アルフレード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2009年4月11日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績16戦[3-2-1-10]
総賞金15,898万円
収得賞金3,875万円
英字表記Alfredo
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
プリンセスカメリア
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ラトラヴィアータ
兄弟 プリンセスフローラサンライズスター
前走 2015/09/06 新潟記念 G3
次走予定

アルフレードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 186127.857** 牡6 56.0 柴山雄一手塚貴久548(-2)1.59.0 0.833.9⑮⑰パッションダンス
15/07/12 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16126.735** 牡6 56.0 北村宏司手塚貴久550(-2)1.58.5 0.334.5⑦⑧⑤⑥グランデッツァ
15/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 163511.063** 牡6 56.0 津村明秀手塚貴久552(+4)1.59.8 0.232.7⑭⑫ダコール
15/02/08 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1671336.992** 牡6 56.0 柴山雄一手塚貴久548(-4)1.35.7 0.034.3⑮⑬ヴァンセンヌ
15/01/17 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 165105.629** 牡6 57.0 吉田豊手塚貴久552(+4)1.34.5 0.635.2⑭⑬⑮コスモソーンパーク
14/11/16 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 174846.3124** 牡5 56.0 吉田豊手塚貴久548(+14)1.20.3 0.133.2⑮⑮ダノンプログラマー
14/06/29 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 13568.2611** 牡5 57.0 大野拓弥手塚貴久534(-4)1.23.4 0.934.4⑬⑬ミトラ
14/05/17 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1571321.0910** 牡5 56.0 C.ウィリ手塚貴久538(0)1.20.6 0.934.8⑥⑦レッドスパーダ
14/03/16 中山 10 東風S OP 芝1600 1671311.566** 牡5 56.0 松岡正海手塚貴久538(-12)1.35.3 0.435.3⑤⑥シャイニープリンス
14/01/11 京都 11 大和S OP ダ1400 161221.3816** 牡5 56.0 松岡正海手塚貴久550(+30)1.25.1 2.337.9⑤⑤マルカフリート
12/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1881832.5813** 牡3 57.0 武豊手塚貴久520(+4)2.25.1 1.334.7⑭⑭⑬⑫ディープブリランテ
12/05/06 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 188177.432** 牡3 57.0 C.ウィリ手塚貴久516(-2)1.35.1 0.634.9⑤④カレンブラックヒル
12/03/18 中山 11 スプリングS G2 芝1800 147114.9212** 牡3 56.0 松岡正海手塚貴久518(-6)1.52.8 2.137.3⑥⑦⑦⑥グランデッツァ
11/12/18 中山 11 朝日杯FS G1 芝1600 16233.111** 牡2 55.0 C.ウィリ手塚貴久524(+4)1.33.4 -0.335.3④④マイネルロブスト
11/10/29 新潟 10 きんもくせい 500万下 芝1600 10442.111** 牡2 55.0 吉田隼人手塚貴久520(-10)1.36.6 -0.232.5⑥⑥ドリームトレイン
11/09/25 中山 5 2歳新馬 芝1600 13682.211** 牡2 54.0 松岡正海手塚貴久530(--)1.38.0 -0.134.1④⑥⑥トーセンオーラ

アルフレードの関連ニュース

 2011年の朝日杯フューチュリティS・GIを勝ったアルフレード(牡7歳、美浦・手塚貴久厩舎、父シンボリクリスエス、母プリンセスカメリア)は、左前浅屈腱炎が判明し、6月2日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる予定。

 アルフレードはデビューから無傷の3連勝で朝日杯FSを制し、2011年度のJRA賞最優秀2歳牡馬に選ばれた。12年のダービー13着のあと、競走馬にとって不治の病とされる屈腱炎を発症。約1年半の長い休養を克服して15年の東京新聞杯・GIII2着など、活躍していた。この中間はエプソムC(6月12日、東京、GIII、芝1800メートル)を目指して調整が進められていたが、脚もとの状態が思わしくなく、年齢的なものを考慮して関係者が決断を下した。通算成績は16戦3勝。獲得賞金は1億5898万0000円(付加賞含む)。

 ◆手塚貴久調教師「初めてJRAのGIを勝たせてもらった馬ですし、あの馬を通して色々なことを教えてもらいました。大きな存在でした」

アルフレードの競走成績はこちら

【古馬次走報】パッションダンス天皇賞・秋を視野に2015年09月10日(木) 05:00

 ★新潟記念を制したパッションダンス(栗・友道、牡7)は、天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)を視野に。NHKマイルCを勝った僚馬クラリティスカイ(牡3)は、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)で始動してマイルCS(11月22日、京都、GI、芝1600メートル)へ。鞍上は引き続き横山典騎手。また、目黒記念7着ムスカテール(牡7)は、産経賞オールカマー(27日、中山、GII、芝2200メートル)に向け調整中。

 ★新潟記念2着マイネルミラノ(美・相沢、牡5)は、産経賞オールカマーが有力で、毎日王冠(10月11日、東京、GII、芝1800メートル)も視野に。7着アルフレード(美・手塚、牡6)は、ノーザンファーム天栄でしばらく休養。次走未定。

 ★札幌記念3着ダービーフィズ(美・小島太、牡5)は、天皇賞・秋に直行することが決まった。騎手は調整中。

 ★スパーキングレディーC6着メイショウマンボ(栗・飯田祐、牝5)は、府中牝馬S(10月17日、東京、GII、芝1800メートル)。

 

[もっと見る]

【新潟記念】レースを終えて…関係者談話2015年09月07日(月) 05:06

 ◆戸崎騎手(ファントムライト3着) 「緩い馬場にも対応した。かえって速い馬場よりもいいのかも」

 ◆吉田豊騎手(ロンギングダンサー4着) 「直線はバラけると思ったので馬混みに突っ込んでいった。力をつけている」

 ◆田辺騎手(ラブイズブーシェ5着) 「馬に張りがあって動きも素軽かった。いい頃の感じに戻りつつあるね」

 ◆小牧騎手(ダコール6着) 「3コーナーで不利がありバランスを崩したが、諦めずに走ってくれた」

 ◆柴山騎手(アルフレード7着) 「馬場に脚を取られてノメっていた」

 ◆田中勝騎手(メドウラーク9着) 「まだ体に緩さもあるので、馬場が合わなかった」

 ◆森騎手(マジェスティハーツ10着) 「追い出すとノメっていた。今までも道悪だと力を出せなかったし、馬場がこたえました」

 ◆内田騎手(クランモンタナ12着) 「馬場は合うと思っていたが、しまいがひと息だった」

 ◆北村宏騎手(アヴニールマルシェ15着) 「3コーナーで内から出て来られて落馬寸前だった」

 

★6日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟記念】うまやの話2015年09月06日() 05:06

〔1〕ユキノサムライ・木原一師「特に乗り方はこだわらず、控える競馬になっても大丈夫。軽ハンデを生かして頑張ってほしい」

〔2〕ラブイズブーシェ村山明師「徐々に調子を取り戻している印象。直線の長いコースも問題ない」

〔3〕パッションダンス・友道康師「前走は小回りの内枠で窮屈になった。最終週の馬場はいいと思うし、自分のリズムで運べれば」

〔4〕ファントムライト・田代助手「調教はしっかりやれているし、久々も苦にしない。立て直した効果で前進を期待」

〔5〕ユールシンギング・勢司和師「走る気がみなぎった状態でレースに向かわせたいという意図で、調教パターンを替えた」

〔6〕マイネルミラノ相沢郁師「今回はスタートしてからの直線も長いし、楽に先手を取れるはず。うまくマイペースに持ち込みたい」

〔7〕ダコール・白倉助手「ハンデは背負うが、仕上がりはいいので好結果を期待」

〔8〕クランモンタナ・音無秀師「持ち前のしぶとさを発揮して粘り込みを期待」

〔9〕マジェスティハーツ・中山助手「いい状態をキープ。前走のようにじっくりためれば、しっかり脚を使える」

〔10〕ミュゼスルタン大江原哲師「涼しい北海道で成長を促しながら乗り込み、この馬のいいところを崩さずに夏を越せた」

〔11〕メイショウカンパク・佐藤助手「順調に乗り込めたが、下級条件のときでも休み明けでは結果を出せなかったので…」

〔12〕アルフレード・手塚貴師「至って順調。小回りの福島よりは、新潟の方が向いているのは確か。直線でうまく外に出せれば」

〔13〕ロンギングダンサー・勢司和師「一歩一歩ステップアップしている感じ。ハンデ差を生かせれば」

〔14〕ネオブラックダイヤ・鹿戸雄師「体調は万全。気持ちを切らさずに競馬できれば」

〔15〕スイートサルサ・菊川正師「愛知杯で距離にめどは立っているし、脚質的にも新潟の外回りは合うはず」

〔16〕メドウラーク橋田満師「太め感なく仕上がった。二千はベストだし、どんな競馬をするか楽しみ」

〔17〕アヴニールマルシェ・北村宏騎手「期待が大きいだけにまだ物足りない面もあるが、少なくともここ2戦よりはいいパフォーマンスを出せそうな雰囲気」

〔18〕アーデント・加藤征師「このレースを目標に調整。リズムをつくりやすいこの舞台は合う」

★新潟記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【新潟記念】GI馬アルフレード復活だ2015年09月05日() 11:44

 “朝日杯FSを勝ったときのデキ”。メンバー唯一のGI馬アルフレードの復活劇を支持したい。

 実質的な最終追いとなった1週前の動きと陣営の証言を伝えれば、冒頭の文句をスッと飲み込んでもらえるはずだ。

 まず、馬なりでWコース6F78秒0−63秒7−50秒2−37秒3−12秒5が破格中の破格。「すごいデキになった」と担当する滝口厩務員が豪語していた前走・七夕賞(5着)の当週でさえ、5F67秒7−51秒7−38秒0−13秒0止まり。いかにべらぼうな動きだったのか、分かっていただけるだろう。

 さらに、同厩務員の“秘話”が心憎い。「けいこをつけた(石川)裕紀人も『どの馬もこれだけ動いてくれれば、調教をつけるのが毎日楽しくてしょうがないのに…』ってニヤニヤしていた(笑)。まぁ、あれが本音だと思うよ」

 小回り福島の七夕賞は550キロオーバーの超大型馬には忙しすぎただけあって、ゆったりと回ってこられる(1)(3)着の大回り新潟に替わるのはどうみてもプラス。その11年きんもくせい特別&15年新潟大賞典ともにメンバー中最速の上がりを使っているように、とにかく悠然と構えて競馬をするだけでいい。

 「すごいデキ」から、「GIを勝ったときのデキ」に一段階、いや二、三段階も昇華した今回。黙って頭から勝負といきたい。

 “究極の3連単”も迷わずに(12)を1着に固定。2・3着に前走後(関屋記念0秒1差2着)、「悔しい」を連発しまくっていた森Jのマジェスティハーツを置いた計12点で夏を締めくくるとしよう。(夕刊フジ

★新潟記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【新潟記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2015年09月05日() 11:43

 職場のフロア階にあるトイレが工事中でみんな困っている。用を足すのに階段を上がるか、下るか。“坂路”1本でおじさんもうヘトヘト…。

 1番手はスイートサルサ

 こちらはWコースでいくらでも動くタイプ。それでいて、やりすぎるとテンションの不安が顔を出すのがかつてはウイークポイントだったが、3カ月半ぶりの今回はいい塩梅でことが運んだようで、直前も5Fからシャープなフットワークで駆け抜けた。走りも伸びやかで態勢OK。

 アヴニールマルシェは坂路ではそう目立たないほうだが、今週はやる気を出してしっかり併入。馬体はかなりボリュームアップした雰囲気だが、復帰初戦としてはこんなところか。

 美浦Wの調教大将アルフレードは今週はセーブされたが、1週前には6F78秒0でアジアエクスプレスをアオる一方。前走と同様、気配は抜群にいい。(夕刊フジ

★新潟記念の枠順はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルフレードの関連コラム

閲覧 3,535ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。地元が新潟で、GWに成人式がありました。楽しかったです!

今週は3歳マイル王決定戦、NHKマイルカップです。
NHKマイルカップは、「3歳春のマイル戦」ということで、ある程度の早熟性≒パワーも求められます。中でも注目の血が、フレンチデピュティとノーザンテースト。(フレンチデピュティの父父Vice Regentとノーザンテーストは血統構成が似ているので、この2つの血が好相性というのは納得がいく)

【過去10年でフレンチデピュティの血を持っていた馬】
・2015年
1着 クラリティスカイ(父クロフネ
3着 ミュゼスルタン(母父フレンチデピュティ)
・2013年
1着 マイネルホウオウ(母父フレンチデピュティ)
2着 インパルスヒーロー(父クロフネ
・2008年
2着 ブラックシェル(父クロフネ
・2007年
1着 ピンクカメオ(父フレンチデピュティ)

【過去10年でノーザンテーストの血を持っていた馬】
・2013年
2着 インパルスヒーロー(母母父)
3着 フラムドグロワール(父ダイワメジャーの母父)
・2012年
1着 カレンブラックヒル(父ダイワメジャーの母父)
2着 アルフレード(母母父)
・2011年
1着 グランプリボス(父サクラバクシンオーの母父)
2着 コティリオン(母母父)
2009年
3着 グランプリエンゼル(母母父)

今年フレンチデピュティとノーザンテースト持ちはというと・・・
【フレンチデピュティ】
シャドウアプローチ(母父)
レインボーライン(母父)

【ノーザンテースト】
ティソーナ(父ダイワメジャーの母父)
メジャーエンブレム(父ダイワメジャーの母父)
レインボーライン(ノーザンテースト3×5)
ペルソナリテ(ノーザンテースト3×4)
ブレイブスマッシュ(ノーザンテースト4×4)
ロードクエスト(3代母父)

これらの馬たちの短評から書きはじめたいと思います。

フレンチデピュティとノーザンテースト、どちらも持っているアーリントンCの覇者レインボーラインは馬体重が430キロ台というのが気になります。。典型的な走るステイゴールド産駒で、夏を越えて馬体がグンと成長することが予想されます。逆にいえば現状で、GIでの勝ち負けは難しく、大外枠では軽視せざるを得なさそうです。

ペルソナリテもやはり410キロに満たない小柄な馬体が気になりますが、小柄でもドリームジャーニーと同じように非力さを感じさせない力強い全身運動が出来るタイプで、ここまで人気を落とすのであれば一考してみても良いかもしれません。

朝日杯3着のシャドウアプローチは昨年3着のミュゼスルタンと同牝系(母母が同じマルカコマチ)で、父ジャングルポケットの母父Nureyevや、母系のディクタスから前向きな気性を受け継いでいます。パワーが優先した1400型ですが、これくらいガッチリした馬の方が3歳春のマイルGIでは好走しやすく、朝日杯から直行というローテーションも気性を考えれば悪くないのではないかと思います。

マーガレットSを制したティソーナディープインパクトの半姉でスプリンターズS4着のレディブロンドを母母に持ち、母ラドラーダも4勝を挙げオープンまで出世しました。こちらもダイワメジャーにSeeking the Goldだから1400がベスト、勝利は難しいだろうけれど好枠を活かせれば馬券圏内の可能性は十分でしょう。

サウジアラビアRCの勝ち馬で、ファルコンS2着のブレイブスマッシュはノーザンテースト4×4、ダイワメジャーヴァーミリアンらでお馴染のスカーレットインク一族で母系にRobertoも持つので非常にパワーがあるといえるでしょう。小刻みなピッチ走法で走るので道悪も巧いですが、東京だと最後は足が鈍るタイプではないかと思います。

桜花賞で苦汁を嘗めたメジャーエンブレムはHyperionとLadyJurorをベースにしたダイワスカーレットのような馬で、母母Her Ladyshipがナスキロ(NasrullahとPrincequillo)のクロスなので、ダート馬も多く輩出するスカーレットインク牝系のダイワスカーレットよりもゴツゴツした走りではなくしなやかさのあるフットワークで走る(望田先生によると、Blushing Groomの影響と考えられ、テイエムオペラオールージュバックホエールキャプチャが“しなやかに”斬れていたのと同じ原理)。クイーンCのレベル云々言われているが、血統を見ている側としては逆らいたくないほど1つ1つの血の良点が現れています。再度の内枠だがルメール騎手も同じ轍は踏まないだろうから信頼したいです。

ということで、フレンチデピュティ、ノーザンテースト持ちの中ではメジャーエンブレムシャドウアプローチを推奨したいです。


毎日杯2着のアーバンキッドは、ハーツクライ×Swain(キングジョージ連覇)という字面以上に距離適性が短めに出たのは母のRibot5×6のパワーに因る影響ないかと考えられます。将来的にジャスタウェイのように化ける可能性を秘めた馬だと思いますが、ここは好枠を活かしてどこまでやれるか。

新潟2歳Sの覇者ロードクエストは、Bold Bidder≒Secretariat4×5と父の持つナスキロ血脈をクロスしているので、中山巧者だった父とはタイプが異なり、大飛びで東京向きです。母系のRobertoやノーザンテーストの影響か、皐月賞出走馬と並べてみるとガチッとした馬体でやはり距離は2000<マイル。ここは前半の位置取りがポイントとなりそう。

ファルコンSを制したトウショウドラフタは、スイープトウショウを輩出したサマンサトウショウの牝系で、アンライバルド×ジェイドロバリーだからSadler’s Wells≒Number3×3というすごい配合。前向きな気性や道悪を苦にしないパワーはここから受け継いだと思われます。サマンサトウショウはトウショウボーイにチャイナロックだからHyperionが濃く、持続力が持ち味のHyperionは、マイルで活きることが多くある(エリモピクシーダイワメジャーなど)。ここは、ベストは1400だろうし、渋った馬場の方が良いのも確かだから勝ち切るとなると疑問符が付く。

共同通信杯2着のイモータルは、マンハッタンカフェ×Acatenangoという血統通りの中距離馬で、筋力不足でマイラーに比べると一瞬の反応が遅い。ここは潜在能力でどこまでやれるか。舞台はダービーの方が合っている。

NZTを制したダンツプリウスもブライアンズタイム産駒だからやはり東京<中山で、東京替わりでのパフォーアンスアップは考えにくく、勝ち切ることはないのではないか。

【まとめ】
再度の内枠に一抹の不安は残るも、血統をみている身としては、血統表に存在する1つ1つの血の良点が表現されているメジャーエンブレムに逆らいたくない。ロードクエストはコース、距離ともに舞台替わりは歓迎。トウショウドラフタダンツプリウスイモータルは頭までは考えにくい。穴ではシャドウアプローチティソーナ




【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。


【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2015年09月08日(火) 12:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/5〜9/6の結果(札幌2歳ステークスGIII・新潟記念GIII)
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 1

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

9月5日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳ステークスGIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】アドマイヤエイカン(5.7倍)
2着:総合ポイント【4位】◎プロフェット(3.0倍)
3着:総合ポイント【8位】クロコスミア(17.0倍)

第4グループ・総合ポイント7位のアドマイヤエイカンが1着、第3グループ・総合ポイント4位の◎プロフェットが2着、第4グループ・総合ポイント8位のクロコスミアが3着という結果でした。

私の馬券は◎プロフェットからでしたが、的中とはなりませんでした。相手を凄馬出馬表の上位馬に絞りヤマをはったのですが、今回は上手く嵌りませんでした。2歳戦で読めない所も多く難しいレースでしたが、結果的には1番人気、2番人気で決着。みなさん本当に予想上手ですね(:_;)


【馬連流し】
10-5,6,8,14

【ワイド流し】
10-5,6,8,14

【3連複】
10-5,6,8,14

計14点 払い戻し0円


続いて9月6日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念GIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○パッションダンス(9.1倍)
2着:総合ポイント【6位】マイネルミラノ(16.2倍)
3着:総合ポイント【16位】ファントムライト(47.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のパッションダンスが1着、第2グループ・総合ポイント6位のマイネルミラノが2着、第3グループ・総合ポイント16位のファントムライトが3着という結果でした。

馬券は○からの馬連的中ということで、久しぶりに当たったことは当たったのですが...。
予想編でも書いた通り、前走本命で狙ったパッションダンスを前日時点での妙味の無さに○にしての的中で何ともビミョーな結果に。(しかも、終わってみれば6番人気/単勝9.1倍って。前走より妙味出てるし(^_^;))
一方、◎アルフレードは当日の雨が誤算でした。事実、この馬が使った上がりは最速でしたが33秒9というもので、レースの上がりもラスト1F13秒0とかなり掛かっていましたね。イメージしていた32秒台の脚を使ってどうこう、というレースにならなかったのでこればかりは仕方ありません。
さて、今週からは秋競馬。こういう節目のタイミングで何とか微妙な流れを断ち切ってGIシーズンにつなげていきたいですね。

【馬連フォーメーション】

◎○=印馬
3,12=(1,11)以外(29点)払い戻し6,810円

今週も週末重賞の凄馬出馬表を開催当日14時に公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2015年09月06日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第119回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜農林水産省賞典 新潟記念 GIII
閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「新潟記念GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、パッションダンス1頭。
第2グループ(黄)は、アルフレード1頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダコールクランモンタナマイネルミラノスイートサルサの5頭で、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、1位→2位間と2位→3位間に1.0ポイント以上の開きがあり、対照的に3位以下は最大でも0.7ポイント差の拮抗状態で続く配置となっています。

まずトップのパッションダンスについて。前走小倉記念時は◎(6着)だったこの馬が、当時よりも2位に差を付けてトップ。鞍上も新潟替わりも叩き2戦目も、主だった条件は全て好転と見ていますが、前日時点では一時1番人気タイに推されるほどの人気っぷり(と言っても、6〜7倍台での1番人気争いですが......)。3連軸には最適と思いますが、今回は○評価に留めます。
という訳で、下位に差を付けた上位2頭の中から◎はアルフレードに。新潟芝では2度使われてともに上り32秒台をマークしている切れ者に、久々の勝利を期待してみたいと思います。
今回の私の馬券は、オッズも割れ加減で相手が難解なのでシンプルに◎の単&○の複でいこうと思っていますが、当コラムでは◎○を軸とした馬連で手広く勝負!としてみたいと思っています。
印としては、▲にユールシンギング、☆にマジェスティハーツとし、△にダコールクランモンタナミュゼスルタンメドウラークまでとします。


【馬連フォーメーション】

◎○=印馬
3,12=(1,11)以外(29点)

[もっと見る]

2015年09月02日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第324話新潟記念(謎解き編)
閲覧 271ビュー コメント 0 ナイス 1

第324話 「新潟記念」


10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦
11年 36.1-48.9-34.1 =1.59.1 ▼5▼3△11 瞬発戦
12年 35.8-48.7-33.1 =1.57.6 ▼8▼6△16 瞬発戦
13年 35.6-48.6-34.7 =1.58.9 ▼5▼6△17 瞬発戦
14年 35.6-47.2-35.2 =1.58.3 ▼2▼6△13 瞬発戦

近年は大荒れ傾向にあった新潟記念ですが昨年は1番→5番→3番人気で決着していて比較的固めの決着となりました。
昨年とその前で違うのはレースの上りが35秒台と遅かったこと。
これはテン〜中盤が速くなかなか厳しい展開になったのが要因で前半1000mは例年よりも1秒以上速かったです。
単純に馬の底力や能力が問われたレースになったと思われます。
今年はどういう展開になるのか?
マイネルミラノが展開の鍵を握りそうなメンバー構成。
前走2番人気で挑んだ函館記念ではハイペースで逃げて8着に沈んでいるのでもう少しゆっくり行きたいと思っているかも?
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ナリタクリスタル  【瞬7平3消1】
ナリタクリスタル  【瞬7平4消2】
トランスワープ   【瞬6平2消1】
コスモネモシン   【瞬5平3消0】
マーティンボロ   【瞬5平3消0】
2着馬
トウショウシロッコ 【瞬8平4消0】
サンライズベガ   【瞬5平5消1】
タッチミーノット  【瞬6平2消0】
エクスペディション 【瞬4平5消1】
クランモンタナ   【瞬8平4消0】

コース適性は【瞬9平1消0】なので瞬発戦実績はまず必要でしょう。
但し、ロングスパート戦になりやすいレースなので平坦戦実績もある程度必要。
【瞬9平1消0】というよりは【瞬7平3消0】ぐらいでしょうか。

このレースはサマー2000シリーズの一つのレースであり前走小倉記念、函館記念、七夕賞のいずれかだった馬の成績は4-4-4-31となっており馬券の中心はこの組でしょう。
ここでポイントになるのは前走の展開と着順です。
前走のレースが瞬発戦だった場合、4着以内だった馬が新潟記念で3勝しています。
4着以内だった馬の成績は3-0-0-6。
6〜9着だった馬の成績は0-1-2-5とまずまずなので2〜3着であれば巻き返しは可能と言えそうです。
そして前走が平坦戦or消耗戦だった場合、4着以内だった馬は新潟記念では1頭も馬券になっていません。
4着以内だった馬の成績は0-0-0-8。

つまり、前走がサマー2000シリーズだった馬はそのレースが瞬発戦だった場合着順はある程度信用出来て平坦戦か消耗戦だった場合は疑ってかかるべしということになります。
今年は小倉記念は平坦戦、函館記念は消耗戦、七夕賞は平坦戦でした。
ということはその3つのレースでほどほど(5〜9着ぐらい?)に負けている瞬発平坦タイプの馬が狙い目となりそうです。
今年のメンバーでは
アーデントアルフレード、クランモンタナ
の3頭か。
次点ではパッションダンスマイネルミラノ
の2頭。
今年は3歳馬アヴニールマルシェマジェスティハーツダコールなど前走サマー2000シリーズ以外の馬が何頭か人気になりそうで上記の馬でも勝負出来そう。

イチオシはクランモンタナ。
昨年の2着馬で適性は十分。
このレースはナリタクリスタルサンライズベガといったリピーターが出やすいレースですしディープ×トニービンという血統もここはばっちり合いそう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クランモンタナアーデントパッションダンス

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年07月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第110回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜七夕賞GIII
閲覧 207ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は福島11R「七夕賞GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、グランデッツァ1頭。
第2グループ(黄)は、アルフレード1頭。
第3グループ(薄黄)はマイネルディーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のユールシンギングクランモンタナフラアンジェリコまでの4頭で、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、1位→2位間の2.3ポイント差と、2位→3位間の1.1ポイント差が目立ち、また第3G内に1〜2枠馬が全て入っている点などが特徴として見てとれます。

今回の私の馬券構築は、○グランデッツァには一目置きつつも内枠の◎フラアンジェリコから入りたいと思います。
その◎フラアンジェリコは、マイルからの距離延長ローテと叩き3戦目でのもうひと絞り(絞れてきているかどうかは当日見てみないと分かりませんが......)が魅力。
▲は内枠勢では最もナメられているユールシンギング、☆にマイネルディーンとし、以下△にアルフレードクランモンタナメイショウナルトトウケイヘイローグランデスバルフィロパトールと印を回したいと思います。
馬券は、◎がこのまま単勝15倍を割らないようであれば単・複でもいいかなと思っていますが、当コラムでは◎からの馬連本線に◎から人気薄へはワイドも加えた買い目で勝負です。
近10年好走率4割の「前走重賞だった馬で前走比斤量1〜1.5垳此廚謀てはまるクランモンタナグランデスバルフィロパトールにヒモ穴を期待しています。


【馬連流し】

◎=印
4=1,2,3,5,8,10,11,15,16 (9点)

【ワイド流し】

◎=3,5,8,10,15,16
4=3,5,8,10,15,16 (6点)


計15点

[もっと見る]

2015年05月07日(木) 14:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第317話NHKマイルC(謎解き編)
閲覧 293ビュー コメント 0 ナイス 6

第317話 「NHKマイルC」


10年 33.4-22.9-35.1 =1.31.4 ± 0△1△4 消耗戦
11年 33.9-23.7-34.6 =1.32.2 ▼ 6△1△5 瞬発戦
12年 35.1-24.8-34.6 =1.34.5 ▼10▼3△4 瞬発戦
13年 34.4-23.4-34.9 =1.32.7 ▼ 4△3△4 平坦戦
14年 34.6-23.8-34.8 =1.33.2 ▼ 5△2△5 瞬発戦

12年はスローの瞬発戦でしたが以外の年はテン〜中盤が速く流れがち。
それでいてレースの上りが35秒を切る展開なので「速い流れでも上りが使える馬」が好走しやすいと思われます。
これはNHKマイルCに限らず府中マイルG義瓦討砲△討呂泙襪海箸任呂△蠅泙后

では過去5年の連対馬の重賞実績を見てみましょう。

ダノンシャンティ  毎日杯1着(瞬)、共同通信杯2着(瞬)
グランプリボス   NZT3着(瞬)、朝日FS1着(平)
カレンブラックヒル NZT1着(平)
マイネルホウオウ  スプリングS3着(瞬)
ミッキーアイル   アーリントンC1着(瞬)、シンザン記念1着(瞬)
2着馬
ダイワバーバリアン NZT2着(平)、朝日FS3着(瞬)
コティリオン    毎日杯2着(瞬)、ラジNIKE3着(瞬)
アルフレード    朝日FS1着(平)
インパルスヒーロー ファルコンS1着(平)
タガノブルグ    ファルコンS5着(平)、アーリントンC4着(瞬)

1着馬に関してはマイネルホウオウ以外は1600〜1800m重賞勝ちの実績がありました。
3歳のマイルチャンピオンを決めるレースだけあってそれまでに重賞を勝っているぐらいの完成度や経験は問われるということでしょう。
そもそも過去5年で前走500万下以下のクラス出走馬は3頭しかいないので重賞に勝ち負けしていなかったらゲートにも入れない可能性は高いということです。
マイネルホウオウはOPクラス勝利+重賞3着という実績しかありませんでしたがあれは柴田大Jの乾坤一擲の騎乗だったということにしておきます。
一方、2着馬になると若干ハードルは下がって1400〜1800m重賞で4着以内となっています。
結果はクビ差になったとしても1着馬と2着馬のそれまでの実績には明確な差があります。
今年の登録メンバーで重賞ウイナーは
アルビアーノ、クールホタルビグァンチャーレタガノアザガルミュゼスルタンヤマカツエースヤングマンパワー
の7頭です。

速い流れのレースになりやすいので前走は1800m以上の距離に出走していた馬の方が安定した成績を収めています。

【前走距離別成績】
今回延長 0-2-0-21 勝率0.0% 連対率 8.7% 複勝率 8.7%
同距離  4-1-1-40 勝率8.7% 連対率10.9% 複勝率13.0%
今回短縮 1-2-4-14 勝率4.8% 連対率14.3% 複勝率33.3%

近年は同距離組の馬が4勝してはいますが複勝率を見ると圧倒的に短縮組が有利となっています。
短縮組は皐月賞大敗馬が多く出走していますが実際にはそこからの巻き返しはかなり困難です。
なので短縮組で前走皐月賞以外の重賞レースだった馬と条件を絞ると
1-2-2-4 勝率11.1% 連対率33.3% 複勝率55.6%
とかなりのハイアベレージとなります。
今年の登録馬では
アルビアーノ、アンビシャスアヴニールマルシェグァンチャーレダノンメジャーミュゼスルタン
の6頭は好走率が高いといえるかもしれません。

その他では
・前走3着以内 4-4-0-35
・前走と同騎手 4-3-4-36
辺りの条件が好走しやすいでしょう。
騎手に関しては乗り替わりがない馬の方がベターですが外国人Jへの乗り替わりはマイナスにはならないかもしれません。

注目は条件もクリアしていて3連勝中のアルビアーノですが血統的にも戦績的にも13年のエーシントップに似たイメージがあってその年はマイネルホウオウが勝利で大波乱でしたが今年はどうか?
重賞勝ちではありますが牝馬限定戦も若干マイナスかもとは思います。
今年は人気的にも混戦模様。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アルビアーノアルマワイオリグァンチャーレ
アルビアーノ危ないかな?と思いましたが他のメンバーを見るとそれ以上に不安材料がありそうな馬ばかり。ここは4連勝を期待。
但し、軸はアルマワイオリかも。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルフレードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 53ビュー コメント 2 ナイス 17

写真は、湘南の烏帽子岩と「朝日」です


POG既走馬選びの参考になると思い、過去10年の新馬戦時の競馬場と距離・着順及び新馬戦から何戦目で朝日杯FSを勝ったのか調べました

西暦 
   
2007:ゴスホークケン   東京 10/14 芝1,600 1着  朝日杯FSは、3戦目

2008:セイウンワンダー  阪神  6/21 芝1,600 2着  朝日杯FSは、4戦目
     
2009:ローズキングダム  京都 10/25 芝1,800 1着  朝日杯FSは、3戦目
     
2010:グランプリボス   札幌  8/14 芝1.500 1着  朝日杯FSは、4戦目
     
2011:アルフレード    中山  9/25 芝1,600 1着 朝日杯FSは、3戦目
     
2012:ロゴタイプ     函館  6/24 芝1.200 1着  朝日杯FSは、6戦目

2013:アジアエクスプレス 東京 11/3 ダート1,400 1着 朝日杯FSは、3戦目

2014:ダノンプラチナ   札幌  9/6 芝1,500 2着  朝日杯FSは、4戦目

2015:リオンディーズ   京都 11/22 芝2,000 1着 朝日杯FSは、2戦目

2016:サトノアレス    札幌  8/14 芝1,800 2着 朝日杯FSは、3戦目
     

 
朝日杯FSの新馬戦の距離
1,200・・1頭
1,400・・1頭(ダート)
1,500・・2頭
1,600・・3頭
1,800・・2頭
2,000・・1頭

デビュー戦から朝日杯FSまでのレース数は
2戦・・1頭
3戦・・5頭
4戦・・3頭
6戦・・1頭

※これから分かった事

本番はの朝日杯FSより長い距離でデビューした馬が多い

新馬戦は全て連対したおり、、7頭が新馬戦を勝っている



★明日は「ホープフルS」を調べ日記に書きます

 馬券のエース 2017年05月04日(木) 11:06
NHKマイル≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 225ビュー コメント 2 ナイス 7

【NHKマイル】≪その2≫東京芝1600m

≪訂正≫その1の
条件に残り【クリアした項目】
・タイムトリップ
が抜けていました。

【好走条件4つ以上当て嵌まる馬】軸候補
☆アウトライアーズ≪4つ≫
☆ガンサリュート≪4つ≫
※モンドキャンノの該当が3つでした

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

≪1番人気の取捨≫
☆“嵜裕い関西馬の場合´きΝ↓´´´´Л 6-1-0-3】
☆“嵜裕い関東馬の場合キ 1-0-0-2】番人気を入れても【1-1-1-4】
1番人気が関西馬なら連対率高い。
さらに前走重賞3着以内馬なら´´´´´Л,曚棕叡
「1番人気の関東馬は来ない」データでしたが、
昨年メジャーエンブレムが打破しました(=^o^=)/
珍しい関東馬のワンツー、ですが、2頭ともに
・≪好走条件≫4つ以上
・タイム指数2位と3位
・馬指数1位と2位
でしたので、裏付けがしっかりしていれば…買えるかも!?

◆◇◆そして、1番信用できるデータは◆◇◆
【タイム指数】※数字が小さい方が良い
2016年1着メジャーエンブレム〔68.6〕
2016年2着ロードクエスト〔68.8〕
2015年1着クラリティスカイ〔69.4〕
2015年2着アルビアーノ〔69.3〕
2014年1着ミッキーアイル〔69.3〕
2014年2着タガノブルグ〔69.2〕
2013年3着フラムドグロワール〔69.3〕
2012年1着カレンブラックヒル〔69.5〕
2012年2着アルフレード〔68.5〕
2011年1着グランプリボス〔69.2〕
2011年2着コティリオン〔68.9〕
2010年1着ダノンシャンティ〔69.6〕
2010年3着リルダヴァル〔68.5〕
※毎年1.2頭は〔69.6〕未満の馬が絡んでいる(だいたい該当するのは3〜4頭)
これは土曜までお待ちくださいm(^^)m

≪穴馬条件≫
近13年で番人気以下の馬が11頭馬券に絡んでいる。
・前走重賞で5着〜9着【2-3-4-38】
・前走重賞で10着以下【1-1-5-28】
そのうち良馬場で行われた年の6頭は
◎6戦以上の経験で「3勝」以上している馬
残りの3頭は
〇前走G機併月賞・桜花賞)・弥生賞の惨敗馬
今年該当している馬は
◎オールザゴー〔絞込み該当せず〕
◎ジョーストリクトリ〔絞込み該当せず〕
◎タイムトリップ
◎ディバインコード
〇アウトライアーズ
〇ミスエルテ
〇トラスト〔絞込み該当せず〕
〇プラチナヴォイス〔絞込み該当せず〕

【見解】
2ケタ人気馬対象項目なので
◎タイムトリップ◎ディバインコードが人気薄ならおすすめ♪
絞込み該当以外ですが、ジョーストリクトリも血統面からは面白いかも!?
東京マイルで大穴単価の高い「キングヘイロー」が母父、
父はNHKマイル勝ち馬ジョーカプチーノ、この舞台でしか買えない穴馬と
いう面ではこの馬の方が妙味アリ。

まだ能力比較が難しく、荒れ傾向なのは承知だと思うが
単勝10倍以下の馬が5頭以上いる年は、5回あって人気以下が6頭絡み
2ケタ人気馬を狙う絶好のチャンス♪

今年の推定人気ではカラクレナイは関西馬だが、前走桜花賞4着で
勝つ条件には当て嵌まらない。アエロリット・アウトライアーズは関東馬で
タイム指数上位でなければ絡まない可能性も高い(1・2番人気になった場合)
軸選びは「タイム指数」を最重要項目に挙げますが、相手はなかなか絞れそうにない
メンバー。馬券の買い方が回収率を左右する1戦ですね(*^^*)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って選べるレベルへ。
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

[もっと見る]

 ウマ蔵 2017年05月03日(水) 00:17
2017年新潟大賞典予想
閲覧 119ビュー コメント 2 ナイス 12

新潟大賞典(新潟左外回り2000m)の予想を開始します。
過去を振り返ります。
福島2000m 古馬OPEN
平均タイム1.58.3
平均前3F35.7、平均後3F34.7
平均前5F59.6、平均後5F58.7

2016年 晴良 16頭
タイム1.57.8
前3F35.4、後3F34.8
前5F59.5、後5F58.3

1着5枠9番パッションダンス8歳57kg
10番人気.津村騎手.栗東.友道調教師
ノーザン生産.金子馬主
ディープ産駒.通過3-3
G3レベルでは通用.新潟巧者
前走.フェブラリーS(G1)16着 東京ダ1600m 57kg
前々走.川崎記念(G1)10着 川崎ダ2100m 57kg
2015年新潟大賞典(G3)7着56kg
2015年新潟記念(G3)1着56kg
2013年新潟大賞典(G3)1着55kg

2着2枠3番フルーキー6歳57.5kg
1番人気.藤岡佑騎手.栗東.角居調教師
ノーザン生産.金子馬主
Redoute's Choice産駒.通過8-9
G2掲示板レベル.G3もなかなか勝ちきれない
前走.中山記念(G2)4着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)1着 中山2000m 57.5kg

3着6枠12シャイニープリンス6歳56.5kg
8番人気.幸騎手.美浦.栗田調教師
キングヘイロー産駒.通過4-5
G3でもなかなかきついレベル
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 57kg
前々走.東風S(OP)4着 中山1600m 57kg

2015年 晴良 16頭
タイム1.59.6
前3F37.2、後3F33.9
前5F61.5、後5F58.1

1着3枠6番ダコール7歳57kg
5番人気.小牧騎手.栗東.中竹調教師
ディープ産駒.通過7-7
前走.福島民報杯(OP)2着 福島2000m 58kg
前々走.小倉大賞典(G3)3着 小倉1800m 57kg
2014年新潟記念(G3)12着 58kg
2013年新潟記念(G3)4着 56kg
2013年新潟大賞典(G3)3着 56kg

2着2枠4番ナカヤマナイト7歳57kg
13人気.オールプレス騎手.美浦.二宮
ステイゴールド産駒.通過6-5
前走.中山記念(G3)8着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)9着 中山2000m 57kg
2013年新潟記念(G3)5着 58kg

3着3枠5番アルフレード 6歳56kg
6番人気.津村騎手.美浦.手塚調教師
ノーザン生産.キャロット馬主
シンボリクリスエス産駒.通過14-12
前走.東京新聞杯(G3)2着 東京1600m 56kg
前々走.ニューイヤーS(OP)9着 中山1600m 57kg

2014年 晴良 16頭
タイム 1.59.2
前3F 36.4、後3F 34.1
前5F 61.1、後5F 58.1

1着5枠10番ユールシンギング4歳56kg
3番人気.吉田騎手.美浦.勢司調教師
社台生産.社台レースホース馬主
シンボリクリスエス産駒.通過13-11
前走.中日新聞杯(G3)4着 中京2000m 55kg
前々走.中山記念(G2)9着 中山1800m 57kg

2着3枠5番マジェスティハーツ4歳55kg
2番人気.森騎手.栗東.松永調教師
ハーツクライ産駒.通過7-7
前走.大阪ハンブルク(OP)2着 阪神2400m
前々走.リゲルS(OP)14着 阪神1600m

3着8枠16番レッドレイヴン4歳56.5kg
1番人気.柴山騎手.美浦.藤沢調教師
Smart Strike産駒.通過11-11
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 56kg
前々走.中日新聞杯(G3)6着 中京2000m 55kg

まとめ
・リピートレースだと思いました
・新潟巧者がよくきています
・内枠有利
・スタートからコーナーまで直線長いのでペース落ち着く
・後3F瞬発力勝負になる、速い上がりの差し馬
・前走福島民報杯、中山記念がよくきている
・ハンデ戦なので荒れる
・ディープ産駒、シンボリクリスエス産駒
・1番人気信頼性はない
・2年連続津村騎手馬券内
・年齢、斤量はあまり気にしないようにする

注目馬
・フルーキー 7歳57.5kg
リピートレース
金子馬主、ノーザン生産
和田騎手が怪しい
・シャイニープリンス 7歳56.5kg
リピートレース
前走福島民報杯
津村騎手
・サンデーウィザード 5歳55kg
前走福島民報杯
速い上がり使える
・ロンギングダンサー 8歳 54kg
福島巧者
シンボリクリスエス産駒
・×マイネルフロスト 6歳57kg
福島良績あり
さすがに厳しいか
・×トルークマクト
前走福島民報杯
さすがに厳しいか
・×トーセンレーヴ 9歳57kg
ディープ産駒
さすがに厳しいか

また枠が出たら検討したいと思います。

[もっと見る]

アルフレードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年1月18日(水) 10:49:51
12/18朝日杯FS
1着 アルフレード C.ウィリアムズ騎手
「中山のマイル戦でしたから、3番枠が当たったところでラッキーだと思いましたし、レース前にこの馬のDVDを見て素晴らしい末脚だと感じていました。この馬について松岡騎手との話をしていましたし、レースでも素晴らしい末脚を使ってくれました。距離も大丈夫だと思いますし、このまま無事に行って欲しいですね」
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年12月11日() 16:30:48
10/29きんもくせい特別
1着 アルフレード(吉田隼騎手)
「外回りコースだったので折り合いだけ注意して乗りました。調教に乗った感じで、最後は脚を使ってくれるのが分かってましたし、でも最後は馬の行く気に任せただけ。抜け出してからも余裕がありました。まだトモに緩いところがありますから、これから良化の余地は十分。今日は外回りコースで勝ったことが収穫です」
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年11月3日(木) 16:14:49
9/25新馬
1着 アルフレード 松岡正海騎手
「勝ちはしましたが、まだまだですね。課題ばかりです。能力だけで勝ったようなものですが、最後はどうかと思う位置からよく伸びてくれました。体が緩いので、最後は内にササっていました。気が入りやすい馬なので、距離はゆっくり伸ばしていった方がよさそうです」

アルフレードの写真

投稿写真はありません。

アルフレードの厩舎情報 VIP

2015年9月6日新潟記念 G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルフレードの取材メモ VIP

2015年9月6日 新潟記念 G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。