ダイアトニック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年5月12日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者酒井牧場
生産地浦河町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金1,530万円
収得賞金900万円
英字表記Diatonic
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
トゥハーモニー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアレジェーロ
兄弟 レオプライムコンコード
前走 2018/05/27 3歳500万下
次走予定

ダイアトニックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/27 京都 5 3歳500万下 芝1400 168152.311** 牡3 56.0 北村友一安田隆行468(0)1.21.4 -0.534.7キャッチミーアップ
18/02/17 東京 6 3歳500万下 芝1600 15472.314** 牡3 56.0 C.ルメー安田隆行468(0)1.34.9 0.334.6⑤④ハーレムライン
17/12/16 阪神 5 2歳新馬 芝1600 13222.921** 牡2 55.0 C.ルメー安田隆行468(--)1.36.6 -0.033.6⑦⑪カンタービレ

ダイアトニックの関連ニュース

 2月17日の東京6R(3歳500万下、芝1600メートル)は、大野拓弥騎手騎乗の3番人気ハーレムライン(牝、美浦・田中清隆厩舎)が2番手追走から抜け出し後続の追撃を振り切った。タイムは1分34秒6(良)。

 3/4馬身差の2着には先行粘り込んだアイスフィヨルド(6番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に追い込んだファストライフ(9番人気)。1番人気のダイアトニックは好位から伸びたが4着。

 ハーレムラインは、父マンハッタンカフェ、母マクリス、母の父グルームダンサーという血統。通算成績は6戦2勝。

 ◆大野拓弥騎手(1着 ハーレムライン)「除外で1週延びたことでカリカリした部分はあったけど、競馬ではスムーズに走ってくれましたね。牡馬相手によくがんばってくれました」



★17日東京6R「3歳500万下」の着順&払戻金はこちら

【2歳戦結果】マイネルキャドー、ひいらぎ賞V 2017年12月17日() 05:01

 【中山】9Rひいらぎ賞(500万下、芝・外1600メートル)=マイネルキャドー(美・矢野、牡、父ディープブリランテ)

 ◆柴田大騎手 「能力はあるが、テンションが高くなる面もあるので、これからいろいろ教えていかないと」

 5R新馬(芝・内1800メートル)=イェッツト(美・金成、牡、父カンパニー)

 ◆和田騎手 「聞いていたよりも乗り味がいい馬でした。道中フワフワしていたところがありましたが、抜け出してからが速かったですね」

 6R新馬(ダ1200メートル)=スーパーアキラ(美・矢野、牡、父ヨハネスブルグ)

 ◆C・デムーロ騎手 「芝とダートの切れ目でジャンプしていたように、子供っぽいところはあるが、スピードがあるし、直線ももうひと伸びしてくれた。ダートも合っている」

 【阪神】9Rさざんか賞(500万下、芝・内1200メートル)=アンフィトリテ(美・宗像、牝、父ロードカナロア)

 ◆ルメール騎手 「ラスト200メートルからの瞬発力がすごかった。馬の間を抜けるという経験もできたし、内容のある勝ち方だった。現状で距離は1400メートルなら大丈夫でしょう」

 5R新馬(芝・外1600メートル)=ダイアトニック(栗・安田隆、牡、父ロードカナロア)

 ◆ルメール騎手 「3コーナーでスペースが狭くなって後退したが、それでもリラックスしてラストまでよく伸びた。ポテンシャルが高い」

 6R新馬(ダ1200メートル)=クリノイダテン(栗・谷、牡、父ヨハネスブルグ)

 ◆福永騎手 「思ったよりもペースが流れたので、好位のインにつけました。それでも躊躇(ちゅうちょ)せずに対応してくれたし、クラスが上がっても大崩れはなさそうです」

 【中京】10Rつわぶき賞(牝馬500万下、芝1400メートル)=アンコールプリュ(栗・友道、父ディープインパクト)

 ◆藤岡康騎手 「ゲートの出がもうひとつでしたから、じっくりと構えていきました。期待通りの走りを見せてくれました」

 5R新馬(ダ1800メートル)=コスタネラ(栗・大久保、牝、父ステイゴールド)

 ◆浜中騎手 「緩急が必要とされる流れでも、うまく対応してくれました。強い内容でした」

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R ダイアトニックが大外強襲! 2017年12月16日() 12:42

 12月16日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1600メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気ダイアトニック(牡、栗東・安田隆行厩舎)が大外一気の差し切り勝ち。タイムは1分36秒6(良)。

 ハナ差の2着には好位追走から直線半ばで抜け出したカンタービレ(3番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着に好位から伸びたミッキードーヴィル(4番人気)。

 ダイアトニックは、父ロードカナロア、母トゥハーモニー、母の父サンデーサイレンスという血統。半兄レオプライムは2012年京王杯SC・GIIの2着馬。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ダイアトニック)「1コーナーでスペースがなくなって、位置取りが悪くなってしまったんですが、取り乱すことなく、落ち着いて走れていました。直線もよく伸びていたし、ポテンシャルの高い馬で、走ってきそうです」

★16日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】ダイアトニック2017年12月15日(金) 05:00

 6日に栗東CWコースの3頭併せで6ハロン79秒9-11秒8の好時計。朝日杯FSに出走するダノンスマッシュには1馬身遅れたが、馬なり調教で内容自体は悪くなかった。このひと追いで機敏さが伴い、13日にはCWコースで5ハロン69秒8-11秒7をマーク。安田隆調教師も満足げで「上がり重点でしたが、動きはよかった。カナロア産駒らしく、おとなしくいい走りをする」と評価した。ここにも父の名を高める孝行息子が登場しそうだ。

[もっと見る]

ダイアトニックの関連コラム

関連コラムはありません。

ダイアトニックの口コミ


口コミ一覧

楽しみなダービー

 メルモちゃん 2018年5月24日(木) 18:26

閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 19

早いものでいよいよダービーです^^
今年は愛馬のおかげでより楽しみなダービーになりました。

今週の愛馬は・・・

期待のダイアトニックが500万下
ノストラダムス、リビーリングも条件戦勝ち上がりを目指します^^

そしてダービー

まさかのテイオーエナジーが参戦で・・・
ブラストワンピース、コズミックフォースと
サイトは違いますがグレイルの含め4頭もダービーに出走です^^

個人的にはブラストワンピース、グレイルで勝負になると冷静に考えています。
今でもブラスト、グレイルが世代トップレベルだという考えは揺るぎません^^
馬券もこの2頭で勝負に出るつもりです。

ブラストワンピースが強いと世間でも認知され人気になってしまいましたが・・・
グレイルはまだまだ評価が低いので助かります^^
ブラストは勝ち負け、グレイルは3着までに必ず入ります。
こんな妄想をしながらレースまで楽しむつもりです^^

ダノンプレミアム、ワグネリアン、皐月賞馬と
既成勢力に返り討ちにあうか楽しみにしています^^

みなさんで好レースを期待して楽しみましょう^^

みなさんの妄想軸馬は決まりましたか^^
どしどし今年のダービ馬を教えてくださいね^^

 正義の魂 2018年2月17日() 14:17
ありがとうピックミータッチ
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

東京6Rの、ダイアトニックの複勝で損失したお金を、
いましがた終わった、東京8Rの、ピックミータッチの
複勝(単勝を買えなかったのは弱かったが)で、
倍にして取り戻させてもらった。

このレースで分かったことは、芝を使って、
人気で負けた馬が、減量騎手でダートを
使ってきたときこそ、陣営の勝負レース、
ということである。

ピックミータッチは、スタートで大出遅れしたが、
3コーナーあたりで、一気にまくっていき、
4コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切ると
いう、強い勝ち方であった。

やはり競走馬は、ダートしか使っていない馬でなく、
芝を使ってきた馬こそ、真の強い馬に
なれるということが、はっきりと
分かった一戦であった。

今日、ピックミータッチと同厩で、惨敗した
フラットレーも、芝では限界なのであることが
はっきり分かったのであるから、ダートに
転戦させたらどうであろうか。

[もっと見る]

 マリオおっさん 2017年12月18日(月) 08:00
独断レース回顧(12/16版)
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 0

阪神
1R→この距離らしいペース。結果は行った行った決着になった。最後に迫ってきた3・4着馬は上位2頭と同じぐらいの評価はできそう。その下は少し力差がありそう。
2R→遅めのペース。早めに動いたゴッドスパロウが少し力の違う走りだった。2着のニホンピロレスターは仕掛けを遅らせたのが好走の要因か。3着以下は少しレベルが下がるか。
3R→ここも遅めのペース。逃げたフリーダムソートはよく粘ってはいたが、切れ者2頭と好位の馬に差された。内容的にも上位2頭が上手だったか。ネプチュナイトも最後は脚を使っており、展開次第で浮上。
4R→2・3レースに続いて遅めのペース。着差通り3着までが抜けていたが、この3頭は位置取りの差が大きく、ほとんど差はないか。
5R→新馬戦らしいスローペース。人気のプレヒストリーも悪くない脚で追い上げていたが、勝ったダイアトニックが強かった。4着までは次も十分勝ち負けか。
6R→スタートがバラバラ。(1・2・6・14番あたりが出負け)そしてペースはそこそこ早め。勝ったクリノイダテンは好位から抜け出す競馬。展開的には5着のアメリカズハートとともに悪くはないか。ただ、メンバーレベルが高いとは言えないか。
7R→ハイペース。早めに抜け出したラインフォールは展開的に苦しかったか。勝ち馬は昇級してもそこそこは通用するか。ジオラマは鞍上が強化されてから好走しているが、馬自体が強いかは別。
8R→ミドルペースか。ゲートで落馬したコウザンアプローチが直線でふらふらして1枠2頭は少し影響を受けた。(ちなみにカラ馬は2着でゴール)ネクストムーブ以外の上位はカラ馬がいなければ順番が変わっていたかも。
9R→この距離としてはそこまで早くないペース。ゴールは大混戦になったが、アンフィトリテが着差以上に強かった。ただ、メンバーレベルがそこまでない感があるだけに上のクラスではさらなるパフォーマンスアップが必要か。
10R→ミドルからやや遅めのペース。負けはしたが、ロードアルペジオが一番強い競馬。ただ、レースレベルはどうなのか。
11R→前半のほうが遅いオープンとしてはスローペース。ペース通りほぼ前残りだった。アットザシーサイドは1200のオープンで通用しそうな内容だったが、レースレベルがやや疑問。
12R→やや遅めのペース。この展開で差し切ったトレクァルティスタは好内容。ただ、メンバー的にはレベルが低そう。
中山
11R→ターコイズS。遅めのペース。ゴール前はハンデ戦らしく横一線になった。次走の取捨はハンデと位置取りを見て。(重賞にしてはそこまでなメンバー)
まとめ:レベルに疑問符が付くレースが多かった。

[もっと見る]

ダイアトニックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイアトニックの写真

投稿写真はありません。

ダイアトニックの厩舎情報 VIP

2018年5月27日3歳500万下1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアトニックの取材メモ VIP

2018年5月27日 3歳500万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。