注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トウショウカズン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 2007年2月15日生
調教師今野貞一(栗東)
馬主トウショウ産業 株式会社
生産者トウショウ産業株式会社トウショウ牧場
生産地新ひだか町
戦績37戦[6-6-3-22]
総賞金12,918万円
収得賞金4,040万円
英字表記Tosho Cousin
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
バージントウショウ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
タバサトウショウ
兄弟 トウショウデザートネイヴルトウショウ
前走 2015/03/01 障害4歳以上未勝利
次走予定

トウショウカズンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/01 阪神 4 障害4歳以上未勝利 芝2970 147117.3312** 牡8 60.0 白浜雄造今野貞一536(+2)3.33.4 7.814.4⑬⑬⑬⑬ワンダーバライル
15/01/24 中京 4 障害4歳以上未勝利 芝3000 146108.1412** 牡8 60.0 白浜雄造今野貞一534(-6)3.32.0 8.214.1カウウェラ
14/11/30 京都 11 AリーフS OP ダ1400 1671463.91414** 牡7 58.0 和田竜二今野貞一540(+12)1.24.4 2.437.3⑥⑦サトノプリンシパル
14/06/14 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 141187.0913** 牡7 56.0 田辺裕信今野貞一528(0)1.36.7 2.138.0エアハリファ
14/05/18 京都 11 栗東S OP ダ1400 165938.7128** 牡7 56.0 小牧太今野貞一528(+2)1.23.7 0.636.0⑮⑯キョウワダッフィー
14/04/20 中山 10 オルフェーC OP ダ1200 142227.996** 牡7 56.0 浜中俊今野貞一526(-4)1.11.1 0.736.0サウンドガガ
14/03/15 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 1651025.3710** 牡7 56.0 和田竜二今野貞一530(-4)1.24.1 1.536.0⑭⑬キョウワダッフィー
14/02/08 京都 11 すばるS OP ダ1400 163616.7711** 牡7 57.0 和田竜二領家政蔵534(0)1.22.8 1.136.1ベストウォーリア
14/01/11 京都 11 大和S OP ダ1400 1671432.4115** 牡7 57.0 和田竜二領家政蔵534(+4)1.23.5 0.736.5マルカフリート
13/07/07 函館 11 マリーンS OP ダ1700 126819.089** 牡6 57.0 大野拓弥領家政蔵530(-10)1.45.1 1.738.0⑨⑨⑩⑨ブライトライン
13/06/23 函館 11 大沼S OP ダ1700 134518.2711** 牡6 57.0 大野拓弥領家政蔵540(+9)1.45.2 0.936.9⑦⑦⑨⑨マカニビスティー
13/04/10 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 16--------5** 牡6 56.0 川田将雅領家政蔵531(--)1.12.3 0.6----ラブミーチャン
13/03/30 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 168164.635** 牡6 57.0 C.デムー領家政蔵530(-2)1.23.2 0.736.7アドマイヤサガス
13/03/09 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 16113.913** 牡6 57.0 C.デムー領家政蔵532(+2)1.23.1 0.036.5エアウルフ
13/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16486.737** 牡6 56.0 C.ルメー領家政蔵530(+2)1.24.2 0.535.8⑦⑦メイショウマシュウ
12/12/23 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 161112.762** 牡5 57.0 川田将雅領家政蔵528(-2)1.22.5 0.035.6ガンジス
12/06/14 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 13--------3** 牡5 56.0 川田将雅領家政蔵530(--)1.12.4 0.8----セレスハント
12/05/30 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 11--------3** 牡5 56.0 内田博幸領家政蔵537(--)1.27.4 1.6----セイクリムズン
12/05/13 京都 11 栗東S OP ダ1400 166113.722** 牡5 57.0 川田将雅領家政蔵532(-3)1.23.4 0.336.7ファリダット
12/03/20 高知 6 黒船賞 G3 ダ1400 12--------2** 牡5 56.0 武豊領家政蔵535(--)1.28.4 0.0----セイクリムズン

⇒もっと見る


トウショウカズンの関連ニュース

 14日の東京11Rアハルテケステークス(3歳上オープン、ダート1600メートル)は、北村宏司騎手騎乗の2番人気エアハリファ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)がゴール前で差し切ってV。3度目のオープン特別勝ちを果たした。タイムは1分34秒6(稍重)。

 サトノプライマシーが好スタートを切ると、内からトウショウカズンムーンリットレイクがこれに並びかけ、最終的にはトウショウカズンがハナを切った。ムーンリットレイクサトノプライマシーがこれに続き、好位のインにツクバコガネオー。人気どころはいずれも中団からレースを進めた。直線に向くと、サトノプライマシーが手応え良く先頭に立ったものの、外から人気のベストウォーリアが楽にかわして後続を突き放す。そのまま押し切るかと思われたが、外からジリジリと伸びてきたエアハリファがゴール前で差し切って快勝。ダートで初めて掲示板を外した前走(アンタレスS6着)の雪辱を果たした。クビ差2着が1番人気のベストウォーリア。2着から2馬身1/2差の3着が4番人気のアドマイヤロイヤルだった。

 エアハリファは、父Discreet Cat、母Chez La Femme、母の父Afternoon Deelitesという血統。通算成績は16戦7勝となった。

 北村宏騎手は「スムーズにスタートを切ることができて、リズム良く走れましたね。2着の馬も力はあるので、簡単には並ばせてもらえませんでしたが、根気よく伸びてくれました。最後は捕らえてくれて良かったです」と初騎乗でのVを冷静に振り返っていた。

★14日東京11R「アハルテケS」の結果はこちら

【コーラルS】ハナ差制した!サガス連勝 2013年03月31日() 05:03

 コーラルS(30日、阪神11R、4歳上オープン国際、別定、ダ1400メートル、1着本賞金2000万円=出走16頭)川田将雅騎乗で2番人気のアドマイヤサガス(栗・橋田、牡5、父フジキセキ)が、5番手追走から直線で1番人気マルカフリートとの叩き合いをハナ差制してV。2連勝でオープン初勝利をあげた(通算21戦4勝)。タイム1分22秒5(良)。次走は未定ながら今後は、ダートの短距離路線を歩む。

 

川田将雅騎手(アドマイヤサガス1着)「馬が充実していますね。怖がりな面もマシだったし、ラストも併せ馬でしたがしっかり伸びました。内容が良かったですね」

福永祐一騎手(マルカフリート2着)「いいポジションで、直線は外に出すといい伸びを見せた。勝ち馬を1回かわしているけど、残り100メートルで差し返されたのは斤量差でしょう」

浜中俊騎手(タイセイシュバリエ3着)「スタートを出てスムーズに運べたけど、最初から最後まで右手前のまま。それが甘さにつながっていると思う」

北村友一騎手(ナガラオリオン4着)「いいところで運べたし、1回使ったことで反応も良かった。直線に坂のないコースの方がいい脚が使えそうかな」

◆クリスチャン・デムーロ騎手(トウショウカズン5着)「うまくレースは運べたと思うけど、前回よりメンバーが強かったね。一生懸命走ってくれたよ」

[もっと見る]

【コーラルS】アドマイヤサガス連勝でOP勝ち 2013年03月30日() 15:47

 30日の阪神11RコーラルS(4歳上オープン、ダート1400メートル)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気アドマイヤサガス(牡5歳、栗東・橋田満厩舎)がゴール前の接戦を制してV。タイムは1分22秒5(良)。

 内からシゲルソウウンがハナを主張して、トラバントが2番手。アドマイヤサガスはいったん引いて好位のインにつけ、外からタイセイシュバリエトウショウカズンなどが追走する。平均的なペースとなり、直線に向いては内の先行馬も粘りを見せたが、脚いろは外に持ち出したアドマイヤサガスと、その後ろから伸びてきたマルカフリートが優位。そのまま2頭が抜け出し、マッチレースとなる。最後はしぶとく粘ったアドマイヤサガスが1番人気マルカフリートの追撃をしのいでV。休み明け2連勝でオープン初勝利を飾った。ハナ差2着がマルカフリートで、2馬身1/2差の3着は5番人気のタイセイシュバリエ

 アドマイヤサガスは、父フジキセキ、母ベルベットローブ、母の父Gone Westという血統。オープン再昇級の初戦を快勝して、通算成績は21戦4勝となった。

 川田騎手は「他の馬がうるさかった影響で、モサモサッとした時にスタートを切られましたが、その他はスムーズに運べました。今は馬が充実していますね。怖がりな面もマシだったし、ラストも併せ馬でしたがしっかり伸びました。内容が良かったですね」と納得の表情だった。

 阪神11R「コーラルS」の着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】ジョワドはヴィクトリアMへ2013年03月13日(水) 05:02

 ★…中山牝馬S8着アカンサス(美・畠山吉、牝5)、9着サンシャイン(栗・藤岡健、牝4)は福島牝馬S(4月20日、福島、GIII、芝1800メートル)に向かう。

 ★…中日新聞杯を快勝したサトノアポロ(美・国枝、牡5)、2着アドマイヤタイシ(栗・橋田、牡6)、4着パッションダンス(栗・友道、牡5)は、新潟大賞典(5月5日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。3着のトウカイパラダイス(栗・田所秀、牡6)は天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目指すが、その前に1回使う可能性も。6着のジョワドヴィーヴル(栗・松田博、牝4)は、ヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。

 ★…阪急杯3着のオリービン(栗・橋口、牡4)、8着のフラガラッハ(栗・松永幹、牡6)は、六甲S(24日、阪神、OP、芝1600メートル)へ向かう。ここには、東風S2着のゼロス(栗・領家、牡4)、同厩の3着ヒットジャポット(牡6)、昨年12月の朝日CC12着以来となるヒストリカル(栗・音無、牡4)も出走予定。

 ★…ポラリスS3着のトウショウカズン(栗・領家、牡6)、5着タイセイシュバリエ(栗・宮本、牡4)は、コーラルS(30日、阪神、OP、ダ1400メートル)を視野に入れている。

[もっと見る]

【ポラリスS】エアウルフ、オープン初勝利2013年03月10日() 05:01

 9日の阪神メーン・11RポラリスS(4歳上OP、ダ1400メートル)は、3番人気エアウルフ(栗・角居、牡6、父フレンチデピュティ)が中団から鋭く伸び、ゴール前の激しい叩き合いをハナ差制してオープン初勝利を飾った。27戦6勝。浜中騎手は「3コーナーで(他馬に)ぶつけられる不利を受け、かなりのロスがあったが、よくしのいで頑張ってくれた」とパートナーをたたえた。2着は2番人気スティールパス。さらにクビ差で1番人気トウショウカズンが3着だった。

[もっと見る]

【ポラリスS】浜中きょう5勝!エアウルフV 2013年03月09日() 15:45

 9日の阪神11RポラリスS(4歳上オープン、ダート1400メートル)は、浜中俊騎手騎乗の3番人気エアウルフ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)がゴール寸前で差し切り、オープン初勝利を飾った。タイムは1分23秒1(良)。

 エーシンジェイワンが快速を飛ばして逃げ、アドバンスウェイが2番手。人気のトウショウカズンはスタートがあまり良くなかったものの、スムーズに追い上げて好位のインを確保する。直線に向くとアドバンスウェイが抜け出すが、好位から中団にいた馬がタイトに密集して追いすがる大混戦。トウショウカズンが馬群を割ってようやく抜け出したところに、外からエアウルフスティールパスが襲いかかり、3頭がほぼ並んでのフィニッシュとなった。きわどい争いになったが、わずかに先着したのは一番外のエアウルフ。浜中騎手はこの日5勝目をメーン制覇で飾った。ハナ差2着は2番人気のスティールパスで、トウショウカズンはゴール前でかわされクビ差3着に終わっている。

 エアウルフは、父フレンチデピュティ、母エアシャキーラ、母の父アフリートという血統。通算成績は27戦6勝となった。

 浜中騎手は「行かせると止まってしまうので、きょうはタメて運びました。ただ、3コーナーで曲がり切れない馬がいて接触する不利がありました。それを思えば、最後までよくしのいでくれましたね」とアクシデントを克服した愛馬をねぎらっていた。

 阪神11R「ポラリスS」の着順・払戻金 ★PCはこちら ★スマホはこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウショウカズンの関連コラム

閲覧 354ビュー コメント 2 ナイス 13

 高知では唯一のグレードレースとなる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬の経営逼迫で休止したこともありましたが、2009年以降は賞金を減額しながらも、無事に行われています。しかし、現在行われている他G3と比べて、高知ばかりが取り立てて賞金が安いわけでもないので、「メンバーが揃わないのでは?」という心配はご無用。むしろ、地方で行われる前年のJBCスプリント以来の短距離の別定重賞ということもあり、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多いです。

 これまでにも昨年、このレースを圧勝したダノンレジェンドのように、数多くの前年のJBCスプリントの連対馬が出走してきました。JBCスプリントは、唯一の短距離G1であり、最高峰レース。そこで勝ち負けした馬が、このレースで通用しないはずもありませんが…過去10年では【6・2・0・1】という期待を裏切らない好成績でした。

 該当の勝ち馬は、2005年マイネルセレクト、2006年ブルーコンコルド、2010年スーニ、2012年セイクリムズン、2013年セイクリムズン、2016年ダノンレジェンド。2着は、2014-2015年ドリームバレンチノ。しかし、1頭だけ4着以下に敗れているということも忘れてはいけません。2012年のスーニは、前年のJBCスプリントの連対馬でありながら、4着に凡退しています。ただし、このときのスーニは、斤量59圓旅麥未鯒愽蕕錣気譴討里發痢6堽59毀にならば、かなり信頼できるでしょう。

 また、その他の過去10年のこのレースの連対馬のほとんどが、過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績がありました。唯一の例外は、昨年のこのレースの2着馬ニシケンモノノフのみ。ニシケンモノノフは、前走JRAのオープンの勝ち馬でした。基本的に実績馬が集うレースなので、実績がなければ狙いづらいレース。上り馬を狙うのであれば、少なからずとも前走JRAのオープンの勝ち馬を狙いたいところです。

 さらにこのレースでは、2014年の勝ち馬セイクリムズンや2着馬トウショウカズン、一昨年の2着馬ドリームバレンチノのように、前走のフェブラリーSでは通用しなかった馬がここでやや人気を落として巻き返してくるパターンがしばしば見受けられます。遡れば2005年にこのレースで5番人気で2着入線したノボトゥルーも、前走のフェブラリーSで14着に凡退した馬でした。「前走フェブラリーS凡退馬を狙え!」は簡単にヒモ穴をひっかけるコツでもあるので、覚えておいて損はありません。

 また、このレースでは実績馬に交じってしばしば地方馬が2着、3着に入線しているのが特徴的。2005年の3着馬で2006年は2着のロッキーアピール(ともに6番人気)、2007年の3着キングスゾーン(6番人気)、2015年の3着馬タガノジンガロ(5番人気)は、もともとダートグレードで実績があった馬。前走A1クラスを大差勝ちしたタガノジンガロがなぜそれほど人気がなかったかはともかく、ロッキーアピールやキングスゾーンは、前走での大敗が嫌われて人気薄でした。

 さらに2009年には9番人気のフサイチバルドルが3着入線し、3連単の払い戻しが10万円を越えたこともありました。さて、フサイチバルドルはとのような馬だったかというと、JRA所属時代は長らく芝のレースを使われて、高知に移籍と同時に再びダートを使われて素質開花というプチ・ゴルトブリッツのパターン。けっして狙えない馬ではないです。地方馬はとにかく人気にならないので、何かしらの買える要素があれば積極的に馬券に加えましょう。


 ●まとめ

 ・本命候補
 前年のJBCスプリントの連対馬。(斤量59kg未満が条件)
 
 ・穴馬候補
 前走フェブラリーS凡退馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があることが条件)

 ・大穴候補
 地方馬。(過去1年以内にG2で3着以内か、G3で連対の実績があるか、プチ・ゴルトブリッツのパターンは狙い)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年06月08日(水) 02:16 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜北海道スプリントカップ2016〜
閲覧 621ビュー コメント 0 ナイス 7

 旭川競馬場の廃止により、2009年から門別のダ1200mに舞台を移して行われている北海道スプリントカップ。このレースは放牧地の北海道という土地柄で行われることもあり、秋の大一番を目指して、この後にリフレッシュ放牧予定の春の実績馬が集います。よって、メンバー質が高く、これまでの重賞勝ち馬やJRAのオープン勝ちの実績馬が人気の中心に支持されます。

 実際に2009年以降のこのレース過去7年のうち、5回も1〜3番人気で決着しているのです。1〜3番人気を裏切ったのは、斤量58圓鯒愽蕕錣気譴2014年のセレスハント(2番人気)と一昨年の北海道スプリントを勝利して以来、1度も重賞の連対実績がなかった2015年のアドマイヤサガス(3番人気)のみ。つまり、昨年のこのレース以降の重賞で連対かつ斤量57坩焚爾1〜3番人気馬ならば、かなり信頼できることになります。

 しかし、その反面で過去5年とも単勝オッズ1倍の1番人気馬が人気を下回る着順なのも事実。2011年のミリオンディスク、2012年のトウショウカズン、そして昨年のダノンレジェンドは、この舞台で断然の1番人気に支持されましたが3着。2013年のマルカバッケン、一昨年のスノードラゴンは2着に敗れています。

 特に一昨年のスノードラゴンは春の高松宮記念の勝ち馬、ダノンレジェンドは目下3連勝の勢いある馬でしたが、この舞台で連勝ストップしました。なぜかというと、ここが目標というよりは、「放牧に出す前に、せっかくだから使っておこう」というスタンスで使ってくることが少なくないからです。基本的に人気馬は信頼できるのですが、断然の1番人気馬はあえて馬単や3連単の2着、3着付けというのもありかもしれません。

 また、このレースの傾向としては、同距離の同年の東京スプリント組が優勢の傾向を示しています。同年の東京スプリントで1〜3着以内だった馬は、【2・1・2・2】と活躍を見せています。特に2009年のガブリン(2着)、2013年のセレスハント(3着)は、前々走の東京スプリント3着以内→前走凡退からの巻き返しでした。ガブリンセレスハントのパターンは人気よりも着順が上回ることが多いので、覚えておいて損はないでしょう。

 そしてこのレースで一番の穴パターンは、前走で中距離を使われて凡退した馬です。このパターンの該当馬は2009年以降、昨年5番人気で2着に好走したポアゾンブラックのみですが、ポアゾンブラックは前年のマイルCS南部杯で逃げて2着の実績馬。その後のレースでは出負けしたり、オーバーペースで逃げたり、斤量58圓鯒愽蕕錣気譴燭蝓△気蕕砲鷲堙距離を使われて能力を出し切れずにいましたが、もともとはJRAの短距離戦で3勝を挙げた馬。最適距離ともいえるこの舞台で巻き返しました。

 ●まとめ
 ・本命候補
 →前年の北海道スプリント以降の重賞で連対実績のある1〜3番人気馬。
 (斤量57坩焚爾条件)
 ・穴馬
 →前々走の東京スプリントで3着以内の前走凡退馬。
 →近走中距離戦などの不適距離を使われている馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年03月14日(月) 11:43 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜黒船賞2016〜
閲覧 622ビュー コメント 0 ナイス 7

 高知では唯一の交流重賞となる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬が経営逼迫で休止し、2009年以降は賞金を減額しながらも続行されています。しかし、賞金が安くなったからメンバー質が下がったかというと、けっしてそんなこともありません。黒船賞は、前年のJBCスプリント以来の別定の短距離の交流重賞となるために、交流重賞で結果を出してきた馬たちが「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多く、かつてと変わらないレースレベルが維持されています。

 よって、前年のJBCスプリントで上位の馬が出走してくる場合や、昨年のダノンレジェンドのようにJRAの重賞で結果を出して、この路線に転向した馬が強い場合には、G3とは思えないほどレースレベルが高くなることも度々あります。そのように年ごとのレースレベルにばらつきが見られますが、前年のJBCスプリントの連対馬が出走してくれば、高確率で連対します。

 前記の該当馬は、2002年ノボジャック(2着)、2005年マイネルセレクト(1着)、2006年ブルーコンコルド(1着)、2010年スーニ(1着)、2012年セイクリムズン(1着)、2013年セイクリムズン(1着)、2014年ドリームバレンチノ(2着)、2015年ドリームバレンチノ(2着)。唯一の例外は、2012年のスーニですが、このときは斤量59圓旅麥未鯒愽蕕錣気譴討4着でした。前年のJBCスプリントの連対馬で、斤量58坩焚爾覆蕕个なり信頼できると言えるでしょう。

 また、その他の過去10年の連対馬にも直近1年以内のG2で3着以内か、G3で連対の実績があり、例外馬はいませんでした。つまり、基本的には実績がなければ狙えないレースで、上がり馬よりは実績馬優勢のレースということになります。さらにこのレースでは、一昨年の勝ち馬セイクリムズンや2着馬トウショウカズン、昨年の2着馬ドリームバレンチノやように、前走のフェブラリーSでは通用しなかった馬がここでやや人気を落として巻き返してくるパターンがしばしば見受けられます。これは距離適性云々よりも、中距離戦と短距離戦のレベル差にあるでしょう。

 かつてスマートファルコントランセンドとともにダート界を賑わしたエスポワールシチーという馬がいました。エスポワールシチーは全盛期は中距離路線で活躍し、そこで通用しなくなると矛先を短距離戦に向け、引退が決まった年にはJBCスプリントを制しました。本来、競走馬は衰えると一般的に「ズブくなる」と表現されるように、スピードが鈍るもの。本来はスピードよりも経験で培ったスタミナを生かすため、どんどん長いほうの距離に照準を合わせていくものです。

 しかし、エスポワールシチーがどんどん短い距離に照準を合わせ、それで通用したのは、短距離戦は中距離戦よりも断然レベルが低いことの証でしょう。ゆえに黒船賞に限らず、短距離戦では前走で今回距離よりも長い距離を使われてきた馬、あるいは中距離路線から路線変更して、前走では距離に戸惑って負けたタイプが人気以上の活躍を見せることがとても多いです。これは簡単にヒモ穴をひっかける方法でもあるので、覚えておいて損はありません。

 また、みなさんもご存知のように、このレースはそれなりのレベルにあるので、地方勢はまず通用せず、わりと本命サイドで決着します。2006年に南関東のロッキーアピールが6番人気で2着したことがありましたが、ロッキーアピールは前年の東京盃でクビ差の3着の実績があり、さらにその前年にはさきたま杯を勝利した実績馬です。しかし、このレースで6番人気だったのは、中央馬=強い、地方勢=弱いというイメージによる決めつけ以外の何でもないでしょう。

 地方勢では他に2007年に愛知のキングスゾーン(6番人気)、2015年に兵庫のタガノジンガロ(5番人気)がこのレースで3着入線し、3連複、3連単の波乱の立役者となったこともありました。しかし、キングスゾーンは前年の浦和記念で2着、タガノジンガロは前年のかきつばた記念の勝ち馬で、この舞台でも十分上位に来る可能性はありました。キングスゾーンはこれこそ中距離から短距離に転向して穴を開けたタイプで、前走のダイオライト記念では大差の9着に負けたことが人気の盲点となった部分もあります。しかし、両馬ともに不当に人気がなかったのはやはり地方馬=弱いのイメージが強いからでしょう。

 交流重賞では地方馬の取り扱いが馬券の要であり、地方勢の好走によってのみ穴が開くところがあります。2009年に9番人気で3着入線し、アドバルーンを打ち上げたフサイチバルドルさえも、実績という意味では狙いづらいものがありましたが、JRAで長らく芝を使われ、高知に移籍してダートを使われて素質開花というプチ・ゴルトブリッツのパターンで、けっして狙えないことはなかったはず。個人的にはこの馬券は当たりました。今年は昨年のJBCスプリントの2着馬ダノンレジェンドこそ出走しているものの、JRA勢は上がり馬が人気上位に食い込むメンバー構成。ひょっとしたら地方勢の2着、3着はあるかもしれません。


 まとめるとこうなります!
 ●本命馬
 前年のJBCスプリントの連対馬。
 ●相手
 直近1年以内のG2で3着以内か、G3で連対の実績馬。
 ●穴馬
 連勝馬や前走圧勝の地方馬。
 

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2015年01月28日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第307話根岸S(謎解き編)
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 3

第307話 「根岸S」


10年 35.6-11.8-36.3 =1.23.7 ±0△2△5 消耗戦
11年 35.2-12.1-35.7 =1.23.0 ▼1▼2△1 平坦戦
12年 35.3-12.1-36.1 =1.23.5 ±0▼3△4 平坦戦
13年 35.7-12.3-35.7 =1.23.7 ▼4▼1△2 平坦戦
14年 35.3-12.0-36.1 =1.23.4 ▼1▼1△6 平坦戦

上級クラスの短距離ダート戦はほぼ前半が速くなる前傾ラップになります。
それでも過去5年の根岸Sで前後半の3F差が0.0〜+0.8秒というのはテンが緩めになるということを表しています。
スタートしてから3コーナーまでは約440mあるので行こうと思えばもっと行けるはずですがそうならないのは1400mという微妙な距離と長い直線という騎手の意識が前半抑え気味になるということでしょう。
故にこのレースは平坦戦になりやすいということです。
平坦戦になりやすいのでダート馬でも多少の瞬発力を問われやすくなります。
過去5年では差し馬が勝っているというのはそういうことかなと思われます。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
グロリアスノア   【瞬2平1消1】
セイクリムズン   【瞬0平7消3】
シルクフォーチュン 【瞬1平3消3】
メイショウマシュウ 【瞬0平4消3】
ゴールスキー    【瞬7平3消0】
2着馬
サマーウインド   【瞬0平2消2】
ダノンカモン    【瞬5平3消1】
トウショウカズン  【瞬0平5消3】
ガンジス      【瞬3平4消1】
ノーザンリバー   【瞬1平6消1】

瞬発力は多少必要と書きましたが瞬発戦実績までは必要ではない感じ。
但し、平坦戦実績が高い馬が多いのでここはポイントでしょう。
むしろ消耗戦実績は考えなくていいかも。

やはり注意すべきは前走の上り。
前走で上り2位以内だった馬の成績が
4-2-2-15 勝率17.4% 連対率26.1% 複勝率34.8%
と優秀で勝ち馬5頭のうち4頭はこの条件をクリアしていました。
条件をクリアしていなかったのは11年のセイクリムズンで2連勝中で前走初重賞制覇して好調期だったかと思われます(前々走の東京ダ1400mコースでは2着に5馬身差で圧勝していました)

このレースは
・前走の上り2位以内
・前走1着
のどちらかの好走確率が高いレースです。
どちらの条件もクリアせず馬券になったのは11年3着だったダイショウジェットのみとなっています。

今年の登録馬で前走上り2位以内だった馬は
キクノストームコスモソーンパークゴールデンナンバーサトノタイガーベルゲンクライマルカプレジオランリョウオー、ワイドバッハ
の8頭です。
前走1着だった馬は
キクノストームコスモソーンパークストロングサウザーベルゲンクライマルカプレジオレーザーバレットワンダーコロアール
の7頭です。
どちらにも名前があったのは
キクノストームコスモソーンパークベルゲンクライマルカプレジオ

…なんですが登録が48頭もあってどの馬が出走してくるのかもよく分かっていません(汗)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ワイドバッハサトノタイガーキクノストーム
今のダートで上りといえばワイドバッハでいいんじゃないでしょうか。
サトノタイガーはダート1200mで連続連対してますが【瞬4平2消2】という馬なので距離延長は好転すると思われます。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年06月18日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2013年06月18日号
閲覧 175ビュー コメント 0 ナイス 6

▼6月23日(日)函館11R 大沼ステークス
【前走クラス別成績(2008年以降)】
●JRA重賞か地方のダートグレード競走の重賞 [0-0-1-14](複勝率6.7%)
●その他のレース [5-5-4-34](複勝率29.2%)
→前走が重賞だった馬は人気を裏切りがち。格上の馬を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。特別登録を行った馬のうち、前走がJRA重賞か地方のダートグレード競走の重賞なのは、アンコイルドエアソミュールオーシャンフリートクリールパッションダイシンオレンジトウショウカズンメイショウウズシオメダリアビートの8頭です。

▼6月23日(日)阪神11R 宝塚記念
【ハンデキャップ競走を除く芝2000mのJRA重賞における連対経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [5-5-5-15](複勝率50.0%)
●なし [0-0-0-47](複勝率0.0%)
→2008年以降の好走馬は、いずれもハンデキャップ競走を除く芝2000mのJRA重賞に実績があった馬。今回と同じ芝2200mではなく、1ハロン短い舞台での好走経験が明暗を分けています。特別登録を行った馬のうち、ハンデキャップ競走を除く芝2000mのJRA重賞において連対経験があるのは、オルフェーヴル(回避予定)、ゴールドシップジェンティルドンナダノンバラードフェノーメノの5頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

2013年01月26日() 15:00 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜根岸ステークス〜
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 46

「金を持ってるヤツが強いんだよ!」 粗相をやらかし 怒鳴られた。

普段
人生は【愛】で挑むねん!

ビジネスは【志】曲げんねん!

博打は【粋】で打つねん!

な〜んて いきがっていても 【金】がなければ軽薄な座右に思えることもある。

皆さんはお金が好きですか?
☆まんでがんはメチャクチャ好きです(笑)


先日 <億万長者の人生・・・・> 的な本を読む機会があった。
億万長者は納税者の僅か0.56%だそうだ。
内訳はビジネスオーナー・医者や弁護士などの専門家・会社役員 などが80%
相続系が約18%
他2%
ちなみに他の2%の中に 馬券億万長者がいるかどうかはわかりません(笑)

金を稼ぐために 博打をやる!
25年以上やってきたしこれからもやっていくのだろう。

さて 根岸ステークス
GI「フェブラリーS」の前哨戦の位置付だが・・・本番優勝は2001年以降3頭。
昨年はテスタマッタシルクフォーチュンが本番の1.3着と前哨戦の意味を持たせたが
今年は本番に結び付く馬がいるのだろうか。

ガンジス
エーシンウェズン
トウショウカズン
ダノンカモン
ストローハット
メイショウマシュウ
あたりが人気だろう。
昨年のフェブラリーS覇者テスタマッタは叩き台との評価で人気薄。

冬場ということを考えて 実績より上昇度+好調馬を選択をするのが正解だろう。
しかも積雪もあった今年はなおさらだ。

ガンジスは安定している戦績で好調だ。
斤量も-1 
そして内田博幸に鞍上強化!

エーシンウェズンも1400mは(4.0.1.0) 特に霜月Sは圧巻の内容だった。

しかし問題が・・・


この2騎では 億万長者には もちろんなれません(笑)


【本命→薄め】が博打の基本

丁半馬券の真髄でもある

馬柱を眺めれば 「フェブラリーS」には用無し! 

ここ勝負の馬がいるハズだ!!

*-*-*-*-お知らせ*-*-*-*-*-*-*-*--
今週から
【丁半馬券 七番勝負】と題して

1日7レース限定
に絞り込み、精度(的中率 回収率)を
高め挑みたい所存であります。
買目は2点(馬券種類 多種)
1日=計14点
の本気博徒モードを展開いたします。

どうぞよろしくお願いします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウショウカズンの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

トウショウカズンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トウショウカズンの写真

投稿写真はありません。

トウショウカズンの厩舎情報 VIP

2015年3月1日障害4歳以上未勝利12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トウショウカズンの取材メモ VIP

2014年1月11日 大和ステークス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。