注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

デニムアンドルビー(競走馬)

注目ホース
デニムアンドルビー
デニムアンドルビー
写真一覧
現役 牝7 鹿毛 2010年1月31日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績20戦[3-5-1-11]
総賞金36,396万円
収得賞金9,500万円
英字表記Denim and Ruby
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ベネンシアドール
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
フェアリードール
兄弟 ヤマノフェアリートウシンダイヤ
前走 2016/12/25 有馬記念 G1
次走予定

デニムアンドルビーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1671371.0119** 牝6 55.0 M.バルザ角居勝彦444(0)2.33.4 0.835.7⑭⑭⑩⑧サトノダイヤモンド
16/12/03 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 134417.688** 牝6 54.0 M.バルザ角居勝彦444(-6)2.00.2 0.532.8⑫⑫⑫⑫ヤマカツエース
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 163631.3102** 牝5 56.0 浜中俊角居勝彦450(+2)2.14.4 0.034.0⑮⑮⑭⑭ラブリーデイ
15/05/03 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1761226.3910** 牝5 56.0 浜中俊角居勝彦448(-4)3.15.6 0.935.0⑯⑮⑮⑯ゴールドシップ
15/03/22 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 102218.672** 牝5 54.0 浜中俊角居勝彦452(+4)3.06.1 0.235.6⑦⑦⑤⑤ゴールドシップ
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16612118.6169** 牝4 55.0 浜中俊角居勝彦448(+6)2.35.7 0.433.9⑪⑪⑩⑫ジェンティルドンナ
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 184813.0711** 牝4 55.0 浜中俊角居勝彦442(-2)2.24.8 1.735.5⑰⑰⑱⑯エピファネイア
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 182318.767** 牝4 56.0 浜中俊角居勝彦444(+6)1.59.9 0.233.9⑩⑪⑫スピルバーグ
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 122224.365** 牝4 56.0 浜中俊角居勝彦438(0)2.14.6 0.735.9⑥⑥④④ゴールドシップ
14/05/18 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 182310.347** 牝4 55.0 浜中俊角居勝彦438(--)1.32.7 0.433.2⑮⑮ヴィルシーナ
14/03/29 アラ 8 ドバイシーマ G1 芝2410 15--------10** 牝4 54.5 浜中俊角居勝彦---- ------ジェンティルドンナ
13/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 175929.872** 牝3 53.0 浜中俊角居勝彦434(-6)2.26.1 0.033.2⑫⑭⑬⑬ジェンティルドンナ
13/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 187145.035** 牝3 54.0 内田博幸角居勝彦440(-2)2.17.1 0.534.1⑱⑱⑰⑭メイショウマンボ
13/10/13 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 187143.314** 牝3 55.0 内田博幸角居勝彦442(-4)1.58.8 0.234.3⑮⑮⑪⑧メイショウマンボ
13/09/15 阪神 11 ローズS G2 芝1800 18113.811** 牝3 54.0 内田博幸角居勝彦446(+14)1.47.7 -0.136.0⑱⑫シャトーブランシュ
13/05/19 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18353.313** 牝3 55.0 内田博幸角居勝彦432(0)2.25.7 0.534.7⑱⑰⑭⑪メイショウマンボ
13/04/21 東京 11 フローラS G2 芝2000 186123.711** 牝3 54.0 内田博幸角居勝彦432(+2)2.03.9 -0.133.8⑱⑯⑤エバーブロッサム
13/03/31 阪神 3 3歳未勝利 芝2000 16362.011** 牝3 54.0 C.デムー角居勝彦430(+2)2.01.1 -0.334.3⑮⑯⑩⑪アサクサティアラ
13/02/23 阪神 5 3歳未勝利 芝1800 15345.732** 牝3 54.0 福永祐一角居勝彦428(-2)1.47.9 0.035.0⑥⑤ジューヴルエール
13/02/03 京都 6 3歳新馬 芝1600 16593.512** 牝3 54.0 福永祐一角居勝彦430(--)1.36.8 0.135.9⑧⑧ワールンガ

デニムアンドルビーの関連ニュース

 ★有馬記念9着デニムアンドルビー(栗・角居、牝7)は、フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)に参戦する。

 ★香港スプリント10着ビッグアーサー(栗・藤岡、牡6)は、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)に直行。鞍上は福永騎手。

 ★ポルックスSを逃げ切ったドリームキラリ(栗・矢作、牡5)は、マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)あたりが視野。3着タムロミラクル(栗・西園、牡5)は、佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)に登録。

 ★招福S勝ちのコスモカナディアン(美・金成、牡4)は川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)に登録する。

 ★中山金杯5着カムフィー(美・池上和、牡8)は白富士S(28日、東京、OP、芝2000メートル)へ。

 ★寿Sを逃げ切ったロードヴァンドール(栗・昆、牡4)は、小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)で重賞制覇に挑む。僚馬で淀短距離S6着ヒルノデイバロー(牡6)は、シルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)を予定。スプリンターズS11着ブランボヌール(栗・中竹、牝4)、ラピスラズリS13着の僚馬アースソニック(牡8)も同レースへ。

【古馬次走報】ロゴタイプ、中山記念で始動予定2017年01月03日(火) 05:01

 ★香港マイル5着ロゴタイプ(美・田中剛、牡7)は中山記念(2月26日、中山、GII、芝1800メートル)で始動予定。

 ★東京大賞典4着ノンコノユメ(美・加藤征、セン5)は、フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標に。師走Sを勝った同厩のグレンツェント(牡4)は東海S(22日、中京、GII、ダ1800メートル)と川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)の両にらみ。

 ★有馬記念9着デニムアンドルビー(栗・角居、牝7)は、アメリカジョッキークラブC(22日、中山、GII、芝2200メートル)に向かう。

 ★ターコイズS2着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝5)は、京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)とフェブラリーSを視野に調整される。同16着ダイワドレッサー(美・鹿戸、牝4)は川須騎手とのコンビで愛知杯(14日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★美浦Sを勝ってOP入りしたサクラアンプルール(美・金成、牡6)は白富士S(28日、東京、OP、芝2000メートル)を視野に調整する。

[もっと見る]

【有馬記念】レースを終えて…関係者談話2016年12月26日(月) 05:02

 ◆池添騎手(ヤマカツエース4着) 「状態がすごく良く、この枠((4)番)を最大限に生かすべくロスなく回ってきた。直線も頑張ってくれたし、来年が楽しみです」

 ◆浜中騎手(ミッキークイーン5着) 「牡馬の一線級相手で5着に来てくれた。よく頑張っている」

 ◆戸崎騎手(アルバート7着) 「内に入れてからはリズム良く走り、ラストはジワジワ来ている。もう少し枠((15)番)が内ならよかったが…」

 ◆バルザローナ騎手(デニムアンドルビー9着) 「後ろで脚をためる形。(2周目)3、4コーナーでペースが上がったときに脚を使ったぶん、伸び切れなかった」

 ◆岩田騎手(アドマイヤデウス11着) 「いいところで流れに乗れたけど、(2周目)3、4コーナーで余力がなかった」

 ◆田辺騎手(ヒットザターゲット12着) 「テンに行けないので、途中から進出しようと思っていた。それなりに食らいついているのですが…」

 ◆シュミノー騎手(サトノノブレス13着) 「ラストはジワジワしか伸びなかった」

 ◆中谷騎手(ムスカテール14着) 「ゲートでガタついて、後ろにモタれたときにスタートを切られた。いいポジションで進めたかったが…」

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー15着) 「注文通りにハナに行けたが、力が違いました」

 ◆杉浦師(サムソンズプライド16着) 「結果的にもう少し前で競馬できればよかったが…」

★25日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】地方の名手10人の本命は2強に集中! 2016年12月25日() 05:06

 中央競馬のドリームレース有馬記念に、全国地方競馬の名騎手10人が挑戦する。いずれ劣らぬ腕達者たちの本命は、(1)キタサンブラックと(11)サトノダイヤモンドの2頭に集中した。プロのジョッキーがさまざまな視点から読んだグランプリ。皆さんは誰の予想に乗りますか?

◆的場文男(大井) (11)サトノダイヤモンド

 ダービーでも本命に推しましたが、今回も(11)サトノダイヤモンドに期待します。ダービーは落鉄して2着でしたが、すごく良いエンジンを持っている印象を受けましたし、ここなら能力は上でしょう。今後はオルフェーヴルみたいに、日本の競馬の主役になってくれるはずですよ。

 ◯(14)シュヴァルグランも能力の高さを感じさせますね。ほかでは(6)サウンズオブアースの決め手も魅力ですし、(1)キタサンブラックもどこまで粘れるか。この2頭が同列で3番手です。

◆森泰斗(船橋) (1)キタサンブラック

 (1)キタサンブラックに注目します。JCでは府中の長い直線が向かないと思って無印にしたのですが、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。すごく操作性が良さそうで、中山の2500メートルも合う印象です。

 相手は(11)サトノダイヤモンドです。オーナーに勢いがありますから。センスがいいから上手に立ち回れそうです。▲はJCの末脚が目立っていた(14)シュヴァルグラン。同期デビューの(戸崎)圭太君が乗る(15)アルバートも頑張ってほしいです。

◆桑村真明(北海道) (1)キタサンブラック

 ◎は(1)キタサンブラック。持続的にいい脚を使えるし、(1)番枠をまた引けて運も向いている気がします。鞍上も武豊騎手ですし、力を出し切ってくれるのでは。道営記念をヤナガワ牧場さんの生産馬(2009年コパノカチドキ)で勝たせてもらいましたし、応援の気持ちもあります。

 相手は◯(11)サトノダイヤモンド。今年の3歳は強いですからね。面白そうなのが▲(13)デニムアンドルビー。前走が長い休み明けで、前がふさがりながら上がり最速。上がり目は一番でしょう。

◆山本聡哉(岩手) (11)サトノダイヤモンド

 ◎は(11)サトノダイヤモンドです。同じ池江厩舎の(12)サトノノブレスが、先行する有力馬にプレッシャーをかけてくれそうですし、自在に立ち回れる点が魅力ですね。○は(1)キタサンブラック。一番強いと思いますが、中山なので、みんなが位置を取りにいくはずですから、評価は対抗に。

 乗りたいのは▲(2)ゴールドアクター。この枠順なら、キタサンの後ろで、流れ的にもプレッシャーがかからない。(14)シュヴァルグランに乗る福永騎手は復帰後初のGI。頑張ってほしいですね。

◆吉原寛人(金沢) (11)サトノダイヤモンド

 本命も、乗ってみたいのも(11)サトノダイヤモンドです。距離が長いと思われていた菊花賞を圧勝。ポテンシャルの高さが素晴らしいですね。同じ里見治オーナーの(12)サトノノブレスが対抗。オーナーはこれまでGIを勝てなかったのに、この秋はポンポンと勝っていますよね。今年は最後に「里見オーナーの年だったなぁ」となりそうです。

◆東川公則(笠松) (1)キタサンブラック

 ▲(1)キタサンブラックの(1)番には競馬のドラマを感じました。(8)ミッキークイーンにも注目ですね。有馬記念は牝馬が好勝負していますから。

 本命は(1)キタサンブラック。中山は先行が有利ですし、競馬がうまくて折り合いもつくので、よほどのことがない限り、崩れることは考えづらいです。前走も強かったですし、去年と比べてもだいぶしぶとくなった感じがしますね。武豊騎手は同期なので、応援の意味も入っています。(11)サトノダイヤモンドや(2)ゴールドアクターも強いと思いますが、穴なら(15)アルバート。長い距離が合っている印象ですし、地方競馬出身の圭太(戸崎騎手)に頑張ってほしいです。

[もっと見る]

【有馬記念】最新ナマ情報2016年12月25日() 05:05

◆元気いっぱい〔1〕キタサンブラック

 午前11時32分に千葉県船橋市の中山競馬場に到着した。約6時間半の長旅にも、疲れた様子を全く見せず。馬房内に用意されたカイバをすぐに口にするなど元気いっぱい。辻田厩務員も「(輸送は)慣れていますし、いつも通り。競馬になると自然と気持ちが入りますからね。(枠順も4戦4勝の(1)番で)神懸かってるし、流れ的には勝つんじゃないですか」と期待を込めた。

◆連覇へ準備完了〔2〕ゴールドアクター

 坂路を4ハロン69秒6で上がり、連覇へ態勢を整えた。適度に気合が乗り、黒い馬体も前走時より引き締まってみえる。中川調教師は「いつも通りです」と言葉少な。ディフェンディング王者として臨むゆえの緊張感なのか。「やれることはやった。馬も落ち着いている」と話すにとどめた。

◆馬体重心配なし〔3〕ムスカテール

 栗東を午前6時頃出発し、約6時間半かけて中山競馬場に到着。馬房内では落ち着いた姿をみせ、山田助手も「慣れたもので、なんの問題もないです」。馬体重に関しても「調教後馬体重より10キロ減ぐらいで出られそう。自分で体重を合わせられる馬だし、この馬なりに走ってくれたらそんなに大きく負けないと思う」と胸を張った。

◆舞台は相性抜群〔4〕ヤマカツエース

 午後1時42分に決戦の地に入った。厩舎周りで30分の引き運動を行って調整。「中山では結果を出していますから(2戦2勝)。あとは距離と、カイバをしっかり食べてくれることですね」と東田助手は、相性抜群の中山で、3度目の激走を期待していた。

◆「集大成」見せる〔5〕サムソンズプライド

 Pコースをキャンターで流した。杉浦調教師は「どんな条件を走ってもそんなに大負けしないし、それなりに走ってくれるだろう。今が一番いい状態。そのタイミングで有馬記念に出られるのがいいし、この馬の集大成みたいなものだな」とグランプリで愛馬が走る姿を楽しみにしている。

◆好勝負願う陣営〔6〕サウンズオブアース

 関西馬最後の到着となったサウンズオブアースは午後3時17分に到着。ゆったりと馬運車から降りて、馬房におさまった。担当替えになってまだ5カ月という新妻厩務員は、「昨年との比較はできないけど、中山へも輸送したことがある馬だし、落ち着いていてまったく問題なくきました」と輸送の様子を話した。「いい意味で状態は維持。あとは新しい勢力との力関係がどうかですね」と好勝負を願っていた。

◆前走の再現期待〔7〕マルターズアポジー

 南Dコースをハッキングで1周半した後、Pコース1周のキャンターを行った。前日よりも折り合いがついて、心身のバランスが取れている。米良助手は「テンションを上げないようにやっているし大丈夫。具合はいいので、前走みたいに折り合った競馬をしてほしい」と気配は良好だ。

◆落ち着き好気配〔8〕ミッキークイーン

 オークス秋華賞を制している昨年の2冠牝馬は、初の中山でも落ち着きがあって好気配だ。「渋滞もなく、無事到着しました。体は引き締まって、前回よりいい雰囲気。今回はCWコースの長めで追い切れましたからね」と斉藤助手は、叩き2戦目で、大きな上積みがあることを強調していた。

◆昨年より状態よし〔9〕ヒットザターゲット

 午後1時47分に到着。これが50戦目となるだけに、輸送後でも落ち着いている。「8歳だけど元気いっぱい。競馬の日にはカイバを食べないが、前日にはしっかり食べるからね。昨年よりいい状態ですよ」と清生助手の口調は滑らかだった。

◆JCパスし万全〔10〕アドマイヤデウス

 昨年7着に続いての参戦。午後1時42分に到着した。「(昨年の)日経賞を速い時計で勝っていますし、中山は合うと思いますよ。ジャパンCをスルーしたのが良かったですね。最高の状態じゃないのかな」と松田助手は、デキの良さを力強くアピールした。

◆踏み込みに力強さ〔11〕サトノダイヤモンド

 サトノダイヤモンドは同じ池江厩舎の2頭と一緒に中山競馬場に到着した。到着後は厩舎周りの引き運動を消化。500キロ近い雄大な馬体で、大きな完歩で歩く姿は迫力満点だ。

 中澤助手は「皐月賞で中山に来たときと同じような感じ。変わりなく順調です」と笑顔。落ち着き払っており、運動を終えて洗い場に移動しても、じっとしている。「おとなしいのはいつも通り。長距離仕様だった菊花賞のときとは体つきが違いますが、菊花賞前から踏み込みに力強さが出てきています」と、本格化ムードを伝えた。

◆体重減は想定内〔12〕サトノノブレス

 午後0時54分に僚馬2頭とそろって到着。「輸送は7時間もかかっていないし、元気ですね。絞ることを前提にやってきたので、体重が減ることは間違いない。(前走から)マイナス6キロぐらいなら、いいんじゃないでしょうか」と田重田助手は笑顔を見せた。

◆激変モード突入〔13〕デニムアンドルビー

 関西馬の先陣を切って午前11時32分に到着。小滝助手は「ドバイを含めていろんなところに行っているので、落ち着いていますね。中間の調教ではどこまでも走っていきそうな感じで、今までにない雰囲気。よっしゃ、いくぞ!! という感じです」と激変ぶりを伝えた。

◆デキに胸を張る〔14〕シュヴァルグラン

 午後0時32分に中山競馬場に到着。津田助手は「思ったよりも早く着きました。輸送中もカイバを食べていて、落ち着いていますね」とうなずく。「今回は(体を)絞ったというよりも、前走からの時間があったので、しっかりと作った感じ。筋肉がパンプアップしている」とデキのよさに胸を張った。

◆気配の良さ実感〔15〕アルバート

 坂路で4ハロン67秒2のあと、南Dコースを半周。中2週でも疲れはなく、活気が感じられる。橋本助手は「馬に元気がありますし、いい形で行けると思います。あとは調教師とジョッキーが作戦を考えるでしょうし、うまく乗ってくれるのではないかと期待しています」と気配の良さを伝えた。

◆「雰囲気は最高」〔16〕マリアライト

 角馬場でじっくり体を動かしてから、坂路で4ハロン66秒5。落ち着いた脚取りに好気配が漂う。久保田調教師は「雰囲気は本当にいい。最高な感じで来ている。完成してきたね。あとは、もうワンピース(勝利)。それは蛯名君に託すだけ」とラストランの最終調整を終え、すがすがしい表情を浮かべた。

[もっと見る]

【本命穴馬】鉄平「デニム直線ズドン」 2016年12月22日(木) 15:00

 しの いよいよ有馬記念です。

 漆山 キタサンブラックがまたしても(1)番枠を引き当てた。やはりスターは違うな。

 しの 私たちとは持ってる運がまったく違う感じね…。

 大王 ボクはそのキタサンに◎だ。ジャパンCは2着サウンズオブアースを2馬身半ちぎる圧勝劇。超A級でなければできる芸当ではない。トリッキーなコースに対応する器用さもあるし、何より(1)番枠に入ったときは4戦無敗だしね。

 漆山 ただ、マルターズアポジーがガンガン飛ばしそうな雰囲気だよ。いつもよりレース運びは少し難しそうだ。

 鉄平 アポジーの武士沢騎手は「初速が違うので逃げられるはず。ムキになって行くか、自分のリズムなのかが問題だ」と言ってた。

 大王 まあ、キタサンは逃げなくても競馬ができるしね。

 漆山 ボクは昨年2着のサウンズオブアースがいよいよチャンスとみた。冬がいい馬らしくさらに体調は上向きで、「JCも絶好調だと思ったが、それ以上のデキ」と藤岡調教師。枠順も内めの偶数枠で文句なし。

 内海 追い切りは濃霧の影響で何とか直線だけ見えた程度だったけど、サウンズは良く見えた。ただミルコは、「調子はいいけど、去年よりメンバーが強いから」と冷静だった。

 しの ということは去年の上位勢じゃなくて、サトノダイヤモンドシュヴァルグランを意識してるってこと?

 内海 ん? キタサンに、ゴールドアクターデニムアンドルビーが強いって言ってたぞ。ダイヤモンドは、「3歳だからね。強いけど分からない」だってさ。

 鉄平 オレの◎はそのデニム。横山典サムソンズプライドの大逃げがあるんじゃないか、と。ズブズブの展開になったとき、あの脚は怖い。

 漆山 ダイヤモンドは「すべてにおいて総合点が高いが、逆にそこが心配。どこか突き抜けたところがほしい」と池江調教師。今年の3歳はレベルも怪しいし…。

 内海 とはいえ、「菊花賞はMAXに仕上げていないから」と。「背腰もしっかりして状態はさらにいいと思う。ただ、まだ良くなる余地はある。来年の凱旋門賞で最高になれば」とも。

 しの 成長途上? とはいえ菊花賞を勝っているんだから強いことは強いわ。私が期待するのは連覇を狙うゴールドアクター。最後まで(16)番枠が残っていたので抽選会はドキドキしたけど、(2)番枠でホッとした。

 鉄平 ところがアクターの中川調教師は火曜の時点で“泣き”に終始。昨年の雰囲気にないのか、ムードは微妙…。

 漆山 一発ならヤマカツエース。池添兼調教師も「冬場が合うのか体調がどんどん良くなっている」と。これも内めの偶数枠で文句なしだ。

 鉄平 マリアライトは各社のカメラマンが異口同音に動きを絶賛。限界まで攻め切れたようだし、大外枠でも怖い。

 水谷 みんな大事なことを忘れとらんか? 去年はワシが◎○△で大的中したってことを。

 しの もうすっかり忘れてました。

 水谷 なんでやねん。エリザベス女王杯を叩かれて急上昇のミッキークイーンで去年以上にいい年の瀬を送るでえ。

 しの 2年連続、水谷さんにやられるのだけは勘弁。それではみなさん、よい有馬記念を!

[もっと見る]

⇒もっと見る

デニムアンドルビーの関連コラム

閲覧 534ビュー コメント 0 ナイス 9

先週は25(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念サトノダイヤモンドが2.6倍で1番人気、2番人気がキタサンブラックで2.7倍、3番人気ゴールドアクター7.9倍、4番人気サウンズオブアース8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはムスカテールが出遅れますが、その他各馬はきれいな出だし。大方の予想通り中からマルターズアポジーが先頭に立ってホームストレッチに入ります。先頭はマルターズアポジーでリードは4馬身、2番手にキタサンブラック、そこから2馬身ほど間があいてゴールドアクターアドマイヤデウスサムソンズプライドマリアライトと続いて先行集団を形成。中団からはミッキークイーンヤマカツエースサトノダイヤモンドサウンズオブアースサトノノブレスシュヴァルグランアルバートと追走。後方からはデニムアンドルビームスカテールが並走してそこから3馬身ほど間があいて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒0(参考タイム)の平均的な流れ。向こう正面でサトノダイヤモンドがポジションを取りに行って3番手、キタサンブラックを見る形でレースを進めます。残り1000mを通過、ここでサトノノブレスが仕掛け気味に上がっていくとこれに反応したのがキタサンブラック、ここでペースが一気に上がって直線コースへ差し掛かります。マルターズアポジーを交わしたキタサンブラックが先頭、これに併せる形でゴールドアクター、その外にはサトノダイヤモンド、後続も差なく前の3頭を追います。
 
残り200mを通過、逃げるキタサンブラックゴールドアクターを突き放して逃げ込み態勢、直後のサトノダイヤモンドも追い込みますが、反応やや鈍くなかなか差を詰められません!
 
残り100m、坂を上がってゴールドアクターはやや一杯、キタサンブラックの粘り込み濃厚かと思われた直後、ここでサトノダイヤモンドがグングン加速!内キタサンブラック、外サトノダイヤモンド!1、2番人気馬による激しい叩き合いとなりましたが、僅かに外サトノダイヤモンドキタサンブラックをクビ差捉えて有馬記念を制しました!勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから半馬身差の3着にゴールドアクターが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか7名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
25(日)阪神12Rで『血統からは初ダートは望むところ。15日、21日と坂路で好調教連発。発馬を決めて逃げ〜先行。一発あるならこの馬。』と狙った◎タガノエスプレッソ(43.5倍)の単複を仕留め、15万6600円を払い戻し!阪神7Rでは単勝28.7倍のサブトゥエンティの単複を仕留め、11万8200円を払い戻しました!この他にも24(土)中山3Rアダマンティン(19.7倍)、中山9Rディオスコリダー(18.1倍)など鋭い予想を3日間に渡り披露!週末トータル回収率141%、収支プラス29万4900円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
23(金)阪神4Rで『初戦は外に張って走っていたようで競馬がチグハグだった。チーク着用で改善されれば変わっても。』と狙った大穴マスターコード(78.4倍)を本命に抜擢!馬連289.8倍、ワイド68.4倍、複勝23.9倍を仕留めました!24(土)中山6Rでは◎サウンディングベルの単勝43.1倍、複勝8.5倍を的中!この他にも25(日)中山1Rリオファンク(42.7倍)、中山9RホープフルステークスG2の◎マイネルスフェーン(47.3倍)など穴の激走馬を次々と推奨!週末トータル回収率122%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
25(日)中山7Rで◎ステイブラビッシモ×ステイパーシスト×ブライトバローズの印で3連複1点勝負!34万9000円を払い戻しました!さらに中山10R有馬記念G1では◎サトノダイヤモンドキタサンブラックの馬連を1点勝負で仕留め、4万4000円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス23万4340円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(日)阪神1Rで『硬さがありパワータイプ。条件替わりで良さが出そう。』と本命に推した◎アッティーヴォスマートニンバスの馬単21倍を2000円仕留め、4万2000円を払い戻し!中山2Rでは◎○の馬連13.8倍を2000円的中させ、2万7600円を払い戻しました!週末トータル回収率172%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(140%)、山崎エリカプロ(126%)、伊吹雅也プロ(120%)、kmプロ(119%)、ろいすプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、加藤拓プロ(100%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今年も1年間誠にありがとうございました!来年もウマニティ競馬プロ予想MAXをどうぞ宜しくお願い致します!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第236回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜有馬記念 G1
閲覧 1,721ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山10R「有馬記念 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、キタサンブラックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドアクターまで2頭。
第2グループ(黄)は、アドマイヤデウスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサウンズオブアースサトノダイヤモンドシュヴァルグランサトノノブレスまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、デニムアンドルビーから同差(約1馬身差)内のマリアライトアルバートミッキークイーンヒットザターゲットまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間に少し開きがありますが、その下の第1G→第2Gの境目に1.9ポイントのより大きな差が生じている様子がまず目に飛び込んできます。一方、3位以下はほぼ横並びといった配置。そして、その一部を除いて横一線という状況を示すように、第2G、第3Gに該当する馬が多い配置となっています。この配置の中で注意すべきは、いつもここで書いている通り、指数評価的に低めに出がちな3歳馬サトノダイヤモンドの存在でしょうか。そのサトノダイヤモンドが前走菊花賞で下したレインボーラインは次走JC挑戦し、まずまずの好内容。102.2という指数をマークしていることからも、サトノダイヤモンド(ベースとなる予想U指数は99.2)には5位という額面以上の評価が必要かもしれません。

指数評価以外でポイントになってきそうな側面としては、何と言ってもキタサンブラックへのプレッシャーが今回強まるのかどうかという展開面で、これにより大きくレースが変わってきそうという点でしょうか。結論から言うと、「今回はさすがに......(誰か、楽をさせまいと後半から鈴を付けにいくだろう)」と考えています。
前走のJCについては、いろいろと賛否両論のある展開だったとは思いますが、私はやはり「逃げ馬に勝たせるべくして勝たせた」レースだったと思っています。その意味で、外国人ジョッキーは別として、当時出走した日本人ジョッキーには疑問を抱かざるを得ません。結果は別として、“(キタサンブラックに真っ向勝負を挑んでまで)勝とうとしたか”――と。“YES”だった日本人ジョッキーはいなかったのではないかと思っています。幸い、というべきか、今回当時JCに出走していなかった横山典、岩田、池添、浜中ら骨っぽいところが今回は出走してきますので、ユタカさん(×北島三郎)相手にもひるむことなく攻めの競馬をしてくれるだろうとみています。というわけで、“最低でも後半にはキタサンブラックにプレッシャーが掛かりだす”レースとみて予想を組み立てたいと思います。

そんな中今回の私の◎はサウンズオブアースとしました。ゴールドシップの存在もあり、向う正面からレースが動き出し11秒台のラップが並んだ昨年の有馬記念で見せた末脚。これが最大の理由です。もちろん、頼もしい
鞍上や、冬場が特によく、陣営からも「あとは運だけ」というコメントが出てくるくらい見るからに好状態であることも強調材料。馬券的には連軸のイメージではありますが、いい加減「勝たないキャラ」の払拭にも期待して本命視とします。
○はサトノダイヤモンド。先に書いたように、古馬初対戦でも通用して良いだけの下地と世代レベルと見ていい存在。正直、この馬だけは今回大幅に自分の見立てとズレてくる可能性のある、良くも悪くも想像の範疇にない馬のような気がしています。客観的にみて、今年の有馬記念の中心であることに変わりはなく、これ以上は下げられない印象の対抗評価です。
▲はキタサンブラック。前走は、この馬単体で見た場合強い競馬をしたと思いますが、これまで僅差勝ちばかりだった馬が前走で着差をつけて勝ったこと(即ち次走への消耗度)、先述の後半のマークが厳しくなる懸念、去年と異なる2番手以下からのレース運びになりそうな点等々、ともすれば惨敗してもおかしくない材料が立ちはだかる状況。それでいて1番人気濃厚ですから、本来であれば消したいところですが、意外性とその能力を認めて3番手評価とします。
☆にアドマイヤデウス。去年の有馬よりも流れてくれるか、それに尽きると思っていますが、マルターズアポジーキタサンブラックゴールドアクターあたりの作る展開次第では突き抜けても不思議ない適性の持ち主とみています。

このあたりを中心に、今回の私の馬券は◎から○▲への3複を中心とした馬券で勝負としたいと思います。
連覇のかかる△ゴールドアクターは、鞍上の捌き次第ですが、後半に外からどっと来るような展開を想定した場合には、この内枠が仇となる可能性もあるとみて、少し評価を下げました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
6=1,11=1,2,4,8,10,11,13,14(7点)

【馬連フォーメーション】
◎☆=○▲
6,10=1,11(4点)


計11点

[もっと見る]

2016年12月25日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/有馬記念 G1(スガダイプロ)
閲覧 2,277ビュー コメント 0 ナイス 1

 2016年の中央競馬もいよいよ本日が最終日。メインはもちろん、グランプリ有馬記念です。今年最後の当コラムは、ウマニティ公認プロ予想家陣の大エース、スガダイさんに締めくくってもらいましょう。決めるところで決めてくれる、抜群の勝負強さを持った男の最終決断にご注目ください。
 本命は「菊花賞で圧巻の強さを見せたサトノダイヤモンド。「春は運に見放されていたが、やはりこの馬の強さは本物。3歳最強はもちろん、現役最強と断言してもいい」とこの馬の力を最大限に評価しました。
 対抗は「昨年の日経賞くらい走れればここでも好勝負可能」なアドマイヤデウス。単穴は「長期休養明けをひと叩きしての一変に要警戒」のデニムアンドルビー。以下、キタサンブラックミッキークイーンマリアライトを押さえ、馬券は単勝、馬連流し→、3連複1頭軸流し→´┃阿脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿離好ダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 23:00
【濃霧注意報DX】〜有馬記念(2016年)展望〜
閲覧 3,380ビュー コメント 0 ナイス 7

 今週のメインは、今年最後の大一番・有馬記念
 毎年この時期になると、「有馬を当てなければ年が越せねぇ!」と気合が入る一方で、「もう今年の競馬も終わりかぁ」という若干の寂しさが心の中に現れます。年が明けて1月5日になればまた新たな開催が始まるのですが、それまでの1週間ちょっとが凄く長く感じるのですよね。何か物足りないというか、落ち着かないというか。
 きっとそれは、私が長いこと有馬記念を的中させていないから……という気がしています。振り返れば、最後の大一番で大きな花火を打ち上げたかったのか、ここ数年の有馬記念の◎はほとんどが人気薄の馬。期待を託しては裏切られ、不完全燃焼な気持ちで1年を締めくくってしまっているのですよね。
 だからこそ、今年の有馬記念における個人的なテーマは”完全燃焼”。
 有馬記念であるということを変に意識せず、この秋順番に触れてきた”数あるG1レースのうちの1つ”と考え、同じように有力馬を掘り下げていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 今年の有馬記念を考えるにあたって触れないわけにはいかないのが、やはりキタサンブラック
 舞台不向きと思われた前走のジャパンカップも自らレースを作っての逃げ切りと、その勢いは増すばかり。能力的にも脚質的にも、あらゆる点でレースの鍵を握る1頭だと言えます。
 私が本馬に関して抱いているイメージは、”自分でペースを作ると本当に強い”というもの。
 本馬が初めて逃げ戦法に出たのは昨年の当レースからでしたが、今年に入ってからは5戦中4戦で逃げを打ち、非常にハイレベルな走りを見せています。今回も同様の形が取れるならば、並び立てる相手はそう多くないでしょう。
 しかし、ここで注目したいのが・・・

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 22:30 km
【kmのG1データブレイカー】〜2016有馬記念〜
閲覧 2,364ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、『有馬記念』を中心にお届けしていきます。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


G1データブレイカー
有馬記念

もういくつ寝るとお正月――今年も残りわずかになりました。
今週は、年末の風物詩『有馬記念』が行われます。
今年は、ジャパンカップキタサンブラックや、昨年の覇者ゴールドアクター、絶好調の里見治氏が送り出す菊花賞サトノダイヤモンドなど、多彩なメンバーが出走を予定しています。
さて、今年最後の栄冠は、どの馬の頭上に輝くのでしょうか?


・前走単勝2人気以下【0.5.4.54】

世界一馬券が売れるレースとしても有名な有馬記念だからこそ、ビギナー層がオッズを壊します。例えば、前走単勝1人気が勝つにも関わらず、勝ち馬は中位人気なこと(2015年ゴールドアクターは単勝8人気など)があります。
TARGETが普及して自称データ派が増殖した今だからこそ、ビギナーが大手を振って参加する有馬記念だからこそ、当コラムの本懐である”逆張り”が威力を発揮するのです。
なぜ前走単勝1人気以外が勝てないのかを考えるよりも、前走単勝1人気馬の弱みを考えてください。
キタサンブラックサトノダイヤモンドマリアライトアルバート…。なんとなく視えてきませんか?人気馬には厳しく、穴馬には緩く接すれば、浮上する馬がいます。
ジャパンカップ2着のサウンズオブアースは、前走5人気。昨年は、ジャパンカップ5人気5着で有馬記念2着でした。今年は、秋初戦からM.デムーロ騎手を確保して悲願のG1獲りに向けて準備万端です。
昨年の覇者ゴールドアクターは、ジャパンカップ4着からの参戦。得意の中山に戻り、巻き返しが期待できます。
いつも人気以上に走るシュヴァルグランは、骨折休養明けの福永祐一騎手が渾身の騎乗を魅せてくれるでしょう。
今年の前走単勝2人気以下の馬たちは、元気です。人気以上の走りを期待できます!

ゴールドアクター→前走単勝3人気(2015有馬記念1着)
サウンズオブアース→前走単勝5人気(ジャパンカップ2着)
サトノノブレス→前走単勝2人気(金鯱賞3着)
シュヴァルグラン→前走単勝6人気(ジャパンカップ3着)
デニムアンドルビー→前走単勝8人気(宝塚記念2着)
マルターズアポジー→前走単勝7人気(福島記念1着)
ミッキークイーン→前走単勝2人気(エリザベス女王杯3着)
ヤマカツエース→前走単勝4人気(金鯱賞1着)

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 22:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016有馬記念〜
閲覧 1,660ビュー コメント 0 ナイス 5

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今走の調教を比較分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.18・G1有馬記念編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8301
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。


前回の朝日杯FS編では、調教評価の良かった馬、調教注目馬とまったく結果を出せずすみませんでした。ただ、経験上こういった馬たちはいつ走ってもおかしくないので、次走出走した時もしくは2、3戦は追いかけてみるといいことがあるかもしれません。特に、人気のない時には是非狙ってみて下さい。
それでは、今年の競馬の総決算・有馬記念へと張り切ってまいりましょう!


◇ファン投票上位順◇

ゴールドアクター
<前走時>4着  調教B  パドックB(イレ込む手前で我慢できている感じ)
動きは悪くないが、もう少し迫力と力強さほしい。
<今回>調教A
1週前追い切りでは一杯に追われて先着も、ゴール板を過ぎてからさらにムチが入る究極の仕上げ。当日にテンションが高くなる馬なので、直前は軽めで十分な感じあり。

マリアライト
<前走時>6着  調教B  パドックB(トモの筋肉が少し寂しく映る)
強く追う訳でもなく折り合いをつける訳でもなく中途半端。
<今回>調教B
1週前追い切りを見ると、前回よりは良い動きにはなってきている。ただ、良い時はもっと外を回って、勢いがあって、時計も出ていただけに......。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デニムアンドルビーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 8

有馬記念で9着に敗れ、次走は今年のアメリカJCCを予定していたデニムアンドルビー!!

その予定を変更してダートG1・フェブラリーSに挑戦することが決まったようです(^^♪

有馬記念ではその自慢の末脚を信じ◎を打ちました☆

正直ダートの適正は未知数ですが狙ってみたい気持ちはあります(^_-)-☆

 やすの競馬総合病院 2017年01月11日(水) 21:29
京成杯の過去5年の1着馬の傾向の巻
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 5

過去5年の1着馬
2016年:1着プロフェット(良)
2015年:1着ベルーフ(良)
2014年:1着プレイアンドリアル(良)
2013年:1着フェイムゲーム(良)
2012年:1着ベストディール(良)
パワーや持久力が持ち味で中山向きっぽい馬が多いですね。

過去5年の勝ち時計
2016年:2.01.4(良)
2015年:2.02.3(良)
2014年:2.01.1(良)
2013年:2.02.3(良)
2012年:2.00.6(良)
4年連続で2分1秒以上かかってるんで、時計のかかる馬場にも対応できるパワーがあった方がいいのかな?

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(4→4→5→3)(15頭立て・良)
2015年:(11→12→13→12)(17頭立て・良)
2014年:(6→6→9→8)(16頭立て・良)
2013年:(9→9→7→5)(12頭立て・良)
2012年:(9→10→9→6)(16頭立て・良)
前半は中団後方ぐらいで温存してる馬も多いんで、中山ですけど先行力はそんなにいらないかも。

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:34.6(良)
2015年:34.8(良)
2014年:36.2(良)
2013年:34.7(良)
2012年:34.5(良)
直線短くて坂もある中山で持久力勝負になりやすいのもあって速い上がり3Fは必要なさそう。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父ハービンジャー(良)
2015年:父ハービンジャー(良)
2014年:父デュランダル(良)
2013年:父ハーツクライ(良)
2012年:父ディープインパクト(良)
ハービンジャーが2年連続で1着馬出してるんで、パワー・持久力がありそうで小回りの中距離が得意そうな血統がいいのかな?。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:3枠(良)
2015年:8枠(良)
2014年:6枠(良)
2013年:5枠(良)
2012年:4枠(良)
中山2000mですけど、枠順はあまり関係なさそう。

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:5番人気(良)
2015年:3番人気(良)
2014年:5番人気(良)
2013年:7番人気(良)
2012年:2番人気(良)
1番人気馬が(0.2.1.2)で単勝的には信頼度低いです。
2〜5番人気の中に勝ち馬いる可能性高いのかな?

過去5年の1着馬の斤量
2016年:56kg(良)
2015年:56kg(良)
2014年:56kg(良)
2013年:56kg(良)
2012年:56kg(良)
56kgの馬がよさそう。

京成杯の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
時計:時計のかかる馬場に対応できるパワーがあった方がいいかも?
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:前半は中団後方ぐらいで温存してる方がいいかも?
血統:1着馬5頭中、ハービンジャー産駒が2頭。
枠順:あまり関係なさそう。
人気:1着馬5頭中、2〜5番人気が4頭。
こんなところかな。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
デニムアンドルビーは次走フェブラリーSに参戦するそうですね〜。

初ダートでフェブラリーSに参戦した馬はだいたいが返り討ちにあっちゃいますがどうなるかな〜?

個人的には、直線長いコースの芝2000m以上のレースが向いてる馬だと思うんで、ダート1600mだといろんな面で条件向いてない気はするかな。

[もっと見る]

 landr 2016年12月31日() 20:10
2016_2017期待馬
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 3

来年末に笑う用

2歳牡馬
レイデオロ 普通に強い。トライアルくらいまでは確実っぽい。
エアウィンザー とても強い。とりあえずトライアルはかなり賑わすはず。
ヴァナヘイム 今のところ評判倒れながらも大崩れはしていない。じわじわ伸びてきますよ
スワーヴリチャード 地味に強い馬。ただし地味だ。とても地味だ。
サトノアーサー アレスよりはこっちのサトノの方に魅力を感じていたのだが。
エリンソード 長距離戦で台頭してきそうな馬。持続マックス
モンドキャンノ マイルくらいまでなら最強クラス。
ズアー 新馬戦はやたら強かったが果たしてどう絡んでくるか?
バスカヴィル いや、強いと思うよ、この馬。(ダート)

2歳牝馬
ソウルスターリング 当たり前だが今の2歳では一番強いでしょう
リスグラシュー 目が覚めるような鬼脚。ただ、これが仇となりそうで。
ハナレイムーン 新馬だけ見たらバケモノ級。果たして次走は?
アドマイヤミヤビ 3ハロン瞬発女王。久々にアドマイヤから大物出てほしいね
リカビトス 新潟の上りはあまり信用できないが、それでもこの脚はすごい。
フローレスマジック 一番安定感あるのは実はこの馬。なんかトライアルホース臭もするが。
ミスエルテ まあ、これからの成長待ちでしょう。
ラビットラン 距離伸びてどうかだが、たぶん芝でも行ける快速馬。ファルコンSあたり?(ダート)

未勝利
ネコビッチ 後方から獲物に襲いかかる野生のネコ。
ヤクシャハソロッタ 徐々に良くなっていて追いかけてみようかと。

古馬OP
リアファル 無事なら重賞をいくつか勝てるはず。2017年にかなり期待したい一頭。
サトノダイヤモンド 鉄板。ビワハヤヒデの再来。来年はドバイ→宝塚→凱旋門かな?
キタサンブラック 鉄板。見るたびに強さが増していく。どこに引き際をもっていくだろう。
レインボーライン この馬、むちゃくちゃ強くなりそう。来年爆発する1頭。
ジュエラー 秋はいまいちだったが、巻き返してくる。来年のJCあたりでどうだ。
レッツゴードンキ 何を目指しているかわからない馬だが、出てきたら買うでしょう、きっと。
デニムアンドルビー 引退かと思っていたが、まだ走るなら買い続けます、たぶん
ストロングバローズ 復帰マダー??
アウォーディー なんだかんだ言って、来年も鉄板でしょう。少なくとも弟には負けまい。

古馬条件戦
16チュラカーギー そして、中山ダート1200の鬼となった。
16アップクォーク これは強い。出遅れなければ・・・だけど。
16グレーターロンドン 間違いなく重賞に来る器。ただ足元と相談。
16ハナズレジェンド ハナズゴール再び。さっそく新春競馬で骨っぽい相手と激突。
16ラヴィエベール なんだ、ただのバケモノか。
16メートルダール 2走前についに本格化したと思ったのだが。まあこれから。
16バンドワゴン オーストラリア遠征してトーセンスターダムにリベンジするのが夢。
10ビップライブリー まだ1000万にいること自体信じられないが。
10エイシンティンクル 偉大な兄に続く快速女王。まあ、京都で見直しですね
10パープルセイル 個人的にいつも買ってる馬。衰え見えないので来年は穴空けますよ
10ペイシャゴンジセ マクリアガリテイオー。被害者の会会長(自称)。来年も被害にあうよ!
10シゲルノマオイ ダート鬼脚。森ユウタロウとのコンビで上り詰めてほしい。
10ブロワ 神聖ブロワ帝国。ブロワの出るレースにハズレなし。
10エリシェヴァ 絶対エリシェヴァ王朝。現役最速のテンの持ち主・・・なのだが・・・
5ポルトフォイユ 怪我で出世遅れたが、やはり大器・・・だと思う。
5ダブルイーグル 阪神・重馬場・ハイラップなら確実にバテ差ししてくるおじいちゃん。
0マーキークラブ 現在、門別。早く中央に帰ってきてアルセナーレを蹴りに行けー!

[もっと見る]

デニムアンドルビーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  おかき   フォロワー:0人 2014年11月3日(月) 11:12:08
jc注意
1:
     フォロワー:0人 2013年5月14日(火) 08:59:00
父ディープインパクト、母父キングカメハメハは、東京2400Mのダービー最速タイの勝ち馬同士の配合。
その上、母はトゥザヴィクトリーの妹で、本馬はトゥザグローリーの従兄妹。
どう見てもオークス適性ナンバーワンに見えますが、レースぶりは破天荒は言い過ぎとしても、荒削りな面が多いのは確かです。
とにかくいろんな意味で魅力に満ち溢れている馬だと思います。

デニムアンドルビーの写真

デニムアンドルビー
デニムアンドルビー

デニムアンドルビーの厩舎情報 VIP

2016年12月25日有馬記念 G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デニムアンドルビーの取材メモ VIP

2016年12月25日 有馬記念 G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。