会員登録はこちら
スポニチ賞京都金杯 G3   日程:2018年1月6日() 15:45 京都/芝1600m

レース結果

スポニチ賞京都金杯 G3

2018年1月6日() 京都/芝1600m/13頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分31秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 9

ブラックムーン

牡6 57.0 武豊  西浦勝一 500(-6) 1.34.3 6.4 4
2 8 13

クルーガー

牡6 57.5 浜中俊  高野友和 538(0) 1.34.4 3/4 5.7 3
3 5 7

レッドアンシェル

牡4 56.0 幸英明  庄野靖志 458(+2) 1.34.4 クビ 3.0 1
ラップタイム 12.2-10.6-11.4-12.6-12.4-12.1-11.4-11.6
前半 12.2-22.8-34.2-46.8-59.2
後半 60.1-47.5-35.1-23.0-11.6

■払戻金

単勝 9 640円 4番人気
複勝 9 190円 4番人気
13 180円 2番人気
7 130円 1番人気
枠連 6-8 1,020円 4番人気
馬連 9-13 2,000円 5番人気
ワイド 9-13 640円 5番人気
7-9 410円 3番人気
7-13 380円 2番人気
馬単 9-13 3,610円 12番人気
3連複 7-9-13 1,720円 3番人気
3連単 9-13-7 11,480円 20番人気

スポニチ賞京都金杯のニュース&コラム

【スポ京都金杯】今年も武ブラックだ!いきなり32年連続重賞V
 第56回京都金杯(6日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)武豊騎乗で4番人気のブラックムーンが直線外から鮮やかに差し切って重賞初勝利。武豊騎手はデビュー年から32年連続のJRA重賞勝ちを果たした。タイム1分34秒3(良)。3/4馬身差の2着が3番人気のクルーガーで、1番人気レッドアンシェルは3着に終わった。 今年も『豊&ブラック』だ。ブラックムーンが豪快に差し切って重賞初V。昨年のエアスピネルに続く連覇で武豊騎手の笑みがはじけた。 「いい馬に乗せてもらって(連覇の)チャンスと思っていました。今年も“ブラックの年”にしたいですね」 思わずキタサンブラックの“代役”に指名するほどの鮮やかなV。最後方から大外を回って進出し、残り200メートル付近で突き抜けた。初騎乗の武豊騎手は、デビュー年から前人未到の32年連続JRA重賞勝利。今年の中央競馬の開催初日で、いきなりの記録更新だ。 次走は未定だが、春の大目標は安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)。西浦調教師は「弱い面などがあったけど、少しずつ力をつけてきた」と目を細めた。 名馬キタサンが去った後は、ムーンとともに。“豊&ブラック”が、今年もスポットライトの中央をばく進する。 (斉藤弘樹)★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちらブラックムーン 父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラス。鹿毛の牡6歳。栗東・西浦勝一厩舎所属。北海道日高町・タバタファームの生産馬。馬主はHim Rock Racing。戦績24戦8勝。獲得賞金1億9576万8000円。重賞初勝利。京都金杯は西浦勝一調教師が2004年マイソールサウンドに次いで2勝目、武豊騎手は02年ダイタクリーヴァ、05年ハットトリック、17年エアスピネルに次いで4勝目。馬名は「黒い月」。
2018年1月7日() 05:03

 636

【スポ京都金杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆浜中騎手(クルーガー2着) 「4角で動けない場面があったんですが、よく頑張って伸びた」 ◆幸騎手(レッドアンシェル3着) 「勝った馬の勢いが違ったし、まだこれからの馬です」 ◆北村友騎手(ダノンメジャー4着) 「精神面も成長して、今後違った競馬もできると感じました」 ◆大野騎手(ストーミーシー5着) 「ラストで確実な脚を使える馬。展開がはまれば十分にやれます」 ◆池添騎手(カラクレナイ6着) 「もう少し短い距離ならいい脚が使えそう」 ◆高倉騎手(キョウヘイ7着) 「脚をためられなかった。前も止まらず…」 ◆藤岡康騎手(ラビットラン8着) 「もっとはじけると思ったんですが…」★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月7日() 05:02

 593

【スポ京都金杯】西の開幕は今年も武豊~ブラックムーンが重賞初V
 1月6日の京都11Rで行われた第56回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=4100万円)は、武豊騎手騎乗の4番人気ブラックムーン(牡6歳、栗東・西浦勝一厩舎)が最後方追走から、直線は大外を伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒3(良)。 3/4馬身差の2着には中団追走から伸びたクルーガー(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着に同じく中団から脚を伸ばしたレッドアンシェル(1番人気)。 京都金杯を勝ったブラックムーンは、父アドマイヤムーン、母ロイヤルアタック、母の父ジェネラスという血統。北海道日高町・タバタファームの生産馬で、馬主はHim Rock Racing。通算成績は24戦8勝。重賞初制覇。京都金杯は、西浦勝一調教師は2004年マイソールサウンドに次いで2勝目、武豊騎手は2002年ダイタクリーヴァ、2005年ハットトリック、2017年エアスピネルに次いで4勝目。 ◆武豊騎手(1着 ブラックムーン)「いい馬に乗せてもらって、チャンスはあると思っていました。末脚のいい馬と感じていたので、それを最大限に生かす競馬をしようと思っていました。うまくいきましたね。非常に乗りやすい馬で、ゴーサインを出したらとてもいい脚を使ってくれました。切れますね、この馬。強かったです」★6日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月6日() 15:53

 796

【スポーツニッポン賞京都金杯】入線速報(京都競馬場)
京都11R・スポーツニッポン賞京都金杯(1回京都1日目 京都競馬場 芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手9番ブラックムーン(単勝6.4倍/4番人気)、2番手13番クルーガー(単勝5.7倍/3番人気)、3番手7番レッドアンシェル(単勝3.0倍/1番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連9-13(20.0倍) 馬単9-13(36.1倍) 3連複7-9-13(17.2倍) 3連単9-13-7(114.8倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018010608010111 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2018年1月6日() 15:48

 374

スポニチ賞京都金杯のニュースをもっと見る >

【スポ京都金杯】厩舎の話
アメリカズカップ・音無調教師「状態は悪くない。時計がかかれば」ウインガニオン・西園調教師「開幕週なので、ハナに行きたい」カラクレナイ・松下調教師「追うごとに上向いている。折り合えれば」キョウヘイ・宮本調教師「道中で脚をためて、直線でインを突きたい」クルーガー・高野調教師「いい状態。ハンデは見込まれたが、このコースには実績がある」スズカデヴィアス・橋田調教師「マイルは久々だが、適性はあるはず」ストーミーシー・斎藤誠調教師「他馬を気にする面が解消した。相性のいい鞍上に期待」ダノンメジャー・橋口調教師「追い切りではしっかり走れた。前走も着順ほど負けていない」ブラックムーン・西浦調教師「動きは上々。上がりがかかれば」マイネルアウラート・高橋裕調教師「輸送があるので(5F)70-40。元気が出てきた」マサハヤドリーム・今野調教師「マイルの流れで脚をためられれば」ラビットラン・辻野助手「気配は上向きだし、京都マイルもいい」レッドアンシェル・庄野調教師「テンションを上げないよう上がり重点。落ち着いていれば」(夕刊フジ)★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 11:50

 1,604

【スポ京都金杯】アンシェルはじけ初め!庄野師納得の伸び
 京都金杯の追い切りが3日、東西トレセンで行われた。栗東ではレッドアンシェルが、CWコースでの併せ馬で確かな伸びを披露。管理する“年男”の庄野靖志調教師(47)は、重賞初制覇に向けて納得の表情を見せた。クルーガーは坂路を力強く駆け上がり、サンケイスポーツ調教評価『S』となった。 重賞初勝利を狙う4歳馬に“おとそ気分”はまったくない。レッドアンシェルが、容赦なく吹きつける寒風を切り裂く走りを披露。動きを見届けた庄野調教師は納得の表情で白い息を弾ませた。 「しまい重点で十分動けていた。前に目標を置いて折り合いを苦にするところもなかった。(昨秋から)2回使って、もう一杯の追い切りはいらないだろうからね」 朝一番のCWコースでラセット(未勝利)を追いかけてスタート。序盤はゆったり運び、道中は引っ張りきりの手応えで4コーナーで内に進路を取る。最後の直線で手綱を緩められるとギアを上げて一気に加速。ラスト1ハロン11秒9とはじけ、馬なりで1馬身先着のフィニッシュだ。 全体時計は6ハロン87秒3と控えめだったが、師は「あまりテンションを上げたくないから、ちょうどいいくらいだと思う」と予定通りの仕上げにうなずいた。手綱を取った久保智助手も「すごくいい感じで、ためたぶんだけはじけましたね。何ひとつ問題点はないです」と好感触を伝える。 GI馬2頭を含む重賞ウイナー10頭がそろった昨秋のGIII富士Sで4着と健闘。前走はOP特別のリゲルSを正攻法で快勝し、地力強化ぶりを示した。庄野調教師は「減っていた分が戻った前走から体は少し増えそうで、まだ成長している」と成長を実感。明け4歳馬だけに日々、伸びしろを感じている。 また、1970年の戌年生まれで年男のトレーナーには期するものがある。前回、年男だった2006年に調教師試験に合格。「ちょうどひと回りだから、ホースマンとしてもそろそろ大人の仲間入りをしたい。幸先いいスタートを切りたいね」と力を込めた。 人馬ともにGIタイトル奪取を見すえる18年の“開幕戦”。レッドアンシェルはここで主役を譲るわけにはいかない。 (川端亮平)★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:07

 861

【スポ京都金杯】クルーガー11秒7!鞍上浜中「いい瞬発力」
 マイルCS7着以来となるクルーガーは、坂路で単走追い。4ハロン53秒3-11秒7と抜群の伸び脚を見せた。 高野調教師は「メリハリの利いた、いい走りができていました。今までで一番いい仕上がりだった前走と比べてどうかと思ったけど、いい状態に持って来られました」とうなずく。騎乗した浜中騎手も「イメージ通りいい瞬発力がある。トップハンデ(57.5キロ)だけど、それをはね返す力はありそう」と好感触を得ていた。★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:06

 807

【スポ京都金杯】ラビットラン、上向き12秒0
 ラビットランは、CWコースで3頭併せ。しまい重点で全体時計こそ6ハロン86秒6と目立たないが、弾むようなフットワーク。ラスト1ハロン12秒0をマークして、中ドラゴンカップ(1000万下)と併入、外サンオークランド(1000万下)にクビ先着した。 辻野助手は「1回使ってシャキッとしてきました。状態は上向いています。京都マイルという条件もいいと思いますし、ハンデ(54キロ)も前走よりも軽くなるので」と、ローズS以来の重賞2勝目をにらむ。★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:05

 729

スポニチ賞京都金杯の直前追い切り情報をもっと見る >

スポニチ賞京都金杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月6日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
180円 18,000円
Lv117 
2,000円 20,000円
Lv114 
180円 1,800円
Lv112 
380円 38,000円
Lv111 
1,720円 1,720円

的中情報をもっと見る >

スポニチ賞京都金杯過去10年の結果

2017年1月5日(木) 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 エアスピネル 武豊 1:32.8 1.8倍 104.9
2着 ブラックスピネル 福永祐一 ハナ 13.1倍 104.9
3着 フィエロ S.フォーリー 1/2 12.7倍 104.2
2016年1月5日(火) 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年1月4日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

スポニチ賞京都金杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1600m

京都金杯は、中山金杯とともに新春を飾るハンデ重賞としてなじみの深いレース。2008年以降の斤量別成績を見ると、52キロ以下の馬券絡みはゼロ、57.5キロ以上は未勝利と、「重すぎても軽すぎてもダメ」な傾向にある。最も成績が良いのは、9勝、2着6回の55~57キロのゾーン。京都芝1600m以上の勝ち鞍がある馬(3着以内30頭中25頭が該当)であれば信頼度はさらにアップする。年齢別では、4~6歳の成績がほぼ互角。ただし、2017年は4歳馬が5頭出走して、全馬6着以内に入線している。効率を考えると若い馬を重視したほうがいいだろう。レースが行われる京都外回り1600mは上がりが速く、差し・追い込み勢には厳しいコース。ゆえに、3~4コーナーでの立ち回りが勝負の大きな分岐点となる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

スポニチ賞京都金杯の歴史と概要


2017年の優勝馬エアスピネル

関東圏の中山金杯に対し、関西圏のその年の重賞トップバッターを務めるレース。比較的フェアな京都芝1600mの外回りコースが舞台となるが、ハンデ戦ということもあって波乱傾向にある。第39回(2001年)、第40回(2002年)はダイタクリーヴァが連覇。第43回(2005年)はのちにマイルチャンピオンシップ香港マイルとG1を連勝するハットトリックが優勝。第55回(2017年)は前年のクラシック戦線で常に上位に好走していたエアスピネルが貫禄勝ちを収めた。

歴史と概要をもっと見る >

スポニチ賞京都金杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月1日(
CBC賞 G3
ラジオNIKKEI賞 G3

競馬番組表

2018年6月30日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2018年7月1日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る