注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ニシケンモノノフ(競走馬)

注目ホース
ニシケンモノノフ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年3月11日生
調教師庄野靖志(栗東)
馬主西森 鶴
生産者八木 常郎
生産地新冠町
戦績29戦[7-6-0-16]
総賞金16,803万円
収得賞金7,585万円
英字表記Nishiken Mononofu
血統 メイショウボーラー
血統 ][ 産駒 ]
タイキシャトル
ナイスレイズ
グリーンヒルコマチ
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
ツネノコトブキ
兄弟 ガッサングリーンミスコマチ
前走 2017/02/19 フェブラリーS G1
次走予定

ニシケンモノノフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16612100.9145** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志512(-2)1.35.6 0.536.4--ゴールドドリーム
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 162419.685** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志514(+3)1.23.7 0.736.2カフジテイク
16/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------1** 牡5 57.0 横山典弘庄野靖志511(--)1.25.8 -0.0----ドリームバレンチノ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 166114.922** 牡5 56.0 横山典弘庄野靖志512(+9)1.10.5 0.336.6⑥⑦ノボバカラ
16/09/15 浦和 11 オーバルスプ G3 ダ1400 12--------4** 牡5 54.0 岩田康誠庄野靖志503(--)1.26.4 0.6----レーザーバレット
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 156105.932** 牡5 56.0 岩田康誠庄野靖志508(-6)1.22.2 0.136.4⑦⑦ノボバカラ
16/04/30 京都 11 天王山S OP ダ1200 15351.811** 牡5 57.0 岩田康誠庄野靖志514(-2)1.10.4 -0.034.8⑤④ゴーイングパワー
16/03/15 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 12--------2** 牡5 56.0 戸崎圭太庄野靖志516(--)1.27.2 0.2----ダノンレジェンド
16/02/14 京都 10 すばるS OP ダ1400 168154.621** 牡5 56.0 岩田康誠庄野靖志516(+10)1.22.1 -0.235.5グレイスフルリープ
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 16125.9315** 牡4 56.0 横山典弘庄野靖志506(+6)1.54.3 2.640.7サンマルデューク
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 142223.864** 牡4 56.0 横山典弘庄野靖志500(+2)1.35.0 0.336.5ノンコノユメ
15/10/12 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16237.032** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志498(0)1.23.2 0.235.8④④グレイスフルリープ
15/09/12 阪神 11 エニフS OP ダ1400 15352.925** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志498(+4)1.23.7 0.337.6④④エーシンビートロン
15/06/13 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 165101.511** 牡4 57.0 中谷雄太庄野靖志494(0)1.22.3 -0.335.9④④メイショウオセアン
15/05/17 京都 11 栗東S OP ダ1400 16482.314** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志494(-4)1.23.1 0.535.7⑤⑥エイシンゴージャス
15/04/04 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 16484.722** 牡4 57.0 中谷雄太庄野靖志498(+2)1.23.0 0.536.7⑤④コーリンベリー
15/03/08 阪神 10 ポラリスS OP ダ1400 16486.731** 牡4 55.0 中谷雄太庄野靖志496(-4)1.21.5 -0.435.1エアウルフ
14/12/28 阪神 12 ファイナルS OP ダ1400 161224.992** 牡3 55.0 中谷雄太庄野靖志500(0)1.23.5 0.635.8⑤④コーリンベリー
14/11/30 京都 11 AリーフS OP ダ1400 161112.866** 牡3 55.0 中谷雄太庄野靖志500(+8)1.23.0 1.036.2サトノプリンシパル
14/10/25 京都 11 室町S OP ダ1200 163653.5104** 牡3 53.0 中谷雄太庄野靖志492(-2)1.10.7 0.335.7⑪⑫ダッシャーワン

⇒もっと見る


ニシケンモノノフの関連ニュース

 ◆岩田騎手(エイシンバッケン4着) 「直線に向いて(馬群を)さばければチャンスだと思っていた。惰性をつけて4コーナーから出して行ったぶん、最後は甘くなった」

 ◆庄野師(ニシケンモノノフ5着) 「ハナに行けていれば、もう少し楽だったかな。(直線で)コパノリッキーを競り落としたときは“やった”と思ったが、そんな中でも最後までしっかりと走っている」

 ◆幸騎手(ケイティブレイブ6着) 「ハナに行ければベストだったが、外(インカンテーション)が速かった。自分の形ではなかったけど、最後まで頑張っています」

 ◆蛯名騎手(ホワイトフーガ9着) 「うまく流れに乗れたが、牡馬相手で速いペースだった。最後もバテてはいないんだけど…」

 ◆石橋騎手(ブライトライン10着) 「内々を立ち回って、いいところを通れた。最後まで一生懸命走っている」

 ◆藤岡佑騎手(キングズガード11着) 「どこかで内に入れて、脚をためたかった。折り合いや内にもたれる面は解消されていた」

 ◆藤岡康騎手(インカンテーション13着) 「ゲートが最後入れというのもよかったし、スタートが決まったので出して行った。(直線で)一瞬、踏ん張ってくれるかと思ったが…」

 ◆武豊騎手(コパノリッキー14着) 「絶対、速くなると思ったし、もまれたくないので流れに乗せた。デキは悪くなかったが、締まった馬場で時計勝負の方がいい」

 ◆和田騎手(アスカノロマン15着) 「理想的なポジションで運べたが、きょうは本来の粘りがなかった」

 ◆内田騎手(デニムアンドルビー16着) 「砂をかぶっても嫌がらなかったが、踏ん張りどころで戸惑っていた」

【フェブラリー】最新ナマ情報2017年02月18日() 05:01

◆好状態をキープ〔2〕ホワイトフーガ

 交流GI2勝の牝馬は〔1〕枠(2)番をゲット。僚馬と隣り合わせで「いい枠に入った。好位で競馬ができるし、内でもまれても心配ない」と高木調教師は笑顔だ。金曜朝は坂路を2本駆け上がり「変わらずいい状態できている」と順調ぶりを伝えた。

◆ミルコにお任せ〔3〕ゴールドドリーム

 この舞台でユニコーンSを勝っている4歳馬は、〔2〕枠(3)番に決まった。平田調教師は「府中ならゲートは出るからね。ポンと出たらそのまま内をキープするだろうし、もまれる形になってもこれまでに経験している。あとは馬とミルコ(デムーロ騎手)に任すしかない」と力を込めた。

◆絶好枠をゲット〔4〕コパノリッキー

 JRA初の同一GI3勝に挑む。〔2〕枠(4)番の絶好枠をゲットして、村山調教師は「(4)番は2年前に勝っているところ。縁起がいい枠ですね。言うことはない。あとはジョッキー(武豊騎手)に任すだけ」と満面に笑み。金曜午前に栗東トレセンをたち午後、東京競馬場に入厩した。

◆スタートが勝負〔5〕アスカノロマン

 昨年3着馬は、〔3〕枠(5)番。「(後入れの)偶数が欲しかったが、とにかくスタートで五分に出てほしい。前走は近くで暴れた馬に驚いて出負けしたからね。もともと、ゲートはおとなしい。元気で状態はいい」と川村調教師はスムーズなスタートを願う。

◆もまれず進めば〔6〕モーニン

 〔3〕枠(6)番から史上2頭目の連覇に挑む。石坂調教師は「決まったところでやるだけです。いいも悪いもないと思います」と語った。前走のチャンピオンズCでは、もまれ弱さを露呈しているだけに内めの枠がどう出るか。

◆動きに余裕あり〔7〕ブライトライン

 フェブラリーSは2014年5着以来となり、枠順は〔4〕枠(7)番。「真ん中あたりがよかった」と梛木助手は満足そう。状態も上向きで「休み明けの前走より今回の方が動きに余裕がある。中団で我慢できてうまく脚がたまれば」と力を込める。

◆数枠よかった〔8〕デニムアンドルビー

 デビュー21戦目で初めてのダート。枠順は〔4〕枠(8)番に入った。角居調教師は「偶数が欲しかったのでよかった。真ん中の枠もいい。あとはダートがどうかですが、血統的には走っていいですからね。馬の状態は今朝(金曜)も雰囲気はよかった」とうなずく。

◆ベストの状態に〔9〕ベストウォーリア

 真ん中の〔5〕枠(9)番に入った。古泉助手は「枠を気にするタイプじゃない」と泰然自若。「1回使って体が締まって、ベストコンディションでいけそう」と、4年連続の参戦で初優勝を狙う。

◆偶数枠よかった〔10〕カフジテイク

 前哨戦の覇者は〔5〕枠(10)番に決定。湯窪調教師は「願わくば外枠が欲しかったが、どうせ後ろから行くからね。(1)、(3)番とかに入るよりかえってここの方がいいし、(ゲート後入れの)偶数枠はよかった」と納得。この日は角馬場で調整。福永騎手とのコンビで挑む予定のドバイ・ゴドルフィンマイルへ向けても、GI初制覇で弾みをつける。

◆落ち着きがカギ〔12〕ニシケンモノノフ

 根岸S5着馬は、〔6〕枠(12)番。庄野調教師は「内めの偶数枠に越したことはないが、この枠でも周りを見ながらジョッキーは乗るでしょう。先行して好位でうまく運べれば展開次第でチャンスはある。あとは当日の落ち着き次第」と精神面を課題にあげる。

◆幸運味方に一発〔13〕エイシンバッケン

 16番目で滑り込んだ。枠順は〔7〕枠(13)番。「3走前のOP特別を勝った時と同じでラッキーナンバー。馬の状態は体に張りがあって落ち着きもある。体も増えていて体調はいい。距離の1600メートルも前走を見れば大丈夫」と中尾調教師は前を向く。

◆馬具効果に期待〔14〕キングズガード

 外めの〔7〕枠(14)番に入った。寺島調教師は「真ん中か内がよかったが、偶数枠はいい。スタートが速くないので、うまく内に入り込んでくれれば。左にもたれるので今回はリングハミで臨みます」と馬具効果にも期待する。

◆堂々と逃げ宣言〔15〕ケイティブレイブ

 川崎記念5着の4歳馬は、〔8〕枠(15)番。目野調教師は「どこでもよかったが、(スタート後の)芝コースを長く走れる外の〔8〕枠はいいところ。(ハナに)行った方が一番力を出せるし、今回はほかに何が行っても行かせる」と逃げ宣言。

フェブラリーSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フェブラリー】厩舎の話2017年02月17日(金) 05:04

 ◆アスカノロマン・川村師 「スピードの乗りが良く予定通りの調教。スムーズな競馬を」

 ◆インカンテーション・羽月師 「理想的な体になってきた」

 ◆カフジテイク・湯窪師 「追い切りは先週より時計が出ていたし、具合はいいのかな」

 ◆キングズガード・寺島師 「行きっぷりがよくて、気合乗りもいい。上積みはあります」

 ◆ケイティブレイブ・幸騎手 「けいこは楽に動いてくれたし、息の入りもよかった」

 ◆コパノリッキー・村山師 「状態はいい。気分良く走れば」

 ◆ゴールドドリーム・平田師 「太め残りはないはず。舞台はベスト」

 ◆サウンドトゥルー・高木師 「距離は忙しいかもしれないが、必ずしまいは伸びてくれる」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「体調そのものは良化しています」

 ◆ニシケンモノノフ・庄野師 「上積みはないが、前走ぐらいを維持」

 ◆ブライトライン・野田助手 「調教から衰えは感じません」

 ◆ベストウォーリア・石坂師 「展開ひとつでチャンスはある」

 ◆ホワイトフーガ・蛯名騎手 「時計が速くても戸惑わずに走れれば」

 ◆モーニン・石坂師 「昨年と同じかもっと強くなっていると思っている。連覇を」

フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

サウンズオブアース×ルメールでドバイ参戦!2017年02月17日(金) 05:00

 昨年のジャパンC2着馬サウンズオブアース(栗・藤岡、牡6)が16日、ドバイシーマクラシック(3月25日、メイダン、GI、芝2410メートル)の招待を受諾した。鞍上はルメール騎手。藤岡調教師は「何とか初タイトルを取りたい」と意気込んだ。1月26日に栗東に帰厩しており、同レースに直行する。

 また、昨年の秋華賞ヴィブロス(栗・友道、牝4)にドバイターフ(同、芝1800メートル)、ニシケンモノノフ(栗・庄野、牡6)にゴールデンシャヒーン(同、ダ1200メートル)、シュウジ(栗・須貝、牡4)にアルクオーツスプリント(同、芝1200メートル)、カフジテイク(栗・湯窪、牡5)にゴドルフィンマイル(同、GII、ダ1600メートル)の招待状が届いた。ヴィブロスカフジテイクは受諾する方針で鞍上は未定。ニシケンモノノフシュウジは返事を保留している。

サウンズオブアースの競走成績はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】モノノフ、力強く12秒12017年02月16日(木) 05:03

 根岸S5着のニシケンモノノフは坂路で一杯に追われ4ハロン52秒2−12秒1の好時計をマーク。力強いフットワークに庄野調教師は「馬場状態がよかったので、時計も出た。真っすぐ走れていたし、動き自体はよかったです」と納得の表情をみせた。

 昨年の12月からコンスタントに使われ4走目。それでも「上積みはないけれど、前走ぐらいを維持できている」と状態に不安はない。

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フェブラリー】ニシケンモノノフ一発ムード2017年02月15日(水) 11:51

 根岸Sで先行策から5着に粘ったニシケンモノノフは、「右回りのほうがスムーズだが、前走を見る限り左回りでも問題はない」と庄野調教師。あとはマイルを克服できるかどうかだ。

 栗東坂路で単走。前半は14秒4−13秒7とゆったり進み、3F目から歯切れのいい脚さばきを披露し、12秒0−12秒1でまとめた。

 「時計の出やすいコンディションだったが、上がり重点で予定どおり。間隔が詰まっているので大きな上積みはないが、好調は維持。マイルは少し長いが、(横山典)ジョッキーには“秘策”があるようだし、馬場やペースを味方につけて、頑張ってほしい」と、トレーナーは一発を期待。(夕刊フジ)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシケンモノノフの関連コラム

閲覧 575ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月15日(水) 04:19 覆面ドクター・英
フェブラリーS
閲覧 1,957ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念が終わって早くもまたG気フェブラリーSがやってきました。20年以上前に西田式スピード指数からはじまり故・石川ワタルさんの指数などを参考にしてオリジナル指数作りなどしてきた指数派の人にとっては(私もそうですが)芝よりダートが得意でマイル以下の淀みのない流れの方が力関係の見極めが得意ではないかと思います。9年前にグアムで買ったフェブラリーSの馬券がガツンと当たって、海外挙式の家族の旅費まかなえて、「クイズ100人に聞きました」みたいだと思ったのがついこの間のようです(若い人にはさっぱりわからない話でしょうが)。今日は地方で大幅プラス(特に大井で勝つのは嬉しいです。投入額が他の地方競馬より少し多いですから)で気分よく昨秋のコラムのように書いてみます。

全馬診断

1番人気想定 カフジテイク 某わりと大手サイトで見てびっくりしました。鋭い末脚もっていて、好きな馬だし何度か穴で馬券とらせてもらっていますが、前走も本命打ちましたが、G気破槎燭箸いΕャラではないのでは。好勝負できるところまできているし、言われるほど1400向きでマイルだめとも思わないが・・。

2番人気想定 ゴールドドリーム これまたびっくり・・。まだ荷が重いのではチャンピオンズCも負け過ぎでまだ力つけてくるのは先で若すぎるのでは。消しの予定。

3番人気想定 ベストウォーリア 力があるのは確かだが2着続きなように、じれったい典型。3連単でマルチを買わないので本命打つ度、迷惑千万、いい加減にしてくれ、というタイプだが7歳だと、そろそろ舐められそうでこのくらいの人気なら妙味あり。

4番人気想定 モーニン ベストウォーリア と同じ馬場さんの有力マル外だがこちらの方が若いが器が小さく昨年よく勝てたなあという現況でヒモまででは。この人気なら消しも有りか。

5番人気想定 ノンコノユメ  去勢して体調あがるまで半年くらいはかかるので正直フェブラリーS間に合わないのではと、ここのところ消していたが、そろそろ上昇してくる頃ではあり、このくらい人気落としてくれればヒモには加えたい。

6番人気想定 サウンドトゥルー 騎乗停止で大野騎手が乗れないケチがついただけでなく力的にもちょっと下がってきている感じありヒモまで。

7番人気想定 コパノリッキー  16番人気で勝ったのが3年前ですが力落ちてきており買わない予定。

8番人気想定 アスカノロマン  チャンピオンズCでは人気薄で3着と激走したが勝ち切る力は無さそうでヒモまで。

9番人気想定 エイシンバッケン イマイチ伸び悩みでヒモに入れるかどうか程度。

10番人気想定 キングズガード  この馬ももう少しやれるかと思ったが一線級に入るとまだ少し落ちる。ヒモに入れるかどうか程度。

11 ホワイトフーガ ピーク過ぎつつある感あり。特に買えない。
12 ケイティブレイブ 気分よく逃げられるかの馬で流れ向かない。
13 デニムアンドルビー ディープ産駒のダート挑戦買えず。
14 レッツゴードンキ 芝マイルやダートで好走しているがここ通用する力無し。
15 ニシケンモノノフ  1400ベストに見せかけて通用することあり穴で買いたいタイプ。
16 サウンドスカイ 長期休養明けに大きくはなればビリだけに買えない。
17 インカンテーション 調子崩して休養も多く買えない。
18 ブラゾンドゥリス  力つけてきているがさすがに連闘でつかってこないのでは。
19 モルトベーネ ここのところの充実ぶりすごいがローテきつすぎ使わないのでは。
20 ソルティコメント オープンに上がってからは壁に当たっている。
21 スーサンジョイ 快進撃とまりオープン入着級に落ち着いてしまった。
22 チャーリーブレイヴ 休養明け2戦がふたけた着順では・・。
23 ブライトライン 丈夫で走り続けているが好勝負もう無理。
24 メイショウウタゲ オープン上がってからは入着級までに。
25 カゼノコ 相手弱いところ狙って距離短縮前走は出遅れて終了。スランプ期間。
26 ピオネロ 昨秋のシリウスSではアポロケンタッキーに先着しているように力あるが賞金足りないのでは。
というわけで10番人気以下ではニシケンモノノフピオネロが出られればというくらい。

最終結論は今週もう少し考えてから。本命を惜敗王ベストウォーリアにするかどうかも悩ましいところ。

[もっと見る]

2017年01月22日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月22日号】特選重賞データ分析編(31)〜2017年根岸ステークス〜
閲覧 2,281ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 根岸ステークス 2017年01月29日(日) 東京ダ1400m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ東京ダ1400mか東京ダ1600mの重賞かオープン特別”において5着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [3-3-3-16](複勝率36.0%)
×なし [0-0-0-23](複勝率0.0%)

 2013年以前を含めても、1400m未満や1600m超のレース、芝のレースや地方のダートグレード競走、条件クラスのレースなどを主戦場としてきた馬は不振。近年は東京競馬場への適性も問われるようになりました。たとえ実績上位でも、この条件をクリアしていない馬は過信禁物です。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2016年12月07日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年12月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(24)
閲覧 2,362ビュー コメント 0 ナイス 3

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月10日(土) 中山11R ラピスラズリステークス
【前走の着順別成績(2011年以降)】
●8着以内 [4-5-4-22](複勝率37.1%)
●9着以下 [1-0-1-37](複勝率5.1%)
→基本的に大敗からの一変は期待できないレース。また、前走の馬体重が500坩幣紊世辰診呂2011年以降[0-1-0-12](複勝率7.7%)と苦戦していました。


▼2016年12月10日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【“同年、かつ京都芝外回りか阪神芝外回り、かつ1600万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-5-3-23](複勝率34.3%)
●なし [0-0-0-30](複勝率0.0%)
→右回り、かつゴール前の直線が長いコースのレースに実績のある馬を重視したい一戦。また、前走の着順が9着以下だった馬は2012年以降[0-0-0-24](複勝率0.0%)なので評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年07月13日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(7/9〜7/10)サラマッポプロが的中率66%回収率415%の高精度予想!
閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、10(日)に福島競馬場でG3七夕賞が、中京競馬場でG3プロキオンステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
 
G3七夕賞メイショウナルトがレースを引っ張りますが、クリールカイザーが4コーナーで捉えて直線コースへ差し掛かります。先頭はクリールカイザーでリードは2馬身、2番手にアルバートドック、併せる形でマーティンボロ、外からはダコールも追い込んできます。残り200mを通過、ここで逃げるクリールカイザーを捉えたアルバートドックが先頭に立つとダコールが食らいついて2頭が抜け出す形に。ゴール前まで続いた叩き合いはアルバートドックダコールを半馬身差抑え込んで優勝しました!2着にダコール、そこから3馬身差の3着にオリオンザジャパンが入っています。
 
公認プロ予想家ではろいすプロら3名が的中しています。
 
 
G3プロキオンステークスワンダーコロアールが先頭で直線コースへ。逃げるワンダーコロアールが先頭でリードは1馬身、2番手にノボバカラ、直後にブライトライングレープブランデー、後続からはタガノトネールニシケンモノノフが追い込み態勢。残り100mを通過、ここでワンダーコロアールを交わしたノボバカラが先頭に躍り出ると外からニシケンモノノフ、内からはキングズガードが力強い脚で猛追!3頭が抜け出す形で叩き合いとなります。残り50m、一間歩ごとに差を詰めるニシケンモノノフノボバカラに並びかけますが、ここでノボバカラがもうひと伸び!そのまま粘り込んで中央重賞初制覇を飾りました。半馬身差の2着にニシケンモノノフ、そこからクビ差の3着にキングズガードが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロら7名が的中しています。
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
9(土)中京10Rで『蹄が厚く、道悪◎。降級馬で力的にも上。』と狙った◎ムーンクレストを本命に抜擢!◎△○の印で3連単715.4倍、3連複153倍、馬単70倍を的中させ、9万3840円を払い戻しました!さらには続く中京11Rで『かきこみ走法でダート適性ある。初ダートの今回が狙い目。』とコメントした◎ピオネロから8万4730円を払い戻しました!週末トータル回収率415%、収支プラス20万1970円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
9(土)中京9Rで『雨馬場は熟せる。』とコメントした◎アグネスヒーローの単勝を1万円的中させ、63万6000円を払い戻しました!凾館2Rでも8人気◎リヴァイタライズの単勝を1万円仕留め、41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率224%、収支プラス73万3000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
9(土)凾館2Rで『ここ2走は忙しい競馬で距離が合っていない印象。そして何よりこの馬の大問題はノド。前走は短距離のスピードに慣れてきたような走りだったがノド鳴りの影響でとても苦しい面を見せていた。結果的に手術をする事になったが経過は良好のようなので地力を考えると一気の巻き返しがあっても不思議ではない。枠も絶好で術後いきなりでもここで狙う。』と完璧な見解を披露し、単勝を1万円的中!41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率185%、収支プラス19万円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
勝負レースに指定した10(日)福島1Rで『ファスリエフ×クロフネという配合でダート変わりで上積み大きそう』と狙った単勝87.5倍の◎シャインヴィットゥが3着に入り、ワイド19.4倍、3連複44.3倍を的中!同じく勝負レースに指定した9(土)函館12Rでも『サウスヴィグラス産駒で瞬発力が要求される東京ダートよりも、他場のダート1200m以下に適性あり』とコメントした◎ヴァーノンからの馬連30.4倍、3連複24.8倍を的中!週末トータル回収率164%をマークしています。
 
 
この他にも覆面ドクター・英プロいっくんプロ馬っしぐらプロ栗山求プロくりーくプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年07月06日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年7月6日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(2)
閲覧 1,979ビュー コメント 0 ナイス 8

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年07月10日(日) 函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞 マリーンステークス
【前走が大沼ステークスだった馬の、前走の着順別成績(2014年以降)】
●3着以内 [2-0-1-2](複勝率60.0%)
●4着以下 [0-0-0-8](複勝率0.0%)
→大沼ステークスが別定競走、マリーンステークスがハンデキャップ競走となったのは2014年から。この変更により大沼ステークスで大敗した馬の巻き返しが増えるかと思われたものの、実際はむしろ大沼ステークスでの序列が覆りにくくなりました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
函館ダ1700m×ハーツクライ×無条件
→複勝率35.9%、複勝回収率172%


▼2016年07月10日(日) 中京11R プロキオンステークス

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシケンモノノフの口コミ


口コミ一覧
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 2

【フェブラリーS(G1)回顧】ゴールドドリームが亡き父ゴールドアリュールに捧げる「魂」の走り!連覇達成デムーロ騎手は「飛行機ポーズ」で喜び爆発!━ gambling journal ギャンブルジャーナル/2017年02月19日 20時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2628.html

 まさに、亡き父に捧げる会心の勝利だった。

 19日、東京競馬場で行われた今年最初のJRA・G1第34回フェブラリーS(G1)。年末のアウォーディーやアポロケンタッキーがドバイ遠征を選択したこともあり「主役不在の大混戦」といわれていた。

 前日、自身もフェブラリーSを制し、幾多のダート活躍馬を送り出した名種牡馬ゴールドアリュールの訃報に包まれた競馬界。そんなかつてのダート王を弔うかのように、最後の直線力強く抜け出したのが、父からその血と「ゴールド」の名を引き継いだゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎)だった。

 各馬まずまず揃ったスタートが切られた中、急遽の乗り替わりが不安視されていたサウンドトゥルーとカフジテイクの2頭がやや立ち遅れるが、脚質的に大きな問題はなかった。インカンテーションが外から果敢にハナを主張するも、内で「秘策」を匂わせていた横山典弘騎手のニシケンモノノフが抵抗する。

 結局インカンテーションがハナを切り、ニシケンモノノフが2番手。武豊騎手騎乗のコパノリッキーは3番手に控えた。それを見るような形で前年の覇者モーニン、アスカノロマンなどが好位を形成。ベストウォーリアやゴールドドリーム、ノンコノユメなどが中団に構えてそれらに続いた。スタートでやや遅れたサウンドトゥルーとカフジテイクの2頭は、いつも通り後方待機の競馬を試みている。

 最初の600mが34.0秒と速い流れで飛び出したが、レースはじょじょに落ち着きを取り戻し1000m通過は59.0秒と平均ペースとなった。

 インカンテーションが先頭のまま最後の直線に入ると、まずコパノリッキーが抜け出しを図るが後続がそれを許さない。すると中団にいたゴールドドリームが外から先頭集団を強襲。内で必死の抵抗を試みるニシケンモノノフを捕らえて先頭に躍り出た。

 その直後、今度はベストウォーリアが馬群を割って先頭のゴールドドリームを捕らえる勢いで飛び出す。一瞬、脚色の上回るベストウォーリアが先頭に立つかと思われたが、M.デムーロ騎手の"激"に応えたゴールドドリームが、父ゴールドアリュールに背中を押されているかのような驚異的な粘りを発揮。

 ラスト100mは内ベストウォーリア、外ゴールドドリームに分かれた壮絶な叩き合いが繰り広げられた。だが、結局最後まで粘り切ったのは後者だった。

「最後は物見して危なかったけど、それだけ余裕があった。素晴らしい馬」

 勝ったゴールドドリームをそう称えたのは、これで昨年に次ぐ連覇を達成したデムーロ騎手だ。これで先々週の東京新聞杯、先週の京都記念と合わせ、これで3週連続の重賞勝利と絶好調。ゴール板通過後には喜びのあまり両手を大きく広げ、ファンにお馴染みの"飛行機ポーズ"まで飛び出した。

 クビ差の2着には、最後までデムーロ騎手との叩き合いを演じた戸崎圭太騎手のベストウォーリア。1番人気のカフジテイクは最後方から猛然と追い上げたが、3着までが精一杯だった。

「これからのG1は全部勝ちたい」と、勝利騎手インタビューを力強い言葉で締めくくったデムーロ騎手。競馬には「死んだ種牡馬の仔は走る」という古い格言があるが、まさにその通りの結果となった。

 トーホーアマ 2017年02月19日() 17:15
フェブラリーS〜回顧〜
閲覧 39ビュー コメント 5 ナイス 8

今日の総括
実馬券は最後の最後でチェリー様ーの複5000円追加しなんとかかんとか5000円負け。野中君に助けてもらえた状態。勝春は本当に下手すぎ、ワイド軸相手選びで凄い後悔。土日あわせたら5万まけはちょっと苦しい。2月の重賞成績がうまくハマらず苦しい。2月もあと1週間だけ。

本題
馬券はモーニンとベストウオ―リアの単4000円ずつではずれ。

本当に悔しい。まさか、ゴールドドリームに負けるとは思わなかった。モーニンは話にならなかった。馬券は惜敗だけど予想は完敗といったとこですか。

.1 10.5 11.4 12.2 12.8 11.8 12.0 12.3
12.1 22.6 34.0 46.2 59.0 70.8 82.8 95.1


ゴールドドリーム
前走の大敗はなんだったのか。距離なのか。それとも位置取りか。前回はハイペースで前つけた分たれたが今回それより後ろをとって差しにした分脚をためれたのか。今回もハイペースだった分展開もある程度味方してくれたとはいえ強かった。強いんだろうなあ。この先も買っても裏切られないだろうか。自分はどうしても眼中になかったので完敗です。

ベストウオ―リア
ベストは1600mだと思ってただけにここでも2着ならばもうしかたない。1番パドックで迫力あっただけに追加したことは後悔しない。この先も息長く活躍してほしい。

カフジテイク
追い込み馬の宿命なような、去年のノンコと同じような結果に。内の2頭強かったのでしかたない。
この先と思いたいがまずは賞金加算しないと地方G1も夢のまた夢。その先も大変だろうが頑張てほしい1頭。


エイシンバッケン
力はある。もしかしたら、カフジテイクよりも強いのではとおもったが1600mは最後甘くなったか。G1で1600mしかないからなあ、G2G3どまりなのかな。惜しい馬だなと思う。

ニシケンモノノフ
策があるということを会見で言ってたので、正攻法の競馬はしてこないだろうなとは思ったのでつっつくか本当にポツンするかの2択。大体この場合園田でも前いったから前いくだろうなおもったけど、この策を前走やれば勝ち負けだったのではと思えてしまった内容w一瞬ぬけだしたときは馬券買ってた人は夢見た人は多いはず。

モーニン
前いってほしくなかったなと。ムーアも控えればよかったといったようにそう思うが、2走続けて負けすぎ。地方では人気するだろうしもう前行くしか策がないとなると厳しいような。馬場の恩恵も必要になると考えることは多くなりそう。


初G1負けはしたがすぐに高松宮記念くるので次はとりたい。

[もっと見る]

 ちびざる 2017年02月19日() 16:42
フェブラリーSの結果
閲覧 5ビュー コメント 0 ナイス 0

1着:ゴールドドリーム
2着:ベストウォーリア
3着:カフジテイク


私の◎にしたΕ癲璽縫鵑12着でした。
1着のゴールドドリームは△
2着のベストウォーリアは▲
3着のカフジテイクは○

3連複フォーメーションなので、馬券はハズレしました。(>__

[もっと見る]

ニシケンモノノフの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2016年4月19日(火) 23:01:35
激アツ

ニシケンモノノフの写真

ニシケンモノノフ

ニシケンモノノフの厩舎情報 VIP

2017年2月19日フェブラリーS G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニシケンモノノフの取材メモ VIP

2017年1月29日 根岸ステークス G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。