アニメイトバイオ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2007年1月30日生
調教師牧光二(美浦)
馬主バイオ 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績27戦[3-5-3-16]
総賞金21,166万円
収得賞金4,675万円
英字表記Animate Bio
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
レーゲンボーゲン
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
レインボーファスト
兄弟 レインボーラインフォントルロイ
前走 2012/12/02 ターコイズステークス OP
次走予定

アニメイトバイオの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/12/02 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 1661130.21213** 牝5 54.0 江田照男牧光二484(+6)1.33.9 0.534.6⑬⑫⑪サウンドオブハート
12/11/10 東京 10 オーロカップ OP 芝1400 1271010.9510** 牝5 54.0 北村宏司牧光二478(+4)1.21.1 0.633.4⑧⑧インプレスウィナー
12/10/13 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 175971.2149** 牝5 54.0 丸山元気牧光二474(+6)1.46.0 0.532.7⑬⑬⑮マイネイサベル
12/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 143450.61112** 牝5 55.0 丸山元気牧光二468(-8)1.48.0 0.835.6アイムユアーズ
12/07/08 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 164826.3911** 牝5 54.0 江田照男牧光二476(+8)2.02.0 0.936.2⑭⑬⑯⑮アスカクリチャン
12/06/17 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 144514.3611** 牝5 55.5 和田竜二牧光二468(-4)2.01.8 1.937.6⑧⑧⑨⑨グルヴェイグ
12/05/13 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 183557.21311** 牝5 55.0 北村宏司牧光二472(-6)1.33.2 0.834.0⑬⑬ホエールキャプチャ
12/04/21 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 164711.278** 牝5 55.0 後藤浩輝牧光二478(-18)1.46.8 0.735.2⑨⑨⑧⑦オールザットジャズ
12/03/11 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1661121.81015** 牝5 55.0 後藤浩輝牧光二496(+28)1.52.5 1.937.6⑫⑫⑪⑭レディアルバローザ
11/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 184725.8913** 牝4 56.0 田辺裕信牧光二468(-4)2.12.9 1.335.6スノーフェアリー
11/10/16 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 168158.142** 牝4 55.0 田辺裕信牧光二472(+2)1.46.8 0.033.5⑭⑬⑫イタリアンレッド
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14346.833** 牝4 55.0 蛯名正義牧光二470(-6)1.46.8 0.235.6⑧⑧⑧⑦アヴェンチュラ
11/07/10 中山 11 七夕賞 G3 芝2000 17129.943** 牝4 55.0 後藤浩輝牧光二476(-8)2.00.8 0.335.1⑥⑥⑧⑥イタリアンレッド
11/06/12 東京 11 エプソムC G3 芝1800 187146.837** 牝4 56.0 後藤浩輝牧光二484(0)1.48.1 0.835.4⑬⑭⑬ダークシャドウ
11/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 171224.747** 牝4 55.0 後藤浩輝牧光二484(+24)1.32.3 0.434.5⑬⑬アパパネ
10/11/14 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 186127.2315** 牝3 54.0 後藤浩輝牧光二460(+2)2.14.4 1.935.6⑧⑦⑨⑩スノーフェアリー
10/10/17 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1851013.362** 牝3 55.0 後藤浩輝牧光二458(-6)1.58.5 0.134.0⑪⑩⑫⑫アパパネ
10/09/19 阪神 10 ローズS G2 芝1800 125611.641** 牝3 54.0 後藤浩輝牧光二464(0)1.45.8 -0.033.8⑦⑦ワイルドラズベリー
10/05/23 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1871330.3114** 牝3 55.0 後藤浩輝牧光二464(+14)2.30.4 0.535.4⑭⑬⑭⑭アパパネサンテミ
10/04/11 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 1871312.468** 牝3 55.0 内田博幸牧光二450(-20)1.33.7 0.434.1⑦⑧アパパネ

⇒もっと見る


アニメイトバイオの関連ニュース

アニメイトバイオ引退、繁殖入り

2012年12月14日(金) 14:17

 10年のローズSで優勝するなど牝馬路線で活躍したアニメイトバイオ(美浦・牧光二、牝5歳、父ゼンノロブロイ、母レーゲンボーゲン)が14日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は27戦3勝。獲得賞金は2億1166万円(付加賞含む)。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖牝馬となる予定。

 2歳8月に札幌で新馬デビューを果たしたアニメイトバイオは、3戦目に未勝利を勝ち上がると、続くサフラン賞も連勝。さらに京王杯2歳S阪神ジュベナイルフィリーズと立て続けに2着に好走した。春のクラシックでは桜花賞8着、オークス4着に敗れたが、秋初戦のローズSアパパネを破る金星を挙げると、秋華賞でも2着に健闘。4歳になってからも牡馬相手の重賞で上位争いを演じたが、5歳になった今年は9戦してすべて着外と低迷していた。GI勝ちの夢は産駒へと託される。

 サンスポ、エイト、夕フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

【府中牝馬S】イタリアン重賞3連勝! 2011年10月17日(月) 05:02

 第59回府中牝馬S(16日、東京11R、GII、3歳上牝馬オープン国際 (指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金5300万円=出走16頭)中舘英二騎乗、5番人気イタリアンレッドが直線鋭く伸びて、重賞3連勝を飾り、エリザベス女王杯へ弾みをつけた。タイムは1分46秒8(稍重)。2着にはアニメイトバイオが入り、1番人気のアパパネは14着に大敗した。

 夏女の勢いはとどまるところを知らない。七夕賞小倉記念を連勝し、サマー2000シリーズの王者となったイタリアンレッドが、初出走の東京でGII初制覇を飾った。

 「(自分自身は)東京がダメと思っていたので、馬に助けてもらって勝ちました」

 七夕賞以来のコンビでJRA重賞通算30勝目を決めた中舘英二騎手が謙虚に振り返る。道中は馬の行く気に任せて、後方待機。直線で一気に脚を伸ばし、アニメイトバイオの追撃をクビ差振り切った。

 この日は気温が27度まで上昇。石坂正調教師は「夏日和で夏女が残った」と笑顔。「放牧から戻り、筋肉が柔らかくなった。ジョッキーには七夕賞より強くなっているよと言ったんだ。(東京の)大きな馬場で走れたし、GIでも十分走ってくれそう」と晴れ舞台へ期待を込める。

 本格化したイタリアンレッドが、GI初出走初Vへ手応えをつかんだ。 (森田実)

 

[もっと見る]

【府中牝馬S】アパパネ惨敗、イタリアン快勝! 2011年10月16日() 16:23

 第59回府中牝馬ステークス(16日、東京11R、GII、3歳以上オープン、別定、芝1800メートル、1着本賞金5300万円=出走16頭)中舘英二騎乗の5番人気イタリアンレッドが中団から徐々に進出。直線では外から力強い伸びを見せ、アニメイトバイオらの追撃を抑えて、重賞3勝目を飾った。タイムは1分46秒8(稍重)。

 2着には4番人気のアニメイトバイオ、3着は3番人気のフミノイマージンが入った。1番人気のアパパネは直線で力尽き14着に敗れた。

 レースは一斉のスタートから、トゥニーポートがハナへ。セラフィックロンプレディアルバローザオウケンサクラらが先頭集団に。アパパネは中団7番手から、イタリアンレッドはそれを見るような形で進む。

 1000メートル通過60秒1の淡々としたペースで、全体は12〜13馬身の隊列。

 4コーナーを回り、トゥニーポートが先頭のまま、長い直線勝負へ。アパパネは直線入り口で一杯に追うも、そこからの伸びがイマイチ。それを外からイタリアンレッドが鋭い脚で追い込み、一気に先頭へ。さらに外を回ったアニメイトバイオフミノイマージンが追い込むも、イタリアンレッドがそれらを振り切り、重賞3連勝のゴールイン。

 イタリアンレッドは父ネオユニヴァース、母バルトネキア、母の父イタリアンリッジ。

 馬主は東京ホースレーシング、生産者は社台ファーム。通算18戦8勝で、重賞は3勝目となった。

 騎乗した中舘英二騎手は、府中牝馬Sは初勝利、管理している石坂正調教師は08年ブルーメンブラット以来、府中牝馬S2勝目。

[もっと見る]

【クイーンS】アニメイト、蛯名で11秒4 2011年8月11日(木) 05:06

 クイーンSの追い切りが10日、函館、札幌の両競馬場で行われた。札幌では蛯名騎手を背にしたアニメイトバイオが、芝コースでスピード感あふれる動きを見せた。

 牡馬相手の七夕賞で3着に好走。復調を示したアニメイトバイオは、新パートナーの蛯名騎手を背に芝コースで追い切られた。道中はアルマフローラ(牝3、500万下)の1馬身後方をピッタリと追走し、直線で内へ。徐々に加速して残り100メートルで追い出されると一気に突き放して2馬身の先着を果たした。5ハロン64秒4、3ハロン35秒6−11秒4の時計以上に鋭さを感じさせる内容だ。

 「前との比較はできないけど、いい動きだったと思う。こっちの芝(洋芝)の走りも悪くないですね」と蛯名騎手の手応えは上々。昨年の牝馬3冠路線では、自らが主戦を務めるアパパネと何度も戦ってきた馬だけに、「この世代でずっと人気になってきた馬。どういう競馬をしてくれるか楽しみ」と初コンビにワクワクしている様子だ。

[もっと見る]

【七夕賞】後藤手応えアニメイトバイオ3着2011年7月11日(月) 05:04

 第47回七夕賞(10日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4300万円、サマー2000シリーズ第1戦=出走17頭)4番人気の4歳牝馬アニメイトバイオは、中団の内を手応え良く追走。直線もしぶとく伸びて3着に食い込んだ。「やっとこの馬らしさが出て、結果を出してくれましたね。負けてしまったけれど、うれしいレースでした」と後藤浩輝騎手は納得の表情を浮かべる。この日の騎乗を最後に約2カ月の米国遠征に出かける後藤は「最後までしっかり走っていたし、牡馬相手にこのくらいのレースができれば今後が楽しみ」とクイーンS(8月14日、札幌、GIII、芝1800メートル)を予定する愛馬にエールを送った。

[もっと見る]

【七夕賞】後藤、夏の勝ち星より米遠征 2011年7月8日(金) 05:06

 7日現在でJRA1318勝を挙げている後藤浩輝騎手(37)=美・フリー=が、来週から約2カ月間の米国遠征に出る。「すべてがいい経験になるし、いいものを見つけてきたい」と、デビュー20年目を迎えたベテランの向上心は旺盛だ。出発前の最後の重賞となる七夕賞には、昨秋のGIIローズS勝ち馬アニメイトバイオで参戦。重賞Vで弾みをつけて、米国に旅立つ構えだ。

 37歳になった今も、競馬に対してどん欲な姿勢は変わらない。後藤騎手は今週末の騎乗を終えると、約2カ月間に及ぶ米国遠征へと出発する。

 「前回(米国に)行った時は何もない状態でした。今回は今の自分がどのくらい通用するか、どう吸収できるのか、ですね。すべてがいい経験になるし、いいものを見つけてきたいと思います」

 96年、伸び盛りの若手と言われた22歳の時に半年間、フロリダへ武者修行に出た。「明日がどうなるかも分からなかった」というタフな毎日を送り、技術面も精神面も成長。「あの経験があるから、今がある」といえる地位を築き上げた。今年はオークスエリンコート)でクラシック初制覇。それでも、危機感は強まるばかりだった。

 「今のままでは、外国人騎手の風や波を受け止められない。逆輸入じゃないけど、日本にないものを持ち帰らなきゃ、と思っています」

 短期免許で来日する外国人騎手や、ピンポイントで参戦する地方騎手の需要が高まる現状に黙ってはいられない。主力騎手が分散する夏場は勝ち星を稼ぐ好機だが、それを捨てての渡米だ。「失うものを2倍、3倍にして取り戻します」と意気込む。今回は現地からのラブコールに応えての渡米。もはや武者修行という年齢でもない。これまでに培ってきた技術で勝負して、そのうえでさらなる飛躍を図る構えだ。

 渡米前のラスト重賞となる七夕賞には、4歳牝馬アニメイトバイオとのコンビで挑む。「基本的には器用な馬で、うまく流れに乗れれば…。最後の脚を信じています」と自ら“壮行V”を飾る手応えは十分だ。長くコンビを組んできた織姫・アニメイトバイオをエスコートする彦星・後藤が、七夕賞で強い輝きを放って米国へと旅立つ。 (黒田栄一郎)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アニメイトバイオの関連コラム

閲覧 279ビュー コメント 0 ナイス 3

第301話 「阪神JF


09年 35.1-24.5-35.3 =1.34.9 ▼ 5▼7△13 瞬発戦
10年 35.8-25.4-34.5 =1.35.7 ▼10▼5△ 4 瞬発戦
11年 35.8-24.4-34.7 =1.34.9 ▼ 5▼7△10 瞬発戦
12年 34.1-23.7-36.4 =1.34.2 △ 3▼7△ 8 瞬発戦
13年 34.2-24.2-35.5 =1.33.9 ▼ 4▼1△ 6 平坦戦

昨年のみ平坦戦となりましたが基本的には瞬発戦になりやすいレース。
阪神外マイル戦でどの馬が瞬発力があるのか?というレースだと思われます。
10年&11年はテン緩い後傾ラップになっていますが基本的にはテンの方が速い前傾ラップになりやすいレース。
2歳牝馬レースで前走1500m以下の距離延長組の方が比較的出走頭数が多いというのが主な要因でしょう(距離短縮組は過去5年で5頭しか出走していません)
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
アパパネ      【瞬2平0消0】▼ 8▼7△12 ▼14▼ 4▼1
レーヴディソール  【瞬2平0消0】▼ 5△1▼ 1 ▼ 7▼ 6▼1 
ジョワドヴィーヴル 【瞬1平0消0】▼ 6▼5▼ 6
ローブティサージュ 【瞬1平1消0】△ 6▼3△ 1 ▼ 4▼ 6▼4
レッドリヴェール  【瞬1平1消0】△ 2△3▼ 3 ▼12▼13△7
2着馬
アニメイトバイオ  【瞬0平2消1】▼ 3▼4△11 ▼ 3▼ 4△5 ±0△1△2
ホエールキャプチャ 【瞬2平1消0】▼ 4▼4△ 5 △ 1▼ 5△2 △7▼6△5
アイムユアーズ   【瞬1平2消0】± 0▼2△ 4 △ 7▼ 1△3 △5▼5△2
クロフネサプライズ 【瞬1平0消1】▼ 2▼7△ 5 △ 5△ 1△4
ハープスター    【瞬2平0消0】▼13▼6△15 ▼10△ 4△1

(勝ち馬の名前からブエナビスタが消えたか、時が経つのは早いなと)
アニメイトバイオ以外の連対馬には瞬発戦実績がありました。
アイムユアーズ以外の連対馬には連続加速実績がありました。
どちらもほぼ必須条件かと思われます。
▼10以上の加速実績があった馬はあまり多くない印象で高いギアチェンジ能力はそれほど必要ではないということかと思われます。
あまりスローにならないのが要因かも?

このレースはとにかく上り重視、差し脚重視です。

【前走脚質別成績】
逃げ 0-1-0- 7 勝率 0.0% 連対率12.5% 複勝率12.5%
先行 1-0-2-22 勝率 4.0% 連対率 4.0% 複勝率12.0%
差し 4-1-3-31 勝率10.3% 連対率12.8% 複勝率20.5%
追込 0-3-0-15 勝率 0.0% 連対率16.7% 複勝率16.7%

【前走上り順位別成績】
上り2位以内 5-4-4-33 勝率10.9% 連対率19.6% 複勝率28.3%
上り3位以下 0-1-1-41 勝率 0.0% 連対率 2.3% 複勝率 4.7%

前走の上り順位はかなり偏りのある傾向です。
3位以下で馬券になったのは過去のこのレースで最も上がりの掛かった12年の2着馬クロフネサプライズと過去のこのレースで最も緩い流れだった10年の3着馬ライステラスの2頭だけとなっています。
脚質的には前走差しが圧倒的ですが追い込み馬は2着までというのが要注意。
分かりやすい例で言えば昨年のハープスターでしょうか。
圧倒的人気に支持されながらハナ差2着という結果でした。
差し馬有利だが後ろすぎても駄目ということでしょう。
(前走4角6〜9番手ぐらいがベスポジぐらいか)

今年の登録馬を見ると該当するような馬があまり見当たりません。
デイリー杯の開催時期が変更となった影響か?出走メンバーのレベルか?
上記の条件をクリアしたのは
レッツゴードンキロカ
の2頭のみとなっています。
次点ではコートシャルマンダノングラシアスの2頭。

この4頭で決まれば人気サイドの決着となるでしょうがロカ以外の3頭は今回乗り替わりとなっていてロカは1勝馬で出走出来るかどうか。
1番人気が予想されるレッツゴードンキが軸としては固そうですがなんとなく足りない印象(>個人的感想で本当になんとなくです。なんとなくの正体は非社台なのかも?)
コートシャルマンはハーツ産駒で上り掛かって持続力が問われる展開になった方がベターでしょう。
イチオシは抽選突破出来ればロカ
ハービンジャー産駒ですが他のハービンジャー産駒とはちょっと違う印象の馬。
ドスローではありましたが上り33.2秒で突き抜けて圧勝というのはハービンジャー産駒らしからぬレースでこれはディープの姪という血統が成せる技なのかも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ロカコートシャルマンレッツゴードンキ
本音を言えばPOG馬コートシャルマンに勝ってほしい(笑)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2014年11月5日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第296話京王杯2歳S(謎解き編)
閲覧 234ビュー コメント 0 ナイス 2

第296話 「京王杯2歳S」


09年 34.6-12.0-35.4 =1.22.0 ▼3▼4△11 平坦戦 稍重
10年 35.1-12.4-34.3 =1.21.8 ▼7▼7△ 6 瞬発戦
11年 35.3-12.2-34.6 =1.22.1 ▼7▼3△ 7 瞬発戦
12年 35.6-11.9-33.7 =1.21.2 ▼6▼3△ 4 瞬発戦
13年 36.7-12.1-34.3 =1.23.1 ▼6▼5△ 8 瞬発戦

東京芝1400mコースはコース適性【瞬6平3消1】
コース適性が示す通り(直線が長いので当然)瞬発力も重要だが消耗戦にもなり得るコース。
スプリンターが出走してくるレースでもあるのでスピードも問われるということです。
過去5年で上り1位の馬の成績が1-1-0-5とそれほど良いとは言えない数字でしょう。
上りの脚だけではちょっと厳しくやはりレースの流れに乗れるスピードも重要です。
ちなみに上り1位で連対したのはレオアクティブアニメイトバイオの2頭です。
このレース後も重賞勝ちしたりG気杷老瑤砲覆辰燭蠅範対しなかった他の5頭に比べるとレベルが1個2個上の馬でした。
逆に言えばこのレースで上り1位で連対出来れば未来は明るいといえるかもしれません。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
エイシンアポロン  【瞬1平1消0】▼ 3▼3△ 4 ▼6±0△5
グランプリボス   【瞬0平1消0】▼ 2▼4△ 4
レオアクティブ   【瞬1平2消0】▼ 3±0△ 5 ▼6▼2±0 △6▼1△ 1
エーシントップ   【瞬0平2消0】▼ 2▼1△13 ▼4±0△7
カラダレジェンド  【瞬1平0消0】▼ 8▼8△ 2
2着馬
アニメイトバイオ  【瞬0平1消1】▼ 3▼4△ 5 ±0△1△2
リアルインパクト  【瞬1平0消0】▼17▼4△ 4
サドンストーム   【瞬0平0消3】△ 4△1△ 9 △5±0△9 △3△1△10
ラブリーデイ    【瞬2平0消0】▼ 4▼8△ 7 ▼6±0△4
クインズハリジャン 【瞬0平2消0】△ 2▼2△ 4 ▼4▼1△2

瞬発戦の実績はそれほど必要ではないといえます。
それよりも連続加速実績は重要という傾向です。

スピードに乗るという点で一つの目安となるのは前走4コーナーの通過順。
ここで後方にいた様な馬はマイナス材料となります。
過去5年では前走4角5番手以内の馬の成績が5-4-5-38となっていて前走4角7番手だったアニメイトバイオのみが唯一の例外でした。

また、前走新馬戦〜500万下という今回昇級戦だった馬も2-3-2-33と活躍可能なレースですがこの組の場合は前走の上りがポイントで上り2位以内というのが連対の条件です。
前走上り1〜2位という条件で絞ると2-3-0-12となります。

今年の登録メンバーで連続加速実績のあった馬は
アポロノシンザンケンブリッジゴールニシノラッシュロンバルディアワキノヒビキ
の5頭です。
この中で前走4角5番手以内だったのは
アポロノシンザンケンブリッジゴールニシノラッシュ
の3頭です。

簡単に絞れた!と喜んだのもつかの間。
アポロノシンザンニシノラッシュは前走500万下で上り4位以下、ケンブリッジゴールはダート戦2連対。
ということで過去のデータ的には候補馬なしとなってしまった…。

前走の上りは度外視してアポロノシンザンをイチオシとしておきます。
前走は初めて逃げたレースで最後2頭に交わされましたがなかなか粘っていました。
新潟1600で溜めて上り2位で快勝した様に前に馬を置いてレース出来れば逆転可能かもしれません。
ニシノラッシュは新潟2歳S3着はあるものの【瞬0平1消1】で上り最速圧勝だったのが福島1200、前走勝利しましたが本質的にはスプリンターという印象。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アポロノシンザンニシノラッシュケンブリッジゴール


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年10月15日(水) 23:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第293話秋華賞(謎解き編)
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 6

第293話 「秋華賞


09年 34.0-49.0-35.2 =1.58.2 ▼2▼4±0 平坦戦
10年 34.8-49.8-34.6 =1.58.4 ▼9▼4△6 瞬発戦
11年 34.6-47.8-35.8 =1.58.2 △2▼4△3 平坦戦
12年 36.5-48.7-35.2 =2.00.4 ▼1△2△9 平坦戦
13年 34.4-48.7-35.5 =1.58.6 ▼1±0△1 平坦戦

過去5年ではアパパネの勝利した10年は瞬発戦でしたが以外の年は平坦戦となっています。
春のクラシック戦線+ローズSはほぼ外回りの瞬発コースでしたが内回りの平坦コースに替わる秋華賞はどうなるのか?
興味はその1点です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
レッドディザイア  【瞬4平0消1】
アパパネ      【瞬5平1消1】
アヴェンチュラ   【瞬2平2消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平2消0】
メイショウマンボ  【瞬4平1消0】
2着馬
ブエナビスタ    【瞬5平1消0】※2番手入線→3着に降着
アニメイトバイオ  【瞬2平3消1】
キョウワジャンヌ  【瞬1平1消1】
ヴィルシーナ    【瞬5平1消0】
スマートレイアー  【瞬3平0消0】

過去5年では5頭中4頭は春のクラシックで連対経験があった馬が優勝しています。
残りの1頭は春のクラシック不出走&夏の古馬重賞クイーンS勝利したアヴェンチュラ
コース替わりにはなりますが春のG気任亮太喃呂呂笋呂螻覆違うという傾向になっています。
また、レッドディザイア以外の馬には平坦戦実績があったのもポイントかもしれません。
2着なら昇り馬も食い込む余地ありという傾向になっています。
08年には大荒れとなったレースですが最近では1〜3番人気の成績が
5-3-3-4 勝率33.3% 連対率53.3% 複勝率73.3%
となっていて比較的固いレースと言えます。
4番人気以下で馬券になった馬を見てみると

アニメイトバイオ  【瞬2平3消1】
キョウワジャンヌ  【瞬1平1消1】
アロマティコ    【瞬2平2消0】
リラコサージュ   【瞬1平2消0】

となっているのでコース適性【瞬4平6消0】に近い馬をピックアップすべきかなと思われます。
2頭はローズS3着以内の実績馬、1頭はOPクラス勝利経験馬、1頭は前走1600万下クラス3着馬となっています。
どれも芝1800以上のレースでした。
これぐらいの実績が一つの目安でしょう。

今年の登録馬ではおそらくヌーヴォレコルトが1番人気、レッドリヴェールが2番人気は固いでしょう。
3番人気はレーヴデトワールか?
ヌーヴォレコルトは最有力候補ではありますが【瞬5平0消0】と瞬発戦実績がないのは若干の不安材料。
レッドリヴェールローズSではよもやの惨敗でしたが【瞬2平2消0】なので過去の傾向からすると巻き返しは可能かも。
穴馬候補は
タガノエトワールバウンスシャッセブランネージュマイネグレヴィル
辺りかなと思われます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
レッドリヴェールヌーヴォレコルトブランネージュ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年10月9日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第254話秋華賞(謎解き編)〜
閲覧 232ビュー コメント 0 ナイス 6

第254話 「秋華賞


08年 35.0-48.0-35.4 =1.58.4 ▼4△3△3 平坦戦
09年 34.0-49.0-35.2 =1.58.2 ▼2▼4±0 平坦戦
10年 34.8-49.8-34.6 =1.58.4 ▼9▼4△6 瞬発戦
11年 34.6-47.8-35.8 =1.58.2 △2▼4△3 平坦戦
12年 36.5-48.7-35.2 =2.00.4 ▼1△2△9 平坦戦

過去5年で4度の平坦戦というのがやはり秋華賞のポイントでしょう。
阪神JF→(チューリップ賞)→桜花賞オークスローズS
と王道ローテは外回りで直線が長いコースばかりで秋華賞が唯一内回りで行われるレース。
とはいえ4年連続1&2番人気が馬券になってるので「格の違い」があるのも確か。
今年はどうなる?というレースです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ブラックエンブレム 【瞬1平2消0】
レッドディザイア  【瞬4平0消1】
アパパネ      【瞬5平1消1】
アヴェンチュラ   【瞬2平2消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平2消0】
2着馬
ムードインディゴ  【瞬1平1消1】
ブエナビスタ    【瞬5平1消0】※2番手入線→3着に降着
アニメイトバイオ  【瞬2平3消1】
キョウワジャンヌ  【瞬1平1消1】
ヴィルシーナ    【瞬5平1消0】

レッドディザイア以外の連対馬には平坦戦実績がありました。
瞬発タイプの馬でも平坦戦実績が1度でもあれば問題ないと言えるかもしれません。
つまり平坦戦がポイントになるレースですが平坦戦特化した馬が決して有力という訳ではないということ。
…んがしかし。
過去5年の牝馬路線のレース結果を見てみると

【08年】
阪神JF 1着トールポピー    2着レーヴダムール
桜花賞  1着レジネッタ     2着エフティマイア
オークス 1着トールポピー    2着エフティマイア
ローズS 1着マイネレーツェル  2着ムードインディゴ
【09年】
阪神JF 1着ブエナビスタ    2着ダノンベルベール
桜花賞  1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
オークス 1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
ローズS 1着ブロードストリート 2着レッドディザイア
【10年】
阪神JF 1着アパパネ      2着アニメイトバイオ
桜花賞  1着アパパネ      2着オウケンサクラ
オークス 1着アパパネ      1着サンテミリオン
ローズS 1着アニメイトバイオ  2着ワイルドラズベリー
【11年】
阪神JF 1着レーヴディソール  2着ホエールキャプチャ
桜花賞  1着マルセリーナ    2着ホエールキャプチャ
オークス 1着エリンコート    2着ピュアブリーゼ
ローズS 1着ホエールキャプチャ 2着マイネイサベル
【12年】
阪神JF 1着ジョワドヴィーヴル 2着アイムユアーズ
桜花賞  1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
オークス 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
ローズS 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ

過去5年では09年、10年、12年にはブエナビスタレッドディザイアジェンティルドンナヴィルシーナという格がワンランク上と思われる実績馬の存在が大きい秋華賞だったと思います。
08年に関してはトールポピーがG2勝しているものの好走の幅が狭く凡走も多い馬でしたし、桜花賞レジネッタも押し出された人気馬でいわゆる混戦模様の世代でした。
混戦模様となると展開一つで着順が大きく変わる可能性もあるし適性でも大きく左右することになります。
結局、この08年は3連単1000万オーバーの大波乱となった訳です。
11年も実は混戦模様で波乱となる可能性も十分ありました。
大波乱とならなかった大きな要因は春のクラシック不出走だった2番人気アヴェンチュラの存在でしょう。
内回りコース&平坦戦実績も十分あって適性的には問題ありませんでした。
そして今年です。

かなりの混戦模様になってると感じます。
これまでのG気2回以上馬券になった馬は1頭もいません。
オークス3着→ローズS1着のデニムアンドルビーがおそらくは1番人気になると思われますが09年10年12年の先輩達には及ばない実績なのは明らか。
ならば今年は08年の再現あるとみて予想してもいいかもしれません。
08年のポイントになったのは何か?
・平坦戦実績
・内回り(小回り)コース実績
・内枠(内ラチ沿い)
・OP以上のクラスでの実績
この4点にあると思われます。

ブラックエンブレムの再現となればウォーエンブレム産駒で岩田J騎乗予定のローブティサージュか…?
いや、これは罠なんじゃないかと…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
セキショウサクラプレジールローブティサージュ
紫苑S組がイマイチなのは重々承知ですがセキショウは逃げたら2戦2勝でハナ切れそうなメンバー構成。
結構シブトイ気がします。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年11月11日(金) 17:53 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 11月12・13日分
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさん、こんにちは!

この先、苦手なG1が続きますが、楽しんで予想していきたいです。

1.エリザベス女王杯
外国馬は調教重視派としては買えないので、日本の古馬中心に買いたいです。
フミノイマージン
アニメイトバイオ
アヴェンチュラ
サンテミリオン
2週続けてCWで好時計を出したフミノイマージン本命。末脚炸裂に期待。
相手は追いかけ続けてるアニメイトバイオ。牧厩舎なのにポリ追いなので◎付けるのやめました。
単穴は坂路とCWで鋭い動きだったアヴェンチュラ
穴で狙いたいのは馬体が絞れた時のサンテミリオン。ウッドでは引き続き動いており、善戦に期待。

2.その他の重賞
人気馬の調教が良く、荒れない予感。
武蔵野SはシルクF、ダノンカモン、アドマイヤRの人気3頭と穴でヒラボクワイルド
京王杯2歳Sモンストールオリービンレオアクティブダイワインスパイア
京都JSはテイエムハリアーエムエスワールドドングラシアスエルジャンクション


今週は土日とも府中入り。晴れますように(祈)

それでは今週末も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2011年7月6日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第124話七夕賞(謎解き編)〜
閲覧 161ビュー コメント 0 ナイス 6

第124話 「七夕賞

今週の七夕賞も中山開催に変更となっています。
但し、中山芝20のG轡魯鵐農錣箸覆襪斑羯涯眷佞あるのでそちらが参考になりそうな気がします。
G汽轡蝓璽困終了し主力が抜けた後の重賞という点でも同じ。
違うとすれば
・気候
・馬場状態
・年齢(元旦になると競走馬は一斉に年を取るので)
ぐらいでしょうか。

とりあえず馬場の違いを見てみると今開催の方が中山金杯時よりも時計が速くなっています。
(参考)
芝丈の比較
・11年金杯時の馬場状態
Cコース使用
野芝6〜8cm、洋芝12〜16cm
・先週の馬場状態
Cコース使用
野芝8〜10cm、洋芝10〜14cm

中山金杯が1.59.8でしたが先週の1600万下クラスで1.59.4の時計が出ています。
過去の中山金杯のレース傾向を参考にしてそこから時計がもっと速くなるというイメージで考えてみようかと思います。

【中山金杯のラップ】
07年 36.0-48.4-38.0 =2.02.4 △1▼4△10 平坦戦 重
08年 37.1-48.7-34.9 =2.00.7 ▼5▼4△15 瞬発戦
09年 36.2-46.5-35.8 =1.58.5 △1▼2△11 平坦戦
10年 36.6-48.2-36.0 =2.00.8 △5▼1△11 平坦戦
11年 36.2-49.0-34.6 =1.59.8 ▼5▼4△6  瞬発戦

中山金杯の特徴はテンの緩さにあると思います。
中盤は緩めで瞬発戦になるケースとロングスパート平坦戦のケースがありますが基本的にはテンが緩いので前有利となっています。
但し、テンが緩めなのはあくまで金杯の傾向なので前有利と考えるのは早計。
内回り向きの持続脚を持った馬というのが有力で中盤がそこそこ締まっても▼5程度の瞬発力を持っていれば対応可能と思えます。
中山芝20や阪神芝20での好走歴はもちろんですが時計が速いとなれば東京や京都芝20での好走歴も注意する必要があると思います。

・ロングスパート適性
・2000mで1分59秒以下の持ち時計

の2点が重要ファクターかなと思われます。
そしてもう1点、やはりハンデ戦ということで中山金杯と七夕賞の斤量別成績を見てみます。
【中山金杯斤量別成績】


  〜53kg 1-0-0-19 勝率 5.3% 連対率 5.3% 複勝率 5.3%
53.5〜55kg 0-1-4-17 勝率 0.0% 連対率 4.5% 複勝率22.7%
55.5〜57kg 2-3-1-21 勝率 7.4% 連対率18.5% 複勝率22.2%
57.5〜59kg 2-1-0- 9 勝率16.7% 連対率25.0% 複勝率25.0%

七夕賞斤量別成績】

  〜53kg 2-2-0-23 勝率 7.4% 連対率14.8% 複勝率14.8%
53.5〜55kg 0-2-2-22 勝率 0.0% 連対率 7.7% 複勝率15.4%
55.5〜57kg 2-0-3-16 勝率 9.5% 連対率 9.5% 複勝率23.8%
57.5〜59kg 1-1-1- 2 勝率20.0% 連対率40.0% 複勝率60.0%

中山金杯に関しては斤量の重さに比例して信頼度が高くなる傾向です。
七夕賞の方が若干軽ハンデ馬も好走可能ですがやはり同様に斤量の重い馬の方が信頼度が高くなっています。
・斤量の重さは信頼度の証

走破時計が1分59秒を切る持ち時計
ロングスパート戦実績
重い斤量>軽い斤量
を考慮すると浮上してくるのはアニメイトバイオ
休養明け3走目でソロソロという気がします。
中山阪神に良績があって秋華賞で1.58.5の速い時計での走破経験もあります。
55kgの斤量も牝馬なので実質57kgの計算。
外差しが届くようになった今の中山なら(>週中の芝刈りには注意が必要だが)問題なし。
「夏は牝馬」ともいいますし今回が勝負とみます。

キャプテントゥーレももちろん有力馬なのは間違いありませんが宝塚記念を回避してここにというローテ。
安パイで取れるだろうと思っても簡単に行かないのが競馬かなと思います。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アニメイトバイオサンライズベガコスモファントム


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アニメイトバイオの口コミ


口コミ一覧

秋華賞回顧

 河内一秀 2010年11月12日(金) 12:45

閲覧 7ビュー コメント 0 ナイス 5

1着◎アパパネ

スタート直後は頭を上げる場面もあったが、直ぐに落ち着き中段の外目を追走。4コーナーでは多少早めにポジションを押し上げ、直線入り口では大外に出し、持ち前の瞬発力で一瞬にして差し切る。今までは、能力の高さは認めつつも、レース巧者ぶりの方が目立つ印象だったが、今回は横綱相撲で他馬をねじ伏せての危なげのない勝利。ラップ的にも、6〜7F目でペースが緩んでいるが、これは大逃げになったアグネスワルツのペースダウンによるもので、後続の馬群は12秒前後のよどみのないラップを刻んでいる。この流れで、常に外を回しながら、持ち前の瞬発力をも繰り出してしまうのだから、このメンバー相手では一枚も二枚も能力が違うと言わざるを得ない。

2着△アニメイトバイオ

アパパネを前に見る位置から、直線では馬群を割って差して来ての2着。馬群を割ってきた時の勢いは素晴らしかったが、最後はアパパネと脚色が同じになってしまう。ここが、この馬の持ち味でもあり限界でもある。瞬発力タイプの馬にとっては、持続力の裏付けが能力の証となるが、アニメイトバイオはアパパネと同等かそれ以上の瞬発力を持っていながら持続力で劣るため、一瞬は良い脚を使っても直ぐに脚色が鈍ってしまい、勝ちきれないという結果になってしまう。今後も、牝馬路線では中心的な存在になるだろうが、アパパネとの勝負付けは今回で終わりだろう。

3着▲アプリコットフィズ

よどみのない流れを先行集団で追走し、直線では内から抜け出してくるが、瞬発力が無いため馬群を割るのに手間取る場面もあり、瞬発力タイプの2頭に次ぐ3着での入線。クイーンステークスでは、瞬発力タイプの強豪がいなかったこともあり、積極的な競馬から楽に押し切ってしまったが、G1レベルでは瞬発力不足が致命的なようだ。

4着○ワイルドラズベリー

瞬発力がない馬にとって、あの位置取りは致命的。もう少し積極的な競馬を期待していたのだが。ただ、それでも差のないところまで差してきているのだから、アパパネ以外の馬を逆転する可能性は十分にある。

アニメイトバイオの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  hironish   フォロワー:3人 2010年1月4日(月) 22:38:23
12/13は勝ち馬と同じような所を通って2着に粘る。
2:
  hironish   フォロワー:3人 2009年12月31日(木) 17:50:42
11/14は最後方から内を回って最内つく。展開向いたが、最後の脚は悪くない。
1:
  hironish   フォロワー:3人 2009年12月18日(金) 10:34:09
10/18は2着馬が抜けだした所を差し切るレコード勝ち。

アニメイトバイオの写真

投稿写真はありません。

アニメイトバイオの厩舎情報 VIP

2012年12月2日ターコイズステークス13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アニメイトバイオの取材メモ VIP

2012年11月10日 オーロカップ 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。