レアリスタ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レアリスタ
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月23日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[5-0-1-4]
総賞金6,966万円
収得賞金2,100万円
英字表記Realista
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
トキオリアリティー
血統 ][ 産駒 ]
Meadowlake
What a Reality
兄弟 リアルインパクトアイルラヴァゲイン
前走 2017/11/25 キャピタルステークス OP
次走予定

レアリスタの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/25 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 187135.633** 牡5 56.0 R.ムーア堀宣行484(-6)1.33.0 0.433.7⑪⑪ダイワキャグニー
17/04/22 東京 10 府中S 1600万下 芝2000 118111.811** 牡5 57.0 C.ルメー堀宣行490(+16)1.59.2 -0.034.3⑥⑥⑥ヴォージュ
16/12/25 阪神 11 カウントDS 1600万下 芝2000 168164.0214** 牡4 57.5 川田将雅堀宣行474(0)2.03.9 1.237.4⑦⑧⑤④クインズミラーグロ
16/05/21 東京 11 メイS OP 芝1800 156111.914** 牡4 55.0 福永祐一堀宣行474(-4)1.46.1 0.333.5⑩⑪⑫ロジチャリス
16/04/24 東京 9 府中S 1600万下 芝2000 186123.421** 牡4 57.0 川田将雅堀宣行478(0)1.59.3 -0.334.6⑩⑨⑩レッドルーファス
16/01/09 中山 10 迎春S 1600万下 芝2200 14332.8211** 牡4 56.0 F.ベリー堀宣行478(-2)2.15.6 1.035.1⑤⑤④ヤマニンボワラクテ
15/11/29 東京 9 オリエンタル 1000万下 芝2000 12682.811** 牡3 55.0 R.ムーア堀宣行480(+4)1.59.8 -0.034.6⑧⑥⑥ポトマックリバー
15/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16355.0216** 牡3 54.0 福永祐一堀宣行476(-6)1.48.7 2.336.8⑤⑧⑧⑩アンビシャス
15/06/14 東京 8 3歳以上500万下 芝1800 14222.111** 牡3 54.0 福永祐一堀宣行482(-10)1.49.4 -0.033.5スパーブデイ
15/05/17 東京 5 3歳未勝利 芝2000 13561.611** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行492(--)2.01.3 -0.133.4⑧⑧⑦マコトギンスバーグ

レアリスタの関連ニュース

 キャピタルステークス(25日、東京11R、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金2300万円=出走18頭)横山典弘騎乗の1番人気ダイワキャグニー(美・菊沢、牡3、父キングカメハメハ)が好位から抜け出し、外から並びかけるサトノアレスをクビ差退けてV。1分32秒6(良)。通算7戦4勝でオープンは2勝目。

 ◆菊沢師(ダイワキャグニー1着) 「抜け出すとフワフワしたので、いい併せ馬になった。初のマイル戦も思った以上に器用に立ち回りましたね」

 ◆ルメール騎手(サトノアレス2着) 「残り150メートルでは勝ったと思ったけど、相手がしぶとかった」

 ◆ムーア騎手(レアリスタ3着) 「直線でスペースに入っていくスピードがなくて、内に切り替える場面があった」

★25日東京11R「キャピタルS」の着順&払戻金はこちら

【キャピタルステークス】入線速報(東京競馬場)2017年11月25日() 15:27

東京11R・キャピタルステークス(5回東京7日目 東京競馬場 芝・左1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手4番ダイワキャグニー(単勝3.7倍/1番人気)、2番手2番サトノアレス(単勝4.3倍/2番人気)、3番手13番レアリスタ(単勝5.6倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-4(9.3倍) 馬単4-2(15.4倍) 3連複2-4-13(24.3倍) 3連単4-2-13(91.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017112505050711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【東西現場記者走る】アルバート、戸崎で一発ある! 2016年12月23日(金) 05:04

 1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探る連載企画『東西現場記者走る』。有馬記念を担当する大阪サンスポの川端亮平記者(33)は5日目、前夜の枠順抽選会を経て美浦トレセンに移動し、アルバートの追い切りをチェックした。Wコースでの3頭併せで遅れたが、陣営は心配無用を強調。昨年(11着)より余裕のあるローテーションに加え、戸崎騎手の手綱で一発があるかもしれない。

 密着5日目の朝は、美浦トレセンで迎えた。調教スタンドに向かう道中は薄い霧がかかっていたので、栗東が濃霧に包まれた前日の嫌な記憶がよみがえったが、コースがはっきりと見えたのでひと安心だ。

 お目当てのアルバートは、午前10時11分にWコースに登場。3頭併せの真ん中で、1馬身先行したブライトバローズ(1000万下)を追ってスタートした。序盤は軽快に運んだが、直線で馬体を併せてからの反応がひと息。内からレアリスタ(1600万下)にかわされて軽くうながされるも差は詰まらず、ブライトに1馬身、レアリスタに半馬身遅れでフィニッシュした。5ハロン68秒1−12秒7と時計は悪くないが、印象は良くない。

 昨年も木曜追いをチェックし、躍動感あふれる走りと好枠(〔3〕枠(6)番)で評価を上げて▲を打った。だが、1年前と比べれば物足りなさが残る最終デモ。何かあったのかなあ…と思いながら、堀厩舎に向かった。

 橋本助手は「前走(ステイヤーズS1着)から(中2週)間隔が詰まっているのでサッと。馬なり以上はやるつもりはなかったので、遅れたのは心配ないと思います」と説明。さらに「昨年はコンスタントに使っていましたが、今年は長期休養明けからまだ3戦目でフレッシュな状態。いい形でいけると思います」と、昨年以上の好気配を強調。レースを見据えた仕上げを施したと考えれば、簡単に“消す”ことはできそうにない。

 水曜の枠順抽選会後に直撃した戸崎騎手も「切れ味勝負というタイプじゃないので、このコースはベスト。昨年より上にいける力はある」と力が入っていた。さらに、1勝差でリーディングトップを走るルメール騎手ともがっちり握手。「『金、土と頑張って!!』と言われましたよ。日曜までは阪神と中山で別ですからね。気にしていた時期もあったけど、今はそこを抜けて平常心で臨めます」と言い切った。吹っ切れた表情は頼もしかった。

 アルバートに関しては、自分と陣営の感触のズレをどうさばくか。もう一日、美浦に腰を据えて考えたい。 (川端亮平)

有馬記念の枠順はこちら

東西現場記者走る

 一昨年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者たちが、トレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日。有馬記念は通常より1日多く、7日間にわたってお届けする。

[もっと見る]

【メイS】2番人気ロジチャリス、鮮やか差し切りV2016年5月22日() 05:04

 メイステークス(21日、東京11R、4歳上オープン(混)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金2400万円 =出走15頭)ハンデ55キロ、2番人気のロジチャリス(美・国枝、牡4、父ダイワメジャー)が、好位の外めから力強い末脚を発揮し、1600万下特別→オープン特別と連勝を飾った。通算12戦5勝で、タイム1分45秒8(良)。今後はエプソムC(6月12日、東京、GIII、芝1800メートル)などが視野に入る。1馬身1/4差の2着は10番人気ゼロス。単勝1・9倍の1番人気レアリスタは追い込み届かず4着に敗れた。

 ◆戸崎騎手(ロジチャリス1着) 「前に壁をつくりたかったので外枠((14)番)がどうかと思ったが、しまいまでしっかり脚を使ってくれた」

 ◆三浦騎手(ゼロス2着) 「落ち着きがあったし、いい位置でリズム良く走れた」

 ◆大野騎手(ミュゼゴースト3着) 「最後の1ハロンでもうひと踏ん張りしてくれた」

 ◆福永騎手(レアリスタ4着) 「いい脚を使ってくれたが…。少しポジションを下げすぎたかもしれない」

[もっと見る]

【フローラS】シークザフューチャ、アクション上々 2016年4月21日(木) 11:43

 新馬戦を最速の上がり3Fで完勝したシークザフューチャは、美浦Wコースで古馬準OPレアリスタに突つかれる流れ。そのプレッシャーに耐え切り、互角の動きで併入した。調教では派手さを見せないタイプだけに、上々のアクションといっていい。

 「(デビュー戦は)実戦に行っていいところを見せてくれた。前走後も順調だし、1勝馬同士なら差はないはず」と橋本助手。

(夕刊フジ

サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【ラジNIK賞】2番人気レアリスタ、見せ場なく16着2015年7月6日(月) 05:06

 第64回ラジオNIKKEI賞(5日、福島11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金3700万円=出走16頭)2戦2勝で2番人気に推されたレアリスタは、見せ場らしい見せ場もなく16着に大敗した。向こう正面ではちょうど真ん中の位置で目立った不利もなかったが、勝負どころでペースが速くなるとズルズルと後退。直線で追われてからの反応もひと息で、しんがり負けを喫した。「少し硬さはあったが動けると思っていた。ただ、3コーナー過ぎで急に手応えが悪くなった」と表情を曇らせた福永騎手。JRA史上4人目となる全10場重賞制覇の記録もお預けとなった。

★5日福島11R「ラジオNIKKEI賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

レアリスタの関連コラム

閲覧 1,482ビュー コメント 0 ナイス 7



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年11月25日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の馬体重別成績(2012年以降)】
●490毀に [0-1-3-42](複勝率8.7%)
●490坩幣 [5-4-2-28](複勝率28.2%)
→馬格のある馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が490坩幣紊覆里サトノアレスダノンプラチナダノンリバティマイネルホウオウレアリスタロジチャリスの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
東京芝1600m×マツリダゴッホ×前走4着以下
→複勝率8.7%、複勝回収率35%


▼2017年11月25日(土) 京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【出走数別成績(2014年以降)】
●2戦以内 [1-3-3-8](複勝率46.7%)
●3戦以上 [2-0-0-13](複勝率13.3%)
→キャリア2戦以内の馬が中心。また、前走の着順が3着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-8](複勝率0.0%)と苦戦しています。ちなみに、オープン特別として施行されていた2013年以前の京都2歳ステークスも傾向はほぼ同様でした。


▼2017年11月26日(日) 京都11R オータムリーフステークス
【“同年、かつ中京か京都か阪神か小倉のレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-2-3-8](複勝率50.0%)
●なし [0-1-0-25](複勝率3.8%)
→京都ダ1400mで施行されていた2015年以前を含め、同年にJRA、かつ中京以西の競馬場で施行されたレースを勝ち切っていない馬は不振。また、前走が“中京か京都か阪神か小倉のレース”ではなかった馬も2014年以降[0-0-0-19](複勝率0.0%)と上位争いに食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年5月23日(月) 19:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/21〜5/22)KOM育成プロが勝負レースで的中ラッシュ!
閲覧 898ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、22(日)に東京競馬場でG1オークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1オークスの1番人気はシンハライトで2.0倍、2番人気がチェッキーノ4.0倍と2頭だけが10倍を切り、オッズ的にはいわゆる2強となりました。
 
注目のスタートはダイワドレッサーがやや遅れましたが、各馬まずまずといったところ、中から好スタートを決めたダンツペンダントが先頭で第1コーナーに入っていきます。先頭はダンツペンダントでリードは1馬身、2番手にエンジェルフェイス、続いてゲッカコウロッテンマイヤーフロムマイハートウインファビラスビッシュアウェイクと追走して先行集団を形成。中団からはレッドアヴァンセアットザシーサイドペプチドサプルデンコウアンジュチェッキーノが追走。後方からはダイワドレッサーフロンテアクイーンシンハライトジェラシーと続いて最後方にアドマイヤリードの態勢。前半の1000m通過は59秒8(参考)の平均ペース、各馬じっくりと折り合いに専念して直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はダンツペンダントでリードは半馬身、直後にエンジェルフェイス、続いてロッテンマイヤーウインファビラス、まくり気味に進出したビッシュと前を追います。人気のシンハライトチェッキーノは後方から直線勝負。
 
残り300m、ここでダンツペンダントに代わって、エンジェルフェイスが先頭に立つと、ビッシュが単独2番手に浮上し、内外2頭が抜け出して叩き合い!残り200mを通過、ここでエンジェルフェイスは一杯、代わって先頭に躍り出たビッシュが粘り込みを図るところを内からフロンテアクイーン、馬群の中から1番人気シンハライト、外からチェッキーノが一気の脚で追い込んできます。
 
残り100m、ビッシュは末脚がやや鈍り後退するとシンハライトチェッキーノの2頭が併せ馬の形で激しい叩き合い!ゴール前までしっかり伸びきったシンハライトチェッキーノの追撃を抑え込んでG1初制覇を飾りました!勝ちタイムは2分25秒0(良)。クビ差の2着にチェッキーノ、そこから半馬身差の3着にビッシュが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロら10名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOM育成プロ
土日あわせて4つの勝負レースを見事的中させたKOM育成プロ。22(日)東京3Rで『馬体、脚元、走法からダート向き。気性が若いので外枠もプラス。』と本命に抜擢した◎ケイブルグラムの単勝、3連複を的中させ、6万2900円を払い戻し!新潟12Rでは『前走はカラ馬に絡まれた。前々走は強い競馬をしている。』と◎ソルプレーサの単勝、3連単を的中させ、4万5280円を払い戻しました!この他にも的中を連発させ、週末トータル回収率167%、収支プラス29万7800円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
21(土)東京11Rで『レアリスタの素質は認めますが、末脚が不発しても不思議ありません。超高速馬場で前が容易には止まらない東京ならば先行粘り込みが十分期待できる』とコメントし、◎ロジチャリスと△ゼロスとの馬連128.7倍を1500円的中させ、19万3050円を払い戻しました!週末トータル回収率372%、収支プラス16万3450円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
22(日)東京12Rで『4歳以上のレースに限ると、外寄りの枠に入った馬が劣勢。』と本命に抜擢した◎エルマンボダノンバトゥーラセイカフォルテの3連複404.3倍を400円的中させ、16万1720円を払い戻しました!週末トータル回収率283%、収支プラス14万7080円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
22(日)東京12Rで単勝4.6倍の◎エルマンボから3連単1着固定で勝負!3着に単勝75.0倍の大穴△セイカフォルテが入り、77万150円を払い戻しました!!週末トータル回収率155%、収支プラス40万650円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2015年6月30日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年06月30日号
閲覧 301ビュー コメント 0 ナイス 3

▼2015年07月05日(日) 函館11R 巴賞
【血統別成績(2010年以降)】
●父か母の父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-5-5-25](複勝率37.5%)
●父も母の父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-1-21](複勝率4.5%)
→父や母の父にサンデーサイレンス系種牡馬を持たない馬は人気を裏切りがち。一方、父か母の父がサンデーサイレンス系種牡馬、かつ馬齢が5歳以下だった馬は2010年以降[4-3-4-7](複勝率61.1%)と堅実です。

▼2015年07月05日(日) 中京11R CBC賞
【前走が平地競走だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2010年以降)】
●6番手以内 [5-4-5-29](複勝率32.6%)
●7番手以下 [0-1-0-36](複勝率2.7%)
→差し馬向きの展開になりやすいコースですが、このレースは先行力の高い馬が優勢。なお、前走が平地競走、かつ前走の4コーナー通過順が6番手以内だった馬のうち、前走がJRAのG気G兇世辰診呂2010年以降[4-2-2-5](複勝率61.5%)、前走が芝1400m以上のレースだった馬は2010年以降[3-3-3-8](複勝率52.9%)と、それぞれ安定していました。

▼2015年07月05日(日) 福島11R ラジオNIKKEI賞
【JRA、かつ芝1800m、かつ4コーナーを2番手以下で通過したレースにおける連対経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [4-3-3-22](複勝率31.3%)
●なし [0-1-1-27](複勝率6.9%)
→距離適性を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝1800mのレースにおいて連対経験があるのは、アクセラレートグランアルマダストーンウェアストリートキャップブランドベルグマイネルシュバリエムーンクレストレアリスタロジチャリスの9頭です。なお、以上の馬はいずれも当該レースの4コーナーを2番手以下で通過しています。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月5日には監修を務めた人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

レアリスタの口コミ


口コミ一覧
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 1

☆ジャパンカップの結果☆
1着シュヴァルグラン
2着レイデオロ
3着キタサンブラック

収支は−6000Pでした。
宣言通り、単勝 8・11(ソウルスターリング、マカヒキ)、ワイド 1−8・11を買いましたがハズレ・・・。
ソウルスターリング、マカヒキ、シュヴァルグランの3頭に印つけて、
3頭のうち唯一単勝を買わなかったシュヴァルグランに勝たれるとか、ハズレの中でもかなり恥ずかしい部類のハズレっぷりをお見せしてしまいましたね(笑)

勝ち時計 2.23.7
13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0
1000m通過 1.00.2 (レースの上がり3F35.1)
地力上位のキタサンブラックが息の入らない流れで逃げたんで、強い馬じゃないと上位にこれない本物の2400mのGIレースになりましたね〜。
GIはその距離で1番強い馬を決める最高峰のレースなんで、引き締まった流れの中で強い馬達によるハイレベルな力比べが見たいと思ってるんで、今日は大満足でした。

出走馬達へのコメント
1着シュヴァルグラン
極悪馬場の天皇賞秋に出てなかったことや、京都大賞典からの休み明け2走目で状態面もかなり良かったのかもしれませんが、ついにGI勝ちましたね〜。
1枠1番を活かして、好位のインでロスなく立ち回って、直線もしっかり伸びて0.2差つけての1着なんでボウマンの騎乗もかなり良かったと思います。
こういう器用な競馬ができれば有馬記念でも引き続き楽しみですが、次は誰が乗るのかな?

2着レイデオロ
「今年の3歳牡馬のトップ層は近年まれにみる低レベル」と、何度もこのブログで書いてきたんで、3歳牡馬がJC・有馬記念のどちらかを勝ったら全力で謝罪しようと思ってるんですが・・・。
勝てなかったとはいえ、この本物のGIの流れの中でキタサンブラックに先着して2着なら、謝罪が必要なレベルな気もします。
神戸新聞杯からの休み明け2走目でしたが、シュヴァルグランと同じく天皇賞秋に出てなくてゆったりしたローテで休み明け2走目なのもよかったのかも。
古馬相手にこれだけやれたら今後も十分に楽しみですね。

3着キタサンブラック
息の入らない流れで逃げて、後続の目標にされながらも0.2差3着に踏ん張ってるんで、負けたけど十分に強いと言える競馬でした。
大阪杯、天皇賞春、宝塚記念、天皇賞秋、JCと古馬王道路線のGIフル参戦して(3.0.1.1)の安定した成績もすごいし、極悪馬場の天皇賞秋出走馬の中では最先着してるのも立派すぎます。
とうとうラスト1戦の有馬記念だけになっちゃいましたが、そこでも安定して強い競馬を見せてほしいです。

4着マカヒキ
3着馬から4馬身(0.7差)も離されてるし、バテた馬を抜いていったら4着まで詰めれたって感じなんで、着順ほどの評価はできませんけど・・・。
この馬は本質的に1600m〜2000mぐらいがベストで2400mは展開が緩まないと距離長いかな〜って思う馬なんで、今日みたいな本当の2400mのGIで4着まできたのは、この馬的にはかなり頑張ってると思います。

5着アイダホ
2分23秒台の勝ち時計が出る高速馬場は外国馬には辛すぎたと思いますけど、掲示板圏内まできてるんでこの馬的には十分頑張りました。

7着ソウルスターリング
この展開だと距離長いのか、
そもそも古馬相手では力不足なのか、
毎日王冠から中2週で極悪馬場の天皇賞秋からの中3週で状態面が下降してたのか、
敗因はわかりませんが、この馬にはまだまだ期待してるんで、来年はこの秋3戦の8・6・7着を巻き返すような活躍を期待したいです。

10着サトノクラウン
パワー・スタミナ・持久力の能力が突出してる馬なんで、2分23秒台という軽快さが要求される馬場状態は辛かったかな〜。
例えていうと、食べるのに時間のかかる硬い肉の大食いは大得意ですけど、飲み込んでも食べれるようなカレーの大食いは苦手って感じです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆京都2歳Sの結果☆
1着グレイル
2着タイムフライヤー
3着ケイティクレバー

収支は−3000Pでした。
宣言通り、馬連 2−8を買いましたがハズレ・・・。
タイムフライヤーが2着でも、スラッシュメタルがブービーの8着、1着馬ノーマークじゃどうやってもハズレですね。

勝ち時計 2.01.6
12.6-11.5-12.6-12.4-12.6-13.0-12.3-11.6-11.3-11.7
1000m通過 1.01.7 (レースの上がり3F34.6)
この流れなんでもっと混戦になるのかな?と思ったけど、1・2着馬と3着以降の馬では差がありましたね。

出走馬達へのコメント
1着グレイル
3番手追走から抜け出して勝ったかなという競馬をしたタイムフライヤーをメンバー中最速の上がり3Fで差し切りましたね〜。
現時点でどれぐらい強いかはよくわからないですが、新馬戦から2戦2勝の無敗馬なんで、今後どこまで強くなっていくか楽しみです。

2着タイムフライヤー
抜け出した時は、これは勝ったな!っていう雰囲気でしたが、最後の最後で差し切られちゃいました。
負けたとはいえ1着馬とはアタマ差やし、3着馬には2馬身半差つけて先着してるし、OPや重賞でも安定して走ってるんで今後も期待したいです。




--------------------------------------------------------------------------------

☆キャピタルSの結果☆
1着ダイワキャグニー
2着サトノアレス
3着レアリスタ

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 10(ダノンプラチナ) を買いましたがハズレ・・・。
1着馬の横にいて、展開考えたらいいポジションやな〜と思ってたんですけど、直線思ったほど伸びませんでしたね〜。

勝ち時計 1.32.6
12.4-11.2-11.6-11.7-11.5-11.3-11.4-11.5
1000m通過 58.4 (レースの上がり3F34.2)
速い上がりの決着で先行勢が余力たっぷりだったのもあってか、窮屈なポジションで進路がなく追い出すまでにロスあって脚を余し気味だった馬達もいましたね。

出走馬達へのコメント
1着ダイワキャグニー
前めで競馬して瞬発力勝負が得意という馬ですが、長所をバッチリ活かせる流れになりましたね〜。
最後はかなり追い詰められたけど、よく踏ん張りました。
初めての1600mでしたが、1800m前後が得意な馬なんで全然問題なさそうです。

2着サトノアレス
窮屈なポジションにいて消化不良な部分もあったかもですが、メンバー中最速の上がり3Fで際どい2着まで詰めてきてたんで今後もマイル路線で頑張ってほしいです。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
ジャパンカップ シュヴァルグラン・・・1着

3着以内ならけっこうチャンスあるぞ!と思って指名したんですが、
予想を上回る走りで勝っちゃいましたね〜。

投資1000Pが1900Pに増えました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。



--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
せっかくツイッターをやってるので、
1日1つか2つぐらいは、なにかつぶやけたらいいな〜と思います。

土・日なんかは、当日のオッズ見た反応とか書いていけたらな〜と思います。

 馬券のAエース 2017年11月24日(金) 20:07
【土曜の格上馬】+京都2歳S 
閲覧 206ビュー コメント 0 ナイス 7

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
高倉 稜≪騎手≫〔現在199勝〕
R・ムーア≪騎手≫〔現在99勝〕
牧田 和弥≪調教師≫〔現在99勝〕
栗田 徹≪調教師≫〔現在99勝〕
近藤 利一≪馬主≫〔現在699勝〕

///////////////

【土曜の格上馬】
京都2R…エルティグレ
東京2R…ブショウ
京都3R…キャッチミーアップ
京都4R…インスピレーション
京都12R…ブランドベルグ

【厩舎&騎手】高確率メソッド

東京1R:◆レピアーウィット ムーア&堀〔複勝率〕50.5%
東京2R:◆ムールヴェードル ルメ&手塚〔複勝率〕51.6%
東京5R:◆アルーシャ ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京7R:◆キングオブアームズ ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京7R:◆ハイドロフォイル 戸崎&友道〔複勝率〕47.8%
東京8R:◆ストロボスコープ ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京8R:◆ディアドナテロ 戸崎&池上〔複勝率〕54.2%
東京8R:◆フォギーナイト ムーア&堀〔複勝率〕50.5%
東京10R:◆レッドゲルニカ ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京11R:◆サトノアレス ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京11R:◆レアリスタ ムーア&堀〔複勝率〕50.5%
東京12R:◆アルミレーナ ルメ&国枝〔複勝率〕64.5%
東京12R:◆ディメンシオン 戸崎&藤原〔複勝率〕45.5%
京都3R:◆エイカイマドンナ 福永&藤原〔複勝率〕51.1%
京都3R:◆エイシンテースティ デム&野中〔複勝率〕45.2%
京都8R:◆ユイフィーユ 武&池江〔複勝率〕47.4%
京都9R:◆サトノシャーク 川田&池江〔複勝率〕48.4%
京都9R:◆ショパン デム&角居〔複勝率〕54.8%
京都12R:◆ロライマ デム&松田〔複勝率〕59.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【京都2歳S】京都2000m

≪馬指数≫※2歳戦ナシ
≪上げ幅≫
1位:〔9〕Ε哀譽ぅ
2位:〔8〕.吋ぅ謄クレバー ▲織ぅ爛侫薀ぅ筺
4位:〔5〕マイハートビート Д轡好拭璽侫薀奪

≪タイム指数≫
1位:〔70.5〕ぅ▲ぅ函璽
2位:〔71.0〕▲織ぅ爛侫薀ぅ筺次
3位:〔71.1〕.吋ぅ謄クレバー

≪LAP一致度≫
・▲織ぅ爛侫薀ぅ筺次 Ν┘好薀奪轡絅瓮織

※≪攻略ポイント≫はナシ
全項目に名前の入る▲織ぅ爛侫薀ぅ筺爾之そうですね
1番人気は【4-2-3-1】
相手をかなり絞らなきゃ(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今週はノーザンファームだけで、土22頭・日19頭の出走!
明日は複勝率40%を超える【厩舎&騎手】高確率メソッドだけで12頭
一方社台ファームは土21頭中、【厩舎&騎手】高確率メソッドは5頭だけ
年末に向けてのノーザン量産体制に入りましたw
ムーアは通算100勝のメモリアルも目前♪
ルメ&藤沢、ムーア&堀の黄金タッグがどれだけ占めるか?ですね(^o^;)
いや、配当上げるには逆らった方がイイのか?(笑)(。・`ω・。)

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年4月24日(月) 20:08
馬券メモ(2017/4/22・23)&ブリーズアップセール注目馬
閲覧 154ビュー コメント 2 ナイス 10

明日、中山競馬場で2歳のブリーズアップセールが開催されます。

今年のブリーズアップセールには71頭が出てくるのですが、
僕が馬主だったら競り落としたい!と考えている注目馬をここでご紹介したいと思います。

17番・イシュタルキャスト2015(父・ロードカナロア)
19番・サワヤカブラン2015(父・ルーラーシップ)
41番・ジーントウショウ2015(父・ヨハネスブルグ)
58番・アンキャニー2015(父・ロードカナロア)
72番・ダイワスプレンダー2015(父・パイロ)

馬体写真と動画を見た結果、以上の5頭を推す事にしました。

上の5頭は来季のPOG候補でもあるので、
どの馬主がいくらで落札するのか、というところにしっかりと注目していきたいです。

それでは、先週の本命馬を回顧をどうぞ。


【3回京都1日】

■7R ナリタエイト 5人気6着

中団やや前めで脚を溜めていましたが、内からジワジワ伸びたところで入線。
今回は相手も悪かったようですし、調子自体もまだ本物じゃないようですね。

■8R アテンフェスタ 8人気8着

スムーズに先行しているように見えたんですが、直線でバッタリ。
まだまだクラス慣れが必要です。

■9R ビービーブレスユー 8人気5着

外枠から精一杯の競馬をしてくれたと思います。
現級でもハンデ戦ならそこそこ戦えそう。

■10R ディバインコード 1人気1着

控える競馬でしっかりと勝ち切ってくれました。
これまでと比べると相手がかなり弱くなっていたので、勝ってもらわなきゃ困るぐらいの存在でした。

■11R オーヴィレール 1人気1着

開幕週の割にはそこまで時計が速くなく、
1分8秒台の決着になった事が最大の勝因だと思います。

■12R キングライオン 1人気9着

展開が向かなかった、といえばそれまでなんですけど、ここまで負けるとは思ってませんでした。
過剰人気の馬に手を出してしまいましたね…。


【2回東京1日】

■7R レレマーマ 1人気1着

逃げる競馬になるとは思ってなかったんですけど、強かったです。

■8R サノノカガヤキ 7人気15着

押せども押せども前に進出せず、結局シンガリ負け。
こういうムラのある馬の扱いはもっと慎重にしなければいけませんね。

■9R サトノルーラー 2人気7着

追い切りでレレマーマをあおったようですが、サッパリ。
展開不向きな中でも良い脚を使っていれば次にメドが立つんですけどね…。

■10R レアリスタ 1人気1着

相手云々ではなく、レースで折り合いがつくのかどうか、というタイプなので、
しっかりと折り合いがついた時点で勝ち確でした。

■11R ベストマッチョ 1人気7着

砂を被る競馬になって、ずっと走りづらそうにしていました。
次は降級戦になるでしょうから、降級したら実力上位だと思います。

■12R レインボーラヴラヴ 5人気10着

もう中央場所じゃ通用しないのでしょうか。
思い切った戦法で勝負してほしかった、という思いもありますが、完敗でした。


【1回福島5日】

■7R ベストプレディクト 4人気10着

前走3着の内容を評価したんですけど、
勝負どころでのペースアップに全く対応できませんでした。

■8R メイショウボノム 1人気1着

マイページで逃げてしまえばこっちのものです。
1000mだと忙しい、1200mだと長い、というタイプなので、1150mはピッタリでした。

■9R ダブルフラワー 4人気5着

前走みたいな控える競馬をしてほしかったんですが、今回は道中でマクる競馬に。
タイトな競馬でも5着に入っているので力はあると思うんですけど、上手く噛み合いません。

■10R ミスドバウィ 2人気1着

初の1200mだったので、速い流れに対応できない事だけが心配でしたが、問題なかったです。
内枠を引いて、楽にハナを奪えたのも良かったです。

■11R(福島牝馬S)ウキヨノカゼ 3人気1着

やや促しながらの追走で、ゴール板手前で一気に差し切りました。
相手が抜けて馬券は外しましたけど、馬は精一杯の走りをしてくれました。

■12R ショートストーリー 2人気2着

好位で控える競馬で結果が出たのは良かったです。
でも、トップハンデ馬の単勝買いは大失敗でした。


【3回京都2日】

■7R ラバニーユ 3人気1着

鮮やかなイン突きで見事1着。
でも、今回はハマった勝利ですので、昇級するとさすがに厳しいと思います。

■8R トウカイエクレール 2人気1着

出入りの激しい競馬になりましたが、武豊騎手が冷静に騎乗していました。
次は降級戦になりそうですし、連勝も期待できる器だと思います。

■9R アドマイヤロブソン 1人気1着

まだまだこれからの馬ですけど、
良化途上の中できっちり勝ち切るのはさすがです。

■10R ドラゴンバローズ 1人気7着

スタートの出遅れが響きましたが、
長めの距離のレースでずっと外々を回る形になってしまうと脚を失くすのは必然ですよね…。

■11R(マイラーズC)ダッシングブレイズ 6人気8着

上位馬が上がり3ハロン32秒台の末脚を繰り出す展開に全く対応できませんでした。
マル外の馬に高速馬場で好走しろ、というのは無理な話ですから、予想が外れるのも当然だと思います。

■12R キロハナ 1人気1着

ペースが速くなって、レース運びがしやすい展開になったのも良かったと思います。
条件戦を走ってるうちは上位争いしてくれるでしょう。

【2回東京2日】

■7R フィスキオ 11人気8着

ちょっとペースは速かったように見えましたが、
残り400mでは勝ち切りそうな雰囲気でしたし、展開が噛み合えば現級でも上位争いできそう。

■8R ロンバルディア 3人気3着

差し馬向きの流れになっての3着でしたから、
今回は相手が悪かったです。

■9R コスモナインボール 4人気4着

平均ペースから早めに動いて粘り込む、という理想的な競馬をしてくれました。
直線でヨレまくっていたので、まだ調子自体は上がってきていないようです。

■10R シュテルングランツ 1人気8着

1600万下では全然勝負にならなかった馬でしたけど、
55kgなら何とかなる、と考えて◎にしましたが、やはり1600万下の壁は厚かったです。

■11R(フローラS)キャナルストリート 8人気12着

レース運びは申し分なかったと思います。単純に力が足りなかったですね。
瞬発力勝負でも苦しいようなので、もっと上がりが掛かる馬場状態ならないと厳しいタイプのようです。

■12R クラシコ 1人気3着

自己ベストの時計で走っての3着でしたから、相手が悪かったとしか言いようがありません。
もっと上位2頭の実力を評価すべきでした。


【1回福島6日】

■7R ミュゼリバイアサン 1人気3着

マイペースで逃げてくれましたが、今回も最後の最後で後続に差されてしまいました。
いつも堅実に走ってくれるんですけどね…。

■8R ローザルージュ 10人気13着

スタートで出遅れて後方からの競馬に。
結果的には差し馬が上位に来ているので、後方で脚を溜めていたらどうなっていたか…
と思ってしまいますけど、出遅れを挽回しようとする騎手の心理も理解しなければいけません。

■9R サルドナ 1人気6着

相手なりにしか走れないタイプなのは承知しているのですが、
今回のメンバーなら2着以内に入っても…と考えてしまいました。

■10R コティニャック 1人気5着

直線入り口での手応えが抜群で突き抜けそうな雰囲気だったんですけどね…。
いくら実績上位でも10ヶ月の休み明け初戦に◎というのは無謀でした。

■11R ワンダフルラッシュ 4人気12着

直線平坦コースの福島は合うと思っていましたが、
肝心のスタートで出遅れてしまってはどうしようもありません。

■12R レッドカイザー 5人気5着

今開催の秋山騎手は道中でマクる競馬をしていたので、
今回もマクる競馬を期待して狙ってみましたが、5着に入るのがやっとでした。


京都と東京の開催がスタートしたものの、
なかなか上手くいきませんね…。

福島牝馬Sのウキヨノカゼは単勝勝負が正しかったんですけど、
追い込み一手の馬を単勝で買って良い思いをした記憶があまりないので、
単勝勝負に踏み切る事ができなかったです。

本命馬の好走率もイマイチですし、
我慢の日々が続きそうですが、我慢する中で風向きが良くなるきっかけを掴めれば、と思っています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レアリスタの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レアリスタの写真

レアリスタ

レアリスタの厩舎情報 VIP

2017年11月25日キャピタルステークス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レアリスタの取材メモ VIP

2017年11月25日 キャピタルステークス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。