注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ベストウォーリア(競走馬)

注目ホース
ベストウォーリア
ベストウォーリア
ベストウォーリア
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2010年3月7日生
調教師石坂正(栗東)
馬主馬場 幸夫
生産者Buck Pond Farm, Inc
生産地
戦績26戦[9-7-4-6]
総賞金22,074万円
収得賞金13,625万円
英字表記Best Warrior
血統 Majestic Warrior
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Dream Supreme
Flirtatious Miss
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
Seductive Smile
兄弟 フォンタネットポーゴルディオン
前走 2016/11/03 JBCスプリント G1
次走予定

ベストウォーリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/11/03 川崎 10 JBCスプリ G1 ダ1400 12--------2** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正518(--)1.27.8 0.6----ダノンレジェンド
16/10/10 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 13--------2** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正515(--)1.33.8 0.3----コパノリッキー
16/06/01 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------2** 牡6 58.0 戸崎圭太石坂正510(--)1.26.2 0.3----ソルテ
16/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------3** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正508(--)1.40.2 1.0----コパノリッキー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16357.234** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正514(0)1.34.2 0.235.0⑦⑨モーニン
15/11/03 大井 9 JBCスプリ G1 ダ1200 16--------3** 牡5 57.0 川田将雅石坂正514(--)1.11.4 0.5----コーリンベリー
15/10/12 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 15--------1** 牡5 57.0 福永祐一石坂正517(--)1.36.8 -0.3----タガノトネール
15/07/12 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 16126.741** 牡5 59.0 福永祐一石坂正512(+2)1.22.5 -0.335.6④④コーリンベリー
15/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------2** 牡5 57.0 福永祐一石坂正510(--)1.37.6 0.2----ワンダーアキュート
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 165106.433** 牡5 57.0 戸崎圭太石坂正512(+6)1.36.5 0.236.1⑧⑧コパノリッキー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 161221.2911** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正506(-7)1.52.0 1.036.9⑤⑦⑧⑦ホッコータルマエ
14/11/03 盛岡 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------5** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正513(--)2.01.9 1.1----コパノリッキー
14/10/13 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 15--------1** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正506(--)1.35.9 -0.6----ポアゾンブラック
14/07/13 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 16361.911** 牡4 56.0 戸崎圭太石坂正512(-2)1.22.6 -0.035.4⑩⑨キョウワダッフィー
14/06/14 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 146101.612** 牡4 57.5 戸崎圭太石坂正514(+4)1.34.6 0.035.4⑥⑤エアハリファ
14/05/04 東京 10 オアシスS OP ダ1600 165101.511** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正510(0)1.35.8 -0.236.4⑦⑥サトノプリンシパル
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16127.0313** 牡4 57.0 浜中俊石坂正510(0)1.36.9 0.935.7⑦⑧コパノリッキー
14/02/08 京都 11 すばるS OP ダ1400 16592.411** 牡4 56.0 浜中俊石坂正510(+2)1.21.7 -0.234.9⑥⑤ウォータールルド
13/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1671314.373** 牡3 56.0 戸崎圭太石坂正508(+2)1.35.4 0.135.9⑦⑦ベルシャザール
13/07/10 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 16--------5** 牡3 56.0 戸崎圭太石坂正506(--)2.06.8 2.0----クリソライト

⇒もっと見る


ベストウォーリアの関連ニュース

3日、川崎競馬場の第10Rに行われた第16回 JBCスプリント(Jpn1)A1下オープン選定馬(ダート 左1400m サラブレッド系3才以上 定量)はM.デムーロ騎手騎乗の3番人気・1番ダノンレジェンド(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分27秒2(重)。さらに3馬身差の2着に1番人気・2番ベストウォーリア(牡6)、そこから5馬身差の3着に4番人気・12番コーリンベリー牝5)が入った。
ダノンレジェンドは、父MachoUno、母MyGoodness、母の父StormCatという血統で村山明厩舎の所属馬。生産は・ColtsNeckStables,。馬主は(株)ダノックス。通算成績は30戦14勝。
「JBCスプリント(Jpn1)A1下オープン選定馬」の着順&払戻金はこちら

【JBCスプリント】ダノンレジェンドが雪辱果たす 2016年11月03日(木) 16:07

 11月3日(祝・木)の川崎競馬10Rで行われた第16回JBCスプリント(交流GI、3歳上オープン、選定馬、定量、ダート・左1400メートル、12頭立て、1着賞金=6000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗で3番人気のダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎)が、最内1番枠から終始手応えよくレースを進めて悠々と逃げ切り勝ちを収め、昨年2着のリベンジを果たすともにGI初勝利を挙げた。タイムは1分27秒2(重)。2、3番手を進んでいたベストウォーリア(1番人気)がインからしぶとく脚を伸ばし、3馬身差の2着。さらに5馬身差の3着にコーリンベリー(4番人気)が入った。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「とってもうれしい。地方でGIを勝ったことがなかったからね。この馬、本当に強い。ステップレース(東京盃)ではコーリンベリーのプレッシャーがあったけど、きょうは普通に(ゲートを)出て自分のペースが決まったので、(直線も)伸びた。ダートの千四、千二ではメチャメチャ強い」

 JBCスプリントの勝ち馬ダノンレジェンドは、父マッチョウノ、母マイグッドネス、母の父ストームキャットという血統。黒鹿毛。米国生産馬で、(株)ダノックスの所有馬。通算成績は30戦14勝(うち地方14戦9勝)。重賞は2014年GIIIカペラS、15年交流GIII黒船賞、交流GIII東京スプリント、交流GIIIクラスターC、交流GII東京盃、16年交流GIII黒船賞、交流GIII北海道スプリントC、交流GIIIクラスターCに次いで9勝目。JBCスプリントは、村山明調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

ダノンレジェンドの競走成績はこちら

[もっと見る]

【JBCスプリント】JRA出走予定馬が発表2016年10月27日(木) 18:13

 11月3日(祝・木)に川崎競馬場で行われるJBCスプリントのJRA所属の出走予定馬5が発表された。「農林水産大臣賞典第16回JBCスプリント」(川崎競馬場、交流GI、3歳以上オープン、ダート・左1400メートル)【JRA所属の出走予定馬】5頭コーリンベリー(牝5歳、美浦・小野次郎厩舎、松山弘平騎手)ダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎、ミルコ・デムーロ騎手)ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ベストウォーリア(牡6歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)レーザーバレット(牡8歳、美浦・萩原清厩舎、クリストフ・ルメール騎手)

[もっと見る]

【JBC諸競走】JRA出走予定馬が発表2016年10月16日() 17:38

 11月3日(木・祝)に川崎競馬場で行われるJBC諸競走のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。 「農林水産大臣賞典第16回JBCクラシック」(川崎競馬場、交流GI、3歳以上オープン、ダート・左2100メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭アウォーディー(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)クリソライト(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎、騎手未定)コパノリッキー(牡6歳、栗東・村山明厩舎、田辺裕信騎手)サウンドトゥルー(セン6歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ノンコノユメ(セン4歳、美浦・加藤征弘厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ホッコータルマエ(牡7歳、栗東・西浦勝一厩舎、幸英明騎手)【JRA所属の補欠馬】2頭(補欠順位順)1.モーニン2.キョウエイギア 「農林水産大臣賞典第16回JBCスプリント」(川崎競馬場、交流GI、3歳以上オープン、ダート・左1400メートル)【JRA所属の出走予定馬】5頭コーリンベリー(牝5歳、美浦・小野次郎厩舎、松山弘平騎手)ダノンレジェンド(牡6歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ネロ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)ベストウォーリア(牡6歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.レーザーバレット2.ノボバカラ3.エイシンブルズアイ4.ブルドッグボス 「農林水産大臣賞典第6回JBCレディスクラシック」(川崎競馬場、交流GI、3歳以上牝馬オープン、ダート・左1600メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭アムールブリエ(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎、浜中俊騎手)タイニーダンサー(牝3歳、美浦・伊藤圭三厩舎、騎手未定)タマノブリュネット(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎、騎手未定)トロワボヌール(牝6歳、美浦・畠山吉宏厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(牝4歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)レッツゴードンキ(牝4歳、栗東・梅田智之厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ウリウリ2.アッドザシーサイド3.ディーズプラネット4.アンナミルト5.サンレーン

[もっと見る]

【古馬次走報】キタサンブラック、ジャパンCへ2016年10月13日(木) 05:01

 ★京都大賞典組の次走は以下の通り。1着キタサンブラック(栗・清水久、牡4)、4着サウンズオブアース(栗・藤岡、牡5)は、ジャパンC(11月27日、東京、GI、芝2400メートル)。2着アドマイヤデウス(栗・橋田、牡5)、3着ラブリーデイ(栗・池江、牡6)は天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)に出走。8着ヤマカツライデン(栗・池添兼、牡4)は、ステイヤーズS(12月3日、中山、GII、芝3600メートル)を予定。

 ★毎日王冠2着アンビシャス(栗・音無、牡4)は、横山典騎手で天皇賞・秋。3着の僚馬ヒストリカル(牡7)も同レースに登録。

 ★産経賞オールカマー2着サトノノブレス(栗・池江、牡6)は、シュタルケ騎手で天皇賞・秋。

 ★南部杯2着ベストウォーリア(栗・石坂、牡6)は、JBCスプリント(11月3日、川崎、交流GI、ダ1400メートル)、3着ホッコータルマエ(栗・西浦、牡7)は、同日のJBCクラシック(交流GI、ダ2100メートル)。

 ★ベルモントS3着ラニ(栗・松永幹、牡3)は、みやこS(11月6日、京都、GIII、ダ1800メートル)に出走予定で、鞍上は内田博騎手に決まった。

 ★スプリンターズS5着スノードラゴン(美・高木、牡8)はマイルCS(11月20日、京都、GI、芝1600メートル)が本線も、香港スプリント(12月11日、シャティン、GI、芝1200メートル)も視野。

[もっと見る]

【マイルチャンピオンシップ南部杯】(盛岡)〜コパノリッキーが優勝2016年10月10日(月) 17:22

10日、盛岡競馬場の第11Rに行われた第29回 マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1オープン(ダート 左1600m サラブレッド系一般 定量)は田邊裕信騎手騎乗の1番人気・12番コパノリッキー(牡6)が優勝した。
勝ちタイムは1分33秒5(稍重)。さらに13/4馬身差の2着に2番人気・13番ベストウォーリア(牡6)、そこから3馬身差の3着に4番人気・10番ホッコータルマエ(牡7)が入った。
コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統で村山明厩舎の所属馬。生産は沙流郡日高町・ヤナガワ牧場。馬主は小林祥晃。通算成績は24戦13勝。
マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストウォーリアの関連コラム

閲覧 575ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、体育の日を絡めた恒例の3日間開催でした。中央競馬だけでなく、月曜日には盛岡でマイルチャンピオンシップ南部杯も行われ、おおいに盛り上がりましたね。ただ、馬券のほうは悲喜こもごもがあったかもしれません。好調であれば、楽しい3日間。しかし、思うように当たらないと、財布の中身がどんどんと……。はい、もちろん僕は後者です。月曜日のクライマックスの南部杯は楽しみでしたが、中央競馬の最終レースが終わったときには心身ともに疲弊しきっていました。そして、肝心の馬券はベストウォーリア1着固定(涙)。まぁ、そんなものです。今週もめげずに戦います。

それでは、ウマニティ予想コロシアム第121回大会1週目の結果を見ていきましょう。大会成績の1位にその名をとどろかせているのは、今回がコロシアム初参戦から数えて5大会目となる『はんぞーさん』です。開幕週は回収率1421%、3,127,300円のプラス収支という、とてつもない数字を計上してみせました。最大の見せ場となったのは、月曜日の京都最終レース。ここではんぞーさんは単勝万馬券のブービー人気に◎を打ち、3連単167万馬券を200円的中させたのです。素晴らしい。思わずそうつぶやいてしまうほどの、完璧な的中劇でした。2位との予想偏差値差は2.5。そのリードを保てるように、2週目も奮闘していただきたいと思います。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年02月24日(水) 17:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(2/20〜2/21)いっくんプロが回収率275%、収支+126万超!
閲覧 469ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、21(日)に東京競馬場でGIフェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIフェブラリーステークスの1番人気はノンコノユメで2.4倍、2番人気がモーニンで5.1倍、続いてベストウォーリア7.2倍、コパノリッキー7.9倍、ホワイトフーガ9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは中からコーリンベリーが先頭を奪うと2番手にモンドクラッセ、続いてコパノリッキースーサンジョイタガノトネールロワジャルダンベストウォーリアモーニンと先行集団を形成。中団からはパッションダンスホワイトフーガアスカノロマングレープブランデーが追走。そこから3馬身ほど間があいてノンコノユメローマンレジェンドサノイチと追走して最後方にマルカフリートの態勢。前半の600m通過は34.1(参考)の平均ペース、隊列変わらぬままコーリンベリーが先頭で直線コースへ差し掛かります。直線に入ると逃げるコーリンベリーに早々とモンドクラッセタガノトネールが並びかけて先頭争い、人気のノンコノユメは大外から追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで前を行くモンドクラッセタガノトネールを一気に捉えたモーニンが抜け出して先頭、中からはロワジャルダンベストウォーリアも懸命に前を追います。ノンコノユメは依然先頭から8馬身ほど離された厳しい位置取り。残り100mを通過、ここでようやくエンジンかかったノンコノユメがグングン加速し、迫ってきますが2番手まで!結局、早々と抜け出したモーニンがそのまま押し切って優勝しました。勝ちタイムは1分34秒0のレコード!1馬身1/4差の2着にノンコノユメ、そこからアタマ差の3着にアスカノロマンが入っています。
 
公認プロ予想家ではきいいろプロ馬券生活プロdream1002プロサウスプロ河内一秀プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
20(土)小倉7Rで単勝13.6倍の◎クリッパールートを本命に抜擢し、3連単1着固定で勝負!2着に単勝45.6倍の大穴△マダムウルルが入り、75万400円を払い戻し!!さらに同日の京都9Rでは◎○▲のパーフェクト予想で3連単662.9倍を的中させました。翌日も勢い止まらず東京5Rで3連単(同着)831.4倍、605.6倍を各500円ずつ的中させ、71万8500円の払い戻し!週末トータル回収率275%、収支プラス126万1800円の大爆発となりました!
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
20(土)京都11R京都牝馬ステークスGIIIで『前走が好内容でしたし、コース替わりがプラス』と狙ったマジックタイムからの馬連35倍を1200円的中させ、4万2000円を払い戻し!勝負レースに指定した21(日)京都12Rでは『実績上位、テン乗り時の好走率が高い福永騎手で乗り替わりは問題ない』と◎トーカイセンスからの3連複×◎○の本線的中!3万2960円を払い戻しました!週末トータル回収率142%、収支プラス3万4080円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
20(土)京都9Rで○◎▲の本線的中!3連複219.7倍、3連単662.9倍を仕留め、8万8260円を払い戻しました!21(日)東京4Rでは◎アオイサンシャインの単勝、馬連、3連単を仕留め、7万2190円を払い戻しました!週末トータル回収率124%、収支プラス7万1830円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)京都10Rで単勝85.7倍の大穴◎カリスマサンスカイの単複を的中!11万8300円を払い戻しました!21(日)京都6Rでは◎ソーディヴァインジープルメリアの本線決着!単勝6.1倍、馬連60.5倍、ワイド17.4倍を仕留め、3万3000円を払い戻しています!週末トータル回収率107%、収支プラス5万7280円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年02月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第162回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス GI
閲覧 927ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、モーニン1頭。
第2グループ(黄)は、ベストウォーリアコパノリッキーパッションダンスの3頭。
第3グループ(薄黄)は、グレープブランデーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のノンコノユメまでの計5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと総合1位モーニンベストウォーリア間の1.1の溝、総合8位ノンコノユメタガノトネール間に1.3の溝がありますが、決定的な差ではなく、全体を通してかなり混戦の分布となっています。

私の本命は◎ノンコノユメとしたいと思います。東京マイルでは常に圧倒的なパフォーマンスを続けていますし、このメンバーでも能力は抜けている評価です。展開的にもペースが緩むことは考えづらいので馬券の軸としての信頼度は高いと考えています。対抗には○コーリンベリー、昨年は出遅れ+不利が重なりながらも小差。水分を含んだ高速ダートで狙うならやはりスピード馬ということで狙いたいと思います。人気ほどノーチャンスな馬ではないはずです。以下、▲ローマンレジェンド、△ロワジャルダンタガノトネールアスカノロマンと印を打ちます。

【3連複フォーメーション】
7

4,6,8,13,16

2,3,4,5,6,8,13,14,16

計30点

[もっと見る]

2016年02月21日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/フェブラリーステークス GI(河内プロ)
閲覧 644ビュー コメント 0 ナイス 8

本日は、先週の共同通信杯を◎ディーマジェスティ→▲イモータルで的中させるなど、ここ最近は絶好調モード継続中の河内一秀プロに今週も登場してもらいます。フェブラリーSは昨年的中させている相性のいいレース。ウマニティプロ予想家軍団きっての安打製造機が、2週連続&2年連続のスマッシュヒットを決められるかどうかに注目しましょう。

本命はモーニン「根岸SではG気任眥麺僂垢襯譽戰襪了愎瑤魑録。しかも積極的に先行してのものなので信頼度も高い。休み明けをプラス10キロの余裕残しで勝ったのは好印象で、今回は先手を取りたい馬が多く展開的にも有利に働きそう」と推奨根拠をあげてくれました。
対抗は「前走より今回のほうが展開が向きそう」ロワジャルダン。単穴はコパノリッキー。以下、ベストウォーリアノンコノユメを押さえ、馬券は馬連流し→キΝГ脳”蕕靴泙后

本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年02月19日(金) 14:00 みんなの競馬コラム
【フェブラリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,343ビュー コメント 0 ナイス 3

京都記念は都合により書けなかったので2週振りとなります。うまカレ副代表の金沢ユウダイです。前回の東京新聞杯では、エキストラエンドを推奨し6番人気2着と好走。今週もよろしくお願いします。(東京新聞杯コラムはこちら


今週はGIフェブラリーステークスです!

このレースは大きく分けて次の2つのタイプの馬が好走しているといえるでしょう。
 ‥ソく前で粘り込むタイプ
◆仝紊蹐ら差してくるタイプ(軽いダート向き)
コパノリッキートランセンドが前者に、テスタマッタサンライズバッカスなどが後者に当てはまります。

血統的にみると、,魯肇法璽咼鵝Hyperion5×3・5)やNureyev(Hyperion4×4)に代表されるHyperionが濃い血統。△A.P.Indy(母がSecretariat≒Sir Gaylord1×3)やStorm Cat(母父Secretariat)に代表されるSecretariatを含む血統です。
コパノリッキートランセンドもトニービン、Nureyevを持っているので前で泥臭く粘る競馬で栄冠を掴みました。この2頭にいえることは、GIを何勝もするチャンピオン級の馬であるということ。力の違いで勝利したともいえます。一般的に東京ダートは砂が軽く、時計が速いため血の方が適性としては高いといえます。

近年のSecretariat持ちの好走馬を列挙してみると、
インカンテーション(A.P.Indy)
ベストウォーリア(A.P.Indy)
ベルシャザール(セレクト)
ワンダーアキュート(A.P.Indy)
テスタマッタ(A.P.Indy)
カジノドライヴ(A.P.Indy)
サンライズバッカス(Storm Cat)
シーキングザダイヤ(Storm Cat)
特に昨年はA.P.Indy系の2着3着と分かりやすい結果となりました。

このあたりに注目して、各馬の見解を書いていきたいと思います。

●東京マイルはベストだが・・・
3連覇を目指すコパノリッキーは、父ゴールドアリュールの母父Nureyev、母父ティンバーカントリーの母Fall Aspen、母母父トニービンのHyperionをベースとする持続力を、中距離よりも厳しいペースになるマイルで活かしているという、スタイルとしてはダイワメジャーのようなイメージ。だから東京マイルはベストだろうし、この舞台ならそう簡単には止まらないでしょう。スタートが得意ではない馬なので、出負けして内で包まれたら〜だとか、近2年よりペースが速くなりそうな点など不安材料もありますが、昨年と比べてここを狙い澄ましたローテでない(昨年は東海S1着から参戦)ということから状態面が1番気になります。昨年も同じ2枠からの競馬で出遅れながらも、持ち前のスピードを活かして砂を被らない外目2番手の競馬が出来ましたが、2年連続で昨年のように上手くいくかどうか不安でもあります。

このようにコパノリッキーは、砂を被りたくないのでハナを切るか、外目を追走したいタイプ。ですからこの枠だとハナを切る可能性が高いですし、加えてモンドクラッセ陣営もハナをきることを意識させるコメントを出していますので、息を入れて運ぶことができるかどうか。フェブラリーSに出走した3年間で最も厳しい条件が揃っているといえるでしょう。

●東京ダートなら差し切り濃厚
ノンコノユメは種牡馬Green Desertの母母でもあるCourtly Dee直仔の父トワイニングに、ハーツクライミッキーアイルMy Bupers牝系の母ノンコという組み合わせ。パワーは文句なしでしょうが、母ノンコはアグネスタキオン×母母父Lyphard、なので、同じ父を持つキャプテントゥーレダイワスカーレットのようにHyperionとLady Jurorを増幅する形にもなっているため、持続力も担保されています。軽い馬場の方が良いタイプですから、チャンピオンズカップでサンビスタが勝つようなダートの質としては真逆だった中京ダートであれだけやれていれば、東京でどれほど斬れるのか、末恐ろしささえ覚えます。距離はやや短いと思いますが、コパノリッキーがいる限り前残りはないという見立てなので、差し切り濃厚とみます。

●適性がズレている
昨秋から力を付け、チャンピオンズカップでは4着と好走したロワジャルダンは、母母スキーパラダイスに父キンカメなので、スキーパラダイスはLyphardやAlibhaiの影響で、キャプテントゥーレのような前に行っての粘り強さを伝える馬で、だからロワジャルダンも小回りを捲るのがベストな走りにうつります。ハイペースだったチャンピオンズカップは、持続力があるのでずっとバテずに一定の脚を使い続けていたら4着まで来ちゃった、というトーセンジョーダンの天皇賞秋のようなレースでした。差し馬有利の流れになって、再び持ち前の持続力で好走することはあるでしょうが、捲り&粘りがベストの馬だからGIを勝つならば先行してそういう競馬をした時だろうし、今回は初めての距離でそういう競馬は出来ないだろうから勝ち切ることは無いのではないかと思います。

●東京向きの同厩2頭
石坂厩舎の2頭、ベストウォーリアは、父マジェスティックウォリアーと母父Mr.Greeleyが、Secretariat、Mr.Prospector、Broadwayなど非常に共通な血が多く、マジェスティックウォリアー≒Mr.Greeley1×2といえるようなすごい配合で、ダート馬にしては体質が柔らかく、いかにも東京でこその差し馬。モーニンサンライズバッカスと同じStorm Cat→ヘネシーの父系で、母系のCozzeneの影響もありこちらも東京向きの差し馬。しかし距離延長というのが気になります。

●東京替わり&距離短縮でパフォーマンスアップ
ホワイトフーガはDeputy Minister系×フジキセキのニックスで、母母父がMr.Prospector×SecretariatのGone West系(先述したMr.Greelyもこの系統)のZafonicです。牝系はSingspealやDevil’s Bag、ヴィルシーナダノンシャンティでお馴染の名門Ballade牝系。この牝系はスピードが魅力ですし、Ballade牝系×フジキセキダノンシャンティと同じでもあります。気性的にも距離短縮はプラスだし、馬場も軽い馬場の方が合っていると思うので久しぶりの東京ならかなりのパフォーマンスアップが見込めるのではないかと思います。高木師がコメントしているように砂を被っても平気で、馬群から抜け出す競馬が出来るのも良いですね。
・4代血統表(ホワイトフーガ


●今年も侮れない
3年前の勝ち馬で、昨年は11番人気4着だったグレープブランデーは、母父ジャッチアンジェルーチからスピードを供給されていますが、父のAllegedと母のPleasant Colonyを通じるRibotのクロスがあるのでマイル前後の厳しいペースでこそ持ち味が活きています。しかし母母がNasrullahとPrincequilloのクロス(SecretariatもNasrullah×Princequillo)なので東京向きの斬れも兼備しており、ベストの条件といえるでしょう。

●前哨戦ワンツーのアグネスデジタル産駒
前哨戦の東海Sでワンツーを決めたアグネスデジタル産駒は、Secretariat5×5を持つ広いコース向きのアスカノロマンと、いかにもダ1700が得意そうな走り方をするモンドクラッセ、タイプが全く異なります。アスカノロマンは母父が、母父Sauce Boad(Ribot系)の影響で厳しいペースでこそ持ち味が活きるタバスコキャットで臨戦過程も血統もグレープブランデーに似ています。ただ今回は先述しているようにコパノリッキーの存在が厄介になりそうです。一方モンドクラッセは、東京ダートだと条件戦でも手こずるほどで、東海Sはスローペースに落とせたのが何よりの好走の要因。ここは厳しいでしょう。

【まとめ】
GI3連覇の難しさは歴史が証明している通りで、昨年と比べて臨戦過程の不安もあることから、ベストコースとはいえコパノリッキーは3番手評価としたい。ローテーション、成長力、東京替わりと強調材料が多い4歳馬2頭ノンコノユメのと牝馬ホワイトフーガに期待したい。あとは石坂厩舎の2頭と、グレープブランデーも要注意。



【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年02月17日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第339話フェブラリーS(謎解き編)
閲覧 1,492ビュー コメント 0 ナイス 2

第339話 「フェブラリーS」


11年 35.7-24.4-36.3 =1.36.4 ▼1▼2△ 4 平坦戦
12年 34.7-24.0-36.7 =1.35.4 △4▼4△ 3 平坦戦
13年 34.6-24.0-36.5 =1.35.1 ±0▼1△ 4 平坦戦
14年 35.5-25.1-35.4 =1.36.0 ▼6▼5△ 4 瞬発戦
15年 34.3-25.7-36.3 =1.36.3 ▼8▼8△10 瞬発戦

ここ2年は大きな加速が生じた瞬発戦となっています。
過去10年で見ても平坦戦は11〜13年の3回だけだったのでトランセンドエスポワールシチーといった強力な逃げ馬がいない場合は瞬発戦の可能性の方が高いかもしれません。
コパノリッキーも逃げが多い馬ですがどちらかといえば中距離馬だと思うのでマイルのスピードでは番手に控えることになると思われます。
今年はコーリンベリースーサンジョイといった逃げ馬の登録があるのでテンは速くなりそうです。
問題は距離を考えて中盤緩ませるかどうか?そこが今年のポイントでしょう。
と同時に当日の馬場状態=走破時計もかなり重要になってきます。
過去5年では12年13年が1分35秒台で以外は36秒台となっています。
35秒台になってくるとやはりスピードのファクターがかなり問われます。
12年には1200〜1400mの差し馬シルクフォーチュンが2着と突っ込んで来たり、13年には8歳馬となって本来の距離適性(=マイル馬)に戻って2着に好走などがありました。
今年はノンコノユメモーニンが人気になりそうで特にモーニンの方は時計が速くなるか否かで着順がかなり変わってくる気がします。
ちなみに土曜日曇り時々雨、日曜日曇り、という天気予報でどちらにも転びそうな感じです。
気温は高いので凍結防止剤の出番はないでしょう。

単純にこのレースは「距離短縮組で前走3着以内の馬が買い」です。
距離短縮組以外で馬券になったのは時計速くなって追い込み2頭のワンツーとなった12年の1&2着馬のみ。
前走4着以下で馬券になったのはマイルG犠〕→中距離で負け→フェブで好走となったエスポワールシチーベストウォーリアの2頭、そして最下位人気で圧勝したコパノリッキーの3頭だけです。
今年の登録馬で条件をクリアしてるのは
アスカノロマンサージェントバッジノンコノユメホッコータルマエホワイトフーガモンドクラッセロワジャルダン
の7頭です。
ホッコータルマエは出走するのか?…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
コパノリッキーノンコノユメアスカノロマン
条件はクリアしてませんがコパノリッキーの3連覇に一票。
一昨年の勝利はレアケース中のレアケース、逆に言えば相当適性の高いレースとなるのかもしれません。
前走で惨敗してようがここは期待出来るかも。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストウォーリアの口コミ


口コミ一覧

中京3特別

 Таня degre 2017年01月15日() 23:10

閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 3

 
 
 はこべら賞
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

*正逆50・95番 馬券対象

10' 16頭
 正50番 02番 ムーンテンダー 3着
 逆95番 02番 ムーンテンダー 3着

11' 12' 施行なし

13' 11頭
 正50番 06番 ベストウォーリア 2着
 逆50番 06番 ベストウォーリア 2着
 正95番 07番 メイショウロフウ 3着

14' 13頭
 逆50番 03番 カレンマタドール 1着
 正50番 11番 クーゲル 2着
 逆95番 10番 サンシカゴ 3着

15' 12頭
 逆50番 11番 ニホンピロサンダー 2着
 正95番 11番 ニホンピロサンダー 2着

16' 16頭
 逆50番 15番 ドライヴナイト 1着
 正95番 15番 ドライヴナイト 1着



17' 15頭
 正50番 02番 メイクグローリー
 逆50番 15番 テイエムヒッタマゲ
 正95番 15番 テイエムヒッタマゲ
 逆95番 02番 メイクグローリー





 知立特別
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

* 正逆51番 馬券対象

07' 16頭
 逆51番 14番 ゴールドクラウン 2着

08' 09' 施行なし

10' 18頭
 逆51番 04番 アラマサスクワート 3着

11' 12' 施行なし

13' 11頭
 正51番 07番 ケルンフォーティー 1着

14' 18頭
 逆51番 04番 ダンツカナリー 1着
 正51番 15番 エーシンマイェスタ 2着

15' 18頭
 正51番 15番 ボブキャット 2着

16' 17頭
 正51番 17頭 ナムラアッパー 3着



17' 15頭
 正51番 06番 センセーション
 逆51番 10番 シゲルノコギリザメ





 熱田特別
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

* 正逆49・71・87番 馬券対象

13' 11頭
 正49番 05番 ゴッドマスタング 2着
 逆49番 07番 ベンジャミン 3着
 正71番 05番 ゴッドマスタング 2着
 逆71番 07番 ベンジャミン 3着
 正87番 10番 ラブイズブーシェ 1着

14' 17頭
 逆49番 03番 ラスカルスピード 1着
 正71番 03番 ラスカルスピード 1着
 正87番 02番 タイセイドリーム 2着

15' 15頭
 正49番 04番 カッパドキア 1着
 逆71番 05番 スマッシュスマイル 2着
 逆87番 04番 カッパドキア 1着

16' 12頭
 逆49番 12番 パワーウーマン 1着
 逆71番 02番 コートオブアームズ 3着
 逆87番 10番 ビオラフォーエバー 2着



17' 18頭
 正49番 13番 マイネルツィール
 逆49番 06番 クリノサンスーシ
 正71番 17頭 エネルタカオー
 逆71番 02番 サンレイフローラ
 正87番 15番 スピアザゴールド
 逆87番 04番 オールドクラシック

 銀色のサムライ 2016年11月02日(水) 20:12
JBC2016 予想
閲覧 187ビュー コメント 0 ナイス 8

昨年のジャパンカップを優勝したショウナンパンドラの引退が発表されました。

ヴィクトリアマイル3着後に骨折を発症して休養していましたが、
戦線復帰は叶わず…。

ツボにハマった時の強さは凄かった馬でしたから、
繫殖牝馬としても期待できると思います。

お疲れ様でした。


【JBCレディスクラシック】

◎ホワイトフーガ
○アムールブリエ
▲ララベル
△トロワボヌール、タマノブリュネット

連覇が懸かるホワイトフーガが本命。

前走・レデュスプレリュードで人気を裏切りましたけど、
スムーズな競馬ができれば、牝馬同士のレースなら崩れることはないと思います。

マイルもベスト距離ですから、前走からの距離短縮も歓迎材料です。


【JBCスプリント】

◎ベストウォーリア
○ドリームバレンチノ
▲コーリンベリー
△レーザーバレット

南部杯2着から参戦するベストウォーリアが本命。

去年のJBCスプリントは3着でしたけど、
1400mになる今年は1着になる大チャンス到来!


【JBCクラシック】

◎コパノリッキー
○アウォーディー
▲クリソライト
△ホッコータルマエ

競走馬としてのピークを迎えている印象が強いコパノリッキーで大丈夫だと思います。

2100mという距離は長いと思いますけど、
近走の内容が凄すぎますから、逆らえない存在だ、と判断しました。

クリソライトはコリアカップに引き続き、藤井勘一郎騎手とのコンビで参戦。
▲にしましたが、一番応援したいのはこの馬です。

[もっと見る]

 美馬優騎 2016年02月21日() 12:22
今日の重賞予想 フェブラリーステークス
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 1

2016年最初のG1レースであるが、このレースは『見』します。

軸馬は、ベストウォーリアなのですが、ダート戦線は、地方G1レースなどもあり、馬の実力値が見極められないこと。。流石に地方競馬まで注目してしまうと、普通のサラリーマンには時間が足りないっす。
3連覇がかかるコパさんの馬ですが、昨日の例もあるように、難しいとは言われていますが、2分の1神話を信じると、あるかもって感じでしょうかね。ノンコノユメは、末脚強烈ですけども、ペースがどうなんでしょうか?と考えていると、やっぱり、賭けるレースではなく、見るレースにすることにしました。


しかし、隣席のババァのスマホが、年甲斐もなく、ビースなどでキラキラしているのが気になります。
何か表のようなものに書き込んでいるのですが、何をしているのか。。。馬柱でないことは確かなんですが。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬場名 レース番号 枠番 馬番 馬名 騎手名略称
東京 11 3 5 ベストウォーリア           戸崎圭太
東京 11 2 3 コパノリッキー            武豊  
東京 11 4 7 ノンコノユメ             ルメール
東京 11 2 4 アスカノロマン            太宰啓介
東京 11 6 11 スーサンジョイ            和田竜二
東京 11 7 14 モーニン               M.デム
東京 11 3 6 ロワジャルダン            横山典弘
東京 11 1 2 ホワイトフーガ            大野拓弥
東京 11 7 13 タガノトネール            柴田大知
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[もっと見る]

ベストウォーリアの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ベストウォーリアの写真

ベストウォーリア
ベストウォーリア
ベストウォーリア

ベストウォーリアの厩舎情報 VIP

2016年2月21日フェブラリーS G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベストウォーリアの取材メモ VIP

2016年2月21日 フェブラリーS G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。