注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

インカンテーション(競走馬)

注目ホース
インカンテーション
インカンテーション
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2010年3月24日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主有限会社 ターフ・スポート
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績24戦[8-2-3-11]
総賞金26,589万円
収得賞金10,000万円
英字表記Incantation
血統 シニスターミニスター
血統 ][ 産駒 ]
Old Trieste
Sweet Minister
オリジナルスピン
血統 ][ 産駒 ]
Machiavellian
Not Before Time
兄弟 ソルモンターレヒラボクビジン
前走 2016/11/06 みやこステークス G3
次走 2017/01/22 東海テレビ杯東海S G2

インカンテーションの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 -- 163554.5----** 牡7 56.0 藤岡康太羽月友彦---- --------
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1651027.598** 牡6 56.0 藤岡康太羽月友彦508(+6)1.51.0 0.937.6アポロケンタッキー
16/01/24 中京 11 東海S G2 ダ1800 12674.3311** 牡6 56.0 内田博幸羽月友彦502(+4)1.54.1 2.238.6⑨⑧⑤⑤アスカノロマン
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 16116.241** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦498(+10)1.55.1 -0.336.7クリノスターオー
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671413.852** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦488(-8)1.36.4 0.136.2コパノリッキー
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 14344.833** 牡5 56.0 大野拓弥羽月友彦496(+10)1.51.6 0.736.7⑭⑭⑭⑬コパノリッキー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 168158.0410** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦486(-2)1.51.8 0.836.5⑫⑬⑪⑪ホッコータルマエ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 167145.521** 牡4 56.0 大野拓弥羽月友彦488(+6)1.50.2 -0.136.0⑩⑪⑨⑧ランウェイワルツ
14/09/20 新潟 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 12551.411** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦482(0)1.51.2 -0.035.7スターバリオン
14/08/30 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 10552.821** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦482(+8)1.50.6 -0.238.3ランウェイワルツ
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1381234.3103** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦474(-12)1.42.7 0.836.9⑤⑥④ローマンレジェンド
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 1681535.9914** 牡3 55.0 大野拓弥羽月友彦486(0)1.52.0 1.637.9④④ベルシャザール
13/11/03 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1661116.672** 牡3 55.0 大野拓弥羽月友彦486(+8)1.49.2 0.036.2⑥⑥⑥ブライトライン
13/09/15 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 16232.926** 牡3 54.0 大野拓弥羽月友彦478(-8)1.50.9 0.937.1⑧⑦⑧⑥グラッツィア
13/08/04 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15353.311** 牡3 56.0 大野拓弥羽月友彦486(+8)1.50.3 -0.436.7サトノプリンシパル
13/07/13 中京 10 濃尾特別 1000万下 ダ1800 16472.311** 牡3 54.0 藤岡康太羽月友彦478(+6)1.50.5 -0.336.6⑤④グッドマイスター
13/06/30 中京 10 御嶽特別 1000万下 ダ1800 16366.133** 牡3 54.0 小牧太羽月友彦472(-6)1.51.0 0.435.1⑯⑯⑭⑬サトノプリンシパル
13/03/31 中山 10 伏竜S OP ダ1800 152232.094** 牡3 56.0 吉田隼人羽月友彦478(+6)1.53.7 0.138.3④④コパノリッキー
13/03/09 中京 10 沈丁花賞 500万下 ダ1800 11555.441** 牡3 56.0 大野拓弥羽月友彦472(+4)1.53.0 -0.937.0モンシュシュ
13/02/09 東京 6 3歳500万下 ダ1600 165950.8114** 牡3 56.0 石橋脩羽月友彦468(-12)1.38.7 0.437.4④④ベストウォーリア

⇒もっと見る


インカンテーションの関連ニュース

【東海S】厩舎の話

2017年01月20日(金) 05:03

 ◆アスカノロマン・川村師 「先週まで負荷をかけていたので、今週は実質5ハロンから流した感じ。(連覇に向けて)今年も好位差しで」

 ◆インカンテーション・羽月師 「久々に順調な調整過程でレースに行くことができる。息の戻りもいい」

 ◆カゼノコ・野中師 「良化はスローだが、少しずつ変わってきている」

 ◆カラクプア・松田師 「(調教は)動かない馬で、動いている方だと思う」

 ◆グレンツェント・加藤征師 「前走を使ってここが目標。状態は文句なし」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「今回は絞れていると思う。気分良く走れれば」

 ◆トウショウフリーク・今野師 「休み明けを叩いて上積みはあると思う」

 ◆ピオネロ・松永幹師 「単走でビシッとやりました。動きは良かったし、左回りもいい」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「時計が出過ぎているぐらいだから、調子はいいんだろうね」

 ◆メイショウウタゲ・安達師 「動きは相変わらず、いつもと同じ感じ」

 ◆モルトベーネ・松永昌師 「動きは良かった。あとは当日の落ち着き次第」

 ◆ラストインパクト・前川助手 「ダートは未知数だが、長く脚を使う持ち味を出してくれれば」

 ◆リッカルド・黒岩師 「しっかりと動けていた。自分から動いていく競馬ができれば」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「前走と同様にダートで気分良く走らせた。反応は良かったしピリッとしている」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「(併せ馬で)目標を前に置いて、反応を確かめる感じ。リズム良く運べれば」

東海Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【東海S】追って一言2017年01月19日(木) 05:03

 ◆インカンテーション・羽月師 「息の戻りがすごく良くて(使った)上積みは大きい」

 ◆カゼノコ・野中師 「良化はスローだが、少しずつ変わってきている」

 ◆カラクプア・松田師 「(調教は)動かない馬で、動いている方だと思う」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「今回は絞れていると思う。状態はいいので気分良く走れれば」

 ◆トウショウフリーク・今野師 「年齢的な衰えは感じない。自分の力を出し切れば」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「時計が出過ぎているぐらいだから、調子はいいんだろうね」

 ◆メイショウウタゲ・安達師 「動きは相変わらず、いつもと同じ感じ」

 ◆ラストインパクト・前川助手 「ダートは未知数だが、長く脚を使う持ち味を出してくれれば」

 ◆リッカルド・黒岩師 「ここ2戦は不発だったが、自分から動いていく競馬ができれば」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「前走と同様にダートで気分良く走らせた。反応は良かったしピリッとしている」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「いい状態だし、競馬でもリズムよく運べれば」

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海S】インカンテーション気配一変!2017年01月18日(水) 11:53

 インカンテーションが3年連続、東海Sに参戦する。昨年は11着と惨敗したが、一昨年は3着と好走し、続くフェブラリーSでの2着へつなげた。今年は再浮上へのきっかけをつかみたい。

 栗東CWコースで単走。雪が溶け、凍結したウッドチップを考慮したのか、馬なりのまま6F86秒6、ラスト1F13秒8を余力たっぷりにマークした。

 「馬場を考慮しサッとやった。順調に乗り込んでいるし、仕上がりはいい。久々の前走は息づかいを含め今ひとつのところが多かったけど、使われて上向いてきた。前走より走れる態勢にはあります」と羽月調教師。

 9カ月半ぶりで8着だった前走・みやこSから気配は一変。短期放牧を挟み「結果にこだわる」といえるほど、重賞を3勝した往年の力を取り戻している。

(夕刊フジ)

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海S】レース展望 2017年01月17日(火) 18:31

 今週の中京日曜メインは、第34回東海ステークス(22日、GII、ダート1800メートル)。1着馬にフェブラリーステークス(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の出走権が与えられる重要ステップレース。今年はフルゲート16頭に20頭がエントリーした。前週の日曜の中京は降雪の影響で月曜に代替競馬として行われた。今週は晴天の下、無事予定通り行われることを期待したい。

 中心は連覇を狙うアスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)だ。昨年はこのレースを制した直後に、レコード決着だったフェブラリーSで、勝ったモーニンから0秒2差の3着に好走。続くアンタレスSで2着、平安Sでは5馬身差Vと存在感を示した。

 その後の3戦は案外の結果だったが、暮れのチャンピオンズCでは、10番人気の低評価ながら、先行勢の多くが馬群に沈む中、持ち前のしぶとさを発揮して3着に踏ん張った。これで、中京ダート1800メートルは【2・0・1・0】の好成績。連覇で重賞3勝目を挙げ、堂々とフェブラリーSに乗り込む。

 レパードSを勝っているグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)の充実ぶりも目が離せない。2走前のみやこSでは直後に交流GI東京大賞典を勝つアポロケンタッキーのクビ差2着。前走のオープン特別・師走Sは、着差こそ半馬身だったが、年長馬相手に危なげない勝ち方だった。まだまだ成長が見込める4歳馬が、再び年長馬を力でねじ伏せる構えだ。鞍上には横山典弘騎手が予定されている。

 一昨年のみやこSの勝ち馬で、昨年のこのレースでは3着だったロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)も注目の一頭だ。2走前のみやこSが0秒1差の3着で、前走のチャンピオンズCは8着ながら、勝ったサウンドトゥルーとは0秒5差。ここでも好勝負を演じても不思議はない。

 インカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡7歳)も無視できない。一昨年のフェブラリーSの2着馬で、重賞は2013年レパードS、14年みやこS、15年平安Sの3勝。昨年の東海S11着後、骨折が判明して休養を余儀なくされたが、みやこSで復帰。2番手から積極的にレースを進め、直線で息がもたずに8着に終わったが、今回は息のもちが違ってくるだろう。休養期間が長く、まだ衰えはないはず。ここは試金石となる。

 リッカルド(美浦・黒岩陽一厩舎、セン6歳)は、昨年のエルムSの覇者。その後ひと息入れて出走した福島民友Cは7着、続く前走の師走Sは10着と振るわなかったが、叩き3戦目の今回は斤量も前走から1キロ減の56キロ。自ら動いて早めに仕掛ける競馬ができれば、巻き返しは可能だ。

 他にも、昨年のマーチSを勝っているショウナンアポロン(美浦・古賀史生厩舎、牡7歳)や、同レース2着のバスタータイプ(栗東・佐藤正雄厩舎、牡5歳)、昨秋のシリウスS2着馬ピオネロ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)、新天地のダートで復活を図るラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)、堅実なメイショウウタゲ(栗東・安達昭夫厩舎、牡6歳)など、伏兵陣も役者ぞろい。GIの前哨戦にふさわしい一戦になることは間違いない。

 なお、登録のあるミツバ(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は、選出されている交流GI川崎記念(2月1日、川崎、ダート2100メートル)に向かう公算が大きい。

東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東海テレビ杯東海ステークス】特別登録馬2017年01月17日(火) 17:30

[もっと見る]

【東海S】川村師、ロマンに期待「予定通り」2017年01月13日(金) 05:03

 《栗東》昨年の勝ち馬で、チャンピオンズC3着のアスカノロマン(川村、牡6)は、CWコースで6ハロン85秒3−16秒2。最後は一杯になったが、川村調教師は「チャンピオンズCの後も、予定通りに来ています。今回も実績のある舞台ですし、楽しみです」と期待を寄せた。

 みやこS8着インカンテーション(羽月、牡7)は、CWコースを4ハロン49秒7−12秒1で駆け抜け、サクラエール(OP)に半馬身先着。「週1本ずつ追い切りを消化。順調に来ています」と羽月調教師。

 《美浦》チャンピオンズC8着ロワジャルダン(戸田、牡6)は、Dコースで5ハロン64秒3、3ハロン37秒3−12秒3。併せたデビルズハーツ(1600万下)に馬なりで1馬身先着した。「前走後は短期放牧でリフレッシュ。疲れが取れて、調子はいいですよ」と戸田調教師。

 師走S10着リッカルド(黒岩、セン6)は、Wコース単走で3ハロン38秒4−12秒7。「ここ2戦は不発でしたね。(レースで)自分で動ける形なら巻き返しは可能です」と黒岩調教師。

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの関連コラム

閲覧 626ビュー コメント 0 ナイス 2

 今週はウマニティ公認プロ予想家陣きっての長距離砲として絶大な人気を誇るいっくんさんに、みやこSの予想を提供してもらいます。「JBCでは通用レベルにない低調なメンバー構成。内枠の逃げ・先行が有利なので、人気薄の馬が無理に先行してハイペースになり、差し・追込みも届くとみる。実績上位馬が順当に勝つだろう」と分析した、いっくんさんの結論に注目です。
 本命はアスカノロマン。「無理に行かなくても先行可能。このメンバーなら明らかに実績上位で、楽勝できる」と自信にあふれるコメントを残してくれました。
 対抗は「長期休み明けの前走は叩き台。2走目の今回は末脚が弾ける。コース適性も抜群」のカゼノコ。単穴は「こちらも叩き2走目で、さらに前進が見込めるラニ。以下、インカンテーションタムロミラクルグレンツェントまで押さえ、馬券は3連単1着流し→´きΝ阿脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2016年02月19日(金) 14:00 みんなの競馬コラム
【フェブラリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,345ビュー コメント 0 ナイス 3

京都記念は都合により書けなかったので2週振りとなります。うまカレ副代表の金沢ユウダイです。前回の東京新聞杯では、エキストラエンドを推奨し6番人気2着と好走。今週もよろしくお願いします。(東京新聞杯コラムはこちら


今週はGIフェブラリーステークスです!

このレースは大きく分けて次の2つのタイプの馬が好走しているといえるでしょう。
 ‥ソく前で粘り込むタイプ
◆仝紊蹐ら差してくるタイプ(軽いダート向き)
コパノリッキートランセンドが前者に、テスタマッタサンライズバッカスなどが後者に当てはまります。

血統的にみると、,魯肇法璽咼鵝Hyperion5×3・5)やNureyev(Hyperion4×4)に代表されるHyperionが濃い血統。△A.P.Indy(母がSecretariat≒Sir Gaylord1×3)やStorm Cat(母父Secretariat)に代表されるSecretariatを含む血統です。
コパノリッキートランセンドもトニービン、Nureyevを持っているので前で泥臭く粘る競馬で栄冠を掴みました。この2頭にいえることは、GIを何勝もするチャンピオン級の馬であるということ。力の違いで勝利したともいえます。一般的に東京ダートは砂が軽く、時計が速いため血の方が適性としては高いといえます。

近年のSecretariat持ちの好走馬を列挙してみると、
インカンテーション(A.P.Indy)
ベストウォーリア(A.P.Indy)
ベルシャザール(セレクト)
ワンダーアキュート(A.P.Indy)
テスタマッタ(A.P.Indy)
カジノドライヴ(A.P.Indy)
サンライズバッカス(Storm Cat)
シーキングザダイヤ(Storm Cat)
特に昨年はA.P.Indy系の2着3着と分かりやすい結果となりました。

このあたりに注目して、各馬の見解を書いていきたいと思います。

●東京マイルはベストだが・・・
3連覇を目指すコパノリッキーは、父ゴールドアリュールの母父Nureyev、母父ティンバーカントリーの母Fall Aspen、母母父トニービンのHyperionをベースとする持続力を、中距離よりも厳しいペースになるマイルで活かしているという、スタイルとしてはダイワメジャーのようなイメージ。だから東京マイルはベストだろうし、この舞台ならそう簡単には止まらないでしょう。スタートが得意ではない馬なので、出負けして内で包まれたら〜だとか、近2年よりペースが速くなりそうな点など不安材料もありますが、昨年と比べてここを狙い澄ましたローテでない(昨年は東海S1着から参戦)ということから状態面が1番気になります。昨年も同じ2枠からの競馬で出遅れながらも、持ち前のスピードを活かして砂を被らない外目2番手の競馬が出来ましたが、2年連続で昨年のように上手くいくかどうか不安でもあります。

このようにコパノリッキーは、砂を被りたくないのでハナを切るか、外目を追走したいタイプ。ですからこの枠だとハナを切る可能性が高いですし、加えてモンドクラッセ陣営もハナをきることを意識させるコメントを出していますので、息を入れて運ぶことができるかどうか。フェブラリーSに出走した3年間で最も厳しい条件が揃っているといえるでしょう。

●東京ダートなら差し切り濃厚
ノンコノユメは種牡馬Green Desertの母母でもあるCourtly Dee直仔の父トワイニングに、ハーツクライミッキーアイルMy Bupers牝系の母ノンコという組み合わせ。パワーは文句なしでしょうが、母ノンコはアグネスタキオン×母母父Lyphard、なので、同じ父を持つキャプテントゥーレダイワスカーレットのようにHyperionとLady Jurorを増幅する形にもなっているため、持続力も担保されています。軽い馬場の方が良いタイプですから、チャンピオンズカップサンビスタが勝つようなダートの質としては真逆だった中京ダートであれだけやれていれば、東京でどれほど斬れるのか、末恐ろしささえ覚えます。距離はやや短いと思いますが、コパノリッキーがいる限り前残りはないという見立てなので、差し切り濃厚とみます。

●適性がズレている
昨秋から力を付け、チャンピオンズカップでは4着と好走したロワジャルダンは、母母スキーパラダイスに父キンカメなので、スキーパラダイスはLyphardやAlibhaiの影響で、キャプテントゥーレのような前に行っての粘り強さを伝える馬で、だからロワジャルダンも小回りを捲るのがベストな走りにうつります。ハイペースだったチャンピオンズカップは、持続力があるのでずっとバテずに一定の脚を使い続けていたら4着まで来ちゃった、というトーセンジョーダンの天皇賞秋のようなレースでした。差し馬有利の流れになって、再び持ち前の持続力で好走することはあるでしょうが、捲り&粘りがベストの馬だからGIを勝つならば先行してそういう競馬をした時だろうし、今回は初めての距離でそういう競馬は出来ないだろうから勝ち切ることは無いのではないかと思います。

●東京向きの同厩2頭
石坂厩舎の2頭、ベストウォーリアは、父マジェスティックウォリアーと母父Mr.Greeleyが、Secretariat、Mr.Prospector、Broadwayなど非常に共通な血が多く、マジェスティックウォリアー≒Mr.Greeley1×2といえるようなすごい配合で、ダート馬にしては体質が柔らかく、いかにも東京でこその差し馬。モーニンサンライズバッカスと同じStorm Cat→ヘネシーの父系で、母系のCozzeneの影響もありこちらも東京向きの差し馬。しかし距離延長というのが気になります。

●東京替わり&距離短縮でパフォーマンスアップ
ホワイトフーガはDeputy Minister系×フジキセキのニックスで、母母父がMr.Prospector×SecretariatのGone West系(先述したMr.Greelyもこの系統)のZafonicです。牝系はSingspealやDevil’s Bag、ヴィルシーナダノンシャンティでお馴染の名門Ballade牝系。この牝系はスピードが魅力ですし、Ballade牝系×フジキセキダノンシャンティと同じでもあります。気性的にも距離短縮はプラスだし、馬場も軽い馬場の方が合っていると思うので久しぶりの東京ならかなりのパフォーマンスアップが見込めるのではないかと思います。高木師がコメントしているように砂を被っても平気で、馬群から抜け出す競馬が出来るのも良いですね。
・4代血統表(ホワイトフーガ


●今年も侮れない
3年前の勝ち馬で、昨年は11番人気4着だったグレープブランデーは、母父ジャッチアンジェルーチからスピードを供給されていますが、父のAllegedと母のPleasant Colonyを通じるRibotのクロスがあるのでマイル前後の厳しいペースでこそ持ち味が活きています。しかし母母がNasrullahとPrincequilloのクロス(SecretariatもNasrullah×Princequillo)なので東京向きの斬れも兼備しており、ベストの条件といえるでしょう。

●前哨戦ワンツーのアグネスデジタル産駒
前哨戦の東海Sでワンツーを決めたアグネスデジタル産駒は、Secretariat5×5を持つ広いコース向きのアスカノロマンと、いかにもダ1700が得意そうな走り方をするモンドクラッセ、タイプが全く異なります。アスカノロマンは母父が、母父Sauce Boad(Ribot系)の影響で厳しいペースでこそ持ち味が活きるタバスコキャットで臨戦過程も血統もグレープブランデーに似ています。ただ今回は先述しているようにコパノリッキーの存在が厄介になりそうです。一方モンドクラッセは、東京ダートだと条件戦でも手こずるほどで、東海Sはスローペースに落とせたのが何よりの好走の要因。ここは厳しいでしょう。

【まとめ】
GI3連覇の難しさは歴史が証明している通りで、昨年と比べて臨戦過程の不安もあることから、ベストコースとはいえコパノリッキーは3番手評価としたい。ローテーション、成長力、東京替わりと強調材料が多い4歳馬2頭ノンコノユメのと牝馬ホワイトフーガに期待したい。あとは石坂厩舎の2頭と、グレープブランデーも要注意。



【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年01月27日(水) 19:05 みんなの競馬コラム
【根岸ステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,314ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイです。
先週の東海Sでは、推奨したダブルスターが11番人気4着という悔しい結果でしたが、3頭出しだったアグネスデジタル産駒の中ではアスカノロマンとも書いていたので良かったです。
今週から東京競馬が開幕、日曜メインの根岸ステークスを考察してみたいと思います。

根岸ステークスで注目して見たい点は2点。

1.芝との結びつき
東京のダートの特徴は、時計が速く、直線が長いということ。日本のダートの中では最も芝的な要素が求められていると言えます。また、1400mという距離設定上、1200寄りに適性がある馬も出走しハイペースになり、差しが決まりやすいレースでもあります。よく「根岸ステークスはサンデー系が良い」などと言われますが、その理由はこの2点でしょう。

近年の根岸ステークスの結果をみてみても、

2014年
1着 ゴールスキー・・・マイルCS3着
2着 ノーザンリバー・・・アーリントンC1着
2013年
2着 ガンジス・・・葵S1着
2011年
2着 ダノンカモン・・・いちょうS1着

芝のOPクラスでの実績がある馬が好走しています。

2.東京で斬れるNasrullahとPrince Roseのニックス
(1) 近年の結果から
偏に「末脚」といっても、ラブリーデイのようなピッチ走法から繰り出される所謂「一瞬の脚」と、ウオッカドゥラメンテのように広いコース、ハイペースでこそ最大パフォーマンスを発揮する「長い脚」の2種類に大別できます。根岸ステークスで重要となってくるのは後者の方で、特にNasrullahとPrince Roseのニックスを持つ血が活きてきます。望田潤さんは「切れ」ではなく、「斬れ」という表現を用いられています。

たとえば、2015年2着ワイドバッハと、2013年1着メイショウマシュウの母父はスキャンで同一ですが、スキャンはCaerleonの甥(母VideoがCaerleonと全きょうだい)にあたり、ダート短距離向きのパワーも伝えたけれども、母母Fresser(Caerleonの母)がRoyal Charger(≒Nasrullah)とPrince Roseを持ち合わせて、斬れの要素も持っていることも事実です。

2011年1着、2013年3着のセイクリムズンは、母父サウスアトランティックの父Mill Reef、母母NatashkaともにNasrullahとPrince Roseの組み合わせ、更にセイクリムズン自身はムーティエ5×4(もちろんNasrullahとPrince Rose)も持ち合わせており、根岸Sで好走を繰り返したのも納得できます。

2011年に10番人気3着と穴を空けたダイショウジェットも母父マグニテュードの父がMill Reefで、母母父プロントの父Prince Tajが、NasrullahとPrince Roseの組み合わせです。

フェブラリーSで馬券になったテスタマッタ(父Tapit)やインカンテーション(父シニスターミニスター)などの、東京ダートにおけるA.P.Indy系の優勢もこのニックスで説明することができます。

(2)ケイムホーム産駒
ケイムホームはSecretariat、Full Outという2つのNasrullahとPrince Rose血脈を持つので、東京ダートで穴を空ける産駒を多く輩出しています(ワンダーコロアールアスコットシチーヒラボクダッシュらの戦績を確認してみてください)。

この2点に着目すると、ただ単に過去の条件戦の成績などからは見抜けない人気馬の東京適性がみてきます。

●芝実績があり、東京でこそ活きる末脚
サクラエールは、ケイムホーム産駒で、芝1400mの新馬戦、芝1600mのこぶし賞と、芝で新馬→特別連勝の実績を持ちます。サクラエールの母父サクラホクトオーの母サクラセダンはNasrullahとPrince Roseというニックスで、母系にも同じ組み合わせのSir Gaylordという血を持ちます。東京ダートは未経験ですが、彼の末脚は東京でこそ活きるでしょう。

●やはり東京は合っている
タガノトネールはデイリー杯2歳Sを制したタガノエスプレッソの兄で、サクラエールと同じケイムホーム産駒ですが、母母がジャングルポケットなどと同じトニービン×Nureyevという組み合わせで、母もキングカメハメハ産駒でNureyev4×3などを持つためHyperionという血が豊富で、同じ父でもサクラエールと違い前に行って粘る脚質となったのは順当。実績が証明する通り、左回りの直線が長いコース(中京:プロキオンS7番人気4着、南部杯2着、武蔵野S2着)はやはり合っています。このレースが差しが決まりやすいという点だけがどうか。

●絶好の舞台
前走の武蔵野Sで初黒星を喫したモーニン、父ヘニーヒューズはStorm Cat系でStorm Catの母父はNasrullahとPrince Rose血脈のSecretariatです。さらにモーニンは同じ組み合わせである母母父Cozzeneや、母のMr.Prospectorクロスの影響でダート馬にしては芝馬のようにしなやかに斬れるので東京は合っています。距離もこれくらいが良いでしょうし、ダートスタートも歓迎。人気先行のタプでしょうが、舞台は絶好といえます。

●本来は東京向き、成長した今なら
8歳となったアドマイヤサガスは、3歳時にシンザン記念2着という実績があります。母ベルベットローズはチェスナットバロンローブデソワ(ともに4勝)らを輩出する優秀な繁殖牝馬ですが、父、母父、母母父ともにNasrullahとPrince Rose血脈を持っていています。アドマイヤサガス自身は、橋田調教師も述べられているように、一生懸命に走りすぎるタイプのためか近走1200mで結果を残しましたが、本来は広いコースで末脚を活かす競馬が合っている血統であり、そういう走法をしています。以前よりリラックスして走れるようになった今ならこの舞台で好走しても何ら驚けません。

●本質的に東京は微妙
7歳で重賞初制覇、父ブライアンズタイムらしい成長力をみせているレーザーバレットは、重賞を制した地方の小回りコースでの加速をみると、東京で長い脚を使う競馬には適していないイメージがあります。昨年の根岸Sでも手応えほど伸びきれませんでしたし、ここで好走するにはスローペースになるか、追込一気で瞬間的な加速力に賭けるしかないでしょう。

特にケイムホーム産駒2頭と、アドマイヤサガスに注目してみたいと思います。

【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年01月21日(木) 14:30 みんなの競馬コラム
【東海テレビ杯東海ステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,590ビュー コメント 0 ナイス 6

こんにちは。
学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイと申します。
早くもこのコラムを書き始めて3週目となりました。
先週の日経新春杯では、レーヴミストラルについて、フランス血統とSir Gaylordという観点から推し、シュヴァルグランについて「スピードが魅力の牝系で、ベストは2000mという見立て。体質が柔らかいので距離が持っているというイメージで、1着に据えた馬券は買おうとは思えません」と1枚割り引いた評価をさせていただきました。一応は上手くいきましたでしょうか。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6798

うまカレの他のメンバーもコラムを書きたがっているのですが、如何せん大学生はテスト真っ盛り。僕も勉強しないとなのですが、週末の重賞考察は無くなることのないルーティーン。今週は東海Sを掘り下げたいと思います。話が繋がっているので最後まで読んでいただけると面白いかと思います。

中京ダートの特徴は
直線が長い
時計が掛かる
という2点が挙げられます。
同じく直線が長い東京ダートは、時計が非常に速いです。「直線が長い」という点で繋がりはあるのですが、適性は微妙にずれます。

,隆囘世巴輒椶靴燭い里A.P.Indyの血。
A.P.Indyは母Weekend SurpriseがSecretariat≒Sir Gaylord2×4という非常に強いニアリークロスを持つ影響で、一歩が大きいストライド走法を伝えます。ですから、広いコースへの適性が高いです。しかし、同時にStiking=Busher≒Busanda5・5×4も併せ持つのでやはり芝<ダな馬が多いです。
http://umanity.jp/racedata/db/horse_pedigree.php?code=12410790

中京が改修された2012年以降、ダ1800mのレース(1600万以上)で2度馬券に絡んだ馬は3頭(ナリタシルクロードサトノプリンシパルグランドシチー)しかいませんが、そのうちナリタシルクロードは母父がA.P.Indy、サトノプリンシパルは父父がA.P.Indyでした。

また、フェブラリーSで好走したカジノドライヴテスタマッタ、さらには昨年も好走し、今年も出走予定のインカンテーションもA.P.Indy系です。


△隆囘世巴輒椶靴燭い里BuckpasserとTom Rolfe

Buckpasser は先ほどのWeekend Surpriseの母父でもありますが、母Busandaの父War Admiral、母母La Troienneから受け継いだパワーがポイントです。このWar AdmiralとLa Troienneの組み合わせは、血統表の5代目6代目に埋もれていっても力を発揮するほど影響力があります。
http://umanity.jp/racedata/db/horse_pedigree.php?code=12400425

Tom Rolfeは母父RomanがSir GallahadやDomino系のUltimasといった血を抱えていて、同じくパワーを伝えます。フォーティナイナーの母父もTom Rolfeです。

中京に施行条件を変更してから行われた過去3回の東海Sを振り返ってみると、

【2013年】
1着 グレープブランデー・・・Tom Rolfeのクロス
2着 ナムラタイタン・・・父フォーティナイナー系、母系にBuckpasser
3着 ホッコータルマエ

【2014年】
1着 ニホンピロアワーズ
2着 グランドシチー・・・母系にSearching(War Admiral×La Troienne)
3着 マイネルバイカ・・・母父フォーティナイナー

【2015年】
1着 コパノリッキー
2着 グランドシチー
3着 インカンテーション・・・母系にBuckpasser 、Tom Rolfe

ホッコータルマエニホンピロアワーズコパノリッキーというGI馬以外は、取り上げた血統が含まれていました。


さてこれを踏まえて、今年の東海S、インカンテーショングランドシチーは昨年の2,3着馬ですから舞台適正はバッチリですが、前者は休み明けでも能力を買えるとして、グランドシチーはさすがに9歳だと手を出しにくいですね。

●パワー&スタミナの近親2頭
イッシンドウタイダブルスターは叔父と甥の関係にあたり、どちらもグランド牧場のオーナーブリーダーで、伊藤圭三調教師の管理馬です。
イッシンドウタイの母、ダブルスターの母母にあたるラストヒットという牝馬の父がDanzig×Buckpasser という組み合わせのスラヴィックという種牡馬。Danzig×Buckpasser という組み合わせの馬を持つ馬は過去にナムラタイタンインカンテーションが好走しています。
ダブルスターの母父アサティスは、母母Numbered AccountがBuckpasser 産駒で、Busanda≒Striking2×4という強力なニアリークロスを持ち、そこにRibot系の中でもスタミナに優れるGraustarkが配されてアサティスの母Secret Assertが産まれました。ですからアサティスは屈指のスタミナ&パワー血脈といえます。
http://umanity.jp/racedata/db/horse_pedigree.php?code=12407831
しかし父はA.P.Indy系のシニスターミニスターなので、しっかりとストライドを伸ばして走ってこそ持ち味の生きる馬。外枠や、スムーズに先行できたときに良績があります。2014年の東海Sでは9番人気4着でしたし、2走前小回り1700mで先行争いが激しくスムーズに先行できず、前走は超ハイペースに巻き込まれる不運なレースが続きました。スムーズなら南部杯でも4着になれる馬で、今回は十分に馬券圏内が狙えるでしょう。

●爆発力のある配合
先ほどNumbered Accountという馬が出てきましたが、ナリタポセイドンの母父Private Accountの母がNumbered Accountです。更にナリタポセイドンは種牡馬Cape Crossやトワイニング、ワンアンドオンリーヤマニンパラダイスアルビアーノなどを輩出するCoutly Deeという世界的な名牝系に属していて、これは父ハーツクライの牝祖My Bupersと共にWar AdmiralとLa Troienneを持ちます。非常にパワーがある配合で、近年、ハーツクライ×Coutly Dee牝系からはワンアンドオンリーが、また、その逆にあたるCoutly Deeの直仔トワイニング×My Bupers牝系からはノンコノユメという大物が誕生しました。とにかく爆発力のある血統で、展開が向けば一発合っても驚けません。
http://umanity.jp/racedata/db/horse_pedigree.php?code=2009105977

●3頭出しのアグネスデジタル産駒の中では・・・
今回アグネスデジタル産駒は3頭出走します。アグネスデジタルはTom Rolfeを抱えていますが、Tom Rolfeを通じるRibotのクロスを持っているのはアスカノロマンだけ。全体的にアメリカ血統のパワーが強いですが、Secretariat5×5があるのでA.P.Indy系のように大きなフットワークで走るので中京替わりは歓迎のように思います。年明け5歳でダート馬としてグンと成長してくる時期でもあります。

人気のモンドクラッセロワジャルダンはどちらも、小回りコースを捲る競馬がベストだと思っているのでどうしても勝ち切るイメージが湧きません。十分に伏兵が付け入る隙のあるレースだと思っています。


【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。


【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年01月19日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年01月19日号
閲覧 2,646ビュー コメント 0 ナイス 10

▼2016年01月23日(土) 京都10R 若駒ステークス
【京都芝か阪神芝、かつ1600m以上、かつ単勝人気順が5番人気以内だったレースにおける優勝経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-5-5-11](複勝率59.3%)
●なし [0-1-1-20](複勝率9.1%)
→好走馬の大半は、阪神芝や京都芝のレースを勝ち上がってきた馬。特に上位人気の支持を集めたうえで勝ち上がった馬は安定していました。

▼2016年01月24日(日) 中京11R 東海テレビ杯 東海ステークス
【JRA、かつダ1800m以下の重賞における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [3-3-2-14](複勝率36.4%)
●なし [0-0-1-23](複勝率4.2%)
→フェブラリーステークスの前哨戦となった2013年以降は、フェブラリーステークスに近い条件のレースで好走経験のある馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつダ1800m以下の重賞において連対経験があるのは、イッシンドウタイインカンテーショングランドシチーローマンレジェンドロワジャルダンの5頭だけです。

▼2016年01月24日(日) 中山11R アメリカジョッキークラブカップ
【前年か同年、かつJRA、かつ1800〜2500mの重賞における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-4-5-19](複勝率44.1%)
●なし [0-2-1-43](複勝率6.5%)
→好走馬の大半は、前年以降にJRAの重賞で連対経験があった馬。特別登録を行った馬のうち、2015年以降、かつJRA、かつ1800〜2500mの重賞において連対経験があるのは、サトノラーゼンスズカデヴィアスステラウインドディサイファマイネルフロストの5頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2015年05月26日(火) 15:04 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/23〜5/24の結果(オークスGI・平安ステークスGIII)
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

5月24日(日)に行われました東京11Rの「オークスGI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】△ミッキークイーン(6.8倍)
2着:総合ポイント【3位】△ルージュバック(2.7倍)
3着:総合ポイント【9位】クルミナル(11.8倍)

第3グループ・総合ポイント4位のミッキークイーンが1着、第3グループ・総合ポイント3位のルージュバックが2着、第4グループ・総合ポイント9位のクルミナルが3着という結果でした。

私の馬券は◎クイーンズリングからでしたので的中とはなりませんでした。レッツゴードンキクイーンズリングの桜花賞好走馬2頭の評価(総合ポイント)がかなり高かったので、この結果は潔く諦めます、、、(+_+)。しかし、ディープインパクト産駒は高速馬場で本当に強いですね!(^^)!


【3連複フォーメーション】
6

1,4,10,14

1,4,7,10,13,14,17,18

計(22点)

払い戻し0円


続いて5月23(土)に行われました京都11R「平安ステークスGIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】インカンテーション(6.2倍)
2着:総合ポイント【5位】▲クリノスターオー(5.7倍)
3着:総合ポイント【3位】◎ローマンレジェンド(9.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のインカンテーションが1着、第2グループ・総合ポイント5位のクリノスターオーが2着、第2グループ・総合ポイント3位のローマンレジェンドが3着という結果でした。

私の馬券は◎ローマンレジェンドからでしたので的中となりました。レース結果を見返すと、凄馬出馬表の総合ポイント1位〜5位までが掲示板を独占でした(^^)/人気馬での決着でしたが、上手く活用できればかなり儲けられそうなレースですね。何とか3着に入る馬を選ぶことができてホッとしています(:_;)

【3連複フォーメーション】

◎=○▲☆△=○▲☆△+1,6,7,9,15
12=3,4,8,11,13=1,3,4,6,7,8,9,11,13,15 (35点)

払い戻し5,380円


今週も週末重賞の凄馬出馬表を開催当日14時に公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの口コミ


口コミ一覧
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 8

≪攻略ポイント≫【東海S】中京ダ1800m

この条件の施工になってまだ4年。
/裕ぁ2-0-2-0】
/裕い鉢た裕い2勝ずつ
人気以下【0-0-0-22】
と、堅めの印象(^o^;)
コース的にもチャンピオンズCが記憶に新しいように、パワーを要する☆

データらしいデータはないが、
≪好走条件≫
・前走、東京大賞典&チャンピオンズCのG義函3-2-2-7】
○アスカノロマン○カゼノコ○モズライジン○ロワジャルダン

≪凡走条件≫
・前走、G軌奮阿裡誼絨焚次0-0-0-24】
・前走、G軌奮阿劉タ裕ぐ焚次0-0-0-25】
×両方に当て嵌まる馬
×インカンテーション×ショウナンアポロン×トウショウフリーク×マイネルクロップ
×モルトベーネ×ロンドンタウン
・中1週以内【0-0-0-14】
・中10週以上【0-1-0-9】

≪展開≫
3年.4年前は近2走でテン1・2位を経験していた馬が馬券に絡み、
近2年は逃げたコパノリッキーが勝利・モンドクラッセが2着☆
4角1・2番手にいる馬のどちらかは残れるレースと分析する。
【2走以内に番手までの競馬をした馬】
・アスカノロマン(中京1800m テン36.3)
・ピオネロ(阪神2000m テン35.3)
先行できそうな馬は他にもいるが、凡走条件×該当以外だと2頭のみ

≪好走条件≫≪展開≫両方当て嵌まった◎アスカノロマンは有力だが、
こんなデータも
4歳【0-0-1-6】
5歳【3-1-3-8】
6歳【0-0-0-14】
7歳以上【1-3-0-18】
○印で名前の挙がった5頭中4頭が6歳馬、5歳はモズライジンのみ

≪血統≫
毎年1頭キンカメ産駒が馬券内
○カラクプア○ロワジャルダン

【見解】
まだ4年の傾向なので、合致するしないはさほど重要ではないが
チェックすべきは
・/裕い鉢た裕
・先行力(4角番手までをキープできそうな馬)
・血統ミスプロ系(特にキンカメ産駒)
・前走G義

○アスカノロマン○ロワジャルダン○モズライジン辺りが複数の合致
この中で≪LAP一致度≫に該当する馬を重視するが、
今年のメンバーは荒れる雰囲気を含んでいる。

////////////
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp/
馬券Aで〔検索〕も可

☆人気に適用した馬かどうかをデータ・指数(能力)・LAPから見抜く予想アイテム

 トーホーアマ 2017年01月19日(木) 09:51
東海S〜カラクプア〜 
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 5

想定オッズ ? 鞍上 ?

出てきてほしい1頭。いずれも3戦あがり2位の脚を使えてるし前走からブリンカー着用して1着。2着のサージェントバッジは去年のアンタレスG3でアスカノロマンと0,5秒差の3着なので、集中力と近走の着順ほど負けてないタイムさ見れば面白い1頭とおもう。

点数絞ってかうならロワジャルダンよりは評価上にみてる。

東海Sは以上。

インカンテーションも取り上げようおもってみたが中京1800m脚質的にも前行く馬であってあってなく、前行く馬に強い馬結構いるし近走の成績みると食指は動かないので見送り。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年01月18日(水) 22:29
競馬検討 追い切り 
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 13

アメリカンジョッキークラブカップ

クリールカイザー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

シルクドリーマー 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

シングウイズジョイ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

ゼーヴィント 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、やや置かれる

タンタアレグリア 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ナスノセイカン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ホッコーブレーヴ 坂路、単走、動き軽快、前向き

マイネルフロスト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイネルメダリスト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ミライヘノツバサ 長め、単走、動き軽快、集中して

ルミナスウォーリア 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ワンアンドオンリー 長め、単走、動き軽快、集中して

東海ステークス

アスカノロマン 長め、単走、動き軽快、集中して

インカンテーション 長め、単走、動き軽快、前向き

カゼノコ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、置かれる

グランツェント 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、、ビッシリ

ショウナンアポロン 長め、単走、動き軽快、前向き

トウショウフリーク 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

ピオネロ 長め、単走、動き軽快、集中して

メイショウウタゲ 坂路、動き軽快、動き軽快、集中して

モルトベーネ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

ラストインパクト 長め、単走、動き軽快、集中して前向き

リッカルド 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ロワジャルダン 長め、単走、動き軽快、前向き

ロンドンタウン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放し

[もっと見る]

インカンテーションの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
20:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年5月23日() 17:34:57
平安S優勝おめでとう!

さぁ次は帝王賞G1GETだね^^
19:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年1月26日(月) 11:08:13
東海ステークス無念の3着^_^;
痛恨の出遅れ、さらに落鉄、大野騎手との運気も噛み合わない感じ
がします。2戦連続の敗因が同一だけに悔しく思います。
18:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年1月22日(木) 06:27:22
負けられない一戦、東海ステークス!
インカンテーションの状態はかなり良い状況と思われる。以下クラブコメント
15日にウッドチップコースにて担当助手が跨り、3頭併せで追い切りが行われ、78.7-64.8-52.1-39.7-14.1を一杯に追われて計時し、終いは2頭を突き放して大きく先着しました。羽月友彦調教師は「併せ馬にならなかったですね。状態も良いし、なかなかの動きでした」とのことでした。

⇒もっと見る

インカンテーションの写真

インカンテーション
インカンテーション

インカンテーションの厩舎情報 VIP

2016年11月6日みやこステークス G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インカンテーションの取材メモ VIP

2016年11月6日 みやこステークス G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。