サトノアーサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノアーサー
サトノアーサー
サトノアーサー
写真一覧
現役 牡4 青鹿毛 2014年3月1日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主株式会社 サトミホースカンパニー
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[3-3-1-2]
総賞金9,197万円
収得賞金3,600万円
英字表記Satono Arthur
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キングスローズ
血統 ][ 産駒 ]
Redoute's Choice
Nureyev's Girl
兄弟
前走 2018/02/10 洛陽ステークス OP
次走予定

サトノアーサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/10 京都 11 洛陽S OP 芝1600 12333.211** 牡4 56.0 R.ムーア池江泰寿490(+4)1.36.2 -0.036.6⑦⑦グァンチャーレ
17/12/09 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 13682.812** 牡3 55.0 川田将雅池江泰寿486(+4)1.33.4 0.233.7⑨⑧レッドアンシェル
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 184814.0511** 牡3 57.0 川田将雅池江泰寿482(+2)3.20.9 2.041.4⑮⑮⑬⑦キセキ
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 14226.933** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿480(+14)2.25.1 0.534.4④⑤⑤⑤レイデオロ
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18368.0510** 牡3 57.0 川田将雅池江泰寿466(-6)2.27.6 0.733.4⑩⑩⑬⑯レイデオロ
17/03/25 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 8111.212** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿472(-2)1.46.6 0.133.3⑧⑦アルアイン
17/02/05 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 8111.412** 牡3 56.0 川田将雅池江泰寿474(+6)1.50.4 0.336.0⑤⑥アメリカズカップ
16/12/04 阪神 9 シクラメン賞 500万下 芝1800 9551.611** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿468(+4)1.50.8 -0.632.7⑥⑤シゲルボブキャット
16/10/01 阪神 5 2歳新馬 芝2000 11791.111** 牡2 55.0 川田将雅池江泰寿464(--)2.04.8 -0.035.3⑦⑦⑦⑥スズカフロンティア

サトノアーサーの関連ニュース

 フェブラリーSの追い切りが14日、東西トレセンなどで行われた。栗東では昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームが、坂路で抜群の動きを披露。自己最速の4ハロン49秒8をマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』。史上2頭目の連覇へ向け、視界は良好だ。テイエムジンソク、ケイティブレイブも順調に仕上がっている。

 ダート王の称号は誰にも渡さない。昨年の最優秀ダートホースのゴールドドリームが、坂路で自己ベストとなる4ハロン49秒8をマーク。3季連続のGI制覇に向けて、万全の態勢を整えた。

 「そんなに速く見えなかったけど、やっぱり能力のある馬だなと再認識した」

 この日、登坂した延べ1007頭のうち、50秒を切ったのはこの馬だけ。堂々の一番時計に平田調教師も舌を巻いた。藤懸騎手(レースはムーア騎手)を背に、序盤から軽快にラップを刻んでいく。ブレのないフォームで加速すると、ラスト1ハロン12秒1でフィニッシュ。最後までしっかりとした脚さばきだ。

 藤懸騎手は「全く無理はしていないし、こんなに出ているとは思いませんでした。体の使い方、折り合い、息遣いなど、体も気持ちの面もすごくいいですね」と、オーバーワークを否定してデキに太鼓判を押した。

 中間はゲート練習と併せて、前走時から取り入れたプールで調教。効果は絶大で、精神面の落ち着きに加え、体全体を動かすことで可動域が拡大した。「体が柔らかくなった。完歩が数センチ伸びるだけでも違う」とトレーナーは期待する。

 4戦3勝2着1回を誇る最適舞台。鞍上は、引き続き世界の名手・ムーアを迎える。「跳びが大きいので、広くて直線の長い府中は合っている。乗り役も、考えられる最高の乗り役」とトレーナーは力を込める。

 連覇となれば、2014、15年のコパノリッキーに次ぐ史上2頭目の快挙。この後は昨年に続いてドバイワールドC参戦へのプランもある。日本ダート界の金メダルを手にして、世界制覇に夢をつなぐ。 (斉藤弘樹)

★チャンピオンズC初コンビV

 ライアン・ムーア騎手(34)=英国拠点=は前週から短期免許での騎乗を開始し、初日(10日)の京都メインの洛陽Sをサトノアーサーで勝つなど、3日間で4勝をマーク。11日の共同通信杯でもサトノソルタスを2着に導き、いきなり存在感を示した。

 ゴールドドリームとは初コンビだった昨年のチャンピオンズCでV。レース直後、「まだ若いし、もっと成長する。これだけ切れる馬はなかなかいない。彼の一番の武器だ」と興奮気味に語っており、パートナーの末脚に絶大な自信を持っている。

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【洛陽S】サトノアーサー、1年2カ月ぶりV 2018年2月11日() 05:02

 洛陽ステークス(10日、京都11R、4歳上オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金2300万円 =出走12頭)1番人気サトノアーサー(栗・池江、牡4、父ディープインパクト)が中団から上がり3ハロン最速タイの36秒6をマークし、2歳時のシクラメン賞以来1年2カ月ぶりの勝利を挙げた。タイム1分36秒2(稍重)。通算9戦3勝でオープン初勝利。初めてコンビを組んだムーア騎手は今年のJRA初勝利となった。

 ◆ムーア騎手(サトノアーサー1着)「ペースが速くなったり、いいことがいろいろと重なって勝てた。距離はもう少しあってもいい」

 ◆古川騎手(グァンチャーレ2着) 「こんな馬場(稍重)なので早めに行こうと思っていた。何とかしのいだと思ったけど、1頭決め手のある馬がいた」

 ◆川田騎手(タガノブルグ3着) 「こういう馬場は得意じゃないという話でしたが、結果的には合ったということでしょうね」

 ◆バルジュー騎手(ムーンクエイク5着) 「引っ掛かるところがあったし、追い出してからもワンペースな感じだった。馬場が合わないところもあった」

 ◆横山典騎手(カワキタエンカ10着) 「返し馬からおかしかった。真っすぐ走れず、きょうはご機嫌斜めだったね」

[もっと見る]

【洛陽ステークス】入線速報(京都競馬場)2018年2月10日() 15:48

京都11R・洛陽ステークス(2回京都5日目 京都競馬場 芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手3番サトノアーサー(単勝3.2倍/1番人気)、2番手10番グァンチャーレ(単勝13.9倍/7番人気)、3番手12番タガノブルグ(単勝216.7倍/11番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-10(20.4倍) 馬単3-10(30.5倍) 3連複3-10-12(675.9倍) 3連単3-10-12(2144.0倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018021008020511
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【古馬次走報】シュヴァルグラン、大阪杯から天皇賞・春へ 2018年1月18日(木) 05:00

 ★昨年のジャパンカップを制したシュヴァルグラン(栗・友道、牡6)は、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)から天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)に挑む。天皇賞ではジャパンカップでコンビを組んだボウマン騎手が騎乗予定。

 ★昨年の最優秀4歳以上牝馬で、エリザベス女王杯5着のあと休養しているヴィブロス(栗・友道、牝5)は18日、栗東トレセンに帰厩する。ローテーションは、当初の予定通り、内田騎手で中山記念(2月25日、中山、GII、芝1800メートル)を使い、連覇がかかるドバイターフ(3月31日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ向かう。

 ★マイルCS2着後、戦列を離れているエアスピネル(栗・笹田、牡5)は、武豊騎手とのコンビで中山記念で復帰し、マイラーズC(4月22日、京都、GII、芝1600メートル)から安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)へ進む。僚馬で阪神C2着ダンスディレクター(牡8)は、ステップレースを使わず高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)に挑む。

 ★日経新春杯11着のソールインパクト(美・戸田、牡6)はダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。

 ★愛知杯3着のマキシマムドパリ(栗・松元、牝6)は、中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)で引退して繁殖牝馬になる。

 ★リゲルS2着サトノアーサー(栗・池江、牡4)は、洛陽S(2月10日、京都、OP、芝1600メートル)へ。鞍上は短期免許で来日するムーア騎手。



シュヴァルグランの競走成績はこちら

[もっと見る]

【リゲルS】レッドアンシェル、オープン2勝目 2017年12月10日() 05:03

 9日の阪神11RリゲルS(3歳上OP、芝・外1600メートル)は、4番人気レッドアンシェル(栗・庄野、牡3、父マンハッタンカフェ)が好位のインから伸びてオープン2勝目を飾った。7戦3勝。タイム1分33秒2(良)。41歳の誕生日にメインVの福永騎手は「負かした相手もかなり強いし、値打ちがありますね」と笑顔。京都金杯(1月6日、京都、GIII、芝1600メートル)で重賞初制覇を目指す。1番人気サトノアーサーが1馬身1/2差の2着。

★9日阪神11R「リゲルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【リゲルステークス】入線速報(阪神競馬場)2017年12月9日() 15:48

阪神11R・リゲルステークス(5回阪神3日目 阪神競馬場 芝・右外1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手1番レッドアンシェル(単勝5.6倍/4番人気)、2番手8番サトノアーサー(単勝2.8倍/1番人気)、3番手7番ディバインコード(単勝6.4倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連1-8(7.7倍) 馬単1-8(18.3倍) 3連複1-7-8(17.2倍) 3連単1-8-7(92.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017120909050311
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの関連コラム

閲覧 748ビュー コメント 0 ナイス 1



先週は、22(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞は、土曜からの雨が台風接近に伴い時折強くなるなか、不良馬場でレースの時を迎えます。混沌とした上位人気オッズから、最終的に1番人気に推されたのはキセキで4.5倍。以下、アルアインミッキースワローダンビュライトまでが10倍未満で続き、単勝10倍台にも5頭横並び、以下18番人気までが単勝100倍未満の構成。
スタートはややバラつき、人気どころではキセキが後方からとなり1週目の3コーナーへ向かっていきます。ウインガナドルがスムーズにハナに。しかしこれを目がけて後方から大外を通ってマイスタイルも押し上げて行き、4コーナーを通過して入れ替わって先頭はマイスタイル。3番手にアダムバローズが続き、以下は一団でスティッフェリオベストアプローチトリコロールブルーダンビュライトサトノクロニクルアルアインミッキースワローポポカテペトルキセキクリノヤマトノオー、ここから馬群が途切れ途切れでクリンチャーサトノアーサーマイネルヴンシュブレスジャーニー、最後方に出遅れたプラチナヴォイスと続き、スタンド前を通過していきます。
水しぶきを跳ね上げ、まさに“田んぼ馬場”の中を、大半の馬が内を大きく開けての追走。向こう正面に向かうにつれ馬群は徐々に凝縮していき、2週目に突入します。人気馬の動きは、ミッキースワローが後方から進出を開始し、その直後にいたキセキもほぼ同じタイミングでの動き出し。一方のアルアインは終始この2頭を後ろに見る形で、3頭の中では最も前目の位置取りで引き続きのレース運び。その他の各馬も早めの動き出しを開始すると、3コーナーで早くも馬群は横に大きく広がって横一線の状況に。
手応え良く先頭に躍り出たダンビュライトの外から、こちらも力強い伸びでクリンチャーが並び掛け、この2頭が引き連れる形で最後の直線へ。直後の内にポポカテペトル、中アルアイン、外ミッキースワローで、さらに1列後ろから大外をまわしてはキセキの追撃。鞍上の激しいアクションに応えてクリンチャーがクビ差抜け出すと、内で食い下がるポポカテペトルダンビュライト、外から迫るミッキースワローキセキの態勢。アルアインはこの争いから脱落し、ゴールに近づくにつれダンビュライトミッキースワローも徐々に後退。クリンチャーポポカテペトルキセキの3頭の争いを、最後は外から1番人気キセキがねじ伏せるように差し切って優勝。クラシックラスト1冠を手中にしています。2馬身差の2着には10番人気クリンチャーが入り、ハナ差の3着には13番人気ポポカテペトルが入っています。
公認プロ予想家では山崎エリカプロシムーンプロマカロニスタンダーズプロ霧プロ夢月プロら5名が的中しています。 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
22(日)新潟2Rで、◎カクリョウ(単勝18.9倍)からの3連単を的中。1,000円分的中で払戻しは162万6,800円の大ホームランとなりました!週末のトータル回収率338%、収支114万6,800円プラスで、週間トップ成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
21(土)京都1Rを、○エスシーハンコック(単勝44.9倍)−◎ピッパ(単勝28.2倍)−▲ウインタイムリープ(単勝64.1倍)の驚異のパーフェクト予想で的中!3連複771倍を含め計11万790円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他にも先週は、G3富士S(◎エアスピネル)、22(日)の新潟11R(◎パイメイメイ)、同G1菊花(◎ポポカテペトル)など、先週も好調予想を連発!4開催日連続のプラス達成とともに、トータル回収率127%の好成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
21(土)のG3富士Sで○◎馬連本線的中を披露すると、22(日)にはG1菊花を◎クリンチャーから的中!複勝&馬連計12万3,780円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。週末のトータルでは、回収率220%、収支10万8,080円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
21(土)東京9Rで◎コスモイグナーツ(単勝64.8倍)の予想を披露し、42万1,500円払戻しのビッグヒット!週末トータル回収率151%、収支21万8,210円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
21(土)京都4Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、計12万6,960円を払戻し。さらに、馬単2点勝負で臨んだ京都7Rでは◎○的中で13万5,000円払戻しを記録。22(日)にも京都9Rなどでの的中を披露した先週は、週末トータル回収率115%、収支11万円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(145%)、霧プロ(118%)、サラマッポプロ(111%)、エース2号プロ【予想マイレージクラブ限定】(111%)、馬券生活プロ(105%)、おかべプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年10月22日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第305回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜 菊花賞G1
閲覧 1,271ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「菊花賞G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、アルアイン1頭のみ。
第2グループ(黄)は、ミッキースワローキセキサトノアーサーの3頭。
第3グループ(薄黄)は、サトノクロニクルからベストアプローチまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくとアルアインミッキースワロー間に2.7の溝がありますが、その他は差なく、大混戦の菊花賞となっています。

さて、今年の菊花賞のポイントは何といっても泥んこの馬場状態。切れ味よりも先行力とスタミナ、タフさが問われるかと思います。人気が予想されるキセキミッキースワローアルアインはどれも適性が無さそうですので、ここは思い切って大波乱狙いのボックスで勝負したいと思います。久しぶりの乱菊を期待しています(^^)/

【馬連ボックス】
2,3,4,5,6,10,11,15

計28点

[もっと見る]

2017年10月19日(木) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー 2nd season】〜2017菊花賞〜
閲覧 2,480ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさん、こんにちは。プロ予想家のkmです。
この秋もG1レース週(全6回)にコラムを担当させていただきます。よろしくお願いします。
今週は、牡馬クラシック最終戦『菊花賞』を分析します。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


G1データブレイカー 2nd season
菊花賞


過酷な距離・コース設定で、『最も強い馬が勝つ』と言われる菊花賞
今年はダービーで馬券に絡んだ馬が不在で、久しぶりに長距離適性がカギになりそうです。

2016年菊花賞
1着 サトノダイヤモンド
主なデータブレイク項目
→前走馬体重500-519kg【0.2.1.9】
→父ディープインパクト【0.2.1.16】
→母父ノーザンダンサー系【0.4.2.20】

昨年は、3項目該当したサトノダイヤモンドが、見事にデータブレイクを果たしています。データブレイカー恐るべし…。
それでは、今年の菊花賞馬を探す旅に出ましょう。

・前走4着以下【0.0.2.40】
・前走(敗退)着差0.1秒以上【0.4.2.54】


アダムバローズ→前走10着1.8秒差
アルアイン→前走2着0.3秒差
ウインガナドル→前走4着0.1秒差
キセキ→前走2着0.3秒差
クリンチャー→前走9着1.1秒差
サトノアーサー→前走3着0.5秒差
サトノクロニクル→前走3着0.5秒差
ダンビュライト→前走4着0.6秒差
プラチナヴォイス→前走5着0.8秒差
ベストアプローチ→前走6着0.8秒差
マイスタイル→前走7着0.8秒差

『最も強い馬が勝つ』菊花賞らしい項目ですね。
長距離と言えば、気性面が重要視されます。他馬との力比べは前走で済ませて、本番は自分との戦いに専念する―これが、本命馬の流儀です。
ただし、今年の菊花賞は大混戦です。ダービー馬レイデオロが古馬路線に転じ、重賞2勝馬ブレスジャーニーは約1年ぶりの実戦、上がり馬ミッキースワローには距離不安が残ります。確固たる本命馬は存在しません。
この条件をクリアしたのも、ブレスジャーニーミッキースワローを除けば、条件クラスを勝ち上がった馬だけです。
皐月賞アルアインや、神戸新聞杯レイデオロに肉薄したキセキ、京都外回りに滅法強い池江泰寿厩舎のサトノ勢2騎とダンビュライトらが、虎視眈々と王座を狙います。否、王座を獲ります!

・前走ラスト3ハロン3−10位【0.1.2.41】

[もっと見る]

2017年10月18日(水) 11:00 覆面ドクター・英
菊花賞・2017
閲覧 5,047ビュー コメント 0 ナイス 14



秋華賞は、なんだかんだであまり荒れず。ハービンジャー産駒の1着、3着だったように重馬場が大きく影響したようです。菊花賞も、週間天気予報でも木曜日くらいまでは降りそうで、パンパンの良馬場で京都らしい高速決着、とは今年はならなそうです。
ダービー馬で神戸新聞杯も完勝したレイデオロは、菊花賞に向かわずJCに直行で不在。ダービー1番人気だったアドミラブルは故障で戦線離脱、ダービー2着だったスワーヴリチャードは左回りを求めてかアルゼンチン共和国杯からの始動、皐月賞2着だったペルシアンナイトもマイル路線ということで富士Sから……。適性重視といえば聞こえはいいのですが、昔みたいにどう考えても短距離向きでも、同世代同士なら能力でカバーできる、と出られる賞金あれば出走してきてのガチンコ勝負が懐かしいし楽しかったなあ、と思うのは年をとった証拠でしょうか(笑)

<優先出走馬(5頭)>
いきなりですが、今年はこの5頭の馬券でいいんじゃないでしょうか。前哨戦好走はかなり有利。ぶっつけ本番の大物や新星は特におらず、この中での序列よく考えるのが的中の近道では。

ミッキースワローセントライト記念の勝ち馬で、アルアインを一瞬で置き去りにした末脚は鋭く、まだ余裕あったゴール前からもこの秋になっての上昇が著しい。父トーセンホマレボシはダービー3着で引退となり現役時代の実績は地味だが能力は高かったし、母母ツィンクルブライドとスケール負けしない。調教良ければ本命まである。

アルアイン:なぜか世間的にはマイラー寄りの評価だが、ダービーでもそれなり、セントライト記念でも直線一旦先頭で2着と世代で能力上位の皐月賞馬。3000mに距離が延び、特に有利ではもちろんないが、かかるタイプでもなく、無難にこなせておかしくない。

サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったのが初めて1番人気でなくなったセントライト記念だったが、直線つまりながらも3着で、人気先行型だった馬がようやく実力も追いついてきた感じ。

キセキ:春は毎日杯3着までで一線級には力及ばなかったが夏からルーラーシップ産駒らしい成長見せ、神戸新聞杯でも最後にすごい脚で追い込んできて2着した。ただ、父同様エンジンかかるまで時間かかるタイプで、引き続きM・デムーロ騎手なのは良いが踏み遅れての不発の可能性が高いタイプ。

サトノアーサー:デビューから2連勝して高い能力を見せたが、3戦目きさらぎ賞で1.4倍の人気で2着、4戦目の毎日杯でも1.2倍のすごい人気で2着に負けて多くのファンにがっかりされ、ダービーも5番人気で10着と結果を残せず。14kg増で秋の始動戦は3着ではあったが、初めてといっていいくらいレースの流れにスムーズに乗れており、本番での激走を予感させる好内容だった。

<賞金上位馬>
ブレスジャーニー:昨秋は2歳重賞を連勝して主役だったのだがさすがに休養が長く、完成早かったタイプで真の大物だとは思えない。

アダムバローズ:若駒Sと若葉Sを連勝して臨んだ皐月賞は逃げバテ惨敗、骨折までして神戸新聞杯逃げバテ10着と立て直しは時間がかかりそうで……。

マイスタイル:ダービーで、どスローの逃げで4着に粘って、今回出走メンバーではダービー再先着なのだが、神戸新聞杯で先行して7着とトップクラスにはちょっと足りない感じ。

ウインガナドルステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合だが大物感はあまり無い。

クリノヤマトノオー:前走は豪快な末脚での差し切り勝ちを見せ、春は白百合Sでサトノクロニクルに差されたが秋2連勝と上昇してきた。ただキレるだけに、あまり距離長いのはそう良くないかも。

トリコロールブルー:春はいまひとつ勝ち切れなかったし、昨年7月デビューの割には6戦のキャリアしか無く、9月に+32kgで出てきた札幌の1000万下を勝利。パワーアップしてきたのだろうが、一線級に追いつくのはもう少し先か。

ベストアプローチ青葉賞2着の後が2戦物足りない内容。

ポポカテペトルマウントロブソンの下で中距離の方が良さそうだし、良くなるのももう少し先か。

マイネルヴンシュ:ここ4戦3勝で、隠れステイヤー活躍の九十九里特別を勝ってきたが、今年はレベルいまひとつだった感あり。

クリンチャー:すみれS勝ちの後は逃げれなかったダービーで批判されたりもあったが、セントライト記念がパッとしなかったようにこの後はダートへ転向がよいか。凱旋門賞とかヨーロッパの競馬向きそうだが(笑)

プラチナヴォイス:昨秋は未勝利、萩Sと連勝したが気性難で大成せず。去勢やダートへの路線転向がよいか。

ダンビュライト皐月賞で3着に入るも、セントライト記念は完敗の4着。トップとは差が少しあるか。

<抽選対象馬(7分の1)>
アドマイヤウイナー青葉賞で3着に入ったワークフォースらしくスピードが足りないステイヤー。先々はステイヤーズSや万葉Sあたりで活躍か。

アルムチャレンジ:ダート実績しか無く厳しい。

サンデームーティエ:未勝利、500万下と連勝して臨んだセントライト記念で逃げて6着と上位陣とはまだ実力差がある印象。

スティッフェリオセントライト記念で4着には入ったが、1000万下でも勝てなかったように力が落ちる。

ダノンディスタンス京都新聞杯3着で秋の成長を楽しみにしていたが、兵庫特別(1000万下)で1番人気5着とちょっとがっかりな結果で期待薄。

チャロネグロ:金子さんの勝負服で強そうに見えるのだが、1000万下で2戦連続人気で3着と物足りない現状。

メイショウテンシャ:母メイショウベルーガは、日経新春杯京都大賞典を勝った女傑だったが、息子は父ディープインパクトでイマイチで……。


<まとめ>
トライアル好走の5頭が優位で、調教を見て序列つけての比較的人気サイド少点数勝負の予定。

[もっと見る]

2017年9月28日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(9/23〜9/24)KOMプロ、おかべプロら計11名がトータルプラスを記録!
閲覧 511ビュー コメント 0 ナイス 3



先週は、24(日)に阪神競馬場でG2神戸新聞杯が、中山競馬場でG2産経賞オールカマーがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2神戸新聞杯は、アダムバローズを先頭に、レイデオロサトノアーサーといった人気どころを好位に引き連れて向こう正面へ。2番人気に支持されたキセキは中団馬群後方の10番手あたり。比較的縦長にばらけた隊列となって、馬群は淡々とした流れで3コーナーに突入していきます。2番手からダンビュライトが押し上げて徐々にアダムバローズのリードが無くなると、直後からはレイデオロも手応えよく進出を開始して直線勝負に突入。直線半ばを通過して、ダンビュライトを競り落としたレイデオロが単独先頭に立ち、後続からはインを突いてキセキ、外を通ってサトノアーサーの伸び。しかし、抜け出したレイデオロがセーフティーリードを保ったまま2馬身差で堂々ゴール!秋緒戦を好スタートで飾っています。2着キセキ、そこから3/4馬身差の3着サトノアーサーまでが菊花賞の優先出走権を獲得しています。 
公認プロ予想家ではスガダイプロ岡村信将プロほか計12名が的中しています。
 
G2産経賞オールカマーは、好発を決めたルージュバックの外から各馬が押し寄せ、中からマイネルミラノがハナを奪って1コーナーを通過していきます。ゆったりとしたラップを刻み、前半1000m通過1分3秒1(推定)のスローペースを計時。この流れの中、先頭のマイネルミラノのリードは4〜5馬身ほど。ここから3コーナーめがけて徐々にペースアップを開始し、後続との差を広げる形で直線入り口へ。ステファノスルージュバックが進出を開始し、外を回ってはタンタアレグリアも脚色良く追撃。前を行くマイネルミラノを目標に迫ります。直線を向くと、単独2番手に浮上したステファノスの内をすくうようにルージュバックが伸びを見せ、そのままマイネルミラノも内から交わして一気に先頭へ。ステファノスとゴール前で目立つ末脚を披露したタンタアレグリアショウナンバッハらも迫りますが、5番人気ルージュバックがこれをねじ伏せ優勝。昨年の毎日王冠以来の重賞4勝目を挙げ、天皇賞(秋)への優先出走券を手中に収めています。1/2馬身の2着には1番人気ステファノス、そこからクビ差の3着には3番人気タンタアレグリアが入っています。
 公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ霧プロ導師嵐山プロサウスプロスガダイプロほか計13名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
23(土)を、勝負レース阪神7Rの的中などで回収率124%で終えると、24(日)は中山3R阪神3Rなどの的中で回収率182%の活躍!週末トータルでは回収率155%、収支14万3,390円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
的中率87%(7/8R)の高精度を披露した先週は、2日連続プラス&トータル回収率166%のトップ成績をマークしています!
 
  ☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
23(土)阪神10Rで、「阪神外回り歓迎」と狙った◎レーヌドブリエから3連複&馬単的中計11万7,980円払戻しのスマッシュヒット!24(日)も中山6R阪神12Rなどで好調予想を披露した先週は、両日プラス&トータル回収率145%を記録しています。
 
 
 
この他にも、伊吹雅也プロ(129%)、dream1002プロ(128%)、岡村信将プロ(122%)、スガダイプロ(116%)、霧プロ(115%)、はははふほほほプロ(113%)、シムーンプロ(107%)、ゼット1号プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


いよいよ今週からは秋G1シーズンに突入!この秋も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年9月24日() 11:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(神戸新聞杯 G2)
閲覧 813ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『神戸新聞杯 G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎レイデオロとなっていて、その勝率は23.8%。2番手○ダンビュライトが15.2%、3番手▲サトノアーサーが14.3%、4番手△キセキが13.8%となっていますので、2〜4番手が3つ巴状態の中、◎レイデオロがここでは一歩リードの格好です。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命は◎レイデオロとなっていて勝率は24.2%。こちらも2番手以下には少し開きがあり、やはり◎レイデオロは単有力の評価となっているようです。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



またまた本命は◎レイデオロ。2〜5番手評価の馬たちも順序こそ多少違えど顔ぶれは一緒。買い目的には、妙味をふまえると△ダンビュライトに期待といったところでしょうか。


【まとめ】
レイデオロが3票を集めて、当コラムでは少し抜けたV最有力候補となりました。ただ、現在単勝2倍台前半ということを考えると勝率20%台では単勝負は割に合わないところかもしれませんね。買い目的には馬連とワイドなので当コラム的には勝ってくれて全然いいんですが^^;
あとは、2〜5番手までの顔ぶれがいずれのロボも変化なしの状況となりましたので、比較的上位勢はしっかりした安定感がありそうです。が、レース自体は意外と穴馬の台頭も見られるレース。また、人気どころで名前が挙がらなかったベストアプローチも個人的には非常に気になっていてひと筋縄ではいかない気もしていますが、さて結果やいかに。いずれにしてもダービー馬や前走で古馬1000万を突破したキセキなどが集まっての注目の一戦で、今からレースが楽しみです(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 5

JRA福永祐一「怠慢騎乗」疑惑で大ブーイング!? アメリカズカップ「諦め4着」であわや騎乗停止─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年2月11日 9時26分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5810.html

 10日に京都競馬場で行われた洛陽S(OP)は1番人気のサトノアーサーが勝利。世界のR.ムーア騎手が来日初日で、早くもその手腕を見せつけた。

 ただ、そんなイギリスの名手よりも目立ってしまった騎手がいる。4着に敗れたアメリカズカップに騎乗していた福永祐一騎手だ。

 この日の福永騎手は、朝の1レースからいきなり勝利を収めるなど好調。11レースの洛陽Sまで3勝2着1回3着1回の「オール馬券圏内」と、さすがの貫禄を見せていた。しかし、肝心のメインレースで馬券圏外の敗戦。6番人気のアメリカズカップで4着は善戦と呼んで差し支えないが「負け方」が悪過ぎた。

 小雨の中で迎えた洛陽S。好スタートを切ったカワキタエンカがポンッと飛び出すと、颯爽と主導権を奪う。まずまずのスタートを切ったアメリカズカップも、スムーズに番手へ付けることができた。

 しかし、稍重のコンディションということもあって、全馬が早めの競馬を意識していた。内からM.デムーロ騎手のシュウジが掛かり気味に前を窺うと、中団にいたツィンクルソードも外から先頭を狙う勢いで進出を開始。主導権こそカワキタエンカが譲らなかったが、出入りの激しい競馬になった。

 全馬が加速したまま、なだれ込むようにして最後の直線に。外から一気にグァンチャーレがカワキタエンカを交わして先頭に立つと、そのまま追い切らんばかりの勢いで伸びる。アメリカズカップも必死に2番手に食らいついたが、その両馬の脚が鈍ったところを強襲したのがムーア騎手とサトノアーサーだった。

 結局、最後はサトノアーサーがグァンチャーレをアタマ差捉えたところがゴール。3着には馬場の良い外から伸びた11番人気のタガノブルグが入線し、波乱を呼ぶ結果となった。福永騎手のアメリカズカップは、ゴール寸前で交わされての4着だった。

 ただ、この結果を見て憤慨したのがアメリカズカップの馬券を持っていたファンだ。

🐎次のページ レース直後からアメリカズカップ絡みの掲示板やTwitterなどで炎上

というのも、最後はサトノアーサーのムーア騎手と、グァンチャーレの古川吉洋騎手による激しい叩き合いとなったが、その一方でアメリカズカップの福永騎手のアクションが迫力を欠いているように見えたからだ。

 無論、あくまで外観でしかない。だが、福永騎手はゴール寸前に追うのをやめてお尻を上げていたようにも見える。確かに勝ち負けという点でレースの大勢は決していたが、川田将雅騎手のタガノブルグが外から強襲し、アメリカズカップはアタマ差の4着に敗れた。

 この結果を受け、レース直後からアメリカズカップ絡みの掲示板やTwitterなどで炎上。

 特に馬券圏内の境となる3着と、4着との差だっただけに「油断騎乗では......?」「あれはアウトだろ」「最後までしっかり追ってくれよ!」といったアメリカズカップの馬券を買っていたファンからの"悲鳴"が相次いだ。

「確かに、際どいケースでしたね。何とも言えないところですが、一歩間違えれば『油断騎乗』と判断されて騎乗停止もあったのかもしれません......。

 ですが、JRAから具体的なお咎めがない以上『問題なし』ということなのでしょう。レースVTRを見ても、福永騎手がゴール寸前に戦う姿勢を崩したのは確かですが、『例え最後までしっかり追っていても、タガノブルグに交わされていた』というのが主催者側の見解かと。ただ、馬券を買ったファンに対する心象は良くないですね。

 3連系などの馬券の性質上、ファンからすれば3着、4着争いは、ある意味1着、2着争いよりも重要になることが珍しくありません。しかし、騎手からすれば、比べるまでもなく1着、2着争いの方が重要。福永騎手に限った話ではなく、レースの大勢が決した際に早めに諦めてしまう騎手は少なくありません。

🐎次のページ レース後「最後も脚は上がっていません」と馬を庇った福永騎手

そこには敗戦が決まった中、また次のレースが控えている馬に余計な負担を与えないという関係者の事情があり、そういった事を得意げに語るベテラン騎手もいます。しかし、JRAが掲げる公正競馬は、常に全力で戦うことが大前提。

 馬券を買うファンからすれば、最低でも3着、4着争いにはこだわりを持ってほしいと思うのは当然でしょうね」(競馬ライター)

 レース後「最後も脚は上がっていません」と馬を庇った福永騎手だが、これではファンから「騎手の方の脚が上がってしまった」と揶揄されても仕方がない。

 一方、最後まで諦めずに3着をもぎ取った川田騎手からは、意地が感じられる騎乗だった。

 勝ったサトノアーサーは、デビューからずっと川田騎手が主戦を務めてきた馬。ムーア騎手が来日したことで今回、乗り替わりを告げられていたのだ。レース後には福永騎手とは対照的に「よくやってくれた!」「騎手の意地を見た」と称賛の声が相次いでいる。

 福永騎手に限らず、ベテランになればなるほど一戦に懸けるモチベーションの維持が難しくなる。年々身体の機能も低下する中、如何にして効率よく結果を残すかということにこだわってしまうのは、ある意味自然の摂理なのかもしれない。

 だが、惜しくも敗れはしたものの、ゴール前でムーア騎手との激しいしのぎ合いを演じていたのは、福永騎手と同期の古川騎手。今年は早くも重賞2勝と「今が全盛期」と言わんがばかりの活躍ぶりである。デビュー当初から彼ら「花の12期生」を牽引してきた福永騎手も、まだまだ老け込むには早いはずだ。

 昭島のよっちゃん 2018年2月13日(火) 17:29
★・・今日の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果及びPOG馬... 
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 10

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 帆柱山特別 1000万下 芝1,200

 ◎ ロジベスト      競争中止(2番人気)
 ○ .咼奪肇譟璽函     。隠加紂複拡嵜裕ぁ
 ▲ ジョーマイク       8着(1番人気)
 △ ぅリノスイートピー   10着(14番人気)
1着・ネオフレグランスを外し当ります

ビンゴ馬:ロジベスト    競争中止(2番人気)塗りつぶし無し



京都11R 洛陽ステークス オープン 芝(外)1,600

 ◎ ムーンクエイク      5着(3番人気)
 ○ サトノアーサー      1着(1番人気)
 ▲ ┘ワキタエンカ     10着(2番人気)
 △ Εョウヘイ        6着(5番人気)
2着・グァンチャーレを外し当り無し


ビンゴ馬:ムーンクエイク    5着(3番人気)5着.泪垢鯏匹蠅弔屬


  

日曜メインレースの予想結果です


京都11R 京都記念 G供ー如奮亜2,200

 ◎ Ε譽ぅ妊ロ        3着(1番人気)
 ○ アルアイン        2着(2番人気)
 ▲ ぅリンチャー       1着(4番人気)
 △ ディアドラ        6着(6番人気)
馬連(6、760円)、3連単(16,450円)が当たり

ビンゴ馬:Ε譽ぅ妊ロ      3着(1番人気)3着.泪垢鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ蝓璽繊



東京11R 共同通信杯 G掘ー1,800

 ◎ ステイフーリッシュ   10着(2番人気)
 ○ グレイル         7着(1番人気)
 ▲ ゴーフォザサミット    4着(4番人気)
 △ ▲フジバンガード     5着(7番人気)
1着・オウケンムーンを外し当り無し

ビンゴ馬:トッカータ      11着(12番人気)塗りつぶし無し




月曜メインレースの予想結果です


東京11R デイリー杯クイーンカップ G掘ー1,600

 ◎ ゥ愁轡▲襯ラブ      7着(9番人気)
 ○ マウレア         4着(1番人気)
 ▲ ▲侫ニフティ       2着(5番人気)
 △ アルーシャ        3着(7番人気)
1着・テトラドラクマを外し当り無し

ビンゴ馬:ゥ愁轡▲襯ラブ    7着(9番人気)7着マスを塗りつぶし




火曜メインレースの予想結果です


小倉11R 門司ステークス 1600万下 ダート1,700

 ◎ Ε謄襯撻螢ン       3着(1番人気)
 ○ ショートストーリー   11着(3番人気)
 ▲ キーグラウンド      1着(4番人気)
 △ ┘汽鵐薀ぅ坤Εズ    14着(7番人気)
2着・アスターゴールドを外し当り無し

ビンゴ馬:Ε謄襯撻螢ン     3着(1番人気)3着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ蝓璽繊




★メインレースの予想は、6レースで、馬単1レース、3連単1レースが当たる


★「競馬でビンゴ」は、5マスを塗りつぶせ、ダブルリーチ!!


★POG馬の出走結果

日曜日
京都競馬場5R未勝利(芝1,600)にルナステラ・メス・石坂正厩舎(栗東)が出走→11着


月曜日
東京競馬場11Rクイーンカップ(芝1,600)にソシアルクラブ・メス・池添学厩舎(栗東)が出走→7着




★POG馬の特別登録

2/17(土)
東京競馬場9Rフリージア賞に特別登録(特別登録数20頭)
・フラットレー(牡)


小倉競馬場10Rかささぎ賞に特別登録(特別登録数22頭)
・アントルシャ(メス)

両方とも抽選になるので、抽選を突破して貰いたい!!


※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=66c7e4d2bb&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2018年2月12日(月) 18:43
京都記念・共同通信杯・クイーンCなどの感想の巻
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 3

☆洛陽Sの結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、単勝 8(カワキタエンカ)を買いましたがハズレ・・・。
馬場を考えると、前半から頑張りすぎたのもあって直線向くころには余力なさそうな感じでしたが、横山典の見切りも早かったですね〜。
直線向いて追う気配が全くなかったので、まだあと1週残ってるかのような錯覚に陥りそうでした(笑)

出走馬達へのコメント
1着サトノアーサー
瞬発力が武器の馬なんで、雨の影響で時計かかる馬場はマイナスだと思うし、直線向いた時の手応え見ても善戦までかな〜と思ったんですが、そこからムーアの剛腕追いに応えてグイグイ伸びてきて勝っちゃいましたね〜。
馬も持ち味活きにくい馬場でよく頑張りましたが、ムーアの貢献度もかなり高かったな〜と思いました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆バレンタインSの結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、単勝 7(スピーディクール)、ワイド 7−12を買いましたがハズレ・・・。
展開が向かなかったのもあるけど、それ以上にOPの壁に跳ね返された感じもあったかな?と思うんで、長い目で見てあげたいです。

出走馬達へのコメント
1着レッドゲルニカ
東京と相性いいのもあるし、前で競馬できる脚質なのもよかったと思うけど、前走の大敗から巻き返してOP勝ちましたね〜。
じわじわ力つけてるんで今後も頑張ってほしいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆京都記念の結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、ワイド 3−5を買いましたがハズレ・・・。
今年の4歳牝馬はレベル高いんで、去年の秋華賞馬とエリザベス女王杯馬なら牡馬相手でも馬券圏内に入れるかなと期待したんですが、結果的には4歳牡馬3頭の1・2・3着独占でしたね〜。

出走馬達へのコメント
1着クリンチャー
この馬はスタミナ・パワー・持久力が持ち味なんで、2200mで勝ち時計が2.16.3(レースの上がり3F36.3)になるような力のいる馬場は大歓迎のタイプやし、2・3着馬と斤量2kg差あったのも有利でしたけど、馬場や斤量が味方してくれたとはいえ、同世代の皐月賞馬・ダービー馬を相手に勝ち切るとは思ってなくて驚きました。
力もつけてそうな今パンパンの高速馬場でどこまでやれるかもすごく興味あります。

2着アルアイン
時計のかかる馬場より高速馬場向きっぽいんで、負けたとはいえこの馬場で2着確保なら大阪杯に向けてまずまずいい感じかも。

3着レイデオロ
時計のかかる馬場も問題なくこなせるパワーがある馬だと思うし、2017年の最優秀3歳牡馬に選ばれた馬でもあるんで勝ってほしかったですが・・・。
まあ、バルジューも下手に乗ってたし、休み明けで過去最高馬体重になってたのもあるのかな〜。
今回は残念でしたが次回の巻き返しに切ったいしたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆共同通信杯の結果☆
ブログ収支は、−2000Pでした。

実際の馬券も、単勝 10(ゴーフォザサミット) を買いましたがハズレ・・・。
メンバー中最速の上がり3Fで4着まで詰めてはいたんですが、縦長の馬群になってたけど実質的な流れは緩かったんで位置取りが後ろだったのが結果的には痛かったかな〜。

出走馬達へのコメント
1着オウケンムーン
道中5番手追走から上がり3F33.5で勝ってましたが、位置取りもよかったし、直線もしっかり伸びてるし、いい勝ちっぷりでした。
オウケンブルースリ産駒はかなりレアだと思いますが、重賞勝てたんでこれをきっかけに産駒が増えるといいですね。

8着グレイル
タイムフライヤーに勝った馬ということで評価が過剰に上がってた感じもあるかもですが、それを差し引いてももうちょっとやれる馬だと思うんですけどね〜。
次回以降の巻き返しに期待です。

--------------------------------------------------------------------------------
☆クイーンCの結果☆
ブログ収支は、−3000Pでした。

実際の馬券も、馬連 10−1・2を買いましたがハズレ・・・。
牝馬限定なんで緩い流れからの瞬発力勝負になるのかなと思ったら、前半800m通過が46.0という前で競馬する馬ほど辛い流れになってて驚きました。
マウレアはこの流れを前めで競馬して持久力勝負に付き合ったから、持ち味の瞬発力を活かせなかったですね。

出走馬達へのコメント
1着テトラドラクマ
2走前に東京1600mで5馬身差圧勝してた馬なのもあって、フェアリーS6着から巻き返してきましたね〜。
前で競馬する馬ほど辛いタフな流れで先行して直線長い東京で踏ん張って勝ったんで文句なしの1着でした。

2着フィニフティ
1戦1勝馬でしたが、さすがはステファノスの全妹だけあっていい脚で伸びてきました。
たったキャリア2戦でこれだけやれたんで次回以降も楽しみです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日の結果報告)☆
クイーンC ワイド 2−10 1000P
投資1000Pが0Pになっちゃいました。

☆超おいしい馬券大会(日曜日の結果報告)☆
クイーンC ワイド 2−10 2000P
クイーンC 馬連 2−10 1000P
合計3000P
投資3000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
冬のオリンピックは風が強すぎて競技に支障が出たり、気温が低すぎたり、色々大変らしいですけど、開催地を選考して決める人達がしっかりしてくれないと、4年に1回の大会に向けて調整してきた選手がかわいそうですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアーサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:161人 2017年1月7日() 18:27:26
H28年12月4日(日)
前走のような渋った馬場は割引
1:
  World Tower   フォロワー:0人 2016年9月29日(木) 18:01:04
走る姿が一級品! 初戦から大いに期待している。

サトノアーサーの写真

サトノアーサー
サトノアーサー
サトノアーサー

サトノアーサーの厩舎情報 VIP

2018年2月10日洛陽ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノアーサーの取材メモ VIP

2018年2月10日 洛陽ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。