注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

レイデオロ(競走馬)

注目ホース
レイデオロ
レイデオロ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年2月5日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[3-0-0-0]
総賞金8,477万円
収得賞金4,250万円
英字表記Rey de Oro
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ラドラーダ
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
レディブロンド
兄弟 ティソーナ
前走 2016/12/25 ホープフルステークス G2
次走予定 2017/4/16 皐月賞 G1

レイデオロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/25 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 14221.511** 牡2 55.0 C.ルメー藤沢和雄476(0)2.01.3 -0.235.7⑫⑫⑪⑧マイネルスフェーン
16/12/03 中山 9 葉牡丹賞 500万下 芝2000 128111.711** 牡2 55.0 C.ルメー藤沢和雄476(0)2.01.0 -0.234.7⑨⑪⑪⑩コマノインパルス
16/10/09 東京 5 2歳新馬 芝2000 16111.711** 牡2 55.0 C.ルメー藤沢和雄476(--)2.04.3 -0.234.6④⑤ポールヴァンドル

レイデオロの関連ニュース

 フジテレビ賞スプリングSの追い切りが16日、東西のトレセンで行われた。昨年の2歳王者サトノアレスはWコースの3頭併せで、鋭い伸びを披露。今年初戦に向けて順調な仕上がりをアピールした。

 わずかに剣を抜いた。昨年の2歳王者サトノアレスが、Wコースの3頭併せで鋭く併入。3歳の初戦に向けて、静かに態勢を整えた。仕上がりの良さに、藤沢和調教師も笑みを浮かべる。

 「ゴール前で並べる程度。早く抜け出すとすぐ出ちゃうからね。馬場が重くてモタモタしたところはあるけど、先週やっているし、あれでいい」

 1、2馬身間隔の縦列で外ダノンゴールド(OP)、中シャドウチェイサー(1600万下)に続く最後方を折り合いよく運ぶ。直線でシャドウが前に並びかける中、残り1ハロン過ぎまで追いつく気配はなかったが、仕掛けられると鋭く伸びて馬体を併せた。さすがの好反応で5ハロン67秒7、3ハロン38秒2−12秒5。前日の重馬場から稍重に回復したとはいえ、力の要る馬場状態を思えばタイムも上々だ。

 昨年は未勝利−ベゴニア賞−朝日杯FSと一気に3連勝。父ディープインパクト譲りの末脚でGI勝ちを収めた。その後はトレセン近くのミホ分場で英気を養い、2月2日に帰厩。「いい休養になったね。乗り込み量は十分。馬体は大きくなって、迫力が出てきた」。全体的なスケールもアップしている。

 近2走は広いコースのマイルだったが、3連勝の皮切りとなった3走前は今回と同じ中山芝1800メートル。「折り合えばいい脚を使うし、上手に立ち回れる馬だからね」とトレーナーは愛馬のセンスを信頼。初コンビの戸崎騎手も1週前追い切りでコンタクトを取り感触を確認。自慢の決め手を発揮する準備は整っている。

 クラシックに向けて藤沢和調教師は「まずはスプリングSを勝ってから」といいつつ「でもやっぱり3冠馬だよね、狙うのは。打倒レイデオロだよ」。無傷の3連勝でホープフルSを制したクラシックの有力候補の僚馬を引き合いに出すあたりが期待の表れ。まずは始動戦で、ポテンシャルの高さを再認識させる。 (千葉智春)

★フジテレビ賞スプリングSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【3歳次走報】レイデオロ、皐月賞を目標に調整2017年03月15日(水) 05:00

 ★デビュー3連勝でホープフルSを制したレイデオロ(美・藤沢和、牡)は14日に放牧先から帰厩。予定通り皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)を目標に調整される。

 ★京成杯2着ガンサリュート(栗・安田隆、牡)、昇竜Sを逃げ切ったテイエムヒッタマゲ(栗・福島、牡)は毎日杯(25日、阪神、GIII、芝1800メートル)に出走する。

 ★昇竜S2着グッドヒューマー(美・高橋裕、牡)は端午S(4月30日、京都、OP、ダ1400メートル)を視野に。8着レヴァンテライオン(栗・矢作、牡)はひと息入れ、函館スプリントS(6月18日、函館、GIII、芝1200メートル)を視野に調整する。

 ★アネモネS2着ディアドラ(栗・橋田、牝)は桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。7着ショーウェイ(栗・斉藤崇、牝)も同レースに登録する。

[もっと見る]

レイデオロは皐月直行 藤沢和師「来週中に帰厩」2017年03月08日(水) 04:01

 デビュー3連勝でホープフルSを制したレイデオロ(美・藤沢和、牡3)は皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する予定。現在は福島・ノーザンファーム天栄に放牧中で、藤沢和調教師は「来週中に帰厩させる。しっかり乗り込んでいきたい」と説明した。

 同厩舎で昨年の2歳王者サトノアレス(牡3)は、フジテレビ賞スプリングS(19日、中山、GII、芝1800メートル)へ向けて調整は順調。8日の1週前追い切りで新コンビとなる戸崎騎手が騎乗する。

レイデオロの競走成績はこちら★サトノアレスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】コマノインパルス、主役張るっす! 2017年02月28日(火) 05:04

 いよいよ明日から3月。クラシックの蹄音が間近に迫ってきた。今週は東西で注目のトライアルが行われる。中山の日曜メインは弥生賞(GII、芝2000メートル)。関東の期待を背負って出陣するのは、京成杯を制したコマノインパルスだ。中山で抜群の成績を残す田辺騎手とのコンビで重賞連勝を果たし、牡馬クラシックの主役の座を狙う。

 関東の主役として、トライアルに堂々と出陣だ。京成杯を制したコマノインパルスが、皐月賞と同じ舞台で重賞連勝を狙う。

 「トモ(後肢)に丸みが出てきて、状態は良さそう。前走よりさらに充実していると思います」

 順調にパワーアップする愛馬に、菊川調教師は頼もしげに笑みを浮かべる。デビューから一貫して芝2000メートルのレースに出走してきた。東京でデビュー戦を快勝。2戦目こそ、3戦無敗でダービーの有力候補ともいわれるレイデオロの2着に敗れたが、前走の京成杯は格上挑戦ながら1番人気に支持され、重賞初制覇を飾った。

 「前走後に疲れがなかったので、弥生賞の出走を決めました。皐月賞に向けて、順調に使えるにこしたことはないですね」。トレーナーが思い描いた通りの臨戦過程で、クラシック制覇を強く意識する。

 現3歳世代で芝重賞を勝った関東の牡馬は他に3頭(サトノアレスレイデオロブレスジャーニー)いるが、トライアルの王道といえる弥生賞へ順調に参戦できそうなのはコマノインパルスしかいない。東のエース格と言ってもいい存在だ。

 22日に行われた1週前追い切りは、美浦Wコースで田辺騎手が騎乗して一杯に追われ、5ハロン65秒4−12秒5をマーク。ジョッキーは「まだ動きはモコモコしていたけど、来週がありますからね。前回(の追い切り)はカリカリしていたので、気持ちが落ち着いているのはいいと思います」と、デビューから全3戦でコンビを組む相棒の成長を感じている。

 田辺騎手は年明けから関東リーディングを快走し、関東の開催が中山に替わった先週も土日で5勝。人馬ともに好調で、ムードは高まるばかりだ。その名の通り衝撃的な走りを見せ、本番にはずみをつける。

★菊川師も中山は“庭”

 新馬戦からコマノインパルスとコンビを組んでいる田辺騎手は、今年23勝で関東リーディングの首位。先週も5勝を挙げるなど、特に中山での活躍が目立つ。今年の中山騎乗実績は【16・7・5・42】で、勝率22・9%というハイアベレージだ。また、コマノインパルスを管理する菊川調教師もJRA通算222勝のうち中山で最多の54勝をマークしており、重賞3勝のうち2勝が中山。人馬とも“コース巧者”といえる。

展望

 3連勝中のブレスジャーニーは回避の公算が大きく、例年にない混戦ムード。実績では重賞勝ちのあるコマノインパルスカデナがリードしているが、断然という存在感はない。新馬−セントポーリア賞を強い内容で連勝したダイワキャグニーホープフルS3着ながら兄に2頭のGI馬をもつグローブシアターも素質では互角かそれ以上という印象だ。きさらぎ賞3着で地力を見せたダンビュライト、新馬勝ちの内容が光るサトノマックス、自在性のあるマイスタイルなどにも注意を払いたい。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】レース展望 2017年02月27日(月) 18:04

 中山2週目の日曜メインは弥生賞(3月5日、GII、芝2000メートル)。1〜3着馬に皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられるトライアルレースだ。過去10年の優勝馬に2009年ロジユニヴァース(ダービー)、10年ヴィクトワールピサ皐月賞)、16年マカヒキ(ダービー)とクラシックホースが名を連ねるように、春のクラシックの行方を左右する重要な一戦。今年も将来性豊かな3歳馬が、皐月賞と同じ舞台で熱戦を繰り広げる。

 コマノインパルス(美浦・菊川正達厩舎、牡)が重賞連勝で、皐月賞へ弾みをつける。東京でデビュー戦を勝ち、続く500万下・葉牡丹賞では、直後にホープフルSを勝つレイデオロから0秒2差の2着。前走の京成杯は3、4コーナーで大外を回りながらも力強く伸びて重賞初制覇を飾った。これまでの3戦は、いずれも芝2000メートルで、近2走は今回と本番と同じ中山。距離、舞台適性、実績はメンバー中一番だ。死角らしい死角は見当たらない。

 前走の京都2歳Sで重賞初勝利をマークしたカデナ(栗東・中竹和也厩舎、牡)も、Vは譲れない。ここまで4戦し、【2・2・0・0】の好成績。敗れた2戦も、新馬戦がタイム差なし、3戦目の500万下・百日草特別が0秒1差の接戦だった。上がり3ハロンは、4戦すべてメンバー最速で、末脚の切れ味は父ディープインパクト譲り。初の中山コースが鍵だが、関東圏への輸送は前々走で経験しており、素質の高さで克服する可能性は十分ある。

 2戦2勝のダイワキャグニー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)は無傷の3連勝を狙う。前走の500万下・セントポーリア賞は、直後に共同通信杯で2着に入ったエトルディーニュに2馬身差をつける完勝だった。デビュー2戦はともに東京芝1800メートルだったが、好位につけられる先行力は中山向き。重賞ウイナー2頭より前めの位置取りで勝機をうかがう。

 グローブシアター(栗東・角居勝彦厩舎、牡)の母は、オークス、アメリカンオークスを制したシーザリオ菊花賞ジャパンCを勝ったエピファネイアの半弟で、朝日杯フューチュリティSの勝ち馬リオンディーズの全弟にあたり、血統的スケールは3歳屈指の存在といえる。新馬勝ち後の前走のホープフルSは0秒4差の3着。勝ったレイデオロには突き放されたが、デビュー2戦目だったことを考れば、上々の内容だった。パワータイプだった兄2頭は折り合いに苦労していたが、430キロ台で小柄なこの馬は乗り手に従順。良血の成長力で、前記の3頭と渡り合う。

 サウジアラビアロイヤルC2着、きさらぎ賞3着の実績を持つダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は、“3度目の正直”で重賞取りに挑む。「アメリカズカップと遜色ない力はある」と音無調教師が同厩のきさらぎ賞優勝馬と同等の評価をしている素質馬。半兄ラブラドライトは長距離戦で活躍するステイヤーだけに、血統面から距離延長はプラスに出そうだ。

 キャリア1戦のサトノマックス(美浦・堀宣行厩舎、牡)は父がディープインパクトで、母ラシャルマンテがアルゼンチンの重賞5勝を誇る良血馬。デビュー戦は東京のマイル戦で1分37秒3の勝ち時計は平凡だったが、テン良し、中良し、しまい良しのレース内容で、センスの高さを見せた。当時騎乗したクリストフ・ルメール騎手は「2000メートルぐらいがベストかもしれない」と話しており、今回はさらにパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。堀厩舎は京都記念サトノクラウン)、ダイヤモンドSアルバート)、中山記念ネオリアリズム)と3週連続で重賞を勝っており、勝てば史上初の4週連続重賞Vとなる。

 サトノマックスと同じ堀厩舎に所属し、京成杯で6着ながらコマノインパルスから0秒3差の勝負をしているバリングラ(牡)、京都2歳Sカデナから0秒4差の3着があるベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)も上位を狙える力がある。ノーリーズンカレンブラックヒルメイショウマンボと後のGIホースが勝っているこぶし賞を制覇したマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡)も相手なりに走るタイプで、目が離せない。

 なお、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sを連勝しているブレスジャーニー(美浦・本間忍厩舎、牡)は、回避の公算が大きい。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

レイデオロ、皐月賞直行か 復帰に向け調整中2017年02月03日(金) 05:04

 3戦全勝でGIIホープフルSを制したレイデオロ(美・藤沢和、牡3)は、皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する可能性が出てきた。同馬が所属するキャロットクラブのホームページが更新され、調整状況から当初予定していた弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)には間に合わないものの、中山芝2000メートルを2度経験しているため無理に前哨戦を使う必要はない、という方針が明らかにされている。同馬は現在、福島県のノーザンファーム天栄で調整中。復帰に向けて徐々にピッチを上げている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レイデオロの関連コラム

閲覧 3,180ビュー コメント 0 ナイス 3

 2016年の中央競馬の日程は、残すところあと3週となった。クライマックスの有馬記念はもちろん大注目だけど、その前に、こちらも12月の風物詩となっている2歳G1が2レース開催される。ここをしっかり当てて、年末の大一番に臨みたいよね。今年の2歳戦は、スタートしてから半年以上が経過し、力関係がそれなりに見えてきたこともあるので、今回は12月7日時点における(←ココ大事!)2歳牝馬と2歳牡馬のスガダイジャッジによる番付を発表しようと思う。今年の2歳世代の勢力図を把握しつつ、今週行われる阪神ジュベナイルフィリーズ、そして次週に行われる朝日杯フューチュリティステークスの予想に役立ててもらいたい。

 注意点は3つ。1つめは、これから行われる2歳G1を見据えた番付ではなく、2歳世代全体の番付なので、両レースに登録(出走予定)のない馬も含まれている点。2つめは、あくまで2歳G1ならびにクラシックに直結するホープフルS前の評価ゆえに、年末の時点では番付の様相が大きく変わる可能性がある点。最後の1つは、牡牝クラシック&NHKマイルCを意識した番付なので、生粋のスプリンタータイプの馬は評価の対象外としている点。これらを踏まえたうえで、番付をご覧いただこう。なお、今回は番付上位の馬にのみ短評を加えている。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

レイデオロの口コミ


口コミ一覧

クラシック 

 たま 2017年03月20日(月) 19:56

閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 1

★皐月賞(4月16日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)

4,750万円 5戦[3-2-0-0] ★カデナ 福永 中竹和也(栗東)大山ヒルズ G 弥生賞
2,000万円 5戦[2-1-1-1] ★マイスタイル 横山典 昆貢(栗東)ファンタストC こぶし賞
1,050万円 5戦[1-1-2-1] ★ダンビュライト 武豊 音無秀孝(栗東)ノーザンFしがらき

2,900万円 7戦[4-1-0-2] ★アダムバローズ 池添 角田晃一(栗東)吉澤S−WEST 若葉S
*.400万円 2戦[1-1-0-0] エクレアスパークル 中内田充正(栗東)

3,600万円 6戦[3-1-0-2] ★ウインブライト 松岡 畠山吉宏(美浦)コスモヴューF スプリングS
2,000万円 5戦[2-2-1-0] ★アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ノーザンファーム天栄 ひいらぎ賞
1,200万円 7戦[2-0-1-4] ★プラチナヴォイス 和田 鮫島一歩(栗東)名張TC 萩S

4,400万円 6戦[3-2-0-1] ★サトノアレス 戸崎 藤沢和雄(美浦)ミホ分場 G 朝日杯
4,250万円 3戦[3-0-0-0] ★レイデオロ ルメール 藤沢和雄(美浦)ノーザンF天栄 G ホープフルS
3,100万円 4戦[3-0-0-1] ★アメリカズカップ 松若 音無秀孝(栗東)グリーンウッド G きさらぎ賞
2,950万円 4戦[2-2-0-0] ★スワーヴリチャード 四位 庄野靖志(栗東)ノーザンFしがらき G 共同通信杯
2,800万円 5戦[3-1-1-0] ★ペルシアンナイト 池江泰寿(栗東)吉澤S−WEST アーリントンカップ G

2,300万円 4戦[2-1-0-1] ★コマノインパルス 菊川正達(美浦)吉澤S−EAST G 京成杯
2,050万円 7戦[3-1-0-3] トラスト 中村均(栗東)ビッグレッドF G 札幌2歳S
1,750万円 7戦[1-2-3-1] マイネルスフェーン 手塚貴久(美浦)ビッグレッドF鉾田
1,650万円 3戦[2-1-0-0] サトノアーサー 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき シクラメン賞
1,400万円 3戦[2-0-0-1] ★クリンチャー 宮本博(栗東)大山ヒルズ すみれS




1,200万円 3戦[2-0-0-1] キングズラッシュ 久保田貴士(美浦)ノーザンF天栄 芙蓉S
1,150万円 5戦[1-3-0-1] ガンサリュート 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
1,150万円 5戦[1-1-1-2] ボンセルヴィーソ 池添学(栗東)小松TC
1,150万円 9戦[1-3-2-3] エトルディーニュ 小桧山悟(美浦)西山牧場阿見分場
1,150万円 4戦[1-1-0-2] タイセイスターリー 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき



1,000万円 4戦[1-1-1-1] オーバースペック 南田美知雄(美浦)
1,000万円 6戦[1-3-0-2] ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)ミルF千葉


900万円 3戦[2-1-0-0] トリコロールブルー 友道康夫(栗東)ノーザンFしがらき フリージア賞
900万円 4戦[2-0-0-2] ポポカテペトル 友道康夫(栗東) ゆきやなぎ賞
900万円 2戦[2-0-0-0] ランガディア 木村哲也(美浦)ノーザンファーム天栄
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンキングダム 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき・天栄 ゆりかもめ賞
900万円 4戦[2-0-0-2] サトノリュウガ 平田修(栗東)ノーザンFしがらき 福寿草特別
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンディスタンス 佐々木晶三(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 6戦[2-1-0-3] タガノアシュラ 五十嵐忠男(栗東)宇治田原優駿S 黄菊賞
900万円 4戦[2-0-1-1] イブキ 奥村武(美浦)ジョイナスF 水仙賞
900万円 3戦[2-0-0-1] ダイワキャグニー 菊沢隆徳(美浦)

400万円 4戦[1-0-2-1] ムーヴザワールド 石坂正(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 4戦[1-2-0-1] エアウィンザー 角居勝彦(栗東)山元トレセン
400万円 1戦[1-0-0-0] ダノンロマン 藤原英昭(栗東)山元トレセン
400万円 3戦[1-2-0-0] サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 3戦[1-0-1-1] グローブシアター 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき


・・・右橈骨遠位端骨折 3,700万円 4戦[3-0-1-0] ブレスジャーニー 本間忍(美浦)エスティF小見川
□ □ G 東京スポーツ杯2歳S、G サウジアラビアロイヤルカップ
・・・第3手根骨々折 全治6カ月以上 3戦[1-2-0-0] ヴァナヘイム 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき



★桜花賞(4月9日、阪神競馬場、GI、芝1600メートル)

[チューリップ賞]
6,200万円 4戦[4-0-0-0] ★ソウルスターリング ルメール 藤沢和雄(美浦)山元トレセン G機〆綽JF
1,100万円 2戦[1-1-0-0] ★ミスパンテール 四位 昆貢(栗東)ファンタストクラブ
3,150万円 5戦[2-2-1-0] ★リスグラシュー 武豊 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき G アルテミスS

[アネモネS]
3,150万円 4戦[3-0-0-1] ★ライジングリーズン 丸田 奥村武(美浦)テンコーTC G フェアリーS
*.400万円 8戦[1-3-2-2] ディアドラ 橋田満(栗東)ノーザンFしがらき

[フィリーズレビュー]
3,500万円 4戦[3-0-0-1] ★カラクレナイ 田辺 松下武士(栗東)グリーンウッド G フィリーズレビュー
3,750万円 6戦[2-2-1-1] ★レーヌミノル 浜中 本田優(栗東)宇治田原優駿S G 小倉2歳S
*.900万円 8戦[2-0-2-4] ゴールドケープ 荒川義之(栗東)グリーンウッド

3,950万円 5戦[4-0-0-1] ★リエノテソーロ 吉田隼 武井亮(美浦) Jpn1 全日本2歳優駿
3,100万円 5戦[3-0-0-2] ★ジューヌエコール 北村友(栗・安田) G デイリー杯2歳S
2,650万円 4戦[3-1-0-0] ★アドマイヤミヤビ ミルコ 友道康夫(栗東)ノーザンFしがらき G クイーンC
2,650万円 3戦[3-0-0-0] ファンディーナ 高野友和(栗東)グリーンウッド G フラワーC
1,950万円 3戦[2-0-0-1] ★ヴゼットジョリー 福永 中内田充正(栗東)グリーンウッド G 新潟2歳S

1,850万円 3戦[2-0-0-1] ★ミスエルテ 川田 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき G ファンタジーS
1,800万円 9戦[2-1-1-5] ブラックオニキス 加藤和宏(美浦)ノルマンディーF クローバー賞
1,800万円 4戦[1-3-0-0] ★アエロリット 横山典 菊沢隆徳(美浦)ノーザンF天栄
1,400万円 4戦[2-0-0-2] ★アロンザモナ 西浦勝一(栗東)小松TC 紅梅S
1,400万円 3戦[2-0-1-0] サロニカ 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき エルフィンS


1,200万円 4戦[2-0-0-2] ディーパワンサ 松下武士(栗東)ノーザンFしがらき 中京2歳S
1,200万円 5戦[2-1-0-2] サトノアリシア 平田修(栗東)ノーザンFしがらき コスモス賞
1,200万円 7戦[2-0-0-5] クインズサリナ 西村真幸(栗東)朝宮S
1,100万円 6戦[1-2-0-3] シーズララバイ 竹内正洋(美浦)社台F山元TC
1,000万円 4戦[1-2-1-0] フローレスマジック 木村哲也(美浦)ノーザンF天栄
1,000万円 5戦[1-2-0-2] ★ショーウェイ 斉藤崇史(栗東)

900万円 2戦[2-0-0-0] リカビトス 奥村武(美浦)ノーザンファーム天栄


★オークス(5月21日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)
2,650万円 3戦[3-0-0-0] ファンディーナ・牝 高野友和(栗東)グリーンウッド G フラワーC

900万円 3戦[2-0-1-0] ホウオウパフューム・牝 田辺 奥村武(美浦)ノーザンF天栄 寒竹賞



======

★NHKマイルカップ(5月7日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)

4,300万円 モンドキャンノ 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
□ □ 京王杯2歳S G
3,950万円 リエノテソーロ 武井亮(美浦) Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
3,750万円 レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S 小倉2歳S G
2,800万円 コウソクストレート 中舘英二(美浦)ノーザンF天栄 ファルコンS G
2,300万円 ★キョウヘイ 宮本博(栗東)吉澤S WEST シンザン記念 G

2,200万円 タイムトリップ 菊川正達(美浦)シンボリ牧場 クロッカスS、カンナS
1,950万円 レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)宇治田原優駿S 函館2歳S G
1,950万円 ★レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)   もみじS
1,200万円 クインズサリナ 西村真幸(栗東) フェニックス OP
1,100万円 カシノマスト 蛯名利弘(美浦) ひまわり賞

1,000万円 ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)

900万円 アルアイン 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 アズールムーン・牝 斎藤誠(美浦) りんどう賞

 グリーンセンスセラ 2017年03月19日() 02:32
武豊騎手がダンビュライト 
閲覧 13ビュー コメント 0 ナイス 0

武豊騎手が皐月賞にダンビュライトで参戦! 「朗報」のはずが、一部ファンからはなぜか「残念」の声─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年3月18日 15時30分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2888.html


 先日の弥生賞(G2)で3着に入り、皐月賞(G1)の切符を手にしたダンビュライト(牡3 栗東・音無厩舎)が、武豊騎手と新コンビを組むことがわかった。
 ダンビュライトは父ルーラーシップ、母父サンデーサイレンスという良血馬で、初年度であるルーラーシップ産駒の中ではもっとも期待されている素質馬だ。弥生賞では5番人気ながらしっかりと馬券圏内を確保し、クラシックへの道筋を作った。
 デビュー戦は松若風馬騎手で勝利したものの、その後は一貫してC.ルメール騎手が騎乗していた同馬だったが、ルメール騎手がホープフルS勝ち馬レイデオロに騎乗するため、今回の乗り替わりとなったのだろう。
 武騎手としてはこれは間違いなく朗報。武騎手は今年エアウィンザーでクラシックを狙う予定だったが、共同通信杯で大敗するなど道は閉ざされてしまった。お手馬がいない状況で、今年のクラシックで活躍することは厳しいと予想する声も多かっただけに、喜びも大きいに違いない。
「ダンビュライトが前走の弥生賞で3着に入ったことは、皐月賞行を決めたこと以上に価値があります。超がつくスローペースとなった同レースは瞬発力勝負。パワーに寄った印象のある同馬に向いたレース展開ではなかったのですが、しっかり3着を確保したのは能力の証でしょう。


次のページ 一部ではなぜか「残念がる」声も

皐月賞は弥生賞と比較してハイペースになる場合も多いため、力勝負になることもしばしば。一発は十分にある馬ですよ」(競馬記者)
 ここへきて一気に「クラシック制覇」の可能性も出てきた印象のある武騎手。もちろんファンも大喜びだが、一部ではなぜか「残念がる」声もあるようだ。
 前述のように、弥生賞の走りを見て「皐月賞のダンビュライトは狙える」と考えたファンは多かった様子。3着であれば、皐月賞でも大きな人気にはならないはず、ここが狙い目だ!と思っていたファンは少なくなかったようだ。
 しかし、武騎手騎乗となれば、ライトファンも含めて投票が集まることは確実。想定以上に人気になってしまうことは火を見るより明らかで「これで人気してしまう......」と嘆く声は多い様子だ。
 ただ、それでも「伏兵」には過ぎない。名手の手綱でダンビュライトが「主役」へと飛躍するのか、注目だ。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年03月15日(水) 21:34
☆スプリングS(名門厩舎復活!!)☆
閲覧 26ビュー コメント 1 ナイス 6

中山競馬場では皐月賞トライアル・スプリングSが行われます(^^)/

昨年の2歳王者・サトノアレスが登場してきます☆

今年の3歳勢はサトノアレスを含めて美浦所属の馬が多い!!

特に藤沢厩舎☆☆

サトノアレス・レイデオロ・ソウルスターリングともしかして牡馬・牝馬全てのクラシックを制してもおかしくない体制が整っています!!

注目します♪

[もっと見る]

レイデオロの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

レイデオロの写真

レイデオロ
レイデオロ

レイデオロの厩舎情報 VIP

2016年12月25日ホープフルステークス G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レイデオロの取材メモ VIP

2016年12月25日 ホープフルステークス G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。