛かる馬場が得意なんですけど、
フェノーメノは道悪はダメで、高速馬場の方が合う、
というステイゴールド産駒にしては珍しい傾向を持つ馬でした。

フェノーメノは翌年の天皇賞・春で史上初の3連覇を目指していたのですが、
日経賞出走後に故障を発生して、そのまま現役を退く事になりました。

引退後のフェノーメノは種牡馬入りしていて、
2019年に産駒がデビューする予定になっています。

オルフェーヴルやゴールドシップと同様に、
大種牡馬・ステイゴールドの後継者として大きな期待が懸けられていますので、
種牡馬としても存在感あふれる活躍を見せてもらいたいです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインバリアシオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  ロンシャンボーイ 黄門様の達人杯   フォロワー:6人 2011年5月26日(木) 20:00:16
天気がよければ、末脚切れる。
雨なら厳しい。
2:
  千狐   フォロワー:0人 2011年5月24日(火) 22:29:16
東スポで爆笑問題田中がWIN5とウインバリアシオンはサインだと言ってます
1:
  hironish   フォロワー:3人 2010年10月29日(金) 15:18:35
9/19は直線だけで引き離す完勝。

ウインバリアシオンの写真

ウインバリアシオン

ウインバリアシオンの厩舎情報 VIP

2015年5月3日天皇賞(春) G112着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインバリアシオンの取材メモ VIP

2015年5月3日 天皇賞(春) G1 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。