ステファノス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ステファノス
ステファノス
ステファノス
ステファノス
ステファノス
ステファノス
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年2月13日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績24戦[4-6-4-10]
総賞金33,459万円
収得賞金11,170万円
英字表記Staphanos
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ココシュニック
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ゴールドティアラ
兄弟 ココファンタジアココスタイル
前走 2017/09/24 産経賞オールカマー G2
次走予定 2017/10/29 天皇賞(秋) G1

ステファノスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 17483.812** 牡6 56.0 戸崎圭太藤原英昭482(-2)2.13.9 0.133.9④⑥⑤ルージュバック
17/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 188188.147** 牡6 58.0 戸崎圭太藤原英昭484(+2)1.31.8 0.334.2⑩⑩サトノアラジン
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 143417.772** 牡6 57.0 川田将雅藤原英昭482(-4)1.59.0 0.134.2⑤⑤④④キタサンブラック
17/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 16594.736** 牡6 56.0 川田将雅藤原英昭486(+7)1.59.5 0.334.6⑪⑪⑪⑫ヤマカツエース
16/12/11 香港 8 香港カップ G1 芝2000 12--------3** 牡5 57.0 C.スミヨ藤原英昭479(--)2.01.4 0.5----モーリス
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1581411.263** 牡5 58.0 川田将雅藤原英昭486(0)1.59.7 0.433.5⑬⑭⑭モーリス
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 12224.225** 牡5 56.0 川田将雅藤原英昭486(+2)1.47.4 0.834.6⑥⑤⑥ルージュバック
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 174818.375** 牡5 58.0 戸崎圭太藤原英昭484(-2)2.13.4 0.636.9⑨⑩⑩⑥マリアライト
16/06/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 147123.322** 牡5 56.0 戸崎圭太藤原英昭486(+9)1.57.6 0.034.6⑧⑧⑥⑥サトノノブレス
15/12/13 香港 8 香港カップ G1 芝2000 13--------10** 牡4 57.0 戸崎圭太藤原英昭477(--)2.01.9 1.3----エイシンヒカリ
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1871434.3102** 牡4 58.0 戸崎圭太藤原英昭474(-2)1.58.5 0.133.4⑧⑧⑫ラブリーデイ
15/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 137118.867** 牡4 56.0 戸崎圭太藤原英昭476(+3)1.46.1 0.533.2⑩⑩⑪エイシンヒカリ
15/04/26 香港 8 QE2世C G1 芝2000 12--------2** 牡4 57.0 福永祐一藤原英昭473(--)2.03.2 0.4----ブレイジングスピード
15/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 118118.443** 牡4 55.0 A.シュタ藤原英昭470(0)1.50.5 0.235.6⑦⑥⑦⑦ヌーヴォレコルト
14/10/25 東京 11 富士S G3 芝1600 168166.121** 牡3 54.0 戸崎圭太藤原英昭470(-2)1.33.2 -0.032.9⑩⑩シャイニープリンス
14/09/21 新潟 11 セントライト G2 芝2200 1851024.954** 牡3 56.0 三浦皇成藤原英昭472(0)2.11.9 0.235.0⑬⑫⑫⑬イスラボニータ
14/05/31 京都 10 白百合S OP 芝1800 12222.311** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭472(+4)1.45.1 -0.033.6⑧⑨ピオネロ
14/04/20 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 184899.7155** 牡3 57.0 後藤浩輝藤原英昭468(0)2.00.0 0.434.8⑪⑪⑩⑧イスラボニータ
14/03/29 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 148146.343** 牡3 56.0 A.シュタ藤原英昭468(-6)1.46.7 0.034.7⑧⑥マイネルフロスト
14/02/15 京都 9 つばき賞 500万下 芝1800 13576.031** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭474(-4)1.50.1 -0.134.6⑧⑦ゼウスバローズ

⇒もっと見る


ステファノスの関連ニュース

 《栗東》宝塚記念9着以来のキタサンブラック(清水久、牡5)はCWコースで6ハロン80秒9−12秒9。ジョーストリクトリ(OP)に半馬身先着した。「順調です。折り合いも問題なかったですし、これだけの馬ですからね。やるごとに馬体の張り、つやが変わってきています」と清水久調教師。

 宝塚記念4着シャケトラ(角居、牡4)はCWコースで5ハロン66秒1−12秒6。馬なりで僚馬と併入した。「まだ体に余裕があったので、しっかり負荷をかけた」と辻野助手。

 産経賞オールカマー2着ステファノス(藤原英、牡6)はCWコースで3頭併せ。外に4馬身先着、内と併入し、6ハロン84秒5−12秒0をマークした。「1回使って素軽くなっている」と藤原英調教師。

 《美浦》毎日王冠で8着に敗れたソウルスターリング(藤沢和、牝3)は、Wコースで3頭併せ。5ハロン70秒5−12秒9で僚馬2頭と併入した。「きょうはこれで十分。来週はルメールで追い切る。ひと叩きされたことで、ガス抜きができた」と藤沢和調教師は満足げな表情を見せた。

 札幌記念1着サクラアンプルール(金成、牡6)はWコースで一杯に追われたが、5ハロン68秒0−13秒3で僚馬に1馬身遅れた。「まだ重いね。でも、これでしっかり変わってくれれば」と金成調教師。

キタサンブラックの競走成績はこちら

【天皇賞・秋】ステファノス 3頭併せで最先着 2017年10月18日(水) 10:39

 産経賞オールカマー2着のステファノスは、栗東CWコース3頭併せの最後方から。中に入った直線でしっかり追われ、内エイシンビジョン(古馬1600万下)に頭、外ファントムライト(古馬障害未勝利)に4馬身先着。6F84秒4−68秒0−52秒6−38秒7−11秒8をマークした。

 「叩かれて素軽くなった。例年なら毎日王冠から中2週が今年は中4週で、その分フレッシュさを感じるね。前走は負けたけど100点の競馬だよ」と藤原英調教師。(夕刊フジ)



★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞(秋)】特別登録馬2017年10月15日() 17:30

[もっと見る]

【オールカマー】ルージュ、1年ぶり復活V 2017年9月25日(月) 05:09

 第63回産経賞オールカマー(24日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走17頭)北村宏司騎乗の5番人気ルージュバックが、直線で内から鋭く伸びて快勝。重賞4勝目を挙げた。タイム2分13秒8(良)。このあとはエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)で悲願のGI取りを狙う。1番人気のステファノスは2着だった。

 1年ぶりの勝利は内からグイッと伸びてきた。出走すれば人気になるルージュバックが5番人気まで支持を落として、昨年の毎日王冠以来の復活V。天才少女が5歳の秋を迎えて大人の女に成長した姿をみせた。

 「よく伸びてくれましたね。力のあるところをみせてくれました」

 初騎乗で結果を出した北村宏騎手が笑みを浮かべた。

 内を突くと伸びあぐねる傾向があるだけに、(6)番枠からどう外に持ち出すかが鍵だった。スタートを決めて好位の内々を追走する。4コーナーで一瞬、外に持ち出そうとしたが、開かないとみるやインを強襲。同じ勝負服のステファノスとの叩き合いを半馬身差で制した。内から伸びてきたのは今後に向けて大きな収穫だ。

 「いいスタートだったし、流れに乗れました。初めて乗ったけど、思ったより穏やかに返し馬ができたし、周りから見ていていい馬だと思っていましたからね」と、ジョッキーは強さを認識。外に出そうとしたときに他馬の進路を妨害したとして騎乗停止処分(開催2日)を受けたが、「馬はよく伸びてくれました」と能力をたたえた。

 大竹調教師は「今回は北海道からの輸送だったので、疲れを取るためにゆっくり立ち上げてカイ食いに苦労しなかった。ジョッキーと位置取りの話はしなかったけど、確実に脚を使う馬だから、あの位置ならと思った」と、今までにない勝ち方に成長を感じた様子だ。

 次走は予定どおりエリザベス女王杯。「なぜか牝馬同士で勝てないのが、越えられない壁。でもGIのタイトルを取らせたい馬だし、(来春の引退まで)残りも少ないから頑張ります」と、トレーナーは気を引き締める。重賞4勝はすべて牡馬が相手。一段と進化したこの秋、ルージュバックは牝馬が相手でもタイトルをつかみ取る。 (柴田章利)



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!



ルージュバック 父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、母の父オーサムアゲイン。鹿毛の牝5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績16戦6勝。獲得賞金3億1648万5000円。重賞は2015年GIIIきさらぎ賞、16年GIIIエプソムC、16年GII毎日王冠に次いで4勝目。産経賞オールカマー大竹正博調教師、北村宏司騎手ともに初勝利。馬名は「ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想」。

[もっと見る]

【オールカマー】ステファノス、しぶとく2着2017年9月25日(月) 05:08

 第63回産経賞オールカマー(24日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走17頭)安田記念以来で1番人気に推されたステファノスは、好位からの競馬でしぶとく伸びて2着。あと一歩で2014年富士S以来の重賞2勝目はならなかった。「前に残られるのは嫌だったので、早めに動いていきました。しまいはしっかり走れていると思います」と戸崎騎手がいえば、藤原英調教師は「内からくるとはね。今日はこういう展開になると思い、正攻法の競馬をしました。今回は取りにいったレースだったのでね」と悔しさをにじませた。次走の天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)で巻き返しを狙う。



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】5番人気ルージュバックが復活の重賞4勝目 2017年9月24日() 15:53

 9月24日の中山11Rで行われた第63回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、17頭立て、1着賞金=6700万円)は、北村宏司騎手騎乗の5番人気ルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)が復活Vを遂げ、天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分13秒8(良)。外から急追したステファノス(1番人気)が半馬身差の2着で、さらにクビ差の3着にタンタアレグリア(3番人気)が入った。モンドインテロ(2番人気)は9着。

 マイネルミラノがレースの主導権を奪い、2番手にディサイファルージュバックはやや離れた3番手集団の内でジッと我慢した。3コーナー過ぎでマイネルミラノが動いて後続との差は4コーナーで5馬身ほど。直線、逃げ込みを図るマイネルミラノに後続が徐々に詰め寄り、インを突いたルージュバックが一気に抜け出して重賞4勝目を飾った。

 ルージュバックは、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、母の父オーサムアゲインという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は16戦6勝。重賞は2015年きさらぎ賞・GIII、16年エプソムC・GIII、毎日王冠・GIIに次いで4勝目。産経賞オールカマーは、大竹正博調教師、北村宏司騎手ともに初勝利。

 ◆北村宏司騎手「スタートがよかったので流れに乗れました。ごちゃついたところもあったけど、馬がよく伸びてくれました。初めて乗りましたが、思ったより返し馬が穏やかでした。やはり能力がありますね」



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステファノスの関連コラム

閲覧 403ビュー コメント 0 ナイス 1

天皇賞(秋)

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは天皇賞(秋)です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●好評連載・U指数公認攻略&本格検証系コラム『【U指数コラム】活用法を伝授!予想力・回収率UP大作戦!』も好評連載中!!


<ポイント 
・U指数的には傾向がつかみづらく難解なレースだが、さすがに指数1〜2位が揃って大きく崩れることはない。過去5年は1位、2位のいずれかが馬券になっており、成績は【2 1 2 5】で複勝率50.0%。

<ポイント◆
・U指数も下馬評も低い馬は厳しい戦いを強いられている。U指数99以下かつ6番人気以下の馬は【0 1 0 36】。2015年2着のステファノス以外、該当馬はことごとく敗れ去っている。

<ポイント>
・指数1〜2位以外の上位勢は信頼を置けず、指数下位の激走が頻繁に発生している。狙い目はここ。指数1〜2位を1列目、指数10位以下を2列目に配置したフォーメーションを購入した際の馬連回収率167.5%。


皇賞(秋)の予想U指数はこちら⇒(皇賞(秋)重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新はエリザベス女王杯となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月22日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年10月22日号】特選重賞データ分析編(69)〜2017年天皇賞(秋)〜
閲覧 412ビュー コメント 0 ナイス 0



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 天皇賞(秋) 2017年10月29日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2012年以降)】
○5歳以下 [5-5-4-38](複勝率26.9%)
×6歳以上 [0-0-1-33](複勝率2.9%)

 近年の天皇賞(秋)は若い馬が優勢。馬齢が6歳以上だったにもかかわらず3着以内となったのは2013年3着のエイシンフラッシュだけです。なお、皆さんもよくご存じの通り、この馬は前年に天皇賞(秋)を制していました。馬齢以外の部分がよほど強調できる馬でない限り、高齢馬は評価を下げるべきだと思います。

主な「○」該当馬→キタサンブラックマカヒキリアルスティール
主な「×」該当馬→サトノアラジンステファノスネオリアリズム


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「前走が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が2番手以内」だった馬は2012年以降[0-1-0-13](複勝率7.1%)
主な該当馬→キタサンブラックソウルスターリング

[もっと見る]

2017年9月28日(木) 17:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/24の結果(産経賞オールカマー G2)
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 2

9月24日(日)に行われました中山11Rの「産経賞オールカマー G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】☆ルージュバック(7.8倍)
2着:総合ポイント【1位】○ステファノス(3.8倍)
3着:総合ポイント【6位】△タンタアレグリア(5.4倍)

第2グループ・総合ポイント2位のルージュバックが1着、第1グループ・総合ポイント1位のステファノスが2着、第3グループ・総合ポイント6位のタンタアレグリアが3着という結果でした。

 ツクバアズマオーの全く行く気のない、前走よりもさらに後方からの競馬
マイネルミラノの楽々単騎逃げ
スローから上がり上位馬が33秒台半ばをマークするような展開
......今回の誤算の主なものです(-_-;)。まあ、これだけ誤算が重なれば当たるはずもないですよね。
マイネルミラノ然り、ディサイファ然り、4角でのごちゃつきも相まって、内先行しか来れないレースになってしまい完敗です。 


【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,16=1,2,4,6,9,10,12,14,15

計9点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年9月28日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/23〜9/24)KOMプロ、おかべプロら計11名がトータルプラスを記録!
閲覧 383ビュー コメント 0 ナイス 3



先週は、24(日)に阪神競馬場でG2神戸新聞杯が、中山競馬場でG2産経賞オールカマーがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2神戸新聞杯は、アダムバローズを先頭に、レイデオロサトノアーサーといった人気どころを好位に引き連れて向こう正面へ。2番人気に支持されたキセキは中団馬群後方の10番手あたり。比較的縦長にばらけた隊列となって、馬群は淡々とした流れで3コーナーに突入していきます。2番手からダンビュライトが押し上げて徐々にアダムバローズのリードが無くなると、直後からはレイデオロも手応えよく進出を開始して直線勝負に突入。直線半ばを通過して、ダンビュライトを競り落としたレイデオロが単独先頭に立ち、後続からはインを突いてキセキ、外を通ってサトノアーサーの伸び。しかし、抜け出したレイデオロがセーフティーリードを保ったまま2馬身差で堂々ゴール!秋緒戦を好スタートで飾っています。2着キセキ、そこから3/4馬身差の3着サトノアーサーまでが菊花賞の優先出走権を獲得しています。 
公認プロ予想家ではスガダイプロ岡村信将プロほか計12名が的中しています。
 
G2産経賞オールカマーは、好発を決めたルージュバックの外から各馬が押し寄せ、中からマイネルミラノがハナを奪って1コーナーを通過していきます。ゆったりとしたラップを刻み、前半1000m通過1分3秒1(推定)のスローペースを計時。この流れの中、先頭のマイネルミラノのリードは4〜5馬身ほど。ここから3コーナーめがけて徐々にペースアップを開始し、後続との差を広げる形で直線入り口へ。ステファノスルージュバックが進出を開始し、外を回ってはタンタアレグリアも脚色良く追撃。前を行くマイネルミラノを目標に迫ります。直線を向くと、単独2番手に浮上したステファノスの内をすくうようにルージュバックが伸びを見せ、そのままマイネルミラノも内から交わして一気に先頭へ。ステファノスとゴール前で目立つ末脚を披露したタンタアレグリアショウナンバッハらも迫りますが、5番人気ルージュバックがこれをねじ伏せ優勝。昨年の毎日王冠以来の重賞4勝目を挙げ、天皇賞(秋)への優先出走券を手中に収めています。1/2馬身の2着には1番人気ステファノス、そこからクビ差の3着には3番人気タンタアレグリアが入っています。
 公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ霧プロ導師嵐山プロサウスプロスガダイプロほか計13名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
23(土)を、勝負レース阪神7Rの的中などで回収率124%で終えると、24(日)は中山3R阪神3Rなどの的中で回収率182%の活躍!週末トータルでは回収率155%、収支14万3,390円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
的中率87%(7/8R)の高精度を披露した先週は、2日連続プラス&トータル回収率166%のトップ成績をマークしています!
 
  ☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
23(土)阪神10Rで、「阪神外回り歓迎」と狙った◎レーヌドブリエから3連複&馬単的中計11万7,980円払戻しのスマッシュヒット!24(日)も中山6R阪神12Rなどで好調予想を披露した先週は、両日プラス&トータル回収率145%を記録しています。
 
 
 
この他にも、伊吹雅也プロ(129%)、dream1002プロ(128%)、岡村信将プロ(122%)、スガダイプロ(116%)、霧プロ(115%)、はははふほほほプロ(113%)、シムーンプロ(107%)、ゼット1号プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


いよいよ今週からは秋G1シーズンに突入!この秋も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月24日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第296回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜産経賞オールカマー G2
閲覧 608ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「産経賞オールカマー G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ステファノスのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモンドインテロまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ディサイファから1.0ポイント差(約1馬身差)内のデニムアンドルビータンタアレグリアアルバートまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1→第2G間に2.3ポイントと目立つ開きがある以外は大きな差はない状況。頭数も揃った今回、舞台適性や展開などによっては第2G以下は額面以上に横一線の様相といった印象を個人的には抱いています。

さて、そんな今回私の本命は◎ツクバアズマオーとしました。正直、出来は良かった頃には及ばないとは思うのですが、この舞台で56キロなら激走十分とみて一発を期待しました。土曜の芝(稍重)のレースを振り返ると先週ほどではないものの引き続き上りが速く、当日良なら34秒台前半の脚が必要となりそうな状況。去年のここで上り最速をマークし3着している◎ツクバアズマオーには好都合だと思いますし(ちょっと古いですが、2歳時に距離不足だったマイル戦でも、野芝の中山開催で上り最速をマークしています)、リピーター質の高いレース(条件)ということで本命視。この時期の中山2200mでステイゴールド産駒が明らかにパフォーマンスを上げている点も追い風です。また、以前にも当コラムで書いたかもしれませんが、ハイレベル戦だったとみている今年の中山記念組で、当時人気のアンビシャスよりもさらに後方から大外を回して上がり2位の脚で0.5秒差6着した点も、この馬の中山中距離戦でのパフォーマンスに関して個人的に評価しているポイントです。この馬に合う舞台とこの時期の中山芝で、陣営も言うように前走よりもう少し前目で運ぶことが出来れば、レース後半からマイネルミラノが動き出して作る流れ次第ではアタマまで期待できるとみています。
○はステファノス。目標はやはり先(天皇賞・秋)ですし、いくら「勝ちに行く」として仕上げを変えるなどしても元来が叩き良化タイプ。相手関係は確かに楽で地力上位とくれば外せない印象ですが、それでもアタマとなるとどうでしょうか。
以下、▲パリカラノテガミ、☆ルージュバックあたりを上位評価し、今回の私の馬券はおそらく◎の単複になると思いますが当コラムでは、◎○からの3複で勝負とします。


【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,16=1,2,4,6,9,10,12,14,15(9点)

計9点

[もっと見る]

2017年9月24日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/産経賞オールカマー G2(スガダイプロ)
閲覧 818ビュー コメント 0 ナイス 2



当コラムではもうおなじみ、ウマニティ公認プロ予想家チームのエースで4番・スガダイさんに本日は登場してもらいます。予想レースは産経賞オールカマー先週のセントライト記念を的中させている“常勝のカリスマ”の中山重賞2週連続的中に期待しましょう。
本命は「新潟記念でいったん後退しながらも渋太く盛り返して3着に食い込んだカフジプリンスです。「距離延長は間違いなくプラス。追い切りの動きは明らかに前走以上。本質的には広いコース向きだが、今のデキで中山でも外回りなら上位を狙えるはず」と期待を寄せます。対抗は「追い切りの動きから衰えはまだ感じられないルージュバック。単穴は「同コースのAJCCを好内容で勝利。久々でも侮れないタンタアレグリア。以下、アルバートステファノスデニムアンドルビーの3頭を押さえます。
馬券は単複、馬連・3連複1頭軸流し→↓Ν┃で勝負。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステファノスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 206ビュー コメント 0 ナイス 10

菊花賞

ブレスジャーニー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、力を発揮出来る仕上がり

ウインガナドル 長め、単走、動き軽快、集中して

スティッフェリオ 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ、時計優秀

クリンチャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

トリコロールブルー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

マイネルヴンシュ 長め、単走、動き軽快、集中して

アダムバローズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノアーサー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

クリノヤマトノオー 長め、単走、動き軽快、集中して

ベストアプローチ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノクロニクル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ミッキースワロー 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

キセキ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

ポポカテペトル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

ダンビュライト 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

アルアイン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、リズミカル

プラチナヴォイス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイスタイル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す


富士ステークス

イスラボニータ 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、躍動感溢れ、ビッシリ、前には置かれる

エアスピネル 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

ガリバルディ 長め、単走、動き軽快、集中して、躍動感溢れ

クルーガー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

グランシルク 長め、単走、動き豪快、集中して前向き、リズミカル

サトノアレス 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ジョーストリクトリ 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ダイワリベラル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ブラックムーン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、置かれ

マイネルアウラート 長め、単走、動き軽快、集中して

ミュゼエイリアン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レッドアンシェル 坂路、併せ馬、動き軽快しない前向き、ビッシリ、先着

ロードクエスト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、リズミカル


天皇賞・秋 一週前

カデナ 長め、単走、動き軽快、集中して

キタサンブラック 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、体が更に雄大に

グレーターロンドン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、軽め

サクラアンプルール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

サトノクラウン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

ステファノス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

ソウルスターリング 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、舌が遊び?少しチグハグな感が

ディサイファ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ネオリアリズム 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、リズミカル

ミッキーロケット 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、突き放す

ヤマカツエース 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す

ロードヴァンドール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ワンアンドオンリー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、走る気は前向きになっているようだが?

 さんばそう 2017年10月16日(月) 20:06
天皇賞  10/29  先行予想 
閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 8

◎ リアルスティール
○ ステファノス
▲ キタサンブラック
△ マカヒキ
× サトノアラジン
☆ サトノクラウン

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年9月25日(月) 18:15
馬券メモ(2017/9/23・24)
閲覧 61ビュー コメント 2 ナイス 8

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【4回阪神6日】

■5R ヘヴンリーブライド 3人気6着

ゲートが上手じゃない、というコメントが陣営から出ていたんですが、
抜群のスタートではなかったものの、まずまずのスタートを切っていました。
中団待機から脚を使えなかったですし、次走以降の変わり身に期待したいです。

■7R ミッキーグッドネス 1人気7着

好スタートを切ったんですけど、すんなり控えてしまったのが裏目に出てしまいました。
もっと積極的なレースをしてほしかったんですが、
人気を背負っていましたし、慎重な競馬になってしまうのは仕方ないのかもしれません。

■9R タワーオブロンドン 1人気1着

今回もスタートが良くなかったんですが、後方待機から楽な形で差し切り勝ちを決めました。
1500mの前走は脚が止まっていたので、1400mが距離の限界のように思います。

■10R ラヴアンドドラゴン 1人気12着

課題のスタートは決まったんですけどね…。
直線でスムーズさを欠いたとはいえ、終いがバタバタになったのはいただけません。

■11R サトノファンタシー 1人気1着

スタートで出遅れてヒヤヒヤさせられましたが、
相手関係が楽だった事もあり、しっかりと勝ち切る事ができました。

■12R エアウィンザー 1人気1着

オープンまでいっても不思議ないくらいの良血馬ですからね。
500万下はあっさりと突破してもわらなきゃいけませんし、
ようやく勝ち上がったか…という印象です。


【4回中山6日】

■5R グランドピルエット 1人気1着

圧倒的1番人気にふさわしい、堂々たる勝ちっぷりでした。
レースセンスも高そうで、瞬発力勝負に対応できる脚があれば、重賞でも勝負になると思います。

■8R スズカプレスト 1人気1着

いつもよりも道中の位置取りが後方で、差し切れるかどうか心配だったんですけど、
直線での脚比べでは格の違いを見せてくれました。
寒い時期の方が良いタイプなので、次走以降はもっとパフォーマンスを上げてくれるはずです。

■9R チャロネグロ 2人気3着

休み明け初戦+前残り濃厚な展開、
という厳しい条件であっても勝ち負けしてくれると思っていたんですが…。

■10R クラシコ 2人気2着

好位で控える競馬から、最後の最後に脚を伸ばして、なんとか2着を確保。
ハナを奪う形がベストだと思いますが、控える競馬で好結果が出たので脚質に幅が出たともいえますね。

■11R タマモブリリアン 2人気1着

テンコウウノと先行争いをする形になりましたけど、
直線でしっかりとした末脚を見せて、アドマイヤナイトの追撃を振り切りました。

■12R キャリアベスト 7人気2着

柴田大騎手のウォーブルが遅い流れをかき回してくれた事もあり、
キャリアベストが得意とする脚比べの展開に持ち込む事ができました。


【4回阪神7日】

■7R ゴールドハット 1人気10着

直線で不利を受けていますけど、
スタートで出遅れて、ポジションを取るために脚を使ってしまった事が最大の敗因だと思っています。

■8R キングズアフェアー 3人気7着

好位の内で構えていましたが、
馬群の中に包まれる形になってしまい、追い出すタイミングがかなり遅くなってしまいました。
力負けではないと思うので、次走以降の巻き返しに期待したいです。

■9R ムーンクエイク 1人気1着

実質トップハンデのカイザーバルを前に見ながらの競馬。
少頭数で楽な競馬になったとはいえ、強い勝ちっぷりだったと思います。

■10R ラヴィエベール 1人気2着

格上挑戦でも勝ち切れる器だと思っていましたが、そこまで甘くなかったですね。
距離ももっと伸びた方が良いかも。

■11R(神戸新聞杯)キセキ 2人気2着

レイデオロが強すぎましたね。
キセキ自身はクラスにメドを立てる走りを見せましたから、
菊花賞に出走した場合も上位視したいと思います。

■12R ヴェンジェンス 3人気2着

久しぶりに1400mを走った分、レース前半で加速がつきませんでした。
1000万下でも互角に戦える事を証明しましたので、近いうちに勝ち上がれるのではないでしょうか。


【4回中山7日】

■7R ウィズアットレース 4人気8着

3kg減なら、もっと粘りが増すはず…と考えていましたが、
スタートで出遅れてしまい、本来の先行策を取る事ができませんでした。

■8R スプリングフット 4人気1着

変に前を意識する事なく、好位で脚を溜める事に専念したのが良かったですね。
井上騎手の好騎乗だったと思います。

■9R ファストアプローチ 2人気2着

トゥザフロンティアが怪しそうだったので、こちらに◎を打ちましたが、
上がりが速い馬場は不向きですね…。

■10R マイネルディアベル 7人気4着

好位の内から差す競馬で僅差の4着。
人気の割には頑張っていますので、今後も展開が向きそうなレースで狙ってみたいです。

■11R(オールカマー)ステファノス 1人気2着

内からルージュバックに差されたとはいえ、この馬なりの走りをしていると思います。
人気を背負っているので、慎重なレースになるのは仕方ないですし、
老け込んでいない事を証明できたのは良かったのではないでしょうか。

■12R バトルサンバ 3人気12着

逃げてナンボ、という馬ですからね。
逃げられなかった時点でジ・エンドでした。


神戸新聞杯はダービー馬・レイデオロの圧勝でしたね。

楽に好位のポジションを確保して、道中の折り合いもバッチリ。
このまま菊花賞に行ったら楽勝しちゃうのでは?と思ってしまうほどの勝ちっぷりでした。

同世代では抜けた存在なのは間違いないですし、
次走予定のジャパンカップでどんなレースを見せてくれるのか、
というところが本当に楽しみです。


一方、オールカマーはキャロットファームのワンツーとなり、
勝ったのは牝馬のルージュバックの方で、1番人気・ステファノスは2着どまりとなりました。

ルージュバックは牝馬限定戦だとイマイチなんですけど、
なぜか牡馬混合戦のG兇世販匹ちりを見せるんですよね。

今後どういう路線を歩むのかは分かりませんが、
良い形でG祇鐇に突入しますから、充実した状態でG気任眈”蕕任るのか、というところに注目です。

それにしても、オールカマーを中継したフジテレビの直線でのカメラマークは酷かった…。
人為的ミスなのかどうかは知りませんけど、
良いレースだっただけに、ああいう形で水を差されるのは困りますね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステファノスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ステファノスの写真

ステファノスの厩舎情報 VIP

2017年9月24日産経賞オールカマー G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステファノスの取材メモ VIP

2017年9月24日 産経賞オールカマー G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。