アーリントンカップ2017

2017年2月25日(

アーリントンカップ G3

阪神競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜アーリントンカップ2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第26回アーリントンカップ(25日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気のペルシアンナイトがメンバー最速の末脚で豪快に差し切り、重賞初勝利。鞍上は4週連続の重賞Vで、池江泰寿調教師も12年連続のJRA重賞勝ちを飾った。タイム1分34秒1(良)。3馬身差の2着は6番人気のレッドアンシェル。今週で引退する武幸四郎騎手のミラアイトーンは、2番人気に推されたが8着に敗れた。

 勢いが止まらない。M・デムーロ騎手が今月6度目のメイン勝ちで、自身2度目の4週連続重賞V。ペルシアンナイトの背中で笑顔がはじけた。

 「とてもうれしい。前走は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せて、いい脚を使ってくれたね」

 中団で脚をため、進路を確保して直線へ。メンバー最速の上がり3ハロン34秒0の末脚で悠々と抜け出し、3馬身差の完勝。シンザン記念3着の鬱憤を晴らし、クラシックロードに乗せた。12年連続重賞勝利を飾った池江調教師も「皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)、ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)を目指したい」と意気込んだ。

 ノリノリの鞍上は、昨年も同時期にJRA史上初の5開催日連続重賞Vを達成するなど、この時期の活躍が目立つ。「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と表情を引き締めた。ネオリアリズムとコンビを組む26日の中山記念も、ミルコから目が離せない。(川端亮平)

★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら

ペルシアンナイト 父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡3歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績5戦3勝。獲得賞金7176万2000円。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。馬名は「ペルシャの騎士」。

【アーリントン】レースを終えて…関係者談話2月26日() 05:02

 ◆浜中騎手(レッドアンシェル2着) 「勝った馬は強かったが、この馬もしっかり走っていた。成長の余地もある」

 ◆柴田善騎手(ディバインコード3着) 「追ってから頭が高くなった。背腰に力がつけば、もっと良くなる」

★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アーリントン】大物の風格漂わせペルシアンナイト快勝 2月25日() 15:42

 2月25日の阪神11Rで行われた第26回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ペルシアンナイト(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒1(良)。道中は抜群の手応えで中団の後ろを追走。直線であっさり抜け出し、ゴール前も余裕たっぷりの手応えで後続を突き放した。

 「とてもうれしい。前走(シンザン記念3着)は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せていい脚を使ってくれた」とミルコ・デムーロ騎手。2月5日の東京新聞杯・GIII(ブラックスピネル)、12日の京都記念・GII(サトノクラウン)、19日のフェブラリーS・GI(ゴールドドリーム)に続いての4週連続重賞勝利で目下、ノリノリ状態だが、「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と気持ちを引き締めるシーンも。

 3馬身差の2着には大外から追い込んだレッドアンシェル(6番人気)、さらに1馬身3/4離れた3着に好位追走から内めを伸びたディバインコード(3番人気)。

 アーリントンカップを勝ったペルシアンナイトは、父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。戦績は5戦3勝。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初優勝。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。

★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アーリントン】ナンヨーマーズ好配の使者 2月24日(金) 11:35

 “2頭出し”の清水久厩舎の1頭ナンヨーマーズは、前走が500万下の白梅賞2着。1勝馬だけに重賞では格下感が否めないが、「相手なりに走れるところが強み」とトレーナーはやる気満々だ。

 「オーバーワークを避けて、今週は坂路で4F56秒台。(ルメール)ジョッキーも『いい動きだった』と感触をつかんでくれたようで、自信を持って送り出せるね」と期待は大きい。未勝利を勝った最も力が発揮できる舞台で、好配の使者に指名したい。(夕刊フジ)

アーリントンカップの枠順はこちら

[もっと見る]

【アーリントン】追って一言2月23日(木) 05:05

 ◆ヴゼットジョリー・中内田師 「仕上がりはまずまず」

 ◆カロス・池添兼師 「調整は順調にやれている」

 ◆キョウヘイ・宮本師 「気配はいい」

 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「右回りがどうかだが、調教では問題ない」

 ◆スーパーモリオン・西谷助手 「少し時計が速くなったが、問題ない」

 ◆ダイメイフジ・森田師 「体調は大丈夫」

 ◆ディバインコード・柴田善騎手 「落ち着いているし、扱いやすくなっている」

 ◆ナンヨーマーズ・清水久師 「いい雰囲気でレースに出せるのは間違いない」

 ◆ペルシアンナイト・池江師 「状態は引き続きいい」

 ◆リンクスゼロ・森師 「調子はいいと思う」

 ◆レヴァンテライオン・宮内助手 「攻めは動いた」

 ◆レッドアンシェル・久保智助手 「併せ馬で先行する形。時計は許容範囲」

アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

アーリントンの新着ニュースをもっと見る

 ただ1頭の関東馬、ディバインコード(美・栗田博、牡)はここまで5戦して全て3着以内。先行力があり、GII3着、オープン特別2着と安定した成績を挙げている。「ここを目標に順調にきているし、馬はだいぶピリッとしてきた。輸送も全く問題ない。あとは現状でどれくらいの力関係か」と栗田博調教師は試金石の一戦とみている。

アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

⇒もっと見る

閲覧 474ビュー

凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アーリントンカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルシアンナイトのみ1頭。
第2グループ(黄)は、スーパーモリオンのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴゼットジョリーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミラアイトーンキョウヘイディバインコードレッドアンシェルまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位に2.2ポイント、1.1ポイントという差が生じ、下位に再び2ポイント以上の差がみられる構図となっています。
ただし、この時期の3歳馬であり、使ってきた路線、レース数も様々......。このあたりが指数に与えている影響(数値差と誤差範囲)の見極めが重要な一戦となりそうです。

そんな中、今回の私の◎はナンヨ―マーズに期待しました。今回同様、開催1日目に行われた阪神マイルでの未勝利戦勝利を評価。キレるタイプではないので切れ味勝負になると厳しいような気もしますが、ダ短距離馬などの参戦もあって少頭数でもそこそこ流れそうな点と阪神替わりは好都合。また過去のこのレースの好走馬を見ても、予想U指数80台前半から一気に10ポイント近く跳ね上げて3着内、というケースもみられますので、指数的には下位評価でもチャンスはあるのではないでしょうか。鞍上強化も含め、伸びしろ次第だとは思いますが、狙ってみたいと思います。
以下、素質的に外せない印象の○ペルシアンナイト、牡馬実績があって前走指数まずまずの▲ヴゼットジョリー、前走もさることながら葉牡丹賞の内容を評価して☆ミラアイトーンと印を打ち、頭数も頭数なので今回の私の馬券は相手この3頭に決め打ち作戦で行こうと思います。


【3複流し】
◎=○▲☆
7=8,9,11(3点)

【馬連流し】
◎=○▲☆
7=8,9,11(3点)

計6点

02月25日() 13:00 みんなの競馬コラム
【外厩】今週の重賞レース(アーリントンカップ・中山記念・阪急
閲覧 1,583ビュー

みんなの競馬コラム

先週行われた本年最初のGIフェブラリーSは、注目度◎を打ったゴールドドリームが見事に勝利。
ここまで3週間コラムを続けてきましたが、外厩帰りの好走率の高さは少しお分かり頂けたかと思います。
さて、今週から中山と阪神が開幕し、土日で3重賞が組まれております。
今回もしっかり外厩帰りをチェックして、馬券的中を目指していきましょう。


◇2/25(土) 阪神11R アーリントンC 芝1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

ヴゼットジョリー (栗)中内田 グリーンウッド
キョウヘイ (栗)宮本 吉澤ステーブルWEST
ジョーストリクトリ (栗)清水 大山ヒルズ
ナンヨーマーズ (栗)清水 吉澤ステーブルWEST
ペルシアンナイト (栗)池江 吉澤ステーブルWEST
レッドアンシェル (栗)庄野 NFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

レッドアンシェル
庄野厩舎+NFしがらき
8-3-3-25(勝率20.5/複率35.9)
単回値 274円/複回値 99円

このコンビは先々週の共同通信杯スワーヴリチャードで勝利。
勝率は対象調教師全体で2位、単回値は1位でコンビ相性は抜群です。
今回出走のレッドアンシェルは、G1朝日杯FS8着から巻き返しを図る一戦。
中間はしっかりしがらきで調整してきており、狙い目となる一頭です。


ヴゼットジョリー
中内田厩舎+グリーンウッド
8-3-3-36(勝率16.0/複率28.0)
単回値 118円/複回値 72円

実家は外厩でお馴染みの信楽牧場で、開業6年目ながら成長著しい中内田厩舎。
自身はイギリスの大学を卒業後、海外厩舎で修行をするなど異色の経歴を持つ新進気鋭の調教師です。
主要の外厩を満遍なく使いますが、中でもグリーンウッドとの成績は単回値100円超えと良好。
レベルが高い今年の牝馬戦線でのG15着は胸を張れる実績で、外厩帰りのここはマークする必要があるでしょう。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

レッドアンシェル
ヴゼットジョリー
ジョーストリクトリ



◇2/26(日) 中山11R 中山記念 芝1800m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

アンビシャス (栗)音無 NF天栄
ヴィブロス (栗)友道 NFしがらき
ネオリアリズム (美)堀 NFしがらき
リアルスティール (栗)矢作 NFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

ネオリアリズム
堀厩舎+NFしがらき
12-7-3-26(勝率25.0/複率45.8)
単回値 133円/複回値 85円

既にこのコラムで何度か取り上げ、先週のダイヤモンドSもアルバートで重賞制覇。
馬券で人気になりやすいコンビながら、単回値100円超えはかなりの良績と言えます。
特に重賞での成績は非常に優秀で、勝率33.3%と勝ち切るのが特徴です。

【参考】
堀厩舎+NFしがらき+重賞
5-1-1-8(勝率33.3/複率46.7)
単回値 302円/複回値 92円


ヴィブロス
友道厩舎+NFしがらき
20-6-7-70(勝率19.4/複率32.0)
単回値 78円/複回値 60円

回収値は低調ながら、20勝は対象全調教師でトップ。
先々週のクイーンCアドマイヤミヤビで、先週のフリージア賞はトリコロールブルーで勝利を挙げています。
特に人気の時ほど信頼が置けるコンビ。
1〜3人気時は複勝率65.1%、回収値は100円超えで、人気の時ほど逆らうことは避けた方が良いでしょう。

【参考】
友道厩舎+NFしがらき+1〜3人気時
18-5-5-15(勝率41.9/複率65.1)
単回値 116円/複回値 102円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ヴィブロス
ネオリアリズム



◇2/26(日) 阪神11R 阪急杯 芝1400m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

シュウジ (栗)須貝 吉澤ステーブルWEST
ミッキーラブソング (栗)橋口慎 グリーンウッド
ムーンクレスト (栗)本田 宇治田原優駿S


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

★件数対象外も注目のコンビ★

ミッキーラブソング
橋口慎厩舎+グリーンウッド
1-3-0-3(勝率14.3/複率57.1)
単回値 114円/複回値 125円

対象件数が非常に少ないですが、7戦4連対と非常に高い好走率を叩き出しているコンビ。
まだ開業3年目ながら父である弘次郎氏の管理馬を一部引き継いでおり、将来性のある調教師です。
今回出走のミッキーラブソングは複数の外厩を併用していますが、グリーンウッド後の成績は優秀。
昨年5月以来となるグリーンウッド帰りの一戦で、一発の可能性は十分あるでしょう。

【参考】
ミッキーラブソング+グリーンウッド
・2015/03/29 六甲S 8人気7着
・2015/08/02 佐世保S 5人気1着
・2016/05/08 鞍馬S 1人気2着
→3戦1勝 単回値 490円/複回値 150円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ミッキーラブソング

執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

02月24日(金) 10:18 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞】アーリントンカップ2017・GIIIの枠順
閲覧 481ビュー

【ウマニティ】

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。
■アーリントンカップ・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

[もっと見る]

02月22日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月22日号】
閲覧 2,819ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年02月25日(土) 阪神11R アーリントンカップ
【“中山か中京か阪神、かつ芝のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-13](複勝率48.0%)
●なし [0-0-0-21](複勝率0.0%)
→ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性がポイント。また“同年、かつJRAのレース”に出走経験がない馬は2013年以降[0-1-0-10](複勝率9.1%)なので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
阪神芝1600m外×ハービンジャー×前走7着以内
→複勝率37.9%、複勝回収率160%


▼2017年02月25日(土) 中山11R 総武ステークス
【前走のコース別成績(2015年以降)】
●“ダ1800mのコース” [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●“ダ1800mのコース”以外 [0-0-0-12](複勝率0.0%)
→オープン特別となった2015年以降は、前走もダ1800mのレースだった馬が優勢。距離が異なるレースを経由してきた馬は信頼できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×キングカメハメハ×前走馬体重500kg以上
→複勝率43.9%、複勝回収率153%


▼2017年02月26日(日) 阪神09R すみれステークス
【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●480kg未満 [1-1-0-12](複勝率14.3%)
●480坩幣 [3-3-4-10](複勝率50.0%)
→近年は馬格のない馬が不振。なお、今年の該当馬は多くありませんが、前走との間隔が中5週以上だった馬は2013年以降[0-0-0-8](複勝率0.0%)、前走の単勝人気順が5番人気以下だった馬は2013年以降[1-0-0-7](複勝率12.5%)、前走の4コーナー通過順が8番手以下だった馬は2013年以降[0-0-0-6](複勝率0.0%)、出走数が1戦だった馬は2013年以降[0-0-0-4](複勝率0.0%)と、それぞれ安定感を欠いています。


▼2017年02月26日(日) 阪神11R 阪急杯
【“前年か同年、かつ阪神芝1400m内の重賞”において4着以内となった経験がなかった馬の、馬齢別成績(2010年以降)】
●5歳以下 [4-2-4-31](複勝率24.4%)
●6歳以上 [0-0-0-50](複勝率0.0%)
→“前年か同年、かつ阪神芝1400m内の重賞”において4着以内となった経験があった馬は2010年以降[3-5-3-12](複勝率47.8%)と堅実。一方、この条件をクリアしていなかったにもかかわらず3着以内となったのは、いずれも5歳以下の若い馬でした。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 80ビュー

POG戦線の一つの山場であった皐月賞。
勝てればもっと良かったのですけど、この先も十分に戦えるという手応えを得られたのは良かったですね。

【出走結果】
・4月16日 中山11R 皐月賞
☆ペルシアンナイト 2着 1.57.8・良(1着馬とのタイム差+0.0)
単勝オッズ 8.1倍(4番人気)
【採点:7.0】
★ダンビュライト 3着 1.57.9・良(1着馬とのタイム差+0.1)
単勝オッズ 56.1倍(12番人気)
【採点:7.5】

レースの発走時は、味の素スタジアムで「ヾ(♯゚Д゚)ノウラーワレッズ」とやっていたのでw
オンタイムでは見ていません。まあ試合の方が1-0で浦和がリードしていたのですが、ACLから中4日の浦和と、ルヴァンカップの試合がなくてリーグ戦から中8日のFC東京とはコンディションに差があって、試合終盤の浦和が防戦一方の時間帯に差し掛かっていたので、皐月賞の結果は封印してしばらくは試合に集中しておりました。

で、試合終了後に結果を見ようとしたら、隣にいた知人が一足先に結果を知って「マジかよ…」と言ったので、てっきりファンディーナでも勝ったのかと思ったら、見せてくれたスマホの画面に

1着 アルアイン
2着 ペルシアンナイト
3着 ダンビュライト

って表示されていて、
「か〜、ペルシアンナイト2着か…。んんっ、ダンビュライト3着!?」
正直、にわかには信じられなかったです。

とりあえず上位3頭の名前だけ見せてもらっただけだったので
「えっ、この馬券いくら?」
と思わず聞いたら
「そりゃつくでしょ。えっと…3連単100万だってw」
「じゃあ3連複は?」
「そっちも凄いでしょ。ん〜17万だって」
そんなやり取りをしながら財布の中から前売りで買ってきた馬券を取り出した。
ペルシアンナイトの単勝1万円を筆頭に、しこたま買ったペルシアンナイト1着固定の馬券の中に紛れて入っているЛ2頭軸総流しの3連複。
忘れずに買った自分を誉めてやりたいw

で、レース自体は移動したファミレスで動画を確認しました。
まず2着のペルシアンナイト。
自分の予想に反して内に拘りましたね(^^;
予想が当たったのは『ペルシアンナイトの後ろをカデナがくっついていく』という部分だけでしたかね。
シンザン記念の時の敗因が不良馬場よりも内の狭いところに入ったことにあった気がして、だからアーリントンCでは外を突き抜けたと解釈していたので、ミルコが内に拘ったのは意外でした。でも馬群を割って一旦先頭のシーンもあったのだから馬混みが問題なかったのは収穫。距離は問題ないと思っているのでダービーも楽しみになりました。

一方のダンビュライト。正直、4着でダービーの優先出走権を取れれば御の字だと思っていたので、この3着は勝ちに等しいぐらいの価値はある。
あんな馬券買っておいてナンだが、ペルシアンナイトとダンビュライトが一緒に馬券対象になるとはとても思えなかった(^^;
それもこれも高速馬場に適応できたことが全てで、その点が何よりもの収穫。
ダンビュライトはファンディーナをマークする形で外外の競馬だったことも加味にすると、こちらもダービーに向けては楽しみが広がりました。

まあ青葉賞で権利取りが懸かる馬を応援している人たちは「高速馬場の皐月賞組は疲労も大きいだろうから、権利を取れれば別路線組の自分たちの方がチャンス」という意見の方が多く見受けられるのですが、そういうことはまず権利を取ってから言え!w
それはさておき、去年も皐月賞レコードの1.57.9で決着して、ダービーは皐月賞の上位5頭の順番が入れ替わっただけでした。そして今年も皐月賞レコード。ただでさえ皐月賞とダービーは直結するわけだから、ロジユニヴァースの時のような不良馬場にでもならない限り、基本的には皐月賞組の上げ下げでいいと思うんですけどね。

その一方で来シーズンを考えると、皐月賞の週は突如として高速馬場になることは指名馬選びの際に考えておいた方がいいんじゃないかな、と。
いや馬体云々ではなくて、どの厩舎がどういう路線を好むかという意味で。

・4月16日 阪神5R
△テンペスト 9着 2.15.6・良(1着馬とのタイム差+1.1)
単勝オッズ 131.7倍(13番人気)
【採点:4.5】
阪神の未勝利戦に出走した△テンペストは9着でした。
着順はともかく、レース内容は芝の方がまだマシですね。ゲートも悪くなかったし、先行して残り1ハロンで力尽きたけど、見せ場まではいかないけどレースに参加できたという点では内容は悪くなかったと思います。
続けて使えれば、そのうちチャンスもあるかな…という気はします。

ユウキ先生さん 4月20日(木) 21:14
☆マイラーズCパート2(右回りでも評価する価値あり
閲覧 63ビュー

こんばんは!(^^)!

今週はマイラーズCですね☆

応援しているのは前の日記でも記載した通りにフィエロですが、相手も考えなくては〜〜〜☆

イスラボニータやエアスピネルは当然の印候補!(^^)!

でも〜〜〜それだと配当がつまんないです〜〜〜

ヤングマンパワー!!

これまでアーリントンC・関屋記念・富士Sの重賞を3勝しています!!

得意なのは左回りのコースかも知れませんが、右回りのコースでも実績は十分ある!!

狙いだと思っています♪♪

[もっと見る]

4papaさん 4月19日(水) 21:55
レーヌミノル、オークスに挑戦
閲覧 48ビュー

昨日、記事を発見しまして・・・

ナイス判断だと思いました。

もちろん、距離の壁は当然あると思いますが、ローテーション的にはこっちの方が全然いい選択だと思ってます。

使いすぎの故障は避けたいですから。(POG馬なので、すみません。)

思い出すのは、タニノギムレット。

シンザン・アーリントン・スプリング・皐月賞・NHK・ダービーと使って、さようならでした。(ダービー馬になりましたが・・・皐月・NHK以外は全部1着!)

距離は伸びるけど、頑張って欲しいです。

1冠を制した馬が2冠を目指すで、正解だと思います。

今日はこれにて・・・

[もっと見る]

landrさん 4月18日(火) 08:50
2017_皐月賞反省会他雑文
閲覧 45ビュー

先日、4月から競馬ができなくなる云々と書きましたが、実は5月からまたまた生活が変わり(具体的に言えば、土日休みとなる)、競馬が再開できる見込みです。正確に申し上げると、今週から。
ただ、これは、アクシデントに近くて、健康と引き換えに現在の生活を切り替えざるを得なくなった…と言いますか。競馬が再びできるようになるのは、不幸中の幸いなのです。皆さんも健康にはご注意ください。
ちなみに、やってしまったのは右腕と腰。今は安静加療中で4月いっぱい療養予定。5月には阪神競馬場に行けるくらい回復すればいいなあ(←いや、それ以上に、仕事に行けるようにしろよ)

ここ3週ほど、時間も取れず、見るも恥ずかしい予想を並べ立ててしまい(当たる当たらないは別として)、こんな適当予想しかできないのならば、競馬をやめた方がいいんじゃないかとまで考えました。
しかし、競馬予想する時間がほとんどとれなかったこと引き換えに、案外とホッとしていた自分もいます。悪い意味ではないのですが、あまりにも競馬に時間を取られ過ぎてしまっていたのだなあ、と。競馬に縛られなかった日常は、ある意味、安ど感もありました。

晴れて、競馬予想に復帰できることになったとはいえ、以前と同じスタンスでは焦燥感に駆られて、膨大な時間を費やしてしまう(見合うリターンも少ない)。このあたりを考えながら、予想をしていきたいと考えています。だって「競馬予想しているときしか充実感がない」と言うのも寂しいものですしね。それに気づいただけでも、満足な競馬ができなかった3週間は意味があったように思います。

ちなみに、桜花賞・皐月賞は予想はしたものの、大外れでした。皐月賞なんてかすりもしなかった。
桜花賞は当然のことながら、ソウルスターリング中心。重馬場考慮して、アドマイヤミヤビをちょっと下げたまでは良かった。ただねえ、ソウルスターリングが勝負づけ済んだようなリスグラシューやレーヌミノルの軍門に下っちゃいますか…難しいですね。ちなみに、アドマイヤミヤビはオークスで見直し。ファンディーナが「やっぱりオークスにします」とこちらに出てくれば本命視もあり。

皐月賞では、いろいろと疑問な弥生賞組を軽視してスプリングSを重視しましたが、裏街道の毎日杯とアーリントンカップでワンツーとは…。いや、言い訳っぽいですが、ペルシアンナイトも相当評価している馬です。
アルアインも後から振り返れば、毎日杯のタイムがキズナやディープスカイと変わらないもので、浮上の余地は十分あったのですよね。ただ、毎日杯に限って言えば、あまりにもサトノアーサーに目を向け過ぎていた感があります。
しかし、アルアインはジェニュイン臭がする(笑)ダービーは現時点では予測不可能。皐月賞で一番強かったのは、ぶっつけで鬼脚使っているレイデオロ。しかし、中山限定疑惑はぬぐえず(笑)また、アルアインでこれなら、サトノアーサーも大期待にはなりますな。大寒桜を勝ちきったアドマイヤウイナーにちょっと本格気配も感じられます。どちらにしろ、トライアルを見てから。

今週はG1もなくて、中休み。リハビリにはちょうど良い感じです。
フローラステークスは、フローレスマジックとホウオウパフュームが普通に強い。
マイラーズカップは、両スピネルとイスラボニータが人気するでしょうが、注目は1年ぶりで連覇狙うクルーガー。しかし、そう考えて去年の結果を見ると、フィエロこそ健在ですが、世代交代が著しいなあと感じる。

[もっと見る]

ファストタテヤマださん 4月16日() 18:59
皐月賞回顧と反省会
閲覧 163ビュー

1着アルアイン

毎日杯の淀みない流れの中でも
前目から速い脚を使えていたし、
スタートさえまともなら好勝負できそうではあったが、
予想以上に終いの脚も使えての完勝。

走りが大きいのでコーナーでの加速には付いて行けなかったが、
そこから直線でしっかり盛り返してきた点も立派。

前目に付けられて直線での伸び脚も良いので
ダービーでもそこまで崩れない印象はあるが、
今日の展開が一番ハマるタイプの馬だと思うし、
次走ではちょっと評価を落として考えたい。



2着ペルシアンナイト

こちらもアーリントンCで
淀みない流れから瞬発力を見せていた馬。
ペース的には走りやすい展開だったと思うが、
それ以上にデムーロ騎手も巧かった。

多少運も味方した感はあるが、
向正面で最内がぽっかりと空いたため
下り坂の勢いを利用して位置を上げることができたし、
そのおかげでコーナーを攻め立てずに回ることもできたので、
ほぼ完璧といっていい立ち回り。

最後は持続力の差で負けてしまったが、
皐月賞はマイラーが強いということを改めて思い知らされた。

この馬もレース条件はぴったりハマっていたので、
ダービーでは評価しにくいとは思う。



3着ダンビュライト

跳びの大きい馬なので
ペースが流れたほうが走りやすいとは思ったが、
コーナーで外目を加速していく競馬では厳しそうではあったし、
さすがに無理だろうと見ていたら想像以上の走り。

この馬も将来的にはマイラー寄りになりそうだが、
今のところは距離が伸びても大丈夫そうではあるし、
近走はスタートも良くなっているので、
ダービーでも前目に付けられるようなら
4戦連続の3着もあっていいような気はする。



4着クリンチャー

正直、スピードに付いて行けないだろうと
まったく見向きもしなかった馬だが、
この流れでここまで粘れるとは思わなかった。

現状では何となくダイタクフラッグっぽさも感じるため、
まだしばらくは様子を見たい印象。



5着レイデオロ

出負けする格好から
道中も好走に繋がるような動きは見せず、
地力の加速に懸けるほぼ終いだけの競馬。

これは終わった後だから言えることだし、
仕方ない部分は大きいけど、
結果的に見るとデムーロ騎手との意識の差というか、
向正面での運びを見ると
ちょっと勿体なく乗ったようには思う。

この馬自身、力を見せたとは思うが、
スタートが改善されないことには厳しさは感じるので、
ダービーで狙っていいかは悩むところ。



6着スワーヴリチャード

せっかく内枠を引いて初の好スタートも切れたのに、
騎手が外への意識が強すぎて何だか無駄の多い競馬に。

結局は掛かって位置も下げてしまうし、
あの位置から外目を加速する競馬になったらもう厳しい。

ダービーでの巻き返しは一応期待できそうな馬だが、
次走でも掛かり癖は気になるところだし、
何より次も好スタートを切れるかどうかの疑問もあるので、
またじっくり検討したいかなとは思う。



7着ファンディーナ

序盤の速さが今までとは段違いだったので、
この流れで先行させてしまうとやっぱり苦しい。

それでもよく粘ったほうではあるし、
元々皐月賞よりダービーで見たかった馬なので、
次走はオークスに向かわず、ダービーに絞って調整をしてほしい。



10着プラチナヴォイス

馬場が高速化していたので
スピードがありそうで調教も良かったこの馬を
半ば思考停止気味に軸にしてしまったが、

あくまで中盤を速めた流れが得意な馬であって
終いに加速していく流れは合わないので、
自分で中山1800向きと言っておきながら
なんで買ってしまったのかと。




今日はプラチナヴォイスから
アルアイン・ペルシアンナイト・スワーヴリチャードへのワイド流しで外れ。

考察で触れた通り、前哨戦で皐月賞向きの走りをしていたのは
アルアインとペルシアンナイトだったので、
素直にこの2頭を軸にしてれば少なくとも馬連ワイドは取れそうだったのに、
結局直前になると予想をゴチャゴチャと変える悪い癖が出てしまう。

[もっと見る]

藤沢雄二さん 4月14日(金) 08:04
情熱と冷静の間…〜皐月賞展望〜
閲覧 86ビュー

さて皐月賞である。
POG的にはペルシアンナイトとダンビュライト(こちらは主戦場のPOGで指名)が出走するので力が入るのだが、馬券では思いっきりペルシアンナイトに期待するのだが、POGのスコアメイク的には3着を確保できればOKぐらいにしか考えていない。

我が指名馬のペルシアンナイトで負けない!という理由は後述するとして、まずは敵情視察。

1番人気が予想される牝馬のファンディーナ。やはり焦点は「牡馬相手のG気把麺僂垢襪里?」というところにあると思われる。
新馬戦を9馬身差、前走のフラワーCを5馬身差で勝利とそれが伊達や酔狂ではできない芸当であるのは認める。
だけど『前走の牝馬限定のG靴廼烈な勝ち方をした馬がレース間隔を理由に牡馬相手のG気北契茲鮓けて人気になる』って、どこかで聞いたような話じゃないか?
そう、去年の朝日杯FS。まだ4ヶ月ちょっと前の話である。その時のミスエルテは「中4週の阪神JFじゃダメなんかい!?」と言いたくなるような気性面に端を発していたと思っているので、一概には今回のファンディーナとは比較できないだろうけど、歴史を紐解いていけばトライアル→本番というのは中2週だったわけで、時代が変わっていると言えばそれまでなのだろうけど中3週を理由に皐月賞参戦というのは消極的な理由に映る。
エアグルーヴが秋の天皇賞を勝って時代の扉をこじ開けた訳だが、それまでは牝馬が牡馬相手の中距離以上のG気膨戦して大敗してもノーカウントみたいな風潮はあった。まああれだ、リックフレアーがNWAの防衛戦で戦況が悪くなってくるとレフェリーをぶん殴って反則負けを選ぶ、そんな感じだ。
(なおルールによりベルトは移動しない)

まあエアグルーヴにしろ、ダービーのウオッカにしろ、実績があっての牡馬挑戦だったわけで、そこへいくとファンディーナはまだフラワーCを勝っているだけにすぎない。
そしてそもそもの話として、年明けデビューの皐月賞馬っていつ以来出ていないのか?という話。今をときめくキタサンブラックだって、年明けの東京デビューから3連勝で皐月賞に駒を進めたが3着が精一杯だった。牝馬69年ぶりの勝利がどうこう言うより、この年明けデビューの件の方が現実的な問題ではなかろうか?


ここ5年で共同通信杯から直行している馬が4勝していることで俄然注目度が高くなっているスワーヴリチャード。ぶっちゃけると、POG的にはこの馬に勝たれるのが最もよろしくないw
極端なことを言うと他の16頭には勝たれてもどうってことはない。あくまでもPOG的な話では、この馬だけは潰さなくてはいけないのである。

で、スワーヴリチャードを消したい理由はちょっとオカルト的なのだが『5連勝って難しいよね』ということ。
極めて個人的なことで恐縮なのだが、ボクはミッキーアイルが好きで、都合が合えば現地に応援に行っていた。で、シンザン記念→アーリントンC→NHKマイルC→スワンSと観戦機会4連勝で迎えた高松宮記念で3着に負けた。
サッカーの話でいえば、浦和レッズは近年の対戦成績でガンバ大阪とはあまり相性が良くないのだが、自分が参戦した時は4連勝中だったんですよ。それが先日の吹田スタジアムの試合は引き分けで連勝ストップ。
そう、なかなか5連勝というのは経験しないのですよ。
現に先週の桜花賞でもソウルスターリングが5戦目にして初黒星。今年のJ1も開幕4連勝したヴィッセル神戸は5節の浦和戦で初黒星。これらは決して偶然ではないと思うのよ。

で、皐月賞は目下『共同通信杯からの直行組が出走機会4連勝中』である。一昨年のドゥラメンテは共同通信杯2着からだったから「共同通信杯を勝っていない」という事で嫌った人も多いだろう。去年のディーマジェスティは「人気がない」とか「4回目があるのか?」とかの理由で嫌った人も多いだろう。
が、今回はそれに懲りた人が多数出てくる頃である。ましてや空前絶後の大混戦みたいな言われ方をしているわけだし。
なので『まだはもうなり』に賭けてみたい。

そしてレイデオロ。この馬の場合はやはり年明け初戦がどうなのよ?と。
調整の過程で弥生賞を使うのが難しく、まあスプリングSなら使えないこともないけど今さら1800を使う理由はない。それはわかるのだが、ソウルスターリングのコメントで「100回の調教より1度のレース」と言っていた人が若葉Sを考えなかったとは思えない。かつてペルーサで若葉S→青葉賞というローテーションを組んだ人なのだから。それだからこそ、やはり年明け初戦というのは大きな不安材料なのではないか?

そして我がペルシアンナイト。
ザックリと言えば、ドゥラメンテを擁して戦った一昨年のPOGの展開によく似ているのよ。直感的にはそれに尽きるのだが、それはテメーの話だろうと言われるとそれ以外の何物でもないw
まあ真面目に理由を挙げていけば、近年の皐月賞のゴール写真を見れば勝ち馬は馬場の真ん中に写っている。決して内ラチに近いところの勝ち馬の姿はない。
で、今年の出走馬の勝ったシーンを振り返ってみた時に、皐月賞のゴール前を一番イメージできるのがアーリントンCのペルシアンナイトだということ。
言いたいことはたくさんあるけど、最大の理由はコレ。きっとミルコが手をパーの状態にしてカメラ目線バッチリで先頭でゴールに飛び込んで来るハズだから。

あとこれだけは言っておきたいのだけど、土曜日のはなみずき賞に出走するエクレアスパークル。若葉S2着で皐月賞の優先出走権を得ておきながら、皐月賞に登録すらせずに同じ週の自己条件を使うって、さすがにそれはナシでしょう。G気鯔粗造靴討い襪茲諭これは行き過ぎた馬優先主義だと思う。調教師に何らかのペナルティは必要だと思う。こんな使い方をするようでは、少なくともこの調教師とは同じ夢は見られない。

[もっと見る]

会員登録はこちら

●アーリントンカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜アーリントンカップ2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 8 90.6 ペルシアンナイト 牡3 56.0 M.デムー 池江泰寿 栗東 482(+4) 1.9 1 1.34.1
2 8 12 87.3 レッドアンシェル 牡3 56.0 浜中俊 庄野靖志 栗東 456(+2) 11.5 6 1.34.6
3 2 2 88.0 ディバインコード 牡3 56.0 柴田善臣 栗田博憲 美浦 486(+2) 7.4 3 1.34.8 1 1/4
4 8 11 88.8 ヴゼットジョリー 牝3 55.0 川田将雅 中内田充 栗東 462(+2) 10.2 5 1.35.0 1 1/2
5 5 5 86.6 ジョーストリクトリ 牡3 56.0 武豊 清水久詞 栗東 502(-6) 37.3 8 1.35.2
6 6 7 83.4 ナンヨーマーズ 牡3 56.0 C.ルメー 清水久詞 栗東 454(-6) 27.3 7 1.35.4 1 1/4
7 3 3 88.7 キョウヘイ 牡3 57.0 高倉稜 宮本博 栗東 428(0) 7.7 4 1.35.5 3/4
8 7 9 88.4 ミラアイトーン 牡3 56.0 武幸四郎 池江泰寿 栗東 510(-4) 5.4 2 1.35.7
9 5 6 82.7 リンクスゼロ 牡3 56.0 松若風馬 森秀行 栗東 458(-4) 108.8 11 1.35.9 1 1/4
10 7 10 89.5 スーパーモリオン 牡3 56.0 幸英明 浅見秀一 栗東 484(-10) 135.9 12 1.36.4
11 1 1 76.5 カロス 牡3 56.0 池添謙一 池添兼雄 栗東 486(0) 101.0 10 1.37.1
12 4 4 82.7 レヴァンテライオン 牡3 57.0 岩田康誠 矢作芳人 栗東 484(-6) 42.9 9 1.38.6
ラップタイム 12.3-11.0-12.0-11.9-11.9-11.4-11.3-12.3
前半 12.3-23.3-35.3-47.2-59.1
後半 58.8-46.9-35.0-23.6-12.3

■払戻金

単勝8 190円 1番人気
複勝8 110円 1番人気
12 240円 6番人気
2 150円 2番人気
枠連6-8 430円 1番人気
馬連8-12 920円 3番人気
ワイド8-12 400円 5番人気
2-8 240円 1番人気
2-12 960円 11番人気
馬単8-12 1,050円 3番人気
3連複2-8-12 1,720円 5番人気
3連単8-12-2 6,020円 11番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜アーリントンカップ2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
2月25日の勝ち組
2/25 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 アーリントンカップ
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 かまきちジュニア かまきちジュニア Lv 92 100% 3010% 291,000円 なし
2位 キューブキューブ キューブキューブ Lv 79 33% 1368% 279,000円
3位 ちゃくま ちゃくま Lv 86 19% 125% 90,230円 なし
4位 7970e447b0 7970e447b0 Lv 80 80% 386% 143,350円 なし
5位 ひむろメアリー ひむろメアリー Lv 74 83% 471% 112,590円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
2月25日の勝ち組
2/25 16:31更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 アーリントンカップ
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 キューブキューブ キューブキューブ Lv 79 33% 1368% 279,000円
2位 DS DS Lv 78 100% 460% 36,000円
3位 マリー(marie マリー(marie Lv 64 100% 380% 28,020円
4位 うまうま12 うまうま12 Lv 87 33% 139% 20,020円
5位 Y.NAKAMURA Y.NAKAMURA Lv 82 33% 120% 6,120円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜アーリントンカップ2017〜

2016年 アーリントンカップ 2016年2月27日() 阪神11R 芝1600m 良 15頭

アーリントンカップ2016

1着 6 レインボーライン 6.8倍(4人気) M.デムーロ 1:34.1 92.2
2着 12 ダンツプリウス 20.4倍(9人気) 丸山元気 ハナ 92.2
3着 15 ロワアブソリュー 13.4倍(7人気) F.ヴェロン ハナ 92.2
単勝 6 680円(4人気) 3連複 6−12−15 33,820円(118人気)
馬連 6−12 5,840円(27人気) 3連単 6→12→15 194,110円(661人気)

2015年 アーリントンカップ 2015年2月28日() 阪神11R 芝1600m 良 12頭

アーリントンカップ2015

1着 8 ヤングマンパワー 34.8倍(9人気) 松岡正海 1:35.9 92.1
2着 4 アルマワイオリ 7.4倍(5人気) 勝浦正樹 クビ 92.1
3着 11 マテンロウハピネス 8.0倍(7人気) 松田大作 ハナ 92.1
単勝 8 3,480円(9人気) 3連複 4−8−11 36,580円(101人気)
馬連 4−8 10,610円(35人気) 3連単 8→4→11 325,370円(673人気)

2014年 アーリントンカップ 2014年3月1日() 阪神11R 芝1600m 良 10頭

アーリントンカップ2014

1着 10 ミッキーアイル 1.4倍(1人気) 浜中俊 1:34.0 97.0
2着 6 タガノグランパ 14.5倍(3人気) 岩田康誠 3 1/2 92.5
3着 3 フェルメッツァ 25.0倍(6人気) 武豊 90.9
単勝 10 140円(1人気) 3連複 3−6−10 2,560円(8人気)
馬連 6−10 740円(2人気) 3連単 10→6→3 5,340円(16人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/02/23
アーリントンカップ
阪神 10 コパノリチャード 2.2倍 1 W.ビュイック 1:34.8 93.9
2012/02/25
アーリントンカップ
阪神 13 ジャスタウェイ 4.1倍 2 福永祐一 1:36.3 95.1
2011/02/26
アーリントンカップ
阪神 13 ノーザンリバー 8.0倍 4 武豊 1:34.2 94.5
2010/02/27
アーリントンカップ
阪神 16 コスモセンサー 17.6倍 5 石橋脩 1:34.8 97.6
2009/02/28
アーリントンカップ
阪神 13 ダブルウェッジ 10.7倍 6 小牧太 1:35.6 93.5
2008/03/01
アーリントンカップ
阪神 13 ダンツキッスイ 19.7倍 5 藤田伸二 1:34.6 95.7
2007/02/24
アーリントンカップ
阪神 16 トーセンキャプテン 2.9倍 2 四位洋文 1:33.9 98.6
会員登録はこちら

●アーリントンカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜アーリントンカップ2017〜

アーリントンカップは、1987年に創設され、1991年に廃止されたペガサスステークスが前身。阪神競馬場とアーリントン国際競馬場が提携を結んだのを機に1991年限りで同競走は廃止され、1992年にペガサスステークスと同じ条件である阪神競馬場芝1600mの重賞競走アーリントンカップとして新たに創設された。2007年以降は外回りコースに変更された。
クラシック競走やNHKマイルカップを目指す3歳馬にとって関西圏におけるステップとなる競走の1つに位置付けられており、第11回優勝馬タニノギムレットは同年の日本ダービーを優勝、また第12回優勝馬ウインクリューガーは同年のNHKマイルカップを優勝、第17回3着のディープスカイは同年のNHKマイルカップと日本ダービーを制している。その他にも第9回優勝馬エイシンプレストンが香港国際GIを、第10回優勝馬ダンツフレーム宝塚記念を制すなどGI馬を輩出している。
その他の優勝馬には、シーキングザダイヤビッグプラネットトーセンキャプテンコスモセンサージャスタウェイなどがいる。

アーリントンカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年4月29日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2017年4月30日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2017年4月29日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2017年4月30日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
119,049万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 レーヌミノル 牝3
21,509万円
2 アルアイン 牡3
18,273万円
3 ソウルスターリング 牝3
15,173万円
4 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
5 リスグラシュー 牝3
11,726万円
6 カデナ 牡3
10,012万円
7 サトノアレス 牡3
9,945万円
8 レイデオロ 牡3
9,477万円
9 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
10 カラクレナイ 牝3
8,368万円
» もっと見る