マイネルミラノ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マイネルミラノ
マイネルミラノ
写真一覧
現役 牡8 栗毛 2010年6月8日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績46戦[8-4-4-30]
総賞金24,221万円
収得賞金7,500万円
英字表記Meiner Milano
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
パールバーリー
血統 ][ 産駒 ]
Polish Precedent
Pearl Kite
兄弟 マイネルバリューマイネパール
前走 2018/01/21 アメリカジョッキーC G2
次走予定

マイネルミラノの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/21 中山 11 AJCC G2 芝2200 117977.783** 牡8 56.0 柴田大知相沢郁498(-2)2.13.7 0.436.4ダンビュライト
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1771451.21211** 牡8 57.0 柴田大知相沢郁500(+12)2.00.4 0.635.9⑨⑦セダブリランテス
17/12/02 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 127911.066** 牡7 56.0 丹内祐次相沢郁488(+2)1.59.6 1.036.2サトノクロニクル
17/11/12 福島 11 福島記念 G3 芝2000 1651016.1710** 牡7 58.0 丹内祐次相沢郁486(-8)2.00.8 0.636.2④④ウインブライト
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1751040.4104** 牡7 56.0 柴田大知相沢郁494(+14)2.14.0 0.235.0ルージュバック
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1381230.8813** 牡7 57.0 丹内祐次相沢郁480(-10)2.01.8 1.437.0サクラアンプルール
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16476.9411** 牡7 58.0 丹内祐次相沢郁490(0)2.02.3 1.137.2ルミナスウォリアー
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 181124.887** 牡7 58.0 丹内祐次相沢郁490(+6)1.46.3 0.434.8ダッシングブレイズ
17/04/16 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 1681513.271** 牡7 57.5 丹内祐次相沢郁484(-2)1.58.5 -0.135.8フェルメッツァ
17/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 112263.499** 牡7 56.0 柴田大知相沢郁486(+6)1.48.6 1.035.6ネオリアリズム
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 125620.2711** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁480(-6)1.47.9 1.335.8ルージュバック
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 185108.558** 牡6 57.5 柴田大知相沢郁486(0)1.57.9 0.434.1アデイインザライフ
16/07/17 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16367.431** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁486(-8)1.59.0 -0.335.5ケイティープライド
16/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1871316.563** 牡6 56.0 柴田大知相沢郁494(+6)1.46.6 0.434.3ルージュバック
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 163616.195** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁488(+10)1.58.5 0.735.5パッションダンス
16/04/10 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 1651011.456** 牡6 58.0 丹内祐次相沢郁478(-2)1.59.6 0.736.8シャイニープリンス
15/12/12 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 182313.168** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁480(-2)1.47.1 1.036.0フルーキー
15/11/15 福島 11 福島記念 G3 芝2000 16126.135** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁482(-4)2.03.0 0.538.0ヤマカツエース
15/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 153511.1511** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁486(0)2.13.4 1.536.4ショウナンパンドラ
15/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 183616.292** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁486(+8)1.58.2 0.034.6パッションダンス

⇒もっと見る


マイネルミラノの関連ニュース

 ★AJCC11着のゴールドアクター(美・中川、牡7)は近日中に短期放牧へ。日経賞(3月24日、中山、GII、芝2500メートル)、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)などを視野に入れる。5着トーセンビクトリー(栗・角居、牝6)は、中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)へ向かう。

 ★東海S2着コスモカナディアン(美・金成、牡5)は、フェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダ1600メートル)に登録。除外なら仁川S(同24日、阪神、OP、ダ2000メートル)へ。

 ★AJCC3着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)は、近日中に北海道のビッグレッドファーム明和で休養。産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)が秋の目標に。

 ★すばるS3着サウススターマン(栗・加用、牡7)、4着のラインシュナイダー(栗・沖、牡6)は、ともにバレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。また、東海S7着オールマンリバー(栗・五十嵐、牡6)も同レースを視野に入れる。

 ★石清水Sを勝ちオープン入りしたニシノラッシュ(栗・宮本、牡6)は、阪急杯(2月25日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ向かう。

 ★師走S10着サンライズソア(栗・河内、牡4)は、仁川Sへ参戦予定。

★ゴールドアクターの競走成績はこちら

【次は買い】AJCC3着マイネルミラノ 2018年1月22日(月) 11:08

AJCC・8番人気3着

 《レース》テンからではなく、途中からハナに立つのが最近の形。そこまで無駄な脚を使わずに縦長の展開に持ち込み、久々に見せ場を作った。

 《次走ポイント》「うまく行かせてもらえたとはいえ、まだ衰えていない」と柴田大騎手。ローカル重賞ではもちろん注目だが、後続の仕掛けが難しい2200メートルが間違いなくベストで、秋の産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII)が今から待ち遠しい。(夕刊フジ)



★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【AJCC】ダンビュ、またミルコが重賞V導いた! 2018年1月22日(月) 05:06

 第59回アメリカジョッキークラブカップ(21日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走11頭)ミルコ・デムーロ騎乗の2番人気ダンビュライトが、2番手から抜け出して重賞初制覇を飾った。タイム2分13秒3(良)。このあとは放牧に出され、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。2着は1番人気のミッキースワロー、3着は逃げたマイネルミラノ。ゴールドアクターは最下位の11着に敗れた。

 人馬ともに勢いは止まらない。準オープンの前走を快勝したダンビュライトが、連勝で初タイトルを奪取。日経新春杯に続く2週連続重賞制覇のM・デムーロ騎手も笑みがはじけた。

 「調教に乗って、すごくいい状態だと思っていた。2番手で、展開もすごく良かった。前に行くとフワッとするけど、同じペースだったので早めに動き、直線も本当にいい脚を使ってくれた」

 ダッシュ良く好位に付け、前半4ハロン過ぎに逃げたマイネルミラノに接近する。ペースは上がったが、無理には追いかけない。1000メートル通過1分1秒3のミドルペースの中、前と4馬身差。後続とは、その倍以上の差をつける絶好の展開。4コーナーで差を詰め、直線残り200メートルで競り落とす。最後は手綱を抑えて2馬身差の完勝だ。

 “仕事人”の腕がさえ渡った。日経新春杯のパフォーマプロミスと同じく、初騎乗での好リードで「すごくいい勝ち方。能力はとても高い。ぼくも頑張ります」と相棒をたたえ、自身を鼓舞する。

 「最初にハナに行きかけてアレ?と思ったけど、緩いペースをうまく追いかけた。うれしい」

 待望の初タイトルに導いた鞍上を、音無調教師も称賛。昨年は皐月賞3着など、3冠ロードで上位争いを繰り広げながら重賞に手が届かなかっただけに、喜びもひとしおだ。「今回はさらにいい状態だったからね」と地力強化を感じとる。

 今後は放牧に出て、大阪杯を目標にする。「もっと上で戦うには成長が欲しい。精神的にまだ幼いし、馬体重ももう少し増えた方がいい」とトレーナーが心身のパワーアップを望むのも期待の大きさの表れ。2012年にAJCCを制し、同年春に香港のクイーンエリザベス2世CでGI初制覇を飾った父ルーラーシップのように、ダンビュライトも大きく羽ばたこうとしている。 (千葉智春)



★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちら



ダンビュライト 父ルーラーシップ、母タンザナイト、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績11戦3勝。獲得賞金1億7347万3000円。重賞初勝利。AJCCは音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン」。

[もっと見る]

【AJCC】マイネルミラノ、逃げ粘って3着 2018年1月22日(月) 05:05

 第59回アメリカジョッキークラブカップ(21日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走11頭)8番人気の8歳馬マイネルミラノが、逃げて3着に粘った。ハナに立つまでに時間がかかったが、向こう正面でピッチを上げて後続を引き離す。残り150メートル付近で脚いろが鈍ったが、最後までしぶとく抵抗して馬券圏内を死守。「よく頑張っているし、衰えていない」と柴田大騎手は古豪の走りを評価。相沢調教師は「以前より、すぐにハナに行けないのでこのぐらいの距離はいいね」と目を細めていた。





★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【AJCC】ダンビュライトが横綱相撲で重賞初V 2018年1月21日() 15:53

 1月21日の中山11Rで行われた第59回アメリカジョッキークラブカップ(4歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、11頭立て、1着賞金=6200万円)は、2番人気ダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が初コンビのミルコ・デムーロ騎手に導かれ、2番手から抜け出す“横綱相撲”で重賞初制覇を果たした。タイムは2分13秒3(良)。2着はミッキースワロー(1番人気)で、3着はマイネルミラノ(8番人気)。



 レースはマイネルミラノがハナへ。ダンビュライトは3番手から早めに2番手へポジションを上げて逃げ馬を追い、直線で抜け出すと後続を寄せ付けなかった。後方3番手に控えたミッキースワローは3〜4コーナーでまくり、4コーナーでやや離れた3番手に浮上して脚を伸ばしたが、2馬身差の2着。マイネルミラノがさらに1/2馬身差の3着で、2015年の有馬記念勝ち馬ゴールドアクター(3番人気)は最下位の11着に終わった。

 ダンビュライトは、父ルーラーシップ、母タンザナイト、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)サンデーレーシング。通算成績は11戦3勝。重賞初制覇。AJCCは、音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。



 ◆ミルコ・デムーロ騎手「すごくいい状態と分かっていました。スタートが良かったし、2番手へ。直線でもいい脚を使いました。僕は初コンビだったけど、いい勝ち方で、能力の高い馬です」



★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アメリカジョッキークラブカップ】入線速報(中山競馬場)2018年1月21日() 15:48

中山11R・アメリカジョッキークラブカップ(1回中山7日目 中山競馬場 芝・右外2200m サラ系4歳以上オープン)は、1番手7番ダンビュライト(単勝3.9倍/2番人気)、2番手3番ミッキースワロー(単勝2.1倍/1番人気)、3番手9番マイネルミラノ(単勝77.7倍/8番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-7(4.6倍) 馬単7-3(11.2倍) 3連複3-7-9(64.4倍) 3連単7-3-9(246.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018012106010711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルミラノの関連コラム

閲覧 942ビュー コメント 0 ナイス 12



先週は、21(日)に中京競馬場でG2東海S、中山競馬場でG2AJCCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2東海Sは、1番人気のテイエムジンソクが単勝1.3倍の支持を集めゲートイン。そのテイエムジンソクが、サルサディオーネとの先手争いを制して1コーナーで先頭に立つと、その後はペースを落としてマイペースの逃げを展開。終始1馬身ほどのリードをキープし、2番手に2番人気ディアデルレイを従えて直線へ。依然手応え十分といった感じで、鞍上の古川騎手が横をちらりと確認してから追い出しを開始すると、苦しくなって後退するディアデルレイに代わって2番手には13番人気の伏兵コスモカナディアンが浮上します。後続はやや引き離され、3番手にモルトベーネが伸びてきた頃には既に大勢は決した構え。遥か前を行く2頭の争いは、テイエムジンソクコスモカナディアンを3/4馬身下し悠々と先頭で駆け抜け決着。テイエムジンソクが重賞2勝目を手にしています。2着コスモカナディアンから6馬身差の3着には、6番人気モルトベーネが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロスガダイプロほか、計6名が的中しています。
 
G2AJCCは、ダンビュライトショウナンバッハトミケンスラーヴァらが出を窺うところへ、1コーナーまでにマイネルミラノがこれを制して先頭へ。前半1000mを61.3秒(推定)のスローペースで通過すると、単独2番手ダンビュライトとなって徐々にペースアップ。3番手トミケンスラーヴァ以下は、ここから大きく離れての追走で縦長の隊列となります。マイネルミラノ先頭のまま、直後にダンビュライト、3〜4コーナーで押し上げたミッキースワローが3番手に続く形で直線に入ると、残り200mを切ってダンビュライトが先頭へ。1番人気ミッキースワローは、道中外々を回りながら押し上げたことが堪えたか、抜け出したダンビュライトとの差をなかなか縮めることが出来ず。2番手で粘り込みを図るマイネルミラノをようやく捉えられるか、といった脚色で残り100mを通過。結局、2番人気ダンビュライトが早め先頭から先頭を譲らずゴールし、重賞初制覇を飾っています。2馬身差の2着にはミッキースワローが入り、そこから1/2馬身差の3着には8番人気マイネルミラノが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ山崎エリカプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
21(日)の京都12Rで、◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)からの馬連1000円分的中で、26万5,800円払戻しのビッグヒット!20(土)にも◎プエルタデルソル(単勝32.3倍)からの馬連的中(17万6,800円払戻し)の中京6Rなどで活躍を見せた先週は、2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率320%(←トップ)、収支37万1,480円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
日曜メインはG2東海S京都11RG2AJCCと3連続的中!特に◎○▲パーフェクト的中(馬券は馬連のみ)となったG2東海Sでは、8万5,200円の払戻しを達成しています。土日2日間では、トータル回収率191%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)は、中京11Rでの▲サトノプライムルドルフィーナアガスティア的中などの活躍を披露。翌21(日)は、中京10R京都10RG2東海Sなどで好調予想を連発し、2日間ともに回収率100%超を達成しました。週末トータル成績では回収率122%を記録しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(190%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(137%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(134%)、岡村信将プロ(112%)、サラマッポプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月23日(火) 10:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/21の結果(AJCC)
閲覧 467ビュー コメント 0 ナイス 2



1月21日(日)に行われました中山11Rの「アメリカジョッキークラブカップ G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】△ダンビュライト(3.9倍)
2着:総合ポイント【6位】○ミッキースワロー(2.1倍)
3着:総合ポイント【7位】☆マイネルミラノ(77.7倍)

第2グループ・総合ポイント3位のダンビュライトが1着、第3グループ・総合ポイント6位のミッキースワローが2着、第3グループ・総合ポイント7位のマイネルミラノが3着という結果でした。


トーセンビクトリーは、前に行った2頭以外は相当なスローペースの中、あの位置取りになるとは......。展開面の読みが甘かったですね。もう一頭期待した▲ショウナンバッハも含め、4角2番手−3番手−1番手決着となるようなレースでは厳しかったですね。しかし、それを見越してかM・デムーロ。。。毎度毎度見せつけてくれますね〜。


【3複フォーメーション】
◎▲=○=印
8,11=3=1,3,5,6,7,8,9,11

計11点 払い戻し0円

[もっと見る]

2018年1月22日(月) 20:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜運用回顧〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(AJCC G2)
閲覧 652ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『AJCC G2』です。結果画像をご覧ください。





ダンビュライトの勝利は良かったのですが、2着のミッキースワローは当コラム的には評価が低く厳しかったですね〜。ワイドで3着マイネルミラノでも引っ掛けられていればまた違ったのですが、こればかりは仕方ないですね。騎手ロボの取りガミ的中のみの結果となってしまいました(+_+)





そして、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】




こちらも、今週もビッグヒット不足に悩まされてしまいました。それでも、競走馬ロボはトータル回収率90%とまずまずのところまで浮上してきましたので、今週末以降に期待したいと思います。あとは、中山から東京への開催替わりもポイントになってきそうです。



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年1月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第331回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜AJCC G2
閲覧 624ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「アメリカジョッキークラブカップ G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ゴールドアクターのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダンビュライトショウナンバッハまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンビクトリーから同差(約1馬身差)内のミッキースワローマイネルミラノまで3頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、まず1位→2位間の2.5ポイントが目立ち、その下には1ポイント程度の差が点在する配置となっています。

そんななか今回の◎はトーセンビクトリーとしました。軸としては信頼度十分だとは思う○ミッキースワローは、AJCCのレース質から考えるとアタマと言われると疑問符がつき、オッズと比較して考えた際にリスクのほうが高いのではという印象。過去10年で3回7歳馬が勝利(明け4歳馬は未勝利)しているように、冬場の中山2200mということもあってか持久戦寄りになりやすいこのレース。本命はその傾向に従って選びたいというのが今回の見立てです。◎トーセンビクトリーは、4走前(2着)、9走前(1着)が中盤から流れたレースで、そこでマークした指数が自身ベスト1、2パフォーマンスというタイプ。鞍上も期待できる男ですし、4角での手応えが抜群だった前走からの距離短縮で狙います。今年は少頭数でスローからの上り勝負となる可能性もありますが、☆マイネルミラノなどの存在からそうならず例年通りのAJCCになるとみて、小回り向きの機動力と持久戦でのパフォーマンス上昇が魅力の◎の一発を期待。
▲はショウナンバッハ。こちらも、緩んでからの瞬発力勝負よりは2年前のAJCCのように早めにペースが上がってくれたほうが着順は相対的に上がってくるとみているタイプ。今回のメンバーを見渡して、血統的にも買いたいステイゴールド産駒ですし、戸崎騎手にも期待しての3番手評価。1週前に坂路自己ベスト→全体時計は及ばないものの、終い・ラップなどトータル面ではさらに良化した印象の最終追い、と状態は申し分なし。この馬の“指定席”からの脱却にも期待したいと思っています。
マイネルミラノは、この頭数で前半からスンナリいければ3着穴なら。
そして、今回の私の馬券は◎の単複勝負になる予定ですが、当コラム買い目としては◎▲から○ラインの3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎▲=○=印
8,11=3=1,3,5,6,7,8,9,11(11点)

[もっと見る]

2018年1月10日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/6〜1/8)回収率275%のサラマッポプロを筆頭に、霧プロ、スガダイプロ、シムーンプロ含む計12名が2018年プラス発進!
閲覧 557ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3〜4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月6日() 14:00 【ウマニティ】
第326回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中山金杯 G3
閲覧 773ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさん明けましておめでとうございます!今年も当コラムを宜しくお願いいたします(^^)/

早速ですが、本日は中山11R「中山金杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析します。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ダイワキャグニーからデニムアンドルビーまでの3頭。
第2グループ(黄)は、フェルメッツァからタイセイサミットまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンマタコイヤからブラックバゴまでの6頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表全体を見渡しても1.0以上の溝がない稀に見る混戦、絞るのが大変そうです、、。

私の本命は◎ウインブライトにしたいと思います。3歳春の若竹賞、スプリングステークスを見ても明らかに中山コースだとラストの伸びが違います。皐月賞は枠順的にどうしようもなかったですし、内枠を引いた今回はかなり期待できそう。先行馬が総崩れした前走でも勝ち切るあたり、どんどん力をつけていますし、今年の活躍が楽しみです。

相手は先行馬、内枠を意識して、○セダブリランテス、▲アウトライアーズ、△ブラックバゴダイワキャグニーデニムアンドルビー、☆マイネルミラノと印を打ちます。

【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルミラノの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 6

M.デムーロ騎手と「伝説の大穴騎手」がガチ切れ抗争!? AJCC(G2)を「クソレース」にした舞台裏─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年2月2日 18時15分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5728.html

 先月21日に中山競馬場で行われたAJCC(G2)は、4歳馬のダンビュライトが優勝。クラシック3冠を3、6、5着で走り抜けた世代屈指の実力馬が、念願の重賞初タイトルを手にした。

 だがこのレース、伏兵のマイネルミラノが後続を大きく引き離して逃げ、ダンビュライトが続く縦長の展開ながら、1000m通過は61.3秒のスローペースという異様な展開だった。

 こうなると前が簡単に止まるはずもなく......レースは結局、2番手のダンビュライトがそのまま押し切り勝利。逃げたマイネルミラノも3着に粘る典型的な前残りの展開。一方、1番人気のミッキースワローは後方から早めに追い上げたものの2着確保が精一杯という、まさに極端な展開に泣いた結果だった。

 無論、中長距離のレースでは度々こういった展開の紛れが発生するが、結果的に展開に恵まれて勝った感のあるダンビュライトの本当の強さがわからず仕舞いなのは、競馬ファンにとっては不本意といるのかもしれない。一部からは重賞であるまじき「クソレース」という厳しい声もある。予定されている次走の大阪杯(G1)では、取捨の難しい1頭になりそうだ。

 ただ、今回のAJCCが"縦長スローペース"という異様な展開になったことには、1つ要因があるようだ。そのカギを握ったのが、ダンビュライトと並ぶような形で番手を追想していたトミケンスラーヴァと江田照男騎手である。

 ここまで逃げて結果を残してきたトミケンスラーヴァだったが、この日は内枠から好スタートを切ったものの、ハナを主張したマイネルミラノにあっさりと主導権を明け渡している。得意の展開に持ち込めなかった本馬は、勝負所でズルズルと後退。結局8着に惨敗してしまった。

🏇次のページ 江田騎手とデムーロ騎手が、進路取りを巡って口論に

 まだ馬に重賞で勝負できるほどの力がなかったという見方もあるが、連勝中と勢いに乗っていただけに残念な敗戦。消化不良気味の競馬となった鞍上の江田騎手には、レース後「もう少し逃げ馬にプレッシャーを掛けてほしかった」「らしくない消極的な競馬」「格下なんだから、せめて逃げろよ」などファンからも厳しいコメントが殺到した。

 確かに、これまで最低人気のダイタクヤマトでスプリンターズS(G1)を勝ったり、単勝355.7倍のテンジンショウグンで日経賞(G2)を勝利するなど、中山競馬場で数々の伝説を残してきた「大穴男」にしては、やや期待ハズレな内容。穴党としては残念な結果となったが、そこにはどうやら「事情」があったようだ。

「レース後の洗い場で江田騎手とデムーロ騎手が、進路取りを巡って口論になっていたそうです。どうやら内から江田騎手のトミケンスラーヴァが前を主張したものの、デムーロ騎手のダンビュライトが厳しく進路を締めたようで......。

結果的にマイネルミラノの楽な逃げの展開になってしまいましたが、レース後は2人で『やった』『やってない』で、しばらく一色触発だったとか......。お互い譲らず、同じレースに騎乗していた蛯名正義騎手も呆れていたそうです」(競馬記者)

 確かに改めてレースVTRを振り返ると、所々で江田騎手のトミケンスラーヴァが前に行こうとするのを、デムーロ騎手のダンビュライトが締めているようにも見える。
次のページ マイネルミラノの楽逃げを許す要因

 ただ、決して強引な騎乗ではなく、重賞レースということもあってライバルに楽な競馬をさせないデムーロ騎手が厳しめに動いた結果といえそうだ。それでプランが崩れてしまった江田騎手の気持ちもまた理解できるが......。

 ただ結果的に、それが漁夫の利を得たマイネルミラノの楽逃げを許す要因となったようだ。

 トミケンスラーヴァの次走はまだ発表されていないが、距離適性的には再びダンビュライトと顔を合わせることもありそうだ。仮に騎手がそのままなら因縁の対決もあり得る両者、今度は打って変わって意地の張り合いのようなハイペースが見られるかもしれない?

 グリーンセンスセラ 2018年1月25日(木) 23:14
競馬コラム 🐎ゴールドアクターの今後? 
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

ゴールドアクターの今後は未定。問うのは中川厩舎の”厩舎力” ──競馬HEADLINENES / 2018年1月24日 21時52分 https://keiba-headline.com/doubting-nakagawa-stables-ability-19815/

先週のAJCCで約7ヶ月ぶりの出走を果たしたゴールドアクター。グランプリホースの久しぶりの出走を楽しみにしていたファンも多くいたことだろう。

約7ヶ月ぶりの長期休み明けであったが、武豊騎手との初コンビということも期待感を醸成させ、レース当日はミッキースワロー、ダンビュライトに次ぐ3番人気に推され、「3強対決」の状況に。しかし、1,2番人気の2頭が両馬とも連対を果たす一方でゴールドアクターは11着の最下位に敗れ、人気上位の明暗がくっくりと分かれた結果となった。

レースでは好位の内目と絶好のポジションを確保し、逃げたマイネルミラノが作り出すペースも前が残れる良いペースだったにも関わらず、直線では全く加速せず見せ場なくずるずると後退していくという惨敗の内容であった。直線だけならまだしも、コーナーで後続が上がっていく中で鞍上が追うも全く追走できなかったのは気がかりだ。

レース後、敗因についてはまたお決まりの「よくわからない」というコメントが出るのかなと思っていたが、意外にも鞍上のコメントはいつもより辛口であった。コメントは以下の通り。

「残念。初めて乗ったが返し馬からあまり良くなくレースでもらしくない走り。前後の脚のバランスが悪い。深刻かもしれません。」

長年競馬をやっているファンならわかると思うが、武豊騎手からここまで辛口のコメントが出るのは珍しい。しかし、確かに素人目で見てもその走りはお世辞にも褒められた内容ではなかったし、レース前の返し馬でも後退りをするなど走るのを嫌がっているとも見て取れるような動きが見れた。

この後は大阪杯へ向かい、その後は宝塚記念へ向かう予定となっていたが、そのローテも全て白紙になった。ここまで来ると「引退」の二文字もチラついてくるが、グランプリホースのこんな末路は見たくないものだ。
中川厩舎の手腕を問う。なぜこの仕上がりで出走させたのか?

1週前の追い切りでは格下相手に遅れ、最終調教でも上がりが13.6秒。競馬新聞のトラックマンたちの多くが調教の評価を酷評していたゴールドアクター。

当日のレースを見れば素人でもひどい内容であったことがわかるし、調教の時点でも多くの関係者が酷評をしていた。それなら当然、管理する調教師の中川師だって馬の状態が良くないことだって分かっていたはずである。そんな状態でも出走させたのは一体なぜだろうか?厩舎の調教ではどうにも良くならないから、とりあえずレースを使ってみて良くなることに期待したということだろうか。だとすれば今回のような結果になって当然だったと言わざるを得ないだろう。何れにせよ、今回のレースはゴールドアクターという馬の評価以上に厩舎の評価を下げたくなるような内容であった。

昨年、ゴールドアクターの再生を託された横山典騎手は宝塚記念では2着に持ってきており、好走した要因については「伸び切った感じでフォームが崩れていた。もっと前を起こして走らないとトモが入ってこないと思っていた」とコメントし、厩務員に歩かせ方や普段の動かし方について助言していたことを明らかにした。馬の成長に大きく貢献した横山騎手の働きは評価できるが、今回の武豊騎手のコメント然り、両者とも馬の動きの悪さを指摘している点からも、厩舎側のそもそもの仕上げ方に問題があったではないかと思えてくるのは筆者だけだろうか。

7ヶ月も態勢が整わなかった点、惨敗したレース内容、鞍上の酷評を見れば、厩舎力が足りなかったからではないかと疑いたくもなる。レース前に「コンディションは良いです」とコメントした厩舎の手腕を問いたい。

[もっと見る]

 あらすぺ 2018年1月22日(月) 00:44
週末の反省 
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 6

この週末は非常に悔しい結果になりました。

敗因は2つ。
1、ギリギリで軸を変えた。
2、迷った馬を切ってしまってハズレ。

まず、土曜日の中山9レース初茜賞。
はじめ軸はハイランドピーク(1着)にしていたがリヴァルディ(4着)を軸にしてしまってハズレ。
ハイランドピークの間隔をつめての3戦目はきついと思って評価を下げてしまった。

日曜日の中山5レース。
はじめ軸はマイネルキラメキ(1着)にしていたがキルロード(10着)を軸にしてしまってハズレ。
前残りの展開を予想したつもりだったが、差し決着になった。
しかも三連複万馬券という…

中山11レースのアメリカジョッキークラブカップ。
マイネルミラノ(3着)を切ってしまった。先ほどの5レースで差し決着になったため、
逃げは厳しいと思ったが結局残ってしまった。

中山12レース。
フローレスマジックとジョンブドールとの2頭軸で馬券を組んだ。
迷ったのはヤマニンエルフィン(3着)で前走を評価したかったが、
それまでの成績と輸送を考慮して切ってしまってハズレ。

いったい何本取れたはずの馬券をふいにしてしまったことか。

教訓としては、
1、直前で軸を変えてはいけない。
2、迷ったら消すな。

これを今回の教訓として来週に活かしたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルミラノの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  mata   フォロワー:0人 2016年9月4日() 09:16:30
◎複勝

マイネルミラノの写真

マイネルミラノ
マイネルミラノ

マイネルミラノの厩舎情報 VIP

2018年1月21日アメリカジョッキーC G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルミラノの取材メモ VIP

2018年1月21日 アメリカジョッキーC G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。