インカンテーション(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
インカンテーション
インカンテーション
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2010年3月24日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主有限会社 ターフ・スポート
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績30戦[11-3-3-13]
総賞金34,105万円
収得賞金15,800万円
英字表記Incantation
血統 シニスターミニスター
血統 ][ 産駒 ]
Old Trieste
Sweet Minister
オリジナルスピン
血統 ][ 産駒 ]
Machiavellian
Not Before Time
兄弟 ソルモンターレヒラボクビジン
前走 2017/11/11 東京中日S杯武蔵野S G3
次走予定

インカンテーションの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1671313.961** 牡7 57.0 三浦皇成羽月友彦502(-8)1.35.5 -0.135.4サンライズソア
17/10/03 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 10--------1** 牡7 56.0 岩田康誠羽月友彦510(--)2.13.6 -0.5----カツゲキキトキト
17/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------2** 牡7 57.0 岩田康誠羽月友彦504(--)1.40.3 0.4----コパノリッキー
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 162425.4101** 牡7 57.5 勝浦正樹羽月友彦504(-2)1.52.0 -0.138.3ディアデルレイ
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16816125.01513** 牡7 57.0 藤岡康太羽月友彦506(-6)1.36.5 1.437.5ゴールドドリーム
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 163511.9412** 牡7 56.0 藤岡康太羽月友彦512(+4)1.54.2 1.037.4⑩⑩⑪⑪グレンツェント
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1651027.598** 牡6 56.0 藤岡康太羽月友彦508(+6)1.51.0 0.937.6アポロケンタッキー
16/01/24 中京 11 東海S G2 ダ1800 12674.3311** 牡6 56.0 内田博幸羽月友彦502(+4)1.54.1 2.238.6⑨⑧⑤⑤アスカノロマン
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 16116.241** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦498(+10)1.55.1 -0.336.7クリノスターオー
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671413.852** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦488(-8)1.36.4 0.136.2コパノリッキー
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 14344.833** 牡5 56.0 大野拓弥羽月友彦496(+10)1.51.6 0.736.7⑭⑭⑭⑬コパノリッキー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 168158.0410** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦486(-2)1.51.8 0.836.5⑫⑬⑪⑪ホッコータルマエ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 167145.521** 牡4 56.0 大野拓弥羽月友彦488(+6)1.50.2 -0.136.0⑩⑪⑨⑧ランウェイワルツ
14/09/20 新潟 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 12551.411** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦482(0)1.51.2 -0.035.7スターバリオン
14/08/30 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 10552.821** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦482(+8)1.50.6 -0.238.3ランウェイワルツ
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1381234.3103** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦474(-12)1.42.7 0.836.9⑤⑥④ローマンレジェンド
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 1681535.9914** 牡3 55.0 大野拓弥羽月友彦486(0)1.52.0 1.637.9④④ベルシャザール
13/11/03 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1661116.672** 牡3 55.0 大野拓弥羽月友彦486(+8)1.49.2 0.036.2⑥⑥⑥ブライトライン
13/09/15 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 16232.926** 牡3 54.0 大野拓弥羽月友彦478(-8)1.50.9 0.937.1⑧⑦⑧⑥グラッツィア
13/08/04 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15353.311** 牡3 56.0 大野拓弥羽月友彦486(+8)1.50.3 -0.436.7サトノプリンシパル

⇒もっと見る


インカンテーションの関連ニュース

 12月29日(金)に大井競馬場で行われる東京大賞典のJRA所属の選定馬と補欠馬が11日、発表された。



 「第63回東京大賞典」(大井競馬場、国際GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)



【JRA所属の選定馬】7頭アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、三浦皇成騎手)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、騎手未定)ロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)



【JRA所属の補欠馬】3頭(五十音順)1.アスカノロマン2.スリータイタン3.マイネルバサラ

【東京大賞典】JRA出走申込馬が発表2017年12月10日() 17:20

 12月29日(金)に大井競馬場で行われる東京大賞典のJRA所属の出走申込馬が10日、発表された。JRA所属の出走予定馬は12月11日(月)の特別区競馬組合主催の出走馬選定委員会にて発表される。

 「第63回東京大賞典」(大井競馬場、国際GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走申込み馬】申込頭数10頭コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、三浦皇成騎手)アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)ロンドンタウン(牡4歳、栗東・牧田和弥厩舎、岩田康誠騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、騎手未定)マイネルバサラ(牡4歳、美浦・松山将樹厩舎、騎手未定)アスカノロマン(牡6歳、栗東・川村禎彦厩舎、騎手未定)スリータイタン(セン8歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)

[もっと見る]

【チャンピオン】前哨戦を斬る 2017年12月1日(金) 05:09

 《JBCクラシック=A》後方でじっくりと構えたサウンドトゥルーが、3コーナー過ぎから一気にスパート。長くいい脚を使って差し切った。重馬場で勝ち時計は2分4秒5なら悪くない。ケイティブレイブは勝負どころで早めに動いて、1馬身差の2着。好位から進んだミツバはしぶとい粘り腰で3着。休み明けのアウォーディーは手応えほど伸びず4着に終わった。

 《みやこS=B》4番手を進んだテイエムジンソクが、4角手前で先頭に立って2馬身半差の圧勝。1分50秒1(良)の時計以上に強い内容だった。キングズガードは道中最後方から直線だけで3着まで押し上げた。上がり3ハロン36秒8はメンバー最速。

 《武蔵野S=C》前半3ハロン通過が35秒1の遅い流れ。2番手につけたインカンテーションが残り1ハロンで抜け出し、そのまま粘り切った。上位3頭はいずれも先行組。4着ノンコノユメ、5着カフジテイクはともに後方から脚を伸ばしたが、届かなかった。



◇結論◇

 JBCクラシック快勝のサウンドトゥルーが中心。連覇が濃厚だ。同2、3着で堅実なケイティブレイブミツバも差はない。みやこSで余裕があったテイエムジンソクもほぼ互角。武蔵野S組は割引が必要か。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【武蔵野S】インカンV!皇成が復帰後初重賞 2017年11月12日() 05:06

 第22回武蔵野ステークス(11日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にチャンピオンズカップの優先出走権=出走16頭)三浦皇成騎乗で6番人気のインカンテーションが好位から抜け出して6度目の重賞V。三浦騎手は大けがから復帰後、初の重賞勝ちとなった。タイム1分35秒5(良)。1/2馬身差の2着が8番人気サンライズソアで、3着に15番人気アキトクレッセントが入り、3連単178万3490円の波乱となった。1番人気サンライズノヴァは12着。

 古豪健在だ。7歳のインカンテーションが、堂々と押し切って重賞6勝目。鞍上の三浦騎手も、大けがによる約1年の休養から復帰後初の重賞Vに笑みを浮かべた。

 「返し馬で状態の良さがすごく伝わってきた。ゲートさえ出れば強気の競馬をしよう、と。ヨーイドンの競馬でも、よく踏ん張ってくれた」

 好発から2番手へ。前半3ハロン35秒1とペースも落ち着き、「強気にいけると自信を持てた」。馬なりで直線を迎え、逃げたベストウォーリアをあっさりとかわすと、サンライズソアの追撃も半馬身振り切った。

 昨夏の札幌競馬で落馬し、長期休養を余儀なくされたコーセイ。8月の札幌開催でカムバック後も地道に努力を続けてきた。「復帰してからもいいときも悪いときもあった。その中で重賞を勝てて弾みになるし、ひと安心」と破顔一笑だ。

 「予想以上の競馬をしてくれた」。そう人馬をたたえる羽月調教師は「7歳でやっと筋肉がついてきて、たくましくなった」と愛馬の成長に目を見張る。今年だけで重賞3勝。優先出走権を得たチャンピオンズC(12月3日、中京、GI、ダ1800メートル)の出否も含めて次走は未定だが、進化を続ける古豪から目が離せない。 (千葉智春)

★11日東京11R「武蔵野S」の着順&払戻金はこちら

インカンテーション 父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、母の父マキアヴェリアン。鹿毛の牡7歳。栗東・羽月友彦厩舎所属。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬。馬主は(有)ターフ・スポート。戦績30戦11勝(うち地方2戦1勝)。獲得賞金3億8305万3000円(うち地方4200万円)。重賞は2013年GIIIレパードS、14年GIIIみやこS、15年GIII平安S、17年GIIIマーチS、交流GIII白山大賞典に次いで6勝目。武蔵野S羽月友彦調教師、三浦皇成騎手ともに初勝利。馬名は「呪文、呪術。父名より連想」。

[もっと見る]

【武蔵野S】皇成インカンテーションが押し切りV! 2017年11月11日() 15:38

 11月11日の東京11Rで行われた第22回武蔵野ステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、三浦皇成騎手騎乗の6番人気インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎)が先行策から押し切り勝ち。白山大賞典(10月3日、金沢ダート2100メートル、交流GIII)からの重賞連勝を決めて、チャンピオンズC(12月3日、京都、GI、ダート1800メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分35秒5(良)。三浦皇成騎手はインカンテーションとは今回が初コンビ。今年の8月に落馬負傷による約1年間の休養から復活して以来、初めての重賞勝ちとなった(キャリア11勝目)。



 半馬身差の2着には向こう正面先頭で3、4コーナーでは一旦好位に控えて直線また伸びたサンライズソア(8番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着に好位追走から脚を伸ばしたアキトクレッセント(15番人気)。1000メートル通過が60秒0の息の入る流れで、結果先行勢が上位を占める結果となった。1番人気のサンライズノヴァは中団追走から伸びを欠き12着。

 武蔵野Sを勝ったインカンテーションは、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、母の父マキアヴェリアンという血統。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬で、馬主は(有)ターフ・スポート。通算成績は30戦11勝。重賞は2013年レパードS・GIII、2014年みやこS・GIII、2015年平安S・GIII、2017年マーチS・GIII、白山大賞典・交流GIIIに次いで6勝目。武蔵野Sは、羽月友彦調教師、三浦皇成騎手ともに初優勝。



 ◆三浦皇成騎手(1着 インカンテーション)「復帰してからいいときもあり、悪いときもあり、勝負の世界に帰ってきたんだなあという実感はありました。そんな中で、今日重賞を勝てたことは、このあとの弾みにもなり、ひと安心できました。この馬とは初めてのコンビでしたが、状態の良さは伝わってきましたし、ゲートさえ出れれば強気に乗ろうと思っていました。直線はヨーイドンの競馬になりましたが、よく馬も頑張ってくれたと思います。これを使ってさらに良くなってくると思うので、次のGIも楽しみです」



★11日東京11R「武蔵野S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】入線速報(東京競馬場)2017年11月11日() 15:33

東京11R・東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(5回東京3日目 東京競馬場 ダート・左1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手13番インカンテーション(単勝13.9倍/6番人気)、2番手9番サンライズソア(単勝18.9倍/8番人気)、3番手7番アキトクレッセント(単勝148.6倍/15番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連9-13(139.6倍) 馬単13-9(279.8倍) 3連複7-9-13(3670.9倍) 3連単13-9-7(17834.9倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017111105050311
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの関連コラム

閲覧 695ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン−▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション−△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月14日(火) 12:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】第135回大会は武蔵野Sで178万馬券をヒットさせた予想家が首位に!
閲覧 581ビュー コメント 0 ナイス 7



現在開催中のウマニティ予想コロシアム第135回大会は2週目までが終了しました。上位大激戦という状況で幕を開けた今大会。先週の当コラムで「この先の結果はどうなるかまったくわからない」と書きましたが、まさにその通りに、上位勢の顔ぶれがガラッと変わる格好になりました。前半戦を終えた時点でトップに立ったのは、先週の土曜日にどデカい花火を打ち上げたマリオおっさんさん』です。プロフィール欄に「超高額配当金を狙ってます」とあり、その意気込み通りの素晴らしい結果を残してくれました。

マリオおっさんさんが大的中劇を見せたのは武蔵野S。ここで勝ったインカンテーションに◎を打ち、3連単フォーメーションで178万3,490円のビッグな配当を200円仕留めてみせたのです。ブービー人気ながら3着に激走したアキトクレッセントも買い目に入れていたのはお見事。この日はほかに4レースを的中させ、鮮やかに首位に躍り出ることに成功しました。現在、2位『猛虎法師さん』との予想偏差値差は4.1。残り2週、マリオおっさんさんがこのリードを守れるかどうかに注目が集まります。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2017年3月30日(木) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/25〜3/26)kmプロ・☆まんでがんプロが100万超の高額払い戻しを記録!
閲覧 889ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年2月23日(木) 11:27 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/18〜2/19)霧プロ、くりーくプロが京都最終で波乱レースを的中!
閲覧 825ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は19(日)に東京競馬場でG1フェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーステークスの1番人気はカフジテイクで4.5倍、2番人気ゴールドドリーム5.0倍、3番人気モーニン5.4倍、続いてノンコノユメ7.1倍、ベストウォーリア7.6倍、6番人気コパノリッキー9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました!
 
注目のスタートは外からダッシュ決まったインカンテーションニシケンモノノフがお互い手綱を緩めず激しいハナ争い、そこから3馬身ほど間があいてコパノリッキーケイティブレイブモーニンアスカノロマンと先行集団を形成、中団からはホワイトフーガベストウォーリアゴールドドリームキングズガードノンコノユメブライトラインが追走。後方からはエイシンバッケンサウンドトゥルーカフジテイクと追走して最後方にデニムアンドルビーの態勢。前半600m通過は34秒0(参考)の厳しい流れも3〜4コーナーでペースが緩むと後方各馬も差を詰めて馬群がギュッと凝縮!インカンテーションが先頭で直線コースへ入ります!
 
先頭のインカンテーションのリードは1馬身、直後にニシケンモノノフコパノリッキーケイティブレイブの3頭、外からはアスカノロマンゴールドドリームが追い出しにかかります。残り200m、ここでインカンテーションを交わしたニシケンモノノフが単独先頭に変わって後続を離しますが、内からベストウォーリア、外ゴールドドリームが力強い脚で猛追、3頭が内、中、外で競り合うか形で追い比べ!残り100m、ここでニシケンモノノフが一杯となるとベストウォーリアゴールドドリームの2頭の叩き合い!一旦先頭に立ったゴールドドリームを差し返すベストウォーリア!2頭の激しい追い比べはゴールまで続きましたが僅かに外ゴールドドリームベストウォーリアをクビ差抑えて優勝しました!2着にベストウォーリア、そこから3/4差の3着にゴール前急追したカフジテイクが入っています。
  
公認プロ予想家では他伊吹雅也プロ他5名が的中しています。
 
 
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(日)京都12Rで単勝39倍の◎バーサーカーからの馬連691.6倍、3連複950.7倍を仕留め、23万3390円を払い戻しました!18(土)京都6Rでは▲◎○の印で本線的中!6万7310円を払い戻しました!週末トータル回収率145%、収支プラス14万7460円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースとした19(日)京都12Rで調教A評価とした○レッドヴェルサス、B評価▲のアチーヴが馬券に絡み、3連複950.7倍、枠連117.1倍を的中!10万6780円を払い戻しました!週末トータル回収率192%、収支プラス6万4860円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)東京4Rで◎アルチレイロを頭固定、○ミルキークォーツを2,3着に置いた3連単で勝負!見事3連単479.3倍を1000円的中させ、47万9300円を払い戻しました!さらに同日の京都7Rでも◎○△の印で20万2540円を払い戻し!週末トータル回収率137%、収支プラス27万3440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
18(土)東京5Rで『前走好内容。外枠からスンナリならさらに伸びる。』と評した◎ドリームマジックが見事1着!◎○△の印で単勝7.6倍、馬単104.6倍、3連単859.1倍を本線で仕留め、10万170円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス4万970円をマークしています。
 
この他にも西野圭吾プロ(130%)、おかべプロ(129%)、覆面ドクター・英プロ(113%)、馬っしぐらプロ(105%)、ジョアプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年2月20日(月) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/18〜2/19の結果(フェブラリーステークス・ダイヤモンドステークス)
閲覧 532ビュー コメント 0 ナイス 1

2月18日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(2.1倍)
2着:総合ポイント【5位】ラブラドライト(28.4倍)
3着:総合ポイント【4位】◎カフジプリンス(3.6倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第2グループ・総合ポイント5位のラブラドライトが2着、第2グループ・総合ポイント4位のカフジプリンスが3着という結果でした。

期待した◎カフジプリンスですが、瞬発力比べになってしまい、持ち味を生かせませんでした(+_+) 次こそはスタミナを生かしたロングスパートを期待したいです!

そして凄馬出馬表的には1位→5位→4位の上位決着!ラブラドライトは人気なかったのでなかなかの配当でした!(^^)!
【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点 払い戻し0円


続いて2月19日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーステークスG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】△ゴールドドリーム(5.0倍)
2着:総合ポイント【1位】△ベストウォーリア(7.6倍)
3着:総合ポイント【3位】◎カフジテイク(4.5倍)

第2グループ・総合ポイント7位のゴールドドリームが1着、第1グループ・総合ポイント1位のベストウォーリアが2着、第1グループ・総合ポイント3位のカフジテイクが3着という結果でした。

期待した◎ケイティブレイブはコンマ5秒差の6着に敗退。もう少しすんなり運べるかと思いきや、大外から積極策を選んだインカンテーションの存在が誤算でした(+_+)。結果として、前半は速く流れ、4角で緩んで、そこからまた急加速と、比較的緩急のつく展開に。
それでも大崩れしなかったあたり、能力は示してくれたかなという印象ですが、外れは外れ。2017年G1予想は完敗でのスタートです(泣)。

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)払い戻し0円

[もっと見る]

2017年2月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第247回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス G1
閲覧 1,023ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの口コミ


口コミ一覧
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 0

明日は、交流重賞の名古屋グランプリが行われます。

私が注目している馬は

カツゲキキトキト

です。


以前も白山大賞典でも注目馬に挙げていましたが
今回も注目したいですね。
その白山大賞典でもインカンテーションには離されましたが2着を確保しました。
昨年のこのレースも3歳馬ながら、3着と好走しています。
白山大賞典のときも書きましたが、現時点でダート2000M以上なら、
地方馬で一番強いと個人的には思っています。
このメンバーの中に入っても実力的に、ヒケはとらないと思います。
悲願の交流重賞初制覇に手が届くところまで来ていると思います。

初制覇なるか注目したいと思います。

 グリーンセンスセラ 2017年12月6日(水) 14:18
三浦皇成復活も「体重」はベストではない? 無理なダイエッ... 
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 1

三浦皇成復活も「体重」はベストではない? 医師から下された「ダイエット禁止令」?/ 2017年12月6日 11時37分 http://biz-journal.jp/gj/2017/12/post_5245.html

8月に1年ぶりの復活を果たした三浦皇成騎手。現在21勝をあげており、11月11日には武蔵野S(G3)でインカンテーションを勝利に導くなど、好騎乗を続けている。

 ここまで連対率16.6%、複勝率26.3%という数字を記録。休養前と比較しても見劣りしておらず、リハビリに費やした時間が無駄ではなかったことを証明した。

 すでに成績の上では完調に限りなく近い状態にあると見てもいい三浦騎手。だが、まだ完全復活とまで至らない理由があるという。

「どうやら骨折部の問題があるため、ダイエット禁止令が出されているんですよ。そのため、ハンデキャップ戦で負担重量が軽量の馬に騎乗することが難しいようです」(現場記者)

 レースに出走する馬は、騎手の体重と鞍・腹帯など馬装具類の合計で決まっている負担重量を背負うことになる。レースの種類によって負担重量はそれぞれ決められおり、中でも一番負担重量に左右されるのが、ハンデキャップ戦だ。

「ハンデキャップ戦では、出走予定馬の実績や現在の状態などを考慮しつつ、ハンデキャップ作成委員が、それぞれの負担重量を決定します。つまりどの馬にも勝利のチャンスを与えるということにほかなりません。三浦騎手は今年53kgでの出走が最小負担重量。昨年、一昨年前も52kgでの出走がありましたが、今年それは難しいようです」(競馬誌ライター)

●次のページ 三浦騎手も体重管理には気をつけているよう

8月に1年ぶりの復活を果たした三浦皇成騎手。現在21勝をあげており、11月11日には武蔵野S(G3)でインカンテーションを勝利に導くなど、好騎乗を続けている。

 ここまで連対率16.6%、複勝率26.3%という数字を記録。休養前と比較しても見劣りしておらず、リハビリに費やした時間が無駄ではなかったことを証明した。

 すでに成績の上では完調に限りなく近い状態にあると見てもいい三浦騎手。だが、まだ完全復活とまで至らない理由があるという。

「どうやら骨折部の問題があるため、ダイエット禁止令が出されているんですよ。そのため、ハンデキャップ戦で負担重量が軽量の馬に騎乗することが難しいようです」(現場記者)

 レースに出走する馬は、騎手の体重と鞍・腹帯など馬装具類の合計で決まっている負担重量を背負うことになる。レースの種類によって負担重量はそれぞれ決められおり、中でも一番負担重量に左右されるのが、ハンデキャップ戦だ。

「ハンデキャップ戦では、出走予定馬の実績や現在の状態などを考慮しつつ、ハンデキャップ作成委員が、それぞれの負担重量を決定します。つまりどの馬にも勝利のチャンスを与えるということにほかなりません。三浦騎手は今年53kgでの出走が最小負担重量。昨年、一昨年前も52kgでの出走がありましたが、今年それは難しいようです」(競馬誌ライター)

 この負担重量の問題もあるため、名騎手は50kg前半の体重をキープしている。たとえば武豊騎手は公称50kg、福永祐一騎手が公称51kgだ。またそのため、減量苦に苦しむ騎手も多く引退したものの元騎手の武幸四郎氏は身長177cmながらも、52kgを維持すべく努力を重ねていたという。

 三浦騎手も体重管理には気をつけているようで先日、騎手の食生活に注目した番組『キシュメシ』(フジテレビ系)に登場した際には、妻であるほしのあきがさまざまな工夫をこらして料理を作ってくれていると明かし、さらに体重管理について「仕事の一つです」断言。さらに「小さい頃からあまりお米を食べないようにしているので、(今も)お米を食べたいとは思わない」とストイックな面を見せていた。

 番組ではまさに騎手の鑑たる受け答えした三浦騎手。だが、復帰に1年もの長期間を要する大ケガから復帰してまだ半年も経っていない。完全復活するためにもまず騎手の事情を優先するのではなく、身体第一の生活を送るべきではないだろうか。

 そして、騎手生活10周年目となる2018年にこそ、G1初制覇を達成して完全復活を高らかに宣言してもらいたいものだ。

ダイエット禁止令ドクターストップなら、無理せずに栄養素補給が出来る現代健康食品があるよ。そんなのを活用すれば、少々ご飯食べなくても栄養不足気味にはならないし、栄養過多もない。 現代人に不足する普段ではなかなか摂取が難しいDHA, EPA,が簡単に摂れるし、ほかに野菜の青汁なんかもミドリムシなら一日10粒で済む。問題は満腹感がないことだけだな。

[もっと見る]

 あらあらん 2017年11月24日(金) 22:09
東京中日S杯武蔵野S 
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 1

1着 ■7枠13番
インカンテーション
単勝6人気
複勝5人気
2着 ■5枠9番
サンライズソア
単勝8人気
複勝6人気

■単勝
13  1,390円 ゲット☆
■複勝
13   460円 ゲット
9   550円 6人気

■枠連
5- 7
2,150円11人気
ゲット☆

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
20:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年5月23日() 17:34:57
平安S優勝おめでとう!

さぁ次は帝王賞G1GETだね^^
19:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年1月26日(月) 11:08:13
東海ステークス無念の3着^_^;
痛恨の出遅れ、さらに落鉄、大野騎手との運気も噛み合わない感じ
がします。2戦連続の敗因が同一だけに悔しく思います。
18:
  HIDE   フォロワー:17人 2015年1月22日(木) 06:27:22
負けられない一戦、東海ステークス!
インカンテーションの状態はかなり良い状況と思われる。以下クラブコメント
15日にウッドチップコースにて担当助手が跨り、3頭併せで追い切りが行われ、78.7-64.8-52.1-39.7-14.1を一杯に追われて計時し、終いは2頭を突き放して大きく先着しました。羽月友彦調教師は「併せ馬にならなかったですね。状態も良いし、なかなかの動きでした」とのことでした。

⇒もっと見る

インカンテーションの写真

インカンテーション
インカンテーション

インカンテーションの厩舎情報 VIP

2017年11月11日東京中日S杯武蔵野S G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インカンテーションの取材メモ VIP

2017年11月11日 東京中日S杯武蔵野S G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。