注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ベストウォーリア(競走馬)

注目ホース
ベストウォーリア
ベストウォーリア
ベストウォーリア
ベストウォーリア
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2010年3月7日生
調教師石坂正(栗東)
馬主馬場 幸夫
生産者Buck Pond Farm, Inc
生産地
戦績29戦[9-9-4-7]
総賞金27,591万円
収得賞金16,325万円
英字表記Best Warrior
血統 Majestic Warrior
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Dream Supreme
Flirtatious Miss
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
Seductive Smile
兄弟 フォンタネットポーゴルディオン
前走 2017/05/05 かしわ記念 G1
次走予定

ベストウォーリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------4** 牡7 57.0 戸崎圭太石坂正510(--)1.40.7 0.8----コパノリッキー
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16597.652** 牡7 57.0 戸崎圭太石坂正516(-4)1.35.1 0.035.7⑧⑥ゴールドドリーム
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 16355.632** 牡7 58.0 戸崎圭太石坂正520(+2)1.23.2 0.235.6⑥⑥カフジテイク
16/11/03 川崎 10 JBCスプリ G1 ダ1400 12--------2** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正518(--)1.27.8 0.6----ダノンレジェンド
16/10/10 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 13--------2** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正515(--)1.33.8 0.3----コパノリッキー
16/06/01 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------2** 牡6 58.0 戸崎圭太石坂正510(--)1.26.2 0.3----ソルテ
16/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------3** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正508(--)1.40.2 1.0----コパノリッキー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16357.234** 牡6 57.0 戸崎圭太石坂正514(0)1.34.2 0.235.0⑦⑨モーニン
15/11/03 大井 9 JBCスプリ G1 ダ1200 16--------3** 牡5 57.0 川田将雅石坂正514(--)1.11.4 0.5----コーリンベリー
15/10/12 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 15--------1** 牡5 57.0 福永祐一石坂正517(--)1.36.8 -0.3----タガノトネール
15/07/12 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 16126.741** 牡5 59.0 福永祐一石坂正512(+2)1.22.5 -0.335.6④④コーリンベリー
15/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------2** 牡5 57.0 福永祐一石坂正510(--)1.37.6 0.2----ワンダーアキュート
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 165106.433** 牡5 57.0 戸崎圭太石坂正512(+6)1.36.5 0.236.1⑧⑧コパノリッキー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 161221.2911** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正506(-7)1.52.0 1.036.9⑤⑦⑧⑦ホッコータルマエ
14/11/03 盛岡 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------5** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正513(--)2.01.9 1.1----コパノリッキー
14/10/13 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 15--------1** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正506(--)1.35.9 -0.6----ポアゾンブラック
14/07/13 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 16361.911** 牡4 56.0 戸崎圭太石坂正512(-2)1.22.6 -0.035.4⑩⑨キョウワダッフィー
14/06/14 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 146101.612** 牡4 57.5 戸崎圭太石坂正514(+4)1.34.6 0.035.4⑥⑤エアハリファ
14/05/04 東京 10 オアシスS OP ダ1600 165101.511** 牡4 57.0 戸崎圭太石坂正510(0)1.35.8 -0.236.4⑦⑥サトノプリンシパル
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16127.0313** 牡4 57.0 浜中俊石坂正510(0)1.36.9 0.935.7⑦⑧コパノリッキー

⇒もっと見る


ベストウォーリアの関連ニュース

 5月31日(水)に浦和競馬場で行われるサンケイスポーツ賞さきたま杯のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第21回サンケイスポーツ賞さきたま杯」(浦和競馬場、交流GII、4歳以上オープン、別定、ダート・左1400メートル)【JRA所属の出走予定馬】4頭ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、クリストフ・ルメール騎手)

【さきたま杯】JRA出走予定馬が発表2017年05月14日() 16:53

 5月31日(水)に浦和競馬場で行われるサンケイスポーツ賞さきたま杯のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が14日、発表された。

 「第21回サンケイスポーツ賞さきたま杯」(浦和競馬場、交流GII、4歳以上オープン、別定、ダート・左1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)ホワイトフーガ(牝5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ブラゾンドゥリス2.キタサンサジン3.ドリームキラリ4.プレスティージオ5.ベストマッチョ

[もっと見る]

【かしわ記念】今日は差し切りコパノリッキーGI9勝目 2017年05月05日(金) 16:52

 5月5日(祝・金)の船橋競馬11Rで行われた第29回かしわ記念(交流GI、4歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左1600メートル、10頭立て、1着賞金=6000万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が6番手追走から鮮やかな差し切り勝ち。タイムは1分39秒9(良)。コパノリッキーはかしわ記念は2014年、2016年に次いで3度目の制覇。ダートGIは9勝目。オーナーであるDr.コパこと小林祥晃(こばやし さちあき)氏の70歳の誕生日に、リッキー&ユタカがビッグなプレゼントを贈った。

 ◆武豊騎手(1着 コパノリッキー)「スタートが悪ければ差す競馬になると思っていました。3年前にこのレースを勝ったときも今日と同じ形で競馬をしたので、いろいろと考えてはいました。前が引っ張ってくれたので、いい流れになったし、道中の走りも良かった。いい形で直線に向けました。つかみどころのない馬ですが、久しぶりにこの馬らしい走りができたと思います」

 2馬身差の2着には4番手追走から直線内から伸びたインカンテーション(5番人気)、さらにクビ差遅れた3着に逃げ粘ったモーニン(3番人気)。1番人気のベストウォーリアは3番手追走から最後のひと伸びを欠き、4着に敗れた。

 かしわ記念を勝ったコパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、馬主は小林祥晃氏。戦績は29戦14勝。重賞は2013年兵庫チャンピオンシップ・交流GII、2014年フェブラリーS・GI、かしわ記念・交流GI、JBCクラシック・交流GI、2015年東海S・GII、フェブラリーS・GI、JBCクラシック・交流GI、2016年かしわ記念・交流GI、帝王賞・交流GI、南部杯・交流GIに次ぐ11勝目。かしわ記念は村山明調教師は2014年&16年コパノリッキーに次ぐ3勝目、武豊騎手は1997年バトルライン、2016年コパノリッキーに次ぐ3勝目。

[もっと見る]

【かしわ記念】JRA出走予定馬が決定2017年04月27日(木) 20:04

 5月5日(祝・金)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。 「第29回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、岩田康誠騎手)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、武豊騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、クリストフ・ルメール騎手)リッカルド(セン6歳、美浦・黒岩陽一厩舎、大野拓弥騎手)

[もっと見る]

【かしわ記念】JRA出走予定馬が発表2017年04月16日() 17:50

 5月5日(祝・金)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が4月16日、発表された。 「第29回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、騎手未定)グレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、武豊騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.リッカルド2.カゼノコ3.キクノソル4.ブライトアイディア5.バスタータイプ

[もっと見る]

【世界のカトちゃん】ドバイワールドC2017年03月25日() 05:08

 【9R・ワールドC】北米で無敵の快進撃を続けるアロゲートの強さは百も承知だが、断然の人気だけに配当的な妙味はなし。リスクを覚悟でゴールドドリームを狙ってみる。

 フェブラリーSで念願のGI初制覇。ベストウォーリアにクビ差まで詰め寄られたが、抜け出してから気を抜いたためで、内容的には完勝だった。

 伸び盛りの4歳で底を見せていないのは魅力。五分のスタートを切って、流れに乗ったレースができれば、世界トップレベルの強豪とも互角の勝負ができるはずだ。

 〔3〕の単勝。馬連は〔3〕〔9〕、〔3〕〔5〕、〔3〕〔7〕を本線に〔2〕〔3〕、〔3〕〔11〕、〔3〕〔14〕。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストウォーリアの関連コラム

閲覧 942ビュー コメント 0 ナイス 4

 ゴールデンウィークのダートグレード第3弾は、船橋で行われるG1・かしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞を目指す実績馬が集うレース。いかにもG1戦らしく、上がり馬よりもG1勝ちの実績馬が活躍するのが特徴です。

 実際にこのレースの過去10年の勝ち馬10頭を見て行くと、出走当時4歳だった2009年のエスポワールシチー、2013年ホッコータルマエを除く8頭全てに、過去1年以内にG1勝ちの実績がありました。基本的に本命馬は、過去1年以内にG1勝ちの実績があるか、前記したエスポワールシチーホッコータルマエのように、目下3連対以上(一度は、ダートグレードを含む)4歳馬を選出したいものです。

 また、同年のフェブラリーSで先行した馬も有力。特にフェブラリーSで4コーナー5番手以内でレースをした馬は、着順に関係なくかしわ記念で活躍しています。該当馬は、2007年アジュディミツオー(2着)、2008年のブルーコンコルド(2着)、2009年のカネヒキリ(2着)、2010年のエスポワールシチー(1着)、2012年のエスポワールシチー(1着)、2013年のエスポワールシチー(2着)、2014年のコパノリッキー(1着)です。

 これはフェブラリーSが前がきつい流れになることが多いのに対して、かしわ記念はそれほどテンが速い馬が出走していないことが多く、前が残りやすいからです。2007年のアジュディミツオーは、フェブラリーSで先バテ14着に失速したことで、このレースではやや人気を落としましたが、このレースで楽勝Vを決めました。つまり、過去1年以内にG1勝ちの実績があり、同年のフェブラリーSで4コーナー5番手以内で競馬をした馬は、かなり信頼が出来るでしょう。

 また、人気薄で3着以内に入線したのは、2007年のディープサマー(7番人気・3着)、2010年のフリオーソ(5番人気・2着)、2011年のラヴェリータ(5番人気・2着)、2015年のハッピースプリント(5番人気・3着)、2016年のソルテ(6番人気・2着)、ベストウォーリア(5番人気・3着)となっており、それ以外の3着以内馬は、全て4番人気までの上位人気馬たちによって占められています。スパイラルカーブで実力上位馬が能力を発揮しやすい船橋らしい結果とも言えるでしょう。

 人気薄で3着以内に好走した馬たちを見ていくと、地方馬の名前が目につきます。2007年のディープサマーは中央から地方に移籍した初戦、休養明けでの好走でした。中央時代にほとんど芝のレースしか使われていなかったことが人気の盲点となっての好走でした。

 2010年のフリオーソや2015年のハッピースプリントは、過去1年以内にG1連対実績のある馬ですから、地方馬=弱いというイメージで人気がなかったようにしか思えません。2016年のソルテは近7走で連勝中の上がり馬。それまでの対戦比較からダートグレードでも通用の余地がありましたが、その時点ではダートグレードでの実績がまだなかったために人気はありませんでした。

 また、地方馬たちにとって、今回のレースで前目のポジションにつけてレースを進めるためには、前走で速い流れとなりやすいJRAの競馬を使われているか、前走が地方のレースならば逃げ、もしくは4コーナー先頭のような前目の競馬をしていることが望ましいと言えるでしょう。前記したディープサマー、ハッピースプリントは前走JRA出走馬、フリオーソやソルテは、前走で地方のレースを使われ、4コーナー先頭のレースをしている馬でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 過去1年以内にG1勝ちの実績があり、同年のフェブラリーSで4コーナー5番手以内の競馬をしている馬。

 ●穴馬候補
 前走で速い流れとなりやすいJRAの競馬を使われているか、前走が地方のレースならば逃げ、もしくは4コーナー先頭のような前目の競馬をしている地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月23日(木) 11:27 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/18〜2/19)霧プロ、くりーくプロが京都最終で波乱レースを的中!
閲覧 690ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は19(日)に東京競馬場でG1フェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーステークスの1番人気はカフジテイクで4.5倍、2番人気ゴールドドリーム5.0倍、3番人気モーニン5.4倍、続いてノンコノユメ7.1倍、ベストウォーリア7.6倍、6番人気コパノリッキー9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました!
 
注目のスタートは外からダッシュ決まったインカンテーションニシケンモノノフがお互い手綱を緩めず激しいハナ争い、そこから3馬身ほど間があいてコパノリッキーケイティブレイブモーニンアスカノロマンと先行集団を形成、中団からはホワイトフーガベストウォーリアゴールドドリームキングズガードノンコノユメブライトラインが追走。後方からはエイシンバッケンサウンドトゥルーカフジテイクと追走して最後方にデニムアンドルビーの態勢。前半600m通過は34秒0(参考)の厳しい流れも3〜4コーナーでペースが緩むと後方各馬も差を詰めて馬群がギュッと凝縮!インカンテーションが先頭で直線コースへ入ります!
 
先頭のインカンテーションのリードは1馬身、直後にニシケンモノノフコパノリッキーケイティブレイブの3頭、外からはアスカノロマンゴールドドリームが追い出しにかかります。残り200m、ここでインカンテーションを交わしたニシケンモノノフが単独先頭に変わって後続を離しますが、内からベストウォーリア、外ゴールドドリームが力強い脚で猛追、3頭が内、中、外で競り合うか形で追い比べ!残り100m、ここでニシケンモノノフが一杯となるとベストウォーリアゴールドドリームの2頭の叩き合い!一旦先頭に立ったゴールドドリームを差し返すベストウォーリア!2頭の激しい追い比べはゴールまで続きましたが僅かに外ゴールドドリームベストウォーリアをクビ差抑えて優勝しました!2着にベストウォーリア、そこから3/4差の3着にゴール前急追したカフジテイクが入っています。
  
公認プロ予想家では他伊吹雅也プロ他5名が的中しています。
 
 
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(日)京都12Rで単勝39倍の◎バーサーカーからの馬連691.6倍、3連複950.7倍を仕留め、23万3390円を払い戻しました!18(土)京都6Rでは▲◎○の印で本線的中!6万7310円を払い戻しました!週末トータル回収率145%、収支プラス14万7460円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースとした19(日)京都12Rで調教A評価とした○レッドヴェルサス、B評価▲のアチーヴが馬券に絡み、3連複950.7倍、枠連117.1倍を的中!10万6780円を払い戻しました!週末トータル回収率192%、収支プラス6万4860円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)東京4Rで◎アルチレイロを頭固定、○ミルキークォーツを2,3着に置いた3連単で勝負!見事3連単479.3倍を1000円的中させ、47万9300円を払い戻しました!さらに同日の京都7Rでも◎○△の印で20万2540円を払い戻し!週末トータル回収率137%、収支プラス27万3440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
18(土)東京5Rで『前走好内容。外枠からスンナリならさらに伸びる。』と評した◎ドリームマジックが見事1着!◎○△の印で単勝7.6倍、馬単104.6倍、3連単859.1倍を本線で仕留め、10万170円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス4万970円をマークしています。
 
この他にも西野圭吾プロ(130%)、おかべプロ(129%)、覆面ドクター・英プロ(113%)、馬っしぐらプロ(105%)、ジョアプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年02月20日(月) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/18〜2/19の結果(フェブラリーステークス・ダイヤモンドステークス)
閲覧 371ビュー コメント 0 ナイス 1

2月18日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(2.1倍)
2着:総合ポイント【5位】ラブラドライト(28.4倍)
3着:総合ポイント【4位】◎カフジプリンス(3.6倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第2グループ・総合ポイント5位のラブラドライトが2着、第2グループ・総合ポイント4位のカフジプリンスが3着という結果でした。

期待した◎カフジプリンスですが、瞬発力比べになってしまい、持ち味を生かせませんでした(+_+) 次こそはスタミナを生かしたロングスパートを期待したいです!

そして凄馬出馬表的には1位→5位→4位の上位決着!ラブラドライトは人気なかったのでなかなかの配当でした!(^^)!
【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点 払い戻し0円


続いて2月19日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーステークスG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】△ゴールドドリーム(5.0倍)
2着:総合ポイント【1位】△ベストウォーリア(7.6倍)
3着:総合ポイント【3位】◎カフジテイク(4.5倍)

第2グループ・総合ポイント7位のゴールドドリームが1着、第1グループ・総合ポイント1位のベストウォーリアが2着、第1グループ・総合ポイント3位のカフジテイクが3着という結果でした。

期待した◎ケイティブレイブはコンマ5秒差の6着に敗退。もう少しすんなり運べるかと思いきや、大外から積極策を選んだインカンテーションの存在が誤算でした(+_+)。結果として、前半は速く流れ、4角で緩んで、そこからまた急加速と、比較的緩急のつく展開に。
それでも大崩れしなかったあたり、能力は示してくれたかなという印象ですが、外れは外れ。2017年G1予想は完敗でのスタートです(泣)。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)払い戻し0円

[もっと見る]

2017年02月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第247回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス G1
閲覧 836ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

[もっと見る]

2017年02月15日(水) 04:19 覆面ドクター・英
フェブラリーS
閲覧 2,124ビュー コメント 0 ナイス 5

有馬記念が終わって早くもまたG気フェブラリーSがやってきました。20年以上前に西田式スピード指数からはじまり故・石川ワタルさんの指数などを参考にしてオリジナル指数作りなどしてきた指数派の人にとっては(私もそうですが)芝よりダートが得意でマイル以下の淀みのない流れの方が力関係の見極めが得意ではないかと思います。9年前にグアムで買ったフェブラリーSの馬券がガツンと当たって、海外挙式の家族の旅費まかなえて、「クイズ100人に聞きました」みたいだと思ったのがついこの間のようです(若い人にはさっぱりわからない話でしょうが)。今日は地方で大幅プラス(特に大井で勝つのは嬉しいです。投入額が他の地方競馬より少し多いですから)で気分よく昨秋のコラムのように書いてみます。

全馬診断

1番人気想定 カフジテイク 某わりと大手サイトで見てびっくりしました。鋭い末脚もっていて、好きな馬だし何度か穴で馬券とらせてもらっていますが、前走も本命打ちましたが、G気破槎燭箸いΕャラではないのでは。好勝負できるところまできているし、言われるほど1400向きでマイルだめとも思わないが・・。

2番人気想定 ゴールドドリーム これまたびっくり・・。まだ荷が重いのではチャンピオンズCも負け過ぎでまだ力つけてくるのは先で若すぎるのでは。消しの予定。

3番人気想定 ベストウォーリア 力があるのは確かだが2着続きなように、じれったい典型。3連単でマルチを買わないので本命打つ度、迷惑千万、いい加減にしてくれ、というタイプだが7歳だと、そろそろ舐められそうでこのくらいの人気なら妙味あり。

4番人気想定 モーニン ベストウォーリア と同じ馬場さんの有力マル外だがこちらの方が若いが器が小さく昨年よく勝てたなあという現況でヒモまででは。この人気なら消しも有りか。

5番人気想定 ノンコノユメ  去勢して体調あがるまで半年くらいはかかるので正直フェブラリーS間に合わないのではと、ここのところ消していたが、そろそろ上昇してくる頃ではあり、このくらい人気落としてくれればヒモには加えたい。

6番人気想定 サウンドトゥルー 騎乗停止で大野騎手が乗れないケチがついただけでなく力的にもちょっと下がってきている感じありヒモまで。

7番人気想定 コパノリッキー  16番人気で勝ったのが3年前ですが力落ちてきており買わない予定。

8番人気想定 アスカノロマン  チャンピオンズCでは人気薄で3着と激走したが勝ち切る力は無さそうでヒモまで。

9番人気想定 エイシンバッケン イマイチ伸び悩みでヒモに入れるかどうか程度。

10番人気想定 キングズガード  この馬ももう少しやれるかと思ったが一線級に入るとまだ少し落ちる。ヒモに入れるかどうか程度。

11 ホワイトフーガ ピーク過ぎつつある感あり。特に買えない。
12 ケイティブレイブ 気分よく逃げられるかの馬で流れ向かない。
13 デニムアンドルビー ディープ産駒のダート挑戦買えず。
14 レッツゴードンキ 芝マイルやダートで好走しているがここ通用する力無し。
15 ニシケンモノノフ  1400ベストに見せかけて通用することあり穴で買いたいタイプ。
16 サウンドスカイ 長期休養明けに大きくはなればビリだけに買えない。
17 インカンテーション 調子崩して休養も多く買えない。
18 ブラゾンドゥリス  力つけてきているがさすがに連闘でつかってこないのでは。
19 モルトベーネ ここのところの充実ぶりすごいがローテきつすぎ使わないのでは。
20 ソルティコメント オープンに上がってからは壁に当たっている。
21 スーサンジョイ 快進撃とまりオープン入着級に落ち着いてしまった。
22 チャーリーブレイヴ 休養明け2戦がふたけた着順では・・。
23 ブライトライン 丈夫で走り続けているが好勝負もう無理。
24 メイショウウタゲ オープン上がってからは入着級までに。
25 カゼノコ 相手弱いところ狙って距離短縮前走は出遅れて終了。スランプ期間。
26 ピオネロ 昨秋のシリウスSではアポロケンタッキーに先着しているように力あるが賞金足りないのでは。
というわけで10番人気以下ではニシケンモノノフピオネロが出られればというくらい。

最終結論は今週もう少し考えてから。本命を惜敗王ベストウォーリアにするかどうかも悩ましいところ。

[もっと見る]

2017年02月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月12日号】特選重賞データ分析編(34)〜2017年フェブラリーステークス〜
閲覧 3,177ビュー コメント 0 ナイス 8

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<伊吹雅也より>

 日曜の「特選重賞データ分析編」は今回が34回目。これまでに33回ずつ公開してきた水曜の「週末メイン“1点”分析EXTRA編」、木曜の「コース別“大全奥義! 全買いデータ”分析編」を含め、連載「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」は公開回数が100回の大台に到達しました。ご愛読いただいているユーザーの皆様に改めて御礼申し上げます。最先端の予想技術を提供すべく、今後もさらに精進致しますので、どうぞご期待ください。


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2017年02月19日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2012年以降)】
×500毀に [0-3-0-27](複勝率10.0%)
○500坩幣 [5-2-5-38](複勝率24.0%)

 ダートのレースということもあり、馬格がない馬は人気を裏切りがち。単勝2番人気以内の支持を集めた馬に限定すると、前走の馬体重が500坩幣紊世辰診呂2012年以降[2-1-2-1](複勝率83.3%)、500毀にだった馬は2012年以降[0-1-0-3](複勝率25.0%)でした。今年はこの条件に引っ掛かる実績馬が多いので注意しましょう。

主な「○」該当馬→ゴールドドリームベストウォーリアモーニン
主な「×」該当馬→カフジテイクケイティブレイブサウンドトゥルー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年か同年、かつJRA、かつダ1600〜1800mの重賞かオープン特別”において3着以内となった経験がある」馬は2012年以降[5-5-5-34](複勝率30.6%)
主な該当馬→カフジテイクサウンドトゥルー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストウォーリアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 8

【かしわ記念】

中央馬たちがオッズ通りの力を示した一戦でしたが、
そんな中でベストパフォーマンスを発揮したのは古豪・コパノリッキー!

スタートで後手を踏みましたけど、
中団待機から力強い末脚で他馬を差し切っていく姿はカッコよかったですし、
コパノリッキーの長所も短所も知り尽くしている武豊騎手のレース運びも見事だったと思います。

これでコパノリッキーはかしわ記念3連覇で、G1も9勝目。
多頭数でハイペースになりやすい中央のG1よりも地方のG1の方が勝負になるはずですから、
秋の南部杯でG1・10勝の大台に達する可能性も十分あるのではないでしょうか。

本命・インカンテーションは2着。
勝ったコパノリッキーが予想以上に強かったんですけど、
インカンテーションも復調気配を感じさせる素晴らしい走りを見せてくれました。

1番人気のベストウォーリアは直線で伸びを欠いて4着どまり。
実績上位であっても、調整過程に狂いが生じている状況だと凡走してしまう、
という競馬の難しさを実感させられました。


【京都新聞杯】

◎インヴィクタ

古馬になってから本物になる馬だと思っていますけど、
今年の京都新聞杯のメンバー構成ならば上位争い可能、と考えてインヴィクタを本命にします。

同じ佐々木主浩オーナーのシュヴァルグランの3歳時にそっくりで、
道中でのズブさが仇になって、思うような結果を残せていない、という現状にあります。

今回も位置取りが悪くなる可能性がありますし、
雨が降った場合に対応できるのかどうか不透明ですが、
持っているポテンシャルはメンバー中ナンバーワンですので、
ルメール騎手の手綱さばきで最悪でも3着までには入ってきてほしいです。

最終追い切りは明日の東京10Rに出走するヴォルシェーブと併せ、まずまずの動きを見せました。
1週前にも終い重点の追い切りでそこそこの時計を出していますし、走れる状態にある、と判断しています。

(注目馬)

・ダノンディスタンス

先行できなきゃサッパリな馬ですが、
スムーズに先行できれば、最後の最後まで粘れるはず。
雨の影響を強く受ける状況になったら好走の確率も上がる事でしょう。

・ハギノアレス

追い切りの映像を見る限り、まだ幼い面が残っているようです。
本格化するのは先になると思いますが、追い切りで見せた力強い脚に高いセンスを感じました。
人気薄のうちに先物買いしておきたいので、一気の相手強化でも買い目には加えておきたいです。

 ベスト タイムズ 2017年05月05日(金) 03:59
505  かしわ記念
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 6

ベストウォーリア

ブラゾンドゥリス

.

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年05月04日(木) 19:07
かしわ記念 予想
閲覧 46ビュー コメント 4 ナイス 18

昨日から始まった地方競馬の交流重賞3連戦。

1戦目のかきつばた記念は園田・トウケイタイガーが2着に4馬身差をつける快勝!
1コーナーに入るまでに同じ逃げ馬のドリームキラリを外からブロックしたところで勝負あり、といったレースでした。

中央時代は1000万下まで上がるのがやっとの馬でしたけど、
52kgの軽いハンデが効いたとはいえ、見事な逃げ切り勝ちでした。

今日行われた2戦目・兵庫チャンピオンシップは中央のタガノディグオが優勝!
いつも後方からレースを運ぶ馬が今回は先頭から5番手の好位置を確保。
道中の位置取りも最高でしたし、終始冷静な立ち回りをした川島騎手の騎乗もあっぱれです。

僕は1番人気・リゾネーターの先行押し切りに期待したんですけど、
勝ち馬から2.1秒離された4着、とまさかの惨敗…。

初の関西圏遠征でしたし、鞍上・木幡巧騎手もまだキャリア不足。
危険な要素はそろっていたとはいえ、こんなにあっけなく負けてしまうとは…。


ここからは、明日船橋競馬場で行われるG1・かしわ記念を展望していきます。

本命はインカンテーションにしました。

ケガの影響で冴えないレースばかりしていましたが、
2走前のフェブラリーSで果敢に逃げた事で馬が変わったようで、
前走・マーチSは57.5kgの厳しいハンデを感じさせない走りを見せ、1年10ヶ月ぶりに重賞制覇を果たしました。

初の船橋参戦となる点はマイナス材料ですけど、
他馬も頼りない感じがしますので、前走快勝の勢いを重要視したい、と考えました。

本来ならベストウォーリアに◎を打つべきなのかもしれませんが、
中間にアクシデントがあったようで、追い切り本数が足りていませんから、
1着安泰ではない、と判断しました。

[もっと見る]

ベストウォーリアの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ベストウォーリアの写真

ベストウォーリアの厩舎情報 VIP

2017年2月19日フェブラリーS G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベストウォーリアの取材メモ VIP

2017年2月19日 フェブラリーS G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。