マイネルミラノ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マイネルミラノ
マイネルミラノ
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2010年6月8日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績42戦[8-4-3-27]
総賞金22,610万円
収得賞金7,500万円
英字表記Meiner Milano
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
パールバーリー
血統 ][ 産駒 ]
Polish Precedent
Pearl Kite
兄弟 マイネルバリューマイネパール
前走 2017/09/24 産経賞オールカマー G2
次走予定

マイネルミラノの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1751040.4104** 牡7 56.0 柴田大知相沢郁494(+14)2.14.0 0.235.0ルージュバック
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1381230.8813** 牡7 57.0 丹内祐次相沢郁480(-10)2.01.8 1.437.0サクラアンプルール
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16476.9411** 牡7 58.0 丹内祐次相沢郁490(0)2.02.3 1.137.2ルミナスウォリアー
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 181124.887** 牡7 58.0 丹内祐次相沢郁490(+6)1.46.3 0.434.8ダッシングブレイズ
17/04/16 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 1681513.271** 牡7 57.5 丹内祐次相沢郁484(-2)1.58.5 -0.135.8フェルメッツァ
17/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 112263.499** 牡7 56.0 柴田大知相沢郁486(+6)1.48.6 1.035.6ネオリアリズム
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 125620.2711** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁480(-6)1.47.9 1.335.8ルージュバック
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 185108.558** 牡6 57.5 柴田大知相沢郁486(0)1.57.9 0.434.1アデイインザライフ
16/07/17 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16367.431** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁486(-8)1.59.0 -0.335.5ケイティープライド
16/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1871316.563** 牡6 56.0 柴田大知相沢郁494(+6)1.46.6 0.434.3ルージュバック
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 163616.195** 牡6 56.0 丹内祐次相沢郁488(+10)1.58.5 0.735.5パッションダンス
16/04/10 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 1651011.456** 牡6 58.0 丹内祐次相沢郁478(-2)1.59.6 0.736.8シャイニープリンス
15/12/12 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 182313.168** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁480(-2)1.47.1 1.036.0フルーキー
15/11/15 福島 11 福島記念 G3 芝2000 16126.135** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁482(-4)2.03.0 0.538.0ヤマカツエース
15/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 153511.1511** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁486(0)2.13.4 1.536.4ショウナンパンドラ
15/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 183616.292** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁486(+8)1.58.2 0.034.6パッションダンス
15/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 168165.828** 牡5 56.0 丹内祐次相沢郁478(+2)2.00.6 1.538.3ダービーフィズ
15/07/05 函館 11 巴賞 OP 芝1800 8113.221** 牡5 56.0 丹内祐次相沢郁476(-2)1.46.5 -0.435.5レッドレイヴン
15/05/23 東京 11 モンゴル大統 OP 芝1800 186119.054** 牡5 55.0 柴田大知相沢郁478(+2)1.45.0 0.334.6⑥⑥⑤サトノアラジン
15/04/12 福島 11 福島民報杯 OP 芝2000 15232.919** 牡5 56.0 柴田大知相沢郁476(+6)2.00.0 0.936.9マイネルフロスト

⇒もっと見る


マイネルミラノの関連ニュース

 ◆柴田大騎手(マイネルミラノ4着) 「自分の形でハナへ行って、4コーナーでは“勝つか”と思ったぐらい。最後まで集中していたし、久々にミラノらしい走りでした」

 ◆柴田善騎手(ショウナンバッハ5着) 「だいぶ体に柔らかみが出て調子がいいね。しまいも切れる脚を使ってくれた」

 ◆柴山騎手(ディサイファ6着) 「最後までやめずに頑張って走れていた。まだまだやれる」

 ◆石橋騎手(アルバート7着) 「3〜4コーナーでスピードに乗ったときのアクシデントが痛かった」

 ◆吉田隼騎手(デニムアンドルビー8着) 「前半は脚をためて、しまいの競馬。ペースが落ち着いてしまったが、着順ほどは負けていない」

 ◆田辺騎手(モンドインテロ9着) 「後ろから行くのはこの馬の競馬だが、上がっていける手応えがなかった」

 ◆内田騎手(ブラックバゴ10着) 「もう少しペースが流れてほしかった」

 ◆田中勝騎手(パリカラノテガミ11着) 「もう少し前でレースを運びたかった」

 ◆吉田豊騎手(ツクバアズマオー12着) 「もう少し伸びてほしかった」

 ◆丸田騎手(カフジプリンス13着) 「結果的に早めに動いた方がよかった」

 ◆松岡騎手(マイネルサージュ14着) 「(4コーナーの)不利がすべて」

 ◆津村騎手(グランアルマダ15着) 「ハナへ行く指示だったが、なかなか行けなかった」

 ◆大野騎手(トルークマクト16着) 「外枠で内にもぐり込めなかった」

 ◆三浦騎手(マイネルディーン17着) 「道中はいいリズムだったが、不利がすべて」



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

【オールカマー】5番人気ルージュバックが復活の重賞4勝目 2017年9月24日() 15:53

 9月24日の中山11Rで行われた第63回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、17頭立て、1着賞金=6700万円)は、北村宏司騎手騎乗の5番人気ルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が復活Vを遂げ、天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分13秒8(良)。外から急追したステファノス(1番人気)が半馬身差の2着で、さらにクビ差の3着にタンタアレグリア(3番人気)が入った。モンドインテロ(2番人気)は9着。

 マイネルミラノがレースの主導権を奪い、2番手にディサイファルージュバックはやや離れた3番手集団の内でジッと我慢した。3コーナー過ぎでマイネルミラノが動いて後続との差は4コーナーで5馬身ほど。直線、逃げ込みを図るマイネルミラノに後続が徐々に詰め寄り、インを突いたルージュバックが一気に抜け出して重賞4勝目を飾った。

 ルージュバックは、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、母の父オーサムアゲインという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は16戦6勝。重賞は2015年きさらぎ賞・GIII、16年エプソムC・GIII、毎日王冠・GIIに次いで4勝目。産経賞オールカマーは、大竹正博調教師、北村宏司騎手ともに初勝利。

 ◆北村宏司騎手「スタートがよかったので流れに乗れました。ごちゃついたところもあったけど、馬がよく伸びてくれました。初めて乗りましたが、思ったより返し馬が穏やかでした。やはり能力がありますね」



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】厩舎の話2017年9月22日(金) 05:10

 ◆カフジプリンス・矢作師 「動きに余裕があって、理想的な併せ馬ができた」

 ◆グランアルマダ・西園師 「ハナを主張してどこまで頑張るか」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「状態はいい。緩かったトモ(後肢)がしっかりしてきた」

 ◆ステファノス・藤原英師 「2週連続の芝コース追いで変化を求めた。勝ちにこだわりたい」

 ◆タンタアレグリア・国枝師 「前回に比べると物足りなく映るけど、動きも良かった。中山の芝2200メートルは勝っているし、頑張ってほしい」

 ◆ツクバアズマオー・尾形充師 「函館は道悪、札幌は消化不良の内容。中山は上手に走れているので、見せ場は作ってほしい」

 ◆ディサイファ・柴山騎手 「追い切りの動きは悪くない。気持ち良く走って、最後まで集中してくれれば…」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「トラック調教も取り入れて、ピリッとしています」

 ◆トルークマクト・尾関師 「けいこはしっかりと動けていた。徐々に良くなっている」

 ◆パリカラノテガミ・坂口助手 「状態は前走よりも上向いているので展開次第」

 ◆ブラックバゴ斎藤誠師 「時計も動きも良かった。気持ちと体がかみ合って、能力を発揮できるようになった」

 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「前走でしまいの脚が使えることがわかった。あのような形で競馬ができれば」

 ◆マイネルディーン・鹿戸師 「前回はローテもきつかった。ひと息入れて体調はいい」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「今回は斤量も56キロ(前回は57キロ)なので期待したい」



産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】東西調教ウオッチャー2017年9月22日(金) 05:05

 今週は産経賞オールカマー神戸新聞杯が対象レース。美浦からは社杯的中に力が入る東京サンスポの片岡記者、栗東からも大阪サンスポの斉藤、川端記者が参戦し、注目馬を挙げた。

 片岡 まずは社杯の産経賞オールカマーからいくで。美浦からは久々でもタンタアレグリア。Wコース3頭併せの大外から楽に体を並べてきて、しっかりと乗り込んできたぶん、動きに重苦しさはなかった。これなら力は出せそうや。マイネルミラノはWコースで単走。年齢的な衰えや疲れはなさそうに見える。1コーナーまで、どれだけ楽に、気分良く走れるかが鍵になるやろな。美浦は動きのええ馬が多くて目移りするわ。

 川端 栗東はカフジプリンスをプッシュします。坂路での併せ馬で行きっぷりが良く、しまいまで余力十分でした。前走からさらに状態が上がっていて、今回も格上挑戦ながら一発がありそうです。

 斉藤 神戸新聞杯は、マイスタイルの反応の良さが光りました。横山典騎手を背にCWコースで併せて、ラスト1ハロン11秒7の鋭い伸び。夏を越して力強さが増してきた印象です。同じくCWで併せ馬を行ったベストアプローチも、素軽さ十分。乗り込み豊富で、久々でもきっちり仕上がっています。

 川端 アドマイヤウイナーも好気配。CWでの併せ馬はしまい重点で、力強さがありました。こちらはひと叩きした強みを生かせれば、上位に食い込めそうです。





産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オールカマー】厩舎の話2017年9月21日(木) 13:52

 カフジプリンス・矢作調教師「理想的なけいこ。古馬らしくなった」

 グランアルマダ・西園調教師「これだけ動けば十分。今回もハナへ」

 ショウナンバッハ・上原調教師「トモがしっかり。展開次第で」

 ステファノス・藤原英調教師「久々の仕上げを変えた。どう出るか」

 タンタアレグリア・国枝調教師「体の迫力はもう一歩だが動きはいい」

 ツクバアズマオー・尾形充調教師「前走は消化不良。もう1列前で」

 ディサイファ・柴山騎手「他馬を気にする様子はなかった」

 デニムアンドルビー・辻野助手「仕掛けてしっかりと負荷をかけた」

 トルークマクト・尾関調教師「中山は得意ではないのでどうか」

 パリカラノテガミ・坂口助手「しっかり動けた。展開が向けば」

 ブラックバゴ・斎藤誠調教師「真面目になった。コースも合う」

 マイネルミラノ・相沢調教師「動きは変わらず。56キロは魅力だ」



★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オールカマー】マイネルミラノ、相沢師も好感2017年9月21日(木) 05:05

 復活のきっかけをつかみたいマイネルミラノは、Wコースで5ハロン68秒6、3ハロン39秒8−12秒9を馬なりでマーク。大きなストライドで気持ちよく流し、最後まで集中力を保った走りを見せた。

 「予定どおり。動きもいつもと同じで変わりないよ」と相沢調教師は気配のよさを伝える。前走の札幌記念は13着に惨敗したが、「3コーナーから動いたけどまくり切れなかった。1コーナーまでに脚を使ったのもあるかな。今回は斤量も56キロ(前回は57キロ)なのでそこに期待したい」と巻き返しを誓う。

産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルミラノの関連コラム

閲覧 557ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「産経賞オールカマー G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ステファノスのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモンドインテロまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のデニムアンドルビータンタアレグリアアルバートまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1→第2G間に2.3ポイントと目立つ開きがある以外は大きな差はない状況。頭数も揃った今回、舞台適性や展開などによっては第2G以下は額面以上に横一線の様相といった印象を個人的には抱いています。

さて、そんな今回私の本命は◎ツクバアズマオーとしました。正直、出来は良かった頃には及ばないとは思うのですが、この舞台で56キロなら激走十分とみて一発を期待しました。土曜の芝(稍重)のレースを振り返ると先週ほどではないものの引き続き上りが速く、当日良なら34秒台前半の脚が必要となりそうな状況。去年のここで上り最速をマークし3着している◎ツクバアズマオーには好都合だと思いますし(ちょっと古いですが、2歳時に距離不足だったマイル戦でも、野芝の中山開催で上り最速をマークしています)、リピーター質の高いレース(条件)ということで本命視。この時期の中山2200mでステイゴールド産駒が明らかにパフォーマンスを上げている点も追い風です。また、以前にも当コラムで書いたかもしれませんが、ハイレベル戦だったとみている今年の中山記念組で、当時人気のアンビシャスよりもさらに後方から大外を回して上がり2位の脚で0.5秒差6着した点も、この馬の中山中距離戦でのパフォーマンスに関して個人的に評価しているポイントです。この馬に合う舞台とこの時期の中山芝で、陣営も言うように前走よりもう少し前目で運ぶことが出来れば、レース後半からマイネルミラノが動き出して作る流れ次第ではアタマまで期待できるとみています。
○はステファノス。目標はやはり先(天皇賞・秋)ですし、いくら「勝ちに行く」として仕上げを変えるなどしても元来が叩き良化タイプ。相手関係は確かに楽で地力上位とくれば外せない印象ですが、それでもアタマとなるとどうでしょうか。
以下、▲パリカラノテガミ、☆ルージュバックあたりを上位評価し、今回の私の馬券はおそらく◎の単複になると思いますが当コラムでは、◎○からの3複で勝負とします。


【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,16=1,2,4,6,9,10,12,14,15(9点)

計9点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年9月18日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年09月18日号】特選重賞データ分析編(65)〜2017年産経賞オールカマー〜
閲覧 2,318ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞オールカマー 2017年09月24日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2011年以降)】
○26戦以下 [6-6-6-33](複勝率35.3%)
×27戦以上 [0-0-0-35](複勝率0.0%)

 産経賞オールカマーはフレッシュな馬を重視したいレース。馬齢が7歳以上だった馬は2011年以降[0-0-1-21](複勝率4.5%)ですし、出走時点でキャリア27戦以上だった馬はすべて4着以下に敗れていました。また、後述するように前走との間隔が詰まっている馬も不振。該当馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ステファノスタンタアレグリアモンドインテロ
主な「×」該当馬→ツクバアズマオーディサイファマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中6週以上」だった馬は2011年以降[6-6-5-41](複勝率29.3%)
主な該当馬→ステファノスタンタアレグリア

[もっと見る]

2017年8月24日(木) 18:35 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/19〜8/20)KOMプロが安定感抜群の予想披露!的中率39%・回収率160%をマーク!
閲覧 646ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、20(日)に札幌競馬場でG2札幌記念が、小倉競馬場でG3テレビ西日本賞北九州記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2札幌記念ロードヴァンドールが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手につけていたマイネルミラノ、外3番手のエアスピネルロードヴァンドールに並びかけて3頭が抜け出す形。外からはヤマカツエースサクラアンプルールあたりもまくり気味に前との差を詰めてきます。残り2000mを通過、ここでエンジンかかったサクラアンプルールがあっという間に前を行く各馬を捉えて先頭!ゴール前、ナリタハリケーンの猛追に合いますが、クビ差しのぎ切って待望の重賞制覇を飾りました!2着にナリタハリケーン、そこから1馬身半差の3着にヤマカツエースが入っています。
 
公認プロ予想家では“帰ってきた”凄馬勝子プロセイリュウ1号プロくりーくプロが的中しています。
 
 
G3テレビ西日本賞北九州記念アクティブミノルが逃げて直線コースへ。逃げるアクティブミノルのリードは半馬身、その直後2番手から並びかけるのがダイアナヘイロー、後続からはアルティマブラッドラインスピリットオウノミチナリタスターワンらが差なく追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでアクティブミノルダイアナヘイローの2頭がやや抜けての叩き合い、3番手にはナリタスターワンが単独で浮上します!残り100m、ここでアクティブミノルが一杯になるとダイアナヘイローがそのまま抜け出して先頭!ゴール前、急追するナリタスターワンを抑えて重賞初制覇を飾りました。3/4差の2着にナリタスターワン、そこから半馬身差の3着にラインスピリットが入っています。
 
公認プロ予想家でははははふほほほプロサラマッポプロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆注目プロ →KOMプロ
勝負レースに指定した19(土)小倉9Rで『近走、着順ほど負けていないし、負けた理由が明確。力は互角以上』と狙った◎ダイメイプリンセスの単勝18.5倍、馬連21倍、3連複55.9倍を本線的中!7万9220円を払い戻しました!この他にも新潟12R、20(日)新潟12Rの勝負レースなど的中ラッシュ!週末トータル回収率160%、収支プラス21万4440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに指定した20(日)小倉11RTV西日本北九州記念G3で『前走は末は伸びたが位置取りが悪くなってしまったのが敗因。中間は坂路で軽快に動いて調子は良い。発馬を決めて5〜7番手あたりで流れに乗りたい。一発あるならこの馬。』と狙った◎ラインスピリットの複勝15.6倍を8000円的中させ、12万4800円を払い戻しました!この他にも19(土)新潟4R小倉1Rなど高額払い戻しを達成!週末トータル回収率118%、収支プラス13万4180円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
19(土)小倉4Rで○△◎の印で3連複123.4倍を800円、3連単1093.2倍を100円的中させ、20万8040円を払い戻しました!週末トータル回収率147%、収支プラス19万1530円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
19(土)小倉1Rで単勝11.9倍の◎ニシノダンテを1着に固定した3連単927.9倍を500円的中させ、46万3950円を払い戻しました!翌日の札幌8Rでも◎メイズオブオナーの単勝33.3倍を1万円的中させ、33万3000円の払い戻し!週末トータル回収率124%、収支プラス17万5550円をマークしています。
 
この他にもマカロニスタンダーズプロ(138%)、山崎エリカプロ(130%)、岡村信将プロ(123%)、シムーンプロ(117%)、くりーくプロ(111%)、サラマッポプロ(105%)、イータン育成プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月22日(火) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』8/20の結果(札幌記念)
閲覧 386ビュー コメント 0 ナイス 1

8月20日(日)に行われました札幌11Rの「札幌記念 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【12位】サクラアンプルール(19.9倍)
2着:総合ポイント【8位】ナリタハリケーン(68.1倍)
3着:総合ポイント【1位】○ヤマカツエース(2.7倍)

第4グループ・総合ポイント12位のサクラアンプルールが1着、第3グループ・総合ポイント8位のナリタハリケーンが2着、第1グループ・総合ポイント1位のヤマカツエースが3着という結果でした。

期待した◎ロードヴァンドールは積極的に逃げてくれましたが、マイネルミラノエアスピネルが思った以上に早めの進出で厳しい結果となりました(+_+)展開の読みが外れてしまったので致し方ないところです。結果的に内で脚を溜めた2頭のワンツーでしたね。しかしナリタハリケーンはビックリしました( ゚Д゚)


【単勝】
4

【馬連】
3-4

【3連複流し】
3

4

1,5,6,7,8,9,11,12,13

計11点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年8月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第288回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜札幌記念 G2
閲覧 527ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌記念 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ヤマカツエースエアスピネルの2頭。
第2グループ(黄)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアングライフェンまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、マウントロブソンから同差内のロードヴァンドールまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

札幌の芝は今週からCコース変わり。土曜日のレースを見ていても内を通った馬の活躍が目立ちましたし、このトラックバイアスが重要な予想のポイントと見ました。

私の本命は◎ロードヴァンドールにしたいと思います。同脚質のマイネルミラノは近走、行き脚の鈍さが目につきますし、外枠を引きましたので競りかけてくる展開にはならなそうです。その他に前めの競馬をしてくる馬はいなそうですので展開的にかなり恵まれると見ました。初のブリンカー着用で強気な逃げを期待します!

対抗は完全に本格化した○ヤマカツエース。内枠を引きましたし、このメンバーでは能力は1枚上の存在。今回は2頭で決め打ちしたいと思います。

【単勝】
4

【馬連】
3-4

【3連複流し】
3

4

1,5,6,7,8,9,11,12,13

計11点

[もっと見る]

マイネルミラノの口コミ


口コミ一覧

はい、ぼうず(´・ω・`)

 まっちゃんGT7 2017年9月24日() 23:18

閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 4

今日は何ヶ月ぶりに1日競馬でした。

でしたが…う〜ん…ダメ!(笑)
最終終わったあと2時間ぐらいふて寝してました(笑)

勘が鈍ってるんかな〜…いや待て、そもそも実力なかったね…(´・ω・`)



マイネルミラノ…惜しかったな〜(´;ω;`)
ホント坂登るまではいい夢見れましたよ!

これがあるから穴狙いはやめられません。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 浪花のクマ 2017年9月24日() 22:26
オールカマー/神戸新聞杯・予想結果 
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 8


オールカマー・単勝、馬連的中!


オールカマー・・内で脚を溜め直線で鮮やかに
抜け出したルージュバック、北村宏Jの鞭に
反応してゴール・・お見事でした!

神戸新聞杯・・ダービー馬は強かったですね・・
馬券は・・絵に描いたような縦目・・


中山 第63回 オールカマー(GII)
1 ◎ ルージュバック
2 ○ ステファノス
3 △ タンタアレグリア
4 △ マイネルミラノ

阪神 第65回 神戸新聞杯(GII)
1 ▲ レイデオロ
2 ○ キセキ
3 △ サトノアーサー
4 ◎ ダンビュライト

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年9月24日() 22:07
神戸新聞杯・オールカマー・芙蓉S・ききょうSの感想の巻
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 3

それでは、時系列に沿って感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ききょうSの結果☆
1着タワーオブロンドン
2着バーニングペスカ
3着イイコトズクシ

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 2(アイアンクロー)を買いましたがハズレ・・・。
終わってみれば、単勝1.8倍のタワーオブロンドンがオッズに見合うような格の違う勝ちっぷりでした。

ひとことメモ
1着タワーオブロンドン
上がりのかかる持久力勝負の流れを後方でじっくり構えてたんで展開は向きましたが、そういう問題じゃないぐらい能力差があったかな。
Raven's Pass産駒ってどんな馬多いのかサンプル少なすぎてよくわかりませんが今後の活躍に期待したいです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆芙蓉Sの結果☆
1着サンリヴァル
2着ファストアプローチ
3着スターフィールド

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 6(ファストアプローチ)を買いましたがハズレ・・・。
過去の傾向から持久力やスタミナが問われると思ったんですけど・・・
13.0 - 11.7 - 13.3 - 12.4 - 13.5 - 12.9 - 12.5 - 11.7 - 11.1 - 11.5
こんな緩い流れからの瞬発力勝負になっちゃったんで持久力やスタミナは必要なかったですね〜。

ひとことメモ
1着サンリヴァル
このレースはルーラーシップ産駒が相性いいんですけど、今年の1着馬サンリヴァルもルーラーシップ産駒でしたね〜。
2番手追走からメンバー中最速タイの上がり3F34.1で2着に0.2差をつけて1着なんで。次走も引き続き楽しみです。

2着ファストアプローチ
2着にはきてるんですけど、パワーや持久力勝負で持ち味活きそうなタイプなんで、Sペースからの瞬発力勝負の展開に付き合っちゃうと持ち味活かしにくかったかも?

4着トゥザフロンティア
今日のレースはスタミナとか全然要求されてないんで、ロードカナロア産駒だから2000mは長かったとかそういう問題じゃない気がします。
今日みたいな極端な流れの場合、じっくり溜めて切れ味で勝負するよりも前めで器用に立ち回る競馬の方が合ってるかもしれません。


--------------------------------------------------------------------------------

☆神戸新聞杯の結果☆
1着レイデオロ
2着キセキ
3着サトノアーサー

収支は+10800Pでした。
宣言通り、馬連 5−8を買ったら、馬連4.6倍が当たったおかげで、この時点で今週の黒字収支が確定してホッとしました。
1・2・3番人気馬が1・2・3着という順当すぎる結果でしたが、菊花賞トライアルなのに1・2着馬は菊花賞に参戦せず。
今年の菊花賞は大荒れ模様になりそうな香りがしてきました。

ひとことメモ
1着レイデオロ
楽な流れを好位からの競馬で上がり3F34.1で2着に2馬身差の完勝。
ダービー以来の休み明け、初の関西遠征など関係なく横綱相撲で完勝でした。
次走はJCということですが、今年のダービー馬なんで東京2400mの舞台なら上位争いしてほしいです。

2着キセキ
レイデオロには完敗でしたが、狭いとこから抜けてきてメンバー中最速の上がり3F33.9で2着確保。
菊花賞に行かないらしいですが、2400mから距離伸びるより短くなった方がいい馬と思うんで、自分にあった適距離で頑張ってほしいです。

3着サトノアーサー
この馬は菊花賞行くみたいですが、休み明けで+14kgとはいえ、このペースで1着馬には離されて後ろの馬に差されてるようでは・・・。
ディープインパクト産駒なんで2400mからさらに距離伸びていいとも思えないし・・・3000mは厳しいかも?


--------------------------------------------------------------------------------

☆オールカマーの結果☆
1着ルージュバック
2着ステファノス
3着タンタアレグリア

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 14(モンドインテロ)を買いましたがハズレ・・・。
1000m通過が1.03.1というSペースだったし、逃げて4着のマイネルミラノは途中からペース上げて少々の持久力勝負に持ち込んだけど、2番手以降の馬達はマイネルミラノのペースに付き合わずに瞬発力勝負してるという競馬で過去の傾向とはレース展開が全然違ってましたね〜。

ひとことメモ
1着ルージュバック
緩い流れを好位のインでロスなく立ち回って、上がり3F33.9で最内から差し切り勝ち。
着外が続いてたとはいえ、キタサンブラックやモーリスという牡馬のトップクラス相手に戦ってきてた馬だけあって力のあるところを見せてくれましたが、テン乗りなのに上手に乗ってくれた北村宏の貢献度もかなりあったと思います。

2着ステファノス
勝ち切れない面はありますけど、2000m前後での瞬発力勝負は得意だけあって安定して走ってきますね〜。

3着タンタアレグリア
スタミナ・持久力が武器だと思うんで、持ち味活かせない今日の流れで3着きたのは驚きました。
休み明けでも馬体絞れてたしけっこう仕上がってたのかな?

4着マイネルミラノ
最後は上がり3F33秒台で追ってきた馬達に先着されちゃいましたがかなり見せ場作って頑張ってました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
神戸新聞杯 キセキ・・・2着

ちょっと窮屈なポジションでしたが、抜けてきてくれました。
このメンバー相手でも十分足りると思ってたけど、2着にきてくれてホッとしました。

投資2300Pが2900Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
来週の日曜日は、
スプリンターズS
凱旋門賞
と、日本・フランスでGIありますね〜。

ここから有馬記念までほんとあっという間ですが、GIシーズンがいよいよ始まると思うと、ワクワクします!!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルミラノの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  mata   フォロワー:0人 2016年9月4日() 09:16:30
◎複勝

マイネルミラノの写真

マイネルミラノ
マイネルミラノ

マイネルミラノの厩舎情報 VIP

2017年9月24日産経賞オールカマー G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルミラノの取材メモ VIP

2017年8月20日 札幌記念 G2 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。