注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

ベストアプローチ(競走馬)

注目ホース
ベストアプローチ
ベストアプローチ
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2014年4月24日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主H.H.シェイク・モハメド
生産者Car Colston Hall Stud
生産地
戦績 5戦[1-1-1-2]
総賞金2,635万円
収得賞金400万円
英字表記Best Approach
血統 New Approach
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Park Express
Sant Elena
血統 ][ 産駒 ]
Efisio
Argent Du Bois
兄弟
前走 2017/03/05 報知杯弥生賞 G2
次走予定

ベストアプローチの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 121118.674** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭476(+2)2.03.5 0.334.8⑥⑥⑨⑨カデナ
17/01/29 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 11787.446** 牡3 56.0 内田博幸藤原英昭474(-4)1.48.1 0.433.2⑧⑧⑨ダイワキャグニー
16/12/25 阪神 6 2歳500万下 芝2000 8331.812** 牡2 55.0 川田将雅藤原英昭478(+6)2.05.1 0.135.3⑥⑥⑥④ダノンディスタンス
16/11/26 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 1081012.463** 牡2 55.0 川田将雅藤原英昭472(-4)2.03.0 0.434.5⑦⑦カデナ
16/10/23 京都 5 2歳新馬 芝2000 11675.331** 牡2 55.0 川田将雅藤原英昭476(--)2.02.1 -0.134.8⑥⑤⑥⑤アドマイヤローザ

ベストアプローチの関連ニュース

 ◆ルメール騎手(ダンビュライト3着) 「ペースが遅くて、まだ瞬発力もあまりないからね。距離はいいけど、レース前にテンションが上がっていたりして若さが残る」

 ◆戸崎騎手(ベストアプローチ4着) 「どれが行くのかはっきりせず、ポジションを一列下げてしまった。直線もスムーズじゃなかったが、最後は伸びている」

 ◆シュタルケ騎手(サトノマックス5着) 「きょうはペースが遅くてリズムが取れなかったが、能力はある」

 ◆城戸騎手(テーオーフォルテ7着) 「最後も止まっていないが、瞬発力よりもいい脚を長く使うタイプ。もっとペースが流れてほしかった」

 ◆角居師(グローブシアター8着) 「道中はしっかりとハミを取っていなかったみたい。気持ちの面など、まだ課題もある」

 ◆大野騎手(ディアシューター10着) 「4コーナーまではうまく回って来られた。距離はもう少し詰めてもいいかも」

 ◆蛯名騎手(スマートエレメンツ11着) 「芝の走りは悪くないが、まだ緩いところがあってブレて走っている感じ。そのあたりが良くなれば…」

★5日中山11R「弥生賞」の着順&払戻金はこちら

【報知杯弥生賞】厩舎の話2017年03月03日(金) 05:11

 ◆カデナ・中竹師 「攻めもいいリズムで走れていた。体つきも休養前より良くなっている」

 ◆キャッスルクラウン・渋谷信師 「順調そのもの。初めてなので馬場見せをするつもりです」

 ◆グローブシアター・辻野助手 「前走時より乗り込めて、騎手の感触も良かったですよ」

 ◆コマノインパルス・田辺騎手 「前回と違い、今回はいつもの落ち着きがあって好状態」

 ◆スマートエレメンツ・鹿戸師 「動きがよかった。今の感じなら芝も大丈夫じゃないかな」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「中山は初めてだけど、いずれ経験しなくてはいけない。先行して折り合える」

 ◆ダンビュライト・東田助手 「追い切りは、しっかりとやれている。距離が延びるのはいい」

 ◆ディアシューター・高木師 「動きはいい。長くいい脚を使える」

 ◆テーオーフォルテ・藤岡師 「使った上積みはある。勝つつもりで臨みたい」

 ◆ベストアプローチ・荻野助手 「調整はうまくいったし、好勝負が期待できる」

 ◆マイスタイル・昆師 「予定通りのけいこ。今の時点としてはかなりの状態にある」

★弥生賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】追って一言2017年03月02日(木) 05:10

 ◆サンライズソア・河内師 「奧手でまだ子供っぽいが、追ってしぶといタイプ」

 ◆スマートエレメンツ・鹿戸師 「動きが良かったので使う方向。最初に芝を使ったときはフラフラしていたけど、きょうの感じなら大丈夫じゃないかな」

 ◆ダンビュライト・東田助手 「追い切りはしっかりとやれている。距離が延びるのはいい」

 ◆ディアシューター・高木師 「動きは良かった。長くいい脚を使えるタイプで、ゲートを出てリズム良く運べれば」

 ◆テーオーフォルテ・藤岡師 「使った上積みは見込めると思うよ。新馬がセンスのある勝ち方。権利取りではなく、勝つつもりで」

 ◆ベストアプローチ・荻野助手 「調整はうまくいったし、好勝負が期待できる。長く脚を使える」

 ◆マイスタイル・昆師 「予定通りに上がりを伸ばすけいこ。かなりの状態にある」

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】レース展望 2017年02月27日(月) 18:04

 中山2週目の日曜メインは弥生賞(3月5日、GII、芝2000メートル)。1〜3着馬に皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられるトライアルレースだ。過去10年の優勝馬に2009年ロジユニヴァース(ダービー)、10年ヴィクトワールピサ皐月賞)、16年マカヒキ(ダービー)とクラシックホースが名を連ねるように、春のクラシックの行方を左右する重要な一戦。今年も将来性豊かな3歳馬が、皐月賞と同じ舞台で熱戦を繰り広げる。

 コマノインパルス(美浦・菊川正達厩舎、牡)が重賞連勝で、皐月賞へ弾みをつける。東京でデビュー戦を勝ち、続く500万下・葉牡丹賞では、直後にホープフルSを勝つレイデオロから0秒2差の2着。前走の京成杯は3、4コーナーで大外を回りながらも力強く伸びて重賞初制覇を飾った。これまでの3戦は、いずれも芝2000メートルで、近2走は今回と本番と同じ中山。距離、舞台適性、実績はメンバー中一番だ。死角らしい死角は見当たらない。

 前走の京都2歳Sで重賞初勝利をマークしたカデナ(栗東・中竹和也厩舎、牡)も、Vは譲れない。ここまで4戦し、【2・2・0・0】の好成績。敗れた2戦も、新馬戦がタイム差なし、3戦目の500万下・百日草特別が0秒1差の接戦だった。上がり3ハロンは、4戦すべてメンバー最速で、末脚の切れ味は父ディープインパクト譲り。初の中山コースが鍵だが、関東圏への輸送は前々走で経験しており、素質の高さで克服する可能性は十分ある。

 2戦2勝のダイワキャグニー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)は無傷の3連勝を狙う。前走の500万下・セントポーリア賞は、直後に共同通信杯で2着に入ったエトルディーニュに2馬身差をつける完勝だった。デビュー2戦はともに東京芝1800メートルだったが、好位につけられる先行力は中山向き。重賞ウイナー2頭より前めの位置取りで勝機をうかがう。

 グローブシアター(栗東・角居勝彦厩舎、牡)の母は、オークス、アメリカンオークスを制したシーザリオ菊花賞ジャパンCを勝ったエピファネイアの半弟で、朝日杯フューチュリティSの勝ち馬リオンディーズの全弟にあたり、血統的スケールは3歳屈指の存在といえる。新馬勝ち後の前走のホープフルSは0秒4差の3着。勝ったレイデオロには突き放されたが、デビュー2戦目だったことを考れば、上々の内容だった。パワータイプだった兄2頭は折り合いに苦労していたが、430キロ台で小柄なこの馬は乗り手に従順。良血の成長力で、前記の3頭と渡り合う。

 サウジアラビアロイヤルC2着、きさらぎ賞3着の実績を持つダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は、“3度目の正直”で重賞取りに挑む。「アメリカズカップと遜色ない力はある」と音無調教師が同厩のきさらぎ賞優勝馬と同等の評価をしている素質馬。半兄ラブラドライトは長距離戦で活躍するステイヤーだけに、血統面から距離延長はプラスに出そうだ。

 キャリア1戦のサトノマックス(美浦・堀宣行厩舎、牡)は父がディープインパクトで、母ラシャルマンテがアルゼンチンの重賞5勝を誇る良血馬。デビュー戦は東京のマイル戦で1分37秒3の勝ち時計は平凡だったが、テン良し、中良し、しまい良しのレース内容で、センスの高さを見せた。当時騎乗したクリストフ・ルメール騎手は「2000メートルぐらいがベストかもしれない」と話しており、今回はさらにパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。堀厩舎は京都記念サトノクラウン)、ダイヤモンドSアルバート)、中山記念ネオリアリズム)と3週連続で重賞を勝っており、勝てば史上初の4週連続重賞Vとなる。

 サトノマックスと同じ堀厩舎に所属し、京成杯で6着ながらコマノインパルスから0秒3差の勝負をしているバリングラ(牡)、京都2歳Sカデナから0秒4差の3着があるベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)も上位を狙える力がある。ノーリーズンカレンブラックヒルメイショウマンボと後のGIホースが勝っているこぶし賞を制覇したマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡)も相手なりに走るタイプで、目が離せない。

 なお、サウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sを連勝しているブレスジャーニー(美浦・本間忍厩舎、牡)は、回避の公算が大きい。

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】特別登録馬2017年02月26日() 17:30

[もっと見る]

【京都2歳S】レースを終えて…関係者談話2016年11月27日() 05:04

 ◆シュタルケ騎手(ヴァナヘイム2着) 「直線で離れた外から来られたからね。馬体を併せていたら違っていた。まだ余力はあったから」

 ◆川田騎手(ベストアプローチ3着) 「いいリズムで3角まで来れました。そこから動けなかったですね。直線もなかなか道ができませんでしたが、しまいはいい脚でした」

 ◆武豊騎手(ワンダープチュック4着) 「折り合いはついたし、しまいも伸びた。めどは立った」

 ◆Mデムーロ騎手(ソーグリッタリング5着) 「直線で狭くなったのが痛かったね。距離はもう少し短い方がいい」

 ◆和田騎手(プラチナヴォイス6着) 「イレ込みがきつかった。向こう正面中ほどまで力んでいた。(4角で)外から馬が来たら余力はなかった」

 ◆アッゼニ騎手(マイネルザウバア7着) 「リズム良く運べたが、最後は伸び切れなかった」

 ◆ルメール騎手(ダノンディスタンス8着) 「ストライドが大きくて内回りは忙しい。距離ももう少しあった方がいい」

★26日京都11R「京都2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ベストアプローチの関連コラム

閲覧 326ビュー コメント 0 ナイス 1

11月27日(日)に行われました東京11Rの「ジャパンカップG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】キタサンブラック(3.8倍)
2着:総合ポイント【8位】○サウンズオブアース(12.2倍)
3着:総合ポイント【11位】△シュヴァルグラン(13.9倍)

第1グループ・総合ポイント3位のキタサンブラックが1着、第2グループ・総合ポイント8位のサウンズオブアースが2着、第3グループ・総合ポイント11位のシュヴァルグランが3着という結果でした。

レインボーラインは流れ不向きな中、頑張ってくれました!重馬場想定の外差し予想で決め打ちしたのでこれは仕方ないところです。
キタサンブラックは武騎手が素晴らしい騎乗、直線の進路取りもさすがでした(^^)/

【馬連ながし】
14

3,9,12,16,17

【3連複フォーメーション】
14

3,9,12,16,17

3,8,9,10,11,12,15,16,17

35点 払い戻し0円


続いて11月26日(土)に行われました京都11Rの「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】△カデナ(3.8倍)
2着:総合ポイント【3位】△ヴァナヘイム(3.0倍)
3着:総合ポイント【9位】◎ベストアプローチ(12.4倍)

第1グループ・総合ポイント1位のカデナが1着、第2グループ・総合ポイント3位のヴァナヘイムが2着、第3グループ・総合ポイント9位のベストアプローチが3着という結果でした。
 
こちらは◎ベストアプローチが頑張ってくれたんですが、3複の相手に選んだ○プラチナヴォイス、▲ダノンディスタンスが来ず......。○プラチナヴォイスは直線さあここからというところでの不利の影響もあったでしょうか。いずれにせよ、印的には△△◎だったわけで、馬券センスがなかったですね〜(+_+)

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
10=2,8=2,3,8,9(5点)払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第227回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3
閲覧 693ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、カデナから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプラチナヴォイスまでの2頭。
第2グループ(黄)は、ヴァナヘイムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルザウバアアダムバローズソーグリッタリングまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ワンダープチュック1頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

第1G→第2G間に1.4ポイントの開きがあり、第4G以下にも2〜4ポイントほどの差が生じています。ただ、いつも言うようにこの時期の2歳戦ですので、経験しているレース数や前走のクラスなどで上記程度の差は簡単についてしまう状況。ゆえに、いつも通り今回どれだけ跳ね上げるかといった部分が重要になってくると思われます。

そんな中、今回の私の◎はベストアプローチとしました。新馬勝ち上がり直後ですので指数は出ていませんが、その新馬戦で見せたポテンシャルに期待します。実際、デビュー戦の指数としてはメンバー中トップの値をマークしていますし、そこで下した2着馬も次走すぐに勝ち上がっており、決してレベルの低い新馬戦ではなかったと思います。中間の調整内容も中身の濃いものだと思っていますし、当日どの程度の人気妙味があるかは分かりませんが4、5番人気以下想定で本命視。
以下、相手にはOP時代のこのレース含む近12年で好成績となっている、

・前走上がり3位以内(10-10-10-40)
・札幌、函館、京都の新馬戦デビュー組(9-8-11-27)

あたりのデータに該当する○プラチナヴォイス、▲ダノンディスタンスを選びます。
そして、今回の私の馬券は、◎から○▲への3複少点数勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
10=2,8=2,3,8,9(5点)

[もっと見る]

ベストアプローチの口コミ


口コミ一覧
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 0

【弥生賞 予想結果】こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想2017 3連単5頭ボックス予想まとめ!!
2017/03/05 15:58 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-511.html

競馬ファンの間ではすっかりお馴染みのAKB48のこじはる(小嶋陽菜)による競馬予想。
毎週『うまズキッ!』の番組内で発表される3連単5頭ボックスを楽しみにしている人も多いでしょう。

ただ、その『うまズキッ!』が2016年いっぱいで打ち切り。
2017年1月8日から『馬好王国〜UmazuKingdom〜』がスタートしました。

こじはるは新番組に引き続きMCとして出演。
2017年は『馬好王国〜UmazuKingdom〜』の中で3連単5頭BOX予想が披露されています。

今年はどんな結果となるのでしょうか。
こじはるの3連単5頭ボックスの昨年2016年の最終成績は50戦11勝。
安田記念の15万馬券的中などもあり昨年も年間プラス収支で一年を終えました。

2016年は最終的に的中率が22%、収支が+41,410円でした。
※凱旋門賞の結果を含めた収支

今年は3年連続のプラス収支を狙うこじはる。
ここまでの3連単5頭ボックスの成績はどうなっているのでしょうか。

2017年の成績は『弥生賞』を終えて9戦1勝。

弥生賞も当てることができず馬券はこれで6連敗。
今年の2勝目はまたもお預けとなりました。

今年の成績はここまで勝率11%、収支は-25,020円となっています。
気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『フィリーズレビュー』の予定です

◆こじはる(小嶋陽菜)、2017年競馬予想&結果!

≪弥生賞(GII)≫ ぶー, ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! ( ̄× ̄)b゛
◇◎ 3.グローブシアター

◆3連単5頭ボックス
1.ベストアプローチ
3.グローブシアター
4.ダンビュライト
5.サトノマックス
11.カデナ

◆レース結果
1着 11.カデナ
2着 10.マイスタイル
3着 4.ダンビュライト

◆払戻金
3連単:11-10-4 46,720円 182番人気

・・・・・・・・・・・・・・・

 馬券のエース 2017年03月05日() 20:27
今週の≪振り返り≫ 
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 3

今日も皆さん、お疲れ様でした(*^_^*)/
サイト【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】の方に今週の結果入り
☆今週の格上馬
☆4日5日特別戦出走表
更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい
んで、今週から人遣いの荒いアイルさんのご要望で1〜5着まで書込んでいます(*^^*)/

【格上馬】
17レースに格上馬が該当する馬が出走し11レースで馬券内。
土曜日:【3−1−2−3】 ◎【0−0−2−1】
日曜日:【2−1−3−13】 ◎【1−1−1−1】

【馬指数】
今週は坂路≪好調馬≫が結構走ってくれましたね♪
ただ【馬指数1位】馬も【格上馬】もそうですが、土曜出走馬は調子が良いのに、日曜はガラリと傾向が
変ったりします。その1日差に何があるのか?前からの疑問(?o?;)
騎手が乗り方を変えるからなのか?水曜追いの一杯追いは4日後だと筋肉に良くないのか?
指数が高くても軽視する理由や、低くても評価する馬は「ワンポイントアドバイス」で書いているので
補えてるトコもありますが、近週コロコロ土日で変わるのは気温もあるのかな!?とも思います。
暖かい時はあまりない傾向でしたよね。

////////////

【今週の重賞】

≪チューリップ賞≫
1着:ソウルスターリング【元値1位】【馬指数1位】〔上げ幅1位〕〔タイム指数1位〕
2着:ミスパンテール
3着:リスグラシュー〔タイム指数1位〕

※≪攻略ポイント≫でも死角ナシの2強でしたが、タイム指数でも同指数の1位で次位に1.0秒差以上を
つけてのもの。ほぼ2強は崩れないだろうという見解の中、1勝馬ミスパンテールが2着に喰いこんで
くるのを読むのが難しかったですね。
私は「見」の予定でしたが、最終ミリッサ・カワキタエンカの応援馬券を買っちゃいました。

≪オーシャンS≫

1着:メラグラーナ【馬指数1位】〔上げ幅1位〕〔タイム指数2位〕(イケてる騎手)
2着:ナックビーナス【馬指数4位】
3着:クリスマス〔タイム指数1位〕

※10年中7年が3連単10万以上という荒れるレースですが≪LAP一致度≫すべての項目に
当て嵌まったメラグラーナがやっぱり1着(^へ^;) 相手はデータ通り逃げた馬は沈んだものの
内枠の先行馬が占め、意外と堅い決着。◎はメラグラーナでも手広く荒れ想定の指示だったので、
この配当だと獲れても儲からなかったかな。

≪弥生賞≫
1着:カデナ 【馬指数3位】(イケてる騎手)
2着:マイスタイル〔タイム指数2位〕(イケてる騎手)
3着:ダンビュライト【馬指数3位】(イケてる騎手)

※≪LAP一致度≫のテンはマイスタイルorダンビュライト、上がりはカデナorベストアプローチorキャグニー
この中の組み合わせと
・ト屬茲蠧發必ず馬券内・近10年で/裕7勝⊃裕ぃ馨 ‖膸となるこの3つの要素で
1・2番人気がト屬茲螻阿砲い辰燭海箸覗箸濆腓錣擦難しかったですが、結局名前の挙がった馬で
1着〜4着(*^o^*) 1着条件も、イ茲蠧發癸影入り、すべてのデータに当て嵌まる結果になりました♪
「的中した」というコメントも多く、これは良いアドバイスが出来たと思います(^o^)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

弥生賞が当たったという報告はコメントで数名さんから頂きましたが、
またブログに挙げさせて頂きますので、≪超抜≫競馬からの【結果報告】
またお時間ありましたら、ご協力お願いします。

来週は
・金鯱賞(昨年までの中日新聞杯)
・中山牝馬S・・・注目馬シャルール
・フィリーズレビュー・・・注目馬シグルーン
分析はじっくりかけていつも通り行いますが、先週の追い切りが良かった馬を挙げておきます。
頑張りましょう(*^▽^*)/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

指数表の中に「根拠」がある、馬券力を上げたい方・的中率を上げたい方にお奨め☆

[もっと見る]

 トーホーアマ 2017年03月05日() 18:13
弥生賞〜回顧〜
閲覧 55ビュー コメント 3 ナイス 9

今日でいよいよマイナス突入。来週から練り直し。馬単もなかなか当たらないもんだなと。しかし、自分は連で買うから馬券に関係ないのだが、阪神11Rのガリバルディが3着きたのが結構心折れた。

本題。
馬券ハズレ。カデナの転がしだけ。

出かける前に馬券購入。結果論馬券はハズレはしたが、パドックみるとカデナとサトノマックスの馬体が良かったなと。この2頭は今年1番2番ディ―プらしい体系(瞬発力ある)してると新馬戦のパドック見て思ったので大成するのではないのかなと思う。サトノマックス皐月賞に出れないのは惜しい気がする。馬券はカデナもコマノを本命にしてもはずれたわけで1番は消極的選択をしたのかなと。流れ悪いわけでどう転んでも外れる場合はどっかで当たるまで我慢。

12.4 11.4 12.8 13.2 13.4 12.7 12.3 11.9 11.4 11.7
12.4 23.8 36.6 49.8 63.2 75.9 88.2 100.1 111.5 123.2

カデナ
マイスタイルを唯一差し切ったことはとりあえずは能力の証明した。外々捲る競馬もできたので強い競馬をみせてもらえたと思う。今日の内容で皐月もダービーもこの馬が勝つのではないのかなと思ってる。ペース早ければ早いほどハマりそうなきもする。後ろからなので取りこぼしはあるだろうけど馬券内は外さないような気がする。

マイスタイル
自分のペースで、前半63秒通過なら勝たないといけないと思う。このペースで残れなかったダイワギャグニーとディア―シューターは相当弱いわけで。自己条件で。

ダンビュライト
ガリバルデイもそうだけどこの馬との相性も本当に悪いきがする。一応レースは終わった時間に帰宅してパドック→レースみたのだがなんか朝日杯よりはパドックよくなってるのかなと思えた。ずっとインべたの分脚もためれたと思うしルメールの腕も。これで皐月で食い込まれたらお手上げなのだけど。。


ベストアプローチ
サトノマックスがでれないとなるとむしろ皐月で狙いたい馬はこれ。脚余して負けてるのでペースあがる皐月ならハマる率は高まるだろう。惜しい結果だけど今後に美味しい結果にはなったのではないかな。あまり短絡的に評価してもお金損するだけなのでレース見直して相手関係もきっちり見極めたい。皐月賞、賞金足りてるかどうかはわからないけど。

サトノマックス
馬券買わないのはシュタルケだったから。本当に。。。川田とシュタルケは本当に。。。馬は2400m距離延長でも十分やれると思う。むしろ鞍上変わった時に本命。シュタルケ→川田の場合はみおくり。


ダイワギャグニー
口向きも悪いし右回りもだめといったらそうだけど、負けすぎ。今回カデナを一発負かすならこの馬かな思ってた競馬をマイスタイルにやられてしまったので選択ミス。かかりやすい、気性の悪さが全面にそのまんま的中したのだけど、次走も人気しそうなタイプな馬に思うが本当に強いのかは疑問。この日記だけみたら手のひら返しのような書き方だけど、せめて馬券買ってる身からしたら今日のペースで残れないことに呆れた。選んだ自分に1番呆れた

コマノインパルス
中山で今まで1着2着の成績で6着なのだから中山向きの馬場ではなかったとも言えるけど。いつもより早めに動いたとはいえちょうど1000m通過と同時に動いてそれが前半ペース63秒通過だったのみるとこのレースだけでみると動いたのが早かったのかと思う。本番はもっと早くなるペースで後半に仕掛けるタイミング遅くらせてどうなるか。全く足りない気するけどオッズ次第ではと思うけどやっぱ足りないかな。

グローブシアター
小柄で更に馬体重へらしてきたのはきびしい。秋以降に期待。しかし本当に小柄な馬と思う。


共同通信杯と弥生賞見た限り核となる馬は勝ったはしたものの2着以下の馬の評価は本当に難しい。とりあえずはレース名忘れたが前哨戦のトリコロールブルーとアウトライアーズの結果に注目したい。

[もっと見る]

ベストアプローチの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ベストアプローチの写真

ベストアプローチ
ベストアプローチ

ベストアプローチの厩舎情報 VIP

2017年3月5日報知杯弥生賞 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ベストアプローチの取材メモ VIP

2017年3月5日 報知杯弥生賞 G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。