ブラックバゴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ブラックバゴ
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2012年3月8日生
調教師斎藤誠(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[4-2-2-11]
総賞金11,088万円
収得賞金3,275万円
英字表記Black Bago
血統 バゴ
血統 ][ 産駒 ]
Nashwan
Moonlight's Box
ステイウィズユー
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
アイアンレディ
兄弟 ダンスウィズユーコウジンシュリー
前走 2018/01/06 日刊スポ賞中山金杯 G3
次走予定

ブラックバゴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 17479.344** 牡6 56.0 岩田康誠斎藤誠530(+14)1.59.9 0.133.8⑯⑯⑰⑰セダブリランテス
17/11/18 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 155812.261** 牡5 54.0 池添謙一斎藤誠516(-4)2.01.4 -0.235.0⑬⑬⑪⑦ストロングタイタン
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 172413.5710** 牡5 56.0 内田博幸斎藤誠520(+4)2.14.8 1.033.4⑰⑰⑰⑯ルージュバック
17/07/08 函館 11 五稜郭S 1600万下 芝2000 7774.131** 牡5 57.0 岩田康誠斎藤誠516(-10)1.58.8 -0.234.7⑥⑦⑥⑤ケンホファヴァルト
17/06/17 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 116613.759** 牡5 57.0 石橋脩斎藤誠526(+2)1.59.7 0.634.9ヴォージュ
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 145810.953** 牡5 55.0 石橋脩斎藤誠524(-4)1.58.8 0.533.9⑬⑭⑬メートルダール
17/01/08 中山 12 4歳以上1000万下 芝2000 1671412.871** 牡5 57.0 石橋脩斎藤誠528(+16)2.02.3 -0.136.3サトノスティング
16/08/06 新潟 10 信濃川特別 1000万下 芝2000 17247.0211** 牡4 57.0 内田博幸斎藤誠512(+2)1.59.5 0.835.7⑪⑧シンボリジャズ
16/07/09 福島 10 松島特別 1000万下 芝2000 11664.8210** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠510(-6)2.02.4 1.536.6⑨⑩⑩⑪カウニスクッカ
16/06/25 東京 10 八ヶ岳特別 1000万下 芝1800 13229.246** 牡4 57.5 T.ベリー斎藤誠516(-4)1.48.0 0.133.8⑥⑤⑥カレンリスベット
16/04/24 東京 9 府中S 1600万下 芝2000 18479.339** 牡4 57.0 柴山雄一斎藤誠520(0)2.00.4 1.135.2⑭⑯⑯レアリスタ
16/03/05 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 13447.536** 牡4 57.0 柴山雄一斎藤誠520(-6)1.48.8 0.534.4⑩⑧⑧⑦ブラックムーン
16/02/21 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 13337.6412** 牡4 56.0 柴山雄一斎藤誠526(+30)2.04.3 1.437.6⑬⑬⑫アングライフェン
15/05/02 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 18115.634** 牡3 56.0 戸崎圭太斎藤誠496(-2)2.27.2 0.333.9⑫⑪⑫⑨レーヴミストラル
15/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 12558.146** 牡3 56.0 戸崎圭太斎藤誠498(-8)1.49.6 0.533.8⑨⑨⑩⑩キタサンブラック
15/01/18 中山 11 京成杯 G3 芝2000 17474.912** 牡3 56.0 蛯名正義斎藤誠506(+4)2.02.3 0.035.0⑩⑩⑨⑦ベルーフ
14/12/28 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 174730.893** 牡2 55.0 戸崎圭太斎藤誠502(-2)2.02.1 0.234.9⑪⑪⑪⑪シャイニングレイ
14/11/30 東京 3 2歳未勝利 芝1800 187144.521** 牡2 55.0 川田将雅斎藤誠504(+6)1.50.2 -0.134.2⑦⑤⑤トーセンカナロア
14/09/14 新潟 5 2歳新馬 芝1800 14453.922** 牡2 54.0 北村宏司斎藤誠498(--)1.51.2 0.233.2⑧⑧ダイワダーウィン

ブラックバゴの関連ニュース

 AJCCに出走を予定していたブラックバゴ(美浦・斎藤誠厩舎、牡6歳)が1月17日、追い切り後に鼻出血を発症して出走を回避することになった。Wコースで6ハロン84秒5を一杯に追ってマークして順調な姿を見せていたが、斎藤誠調教師は「追い切りの後に鼻出血したので、出走はやめました。一旦放牧に出して、この後は白紙です」と話した。



★ブラックバゴの競走成績はこちら

【AJCC】ブラックバゴ抜群の行きっぷり 2018年1月17日(水) 11:19

 ブラックバゴは中山金杯(4着)から中1週で勝負をかけてきた。6歳にして戦法が固まって、よほど今は充実しているということだろう。

 間隔が詰まっているとあり、美浦Wコースでしまい重点の併せ馬。ゴール前で仕掛けただけに半馬身届かなかったが、道中は鞍上が抑えるほどの抜群の行きっぷり。好調キープとみていい。

 「数字的に変わらないが、使ったことで中身は詰まってくる。中1週でも上積みはある」と、斎藤誠調教師は豪語。「外が伸びる馬場になってきているのはいい。(岩田騎手も)前走の結果を踏まえて乗ってくれると思う」と、差し切りを思い描いている。(夕刊フジ)

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】ブラックバゴ7度目の重賞挑戦 2018年1月17日(水) 05:05

 ブラックバゴが7度目の挑戦で重賞初Vを狙う。前走の中山金杯では大外から追い込み、勝ち馬から0秒1差の4着まで迫った。「数字的にはそれほど変わらないと思いますが、中1週で中身は締まってくるはずで、上積みはあると思います。外が伸びる馬場になっているのはいいですし、馬の間を割っても大丈夫」と斎藤誠調教師は期待している。

★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】レース展望 2018年1月15日(月) 17:53

 中山最終週の日曜メインはアメリカジョッキークラブカップ(21日、GII、芝2200メートル)。古馬中長距離路線の重要な一戦だ。フルゲート17頭のところ、登録が12頭と少ないが、充実したメンバー構成となった。その中でも注目されるのは2015年の有馬記念優勝馬ゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡7歳)だ。

 昨年の宝塚記念2着後は順調さを欠き、ここまで休養が延びたが、11日の追い切りでは1週前としては合格点の動きを披露。久々を苦にしないタイプで、一昨年の産経賞オールカマーでは5カ月のブランクがありながら優勝している。そのオールカマーは今回と同じ中山芝2200メートル戦。舞台適性も十分にある。新コンビを組む武豊騎手は京都金杯(ブラックムーン)を快勝し、関西リーディング2位と今年も快調。魅力あるタッグだ。

 14日の日経新春杯では出走がなかった4歳馬だが、AJCCには3頭が登録してきた。どの馬も今後の中長距離路線で活躍が見込める。中でも主力と目されるのは、今回と同じ中山芝2200メートルのセントライト記念で皐月賞アルアインを2着に退けて快勝したミッキースワロー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡4歳)だ。前走の菊花賞は後方から早めに動いたものの6着。近年まれに見る不良馬場では最後に切れが鈍ったが、先行集団に取りつく脚は見どころ十分だった。3戦2勝の中山はプラス材料になる。

 その菊花賞ミッキースワローに先着する5着だったのがダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)。重賞未勝利ながら、春2冠でも皐月賞3着、ダービー6着と大崩れしていない。自己条件の前走・サンタクロースSは順当勝ち。新馬戦以来の2勝目を飾り、弾みがつくかもしれない。14日の日経新春杯で初騎乗のパフォーマプロミスを勝利に導くなど自身JRA初の一日6勝をマークしたミルコ・デムーロ騎手と新コンビを組む点も強調できる。

 レジェンドセラー(美浦・木村哲也厩舎、牡4歳)はクラシックこそ縁がなかったが、そのぶん、ゆっくりと成長を促されてきた。そのかいあって、1000万下、準オープンと芝2400メートルで連勝。重賞初挑戦ながら、日経新春杯パフォーマプロミスが同じ状況で勝っているだけに、こちらもチャンスはありそうだ。

 ブラックバゴ(美浦・斎藤誠厩舎、牡6歳)はホープフルS3着、京成杯2着と中山の重賞で好走した実績の持ち主。前走の中山金杯は4着だったが、スローペースの中、後方から外を回って追い上げた脚は評価できる。体重がプラス14キロと重めだったこともあり、中1週で絞れてくればさらに反応が鋭くなりそうだ。

 不振続きながら、一昨年の覇者ディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡9歳)、マイペースの逃げを打てるとしぶといマイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡8歳)、すっかり末脚が安定してきたショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡7歳)も争覇権内。中山牝馬S優勝実績があるトーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、牝6歳)は牝馬不振のデータを覆せるかどうか興味深い。

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アメリカジョッキークラブカップ】特別登録馬2018年1月14日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ナックビーナス、高松宮記念直行も 2018年1月11日(木) 05:00

 ★カーバンクルSを連覇したナックビーナス(美・杉浦、牝5)は出走可能なら高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)直行も。2着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝5)は三浦騎手で夕刊フジ賞オーシャンS(3月3日、中山、GIII、芝1200メートル)へ。3着ロードクエスト(美・小島茂、牡5)はシルクロードS(28日、京都、GIII、芝1200メートル)。

 ★中山金杯2着ウインブライト(美・畠山、牡4)と3着ストレンジクォーク(美・小島太、牡6)は小倉大賞典(2月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)参戦が有力。4着ブラックバゴ(美・斎藤誠、牡6)と11着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)はアメリカJCC(21日、中山、GII、芝2200メートル)へ。5着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡4)は東京新聞杯(2月4日、東京、GIII、芝1600メートル)を予定。ここには京都金杯5着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡5)も参戦濃厚。

 ★ポルックスS快勝のアルタイル(美・手塚、牡6)はマーチS(3月25日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。3着センチュリオン(美・田村、牡6)は佐賀記念(2月6日、佐賀、交流GIII、ダ2000)。同8着サンマルデューク(美・小島太、牡9)はアルデバランS(2月3日、京都、OP、ダ1900メートル)へ。

 ★菊花賞2着クリンチャー(栗・宮本、牡4)は、京都記念(2月11日、京都、GII、芝2200メートル)で始動する。僚馬で京都金杯7着キョウヘイ(牡4)は、洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)へ。

 ★京都金杯10着アメリカズカップ(栗・音無、牡4)も洛陽Sに向かう。同9着マサハヤドリーム(栗・今野、牡6)は、小倉大賞典へ。

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックバゴの関連コラム

閲覧 2,112ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2018年01月21日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1かG2”において5着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [8-4-6-38](複勝率32.1%)
×なし [0-4-2-51](複勝率10.5%)

 実績馬が強いレース。2010年以降の優勝馬8頭は、いずれも前年にJRAのG1やG2で善戦したことがある馬でした。たとえ近走成績が良くても、条件クラスやオープン特別、G3のレースを主戦場としてきた馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ゴールドアクターダンビュライトミッキースワロー
主な「×」該当馬→ディサイファブラックバゴレジェンドセラー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRAのG1”」だった馬は2010年以降[5-2-2-16](複勝率36.0%)
主な該当馬→ゴールドアクターミッキースワロー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月10日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/6〜1/8)回収率275%のサラマッポプロを筆頭に、霧プロ、スガダイプロ、シムーンプロ含む計12名が2018年プラス発進!
閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3〜4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年1月6日() 14:00 【ウマニティ】
第326回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中山金杯 G3
閲覧 774ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさん明けましておめでとうございます!今年も当コラムを宜しくお願いいたします(^^)/

早速ですが、本日は中山11R「中山金杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析します。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ダイワキャグニーからデニムアンドルビーまでの3頭。
第2グループ(黄)は、フェルメッツァからタイセイサミットまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンマタコイヤからブラックバゴまでの6頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表全体を見渡しても1.0以上の溝がない稀に見る混戦、絞るのが大変そうです、、。

私の本命は◎ウインブライトにしたいと思います。3歳春の若竹賞、スプリングステークスを見ても明らかに中山コースだとラストの伸びが違います。皐月賞は枠順的にどうしようもなかったですし、内枠を引いた今回はかなり期待できそう。先行馬が総崩れした前走でも勝ち切るあたり、どんどん力をつけていますし、今年の活躍が楽しみです。

相手は先行馬、内枠を意識して、○セダブリランテス、▲アウトライアーズ、△ブラックバゴダイワキャグニーデニムアンドルビー、☆マイネルミラノと印を打ちます。

【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点

[もっと見る]

2017年11月15日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年11月15日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(72)
閲覧 1,908ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年11月18日(土) 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
【“JRAの重賞”において連対経験がなかった馬の、出走数別成績(2012年以降)】
●2戦以内 [2-4-4-20](複勝率33.3%)
●3戦以上 [0-0-1-25](複勝率3.8%)
→2011年以前を含め、基本的にキャリアの浅い馬が強いレース。また、前走が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以下だった馬は2012年以降[0-0-1-21](複勝率4.5%)と苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
東京芝1800m×ディープインパクト×牡およびセン
→複勝率36.5%


▼2017年11月18日(土) 京都11R アンドロメダステークス
【“JRA、かつ2400mのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-3-5-24](複勝率33.3%)
●なし [1-2-0-29](複勝率9.4%)
→長距離のレースで善戦したことがない馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ2400mのレース”において6着以内となった経験があるのは、ヴォージュスズカルパンブラックバゴマテンロウボスメドウラークレッドソロモンの6頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2017年3月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月12日号】特選重賞データ分析編(38)〜2017年スプリングステークス〜
閲覧 2,088ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2017年03月19日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝1600〜2000m、かつ出走頭数が9頭以上、かつ未勝利を除くレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-5-5-27](複勝率35.7%)
×なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)

 実績を素直に評価したい一戦。ダート、マイル未満、2000m超、極端な少頭数、さらに未勝利のレースでしか優勝経験のない馬は好走例がありません。特に注意が必要なのは新馬を勝っていない1勝馬。2016年5着のミッキーロケット(単勝2番人気)、2015年6着のブラックバゴ(単勝4番人気)、2014年6着のベルキャニオン(単勝2番人気)など、人気を裏切ってしまったケースが目立ちます。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2015年5月4日(月) 22:00 km
≪km≫次走の狙い馬#300
閲覧 895ビュー コメント 0 ナイス 8

5/2(土)

東京11R
ブラックバゴ
クラブ馬だから距離適性外のクラシック路線を歩んできた(?)。
今回も道中はかかりっぱなし。それでも4着。潜在能力が高いことは間違いない。
激しい闘争心も短距離戦線ならば問題にならない。
完成度も高く、古馬とも見劣らない。次戦が狙いどきだ。


5/3(日)

該当馬なし

--------------------------------

週末狙い馬

5/9

新潟11R 中ノ岳特別→サトノロブロイ(初ダート)
京都11R 京都新聞杯シュヴァルグラン(非根幹距離)



km(けーえむ)
ウマニティ公認プロ。ウマニティ主催の第2回プロテストで抜群の成績を収めて合格。現在プロ予想家として活動中。
情報収集を重視した独特の思考フィルターとU指数を加味したレース分析に定評がある。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックバゴの口コミ


口コミ一覧
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の重賞は共同通信杯&京都記念&クイーンC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・1・1・7]

○[1・0・1・1・5・8]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・3・2・6・15](´・ω・`)

 ユウキ先生 2018年2月9日(金) 22:41
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート5(*^-^*)☆
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞は東京新聞杯&きさらぎ賞☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・6]

○[1・0・1・1・4・6]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・2・2・5・12](´・ω・`)

[もっと見る]

 シゲノハルサメ 2018年2月8日(木) 17:46
共同通信杯の出走馬分析
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 0

個人的に期待していたジャックローズは回避…。ここのところブラックバゴであったり、シルクは直前回避多いですね汗


↓ 全頭分析になります ↓

http://blog.livedoor.jp/ohagi0013/archives/1069609974.html

いまだウマニティを使いこなせていない汗

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックバゴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブラックバゴの写真

ブラックバゴ

ブラックバゴの厩舎情報 VIP

2018年1月6日日刊スポ賞中山金杯 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブラックバゴの取材メモ VIP

2018年1月6日 日刊スポ賞中山金杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。