ニシケンモノノフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ニシケンモノノフ
ニシケンモノノフ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年3月11日生
調教師庄野靖志(栗東)
馬主西森 鶴
生産者八木 常郎
生産地新冠町
戦績33戦[9-6-1-17]
総賞金17,773万円
収得賞金11,685万円
英字表記Nishiken Mononofu
血統 メイショウボーラー
血統 ][ 産駒 ]
タイキシャトル
ナイスレイズ
グリーンヒルコマチ
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
ツネノコトブキ
兄弟 ガッサングリーンミスコマチ
前走 2017/11/03 JBCスプリント G1
次走予定

ニシケンモノノフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/03 大井 8 JBCスプリ G1 ダ1200 16--------1** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志507(--)1.11.4 -0.0----コパノリッキー
17/10/04 大井 11 東京盃 G2 ダ1200 16--------3** 牡6 56.0 横山典弘庄野靖志507(--)1.12.3 0.2----キタサンミカヅキ
17/06/08 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 16--------1** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志512(--)1.09.4 -0.8----ショコラブラン
17/03/14 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 12--------5** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志513(--)1.29.1 0.9----ブラゾンドゥリス
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16612100.9145** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志512(-2)1.35.6 0.536.4ゴールドドリーム
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 162419.685** 牡6 57.0 横山典弘庄野靖志514(+3)1.23.7 0.736.2カフジテイク
16/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------1** 牡5 57.0 横山典弘庄野靖志511(--)1.25.8 -0.0----ドリームバレンチノ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 166114.922** 牡5 56.0 横山典弘庄野靖志512(+9)1.10.5 0.336.6⑥⑦ノボバカラ
16/09/15 浦和 11 オーバルスプ G3 ダ1400 12--------4** 牡5 54.0 岩田康誠庄野靖志503(--)1.26.4 0.6----レーザーバレット
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 156105.932** 牡5 56.0 岩田康誠庄野靖志508(-6)1.22.2 0.136.4⑦⑦ノボバカラ
16/04/30 京都 11 天王山S OP ダ1200 15351.811** 牡5 57.0 岩田康誠庄野靖志514(-2)1.10.4 -0.034.8⑤④ゴーイングパワー
16/03/15 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 12--------2** 牡5 56.0 戸崎圭太庄野靖志516(--)1.27.2 0.2----ダノンレジェンド
16/02/14 京都 10 すばるS OP ダ1400 168154.621** 牡5 56.0 岩田康誠庄野靖志516(+10)1.22.1 -0.235.5グレイスフルリープ
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 16125.9315** 牡4 56.0 横山典弘庄野靖志506(+6)1.54.3 2.640.7サンマルデューク
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 142223.864** 牡4 56.0 横山典弘庄野靖志500(+2)1.35.0 0.336.5ノンコノユメ
15/10/12 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16237.032** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志498(0)1.23.2 0.235.8④④グレイスフルリープ
15/09/12 阪神 11 エニフS OP ダ1400 15352.925** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志498(+4)1.23.7 0.337.6④④エーシンビートロン
15/06/13 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 165101.511** 牡4 57.0 中谷雄太庄野靖志494(0)1.22.3 -0.335.9④④メイショウオセアン
15/05/17 京都 11 栗東S OP ダ1400 16482.314** 牡4 56.0 中谷雄太庄野靖志494(-4)1.23.1 0.535.7⑤⑥エイシンゴージャス
15/04/04 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 16484.722** 牡4 57.0 中谷雄太庄野靖志498(+2)1.23.0 0.536.7⑤④コーリンベリー

⇒もっと見る


ニシケンモノノフの関連ニュース

 ★みやこSを圧勝したテイエムジンソク(栗・木原、牡5)、3着キングズガード(栗・寺島、牡6)、5着モルトベーネ(栗・松永昌、牡5)はチャンピオンズC(12月3日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。9着タガノヴェリテ(栗・本田、セン馬5)はベテルギウスS(12月28日、阪神、OP、ダ1800メートル)に向かう。



 ★JBCクラシック4着アウォーディー(栗・松永幹、牡7)は引き続き武豊騎手でチャンピオンズCへ。8着アポロケンタッキー(栗・山内、牡5)も同レースに出走する。

 ★JBCスプリントを制したニシケンモノノフ(栗・庄野、牡6)は年内は休養し、根岸S(2018年1月28日、東京、GIII、ダ1400メートル)に出走するか、また芝のレースを試す可能性もある。6着コーリンベリー(美・小野、牝6)、12着ノボバカラ(美・天間、牡5)はカペラS(12月10日、中山、GIII、ダ1200メートル)へ。

 ★産経賞オールカマー3着タンタアレグリア(美・国枝、牡5)はジャパンC(26日、東京、GI、芝2400メートル)へ向かう。



 ★菊花賞12着ブレスジャーニー(栗・佐々木、牡3)はチャレンジC(12月2日、阪神、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★長岡京Sを勝ったムーンクエイク(美・藤沢和、セン馬4)は年内は休養する予定で、2018年は東京新聞杯(18年2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)あたりが視野に入る。

 ★みちのくSを勝ったユキノアイオロス(美・和田道、セン馬9)はタンザナイトS(12月16日、阪神、OP、芝1200メートル)へ。

【アルゼンチン】リチャード圧勝!ミルコ興奮「めちゃめちゃ強い」 2017年11月6日(月) 05:09

 第55回アルゼンチン共和国杯(5日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2500メートル、1着本賞金5700万円=出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたスワーヴリチャードが、ダービー2着以来の秋初戦を差し切って快勝。初の古馬相手でも力の違いを示した。タイム2分30秒0(良)。今後はジャパンカップ(26日、東京、GI、芝2400メートル)と有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)が視野に入る。2馬身1/2差の2着は7番人気のソールインパクトだった。

 ダービー2着馬の秋初戦は、鮮やかすぎる大楽勝だ。1番人気スワーヴリチャードがイン追走から馬群を割って勢いよく抜け出す。最後までミルコ・デムーロ騎手がムチを振るう必要もない。歴戦の古馬勢を残り300メートルから一瞬で引き離して勝負を決めた。

 「めちゃめちゃ強いです。いいポジションにつけられたし、直線でもすごい手応え。初めて調教で乗ったときに素晴らしいものを感じたので、ずっと自信を持っていた。古馬相手でも問題なかったのだから能力が高い」

 あまりの強さにほおを紅潮させるミルコは、今年の150勝目をGIIで決めて興奮気味だ。道中は6、7番手のイン。鞍上は「馬の気持ちが一番」と終始、馬群に囲まれていてもパートナーを信じた。直線に向いて、一瞬あいたスペースを見逃さず、馬体をねじ込んだ時点で勝負あり。2馬身半差の完勝で、1997年のタイキエルドラド以来、20年ぶりとなる3歳馬Vを決めた。

 ダービーで涙をのんだ後は、激走の反動が出て体調が戻りきらず、菊花賞を回避。じっくりと立て直して、調整を進めてきた。古馬との初対戦に加え、3歳馬としては重い56キロのハンデで不安もあったが、庄野調教師は「きょうは完勝でした。間を割って来るときの脚は速かった」と振り返り、「10キロ増の体は予定通り。これからの馬だけど、春より体つきも大人になってきた」と確かな成長を口にする。厩舎としては、3日大井のGI・JBCスプリント(ニシケンモノノフ)に続く重賞Vで、勢いも見せた形だ。

 この後はジャパンC、有馬記念が視野に入る。ジャパンC参戦なら、ダービー馬レイデオロへのリベンジ戦だ。「どこかでGIタイトルを取りたい」とトレーナーの言葉にも自然と力がこもる。

 さあ、再びGIの舞台へ−。スワーヴリチャードが、悔し涙を流した春のぶんまで暴れ回る。 (板津雄志)



★5日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!



スワーヴリチャード 父ハーツクライ、母ピラミマ、母の父アンブライドルズソング。栗毛の牡3歳。栗東・庄野靖志厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)NICKS。戦績7戦3勝。獲得賞金2億544万8000円。重賞は2017年GIII共同通信杯に次いで2勝目。アルゼンチン共和国杯は庄野靖志調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+人名より」。

[もっと見る]

【JBCスプリント競走(Jpn1)3上選定馬重賞】(大井)〜ニシケンモノノフが優勝2017年11月3日(金) 18:03

3日、大井競馬場の第8Rに行われた第17回 JBCスプリント競走(Jpn1)3上選定馬重賞(ダート・外 右1200m サラブレッド系3才以上 定量)は横山典弘騎手騎乗の2番人気・1番ニシケンモノノフ(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分11秒4(重)。さらにアタマ差の2着に1番人気・10番コパノリッキー(牡7)、そこからアタマ差の3着に3番人気・11番ブルドッグボス(牡5)が入った。
ニシケンモノノフは、父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ、母の父アフリートという血統で庄野靖志厩舎の所属馬。生産は新冠郡新冠町・八木常郎。馬主は西森鶴。通算成績は37戦12勝。
「JBCスプリント競走(Jpn1)3上選定馬重賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【JBCスプリント】ニシケンモノノフ内から伸びてGI初制覇 2017年11月3日(金) 16:37

 11月3日(祝・金)の大井競馬8Rで行われた第17回JBCスプリント(交流GI、3歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・右1200メートル、16頭立て、1着賞金=6000万円)は、横山典弘騎手騎乗の2番人気ニシケンモノノフ(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、上位4頭がタイム差なしという激戦を制し、GI初勝利を挙げた。タイムは1分11秒4(重)。10月のマイルCS南部杯でホッコータルマエに並ぶホッコータルマエに並ぶ日本競馬史上最多のGI・10勝目を挙げていたコパノリッキー(1番人気)は、2着に敗れた。



 レースはコーリンベリーが引っ張り、ニシケンモノノフ、ネロなどが続いた。出負けしたコパノリッキーは後方から勢いよくまくって先団へ。直線では、内で粘っていたコーリンベリーに代わってネロが先頭に立ったが、コパノリッキーがさらにかわす展開。しかし、内に進路を取ってから盛り返していたニシケンモノノフが猛然と伸びて、GI・10勝馬をアタマ差で差し切った。さらにアタマ差の3着にブルドッグボス(3番人気)、クビ差の4着にネロ(8番人気)が入った。



 ニシケンモノノフは、父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ、母の父アフリートという血統。北海道新冠町・八木常郎氏の生産馬で、西森鶴氏の所有馬。通算成績は37戦12勝(うち地方13戦7勝)。重賞は2013年兵庫ジュニアグランプリ・交流GII、16年兵庫ゴールドトロフィー・交流GIII、17年北海道スプリントC・交流GIIIに次いで4勝目。JBCスプリントは、庄野靖志調教師は11年サマーウインドに次いで2勝目。横山典弘騎手は初勝利。



 ◆横山典弘騎手「返し馬もいつも以上に元気があって、具合がいいなと思っていました。本当にずっと手応えが良くて、直線で内に進路を取ってからものびのびと走ってくれました。反応が良かったですよ。6歳ですけどタフな馬で、来年もさ来年も頑張れると思います」



★3日大井8R「JBCスプリント」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【JBCスプリント】追って一言2017年11月1日(水) 05:05

 ◆ニシケンモノノフ・庄野師 「ひと叩きしてグンとよくなっている。夏場に緩めたので前走(東京盃3着)は踏ん張り切れなかったが、今回は違うはず」

 ◆スノードラゴン・高木師 「年齢的にも大きな体調の変化はなく前走くらいの仕上がり。1200メートルなら芝・ダート問わず走ってくれるし、自分の競馬をして展開が向くかどうか」

[もっと見る]

【JBCスプリント】コパノリッキー5枠10番! 枠順確定 2017年10月31日(火) 14:39

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われる第17回JBCスプリント(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右1200メートル)の枠順が31日に確定した。

 史上初のGI11勝目を狙うコパノリッキーは5枠10番、前哨戦の交流GII東京盃を快勝したキタサンミカヅキは2枠3番、交流GIIIクラスターC勝ち馬のブルドッグボスは6枠11番、北海道スプリントCを制したニシケンモノノフは1枠1番、2014年のスプリンターズS優勝馬スノードラゴンは4枠8番にそれぞれ決まった。

★JBCスプリントの枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシケンモノノフの関連コラム

閲覧 482ビュー コメント 2 ナイス 14

 高知では唯一のグレードレースとなる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬の経営逼迫で休止したこともありましたが、2009年以降は賞金を減額しながらも、無事に行われています。しかし、現在行われている他G3と比べて、高知ばかりが取り立てて賞金が安いわけでもないので、「メンバーが揃わないのでは?」という心配はご無用。むしろ、地方で行われる前年のJBCスプリント以来の短距離の別定重賞ということもあり、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多いです。

 これまでにも昨年、このレースを圧勝したダノンレジェンドのように、数多くの前年のJBCスプリントの連対馬が出走してきました。JBCスプリントは、唯一の短距離G1であり、最高峰レース。そこで勝ち負けした馬が、このレースで通用しないはずもありませんが…過去10年では【6・2・0・1】という期待を裏切らない好成績でした。

 該当の勝ち馬は、2005年マイネルセレクト、2006年ブルーコンコルド、2010年スーニ、2012年セイクリムズン、2013年セイクリムズン、2016年ダノンレジェンド。2着は、2014-2015年ドリームバレンチノ。しかし、1頭だけ4着以下に敗れているということも忘れてはいけません。2012年のスーニは、前年のJBCスプリントの連対馬でありながら、4着に凡退しています。ただし、このときのスーニは、斤量59圓旅麥未鯒愽蕕錣気譴討里發痢6堽59毀にならば、かなり信頼できるでしょう。

 また、その他の過去10年のこのレースの連対馬のほとんどが、過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績がありました。唯一の例外は、昨年のこのレースの2着馬ニシケンモノノフのみ。ニシケンモノノフは、前走JRAのオープンの勝ち馬でした。基本的に実績馬が集うレースなので、実績がなければ狙いづらいレース。上り馬を狙うのであれば、少なからずとも前走JRAのオープンの勝ち馬を狙いたいところです。

 さらにこのレースでは、2014年の勝ち馬セイクリムズンや2着馬トウショウカズン、一昨年の2着馬ドリームバレンチノのように、前走のフェブラリーSでは通用しなかった馬がここでやや人気を落として巻き返してくるパターンがしばしば見受けられます。遡れば2005年にこのレースで5番人気で2着入線したノボトゥルーも、前走のフェブラリーSで14着に凡退した馬でした。「前走フェブラリーS凡退馬を狙え!」は簡単にヒモ穴をひっかけるコツでもあるので、覚えておいて損はありません。

 また、このレースでは実績馬に交じってしばしば地方馬が2着、3着に入線しているのが特徴的。2005年の3着馬で2006年は2着のロッキーアピール(ともに6番人気)、2007年の3着キングスゾーン(6番人気)、2015年の3着馬タガノジンガロ(5番人気)は、もともとダートグレードで実績があった馬。前走A1クラスを大差勝ちしたタガノジンガロがなぜそれほど人気がなかったかはともかく、ロッキーアピールやキングスゾーンは、前走での大敗が嫌われて人気薄でした。

 さらに2009年には9番人気のフサイチバルドルが3着入線し、3連単の払い戻しが10万円を越えたこともありました。さて、フサイチバルドルはとのような馬だったかというと、JRA所属時代は長らく芝のレースを使われて、高知に移籍と同時に再びダートを使われて素質開花というプチ・ゴルトブリッツのパターン。けっして狙えない馬ではないです。地方馬はとにかく人気にならないので、何かしらの買える要素があれば積極的に馬券に加えましょう。


 ●まとめ

 ・本命候補
 前年のJBCスプリントの連対馬。(斤量59kg未満が条件)
 
 ・穴馬候補
 前走フェブラリーS凡退馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があることが条件)

 ・大穴候補
 地方馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があるか、プチ・ゴルトブリッツのパターンは狙い)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年2月23日(木) 11:27 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/18〜2/19)霧プロ、くりーくプロが京都最終で波乱レースを的中!
閲覧 797ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は19(日)に東京競馬場でG1フェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーステークスの1番人気はカフジテイクで4.5倍、2番人気ゴールドドリーム5.0倍、3番人気モーニン5.4倍、続いてノンコノユメ7.1倍、ベストウォーリア7.6倍、6番人気コパノリッキー9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました!
 
注目のスタートは外からダッシュ決まったインカンテーションニシケンモノノフがお互い手綱を緩めず激しいハナ争い、そこから3馬身ほど間があいてコパノリッキーケイティブレイブモーニンアスカノロマンと先行集団を形成、中団からはホワイトフーガベストウォーリアゴールドドリームキングズガードノンコノユメブライトラインが追走。後方からはエイシンバッケンサウンドトゥルーカフジテイクと追走して最後方にデニムアンドルビーの態勢。前半600m通過は34秒0(参考)の厳しい流れも3〜4コーナーでペースが緩むと後方各馬も差を詰めて馬群がギュッと凝縮!インカンテーションが先頭で直線コースへ入ります!
 
先頭のインカンテーションのリードは1馬身、直後にニシケンモノノフコパノリッキーケイティブレイブの3頭、外からはアスカノロマンゴールドドリームが追い出しにかかります。残り200m、ここでインカンテーションを交わしたニシケンモノノフが単独先頭に変わって後続を離しますが、内からベストウォーリア、外ゴールドドリームが力強い脚で猛追、3頭が内、中、外で競り合うか形で追い比べ!残り100m、ここでニシケンモノノフが一杯となるとベストウォーリアゴールドドリームの2頭の叩き合い!一旦先頭に立ったゴールドドリームを差し返すベストウォーリア!2頭の激しい追い比べはゴールまで続きましたが僅かに外ゴールドドリームベストウォーリアをクビ差抑えて優勝しました!2着にベストウォーリア、そこから3/4差の3着にゴール前急追したカフジテイクが入っています。
  
公認プロ予想家では他伊吹雅也プロ他5名が的中しています。
 
 
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(日)京都12Rで単勝39倍の◎バーサーカーからの馬連691.6倍、3連複950.7倍を仕留め、23万3390円を払い戻しました!18(土)京都6Rでは▲◎○の印で本線的中!6万7310円を払い戻しました!週末トータル回収率145%、収支プラス14万7460円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースとした19(日)京都12Rで調教A評価とした○レッドヴェルサス、B評価▲のアチーヴが馬券に絡み、3連複950.7倍、枠連117.1倍を的中!10万6780円を払い戻しました!週末トータル回収率192%、収支プラス6万4860円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)東京4Rで◎アルチレイロを頭固定、○ミルキークォーツを2,3着に置いた3連単で勝負!見事3連単479.3倍を1000円的中させ、47万9300円を払い戻しました!さらに同日の京都7Rでも◎○△の印で20万2540円を払い戻し!週末トータル回収率137%、収支プラス27万3440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
18(土)東京5Rで『前走好内容。外枠からスンナリならさらに伸びる。』と評した◎ドリームマジックが見事1着!◎○△の印で単勝7.6倍、馬単104.6倍、3連単859.1倍を本線で仕留め、10万170円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス4万970円をマークしています。
 
この他にも西野圭吾プロ(130%)、おかべプロ(129%)、覆面ドクター・英プロ(113%)、馬っしぐらプロ(105%)、ジョアプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年2月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第247回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス G1
閲覧 997ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

[もっと見る]

2017年2月15日(水) 04:19 覆面ドクター・英
フェブラリーS
閲覧 2,288ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念が終わって早くもまたG気フェブラリーSがやってきました。20年以上前に西田式スピード指数からはじまり故・石川ワタルさんの指数などを参考にしてオリジナル指数作りなどしてきた指数派の人にとっては(私もそうですが)芝よりダートが得意でマイル以下の淀みのない流れの方が力関係の見極めが得意ではないかと思います。9年前にグアムで買ったフェブラリーSの馬券がガツンと当たって、海外挙式の家族の旅費まかなえて、「クイズ100人に聞きました」みたいだと思ったのがついこの間のようです(若い人にはさっぱりわからない話でしょうが)。今日は地方で大幅プラス(特に大井で勝つのは嬉しいです。投入額が他の地方競馬より少し多いですから)で気分よく昨秋のコラムのように書いてみます。

全馬診断

1番人気想定 カフジテイク 某わりと大手サイトで見てびっくりしました。鋭い末脚もっていて、好きな馬だし何度か穴で馬券とらせてもらっていますが、前走も本命打ちましたが、G気破槎燭箸いΕャラではないのでは。好勝負できるところまできているし、言われるほど1400向きでマイルだめとも思わないが・・。

2番人気想定 ゴールドドリーム これまたびっくり・・。まだ荷が重いのではチャンピオンズCも負け過ぎでまだ力つけてくるのは先で若すぎるのでは。消しの予定。

3番人気想定 ベストウォーリア 力があるのは確かだが2着続きなように、じれったい典型。3連単でマルチを買わないので本命打つ度、迷惑千万、いい加減にしてくれ、というタイプだが7歳だと、そろそろ舐められそうでこのくらいの人気なら妙味あり。

4番人気想定 モーニン ベストウォーリア と同じ馬場さんの有力マル外だがこちらの方が若いが器が小さく昨年よく勝てたなあという現況でヒモまででは。この人気なら消しも有りか。

5番人気想定 ノンコノユメ  去勢して体調あがるまで半年くらいはかかるので正直フェブラリーS間に合わないのではと、ここのところ消していたが、そろそろ上昇してくる頃ではあり、このくらい人気落としてくれればヒモには加えたい。

6番人気想定 サウンドトゥルー 騎乗停止で大野騎手が乗れないケチがついただけでなく力的にもちょっと下がってきている感じありヒモまで。

7番人気想定 コパノリッキー  16番人気で勝ったのが3年前ですが力落ちてきており買わない予定。

8番人気想定 アスカノロマン  チャンピオンズCでは人気薄で3着と激走したが勝ち切る力は無さそうでヒモまで。

9番人気想定 エイシンバッケン イマイチ伸び悩みでヒモに入れるかどうか程度。

10番人気想定 キングズガード  この馬ももう少しやれるかと思ったが一線級に入るとまだ少し落ちる。ヒモに入れるかどうか程度。

11 ホワイトフーガ ピーク過ぎつつある感あり。特に買えない。
12 ケイティブレイブ 気分よく逃げられるかの馬で流れ向かない。
13 デニムアンドルビー ディープ産駒のダート挑戦買えず。
14 レッツゴードンキ 芝マイルやダートで好走しているがここ通用する力無し。
15 ニシケンモノノフ  1400ベストに見せかけて通用することあり穴で買いたいタイプ。
16 サウンドスカイ 長期休養明けに大きくはなればビリだけに買えない。
17 インカンテーション 調子崩して休養も多く買えない。
18 ブラゾンドゥリス  力つけてきているがさすがに連闘でつかってこないのでは。
19 モルトベーネ ここのところの充実ぶりすごいがローテきつすぎ使わないのでは。
20 ソルティコメント オープンに上がってからは壁に当たっている。
21 スーサンジョイ 快進撃とまりオープン入着級に落ち着いてしまった。
22 チャーリーブレイヴ 休養明け2戦がふたけた着順では・・。
23 ブライトライン 丈夫で走り続けているが好勝負もう無理。
24 メイショウウタゲ オープン上がってからは入着級までに。
25 カゼノコ 相手弱いところ狙って距離短縮前走は出遅れて終了。スランプ期間。
26 ピオネロ 昨秋のシリウスSではアポロケンタッキーに先着しているように力あるが賞金足りないのでは。
というわけで10番人気以下ではニシケンモノノフピオネロが出られればというくらい。

最終結論は今週もう少し考えてから。本命を惜敗王ベストウォーリアにするかどうかも悩ましいところ。

[もっと見る]

2016年7月13日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(7/9〜7/10)サラマッポプロが的中率66%回収率415%の高精度予想!
閲覧 950ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、10(日)に福島競馬場でG3七夕賞が、中京競馬場でG3プロキオンステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
 
G3七夕賞メイショウナルトがレースを引っ張りますが、クリールカイザーが4コーナーで捉えて直線コースへ差し掛かります。先頭はクリールカイザーでリードは2馬身、2番手にアルバートドック、併せる形でマーティンボロ、外からはダコールも追い込んできます。残り200mを通過、ここで逃げるクリールカイザーを捉えたアルバートドックが先頭に立つとダコールが食らいついて2頭が抜け出す形に。ゴール前まで続いた叩き合いはアルバートドックダコールを半馬身差抑え込んで優勝しました!2着にダコール、そこから3馬身差の3着にオリオンザジャパンが入っています。
 
公認プロ予想家ではろいすプロら3名が的中しています。
 
 
G3プロキオンステークスワンダーコロアールが先頭で直線コースへ。逃げるワンダーコロアールが先頭でリードは1馬身、2番手にノボバカラ、直後にブライトライングレープブランデー、後続からはタガノトネールニシケンモノノフが追い込み態勢。残り100mを通過、ここでワンダーコロアールを交わしたノボバカラが先頭に躍り出ると外からニシケンモノノフ、内からはキングズガードが力強い脚で猛追!3頭が抜け出す形で叩き合いとなります。残り50m、一間歩ごとに差を詰めるニシケンモノノフノボバカラに並びかけますが、ここでノボバカラがもうひと伸び!そのまま粘り込んで中央重賞初制覇を飾りました。半馬身差の2着にニシケンモノノフ、そこからクビ差の3着にキングズガードが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロら7名が的中しています。
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
9(土)中京10Rで『蹄が厚く、道悪◎。降級馬で力的にも上。』と狙った◎ムーンクレストを本命に抜擢!◎△○の印で3連単715.4倍、3連複153倍、馬単70倍を的中させ、9万3840円を払い戻しました!さらには続く中京11Rで『かきこみ走法でダート適性ある。初ダートの今回が狙い目。』とコメントした◎ピオネロから8万4730円を払い戻しました!週末トータル回収率415%、収支プラス20万1970円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
9(土)中京9Rで『雨馬場は熟せる。』とコメントした◎アグネスヒーローの単勝を1万円的中させ、63万6000円を払い戻しました!凾館2Rでも8人気◎リヴァイタライズの単勝を1万円仕留め、41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率224%、収支プラス73万3000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
9(土)凾館2Rで『ここ2走は忙しい競馬で距離が合っていない印象。そして何よりこの馬の大問題はノド。前走は短距離のスピードに慣れてきたような走りだったがノド鳴りの影響でとても苦しい面を見せていた。結果的に手術をする事になったが経過は良好のようなので地力を考えると一気の巻き返しがあっても不思議ではない。枠も絶好で術後いきなりでもここで狙う。』と完璧な見解を披露し、単勝を1万円的中!41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率185%、収支プラス19万円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
勝負レースに指定した10(日)福島1Rで『ファスリエフ×クロフネという配合でダート変わりで上積み大きそう』と狙った単勝87.5倍の◎シャインヴィットゥが3着に入り、ワイド19.4倍、3連複44.3倍を的中!同じく勝負レースに指定した9(土)函館12Rでも『サウスヴィグラス産駒で瞬発力が要求される東京ダートよりも、他場のダート1200m以下に適性あり』とコメントした◎ヴァーノンからの馬連30.4倍、3連複24.8倍を的中!週末トータル回収率164%をマークしています。
 
 
この他にも覆面ドクター・英プロいっくんプロ馬っしぐらプロ栗山求プロくりーくプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年4月29日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2016年04月29日
閲覧 780ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2016年4月30日()の凄馬!>
超凄馬
新潟1R 障害4歳以上オープン
タナトス(+3.6)

超凄馬
東京6R 3歳500万以下
マイティーゴールド(+3.3)

超凄馬
京都11R 天王山ステークス
ニシケンモノノフ(+2.6)

超凄馬
東京9R 秩父特別
ラテラス(+2.5)

超凄馬
新潟3R 3歳未勝利
モズワッショイ(+2.3)

超凄馬
京都4R 3歳未勝利
マリエラ(+2.1)

超凄馬
新潟7R 4歳以上500万以下
ストロングトリトン(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2016年5月1日、集計数:25,294レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシケンモノノフの口コミ


口コミ一覧

JBC回顧

 おかべ 2017年11月4日() 20:15

閲覧 77ビュー コメント 1 ナイス 10

まいどおかべです。

金、土、日の3日開催お財布の方はだいじょうぶですか?

わしはだいじょうぶじゃないです。苦しいわ。

明日取り返してきます!

忘れる前にJBCクラシック回顧やで、



サウンドトゥルー大野君が見事な差し切りやった、4角で脚色が違ったし一番伸びるところに持ち出したかな。各馬実力拮抗してお互い勝ちに出ると後ろで狙ってるこの馬に有利なるな。仕掛けもばっちり、やっぱり冬馬やったな。7歳やけどセン馬やしまだまだ第一線で行けそうやねこっから川崎記念までがこの馬のシーズンか。

ケイティブレイブゆーいちさん。自力で勝ちに出て一旦先頭?もすぐさまサウンドに来られた、キレ味では分が悪かったか、まだ4歳この路線では若手やでな。無事力付けていければチャンピオンも狙える位置におるね。

ミツバ松山君。これはノーマークでした、侮ってましたゴメンナサイ。つかみどころないというか気分良く運べればこの面子でも通用するのね。強いときは強い馬やって言うのは知ってたけど、前走のモロさで侮ってしまったわ。

アウォーディー豊ちゃん。1人気◎で4着でした、こちらもゴメンナサイ。1枠1番の懸念が当たってしまったな、終始外へ出せるところなかった。それでも伸びてくれるかと思ってんけど・・・。豊ちゃんも体調は良かったっていうてたし、調教も動いてただけに、負け方としては深刻。7歳やし衰えもあり得る。気性の悪いところが出た?外目走れれば変わるかも、ってのが希望。

グレンツェント森君。期待馬やから5着やとザンネン、休み明け初戦やし叩いての上積に期待か。

アポロケンタッキー内田さん。前哨戦使って順調に来とる思っとった。前哨戦ではサウンド、ケイティの1,2着馬に勝ってたのに今日は向こう正面ではもう手が動いてた。いくらなんでも負けすぎこんな負ける馬じゃないと思うねんけどなぁ。

ちょっとだけスプリントとレディースクラシックもみとこう

◇JBCスプリント

最大の惑星は他路線から来たチャンピオン級コパノリッキーやった

が勝ったのは内から狭いところ捌いてきたニシケンモノノフ典さん。内で我慢できるんと狭いところ割って伸びて来れるのが勝因。典さんとのコンビも長いし馬の完成度も高かったな。短距離路線のベテランがGI初勝利。

コパノリッキー、◎でした。まあ期待には応えてくれた。出負けてまくる力任せの競馬、馬は大ベテランやねんけど粗いわ。森君、難しい馬っていうかこれしかできない馬っていうかやから仕方ないところやけど1着とアタマ差やからもう少しロス無ければと思われるわな。1600M〜2000Mに実績やったけど本質1600M付近ベストってことか。

3着にこれも僅差でブルドッグボス内田さん。前哨戦から順調に来とったしええところも見せた。

4着ネロ中野さん。ご存知坂路コースの調教大将、外枠も良かったかな。ノーマークやったけど一瞬やばいと思わされた。ダートも走れるとこ見せた。

◇JBCレディースクラッシック

ララベル真島さん。地方馬として初の女王、JRA勢を返り討ちにしましたな。

ちとお行儀は悪かったけど。地方馬では唯一通用すると印打ってたけど勝ち切るとは思わんかった。お見事でした。

波乱の要因はホワイトフーガが沈んだこと(◎でした、甘かったです)キョリ短い方がええとは思ってたけどこの相手に沈むとは、女王も衰えたか。3連覇ならず。

あとラインハートの3着、地方馬扱いでちゃんと見れてませんでした。中央馬やん直前まで。

更に2着のプリンシアコメータに関しても勝手にサウスポー認定してました。甘々でした。100万円馬券やった。大ハズレしましたわ。

スプリントにほぼ資金全振りしたおかげでトータルでは何とか。





戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。



ボナさんが言うてたで。、、、負けるとき大敗するけどな。

ブルドッグボス、ラインハートみたいに中央馬から交流重賞にでるために地方移籍するんが最近トレンドみたいね。陣営も『移籍したとこやからよくわからん』的なコメントでも侮ってはいかんわ。覚えときましょう。

【関連】

JBC展望

 ちびざる 2017年11月4日() 01:10
【交流重賞】JBCスプリント(JPN)の結果
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 1

※交流重賞の結果のみ。

1着:.縫轡吋鵐皀離離
2着:コパノリッキー
3着:ブルドッグボス

私の◎のコパノリッキーは2着でした。

1着の.縫轡吋鵐皀離離佞蓮
3着のブルドッグボスは▲

でした。

なので、コパノリッキーの単勝と複勝でしたので
馬券は複勝が的中しました。(^^;

映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私の注目馬でしたコパノリッキーは2着でした。
これは枠の差だったかもしれません。
力は出し切ったと思います。


勝った.縫轡吋鵐皀離離佞倭袷が期待ハズレって感じの3着でしたが
ここではきっちり力を示しました。
ここを勝ったことで、ダート短距離はこの馬が中心になるのだと思います。



的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年11月3日(金) 22:27
☆RとSとCの結果は(^^♪☆
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 7

今日行われた『JBC競走』(^_-)-☆

まず最初に行われた「JBCレディスクラシック」☆

レディス=R♪

結果はなんと地方・大井所属のララベルが見事JRA勢を撃破し勝利♪

3着にも大井所属の単勝オッズ207倍のラインハートが入り3連単は134万と大荒れでした!!

競馬ってホント・・・って感じです☆

続く「JBCスプリント」☆

スプリント=S♪

このレースは横山典弘騎手騎乗のニシケンモノノフが接戦を制しあのコパノリッキーを破りました!

コパノリッキーにとっては史上単独1位のG1・11勝目はほんの少しの差でお預けをなりました☆

でも見ごたえのある素晴らしい戦いでした(^^♪

最後は「JBCクラシック」☆

クラシック=C♪

昨年3着、一昨年2着であったサウンドトゥルーが悲願のJBCクラシックを制覇しました(^^)/

JRAでも昨年のチャンピオンズカップを勝っている実力馬☆

その安定された成績がこの勝利を呼び込んだと思います(^_-)-☆

今年のJBC・RとSとC全て盛り上がりました(*^-^*)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシケンモノノフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2016年4月19日(火) 23:01:35
激アツ

ニシケンモノノフの写真

ニシケンモノノフ
ニシケンモノノフ

ニシケンモノノフの厩舎情報 VIP

2017年2月19日フェブラリーS G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニシケンモノノフの取材メモ VIP

2017年2月19日 フェブラリーS G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。