ウリウリ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウリウリ
ウリウリ
ウリウリ
写真一覧
抹消  青毛 2010年2月11日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績31戦[6-4-2-19]
総賞金24,435万円
収得賞金6,400万円
英字表記Uliuli
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィキウィキ
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
リアルナンバー
兄弟 マカヒキエンドレスノット
前走 2017/02/18 京都牝馬ステークス G3
次走予定

ウリウリの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/18 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1871442.81012** 牝7 57.0 和田竜二藤原英昭468(-6)1.23.4 0.934.6⑮⑮レッツゴードンキ
16/12/17 中山 11 ターコイズS G 芝1600 1671434.5119** 牝6 56.0 内田博幸藤原英昭474(+6)1.34.2 0.635.1⑮⑩⑨マジックタイム
16/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1671429.81013** 牝6 55.0 戸崎圭太藤原英昭468(0)1.08.0 0.433.1⑮⑯レッドファルクス
16/09/11 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 13568.149** 牝6 54.0 M.デムー藤原英昭468(+4)1.08.0 0.433.3⑪⑪ビッグアーサー
16/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 182452.21313** 牝6 55.0 三浦皇成藤原英昭464(-4)1.33.3 1.835.3⑨⑧ストレイトガール
16/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 186127.949** 牝6 55.0 戸崎圭太藤原英昭468(-6)1.07.4 0.733.7⑧⑩ビッグアーサー
16/02/20 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 18125.725** 牝6 57.0 岩田康誠藤原英昭474(-2)1.23.4 0.536.0クイーンズリング
15/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 17354.725** 牝5 55.0 岩田康誠藤原英昭476(+10)1.21.9 0.534.4⑬⑭ロサギガンティア
15/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 166125.035** 牝5 55.0 岩田康誠藤原英昭466(+2)1.08.3 0.233.1⑪⑨ストレイトガール
15/09/13 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 168163.412** 牝5 54.0 岩田康誠藤原英昭464(-4)1.07.8 0.032.8⑬⑪アクティブミノル
15/07/05 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 18365.121** 牝5 55.5 岩田康誠藤原英昭468(0)1.09.1 -0.134.4⑭⑫ダンスディレクター
15/05/31 京都 10 安土城S OP 芝1400 17481.711** 牝5 55.0 浜中俊藤原英昭468(-4)1.19.0 -0.233.1⑦⑥ホウライアキコ
15/04/11 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 176125.733** 牝5 54.0 浜中俊藤原英昭472(+2)1.21.2 0.134.2⑩⑫カフェブリリアント
15/01/24 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 187143.315** 牝5 54.0 福永祐一藤原英昭470(+2)1.34.2 0.333.9⑥⑦ケイアイエレガント
14/12/27 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 181112.664** 牝4 55.0 福永祐一藤原英昭468(+10)1.20.9 0.234.6⑧⑧リアルインパクト
14/10/18 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 134410.458** 牝4 54.0 浜中俊藤原英昭458(+4)1.46.1 0.434.2⑤④ディアデラマドレ
14/05/18 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881811.6516** 牝4 55.0 福永祐一藤原英昭454(-8)1.33.2 0.933.4⑯⑯ヴィルシーナ
14/04/12 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1400 13566.432** 牝4 54.0 福永祐一藤原英昭462(+4)1.20.3 0.033.6⑨⑨スマートレイアー
14/01/25 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 167144.221** 牝4 52.0 浜中俊藤原英昭458(+4)1.33.0 -0.132.9⑫⑪ドナウブルー
13/11/17 京都 10 衣笠特別 1000万下 芝1800 15231.811** 牝3 53.0 浜中俊藤原英昭454(-2)1.47.1 -0.133.7⑦⑧ウイングドウィール

⇒もっと見る


ウリウリの関連ニュース

ウリウリが引退、繁殖入り

2017年02月23日(木) 12:57

 2015年のCBC賞・GIIなどを勝ったウリウリ(牝7歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が、2月23日付で競走馬登録を抹消した。今後は故郷である北海道安平町のノーザンファーム社台で繁殖馬となる予定。

 同馬は12年にデビューし、通算31戦6勝。通算獲得賞金は2億4435万5000円。3歳下の全弟に16年のダービー馬マカヒキがいる。重賞は前記したCBC賞のほかに2014年京都牝馬S・GIIIの2勝で、今年2月18日の京都牝馬S(12着)がラストランとなった。

ウリウリの競走成績はこちら

【京都牝馬S】厩舎の話2017年02月17日(金) 05:02

 ◆アットザシーサイド・浅見助手 「距離もコースも合っている。馬場さえ渋らなければ」

 ◆アルビアーノ・木村師 「本来の動きにはもうひとつ」

 ◆ウインファビラス・畠山吉師 「京都の外回りなら、7ハロン戦でも十分に対応できる」

 ◆ウリウリ・和田騎手 「癖もなく、さすがの脚力。反応がいい」

 ◆エスティタート・松永幹師 「格上挑戦だが状態の良さを生かして」

 ◆エテルナミノル・本田師 「順調だし、状態は全く心配ない」

 ◆スナッチマインド・岡田師 「動き、体調ともいい意味で変わりない。京都は合うので」

 ◆ダンツキャンサー・谷師 「牝馬限定戦ならそこそこやれても」

 ◆トウカイセンス・野中師 「このクラスでも条件さえ合えばやれる馬だと思う」

 ◆トータルヒート・平田師 「今の京都の荒れた芝は合う」

 ◆ナックビーナス・杉浦師 「流れ次第でどんな競馬でもできる」

 ◆フィドゥーシア・金折助手 「最近は折り合いもつくようになっている」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「距離が短くなるのはいい」

 ◆ベルルミエール高橋亮師 「先週の段階で体はできている」

 ◆ムーンエクスプレス・鈴木孝師 「ハナに行く形がベスト」

 ◆ラインハート・須貝師 「うまく立ち回れれば」

 ◆レッツゴードンキ・梅田師 「時計は少し速くなったが、状態はいい」

 ◆ワンスインナムーン斎藤誠師 「坂路でしまいだけ様子をみる感じ。それでもラスト1ハロン11秒9はすごい」

京都牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】追って一言2017年02月16日(木) 05:01

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「変わりなくきている。脚質的にはまるかどうか」

 ◆ウインファビラス・畠山吉師 「体に丸みが出て成長もしている。京都の外回りなら、7ハロン戦でも十分に対応できる」

 ◆ウリウリ・和田騎手 「癖もなく、さすがの脚力。反応がいい。脚の使いどころ、立ち回りひとつだと思う」

 ◆エテルナミノル・本田師 「順調だし、状態は全く心配ない。1400メートルの距離はいいだろう」

 ◆スナッチマインド・岡田師 「動き、体調ともにいい意味で変わりない。(クビ差の)前走はきっちりと勝ち切れたことを評価。京都は合う」

 ◆トウカイセンス・野中師 「このクラスでも条件さえ合えばやれる馬だと思う」

 ◆トータルヒート・平田師 「攻め馬の動きは素晴らしかった。今の京都の荒れた芝は合っていると思う」

 ◆ナックビーナス・杉浦師 「気を抜く面もなく、しまいまでしっかりと伸びた。流れ次第でどんな競馬でもできる」

 ◆ベルルミエール高橋亮師 「スタートが安定しないけど、馬場が荒れている今の京都はいいんじゃないかな」

 ◆ムーンエクスプレス・鈴木孝師 「状態は変わりない。近走の内容からも、自分のリズムで走れるハナに行く形がベスト。今回も先手を奪いたい」

 ◆ワンスインナムーン斎藤誠師 「先週の併せ馬で体はできていたので、坂路でしまいだけ様子をみる感じ。だいぶ体はしっかりしてきた」

京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】レース展望 2017年02月14日(火) 14:34

 京都では土曜に京都牝馬ステークス(GIII、芝1400メートル)が組まれている。5月のヴィクトリアマイルを見据える意味でも、注目の一戦。昨年から距離がマイルから1400メートルに短縮されたが、勝ち馬のクイーンズリングは秋にエリザベス女王杯を勝ち、2着マジックタイムダービー卿チャレンジT、ターコイズSと重賞を2勝するなど、ハイレベルな戦いだった。今年も上位争いをする馬たちは飛躍が期待される。

 GIIスワンSを勝ち、GIでも高松宮記念3着、マイルチャンピオンシップ5着の実績があるアルビアーノ(美浦・木村哲也厩舎、5歳)。使い込めない弱みがあり、今回も休み明けではあるが、いつになく順調な調整過程だ。スワンSと同舞台で牝馬限定戦のここは注目される。

 昨年のこのレースで、格上挑戦ながら見せ場たっぷりの4着だったのがスナッチマインド(栗東・岡田稲男厩舎、6歳)。抜け出した後に気を抜く悪癖の持ち主で、乗り手をてこずらせてきた馬だが、浜中俊騎手とは【4・5・1・0】と抜群の相性を誇っている。前走に続いての騎乗で、6歳春を迎えて悲願の重賞制覇に態勢は整った印象だ。

 昨年の桜花賞3着馬アットザシーサイド(栗東・浅見秀一厩舎、4歳)は京都芝で2戦2勝と適性を示している。前2走はどちらも脚を余した感が強く、力を出し切っていない。今回はミルコ・デムーロ騎手との新コンビで臨む。年長馬を相手に初タイトルを手にするシーンも十分あるだろう。

 フェブラリーSにも登録をしているレッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、5歳)は、14日時点で出否未定だが、こちらに出走する公算が大きい。長らく不振だったが、昨秋はスプリンターズSで勝ち馬と0秒2差の9着だったのに続き、初ダートの交流GI・JBCレディスクラシックで2着に好走。再び芝に戻ったターコイズSでも56.5キロを背負いながらやはり2着と奮闘した。早熟の不安は払拭され、桜花賞以来1年10カ月ぶりの勝利を目指す。

 関東の4歳馬もイキがいい。昨秋からオープン特別で1、2、1着と安定しているナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎)と、1000万下−1600万下を連勝中のワンスインナムーン(美浦・斎藤誠厩舎)だ。前者は横山典弘騎手、後者は石橋脩騎手が完全に手の内に入れている。ともに前々でレースを進めるタイプだけに京都の荒れ気味の馬場がポイントとなりそうだが、今の充実ぶりなら上位争いに加わってきそうだ。

 ほかでは京都で3戦3連対のエテルナミノル(栗東・本田優厩舎、4歳)、武豊騎手とのコンビ復活で挑むエスティタート(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)、この距離に良績があるベルルミエール(栗東・高橋亮厩舎、6歳)とムーンエクスプレス(栗東・鈴木孝志厩舎、5歳)、ようやく復調してきたウインファビラス(美浦・畠山吉宏厩舎、4歳)なども上位をうかがう力の持ち主だ。

 ウリウリ(栗東・藤原英昭厩舎、7歳)は2014年の覇者で実績面なら明らかに上だが、近走では結果が出ていないことに加えて、今回は57キロと他馬より2キロ以上重い斤量を背負うことになる。好調・和田竜二騎手の初騎乗でどこまで変われるかだろう。

京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬ステークス】特別登録馬2017年02月13日(月) 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ルージュバック、金鯱賞予定2017年01月27日(金) 05:03

 ★ジャパンC9着後、放牧中のルージュバック(美・大竹、牝5)は、金鯱賞(3月11日、中京、GII、芝2000メートル)を予定。

 ★栗東・藤原英厩舎の次走は以下の通り。京都金杯3着フィエロ(牡8)は、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)に参戦。鞍上は内田騎手。13着ガリバルディ(牡6)は、福永騎手の手綱で京都記念(2月12日、京都、GII、芝2200メートル)へ。香港C3着ステファノス(牡6)は、川田騎手とのコンビで金鯱賞から大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)の予定。ターコイズS9着ウリウリ(牝7)は、岩田騎手で京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。

 ★すばるS16着サウンドスカイ(栗・佐藤正、牡4)は、フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)に登録する。

ルージュバックの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウリウリの関連コラム

閲覧 546ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ターコイズステークス 重賞」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マジックタイム1頭。
第2グループ(黄)は、カフェブリリアントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のウリウリレッツゴードンキまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アルマディヴァンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のペイシャフェリスアットザシーサイドマイネグレヴィルサンソヴールまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1G→第2G間に1.7ポイント、第2G→第3G間に1.1ポイントの開きがある一方で、その下は僅差で続く配置に。そして下位には大きな開きがあります。OP時代を含めた当レースの傾向としても非常に気になる3歳馬が、やはりその下位に多数みられていますので、そのあたりにも注意が必要な配置ではないでしょうか。

そんな中今回の私の◎は、その3歳馬の中から◎エテルナミノルとしました。第4Gとはいえ、第3G下位とは差のない状況。凄馬出馬表上位勢に隙がありそうな今回、53キロと指数の振れ幅が大きい3歳馬ということを考えると十分好勝負になるのでは、と考えています。前走東京で敗れて一変、という過去のターコイズS好走馬像を重ねると前走の好走はむしろ余計な印象さえありますが、当時は雨の降るなか稍重の馬場を先行しての押し切り勝ち。勝っている馬に対していうのも変ですがある意味で“度外視”のレースととらえたいと思っています。切れるタイプではないですし、フラワーC善戦などの戦績からも、今回条件好転とみて本命視します。
以下、○に冬場の中山マイルは絶好条件で“前走京都で大敗”というのも魅力的に映るペイシャフェリス、▲に逃げられなかった時の競馬は難しそうでも4走前、7走前の内容から期待できるマイネグレヴィル、☆に状態良さそうな53キロ斤量3歳馬ウインファビラスと上位評価します。
今回の私の馬券は、◎から○▲☆からの3複を中心とした馬券で勝負としたいと思います。
近5年3〜5歳馬を単複ベタ買いしてもプラス(単勝回収率、複勝回収率いずれもプラス)という傾向から、3〜5歳馬に重い印を打ってみましたが果たして!?

【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=9,12,16=1,3,5,7,9,10,12,16(18点)

【馬連流し】
◎=印
15=1,3,5,7,9,10,12,16(8点)

計26点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年10月04日(火) 15:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/1〜2)サウスプロがスプリンターズS○◎▲パーフェクト的中!
閲覧 1,733ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は2(日)に中山競馬場で秋G1シーズンの到来を告げるG1スプリンターズSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
春のスプリント王者ビッグアーサーが最終的には単勝1.8倍の支持を集めた第50回G1スプリンターズSは各馬ほぼ横一線のきれいなスタートで幕開け。8枠からミッキーアイルネロと、ソルヴェイグが飛び出すと、シュウジを挟んで5、6番手に断然人気のビッグアーサーの位置取りで先行集団を形成。中団にサトノルパンベルカント、後発から下げた3番人気レッドファルクスブランボヌールスノードラゴンあたりが続き、サクラゴスペルティーハーフダンスディレクターレッドアリオンレッツゴードンキウリウリの後方グループで、馬群は前半33.4秒のペースでコーナーを通過していきます。
依然手応え十分の先頭ミッキーアイルに対し、ソルヴェイグシュウジネロが2列目から追い出されその外からはサトノルパンも迫ります。ビッグアーサーは3列目から進路を探って追い出しに備えます。そして、さあここからと迎えた“その時”ビッグアーサーが進もうとした進路にはひと足早く追い出された芦毛の馬体が。M.デムーロ鞍上のレッドファルクスでした。結局、この進路取りの攻防が明暗を分けるかのように、勢いそのままに坂を駆け上がって伸びたレッドファルクスが、鞍上のゲキに応え内の各馬を徐々に飲み込むとゴール直前では先頭のミッキーアイルまでを競り落としV。G1初挑戦、初制覇を飾っています。アタマ差の2着には2番人気ミッキーアイルが入り、そこからクビ差の3着には9番人気ソルヴェイグが粘りこんでいます。ビッグアーサーは、進路を内に切り替えて挽回を図りましたが不発に終わり12着に敗れています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロサウスプロkmプロ西野圭吾育成プロくりーくプロら8名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
  
☆☆☆注目プロ → サウスプロ
2(日) スプリンターズSでは◎ミッキーアイル、○レッドファルクス、▲ソルヴェイグのほぼパーフェクトな予想を披露!馬連+ワイド総獲りで計11万840円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ → サラマッポプロ
1(土)をG3シリウスSなどの的中でプラスで終えると、翌2(日)も勝負レース中山7Rでの◎▲○パーフェクト的中などでプラス収支を達成!週末トータル回収率200%のトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → おかべ育成プロ
2(日)の中山7Rでの▲◎○3連複1点勝負的中など、全てのレースで1点勝負予想でプラス収支を達成。土日トータル回収率175%の第2位の成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
1(土)に勝負レース指定した阪神2Rで的中を収めると、続く中山9RシリウスSと3戦3勝をマーク。週末トータル回収率164%のプラス収支を記録しました。
 
☆☆☆注目プロ → 西野圭吾育成プロ
1(土)の勝負レース阪神12Rで○◎▲のパーフェクトな予想を披露し9万7870円を払戻すと、翌2(日)のG1スプリンターズSでは◎△馬連的中含む計8万1370円払戻しをマーク。土日トータル回収率154%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ → KOMプロ
1(土)のG3シリウスSで◎マスクゾロから馬連&3連単をゲット!他にも、中山1R中山11Rなど的中を重ねこの日203%の好成績!翌2(日)は阪神10R、勝負レースの中山7Rなどの的中でプラス収支をマーク。週末トータル回収率147%、収支10万7910円プラスを達成しています。
 
他には、【U指数】3連単プリンスプロ(163%)、セイリュウ1号プロ(159%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(134%)、岡村信将プロ(134%)、馬っしぐらプロ(110%)、導師嵐山プロ(109%)、河内一秀プロ(109%)が土日トータル100%超の好成績を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら


今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!
「ユータ」

[もっと見る]

2016年10月02日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第211回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜スプリンターズステークス G1
閲覧 604ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「スプリンターズステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ミッキーアイルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のビッグアーサーまで2頭。
第2グループ(黄)は 、ベルカントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のネロダンスディレクターレッツゴードンキスノードラゴンシュウジブランボヌールまでの7頭。
第3グループ(薄黄)は、ウリウリから同差内のソルヴェイグレッドファルクスの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位では第1グループ→第2グループ間に2.8ポイントの開きが見られ、以下はほぼ差が無く続く構図。この凄馬出馬表からは、ミッキーアイルビッグアーサーの2頭が抜け出た形となっています。

そんな中今回の私の◎はベルカントに期待したいと思います。メンバー構成、枠順の並び、昨年が異例のスロー決着で「いやいや、そんなことは2年連続では起こらない。どう見ても今年は本来の電撃戦になるはずだ。」という世間的なハイペース想定主流の流れ。しかし、騎手も同じように考えてけん制し合う可能性、また前走逃げたことでいろいろと議論が巻き起こったビッグアーサーの存在とその暴走への懸念が輪をかけてそれ(ハイペース化)にブレーキをかける可能性ももしかすると......。ここは、逆張りの意味も込めて狒飴弔蝓描世い鬚靴燭箸いΔ里◎ベルカントの理由です。昨年馬場入りからイレ込みレース前に消耗したように、本当はこの馬を買う場合返し馬まで見極めてからのほうが良いと思っているのですが、今回は人気も人気ですしそこは正にギャンブルで狙ってみます。――本当に速くなるのだろうか。いずれにしてもそこに狹え”があると思っています。
同様の狙いで○はネロ。相手関係、斤量面等々から厳しいレースになるとは思いますが、これも逆張りに掛けるのであれば積極的に狙ってみても面白いのではと考えています。
▲にビッグアーサー。あくまで可能性としての折り合いを欠く懸念と、圧倒的な人気とのバランスで当初から今回○以上は考えていなかった馬。1枠1番という、ともすると諸刃の剣になりかねない極端な枠を引いたことで▲にとどめました。そして☆にこの凄馬出馬表の"2強”の一角ミッキーアイルとします。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になる予定ですが、本コラムでは◎○から▲☆の2頭へぶつける3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎○=▲☆=印
6,16=1,15=1,2,4,5,6,8,9,12,15,16(28点)

[もっと見る]

2016年09月30日(金) 14:25 みんなの競馬コラム
【スプリンターズS】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,546ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

今週は凱旋門賞の考察も書いているので、よろしければご覧ください。


-----

大本命ビッグアーサーの、33秒1−34秒5という後傾ラップで逃げ切ったセントウルSは、まさに生粋のスプリンターであることを思い知らされた内容でした。

スプリンターズSだけに言えることではありませんが、1200mのレースは、マイルGI2勝のストレイトガール、京王杯スプリングCを制し、安田記念でも好走歴があるサクラゴスペルのワンツーだった昨年のように、スローペースになると、生粋のスプリンターではない、1400m〜1600mを得意とする馬が走りやすくなります。

ビッグアーサーの母シヤボナは、Kingmambo産駒のNureyev≒Sadler’s Wells3×2で、Kingmamboのパワーを増幅させる配合。条件戦を走っている時は緩さが残っていましたが、パワーというのは時間と比例して発現してくるものだから、「筋肉の鎧」という言葉が似合う、ものすごい馬体へと成長しました。福永騎手の強気のコメントは、1200質のレースにして、生粋のスプリンターであるという自信の表れでしょう。セントウルSの競馬を見せられて、鞍上から1200質のレースにすると推測できるコメントがあるならば、逆らう気にはなれないのですが、最内枠はマイナスなはずです。これで多少は他馬が一矢報いる可能性が高くなったといえるでしょう。

スプリンターではありませんが、マイラーについての望田潤氏の考察で、以下のようなものがあります。太字にした「数完歩のダッシュの違い」というのは、ビッグアーサーモーリスといった短距離のチャンピオンにみてとれます。そしてやはり、モーリスなんかは3歳時には2200m(京都新聞杯)で差してきたような馬ですから、当然ですがパワーというのは時とともに発現してくる。

-----

(内回りコースだった桜花賞シーザリオは)スタートそのものはよかったものの、2角までのダッシュでマイラーのラインクラフトデアリングハートに少し見劣ったために、外からデアリングハートに斜めに寄ってこられたときにズルッと後退

「ミルコ!ミルコ!ミルコ〜!と叫んだけど前に入ってきやがった…」

福永祐一の代打で手綱をとった吉田稔が悔やんでも悔やみきれない2角の入り、あそこが明暗を分けたレースで、そこからはラインクラフトの後を追うように完ぺきに捌いて、内回りの短い直線を猛然と差してきましたがクビ差届かなかったところがゴールでした

今にして思えば、トリッキーなおむすびコースのマイル戦における数完歩のダッシュの違い、これこそがマイラーと中距離馬の違いというべきで、ラインクラフトは勝つべくして勝ったし、シーザリオは負けるべくして負けたというべきかもしれない

-----

この「パワーの発現」という点では、シュウジの須貝師が、「今が成長期」というコメントを出しています。これは、「今まさにパワーが発現してきている」ということを想起させますし、この発現してきたスプリンター的なパワーを感じたからこそ、モレイラ騎手は前走福永騎手と同じように「逃げ」の手を打ったのかもしれません。ビッグアーサーと同じ母父Kingmamboで、母カストリアはRobertoを持つのでGold Digger(Mr.Prospectorの母)≒Bramalea(Robertoの母)3×4となり、Kingmamboのパワーを増幅している点も同じです。もしかすると、ビッグアーサーシュウジとスプリント王の系譜は継承されるのではないか、そんなことも思わせる血統的な繋がりでもあります。

サクラバクシンオーは、父サクラユタカオーもNasrullah3×4の軟質な中距離馬で、こういう軟質なスピードというものは、次代には緩さとして伝わることもあります。そのため、サクラバクシンオー産駒は、サクラバクシンオーの持つ血の中で最も硬派な血であるノーザンテーストを増幅した配合で活躍しました。ベルカントは、ノーザンテースト≒Vice Regent3×4(Northern Dancer、Victorianaが共通)と、母系に入るAlycidonによってノーザンテーストを増幅し、Alydarによってサクラバクシンオーの母母クリアアンバーの米血も増幅することに成功しています。女王になってもおかしくない配合で、だからこそ、勢いがありながら自分の競馬ができなかった昨年のスプリンターズSが悔やまれます。しかし、ラチを頼りたいベルカントにとって再度の内枠は好条件。血統面、そして昨年のレース振りから、◎を打ってあげたい馬です…。

ミッキーアイルは、ディープインパクト産駒で、「らしい」体質の柔らかさがあるので、どうしてもスプリンターとは思えません。「高松宮記念では2年連続で好走しているではないか」という指摘もあろうとは思いますが、中京1200mと中山1200mでは、断然中山1200mの方がスプリンターらしいパワーが要求されるわけで、1400質な流れだった昨年でも4着。中山1200mでの、ビッグアーサーの作る流れでは好走するのは難しいと考えます。

このことは、ブランボヌールサトノルパンウリウリにも言えることです。
特にブランボヌールは、ディープインパクト×サクラバクシンオーの、いわば「柔×柔」という組み合わせ。やはり1400ベストでスプリンターには映らないし、好走するなら昨年のような展開になる必要があるでしょう。ただ一点気になるのは、調教後馬体重が前走時から比較して+18キロの456キロということ。これはNHKマイルカップ時と比較すると+40キロであり、もしかするとこちらの想像以上のパワーの発現があるのかもしれません。

レッドファルクスは、レガシーオブストレングス(代表産駒スティンガー)牝系で、この牝系は、スティンガーサトノギャラントや、アンズチャンなど、スローペースに強い馬が多いよなぁというイメージを持っています。だから、CBC賞の勝ち方も「らしいなぁ」と思ったわけです。果たしてこういう斬れが、スプリンターズSで活きるかどうか、正直なところよく分かりません。

ダンスディレクターは、父アルデバラン兇離僖錙爾蘯け継いでいますが、走りに関しては、母母スカラシップの父トニービン××母母父テスコボーイによる、ナスペリオン(NasrullahとHyperion)によるトニービンらしい斬れのように映ります。だから生粋のスプリンターというよりは1400m&急坂&長い直線向き(中京1400m)で、中山1200mは、急坂があるという点ではプラスではあります。こういう重厚な斬れというのは、トライアルよりも大舞台でこそなので気になります。

レッツゴードンキは、Kingmambo≒ジェイドロバリー2×3(Mr.Prospector、Specialが共通)という強力なニアリークロスが生んだGI馬ですが、当然それらしいパワーはあるものの、サンデーサイレンスが入るからか生粋のパワースプリンターには見えず、スプリンターズSならば昨年のような流れになった方が差し込みやすいでしょう。が、その昨年のような流れにはなるとは思えず、今回は厳しいかなという評価。

土曜の雨予報で気になるのは、やはりスノードラゴンティーハーフ
スノードラゴンは、時計対応面でも脚質面でも時計が掛かるに越したことはないですが、スプリント王に本気を出させた前走の競馬が脚質面ではプラスに働きそうで、雨が残れば▲くらいまで評価を上げてみたい馬。
ティーハーフの前走は前が詰まってしまい参考外。Green Desertが強いスプリンターなので、時計の掛かる馬場でスムーズに馬群を割ってくることが出来れば能力は通用するものがあると思います。

【まとめ】
ビッグアーサーには逆らえないが、最内枠は怖い。
シュウジは今まさにスプリンターになってきている。
ベルカントには◎を打ってあげたい(笑)
・ディープ産駒は軽視したいが、ブランボヌールの馬体重増はもしかするとスプリンター的なパワーの発現なのかもしれない。
ダンスディレクタースノードラゴンティーハーフは馬場などを見て最終判断をしたい馬たち。
レッツゴードンキは今年は差し込みにくそう。


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年09月29日(木) 18:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016スプリンターズS〜
閲覧 1,074ビュー コメント 0 ナイス 4



秋競馬も、いよいよ楽しみなG汽掘璽坤鵑到来しました。G気賄たるとより嬉しいものです。レース直前まであれこれ考える楽しみを増幅させつつ、おいしい馬券的中に近づけるよう、独自の見解である当コラムを今秋連載させていただきます。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

第一弾はスプリンターズSです。ある程度のキャリアのある競馬ファンは、有馬記念の前の週のレースというほうがなじみがあるでしょう。かつては「マイルCSからの本質マイラー」と「純粋なスプリンター」の激突という図式でしたが、現在はサマースプリントとの関連性も強くなり、夏に使われた馬の余力の有無の判断が重要になりました。このレースのあと、香港を目指すローテが主流になり、マイラーはあまり使ってこないレースに様変わりしましたね。日本の馬産が強いスプリンターを作ることを目標としていないので、近年は香港やオーストラリアのマッチョなセン馬(多くはノーザンダンサー系)にやられていましたが、今年は日本馬だけで力関係もわりとはっきりしており、当てやすいとみています。

[もっと見る]

2016年09月29日(木) 10:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016スプリンターズS〜
閲覧 1,153ビュー コメント 0 ナイス 1



中山芝1200m右回りで行われるスプリンターズステークス。
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走馬の前走内容を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

■レースの特徴■

このコースはスタートからすぐに下り坂になっており、簡単に加速がつく形態。ゆえにハイペースになりやすく、速い流れに対応できるかが鍵になります。また、かなりのスピードでコーナーに差し掛かることになるので、・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウリウリの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 3

セダブリランテスは外枠から好位を確保して自力勝ち。外枠で嫌ったけど、小頭数だったから上手いこと行きましたかね。ウインガナドルの単勝を買っていたので悔しい思いをしましたが、まあしょうがないです。オッズ的に後悔はしていない。
ニシノアップルパイは思っていたより人気してしまっていましたね。こちらも2番手追走で問題なく走れていたのに残念な結果。距離ってこともないだろうから、流れが合わなかったのかな。

シャイニングレイの方は、お見事。CBC賞はスプリント重賞と思わないほうがいいのかもしれません。ウリウリの追い込みも決まったことがあるんだもんな。セカンドテーブルはこれぐらいはやれる馬。シャイニングレイ軸の馬連を選べばヒモには買えたと思う。
期待した3歳勢は不発。ただ、スプリント色がより強いレースに出て来たらもう一回買ってみたいと思います。弱気なレース選択はしないで、骨っぽい相手が出るレースで穴を空けるのを、改めて期待します。

 昭島のよっちゃん 2017年02月19日() 17:09
今週の予想及びmyPOG馬の結果と次週特別登録のP 
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 7

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬連・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 和布刈特別 1000万下 芝ダート1,700


 ◎ エポック         6着(1番人気)          
 ○ タガノヴェリテ      3着(2番人気)
 ▲ トウケイワラウカド    7着(3番人気)
 △ ゥ灰好皀薀凜皀◆     。甲紂複携嵜裕ぁ
1着・スリーアローを外して当たり無し

ビンゴ馬:.魯奪圈璽瓮皀蝓璽此 。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ烹隠庵絅泪垢鯏匹蠅弔屬掘   




京都11R 京都牝馬ステークス G掘ー1,400


 ◎ レッツゴードンキ     1着(1番人気)  
 ○ ▲▲奪肇競掘璽競ぅ鼻   。乎紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ぅ▲襯咼◆璽痢     。隠恵紂複拡嵜裕ぁ
 △ 殴Εぅ鵐侫.咼薀后    。驚紂複業嵜裕ぁ
単勝(300円)が当たり

ビンゴ馬:ウリウリ      12着(10番人気)塗りつぶし無し
      



東京11R ダイヤモンドステークス G掘ー3,400


 ◎ アルバート        1着(1番人気)
 ○ ┘フジプリンス      3着(2番人気)
 ▲ .侫.織皀襯ーナ      着(4番人気)
 △ Д侫Дぅ爛押璽燹      |紂複拡嵜裕ぁ
単勝(210円)が当たり

ビンゴ馬:アルバート      1着(番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘




日曜メインレースの予想結果です


小倉11R 小倉大賞典 G掘ー1,800


 ◎ ▲好肇蹈鵐哀織ぅ織鵝  。誼紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ┘戰襦璽奸      。隠加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ パドルウィール    15着(7番人気)
 △ Ε泪ぅ優襯魯法次   。隠驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・マルターズアポジーを外して当たり無し

ビンゴ馬:スピリッツミノル  8着(13番人気)8着マスを塗りつぶし




京都11R 斑鳩ステークス 1600万下 芝1,400

京都芝1,400m(外)(JRA−VANより)
・好走枠
 フラット
・好走脚質
 逃げ:勝率17、2% 3着内率45、3%

 ◎ ゥ譽奪疋▲凜.鵐察   。乎紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Ε謄薀離凜       。加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ トーセンデューク    4着(4番人気)
 △ ▲縫轡離薀奪轡紂    。驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・キングハートを外して当たり無し

ビンゴ馬:ダノンルージュ   10着(12番人気)塗りつぶし無し





東京11R フェブラリーステークス G機.澄璽1,600


 ◎ ゴールドドリーム   1着(2番人気)
 ○ カフジテイク     3着(1番人気)
 ▲ Ε癲璽縫鵝     。隠加紂複拡嵜裕ぁ
 △ ノンコノユメ     7着(4番人気)
単勝(500円)が当たり

ビンゴ馬:Д屮薀ぅ肇薀ぅ鵝。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気

      



POG馬の出走結果



19日(日)京都競馬場3R未勝利(ダート1,800)にワンフォーオール・筆頭オーナー・牡が出走→9着
終始追われるも、伸びず・・・残念



★メインレースの予想は、6レース中、3レースで単勝が当たり


★「競馬でビンゴ」は3マス塗りつぶせ、ダブルリーチ!!
 

★myPOG馬は、1頭出走し、9着に終わる・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b510e1dbcf&owner_id=2ec1608dab





★次週の特別登録

26日(日)阪神競馬場9Rすみれステークス(芝2,200)にタガノアシュラ・牡・五十嵐忠男厩舎(栗東)が登録(マンハッタンカフェ産駒)鞍上は、未定
近2走は
 2/ 5京都競馬場 芝1,800 きさらぎ賞G掘。竿嵜裕ぁ。恵紂。叡紊2,8差 上り3F38,9 岩田康雄
12/18阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FSG機。吉嵜裕ぃ隠潅紂。叡紊1,3差 上り3F35,2 武豊

[もっと見る]

 DEEB 2017年02月18日() 17:01
恥ずかしい馬予想2017.02.18[結果]
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 1

東京 9R フリージア賞 3歳500万下(混合)(特指)
◎ 5 ★トリコロールブルー …1着
○ 2 バリングラ…2着
▲ 9 ヴェルラヴニール…5着
△10 ダノンオブザイヤー …7着
× 8 ナンヨープルートー …4着
[結果:アタリ○ 単勝5 240円、複勝5 120円、馬連2-5 680円]

東京10R 金蹄ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 6 サハラファイター …9着
○ 1 レッドサバス…3着
▲ 9 ウインユニファイド…6着
△ 5 マイネルトゥラン…1着
×13 ☆デビルズハーツ…5着
[結果:ハズレ×]

東京11R ダイヤモンドステークス(GIII) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎12 アルバート…1着
○ 7 フェイムゲーム…6着
▲ 1 ファタモルガーナ…7着
△ 8 カフジプリンス…3着
× 4 ☆ラブラドライト…2着
[結果:アタリ○ 複勝4 350円、馬連4-12 2,040円、ワイド4-12 760円・4-8 1,060円]

京都 5R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎11 スイーズドリームス…2着
○10 アドマイヤロブソン…1着
▲ 4 シャイニーピース…5着
△ 5 ダノンスターズ…6着
× 9 コスモトゥイーク…12着
☆13 アーダルベルト…10着
[結果:アタリ△ 馬連10-11 250円]

京都 6R 3歳500万下牝(特指)
◎ 2 フラウティスタ…7着
○11 オールポッシブル…3着
▲ 1 マルモレイナ…8着
△10 アグネスジュレップ…9着
×14 ☆アンジュデジール…5着
[結果:ハズレ×]

京都10R 橿原ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 7 ゴルゴバローズ…1着
○15 ☆ガンジー …12着
▲10 ゼンノサーベイヤー …2着
△11 スズカアーサー …9着
×16 エイシンラナウェー …5着
☆ 1 アメリカントップ…16着
[結果:アタリ△ 馬連7-10 380円]

京都11R 京都牝馬ステークス(GIII) 4歳以上オープン(国際)牝[指定]
◎10 レッツゴードンキ…1着
○ 6 スナッチマインド…3着
▲ 4 アルビアーノ…17着
△ 2 アットザシーサイド…8着
×14 ウリウリ…12着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上1000万下[指定]
◎ 7 マッシヴランナー …1着
○ 3 ニホンピロヘーゼル…8着
▲12 ウェーブキング…4着
△ 4 プレシャスルージュ…9着
× 6 スズカウラノス…6着
☆ 8 ゴーイングベル…14着
[結果:ハズレ×]

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 9 ★エスポワールパレス…2着
○10 マンハッタンロック…1着
▲ 1 ハイクアウト…4着
△ 4 シゲルクーガー …5着
×11 ハクユウマックス…11着
[結果:アタリ△ 複勝9 160円、馬連9-10 520円]

小倉11R 和布刈特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎11 ★エポック…6着
○10 タガノヴェリテ…3着
▲ 3 トウケイワラウカド…7着
△14 スリーアロー …1着
×12 ナムラミラクル…2着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
妻さんが体調不良で寝込んでいますので、静に黙って競馬します。

[今日の結果:10戦2勝5敗3分]
まあ、「何とかまあ」な結果でした。
明日も静に競馬しよう。

[もっと見る]

ウリウリの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  mata   フォロワー:0人 2016年9月11日() 09:12:36
◎複勝

ウリウリの写真

ウリウリ
ウリウリ
ウリウリ

ウリウリの厩舎情報 VIP

2017年2月18日京都牝馬ステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウリウリの取材メモ VIP

2017年2月18日 京都牝馬ステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。