サンテミリオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2007年1月30日生
調教師古賀慎明(美浦)
馬主吉田 照哉
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績18戦[4-0-1-13]
総賞金17,674万円
収得賞金4,175万円
英字表記Saint Emilion
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
モテック
血統 ][ 産駒 ]
Last Tycoon
Sudaka
兄弟 レコンダイトテクニカルラン
前走 2013/01/20 アメリカジョッキーC G2
次走予定

サンテミリオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/01/20 中山 11 AJCC G2 芝2200 12812116.81011** 牝6 54.0 北村宏司古賀慎明478(+4)2.15.7 2.638.3⑤⑤⑦⑨ダノンバラード
12/12/15 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 181146.41518** 牝5 54.0 丸山元気古賀慎明474(+2)2.05.3 1.736.0エーシンメンフィス
12/11/18 福島 11 福島記念 G3 芝2000 162322.5128** 牝5 54.0 藤岡佑介古賀慎明472(-12)2.00.4 0.935.5⑦⑦⑩⑨ダイワファルコン
12/09/23 中山 11 オールカマー G2 芝2200 16510101.8137** 牝5 54.0 三浦皇成古賀慎明484(+10)2.16.3 0.836.3④⑤⑩⑥ナカヤマナイト
12/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861142.8918** 牝5 54.0 北村宏司古賀慎明474(-4)2.33.7 3.137.4⑤⑤スマートロビン
12/03/24 中山 11 日経賞 G2 芝2500 141194.1106** 牝5 54.0 北村宏司古賀慎明478(+6)2.38.7 1.337.1ネコパンチ
12/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1671333.91112** 牝5 54.0 北村宏司古賀慎明472(0)3.38.0 1.235.8⑥⑥⑦⑥ケイアイドウソジン
12/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 11811114.594** 牝5 54.0 北村宏司古賀慎明472(+12)2.18.5 1.237.4ルーラーシップ
11/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 183685.71218** 牝4 56.0 M.デムー古賀慎明460(-8)2.14.0 2.435.6⑰⑰⑰⑰スノーフェアリー
11/10/16 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1661140.4911** 牝4 56.0 三浦皇成古賀慎明468(-12)1.47.5 0.734.6⑨⑧⑧イタリアンレッド
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 1471224.9714** 牝4 55.0 藤岡佑介古賀慎明480(+24)1.48.4 1.837.1⑥④⑧⑪アヴェンチュラ
10/11/14 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 184712.759** 牝3 54.0 M.デムー古賀慎明456(-4)2.14.0 1.535.4⑪⑪⑨⑨スノーフェアリー
10/10/17 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18357.9318** 牝3 55.0 藤岡佑介古賀慎明460(0)2.00.7 2.335.6⑯⑯⑰⑰アパパネ
10/05/23 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 188188.551** 牝3 55.0 横山典弘古賀慎明460(+6)2.29.9 -0.035.3⑦⑩⑩⑧アパパネ
10/04/25 東京 11 フローラS G2 芝2000 168151.911** 牝3 54.0 横山典弘古賀慎明454(-2)2.00.2 -0.234.6アグネスワルツ
10/03/20 中山 11 フラワーC G3 芝1800 16591.613** 牝3 54.0 横山典弘古賀慎明456(-2)1.50.7 0.434.8⑦⑧⑧⑦オウケンサクラ
10/01/24 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 9774.531** 牝3 54.0 横山典弘古賀慎明458(-6)1.51.2 -0.434.6バシレウス
10/01/05 中山 6 3歳新馬 芝2000 14453.611** 牝3 54.0 内田博幸古賀慎明464(--)2.06.1 -0.235.2クォークスター

サンテミリオンの関連ニュース

 今週、関東は中山から東京へ舞台を移す。開幕週の日曜メーンは、サンケイスポーツ賞フローラステークス。3着までにオークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)の出走権が与えられるトライアルだ。GIIIフラワーCで3着となった実力馬ディアマイダーリンは、東京で2戦2勝のコース巧者。重賞初制覇を決めて、本番へ駒を進める。

 この舞台で主役の座は譲れない。東京で2戦無敗のディアマイダーリンがトライアルを突破し、オークスへ向かおうとしている。

 菊沢調教師は「スタミナは豊富。東京の方がいいし、距離が延びてこその馬と思っていましたから。オークスに出してあげたい」と力を込める。

 重賞初参戦だった前走のフラワーCはスタートで後手に回り、向こう正面から追い上げて直線へ。スローペースで気分よく逃げていたアルビアーノをかわせず、アースライズとの2着争いにも屈したが、勝ち馬とはわずか0秒2差だった。

 「勝った馬に有利なペースだったし、久々でもよく走ったと思う」と菊沢調教師。「暖かくなって代謝がよくなり、ムダ肉が取れてきた。2歳時よりトモ(後肢)がしっかりしている」と愛馬の成長を感じている。

 2歳時の赤松賞ではメンバー最速タイの上がり3ハロン33秒6で伸びて、のちに桜花賞トライアルのアネモネSを勝つテンダリーヴォイスを完封した。当時よりパワーアップしているなら重賞初制覇のチャンスは大きい。鞍上は菊沢調教師の義兄・横山典騎手。コンビを組むのは赤松賞に次いで2度目だ。

 16日の1週前追い切りは美浦のWコースで6ハロン82秒5、3ハロン39秒0−13秒6をマーク。手綱を取ったトレーナーは「いい感じで息も体もできている。前走は久々の競馬ということもあり、気負いがあった。それに比べて今回は落ち着いている」と4カ月ぶりを使われての効果を強調する。

 東京の長い直線は持ち前の末脚を生かすのにピッタリで、前走から1ハロンの距離延長も歓迎。昨年のヌーヴォレコルトに次ぐ、ハーツクライ産駒のオークスVへ。まずはトライアルで圧倒する。

フラワーCからの参戦

 過去10年では2008年1着レッドアゲートフラワーC2着)、2着カレイジャスミン(同6着)、09年1着ディアジーナ(同2着)、10年1着サンテミリオン(同3着)、13年2着エバーブロッサム(同2着)の5頭が連対。フラワーC3着馬では10年の勝ち馬サンテミリオンオークスでもアパパネと1着同着で優勝した。

展望

 5月3日のスイートピーS(東京、OP、芝1800メートル)と同様、オークスのトライアルレースで、登録20頭(フルゲート18頭)のうち1勝馬が16頭。2勝馬はいずれも重賞V経験がないが、東京2戦無敗のディアマイダーリンの他に3頭いる。君子蘭賞を勝ったシングウィズジョイはキャリア7戦を誇り、リアンドジュエリーは今回と同じ芝2000メートルで2勝。白菊賞勝ち馬アスカビレンは精神面の成長がうかがえる。1勝馬では、前走の未勝利戦の内容が良かったエバーシャルマンが、僚馬ドゥラメンテ皐月賞制覇で厩舎全体が上げ潮ムードだ。

サンスポ賞フローラSの特集ページはこちら

【オークス】バウンス藤沢和師、打倒ハープ! 2014年5月22日(木) 14:00

 関東No.1の藤沢和雄調教師(62)が、東京GI5連戦第3弾、3歳女王を決める「第75回オークス」(25日、芝2400メートル)にバウンスシャッセを送り込む。牡馬に挑んだ皐月賞では11着に敗れたが、牝馬同士の舞台に戻れば、GIIIフラワーCを圧勝した能力は上位。知将が本気で“打倒ハープスター”を狙っている。

 −−バウンスシャッセは前走、皐月賞で牡馬に挑んだ

 藤沢和雄調教師「距離の適性を考えて、桜花賞ではなく皐月賞に使わせてもらったけど、馬場の悪い3コーナーでモタモタしちゃったね。最後はまた伸びているんだけど、中山の短い直線ではさすがに厳しかった」

 −−それでも11着とはいえ、勝ったイスラボニータとの差は0秒7

 「5割くらいしか力を出していなかったのに、ゴール写真では上位の馬たちと一緒に写っていたわけだから、競馬としては悪くないよ。でも、ああいう馬場で加速していくんだから、牡馬のトップはさすがだよ」

 −−牝馬同士に戻ればもちろんチャンス。21日の美浦Wコースは、6F82秒1で2馬身先着としっかり追われた

 「馬場が悪かったので時計は決して速くないけど、しまいの伸びは本当に良かった。順調に競馬を使ってきて、普段も長めからしっかり乗り込んでこの動きなら、言うことはないね」

 −−2走前のフラワーCは2馬身差と完勝だったし、本当に充実

 「3月に調教でブノワ(騎手)を乗せたとき、『(1月に勝った寒竹賞時と比べて)ビックリするくらい良くなった』と言っていて、帰国する前のリップサービスだなと思って当時は聞き流していたんだけどね(笑)。本当にそのころから馬が変わったね」

 −−その成長曲線は父のゼンノロブロイに似ている(03年青葉賞V→ダービー2着)

 「ロブロイの子は、2歳のときよりも、ダービーの前くらいに良くなるタイプが多い。10年のオークスアパパネと同着優勝だったサンテミリオン、あれもゼンノロブロイの子だったね」

 −−ただ、中山の2勝に対して、東京は昨年のアルテミスSで0秒9差10着。不安視する声もある

 「あのときに走れなかったのは、まだ体調が本当じゃなかったのもあった。やっぱりしぶとく伸びる馬だから、直線の長い東京に替わることに期待感はあるよ」

 −−距離は

 「2000メートルまでしか走っていないから2400メートルはやってみないと分からないが、半兄のホーカーテンペストは、(マイラー血統の)ホークウイングが父でも1800メートルとか2000メートルがいいくらいだから、(父がロブロイの)こっちは大丈夫だろう」

 −−敵となるのは桜花賞

 「牡でも牝でも、やっぱりクラシックは王道というか、そこを歩んできた馬が強いことは強い。ウチのはちょっと外れた桜花賞の前哨戦(フラワーC)を勝っているけど、王道じゃないからね。ただ、東京に替わることで楽しみにはしている」

 −−ロブロイが果たせなかったクラシック制覇を決めたい。どんなレースが理想

 「皐月賞は牡馬相手ということもあり、前半、急かすような競馬になってしまった。本当はジワッと走らせたほうがいいし、馬なりで流れに乗っていけるようだと一番いいね。応援してください」

 ■ふじさわ・かずお1951年9月22日生まれ。北海道出身。87年に調教師免許を取得し、翌88年に厩舎を開業。タイキシャトル(98年)、シンボリクリスエス(02・03年)、ゼンノロブロイ(04年)と3頭のJRA賞年度代表馬を送り出し、最多勝利調教師を12回獲得。これまでに重賞90勝(うちGI21勝)を含む、現役トップ(歴代6位)のJRA通算1217勝をあげている(19日現在)。

★父ゼンノロブロイも藤沢和厩舎に所属

 ゼンノロブロイは4歳時の04年に天皇賞・秋→ジャパンC有馬記念を3連勝したが、3歳時はダービー2着、菊花賞4着とクラシックに手が届かなかった。

 産駒はJRA重賞を12勝しているが、うち東京で6勝。10年にサンテミリオンオークスサンスポ賞フローラSペルーサ青葉賞、11年にトレイルブレイザー、12年にルルーシュがAR共和国杯、14年にサングレアルフローラSと、すべて2000メートル以上のレースで勝った。クラシックVはサンテミリオン(古賀厩舎)が果たしたが、ロブロイを手がけた藤沢和厩舎の勝利となればまた格別。娘バウンスには大きな期待がかかる。

[もっと見る]

サンテミリオン引退、繁殖入りへ 2013年1月24日(木) 05:00

 2010年のオークスサンテミリオン(美・古賀慎、牝6、父ゼンノロブロイ)が引退、この春から北海道千歳市の社台ファームで繁殖生活に入ることになった。

 同馬はゼンノロブロイの初年度産駒で、10年1月にデビュー。オークストライアルのGIIサンケイスポーツ賞フローラSで重賞初制覇を飾り、オークスではアパパネとGI史上初となる1着同着と歴史に残るデッドヒートを演じた。その後は体調を崩すなどして13戦して未勝利。20日のアメリカJCC11着が最後のレースとなった。通算18戦4勝。同馬はすでに宮城県の山元トレセン入り、繁殖の準備に入っている。

[もっと見る]

【AJCC】最新ナマ情報2013年1月20日() 05:03

◆落ち着きは十分〔4〕アドマイヤラクティ

 重賞に初挑戦した金鯱賞で差のない3着だった(4)アドマイヤラクティは午前5時29分に栗東トレセンを出発し、同11時31分に中山競馬場へ着いた。馬房ではリラックスしており、「輸送は順調でスムーズでした。中山は何度も来ていますし、落ち着いています」と古味(こみ)調教助手はニッコリ。中山は昨春に館山特別−湾岸Sを連勝し、2戦2勝と相性抜群で「実績がありますし、うまく脚を使えれば。賞金を加算したい」と期待する。

◆脚どりキビキビ〔9〕ルルーシュ

 有馬記念8着(9)ルルーシュは朝イチの午前4時に、美浦Wコースで軽めのキャンターを消化。集中力があり、キビキビとした脚さばきだった。土田調教助手は「もうそんなにやる必要はないし、これで十分。前回は12キロ増でも見た目が太いわけではなかったが、今回は目方が減ってくると思う。疲れもないし、いい仕上がりですよ」とデキに自信を見せている。

◆距離の不安なし〔3〕ダノンバラード

 金鯱賞8着(3)ダノンバラードは午後0時32分、中山競馬場に到着。約30分間の引き運動を消化した。「輸送中もおとなしかったし、問題ありません。追い切りの動きもよく、いい雰囲気ですよ」と田重田(たじゅうた)調教助手。

 前走の左回りから3勝を挙げている右回りに舞台が替わる。「2200メートルの距離も心配していませんし、何とかしたいですね」と2010年12月のラジオNIKKEI杯2歳S以来、約2年1カ月ぶりとなる重賞Vへ意欲を見せていた。

◆国枝師「楽しみ」〔1〕サトノアポロ

 重賞初挑戦となる(1)サトノアポロは、昨年末のクリスマスCを勝ってオープン入りした勢いを持続している。レース前日は美浦坂路を4ハロン65秒0で1本上がり、その後はWコースで終いをサッと流した。グッと気合が乗って雰囲気は良さそうだ。国枝調教師は「バッチグーだな。まだ完全ではないが、体質が少しずつ強くなって充実してきた。現段階でどれだけやれるか楽しみ」と期待を持って送り出す。

◆太め感のない体〔5〕トランスワープ

 昨年のサマー2000王者(5)トランスワープは、美浦の角馬場でじっくり体をほぐしてから南Aコースを2周。天皇賞・秋17着以来2カ月半ぶりだが、落ち着きは十分で、540キロ前後の超大型馬でも太め感のない体つきだ。萩原調教師は「前走と比べても悪くない状態。馬体重も前走と同じくらいで出せそう。右回りならモタれる心配も少なく、スムーズに競馬できると思う」と語った。

◆気合乗りも上々〔11〕ネコパンチ

 (11)ネコパンチ宝塚記念16着以来、蹄の不安で7カ月ぶりとなるが、態勢は整った。レース前日は美浦でじっくり時間をかけて角馬場から南Aコースを2周。脚さばきは軽く、気合乗りも上々だった。「追い切りは先週も良かったが、今週はさらに良かった。久々のわりにいい仕上がり。枠は外になったけど、スタート後は直線が長いからね。自分の形に持ち込めれば、恥ずかしいレースにはならない」と星野調教師。昨春の日経賞での大逃げを再現できるか。

◆「大外枠はいい」〔12〕サンテミリオン

 (12)サンテミリオンは美浦坂路2本目に1ハロン13秒7(4ハロン57秒8)と終いを伸ばした。前走の愛知杯はしんがりの18着に敗れたが、古賀慎調教師は「1年前(4着)より状態はいい。馬場は重くなってほしかったが、昨年と同じ大外枠はいいと思うし、外から気分良く運べれば」と巻き返しを狙っている。

[もっと見る]

【AJCC】サンテミリオン復活へ併入2013年1月17日(木) 12:08

AJCC追い切り 

 美浦Wコースで馬なりの3頭併せ。内ロジヒット、外コウヨウレジェンドと併入した。気配は悪くないだけに、復活のきっかけがほしい。

 ■古賀慎調教師「Wコースでは動かないタイプだが、けさは良かったと思う。昨年4着だし頑張ってもらいたい」

(夕刊フジ)

 AJCCの特別登録馬(騎手想定入り)★PCはこちら★スマホはこちら

 サンスポ、エイト、夕フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

[もっと見る]

【古馬次走報】サンテミリオン、目黒記念へ2012年3月30日(金) 05:01

 ★…日経賞6着サンテミリオン(美・古賀慎、牝5)は目黒記念(5月27日、東京、GII、芝2500メートル)、8着フェイトフルウォー(美・伊藤伸、牡4)は天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)へ。

 ★…産経大阪杯に登録していたスマートギア(栗・佐山、牡7)は、新潟大賞典(5月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)を視野に調整を進める。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンテミリオンの関連コラム

閲覧 191ビュー コメント 0 ナイス 3

第232話 「フローラS


08年 36.1-49.3-35.1 =2.00.5 ▼8±0△12 瞬発戦
09年 36.0-49.9-36.3 =2.02.2 ▼6▼4△ 8 瞬発戦
10年 36.5-48.9-34.8 =2.00.2 ▼7▼2△ 4 瞬発戦
11年 35.7-49.8-37.8 =2.03.3 ▼4△8△ 2 平坦戦 重
12年 36.7-51.2-34.1 =2.02.0 ▼7▼2△ 3 瞬発戦

重馬場開催だった11年は上がり37.8秒も掛かる前傾ラップ平坦戦でしたが以外は瞬発戦となっています。
開幕週開催だけあって基本的には先行馬有利ですが昨年の様に中盤が緩すぎると4コーナーまでに差し馬が距離を詰めることが可能になるので展開次第とも言えます。
基本的には先行馬で瞬発力のある馬を狙いたいレース。
もちろん枠順も外よりは内の方がベターで5枠より外で連対した4頭は全て3番人気以内でした(3頭は先行でした)
但し、3着となると紛れが生じる着順なのでこれには該当しません。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
レッドアゲート   【瞬2平1消0】±0▼ 2△ 5 △ 1▼1▼ 8 ▼ 5▼ 5△ 4
ディアジーナ    【瞬4平1消1】▼5▼ 5△12 ▼10△1△ 5 ▼ 4△ 2△ 8
サンテミリオン   【瞬2平0消0】▼5▼10▼ 3 ▼ 1△2▼ 6
バウンシーチューン 【瞬1平1消0】△2▼ 1△ 7 ▼ 7▼2△ 3
ミッドサマーフェア 【瞬3平1消0】△2▼11△16 ▼ 3▼1± 0 ▼21▼ 4△ 3
2着馬
カレイジャスミン  【瞬3平0消0】▼8▼ 5△11 ▼10▼8△14 ▼ 5▼14△20
ワイドサファイア  【瞬2平0消0】▼2▼ 7△ 8 ▼ 6▼11△12
アグネスワルツ   【瞬1平1消0】▼2▼ 6△ 7 ▼ 4▼3△ 7
マイネソルシエール 【瞬1平0消0】±0± 0▼ 7
アイスフォーリス  【瞬4平0消0】▼7▼ 6△ 6 ▼10▼5△ 2 △ 2▼16± 0

11年はやはり例外という感じで以外の馬は先行して急加速レースでの実績馬が多いです。
但し、レッドアゲートの様にそれまでは後方の位置取りだったのがこのレースでいきなり先行するケースもあるので注意が必要でしょう。
(おそらく陣営も開幕週というのを意識してのことだと思います)
スタートダッシュがあまり上手くないので毎回後方になってしまうのか意図的に下げていたのか、この辺りはレースVTRを見て判断するしかないでしょう。
(展開次第と言うのであれば脚質は予想の参考にしないというのもありだとは思います)

あと、サンテミリオン以外の勝ち馬には平坦戦実績があるのでこれはあった方がベターかも。
但し、これは見方を変えると平坦戦実績があるというよりもレース出走数が多い馬と捉えることも出来るかもしれません。
近年はキャリアの多い馬の活躍が目立ちます。
ミッドサマーフェアは今回が8戦目、ディアジーナは10戦目でした。
どちらも人気馬じゃねーか、と言われるかもしれませんが
・8戦目 マイネソルシエール 2着/15番人気
・10戦目 カレイジャスミン 2着/6番人気
などもいるのでキャリアの多い馬を狙えとまでは言いませんが、マイナス要素にはならないと考えてもいいかもしれません。
ディアジーナはその後2戦して登録抹消、ミッドサマーフェアクイーンS3着はあるものの期待された成績は今のところ残していません。
出走過多のツケが回った結果という可能性もあるかも。

以下は個人的な印象です。
このレースはG兇任呂△蠅泙垢「格」はそれほど必要のないレースではないかと思っています。
内枠先行有利だったり、その時の調子次第だったり(過去5年の勝ち馬は前走3着以内でした)がポイントということです。
予想のスタンスとすれば「3歳牝馬OPクラス」というぐらいの方がいいかもしれません。

さて、今年のメンバーですが前走重賞好走馬にイリュミナンスエクスパーシヴエバーブロッサムグッドレインボースイートサルサ、の5頭がいます。
エクスパーシヴエバーブロッサムには大きな加速実績がないのが不安
スイートサルサは脚質的に不安
イリュミナンスは大きな加速実績はあるもののテン37.9秒で先行出来たのが大きい
レースレベルが上がれば(=ある程度ペースが速くなれば)イリュミナンスという気がしますが上記に書いた通りスローで急加速の展開になれば取りこぼしも十分考えられます。
(なんとなくですがマンカフェ×トニービンという血統でヒカルオオゾラのイメージが被ったりします)
となれば残るはグッドレインボーか?
それよりもイチオシとしたいのはテンシンランマン
連対した全てのレースは先行して急加速の展開でした。
今まで通りの競馬が出来れば十分勝ち負け可能でしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
テンシンランマングッドレインボーイリュミナンス


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2011年11月11日(金) 17:53 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 11月12・13日分
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさん、こんにちは!

この先、苦手なG1が続きますが、楽しんで予想していきたいです。

1.エリザベス女王杯
外国馬は調教重視派としては買えないので、日本の古馬中心に買いたいです。
フミノイマージン
アニメイトバイオ
アヴェンチュラ
サンテミリオン
2週続けてCWで好時計を出したフミノイマージン本命。末脚炸裂に期待。
相手は追いかけ続けてるアニメイトバイオ。牧厩舎なのにポリ追いなので◎付けるのやめました。
単穴は坂路とCWで鋭い動きだったアヴェンチュラ
穴で狙いたいのは馬体が絞れた時のサンテミリオン。ウッドでは引き続き動いており、善戦に期待。

2.その他の重賞
人気馬の調教が良く、荒れない予感。
武蔵野SはシルクF、ダノンカモン、アドマイヤRの人気3頭と穴でヒラボクワイルド
京王杯2歳Sモンストールオリービンレオアクティブダイワインスパイア
京都JSはテイエムハリアーエムエスワールドドングラシアスエルジャンクション


今週は土日とも府中入り。晴れますように(祈)

それでは今週末も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年10月13日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第71話秋華賞(謎解き編)〜
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 6

第71話 「秋華賞

05年 35.6-48.6-35.0 =1.59.2 △2▼3△8 平坦戦
06年 34.5-48.1-35.6 =1.58.2 ±0▼4△4 平坦戦
07年 34.2-51.0-33.9 =1.59.1 ▼11△2△4 瞬発戦
08年 35.0-48.0-35.4 =1.58.4 ▼4△3△3 平坦戦
09年 34.0-49.0-35.2 =1.58.2 ▼2▼4±0 平坦戦

テンが緩かったのは05年、中盤から上がりが速かったのは07年。
それ以外はほぼ似た様な流れ。
テンが速く中盤もそれほど緩まず上がりは35秒台。
つまり一貫したスピードレースで問われる適性は「スピードの持続」
過去5年の中盤の平均ラップを1F平均にしてみると「12.24」という数字になります。
つまり中盤でも12秒前半のペースでレースが流れるので地脚がない(追走スピードが足りない)馬は好走確率が低いと言えます。

脚質的に言えば、一貫した流れのレースなので逃げ馬は不利となるでしょう。
特に牝馬ですから底力が足りない馬が多いはず。
近年で逃げて唯一馬券になったのは08年の3着のプロヴィナージュ
瞬発力がやや足りないので勝ちきれない状況ですが牡馬混合の中長距離重賞でも馬券になるほどの底力の持ち主。
逃げて勝ち負けが出来るとすれば彼女ぐらいの底力は持っていないと厳しいでしょう。
一方、逃げ馬ほどではないですが追い込み馬も不利な脚質です。
京都内回りでワンペースレースとなると隊列が縮まる箇所があまりありません。
開幕2週目ですし直線一気という芸当は相当な末脚でないと届かない計算です。
ベスポジは「中団に位置する馬」となります。

適性に関してはこれぐらいにして・・・。
秋華賞といえば08年には驚愕の3連単10,982,020円が飛び出たレース。
秋華賞は「取りたいレース」とは別に「狙ってみたいレース」の一つです。
簡単に言うと荒れやすいレースです。
阪神JFチューリップ賞桜花賞ローズSなど牝馬限定の主要レースは06年の秋以降阪神の外回りに変更となりました。
これらは全て瞬発コースで瞬発力が問われやすいコース。
そしてオークスフローラSなど東京コースも瞬発コース。
秋華賞が行われる京都20コースは平坦度合いの高いコースなので問われる適性がそれまでとは若干変わってきます。
クラシック上位馬が凡走しても不思議はないレースと言えるのです。
その後押しとなるのはこのレースが牝馬限定のレースだということ。
牝馬というのは牡馬に比べて不得意なコースを覆すほどの底力を持っていない馬が多いです。
牝馬最上位クラスの2頭でも以下の通りとなっています。

ブエナビスタ
瞬発コース成績 5-0-0-0
瞬発平坦コース成績 2-3-3-0

ウオッカ
瞬発コース成績 8-4-2-1
瞬発平坦コース成績 2-1-1-3

とはいえこの馬は別ですが・・・。
ダイワスカーレット
瞬発コース成績 3-2-0-0
瞬発平坦コース成績 5-2-0-0

アパパネサンテミリオンがブエナやウオッカタイプであれば取りこぼしも十分考えられます。
但し・・・実は今年の桜花賞平坦戦だったんですよね。
エアメサイアが勝利した05年の秋華賞に近い流れだと思います)
オークス馬のサンテミリオンは別にして桜花賞も制しているアパパネは軽視禁物かも。
(2冠馬に対して軽視する人はいないか)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アンティフリーズ→アプリコットフィズトゥニーポート
こんなに早く芝のG気縫織奪廚了討出走できるとは。
いや、正確には抽選を通らないと出走出来ないのですが信じます。
ちなみに上の3頭はカクテル→カクテル→ワインというサイン(だけ?)だったりもします・・・(笑)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年5月21日(金) 14:48 鈴木和幸
【鈴木和幸G1コラム】 オークス出走馬全馬解説
閲覧 202ビュー コメント 0 ナイス 0

●第71回オークス(G機暴仭馬の短評

 
コスモネモシン
       
桜花賞は伸びず、かといってバテもせず、ただ流れ込んだだけの9着。その前3戦の末脚が目を引いていただけに、期待はずれの結果だった。あれが実力ではないはずだが、ここ3戦、体重が減り続けており、巻き返しは難しい。

 
アグネスワルツ
       
フローラSは単騎の逃げ、5F60秒6のペースにも恵まれたが、1馬身差2着は勝ち馬がサンテミリオンだけに価値がある。これまでの4戦中、逃げた3戦が好走で、逃げなかった、あるいは逃げられなかった初戦が凡退だったから、逃げやすい今回のこの2番枠は絶好。ただし、1600メートルを1分33秒7のレコードで走るような馬だけに、2400メートルは長すぎないか。少なくとも距離延長がプラスになるとは思えない。

 
アプリコットフィズ
       
父がジャングルポケット(ダービー、ジャパンC)、おじにマンハッタンカフェ菊花賞有馬記念、天皇賞・春)の血統を考えてもこの馬はマイラーではない、距離は2000メートル以上ほしい。もちろん、桜花賞の5着は悲観するに当たらない、むしろ、0秒3差はよく走っている。前半をいそがせず、ゆったりといかせたら、どれだけ走るかわからない。前半の5F59秒2(桜花賞は58秒9)で流れたクイーンCの圧勝にその一端を見ることができる。オークスこそが本領発揮の場、長距離輸送がないので攻め馬の質、量は桜花賞当時とは比べものにならない。有力だ。
 
 
ショウリュウムーン
       
桜花賞は直線半ばで外に立て直すロスがあっての4着。G前の脚色はこの馬が一番よかった。まさに惜敗だった。チューリップ賞勝ちを見るまでもなく、力はアパパネに勝るとも劣らない。ダンスインザダ−クの肌にキングカメハメハなら、距離延長も問題なし。ただ、今週の追い切りがやけに軽く、東京への長距離輸送を気にしているふうがある。レース当日の体重減、イレ込みに要警戒である。これをクリアできれば、首位戦線に躍り出てくる。

 
ギンザボナンザ
       
桜花賞は出遅れが痛かった。位置取りが後ろすぎてしまい、直線はそれが原因でショウリュウに前をよぎられる不利があった。0秒4差7着、しまいは脚を伸ばしてきただけに、本当に惜しい。この枠順なら前を壁にして折り合いはつけられよう。行きたがる気性はともかく、母の父はあのトニービン、6頭のゼンノロブロイ産駒の中でも2400がドンピシャリなのはこの馬である。ノーマークにはできない。

 
オウケンサクラ
       
桜花賞は中1週、中1週のあとの中2週、明け3歳牝馬としては考えられないようなハードスケジュールだったにもかかわらず、これに耐えたどころか、Vシーンまでつくる2着だから恐れ入る。このスタミナ、体力は母の父リアルシャダイ(代表産駒は春の天皇賞2勝のライスシャワー)、父バゴ(凱旋門賞馬)からくるのだろう。もちろん、桜花賞では距離不足、断然オークス向きである。疲れどころか、さらなる充実を感じさせる中間の豊富なケイコ量と、最終追い切りの好タイム、力感あふれる動き、ハナにこだわらない先行力、二の脚に魅力いっぱい。加えて鞍上はといえば、お任せの“アンカツ”こと、安藤勝である。桜のリベンジVがあっていい。

 
Д法璽泪襯トメ
       
スイートピーS2着で出走権を手にしたが、その前のフラワーCでは1秒も離された7着と勝負になっていない。前走後の上がり調子は認めてもこのメンバーでは。

 
プリンセスメモリー
       
クイーンCの2着は、勝ち馬アプリコットフィズ35秒1をはるかにしのぐ34秒3の末脚だっただけに注目に値しよう。桜花賞で同じ脚を使いながら13着でしかなかったのは、出遅れと体重10キロ減のせい。その馬体細化はまったく軽めの最終追い切りを見るかぎり解消されていない。スタミナがもたないい。

 
モーニングフェイス
       
ラッキーにも抽選で最終切符をものにした。忘れな草賞2000メートルを勝っているし、すでに2400メートルも経験している。馬場が渋れば3着争いにまで顔を出すか。とにもかくにもスタミナはメンバー屈指である。

 
タガノエリザベート
       
ファンタジーSで見せた、圧巻の上がり33秒5の脚がここ3戦不発、桜花賞では見せ場の一つも作れなかった。追い込み一手で展開に左右されやすいのと、体調そのものに?がつくからだろう。今週の追い切りにもさしたる良化は見られなかった。

 
ブルーミングアレー
       
4コーナーをしびれるような、抜群の手ごたえで回りながら、いざ追い出してからの伸び脚が案外で2着すら確保できなかった前走に不満が残る。トライアル3着で出走権はとったものの、まだ1勝馬で、このメンバーでは電光掲示板すら危うい。

 
トレノエンジェル
       
スイートピーSがハナ差の辛勝、それでもデビューからの3戦で2、1、1着だからまだ底をみせていないともいえる。この点と、3代母がオークス2着のシャダイカグラに注目して3着狙いもあるか。

 
アニメイトバイオ
       
桜花賞の8着はいっきょの体重20キロ減がこたえたものだろう。アネモネS時の体があまりによかっただけに、残念だった。中間の調教と最終追い切りをみると、だいぶ回復してきたようだが、それでも肌つや、ハリなどは戻り切っていないように感じる。阪神ジュベナイルでアパパネと半馬身の勝負をした馬ではあるが、体調そのものに問題があっては。

 
シンメイフジ
       
休み明けで体重が減っていたフラワーCは、仕上げそのものに問題があり、不本意な逃げでの5着は納得である。桜花賞は坂路の最終追い切りでラスト1F11秒7をマークしたように、急ピッチに復調していた。そのうえでの桜花賞6着は8枠17番がこたえ、位置取りが4角14番手と後ろ過ぎてしまったからだ。上がり33秒8はメンバー最速、まだまだ見限れない。

 
エーシンリターンズ
       
桜花賞はあまりの手ごたえのよさに、4角2番手はいささか仕掛けが早すぎた感。それに直線半ばで併せ馬の形がとれなかったのが痛かった。G前、外からアパパネがきたらもう一度脚を使っただけに惜しい。チューリップ賞でもアパパネとは同タイムの接戦だったし、このメンバーでの力負けはない、むしろ、上位にランクできる。母エイシンサンサンオークス11着だったが、古馬になって朝日チャレンジC2000メートルで2着しているし、条件戦ながら2200、2400メートルで勝っている。桜花賞よりオークス向きの血統のバックボーンと、前走とは一変した最終追い切りにはVまで見えてくる。

 
哀好謄薀蝓璽
      
函館2歳Sの勝ち馬ながら、以後、3ヶ月の休養をとったのに体重が増えず、さっぱり成長がない。ここ一連の成績からもまったく狙える材料が見当たらない。

 
アパパネ
      
あの大きなトモ、決して長くはない胴、この体形と、行きたがる激しい気性からもマイラーである。1200メートルまでしか勝てなかった、母ソルティビッドの血を少なからず引いている。とはいっても春の時点での3歳牝馬同士だ、G毅仮,琉掬歸な能力からすれば、距離克服があっておかしくないが、さて、この外枠17番で蛯名はうまいこと折り合いをつけられるだろうか。過去、何頭も同タイプの桜花賞馬の凡退を見てきているだけに、実績重視の評価はしにくい。▲、注まで?。いずれにしても◎は打たず。

 
サンテミリオン
      
正直に言って馬体は地味である。どこにでもいるような馬に見える。しかし、レースにいけば、その成績を見るまでもなく走る。2000メートルでデビューさせて、ここまでの4戦、1800と2000のみ、桜花賞は眼中になく、オークス一本狙いだったことは火を見るより明らかだ。もちろん、当たり屋の鞍上とあわせ、首位争い必至だが、大外18番でこれまでのような前、前での競馬ができるかどうか。流れに乗れず、馬群にもまれたときの心配もしておく。

[もっと見る]

2010年4月25日() 10:38 ター坊
【ター坊の注目予想家紹介】 某プロが“自信”の重賞予想!
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんおはようございます!

本日もビシッと的中させたいですね。

さて、ついさきほどkmプロに早朝突撃インタビューを決行しました。

kmプロは土曜日も

京都10R オーストラリアT 7930円的中

東京11R メトロポリタンS 単勝560円 複勝230円ダブル的中

など東西メインで好結果を出していました。

ということで、
日曜の東西メインレースも注目だというわけでございます。

それでは、さっそくどうぞ!



※※ kmプロに突撃インタビュー! ※※


ター坊:
フローラSは、どんな予想になりそうですか?

kmプロ:
オークスがマイラーでこなせるレースとすれば、
フローラSはクラシックディスタンスに適性がある馬が活躍するレースです。

東京コースでは珍しい消耗戦になる可能性が高いと思います。

このレースでは、
水準以上の先行力と最後まで伸びきる末脚の持続力が必要です。


ター坊:
なるほど。ではkmプロの最終決断は?

kmプロ:
サンテミリオンが人気を被っていて、
実力があるのに不当に評価が低い馬が何頭かいます。

そんな穴馬を見つけました。

◎は人気薄で、
サンテミリオンとの組み合わせでも配当はつきます。

また人気になっていますが、
※※※※※※※※※は非力なスピード型、
※※※※※※※※※は器用な脚が使えないのでバッサリ斬ります。

自信があるので、ぜひこの予想を参考にして欲しいですね。


ター坊:
なるほど、確かに◎や▲は盲点ですね。
ター坊も参考にさせてもらいます。

さて京都のアンタレスSは?


kmプロ:
距離千八がベストの馬が多々いますし、上位勢が安定しています。

頭数が絞れそうです。

人気の※※※※※※※※※は信頼できません。

実力馬※※※※※※※※※も取りこぼしの可能性が大きいでしょう。

とすれば、逆転の目がある馬は限られてきます。

鞍上が強化された※※※※※※※※※。

京都が得意の※※※※※※※※※。

勢いがある※※※※※※※※※。

このあたりに注目しています。

ター坊:
ほ〜。あの人気馬をバッサリ斬るのは強気ですね。

こちらも好配当が期待できそうです。

他に注目レースはありますか?

kmプロ:
他は平場で妙味のあるレースがあったら登録する予定です。
バッチリ当てて来週のGIに繋げられば最高ですね!

ター坊:
ありがとうございます。
楽しみにしています!


以上です。

土曜の東西メインを仕留めたkmプロの日曜メイン予想。

これは絶対に見逃さないでください!


▼kmプロの予想はこちらをチェック!(PC)



※リンク先はすべてPCのみです。モバイルの方は、お手数ですがトップページのプロ予想DXからアクセスしてください。

[もっと見る]

2010年1月4日(月) 14:49 上海こうぞう
コウゾウメン〜新馬&金杯の調教評価〜
閲覧 181ビュー コメント 0 ナイス 1

明けましておめでとうございます。

いよいよ2010年度の中央競馬が開幕。
先週末は競馬開催が無く、寂しい週末を過ごしたのは小生だけではないはず・・・

明日は1日だけの開催ですので、今回だけコメントを入れてみました。


1.新馬戦の調教評価

<火曜>
中山6R 芝2000m
1位 A サンテミリオン
2位 A クォークスター
3位 B アールディスタンス
4位 C アドマイヤキャロル
5位 C スマートバルカン
6位 C サマーブルーヘブン
サンテミリオンはウッドと坂路併用で乗り込んで好時計。
クォークスターもをウッドと坂路併用、ウッドでは終いの伸びが目立った。
アールディスタンスは鹿戸厩舎流の仕上げで、ウッドの時計も上々。
アドマイヤキャロルは時計は上々だが、ポリトラックのみなので多少割り引いた。
スマートバルカンはウッドは目立つが坂路では目立たないため、多少割り引いた。
サマーブルーヘブンは坂路も併用しているが、ポリトラックでマズマズ。

京都6R 芝2000m
1位 A ラフォルジュルネ
2位 A エーシンポルックス
3位 B アナバティック
4位 B シアフォース
5位 C トーセンアドミラル
6位 C ニシノオフェンス
ラフォルジュルネは本数は少ないがCWの時計が目立つ。
エーシンポルックスはジョッキー騎乗だが坂路で好時計でラップも優秀。
アナバティックは中間CWで破格の時計を出したが、その後の坂路が軽めなので多少割り引き。
シアフォースは全体の時計こそ目立たないが、CWで終いの伸びは目立つ。
トーセンアドミラルも厩舎らしい仕上げ方で、CWで終いの伸びはマズマズ。
ニシノオフェンスは坂路でマズマズの時計だが、1月に時計を出していないので割り引いた。


2.おまけの金杯調教評価

<日曜>
中山11R 芝2000m
1位 S サニーサンデー
2位 A レオマイスター
3位 A デルフォイ
4位 B アクシオン
5位 B ゴールデンダリア
6位 B ブルーマーテル
サニーサンデーは1月はキャンターのみだが、中間ウッドで破格の時計連発で終いの伸びも目立つ。
レオマイスターはウッドで馬也で好時計連発。
デルフォイはポリトラック中心の仕上げだが、終いの伸びが目立つ。
アクシオンはこの馬としては先週のウッドは上々の時計。
ゴールデンダリアは中1週なので馬也の調整だが、ウッドでマズマズ。
ブルーマーテルはポリトラックで上々の伸び。
トウショウの2頭はウッドで時計を出したが、中間が不満なので割り引いた。

京都11R 芝1600m
1位 S スマートギア
2位 A フィールドベアー
3位 A ドラゴンファング
4位 B アーリーロブスト
5位 B ティアップゴールド
6位 B ライブコンサート
スマートギアは坂路で好時計連発、ラップも優秀。
フィールドベアーはCWで終いの伸びが目立つ。
ドラゴンファングは中間の坂路ラップが優秀。
アーリーロブストはCWで馬也で好時計。
ティアップゴールドはこの馬としてはCWの終いの伸びは上々。
ライブコンサートは中間不満も、今週は坂路で上々の時計。
マイネルレーニアのように、いつも時計が出てもレースに直結しない馬は割り引いた。

今年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

[もっと見る]

サンテミリオンの口コミ


口コミ一覧

オークス(2014)考察。

 Hideki.S 2014年5月22日(木) 00:09

閲覧 5ビュー コメント 0 ナイス 10

松田博厩舎といえば、あの『輝く1等星』ベガの印象がやはり強くて、脚が曲がっていながらも新馬戦からチューリップ賞の圧勝(このレースではベルシャルマンテを応援していた)、そして桜花賞とオークスを2冠を制した名牝だったけれども、引退後は繁殖としても超一流の評価が与えられている。

そのベガの孫娘ハープスターがさらに突き進んでいくのは確実であろうオークスの戦前予想ではあるのだが、ちょっと気になる馬がいたりする。

フローラS(2014)
12.9-11.8-11.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.5-11.5-12.5(JRAより)

サングレアル 13-13-13 1着 2:00.0
ブランネージュ 3-3-3 2着 2:00.0 アタマ差

今年のフローラSはレースレコードでサングレアルが勝ち抜いたわけだけど、注目したいのは2着に負けたブランネージュだ。マイネグレヴィルがなかなかのペースで逃げて1000m通過から加速段階に入り、直線を向いてマイネグレヴィルが失速したところをブランネージュが先頭に立ち、粘り切りそうなところを追い込んできたサングレアルにアタマ差交されたのだ。

12.3-12.0-11.8-11.5-11.5のところはやはり緩みがなく、終い12.5秒では差し脚が台頭するのは当然で、やはり各コーナーを3-3-3で通過して粘ったブランネージュに能力上位のものがあると思っていて、現段階の結論としてはハープスターとブランネージュの馬単の裏表は買っておいても良さそうかなと、愚かなニヤケ顔で、フローラSのVTRを何度も眺めていたりするわけで…

フローラS組だったサンテミリオンがオークスでアパパネと同着で1着になった2010年のフローラSとダブる部分はある。そのフローラSで勝ったサンテミリオンの2着だったアグネスワルツもオークスでは3着に踏ん張っていたのだから、今年のフローラS組は打倒ハープスターとしての存在を十分アピールできるレベルにはあると思っている。勝ったサングレアルというよりも、2着だったブランネージュの方に期待したい。

 ユウキ先生 2013年1月23日(水) 22:23
☆史上初の死闘を演じたオークス馬も引退か☆
閲覧 81ビュー コメント 1 ナイス 7

『サンテミリオン』引退するようです・・・。

2010年のオークスはまさに死闘でした!!

3冠牝馬アパパネとのJRA初のG1同着優勝(^^)

「こんな事ってあるのか!」と言うようなレースでしたね☆★

http://www.youtube.com/watch?v=UYBQEq3NBtQ

感動的なレースをありがとう〜〜サンテミリオン(*^_^*)

お母さんとなってまたその仔がアパパネの仔とオークスで戦ってもらいたいです(*^_^*)

[もっと見る]

 Alvaro 2010年11月14日() 00:34
■予想コラム■ 2010/11/14 エリザベス女王杯 他
閲覧 4ビュー コメント 0 ナイス 0

土曜日は悪い予感が勝ってボロボロ。
唯一まともに当たったレースが予想公開レースだったのがせめてもの救いでしょうか。(苦笑)

所詮その程度の予想ですが懲りずに精進しますm(_ _)m

・目標的中率
メイン・・・30%
バント・・・50%
無茶振・・・20%
----------
■メインレース予想■

京都11R エリザベス女王杯

◎ 7 サンテミリオン
ゼンノロブロイ×ラストタイクーン

一昨年◎に推したリトルアマポーラが再度気になりつつも、
当時を思い出してクラシックでちょっと足りなかった馬を選ぶのがベター。
血統面ではSS系×ND系が好相性。またはリファール系。

上記から絞れる1、7、8、12、17からサンテミリオンを選択。
オークス馬でありながら自身最速上がり34.6と渋太い伸び脚は京都外回り向き。
後方一気では差し届かない今の馬場も味方して、アパパネ&古馬一蹴を期待。

前走は状態面・レース内容共に参考外。

・メインレース予想戦績
全成績=1回(1、0、0、0、0 / 0)

2010/11/13 京王杯2歳S 東京芝1400m ◎グランプリボス 1着(7番人気)

----------
■今日の送りバント■

東京11R 武蔵野ステークス

◎ 14 バーディバーディ
ブライアンズタイム×シーキングザゴールド

現代競馬の芝コースでブライアンズタイム産駒を買うのは間違ってる!(軌道修正:笑)
現時点で想定よりも人気が無く、何か不穏な空気・・・(;´д`)

東京のダートマイルはロベルト系が相性の良いコース。
中でも母父SS系、またはミスプロ系は有無を言わずに買っておきましょう。
今回の該当馬はただ一頭。次点で同じ父ロベルト系ダノンカモンも注目。

双璧をなすヴァイスリージェント系の出走馬は2、7。母父で10。
人気二頭1、12のミスプロ系×ND系は1400m寄りでここは人気過剰と見ます。
グロリアスノアは東京専用馬。

忘れちゃいけないワイルドラッシュ。(謎)

・送りバント予想戦績
全成績=1回(0、0、0、0、1 / 0)

2010/11/13 オーロC 東京芝1400m ◎ロードバリオス 5着(3番人気)

----------
■今日の無茶振り■

京都12R 京都ロイヤルプレミアム

◎ 13 ハードシーキング
タバスコキャット×シーキングザゴールド

プレミアムをハードにシーキング。(意味不明)
人気馬が前でやり合う所を強襲期待。父・母父共に京都向き。
近走の様なスローペースになったら潔く諦めます。(笑)

・無茶振り予想戦績
全成績=1回(0、0、0、0、0 / 1)

2010/11/13 円山特別 京都ダ1400m ◎テイエムフルパワー 11着(14番人気)

----------

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンテミリオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  ☆まんでがん   フォロワー:5人 2010年4月23日(金) 05:38:32
この馬!!
1:
  hironish   フォロワー:3人 2010年2月5日(金) 01:39:40
1/24は相手が多少軽かったがOP2着馬を完封。2番手から最速上がりでは当然か。牝馬同士なら更に、と期待させる。

サンテミリオンの写真

投稿写真はありません。

サンテミリオンの厩舎情報 VIP

2013年1月20日アメリカジョッキーC G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンテミリオンの取材メモ VIP

2013年1月20日 アメリカジョッキーC G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。