注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

トリコロールブルー(競走馬)

注目ホース
トリコロールブルー
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2014年4月8日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[2-1-0-0]
総賞金1,104万円
収得賞金400万円
英字表記Tricolore Bleu
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ペンカナプリンセス
血統 ][ 産駒 ]
Pivotal
Tiriana
兄弟 ダノンジェラートワールドインパクト
前走 2017/02/18 フリージア賞
次走予定

トリコロールブルーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/18 東京 9 フリージア賞 500万下 芝2000 13452.411** 牡3 56.0 戸崎圭太友道康夫488(+4)2.01.8 -0.133.9--バリングラ
16/11/13 京都 8 黄菊賞 500万下 芝2000 5554.022** 牡2 55.0 福永祐一友道康夫484(+6)2.02.2 0.334.2④④④タガノアシュラ
16/07/17 中京 5 2歳新馬 芝2000 9883.521** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫478(--)2.02.8 -0.335.0⑤⑥⑥カールスナウト

トリコロールブルーの関連ニュース

 【東京】9Rフリージア賞(500万下、芝2000メートル)=トリコロールブルー(栗・友道、牡、父ステイゴールド

 ◆戸崎騎手 「まだ緩さはあるが、いいフットワークをする。テンションが高めなので、落ち着きが出てくればいいですね」

 2R新馬(ダ1400メートル)=サーヒューストン(栗・藤原英、牡、父ダイワメジャー

 ◆戸崎騎手 「まだ腰が甘いけど、フットワークが軽い。これから力をつけてくれば」

 【京都】4R新馬(ダ1800メートル)=アスターゴールド(栗・南井、牡、父ゴールドアリュール

 ◆田中健騎手 「強かったですね。競馬も上手でした。今後も楽しみ」

 6R500万下(牝馬、芝・外1400メートル)=ベルカプリ(栗・西浦、父ダイワメジャー

 ◆池添騎手 「行けたら行ってほしい、という指示でした。行ききってからは、欲を言えば、もう少し落ち着いてほしいですね」

 【小倉】10Rかささぎ賞(500万下、芝1200メートル)=デスティニーソング(栗・松下、牝、父メイショウボーラー

 ◆鮫島駿騎手 「スタートが良く、上手に競馬をしてくれました。落ち着いているのが長所ですね」

【フリージア賞】トリコロールブルーが人気に応えてV 2017年02月18日() 14:57

 2月18日の東京9R・フリージア賞(3歳500万下、芝2000メートル)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気トリコロールブルー(牡、栗東・友道康夫厩舎)がV。タイムは2分1秒8(良)。道中は中団を追走。直線外めからしぶとく伸びて、内めをついて脚を伸ばしたバリングラ(2番人気)を半馬身差押さえ込んだ。さらに3/4馬身遅れた3着には3番手から粘り込んだマイネルズイーガー(5番人気)。トリコロールブルーは昨年11月の黄菊賞2着以来、これが3カ月ぶりの実戦。通算成績を3戦2勝とした。

 ◆戸崎圭太騎手(1着 トリコロールブルー)「まだ緩さはあるが、いいフットワークをしている。テンションが高めなので、落ち着きが出てくればいいですね」

 フリージア賞を勝ったトリコロールブルーは、父ステイゴールド、母ペンカナプリンセス、母の父ピヴォタルという血統。半兄にGII・セントライト記念3着のダノンジェラート(父ディープインパクト)、GII・青葉賞2着のワールドインパクト(父ディープインパクト)がいる。

★18日東京9R「フリージア賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都記念】マカヒキぶっちぎり!鋭伸11秒5 2017年02月03日(金) 05:10

 《栗東》昨年のダービー馬で、凱旋門賞14着以来のマカヒキ(友道、牡4)は、CWコースで藤岡康騎手(レースはムーア騎手)が騎乗し、ラスト1ハロン11秒5(7ハロン96秒4、6ハロン80秒2)と鋭い伸びを披露。中トリコロールブルー(3歳500万下)に3馬身、外アドマイヤトリプル(未勝利)に6馬身先着した。

 藤岡康騎手は「ダービー馬は違いますね。仕掛けてからの反応が良くて、加速力もすごい。それでもまだギアが上がりそうな感じなので、このひと追いで来週はもっと動けるようになると思います」と絶賛。友道調教師も「最後までしっかり伸びていた」と順調さをアピールした。京都記念の後は大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)を予定している。

 日経新春杯を勝ったミッキーロケット(音無、牡4)は、坂路で4ハロン52秒1−12秒4。「前走を使って体が締まった感じはありますね」と生野助手は好感触を伝えた。

 同6着のヤマカツライデン(池添兼、牡5)はCWコースで6ハロン79秒4−12秒5の好タイム。池添兼調教師は「しっかりと追い切った。1度使って良くなっている。メンバーは強いけれど、自分の競馬をするだけだから」と巻き返しに意欲を見せた。

[もっと見る]

【京都記念】仕上がり順調!マカヒキ圧巻先着 2017年02月02日(木) 11:33

 昨秋の凱旋門賞14着以来となるダービー馬マカヒキが、今年の始動戦となる次週12日の京都記念に向け、栗東CWコースで追われた。

 藤岡康騎手を背に外トリコロールブルー(3歳500万下)、中アドマイヤトリプル(3歳未勝利)をスムーズに追走。直線で内に入り、鞍上から気合をつけられると俊敏に反応し、ラスト1F11秒5(6F80秒0−64秒8−50秒1−36秒8)と切れた。外に3馬身、中に5馬身先着としっかり仕上がってきている。

 「しっかり負荷をかけた。相変わらずいい動きで、直線はしっかり伸びていた。馬体はそんなに変わらないが、追ったあとのダメージがなくなっている。その分、成長しているね。他の4歳勢も頑張っているから」と友道調教師。レースではライアン・ムーア騎手とコンビを組み、京都記念後は大阪杯に向かう。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【2歳次走報】スワーヴリチャード共同通信杯を視野2016年11月23日(水) 05:00

 ★東京スポーツ杯2歳S2着スワーヴリチャード(栗・庄野、牡)は年内は休養し、2017年初戦は共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)を視野に。5着トラスト(栗・中村、牡)は朝日杯フューチュリティS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)が濃厚。6着ジュンヴァリアス(美・畠山、牡)は、ひいらぎ賞(同17日、中山、500万下、芝1600メートル)か、千両賞(同23日、阪神、500万下、芝1600メートル)。7着ショワドゥロワ(美・鹿戸、牡)は葉牡丹賞(同3日、中山、500万下、芝2000メートル)。

 ★黄菊賞2着トリコロールブルー(栗・友道、牡)はホープフルS(12月25日、中山、GII、芝2000メートル)か、同日阪神の500万下(芝2000メートル)を視野に。

[もっと見る]

【黄菊賞】タガノアシュラがまんまと逃げ切り勝ち 2016年11月13日() 14:15

 11月13日の京都8R黄菊賞(2歳500万下、芝・内2000メートル)は、3番人気タガノアシュラ(牡、栗東・五十嵐忠男厩舎)が武豊騎手に導かれて大逃げを打ち、4番手から追い上げてきたトリコロールブルー(2番人気)を1馬身3/4差で退けた。タイムは2分1秒9(良)。さらに5馬身遅れた3着にエスケークラウン(4番人気)が入り、出負けして最後方(5番手)を進んだ名牝ブエナビスタの初子コロナシオン(1番人気)は4着だった。

 タガノアシュラは、父マンハッタンカフェ、母レイサッシュ、母の父パラダイスクリークという血統。伯父にGI香港ヴァーズの勝ち馬ステイゴールドがいる。

 ◆武豊騎手「かなりイレ込んでいたことと1頭で飛ばしていたことを思えばよく粘っているし、能力がある。ただ少頭数で行けたこともあるからね。自分の形じゃないときやイレ込みなど、まだまだ課題は残っている」

★13日京都8R「黄菊賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリコロールブルーの関連コラム

閲覧 1,437ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳G掘新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
●ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
●サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年07月05日(火) 11:44 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第4回早期デビューの未出走馬
閲覧 2,300ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日〜7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
●エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏G機砲鮠,辰討い詢彪貲呂任后83歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

トリコロールブルーの口コミ


口コミ一覧

クラシック 

 たま 2017年02月19日() 21:20

閲覧 7ビュー コメント 0 ナイス 0

★皐月賞(4月16日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)

4,400万円 5戦[3-2-0-0] サトノアレス 藤沢和雄(美浦)ミホ分場 G 朝日杯
4,250万円 3戦[3-0-0-0] レイデオロ 藤沢和雄(美浦)ノーザンF天栄 G ホープフルS
3,700万円 4戦[3-0-1-0] ブレスジャーニー 本間忍(美浦)エスティF小見川
□ □ G 東京スポーツ杯2歳S、G サウジアラビアロイヤルカップ

3,100万円 4戦[3-0-0-1] アメリカズカップ 音無秀孝(栗東)グリーンウッド G きさらぎ賞
2,950万円 4戦[2-2-0-0] スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)ノーザンFしがらき G 共同通信杯

2,300万円 3戦[2-1-0-0] コマノインパルス 菊川正達(美浦)吉澤S−EAST G 京成杯
2,050万円 7戦[3-1-0-3] トラスト 中村均(栗東)ビッグレッドF G 札幌2歳S
2,050万円 4戦[2-2-0-0] カデナ 中竹和也(栗東)大山ヒルズ G ラジオNIKKEI杯京都2歳S
1,900万円 4戦[2-1-0-1] アダムバローズ 角田晃一(栗東)吉澤S−WEST 若駒S
1,750万円 7戦[1-2-3-1] マイネルスフェーン 手塚貴久(美浦)ビッグレッドF鉾田

1,650万円 3戦[2-1-0-0] サトノアーサー 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき シクラメン賞
1,200万円 3戦[2-0-0-1] キングズラッシュ 久保田貴士(美浦)ノーザンF天栄 芙蓉S
1,200万円 6戦[2-0-0-4] プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)名張TC 萩S
1,150万円 5戦[1-3-0-1] ガンサリュート 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
1,150万円 5戦[1-1-1-2] ボンセルヴィーソ 池添学(栗東)小松TC

1,150万円 9戦[1-3-2-3] エトルディーニュ 小桧山悟(美浦)
1,050万円 4戦[1-1-1-1] ダンビュライト 音無秀孝(栗東)ノーザンFしがらき
1,000万円 4戦[1-1-1-1] オーバースペック 南田美知雄(美浦)
1,000万円 6戦[1-3-0-2] ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)ミルF千葉




900万円 4戦[2-1-1-0] アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ノーザンファーム天栄 ひいらぎ賞
900万円 3戦[2-1-0-0] トリコロールブルー 友道康夫(栗東)ノーザンFしがらき フリージア賞
900万円 2戦[2-0-0-0] ランガディア 木村哲也(美浦)ノーザンファーム天栄
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンキングダム 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき・天栄 ゆりかもめ賞
900万円 4戦[2-0-0-2] サトノリュウガ 平田修(栗東)ノーザンFしがらき 福寿草特別
900万円 3戦[2-0-0-1] ダノンディスタンス 佐々木晶三(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 5戦[2-0-0-3] タガノアシュラ 五十嵐忠男(栗東)宇治田原優駿S 黄菊賞

400万円 3戦[1-0-1-1] イブキ 奥村武(美浦)
400万円 2戦[1-0-1-0] グローブシアター 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 3戦[1-0-2-0] ムーヴザワールド 石坂正(栗東)ノーザンFしがらき
400万円 4戦[1-2-0-1] エアウィンザー 角居勝彦(栗東)山元トレセン
400万円 1戦[1-0-0-0] ダノンロマン 藤原英昭(栗東)山元トレセン
400万円 2戦[1-1-0-0] サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき



・・・第3手根骨々折 全治6カ月以上 3戦[1-2-0-0] ヴァナヘイム 角居勝彦(栗東)ノーザンFしがらき



★桜花賞(4月9日、阪神競馬場、GI、芝1600メートル)

4,450万円 3戦[3-0-0-0] ソウルスターリング・牝 ルメール 藤沢和雄(美浦)山元トレセン
□ □ G機〆綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ
3,950万円 4戦[4-0-0-0] リエノテソーロ 武井亮(美浦)
□ □ Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
3,150万円 4戦[2-2-0-0] リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)ノーザンFしがらき G アルテミスS
3,100万円 4戦[3-0-0-1] ジューヌエコール 北村友(栗・安田) G デイリー杯2歳S
2,700万円 5戦[2-1-1-1] レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S G 小倉2歳S

2,650万円 4戦[3-1-0-0] アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東) G クイーンC
2,150万円 3戦[2-0-0-1] ライジングリーズン・牝 奥村武(美浦)テンコーTC G フェアリーS
1,850万円 3戦[2-0-0-1] ミスエルテ・牝 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき G ファンタジーS
1,800万円 9戦[2-1-1-5] ブラックオニキス・牝 加藤和宏(美浦)ノルマンディーF クローバー賞
1,800万円 4戦[1-3-0-0] アエロリット・牝 菊沢隆徳(美浦)ノーザンF天栄

1,200万円 4戦[2-0-0-2] ディーパワンサ・牝 松下武士(栗東)ノーザンFしがらき 中京2歳S
1,200万円 5戦[2-1-0-2] サトノアリシア・牝 平田修(栗東)ノーザンFしがらき コスモス賞
1,000万円 4戦[1-2-1-0] フローレスマジック・牝 木村哲也(美浦)

900万円 2戦[2-0-0-0] ファンディーナ・牝 高野友和(栗東)グリーンウッド つばき賞



★オークス(5月21日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)
900万円 3戦[2-0-1-0] ホウオウパフューム・牝 田辺 奥村武(美浦)ノーザンF天栄 寒竹賞




======

★NHKマイルカップ(5月7日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)

4,300万円 モンドキャンノ 安田隆行(栗東)ノーザンFしがらき
□ □ 京王杯2歳S G
3,950万円 リエノテソーロ 武井亮(美浦) Jpn1 全日本2歳優駿、Jpn3 エーデルワイス賞
2,700万円 レーヌミノル・牝 本田優(栗東)宇治田原優駿S 小倉2歳S G
2,300万円 キョウヘイ 宮本博(栗東)吉澤S WEST シンザン記念 G
2,200万円 タイムトリップ 菊川正達(美浦)シンボリ牧場 クロッカスS、カンナS

1,950万円 レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)宇治田原優駿S 函館2歳S G
1,200万円 レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)   もみじS
1,200万円 クインズサリナ 西村真幸(栗東) フェニックス OP
1,100万円 カシノマスト 蛯名利弘(美浦) ひまわり賞
1,000万円 ダイイチターミナル 高市圭二(美浦)

900万円 アルアイン 池江泰寿(栗東)ノーザンFしがらき
900万円 コウソクストレート 中舘英二(美浦) くるみ賞
900万円 アズールムーン・牝 斎藤誠(美浦) りんどう賞

 銀色のサムライ 2017年02月18日() 20:02
フェブラリーS・小倉大賞典 予想
閲覧 41ビュー コメント 4 ナイス 19

昨日の日記でご紹介した3頭を含め、計4頭のPOG馬が今日の競馬に登場。
東京1R・コロニアルスタイル、東京9R・トリコロールブルーが見事に勝ち上がりました♪

フリージア賞のトリコロールブルーは直線でスムーズさを欠いたものの、
ラスト100mでグイッと脚を伸ばし、昨年7月の新馬戦以来となる2勝目を挙げました。

派手な勝ち方じゃなかった分、世間からの評価はそこまで高くないかもしれませんが、
年明け初戦で良化途上、という状況でしっかり勝ち切ったのは◎。
今回の勝利が後の重賞制覇、そして日本ダービー出走へと繋がる事を切に願っています。

コロニアルスタイルも辛勝とはいえ勝てたのが良かったですし、
フリージア賞・3着のマイネルズイーガーも苦手なコースで良く頑張ってくれました。

マイネルズイーガーはノド鳴り持ちの馬なんですけど、
何も異常がなければスプリングSなどの皐月賞トライアルに登録してきそうです。

今季のPOGはかなり苦戦していますが、
ようやく流れが良くなってきたのかな?と思っていますので、
次週以降に出走する馬たちにも頑張ってもらいたいです。


【フェブラリーステークス】

◎カフジテイク
○ベストウォーリア

強調材料に乏しい馬ばかりが揃った印象のある今年のフェブラリーS。
「大混戦!」「波乱必至!」などと言われていますけど、僕は根岸Sのワンツーで堅いと考えています。

カフジテイクは1600mで勝っていない事が不安ではありますが、
東京のダートでは上がり3ハロン34秒台の脚を毎回使っていますので、
悪くても3着までには入ってくれると思います。

ベストウォーリアは勝ち切るイメージが浮かばない分、対抗としました。
でも、カフジテイクと2kgの斤量差があった根岸S以上の走りを見せる可能性も十分あると思います。

馬券は、カフジテイク・ベストウォーリア2頭軸の3連複で勝負します。


【小倉大賞典】

◎ベルーフ

こちらも難解な一戦ですが、ペースが速くなって差しが決まる展開になる、
と考え、小倉巧者の差し馬・ベルーフを中心視します。

馬券の種類はまだ決めていません。
でも、相手が絞り切れないので、単複で勝負するのが妥当かな、と思っています。

[もっと見る]

 DEEB 2017年02月18日() 17:01
恥ずかしい馬予想2017.02.18[結果]
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 1

東京 9R フリージア賞 3歳500万下(混合)(特指)
◎ 5 ★トリコロールブルー …1着
○ 2 バリングラ…2着
▲ 9 ヴェルラヴニール…5着
△10 ダノンオブザイヤー …7着
× 8 ナンヨープルートー …4着
[結果:アタリ○ 単勝5 240円、複勝5 120円、馬連2-5 680円]

東京10R 金蹄ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 6 サハラファイター …9着
○ 1 レッドサバス…3着
▲ 9 ウインユニファイド…6着
△ 5 マイネルトゥラン…1着
×13 ☆デビルズハーツ…5着
[結果:ハズレ×]

東京11R ダイヤモンドステークス(GIII) 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎12 アルバート…1着
○ 7 フェイムゲーム…6着
▲ 1 ファタモルガーナ…7着
△ 8 カフジプリンス…3着
× 4 ☆ラブラドライト…2着
[結果:アタリ○ 複勝4 350円、馬連4-12 2,040円、ワイド4-12 760円・4-8 1,060円]

京都 5R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎11 スイーズドリームス…2着
○10 アドマイヤロブソン…1着
▲ 4 シャイニーピース…5着
△ 5 ダノンスターズ…6着
× 9 コスモトゥイーク…12着
☆13 アーダルベルト…10着
[結果:アタリ△ 馬連10-11 250円]

京都 6R 3歳500万下牝(特指)
◎ 2 フラウティスタ…7着
○11 オールポッシブル…3着
▲ 1 マルモレイナ…8着
△10 アグネスジュレップ…9着
×14 ☆アンジュデジール…5着
[結果:ハズレ×]

京都10R 橿原ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 7 ゴルゴバローズ…1着
○15 ☆ガンジー …12着
▲10 ゼンノサーベイヤー …2着
△11 スズカアーサー …9着
×16 エイシンラナウェー …5着
☆ 1 アメリカントップ…16着
[結果:アタリ△ 馬連7-10 380円]

京都11R 京都牝馬ステークス(GIII) 4歳以上オープン(国際)牝[指定]
◎10 レッツゴードンキ…1着
○ 6 スナッチマインド…3着
▲ 4 アルビアーノ…17着
△ 2 アットザシーサイド…8着
×14 ウリウリ…12着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上1000万下[指定]
◎ 7 マッシヴランナー …1着
○ 3 ニホンピロヘーゼル…8着
▲12 ウェーブキング…4着
△ 4 プレシャスルージュ…9着
× 6 スズカウラノス…6着
☆ 8 ゴーイングベル…14着
[結果:ハズレ×]

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 9 ★エスポワールパレス…2着
○10 マンハッタンロック…1着
▲ 1 ハイクアウト…4着
△ 4 シゲルクーガー …5着
×11 ハクユウマックス…11着
[結果:アタリ△ 複勝9 160円、馬連9-10 520円]

小倉11R 和布刈特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎11 ★エポック…6着
○10 タガノヴェリテ…3着
▲ 3 トウケイワラウカド…7着
△14 スリーアロー …1着
×12 ナムラミラクル…2着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
妻さんが体調不良で寝込んでいますので、静に黙って競馬します。

[今日の結果:10戦2勝5敗3分]
まあ、「何とかまあ」な結果でした。
明日も静に競馬しよう。

[もっと見る]

トリコロールブルーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トリコロールブルーの写真

トリコロールブルー

トリコロールブルーの厩舎情報 VIP

2017年2月18日フリージア賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トリコロールブルーの取材メモ VIP

2016年11月13日 黄菊賞 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。