注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

エイシンプレストン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1997年4月9日生
調教師北橋修二(栗東)
馬主平井 豊光
生産者Joseph E. Gehl
生産地
戦績32戦[10-5-2-15]
総賞金49,106万円
収得賞金19,540万円
英字表記Eishin Preston
血統 Green Dancer
血統 ][ 産駒 ]
Nijinsky
Green Valley
Warranty Applied
血統 ][ 産駒 ]
Monteverdi
Implied Warranty
兄弟
前走 2003/12/14 香港カップ G1
次走予定

エイシンプレストンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
03/12/14 香港 8 香港カップ G1 芝2000 14--------7** 牡6 57.1 福永祐一北橋修二480(--)2.02.2 0.0----FALBRAV
03/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18127.534** 牡6 58.0 福永祐一北橋修二480(-6)1.58.5 0.534.4⑤⑤④シンボリクリスエス
03/10/12 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11559.733** 牡6 59.0 福永祐一北橋修二486(+16)1.46.2 0.534.9⑤⑤⑤バランスオブゲーム
03/04/27 香港 8 クイーンEC G1 芝2000 12--------1** 牡6 57.1 福永祐一北橋修二470(--)2.03.8 -0.0----ELEGANT FASHION
03/02/23 中山 11 フェブラリー G1 ダ1800 1671418.5616** 牡6 57.0 福永祐一北橋修二472(-3)1.57.1 6.241.9⑩⑬⑯⑯ゴールドアリュール
02/12/15 香港   香港カップ G1 芝2000 12--------5** 牡5 57.1 福永祐一北橋修二475(--)2.07.2 0.0----PRECISION
02/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 18369.632** 牡5 57.0 福永祐一北橋修二478(+2)1.32.8 0.034.2⑬⑪トウカイポイント
02/10/27 中山 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18367.658** 牡5 58.0 福永祐一北橋修二476(+2)1.59.2 0.735.0⑧⑥⑧⑨シンボリクリスエス
02/10/06 中山 11 毎日王冠 G2 芝1800 9224.232** 牡5 59.0 福永祐一北橋修二474(+4)1.46.4 0.334.2マグナーテン
02/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 187132.915** 牡5 58.0 福永祐一北橋修二470(+2)1.33.6 0.334.7⑮⑮アドマイヤコジーン
02/04/21 香港 8 クイーンEC G1 芝2000 14--------1** 牡5 57.1 福永祐一北橋修二468(--)2.02.5 -0.0----アグネスデジタル
02/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 14692.915** 牡5 60.0 福永祐一北橋修二476(+13)1.45.9 0.534.9⑦⑥⑥トウカイポイント
01/12/16 香港 7 香港マイル G1 芝1600 14--------1** 牡4 57.1 福永祐一北橋修二463(--)1.34.8 -0.0----ELECTRONIC UNICORN
01/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 18596.522** 牡4 57.0 福永祐一北橋修二476(+2)1.33.3 0.133.7⑧⑨ゼンノエルシド
01/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 128128.851** 牡4 58.0 福永祐一北橋修二474(-4)1.45.3 -0.135.0⑤④④ロサード
01/08/05 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 9663.613** 牡4 58.0 福永祐一北橋修二478(+2)1.32.2 0.432.6⑥⑥マグナーテン
01/07/15 小倉 11 北九州記念 G3 芝1800 9224.621** 牡4 57.0 福永祐一北橋修二476(+4)1.48.3 -0.335.1ロサード
01/06/23 阪神 11 米子S OP 芝1600 12223.521** 牡4 57.0 福永祐一北橋修二472(0)1.34.8 -0.235.1⑨⑦⑦トッププロテクター
01/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 184722.91010** 牡4 58.0 福永祐一北橋修二472(+4)1.34.1 1.136.0⑪⑭ブラックホーク
01/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 18366.536** 牡4 58.0 福永祐一北橋修二468(0)1.20.4 0.333.7⑮⑰スティンガー

⇒もっと見る


エイシンプレストンの関連ニュース

 第43回クイーンエリザベス2世カップ(30日、香港シャティン、8R、GI、3歳上、定量、芝・右2000メートル、優勝賞金1140万香港ドル=約1億5960万円=出走8頭)唯一の日本馬ネオリアリズムが、早め先頭から後続の追撃を振り切り、悲願のGI初制覇。このレースを日本馬が制したのは2002、03年のエイシンプレストン、12年のルーラーシップ以来、4度目。日本調教馬の海外GI35勝目となった。

 わき起こる“敵地”の歓声が称賛の嵐に変わった。ネオリアリズムが昨年12月以来、2度目の香港遠征で、6歳にしてついに国内外通じ、初のGIタイトルを獲得した。

 「途中から動いていく流れになって、難しさはあったけど、馬が頑張ってくれました。本当に、ビッグハート(強い気持ち)を持った馬だね」

 マジックマンの異名通りに変幻自在の騎乗を見せたモレイラ騎手が声を弾ませる。前半1000メートルの推定タイムが67秒3と日本では考えられないスローペース。だが、名手が判断よく“ひとまくり”で3コーナー手前で先頭へ。ここでリズムを取り戻すと、直線でも後続との差が詰まることなく、まんまと押し切った。

 初の海外遠征だった昨年12月の香港マイルは9着と大敗。堀調教師は「馬の学習能力に助けられました。前回よりもいい状態だった」と苦い経験を勝因のひとつにあげた。今回の勝利でJRAでは単独トップとなる海外GI6勝目となったトレーナーは「日本に帰って馬の状態を把握した上で、日本だけでなく、いろいろなレースを視野に入れたい」と今後について示唆した。

 2015年に豪GIのジョージライダーSを制した兄のリアルインパクトに続き、日本調教馬では初の“きょうだい海外GI制覇”のおまけもついた。同い年で同厩舎だった香港GI3勝馬モーリスは昨年引退。今度は遅咲きの大器が世界を席巻していく。(山口大輝)

★香港売り上げ

 今年のJRA・海外馬券発売第2弾となったクイーンエリザベス2世Cの売り上げは、7億9847万4700円だった。昨年12月に同じ香港で行われた香港スプリントの5億5326万200円より多く、香港マイルの8億9661万8800円には及ばなかった。JRAは「今回は少頭数のレースでもあり(売り上げの)苦戦も想定していました。中央競馬の発売が終了してからの売り上げがすごく伸びて、この数字になったのは健闘したといえるでしょう」と見解を示した。

ネオリアリズム

 父ネオユニヴァース、母トキオリアリティー、母の父メドウレイク。栗毛の牡6歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績18戦8勝(うち海外2戦1勝)。獲得賞金3億9315万9000円(海外1億5960万円)。重賞は2016年GII札幌記念、17年GII中山記念に次いで3勝目。クイーンエリザベス2世Cは堀宣行調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。馬名は、「新現実主義。父、母名より連想」。

【QE2世C】日本馬ネオリアリズムが制す!香港でGI初制覇2017年04月30日() 17:52

 4月30日に香港・シャティン競馬場で行われた第43回クイーンエリザベス2世カップ(GI、3歳以上、芝・右2000メートル、別定、8頭立て、優勝賞金1140万香港ドル=約1億6070万円)は、J・モレイラ騎手騎乗の日本馬で2番人気のネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が快勝。GI初制覇を達成するとともに、日本馬として2002、03年エイシンプレストン、12年ルーラーシップに次ぐ延べ4勝目を挙げた。タイムは2分04秒59(良)。

 ザユナイテッドステイツがハナを奪い、2番手に一昨年の覇者ブレイジングスピード、3番手にパキスタンスターが続く展開。昨年の勝ち馬ワーザーは4番手につけていた。5〜6番手にいたネオリアリズムは、3コーナー手前の残り約1000メートルで一気に外から先頭に立つと、直線でも脚いろが衰えることはなく、後続の追撃をしのぎ切った。パキスタンスター(3番人気)がクビ差の2着で、3着はワーザー(1番人気)。ブレイジングスピード(5番人気)は4着だった。

 ネオリアリズムは、父ネオユニヴァース、母トキオリアリティー、母の父メドウレイクという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は18戦8勝(うち海外2戦1勝)。重賞は16年札幌記念・GII、17年中山記念・GIIに次ぐ3勝目。クイーンエリザベス2世Cは、堀宣行調教師、J・モレイラ騎手ともに初勝利。

 ◆J・モレイラ騎手「先手をとるつもりでしたが、スタートがよくなかったので、我慢させなくてはなりませんでした。向こう正面でペースが遅くなったので、(残り約1000メートルで)外に出して前に行かせました。なかなかトップスピードに乗りませんでしたが、直線ではいい脚を(長く)使う自信があり、実際にそうなりました」

 ◆堀宣行調教師「昨年の12月(香港マイル=9着)に続いて2回目の香港遠征になりましたが、今回は馬の学習能力にも助けられ、前回よりいいコンディションで出走させることができ、いいレースをお見せすることができました。今後については、日本に帰ってからの馬の状態を見て、レースを選択していきたいと思います」

[もっと見る]

【香港QEII】ネオリアリズム、二千で大チャンス!2017年04月25日(火) 05:01

 JRAの海外馬券今年の発売第2弾となる香港のクイーンエリザベス2世カップが、30日にシャティン競馬場で行われる。

 フルゲート14頭のところ、出走予定馬は8頭。日本のネオリアリズム(美・堀、牡6)は香港ナンバーワンで、世界的な評価も高いJ・モレイラ騎手と新コンビを組んでの出走。昨年12月の香港マイルでは9着に敗れたが、適距離の2000メートルなら、2002、03年エイシンプレストン、12年ルーラーシップに次ぐ日本馬4勝目のチャンスは十分ありそうだ。

 昨年の覇者で香港2015/16年シーズンの年度代表馬ワーザー(香=J・ムーア、セン5)、前走の香港ダービー2着など大崩れがないパキスタンスター(香=A・クルーズ、セン4)あたりが強敵になる。

 クイーンエリザベス2世Cの枠順確定は日本時間27日で、馬券(単、複、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単)は30日10時から発走(17時35分予定)4分前まで発売される。A−PAT、即PATのインターネット投票に限定されるが、未加入の場合、即PATならレース当日の加入が可能。払い戻しはJRAのレース同様、独自の計算式による。

 レースの模様はグリーンチャンネル(無料、一部不可)が30日17時から18時15分まで、ラジオNIKKEI第1が17時から18時まで放送する。

[もっと見る]

【アーリントン】レース展望 2017年02月20日(月) 19:08

 関西圏も開催が替わり、今年初めて阪神での開催となる。その初日となる土曜メインは、3歳馬による第26回アーリントンカップ(25日、GIII、芝1600メートル)。過去の優勝馬ではエイシンプレストンダンツフレームタニノギムレットウインクリューガーシーキングザダイヤジャスタウェイコパノリチャードミッキーアイルと数多くが出世街道を歩んだ。今年も、同距離のNHKマイルCはもちろん、皐月賞、ダービーを狙うスターホースが出現するか、注目の一戦だ。

 ペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡)が重賞初制覇を狙う。1番人気に支持された前走のシンザン記念は、勝ったキョウヘイから0秒2差の3着。しかし、重馬場で身上の切れ味をそがれ、直線でかなり窮屈になりながらもいったんは先頭に立ち、最後まで踏ん張ったのは地力の証しだ。前走を除いた3戦で上がり3ハロン最速をマーク。伯父に18日に心臓疾患のため18歳で急死した種牡馬ゴールドアリュールがおり、血統面からも大舞台を狙える逸材だ。フェブラリーSゴールドドリームで制したミルコ・デムーロ騎手が騎乗予定。4週連続重賞Vがかかる。開幕週の絶好馬場で、自慢の瞬発力をフルに発揮できれば、結果はおのずとついてくるはずだ。

 新潟2歳Sを制したヴゼットジョリー(栗東・中内田充正厩舎、牝)も有力だ。前走の阪神ジュベナイルフィリーズは3カ月半の休み明けでマイナス10キロと馬体が寂しく映ったにもかかわらず、直線では内から伸びて5着と能力は示した。レースセンスが高く、先行、差しとどちらにも構えられる点が強みだ。馬体が回復し、1月下旬からじっくりと乗り込まれており、休み明けでも態勢は万全。重賞2勝目のチャンスだ。

 キョウヘイ(栗東・宮本博厩舎、牡)は前走のシンザン記念で重馬場を苦にせず、最後方から鮮やかな差し切り勝ち。道悪の強さは、不良馬場で行われた2009年のダービーで2着だった父リーチザクラウン譲りだ。他の馬を気にして力む面があり、今回も後方で脚をため、最後の直線にかけるスタイルを貫くだろうが、末脚の破壊力は短距離からマイル戦に転じた近2走で証明している。逃げ、先行有利の開幕週でも、直線の長い阪神の外回りなら期待できそうだ。

 ディバインコード(美浦・栗田博憲厩舎、牡)は、父マツリダゴッホ譲りの軽快な先行力が武器。これまで福島→新潟→中山→東京→中山で5戦して、【2・2・1・0】。コースを問わず上位争いを演じており、初めての阪神でも割引にはならないだろう。2走前のGII京王杯2歳Sは0秒6差の3着、前走のオープン特別・ジュニアCではタイム差なしのクビ差2着と好走。重賞初制覇を成し遂げても不思議はない。

 レッドアンシェル(栗東・庄野靖志厩舎、牡)は、デビュー連勝を飾った素質馬。3戦目となった前走の朝日杯フューチュリティSは8着に終わったが、レース前に激しくイレ込み、道中も他馬と接触してイライラしていたことが敗因だ。気性面に課題は残るが、「重賞で上位に入る力はある」と庄野調教師。巻き返しが注目される。

 調教師試験に合格し、日曜の競馬を最後に引退する武幸四郎騎手は、このレースが最後の重賞騎乗となる可能性が高い。パートナーはミラアイトーン(栗東・池江泰寿厩舎、牡)だ。小倉でのデビュー戦から3戦全てで手綱を取り、3戦2勝の好成績。前走の京都500万下は、上がり3ハロン33秒8の瞬発力を発揮し、1馬身1/4差の快勝だった。1997年3月1日が初騎乗で、その翌日に11番人気オースミタイクーンマイラーズCで重賞初騎乗初勝利を挙げた“意外性の男”。思い出の阪神マイルで、有終の美が見られるかもしれない。

 昨年の年度代表馬キタサンブラックが所属する栗東・清水久詞厩舎は2頭出し。レースセンスがあり、大崩れしないナンヨーマーズ(牡)と、父ジョーカプチーノ譲りのスピードが武器のジョーストリクトリ(牡)だ。ジョーストリクトリには、武豊騎手が騎乗予定。重賞での最後になりそうな兄弟対決の行方も見逃せない。

アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【香港QE2世C】ラブリー全開!池江師「能力出せる」2016年04月24日() 05:02

 日本馬3頭が参戦するクイーンエリザベス2世Cが24日に行われる。3頭ともレース前日は角馬場で調整された。

 3頭の中で最も注目されているのは、ラブリーデイ。前売りでも1番人気の支持を集めている。「能力を出せる状態にあるので、これ以上雨が降らないことを祈ります」と池江調教師は馬場の回復を祈った。

 金曜に追われた京都記念勝ち馬サトノクラウンは、「追い切り後、少し硬さが出ましたが、すぐにほぐれました。普段通りの落ち着きがあって順調に調整できています」と高橋助手。

 2度目の香港遠征となるヌーヴォレコルトは「もう体もできているし、気持ちも入っていますので、軽めの調整でレースに備えます」と斎藤誠調教師が前日調整の意図を説明した。

 3頭は、日本馬として2002、03年エイシンプレストン、12年ルーラーシップに続く4度目のVを目指す。

ラブリーデイの競走成績はこちら★サトノクラウンの競走成績はこちら★ヌーヴォレコルトの競走成績はこちら

[もっと見る]

【アーリントン】レース展望 2016年02月22日(月) 18:06

 阪神では土曜にも3歳馬の重賞・アーリントンC(27日、GIII、芝1600メートル)が組まれている。2000年エイシンプレストン(01年香港マイル優勝、02&03年クイーンエリザベス2世C連覇)、01年ダンツフレーム(02年宝塚記念)、03年タニノギムレット(同年ダービー)、12年ジャスタウェイ(13年天皇賞・秋、14年ドバイデューティフリー、同安田記念)、13年コパノリチャード(14年高松宮記念)、14年ミッキーアイル(同年NHKマイルC)と、ここを勝った多くの馬がGIホースへと飛躍しているように、GIIIながらかなり重要な位置付けにある3歳重賞だ。

 ボールライトニング(栗東・宮本博厩舎、牡)は新馬勝ち後に京王杯2歳Sを制覇。今回のメンバーでは唯一の重賞ウイナーだ。続く朝日杯フューチュリティSでは11着と敗れているが、今回は相手が楽になっただけでなく、マイル戦も2度目なので上積みが期待できる。今回は福永祐一騎手とのコンビ。57キロでも主力視できる。

 ヒルノマゼラン(栗東・昆貢厩舎、牡)は新馬1着、白梅賞2着、こぶし賞1着とパーフェクト連対。先行脚質なので、開幕週の馬場も歓迎だろう。それでいて重馬場の前走を勝っているように、馬場悪化も問題しないのも強みだ。

 ダンツプリウス(栗東・山内研二厩舎、牡)は、メンバー最多のキャリア8戦を誇る。すでに6場もの競馬場で出走するなど経験値でライバルを上回っており、前走のジュニアCでは2勝目をマークした。相手なりに走れるタイプで、使い減りしない体力もセールスポイントだ。3戦騎乗して2、3、1着と手の内に入れている丸山元気騎手の手綱さばきに注目したい。

 シゲルノコギリザメ(栗東・谷潔厩舎、牡)もキャリアは7戦と豊富。未勝利、500万下と連勝して挑んだGIIIシンザン記念で差のない3着と好走した。折り合いに課題を残すが、今回は手の合う太宰啓介騎手に手綱が戻る。いい先行力があるだけに、スムーズに前で立ち回れれば面白い存在だ。

 距離延長が課題だが、クロッカスS2着のオデュッセウス(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は武豊騎手の騎乗が魅力。着実に地力を強化しているマディディ(栗東・友道康夫厩舎、牡)、同じ舞台の千両賞を勝っているレインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡)も能力の裏付けはある。なお、ロスカボス(栗東・高野友和厩舎、牡)は28日に行われるすみれSに向かう公算が大きい。

 以上は2勝馬だが、ロスカボスが回避すれば1勝馬もすべて出走可能となる。デビューからすべてマイル戦で、3戦いずれも上がり最速をマークしているアーバンキッド(美浦・斎藤誠厩舎、牡)にとっては、抽選にやきもきすることなく、調整ができそうだ。ひいらぎ賞、ジュニアCともハナ差2着に惜敗しているが、能力は互角。輸送さえクリアできれば、チャンス十分だろう。

 1勝馬ではレオナルド(栗東・藤原英昭厩舎、牡)も注目の的。シンザン記念は0秒3差5着に終わったが、未勝利戦を完勝した阪神に戻って前進が期待できる。能力はここでもヒケを取らないだけに、スタートが鍵となりそうだ。

 朝日杯FSで不利を受けながらも4着と好走し、この後UAEダービー(3月26日、メイダン、GII、ダート1900メートル)挑戦プランがあるユウチェンジ(栗東・森秀行厩舎、牡)、大外から豪快に差し切ったデビュー戦の勝ちっぷりが印象的だったビップライブリー(栗東・清水久詞厩舎、牡)なども出走してくれば面白い。出世レースを制するのは、どの馬か。見応えある一戦が期待できそうだ。

★アーリントンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイシンプレストンの関連コラム

閲覧 934ビュー コメント 1 ナイス 4

◆プロフィール
文傑(ぶん・けつ)
香港最大の日刊紙『蘋果日報(アップルディリー)』首席競馬記者を務め、今秋より同じく大手日刊紙『星島日報』に移籍。競馬記者経験は20年以上。香港で最も経験と知識を有する競馬記者の一人。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)
東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にのめり込む。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問。


甘粕 さあ、いよいよHKIR(香港国際競走)だね。

文傑 一緒に香港で競馬を見るようになって10年?それじゃきかないね。ずいぶん長く一緒に競馬を見てきたもんだ。今年は日本から13頭の出走頭数レコード、びっくりだよ。よほど日本に使うレースがないんじゃないか?

甘粕 確かに。日本ではスプリンター、マイラー、2000mのビッグレースはもう終わっているからね。その後、香港を目標にする馬が年々増えてるってことさ。それじゃあ、ヴァーズ、スプリント、マイル、カップの順番で検討していこうか。

香港ヴァーズ 第4R 芝2400m 日本時間15:00発走予定
ハイランドリール連覇へ視界良好
相手はフランス馬、ヌーヴォレコルトに厳しいローテ


甘粕 香港はマイル以下のレースが80%以上。中長距離は手薄と認めざるを得ないね。過去10年でも香港馬は1頭しか勝っていない。

文傑 それは仕方ないよ。そういうレース体系なんだから。1シーズンで2400mのG1が2レース、G3が1レースしかないんだから。香港はこれまで長距離レースを重視してこなかったからね。今回は4頭が出走しているけど、気になるのはイースタンエクスプレス1頭だけかな。状態はいいし、2400向きでもある。ただ、格下感はどうしても否めない。プレース(複勝)がいいところだろう。どうしても、もう1頭というのなら、アンティシペーションかな。

甘粕 確かにそうだね。今年の外国馬をどう見る?

文傑 強すぎるよ。香港馬じゃあ全く相手にならないよ。最近10年間でヨーロッパ国が8勝してるだろ。今年のハイランドリールはこれまでのヨーロッパ遠征馬の中でも飛び抜けて強い。

甘粕 去年はこのレースであのフリントシャー負かしてるしね。

文傑 その後も、イギリス、アメリカで最高レベルの2400m戦を勝ってきてるだろ。去年の状態を維持できていれば、連覇の可能性はかなり高いよ。

甘粕 そうだね。これまで香港ヴァーズに出走してきたヨーロッパの馬の中でも飛び抜けている。その他に気になる馬は?

文傑 良績を残しているフランス馬が3頭出走するけれど、この中から2頭。シルバーウェーヴ、ワンフットインヘブンを押しておこうか。

甘粕:同感だね。

文傑 ところで日本勢はどうなの?

甘粕 3頭の中では去年の香港カップ2着馬、ヌーヴォレコルトが筆頭だろう。オークス馬で2400も問題ないし、香港も経験済み。力的にはハイランドリールに肩を並べることはできる。

文傑 確かに香港カップはいいレースだった。

甘粕 今年は日本勢が13頭とレコードを作った。ヌーヴォの中国語馬名は「新紀録」。新記録を作ってもらいたいものだけどね。


香港スプリント第5R 芝1200m 日本時間15:40発走予定
香港馬の独壇場!
ラッキーバブルズ、ペニアフォビア、エアロヴェロシティ


甘粕 香港スプリントは香港馬の独壇場。ロードカナロア連覇とジェイジェイザジェットプレーンの3年を除いて過去10年で7頭の香港馬が勝っている。今年も香港勢が優勢だね。

文傑 今年の香港勢は飛び抜けた馬はいないけれど、平均して高いレベルにある、と言える。よほどのことがなければ今年も香港馬で行けるだろう。

甘粕 その通りだ。サイレントウィットネス、セイクリッドキングダムといった大看板はいないが、一昨年の覇者エアロヴェロシティ、昨年の覇者、ペニアフォビアが揃った上に、新星も台頭している。

文傑 香港馬の中ではラッキーバブルズだろう。安定感抜群。1200では10戦して連を外していない。

甘粕 トライアルのジョッキークラブ・スプリントは明らかに本番を意識した仕上げとレースぶり。後方から自分の脚を確かめるようにきっちりと2着。F.ルイ調教師に話を聞いたが、中間も順調。枠順も内過ぎず外過ぎず絶好の5番枠。視界良好だね。まだ5歳と若いし、香港短距離界に新たなスターが生まれる予感がする。世代交代、新旧対決が香港スプリント、マイル界の現状ではないかと思うけれど、既成勢力はどうかね?

文傑 昨年の覇者、ペニアフォビアは昨季も本番まで勝ち星がなかったが、本番ではきっちりと結果を出した。今季も同じように3戦して負けているが、着差はそれほどでもない。どう仕上げてくるか注目だね。

甘粕 去年は大外枠から果敢にハナを奪って逃げきったが、今年は1枠を引いた。これは有利だね。最内から逃げたら相当しぶといはず。エアロは2枠を引いた。既に8歳馬だが、今季は2戦して3着2回。去年は香港スプリントを前に心房細動、そして、立て直して高松宮記念連覇に向けて日本に着いてレース直前に疝痛と散々なシーズンだったが、今季は順調だね。8歳とはいえセン馬だし、まだまだ老け込む歳ではない。ハナを切らなくてもレースができるしここは要注意だよ。

文傑 トライアル勝ちのノットリスニントゥーミーはいかにもハンディキャップホース。本番ではどこまではまるか。

甘粕 遠征馬をどう見る?

文傑 ヨーロッパ組は全く良績を残していないし、オーストラリア勢だってレベルデインが7歳、テイクダウンは4歳で、まだここでは家賃が高いだろう。それなら日本馬、ビッグアーサーに魅力を感じる。

甘粕 ビッグアーサーはライアン・ムーアに乗り替わったね。ただ、枠が外過ぎる。

文傑 世界のライアンが絶対的不利のシャティン1200mの外枠をどうさばくか、それも見どころだね。それと格下、オールウェザー馬と見られてるけど、香港馬スーパージョッキーには要注意だよ。とてつもない鉄砲馬だ。

甘粕 それはいい穴馬情報だね。ありがとう。


香港マイル第7R 芝1600m 日本時間16:50発走予定
ビューティーオンリーにヘレンパラゴン
サンジュエリーが世代交代実現?


甘粕 マイルも香港の独壇場だ。ここ10年で去年のモーリス以外は香港馬が9勝だよ。今年も香港勢で仕方ない。

文傑 これまでに比べると最強とは言えないが、十分勝負になるんじゃないか。

甘粕 本当にそうだね。まずは香港馬から行こう。期待の香港馬を上げてほしい。

文傑 まずはトライアル勝ちのビューティーオンリーとヘレンパラゴン。オンリーは今季さらに進歩、1600mなら上位3頭に入る可能性は高い。ヘレンパラゴンはトライアル後に状態急上昇。前走は直線で大きな不利があったが、今回はあんなことはないだろう。

甘粕 J.ムーア調教師の話だと、期待の3頭の中にヘレンパラゴンをあげていた。まだ4歳だし、香港には珍しくセン馬ではなく牡馬。この馬の種馬としての将来を考えているんじゃないか、と感じざるを得ない。

文傑 そうだろ。

甘粕 それはそれとして、問題はエイブルフレンドの扱いだよ。引退の危機までささやかれていたが、復活を遂げ前走のトライアルは1600ではなく1200を使って3着。

文傑 それは香港ではよくあることで、長期休養していた馬の眼を覚ますために敢えて短い距離を使うんだよね。4着は立ち直ってきた証拠ではあるけれども。

甘粕 2日のバリアトライアル(注:模擬レース)ではモレイラ騎手が持ったままの2着。相当戻ってきているように見えた。ただ、調教で実際に見た馬体は往年のような張りが感じられなかったのが気になる。

文傑 完全復活は難しいんじゃないか。エイブルは既に往年のエイブルにあらず、だよ。

甘粕 まだ争覇圏内にはいると思うんだけどねえ。香港勢ではサンジュエリーに無限の可能性を感じている。トライアルはスプリントのラッキーバブルズ同様、明らかに本番を意識した作りとレース。後方から自分の脚を測ってきっちりと3着。

文傑 要注意であることは間違いないね。

甘粕 J.サイズ調教師に話を聞いたんだが、1800までは昨季の香港馬王、ワーザーよりも強いというんだよ。確かに春の4歳三冠戦で2冠、1800まではワーザーを負かしているしね。

文傑 うん、ワーザーを負かしているのは確かだ。

甘粕 香港マイル界もスプリント界と同様、世代交代、新旧対決がキーワード。新興勢力の筆頭はサンジュエリーと見ている。頭まであってもおかしくない。

文傑 日本馬はどうなの? 今年は3頭も来たよね。ロゴタイプ以外は勝負になるとみてるんだけど。ネオリアリズム札幌記念モーリスを負かしているし、サトノアラジンだって前走のマイルCSは直線で不利があったんだろ。十分争覇圏内だ。

甘粕 ロゴタイプはシャティンの馬場を隅から隅まで知り尽くしたミルコ(・デムーロ)が騎乗する。ハナに立たなくてもいいタイプで、ビューティーフレームが引っ張る中、番手から早めに抜けだす競馬ができればひょっとするぜ。


香港カップ第8R 芝2000m 日本時間17:30発走予定
モーリス鉄板、相手も日本馬?
香港勢ではブレイジングスピード


甘粕 かつては遠征組に馬場を貸すだけの香港勢だったが、春の4歳クラシック三冠を整えたことをはじめ、距離体系を重視。この10年で4勝をあげている。

文傑 しかし、今年は近年でも最弱と言ってもいい。主力の高齢化とピークアウトは目を覆うばかりだ。

甘粕 デザインズオンロームのことだね。今季初戦は距離不向きの1600を勝って、トライアルも期待したんだけど、予想外の殿負け。一体どうしたんだろう? あのエピファネイアにあっさり勝った時の力には舌を巻いたもんだったが。

文傑 ドバイ遠征帰りの香港馬は大概、復調に失敗するんだ。この馬もその一頭。

甘粕 J.ムーア調教師は“ペースが全て。調整は万全。100%”と言っていたが。

文傑 100%は今の100%で、往年のデザインの100%であるはずがない。3着までに入れば上出来ってところだ。

甘粕 そうだね。おまけに今年はモーリスが秋の天皇賞で2000mを克服、ここはラストランなのでメイチの仕上げでくる。天皇賞の後、マイルかカップか直前まで明らかにしなかったのはライアン・ムーアが乗れるどうか、返事を待っていたんだ。

文傑 それは心強いね。ライアンが乗るんならモーリスは不動の軸馬だよ。相手も日本馬で仕方ないね、エイシンヒカリは去年の香港カップ勝馬だし、今回もハナを切って逃げればモーリスを負かせるんじゃないか?

甘粕 去年は人気薄だったから、あの芸当もできたけど、今回はモーリスにライアン。そうは問屋が卸さないだろう。ただ、この馬もラストランでメイチの仕上げ。日本の超高速馬場では時計が一つか一つ半足りない馬だが、同じオーナーのエイシンプレストンのようにここの馬場が抜群に合う。ただ、1着以外は馬券にならない馬だから、そこが要注意だよ。

文傑 単勝を買って見てればいいってことか。モーリス頭のヒモには考えにくいんだね。

甘粕 そう。日本勢の相手には既に香港で経験があるステファノスラブリーデイクイーンズリングは外枠を引いたのが痛いね。香港勢では何がおすすめ?

文傑 ブレイジングスピードだね。2000mでは11戦して3着以内が6回と安定感抜群。去年の香港カップだっていいレースをしている。香港勢で先着するのは間違いなくこの馬だ。

甘粕 T.クルーズ調教師も自信満々だったよ。トライアル勝ちのシークレットウェポン、ホースオブフォーチュンはどうだろう?

文傑 ハンディキャップホースというか、国際G1の定量戦で戦うにはまだ力が足りないんじゃないか?

甘粕 ここはモーリスから大勝負かけてみたい。1着固定の3連単でもいいと考えている。ルーラーシップのクイーンエリザベスII世カップの時よりも自信あり、だな。


「当てるぞ〜」シャティン競馬場で決意のガッツポーズを決める文傑氏(写真・右)と甘粕氏

★12/10(土)22:15より文傑、甘粕両氏が現地メディアracing.dimbo.tvに生出演!
こちらからご覧いただけます(外部サイトへ移動します)

★今回登場した文傑(ぶん・けつ)氏が香港国際競走で海外プロとして電撃デビュー!
文傑氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。

★日本と香港を股にかけて活躍する甘粕代三(あまかす・だいぞう)氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。


登録済みの方はこちらからログイン

エイシンプレストンの口コミ


口コミ一覧

☆香港マイル(結論)☆

 ユウキ先生 2016年12月11日() 14:25

閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 3

香港マイル!!

過去にはエイシンプレストンやハットトリックが勝利し、昨年もモーリスが快勝しています(*^-^*)

今年も日本による連覇が期待されます☆

◎ネオリアリズム

○サトノアラジン

この2頭の上位争いに注目します(*^-^*)

エイシンプレストンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

エイシンプレストンの写真

投稿写真はありません。

エイシンプレストンの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

エイシンプレストンの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。