エアシャカール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1997年2月26日生
調教師森秀行(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績20戦[4-6-1-9]
総賞金54,505万円
収得賞金9,650万円
英字表記Air Shakur
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
アイドリームドアドリーム
血統 ][ 産駒 ]
Well Decorated
Hidden Trail
兄弟 エアデジャヴーエアサバス
前走 2002/12/22 有馬記念 G1
次走予定

エアシャカールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
02/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 143421.179** 牡5 57.0 横山典弘森秀行510(+2)2.34.1 1.536.0⑬⑬⑩⑪シンボリクリスエス
02/11/24 中山 10 ジャパンC G1 芝2200 1681619.7712** 牡5 57.0 田中勝春森秀行508(+4)2.13.4 1.236.2⑨⑮⑮⑭ファルブラヴ
02/10/27 中山 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 187148.664** 牡5 58.0 武豊森秀行504(-10)1.58.8 0.334.2⑭⑭⑬⑬シンボリクリスエス
02/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 12442.924** 牡5 58.0 K.デザー森秀行514(-2)2.13.2 0.335.2ダンツフレーム
02/05/25 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 188181.812** 牡5 59.0 武豊森秀行516(0)1.58.5 0.235.5⑭⑭⑨⑤ツルマルボーイ
02/03/31 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 14114.432** 牡5 59.0 M.デムー森秀行516(+16)1.59.5 0.435.2④④④④サンライズペガサス
01/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 126813.435** 牡4 58.0 蛯名正義森秀行500(-8)2.12.3 0.635.3⑩⑩⑩⑥メイショウドトウ
01/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 127107.248** 牡4 58.0 蛯名正義森秀行508(+2)3.17.9 1.737.0⑧⑧⑦⑥テイエムオペラオー
01/04/01 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 143313.242** 牡4 59.0 蛯名正義森秀行506(+26)1.58.5 0.135.2⑬⑬⑭⑧トーホウドリーム
00/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 16599.5314** 牡3 55.0 武豊森秀行480(-14)2.28.2 2.137.2⑬⑭⑦⑧テイエムオペラオー
00/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 187152.821** 牡3 57.0 武豊森秀行494(-6)3.04.7 -0.035.7⑧⑨⑩⑦トーホウシデン
00/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 12441.713** 牡3 56.0 武豊森秀行500(--)2.02.0 0.434.9⑨⑨⑦⑤フサイチソニック
00/07/29 イギ   Kジョージ G1 芝2400 7--------5** 牡3 55.0 武豊森秀行--0000 ------MONTJEU
00/05/28 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 18122.012** 牡3 57.0 武豊森秀行494(+2)2.26.2 0.035.6⑮⑭⑬⑪アグネスフライト
00/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 188163.421** 牡3 57.0 武豊森秀行492(-8)2.01.8 -0.035.0⑮⑮⑮⑧ダイタクリーヴァ
00/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 168167.342** 牡3 55.0 武豊森秀行500(+4)2.02.5 0.235.3⑯⑯⑬④フサイチゼノン
99/12/26 中山 7 ホープフルS OP 芝2000 14342.711** 牡2 54.0 武豊森秀行496(+4)2.05.9 -0.036.1⑥⑥⑦⑥マイネルファラオ
99/12/11 阪神 7 2歳500万下 芝1600 11442.912** 牡2 54.0 M.デムー森秀行492(-10)1.36.7 0.135.6パープルエビス
99/11/21 京都 2 2歳未勝利 芝1600 14223.211** 牡2 54.0 武豊森秀行502(+4)1.36.4 -0.136.5エイシンモモタロー
99/10/31 東京 3 2歳新馬 芝2000 13223.425** 牡2 53.0 武豊森秀行498(--)2.04.3 0.635.3⑬⑬⑩ユーワシーザー

エアシャカールの関連ニュース

関連ニュースはありません。

エアシャカールの関連コラム

関連コラムはありません。

エアシャカールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 318ビュー コメント 1 ナイス 29

みなさま!

おひさしぶりです!

ちゃんと生きてますよっ〜(#^.^#)

日本ダービー。

エアメサイアちゃんのこども★エアスピネルくんを
応援するための約1年ぶりの日記です。


わたし、ウマニティPOGで
★エアスピネルくんの筆頭オーナーなのです!

本当は、わたしウィキウィキの息子のマカヒキくんを指名したかったのですが
オロオロしているうちに…(涙)



日記って何かエピソードとか面白い体験をいれなきゃならないのかなあ…
と思って…(プレッシャーで)

なかなか、書けませんでした…。


母エアメサイアちゃん(14歳)は、オークス2着。
優勝馬はリオンディーズくんの母・女傑シーザリオ様


★エアスピネルくんの母母エアデジャヴーおばあ様(21歳)も
オークス2着だったんですね…。

エアデジャヴーおばあ様の弟がエアシャカールくんで
ダービー2着(優勝馬アグネスフライト)


エアデジャヴーおばあ様、エアメサイアお母さ様、エアシャカールおじ様
クラシック(東京2400m)は、みんな2着…。

★スピネルくんに勝ってもらいたいです!!


皐月賞で、★エアスピネルくんは有力馬から外されて、
『4強』にしてもらえず、
『3強』の次の扱いでした…(悲)

成績も
新馬1着→デイリー杯1着→朝日杯FS2着→弥生賞3着→皐月賞4着(繰り上げ)

と着順をひとつずつ落としてしまい、
人気も、6番人気…。

ヴァンキッシュランくん迫っているので、
あすは、7番人気になってしまうかもしれません…。


わたしの息子のマカヒキくんは
3連勝で、皐月賞2着なのに、4番人気…。


★スピネルくんより、マカヒキくんの方が勝つ可能性は高いのでしょうか。

息子マカヒキくんが勝てばすっごくうれしい!です!


でも、
★スピネルくんが勝てば、
ウマニティPOG(現在11位)TOP10入り!!

どうしましょう…(悩)


スピネルくんとマカヒキくんの単勝、

2頭のワイド、馬連。

リオンくん、ディーくん、ダイヤモンドくん、オーディンくん、ヴァンキッシュランくん
との3連複も買ってみます。

当然、、
3連単で、スピネルくん、マカヒキくんの1着固定が、勝負馬券です!

 TERAMAGAZI 2015年12月19日() 18:47
【朝日杯FS】エアメサイアvsシーザリオ!!母となり10年越し... 
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 13

【第67回G1朝日杯FS】

このレースには大きなテーマが2つあります。

1つは、あちこちで書かれているようにユタカさんのJRA全G1完全戴冠!!

ユタカさん騎乗のエアスピネルは新馬は2馬身差で楽勝、

2戦目のG2デイリー杯2歳Sも3戦3勝で単勝1,7倍のシュウジを2番手から
上がり最速の34秒0(シュウジより0秒8も速い)で差し切り、
アッサリ3馬身半差の快勝で、無敗の2戦2勝。

現在、単勝1,7倍のダントツの1番人気。
ココまで揃っていたら『持っている』ユタカさんなら、
勝つ可能性は相当高いでしょう。

しかし、G1チャンピオンズカップでダート絶対G1王者のコパノリッキー&ホッコータルマエが
揃って馬券圏を外し、12番人気の牝馬サンビスタが勝ちました。

『競馬に絶対はない』

ましてや、キャリア2戦の2歳馬。

取りこぼす可能性も十分考えられます。

ただ、今回勝てなかったとしても、ユタカさんならまたすぐに勝つチャンスは巡って来るでしょうね。


真のテーマは、

『エアスピネルとリオンディーズの対戦!!』


言い換えれば、

『エアメサイアとシーザリオの10年ぶりの再戦!!』

です。


エアスピネルの母エアメサイアとリオンディーズの母シーザリオは02年産まれの同期です。

05年のオークスでエアメサイアはシーザリオのクビ差2着。
その後、シーザリオはアメリカ遠征し、米オークスも制覇するという快挙を成し遂げました。

2頭の差は広がる一方です。

(※ちなみに桜花賞馬はラインクラフトでオークスは未出走、NHKマイルCを優勝してます)

秋には成長してシーザリオを必ず破ると誓ったエアメサイアは、
ローズSで宿敵ラインクラフトを撃破しましたが、
その時にはシーザリオは、既に引退していました。


それから10年後、息子同士がG1で対戦(しかも1番人気と2番人気)
するというのが、競馬がブラッドスポーツと言われる所以なのでしょうね。

---------------------------------------------------------------------------

エアメサイア(サンデーサイレンス×エアデジャヴー)は、
同期、1歳上、1歳下に名牝が揃っていた不運な時代に産まれました。

---------------------------------------------------------------
【同期・02年生】
シーザリオ(オークス、米オークス、桜花賞2着・6戦5勝2着1回)

ラインクラフト(桜花賞、NHKマイルC、秋華賞2着、マイルCS3着、高松宮記念2着)

【1歳上・01年生】
ダンスインザムード(桜花賞、米オークス、Vマイル、天皇賞秋2着&3着、マイルCS2着)

スイープトウショウ(宝塚記念、秋華賞、エリ女杯1着&2着&3着、安田記念2着)

【1歳下・03年生】
カワカミプリンセス(無敗の5連勝でオークス、秋華賞、エリ女杯1着入線したがえ、降着?)

フサイチパンドラ(オークス2着、秋華賞3着、エリ女杯はえ、繰り上げ?1着、エリ女杯2着、阪神JF3着)

---------------------------------------------------------------------------

母エアメサイアは、

Fレビューと桜花賞でラインクラフトに負けて、

オークスではシーザリオに負けて、

エリ女杯ではスイープトウショウに負けて、

G2阪神牝馬Sでもラインクラフトに負けて、

引退レースのVマイルではダンスインザムードに負けました…(涙)

---------------------------------------------------------------------------

母母エアデジャヴーも非運の馬です。

同期に名馬ファレノプシス(キズナの姉・桜花賞、オークス3着、秋華賞、エリ女杯)がいたのですから。

オークスはファレノプシスに先着(2着)しましたが、その前にはなぜか伏兵エリモエクセルがいて2着。

G1は桜花賞3着、オークス2着(娘エアメサイアと同じ!)、秋華賞3着。
無冠で無念のまま引退しました。

息子エアシャカールは皐月賞、菊花賞を勝ちましたが、肝心のダービーはアグネスフライトの2着に敗退。
その後10戦しましたが未勝利で引退。

ダービー馬アグネスフライトもその後、失速(9戦未勝利)したので、一応、2冠馬だし、
もしかして年度代表馬もイケるかも?
と淡い期待を抱いたらトンでみないバケモノがいました。

重賞8戦8勝(G1・5勝、G2・3勝)のテイエムオペラオーです…。


エアスピネルは母エアメサイア、母母エアデジャヴー、叔父エアシャカールの無念を晴らし、
『エア族』の名を高めて、華麗なる『スカーレット一族』『バラ一族』に並ぶためにも、
まずは最初のG1である朝日杯FSを勝つ必要があるのです。

そのために、母親時代からの因縁の仇敵シーザリオの息子リオンディーズに勝たなければなりません。


しかし、リオンディーズもバケモノ級の強さです。

まだキャリア1戦ですが、新馬戦で2着に負かしたピースマインドが次走で6馬身差圧勝。
父キンカメは日本ダービー馬、母シーザリオは日米オークス馬、
母父スペシャルウィークも日本ダービー馬、
兄エピファネイアは菊花賞馬でジャパンカップをぶっちぎって勝った名馬ファミリー。

クラシックを勝つために産まれて来たような馬です。

果たして決着は…?

-----------------------------------------------------------------------------

唯一の3勝馬シュウジ始め有力馬にスプリントG1・2勝馬キンシャサノキセキ産駒と
G1・5勝馬でも2000mまでしか勝てなかったダイワメジャー産駒が多数出走していますが、
阪神外回りマイルはスピードだけでなくタフなパワーが必要なコースです。

なので、
ダービー馬ジャンポケ産駒シャドウアプローチ、
有馬記念馬マンカフェ産駒イモータルを上位に見ます。

さらにジャパンカップ馬スクリーンヒーロー産駒ウインオスカー。
現在、当レースを3連勝している関東馬のハレルヤボーイもオサエで。

----------------------------------

◎11エアスピネル
〇15リオンディーズ

▲7イモータル
注13シャドウアプローチ
爆2ショウナンライズ
△3アドマイヤモラール
△12シュウジ
△9ボールライトニング

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2014年10月21日(火) 23:37
ワンアンドオンリーは2冠馬になれるのか? 
閲覧 68ビュー コメント 2 ナイス 17

【皐月賞&ダービーの2冠馬】
トウカイテイオー、ミホノブルボン、サニーブライアン、ネオユニヴァース、メイショウサムソンなど15頭もいます。

【皐月賞&菊花賞の2冠馬】
キタノカチドキ、ミホシンザン、サクラスターオー、セイウンスカイ、エアシャカール、ゴールドシップなど8頭います。

【ダービー&菊花賞の2冠馬】
菊花賞74年間の歴史で、40年前の1973年タケホープただ1頭だけです。
(※1943年の牝馬クリフジはダービー、オークス、菊花賞の変則3冠馬)

【ダービー1冠馬で菊花賞を1番人気で出走した馬と(菊花賞馬)】
77年ラッキールーラ→15着(プレストウコウ)
78年サクラショウリ→5着(インターグシケン)
87年メリーナイス→9着(サクラスターオー)
98年スペシャルウィーク→2着(セイウンスカイ)
99年アドマイヤベガ→6着(ナリタトップロード)
10年アグネスフライト→5着(エアシャカール)
01年ジャングルポケット→4着(マンハッタンカフェ)

ワンアンドオンリーは1番人気で間違いないでしょうが、ワンアンドオンリーは、
朝日杯3歳S(現・朝日杯FS)馬でダービー6馬身圧勝のメリーナイス、皐月賞3着でこの後に天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンカップを勝つスペシャルウィーク、皐月賞3着で菊花賞4着後に3歳でジャパンカップを勝ったジャングルポケットでさえ勝てなかった菊花賞を勝てるのでしょうか?

もちろん菊花賞は同世代対決。
ワンアンドオンリーより強い馬がいなければ結果的に勝てるでしょう。
しかし最後の1冠の秋華賞で単勝1,5倍のヌーヴォレコルトは敗退。
僕は先週のブログで下記のように述べました。
http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=93aea7b628&owner_id=35fe1fee66
----------------------------------------------------------------------------
桜花賞3着でオークス馬のヌーヴォレコルトはローズSを快勝し1番人気は確実。血統的にもハーツクライ産駒はジャスタウェイのように本格化するととてつもない強さを発揮するので、2冠達成は確実のように報道されていますが、気になるデータが2つあります。
過去10年、秋華賞を1番人気で勝った馬は3冠牝馬のアパパネとジェンティルドンナの2頭だけ。
さらに、ローズS→秋華賞と連勝した馬も有馬記念馬ダイワスカーレットとジャパンカップ連覇のジェンティルドンナの2頭だけです。
果たしてヌーヴォレコルトはそこまでの名牝なのでしょうか?(違うでしょう)
----------------------------------------------------------------------------
ワンアンドオンリーもヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒。
神戸新聞杯(ローズSと同じ最重要トライアル)を勝ったのも同じ。
もう一度、問います。
ワンアンドオンリーは菊花賞で負けたスペシャルウィーク、ジャングルポケットよりも一流馬なのでしょうか?(違うでしょう)

桜花賞馬ハープスター不在、唯一対抗出来る実績を持つ阪神JF馬レッドリヴェールはダービー12着惨敗、ローズS6着と明らかに調子を落としており、ヌーヴォレコルトの2冠は確実視されていたのに負けました。

ヌーヴォレコルトを破ったショウナンパンドラは、ディープインパクト×ノーザンダンサー系というG1の王道血統。しかも近親にステイゴールド、サッカーボーイがいる一流牝系。G1を勝つ要素はありました。(僕も2着候補までにしか挙げてなかったので、モチロン大きなことは言えませんが…)

スペシャルウィークを破ったセイウンスカイは皐月賞馬。ジャングルポケットに勝ったマンハッタンカフェは3歳で有馬記念を勝ち、天皇賞・春も勝った名馬。

しかもスペシャルウィークの同期はセイウンスカイ以外にもエルコンドルパサー、グラスワンダーがいた近年の最強世代。ジャングルポケットもマンハッタンカフェに加えてクロフネ、アグネスタキオンがいた最強世代。

今年の3歳牡馬は牝馬のハープスターが3歳最強と言われているようにレベルが低いと言われています。(アンカツ師匠、清水成駿先生も公言)

新潟2歳Sでハープスターに3馬身ぶっちぎられたイスラボニータが皐月賞馬でダービー2着。スプリングSでロサギガンティアに負け皐月賞6着のダート馬のアジアエクスプレスが朝日杯FSを勝つ世代ですから。(※芝はレベルが低いですが、ダートはハッピースプリント、カゼノコ、レッドアルヴィス、ランウェイワルツなどレベルが高い世代だと僕は思っていますが)

ワンアンドオンリーは負けが多すぎでしょう。しかも負け方が悪い。新馬戦は後方ママの12着惨敗、東スポ杯2歳S(勝ち馬はイスラボニータ)もラングレー、サトノアラジンにすら先着出来ず、4角8番手から2頭抜いただけの6着惨敗(上がりも3位止まり)

血統的にも母父は名マイラーのタイキシャトルで距離不安は大きいです。近親に皐月賞馬ノーリーズンがいますが、ブライアンズタイム×ミスプロ系のノーリーズンでさえ3000mを超える距離では阪神大賞典の4着が最高着順(1番人気の菊花賞は、競走中止!)
そもそも父ハーツクライ自身が菊花賞を1番人気で7着に負けています(勝ち馬デルタブルース)

ワンアンドオンリーに勝つ可能性のある馬は、
神戸新聞杯組からは、父スペシャルウィークの無念を晴らして欲しいトーホウジャッカル(ND4×5のクロスあり)上がり最速。
ダービー馬ネオユニヴァース×ND系のサウンズオブアース。
ダービー馬タニノギムレット×凱旋門賞馬トニービンのハギノハイブリッド(サンデーの血も入ってます)
菊花賞を最多4勝のユタカさんのディープインパクト産駒トーセンスターダム(京都3戦3勝)

古くはメジロデュレンとメジロマックイーン。デルタブルース、スリーロールスなど上がり馬パターンでは、2600mの500万、1000万特別連勝中のジャパンカップ馬スクリーンヒーロー産駒ゴールドアクター。

アイルランドTで驚愕の(言い意味でも悪い意味でも!)圧勝をした5戦5勝エイシンヒカリと同じディープインパクト×ストームキャットのG1配合(アユサン、キズナ)のサトノアラジン(でもサトノにクラシックを勝つイメージはない…)

ネオユニヴァース産駒ヴォルシェーブは母母がウインドインハーヘア。つまり叔父がディープインパクト。(でも略奪婚の榎本加奈子を伴った大魔神がクラシックを勝つイメージもない…)

ちなみに、皐月賞&菊花賞の2冠馬は6頭いますが、
皐月&ダービー、ダービー&菊より3冠馬に近いと思います。
------------------------------------------------------
74年キタノカチドキ(3着)厩務員ストで調子を崩す。通常日程なら勝ってた。
85年ミホシンザン(不出走)出たら勝ってた。
87年サクラスターオー(不出走)出たら勝ってた(たぶん)
98年セイウンスカイ(4着)東京2400ではスペシャルウィークには勝てない。
00年エアシャカール(2着)最弱世代。ダービー馬アグネスフライトはその後9連敗で引退。
12年ゴールドシップ(5着)4角10番手。勝ったディープブリランテは4角3番手。東京は苦手。
------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアシャカールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エアシャカールの写真

投稿写真はありません。

エアシャカールの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

エアシャカールの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。