小倉大賞典2017

2017年2月19日(

小倉大賞典 G3

小倉競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜小倉大賞典2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第51回小倉大賞典(19日、小倉11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)武士沢友治騎乗の4番人気マルターズアポジーが、鮮やかに逃げ切って重賞2勝目を挙げた。タイム1分45秒8(良)。2着はヒストリカル、3着はクラリティスカイ。1番人気のストロングタイタンは5着だった。

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー1着) 「向こう正面でうまくハミが抜けたし、前回は有馬記念(15着)に使ったほどの馬ですから。小倉の初勝利が重賞ですから、本当にうれしいです」

 ◆高倉騎手(ヒストリカル2着) 「強い競馬はしてくれているんですが、器用さがない。これが精いっぱい」

 ◆田辺騎手(クラリティスカイ3着) 「(57・5キロの)ハンデを背負ってこの速い流れでは…」

 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール4着) 「無理をせず3番手から。ラストまでしっかり伸びて、力を付けています」

 ◆北村友騎手(ストロングタイタン5着) 「4コーナーで少し窮屈になり、直線も右にモタれてスムーズな競馬ができませんでした」

 ◆浜中騎手(フルーキー6着) 「この馬なりに最後はきているんですが」

 ◆フォーリー騎手(ベルーフ12着) 「いい展開だと思ったが伸び切れず。敗因がよく分からない」

 ◆松山騎手(パドルウィール15着) 「小回りのペースは向かない感じ」

 ◆柴田大騎手(マイネルハニー16着) 「3コーナーで一杯に。こんなに負ける馬ではないのですが」

★19日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

【小倉大賞典】マイネルハニー16着、豪州遠征は流動的2月20日(月) 05:02

 第51回小倉大賞典(19日、小倉11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)小倉大賞典で16着に敗れたマイネルハニー(美・栗田博、牡4)は、プランにあった豪州遠征が流動的となった。ランドウィック競馬場のGI、ドンカスターマイル(4月1日、芝1600メートル)とクイーンエリザベスS(4月8日、芝2000メートル)に予備登録しているが、栗田博調教師は「こんな負け方をしたので馬をしっかりチェックする必要がある。遠征はオーナーサイドが決めることなので、私は何も言えません」と語った。

★19日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉大賞典】マルターズアポジーが逃げて重賞2勝目 2月19日() 15:28

 2月19日の小倉11Rで行われた第51回小倉大賞典(4歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、武士沢友治騎手騎乗の4番人気マルターズアポジー(牡5歳、美浦・堀井雅広厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分45秒8(良)。マルターズアポジーは重賞初勝利となった福島記念も逃げ切り勝ち、前走の有馬記念(15着)でも果敢な大逃げを打ってスタンドを沸かせた。

 2馬身差の2着には中団追走から大外を追い込んだヒストリカル(8番人気)、さらにクビ差遅れた3着に好位から脚を伸ばしたクラリティスカイ(5番人気)。1番人気のストロングタイタンは6番手追走から直線伸びを欠いて5着に敗れた。

 小倉大賞典を勝ったマルターズアポジーは、父ゴスホークケン、母マルターズヒート、母の父オールドトリエステという血統。北海道新冠町・山岡牧場の生産馬で、馬主は藤田在子氏。通算成績は19戦7勝。重賞は2016年福島記念・GIIIに次いで2勝目。小倉大賞典は、堀井雅広調教師、武士沢友治騎手騎手ともに初優勝。

 ◆武士沢友治騎手「同じタイプが何頭かいましたが、初速が速く自分の形に持ち込めました。少しハミをかむところはあったけど、いい形で運べましたし、有馬記念がいい糧になったと思います。思った以上にテンションが高かったんですが、馬の力を信じていました。“後ろから来ないでくれ”と思っていました。ここにきての成長は目を見張るものがあります」

 マルターズアポジー(牡5歳、美浦・堀井雅広厩舎)の小倉大賞典制覇は、1974年にノボルトウコウが制して以来、43年ぶり通算2回目の関東馬の勝利。また、530キロでの勝利は小倉大賞典における最高馬体重勝利。

★19日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉大賞典】攻め絶好!ヒストリカルの一発 2月18日() 11:46

 古豪ヒストリカルが元気いっぱいだ。チャレンジC以来2カ月ぶりだが、ここ3週の坂路の動きには目を見張るものがある。

 2日は4F51秒1、ラスト1F12秒7でクランモンタナと併入。8日は馬なりのまま52秒2、12秒1でミッキーロケットに半馬身先着。15日も馬なりで51秒3、12秒2を叩き出しクランモンタナに1馬身先着と、非の打ちどころがない内容だ。

 「攻めの動きからも分かるように、状態はすごくいい。脚質的に流れ次第の面はあるけど、はまればと思っている」と、音無調教師も一発を期待している。前走もしんがりから最速の上がりで0秒2差6着とらしさは見せた。小回りで直線の短い小倉なら超スローの流れは考えにくく、ベテランの大逆転が決まる。(夕刊フジ)

小倉大賞典の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】追って一言2月16日(木) 05:01

 ◆クランモンタナ・音無師 「順調。小倉との相性はいい。ただ、夏の方が向いている感じ」

 ◆ケイティープライド・角田師 「しっかり乗り込んできて体も息もできている」

 ◆ストロングタイタン・池江師 「攻めの動きは今回も良かった。小倉(3戦3勝)は合うので改めて」

 ◆スピリッツミノル・本田師 「今まで併せて先着することはなかったのに、上々の動きで先着。やる気が出てきている」

 ◆ダコール・中竹師 「今回は動きも良かった。良馬場でスローにならない競馬が理想」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「動きは抜群。ベストの平坦1800メートルで見直したい」

 ◆パドルウィール・中尾師 「最近は粘りが出て調教も力強い。前走はGIIで2着に好走したし、ここでも楽しみ」

 ◆ヒストリカル・音無師 「具合はすごくいい。差し一手だから展開がはまらないとね」

 ◆フルーキー・辻野助手 「今はマイルより長めの距離が合いそう。追うごとに気持ちも乗ってきている」

 ◆ベルーフ・池江師 「攻めは動かないが、ここ2週は形になっている。差しが決まる流れなら」

 ◆マイネルハニー・柴田大騎手 「先週びっしりやっているので息を整える程度で十分。すごくいい状態で臨める」

 ◆レッドソロモン・庄野師 「先週、今週としっかり追った。ゲートと位置取りが鍵」

 ◆ロードヴァンドール・昆師 「体も気力も充実している今だからこそ、重賞にぶつけてみたい」

[もっと見る]

【小倉大賞典】レース展望 2月14日(火) 17:59

 冬の小倉開催のメインイベントである、名物のハンデ重賞・小倉大賞典(GIII、芝1800メートル)が19日に行われる。過去10年で1番人気馬は1勝、2着2回と苦戦していて、穴党向けのレースだ。

 ただ、1番人気馬の信用度は低いものの、トップハンデ馬は4勝、2着3回と活躍している。今年のトップハンデはダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡9歳)。2着だった昨年と同じ58キロだ。小倉は【2・3・1・3】と相性がいいが、近走は新潟記念16着、マイルチャンピオンシップ14着、日経新春杯13着と精彩を欠く。さすがに9歳馬に一変を望むのは酷かもしれない。

 これに続く57.5キロがフルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)。小倉は3歳夏のタイランドC快勝以来だが、当時は本格化前ながら好タイムで力強い内容だった。重賞であとひと押し足りない面をコース適性で補えれば、チャンスが出てくる。

 同じ57.5キロがGIウイナーのクラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)。NHKマイルC勝ちの後、長いスランプに陥っているが、最近は中山金杯2着など復調気配を感じさせている。特にその中山金杯は、早めの競馬で粘っていたように小回り向きの走り。前走のアメリカジョッキークラブC(10着)は1コーナーと4コーナーで2度ごちゃつき、内枠がアダになった印象で、度外視していいだろう。スムーズなら巻き返せる。

 クラリティ以外にも、今年は関東から面白い馬がエントリーしている。マルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡5歳)は、福島記念を54キロで逃げ切り勝ち。さすがに有馬記念は相手が強すぎたが、果敢にハナを切ってみせた。テンのスピードは一級品。楽にマイペースで運べれば、あっさり逃げ切る可能性も十分にある。問題は福島記念より2キロ重い56キロのハンデと、ダノンメジャー(栗東・橋口慎介厩舎、牡5歳)=55キロ、ロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡4歳)=54キロ=といった逃げ馬の存在だろう。ハナを譲ったことがないマルターズも含めた先行争いが激化するようなら、差し馬台頭のシーンも頭に入れておきたい。

 チャレンジCを55キロで勝ったマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)も近走の充実ぶりが目立つ関東馬。今回と同じ56キロだった京都金杯でも、エアスピネルから0秒4差の5着に健闘している。相手関係は楽になるだけに、十分、勝負になるだろう。

 強い4歳世代では、小倉3戦3勝のストロングタイタン(栗東・池江泰寿厩舎、牡)=54キロ=が侮れない。2番人気に支持された中山金杯は9着に敗れたが、重賞初挑戦で0秒8差と、悲観する内容ではなかった。先週の小倉でJRA通算500勝を達成した北村友一騎手との新コンビも興味深い。同じ池江厩舎のベルーフ(牡5歳)も、小倉記念で2年連続2着とコース適性はばっちり。こちらは57キロで、シェーン・フォーリー騎手が騎乗する。

 格上挑戦の金鯱賞ヤマカツエースのクビ差2着に好走したパドルウィール(栗東・中尾秀正厩舎、牡6歳)も充実一途。小倉は1度しか経験していないが、ハナ差2着なら不安は感じられない。55キロのハンデはやや見込まれた印象だが、手の合う松山弘平騎手とのコンビで重賞初Vを狙う。

 他では軽ハンデで良績を残しているケイティープライド(栗東・角田晃一厩舎、牡7歳)=52キロ=が、引き続き軽量で注目される。函館記念2着、チャレンジC3着と重賞勝ちに手が届くところまできており、【1・1・0・2】の小倉なら一発があっても不思議はない。

 古豪ヒストリカル(栗東・音無秀孝厩舎、牡8歳)=57キロ=や、出負けした札幌記念以外は近況の充実ぶりが目立つレッドソロモン(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)=56キロ=もマークは必要だろう。ハンデ戦らしく、目移りする顔触れで馬券的にも難解な一戦となりそうだ。

小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 3,154ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年02月18日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【前走の距離別成績(2016年)】
●1600m未満 [0-0-0-8](複勝率0.0%)
●1600m以上 [1-1-1-7](複勝率30.0%)
→京都芝1400m外で施行された昨年の京都牝馬ステークスは、前走で1600m以上のレースに出走していた馬が上位を独占。また、1〜3着馬の馬番はいずれも10番から外でした。ちなみに、同じ京都芝1400m外で施行されたスワンステークスやファンタジーステークスも、2012〜2016年に限ると前走が1400m以下のレースだった馬や内寄りの枠に入った馬は苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1400m外×ステイゴールド×無条件
→複勝率8.3%、複勝回収率16%


▼2017年02月18日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

⇒もっと見る

閲覧 41ビュー

想定11番人気。鞍上 太宰

アポジーついでに紹介。初G1ということで鼻きれたらそれで役割は達成されると思ってる。なので必然的にハイペースで予想をし無印予定ではあるが。

金鯱賞 1分59秒2
ラップ 12.6 - 11.3 - 12.6 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.8
ペース 12.6 - 23.9 - 36.5 - 48.7 - 60.4 - 72.1 - 84.1 - 96.0 - 107.4 - 119.2 (36.5-35.1)

時計は早い時計がでたが、ペースはスローペース。すんなり鼻とれたことも大きく48,7−47,1のペースで2着。このペースは今回参考にする部分が少ないがバランスのとれたラップペースになって自分で作るペースなれば瞬発力勝負の馬に対しても残る力はあるのだろうと思う。。G1だと48秒ペースならば大体45秒と極端な後傾ラップになるのでそうなると出番はなくなる。これでもヤマカツエースにあっさり抜かれたのだから本番はもっと厳しいと思うけどね。

小倉大賞典
ラップ 12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9
ペース 12.2 - 23.3 - 34.8 - 46.2 - 57.6 - 69.3 - 81.0 - 92.9 - 105.8 (34.8-36.5)

このレースが本当に強いと思ったレース。大外枠から先手争いに負けてしまったがそれでもマルターズアポジーのつくった消耗ラップによく最後までくらいついたなと思う。ポテンシャルを問われるレースなるとこの馬の強さがみえた。

今回
 案外、自分で作るペースよりキタサンブラックの作るペースに合わせてポテンシャル戦になったほうが結構やれるのではないかなと思い正直怖い面はある。小倉大賞典でもポテンシャル面はみられたけど結局は4着と差されてしまってるのでG1で通用する力はないとはおもってるが、万が一キタサンの後ろにいて勝つ競馬されたときに限り着順上位にいそうな馬だなと思う。
 ただこの馬自身初G1だし期待してることは勝つ競馬されるより今までも1番手とって勝ってきたのだからその乗り方に尊重し先手争いに必死に加わることが最大役割と思ってるので無印。それで馬券に残られたら力ある馬なのだろう。

トーホーアマさん 3月28日(火) 11:07
大阪杯〜マルターズアポジー〜 
閲覧 38ビュー

想定8番人気。鞍上 武士沢

THE1800mって典型馬だなって感じはする。2011年に近づくラップになってくるならば、出走してほしい。ただキャプテントゥーレとの違いは2000mの持ち時計がないことが最大の違いになるのだろう。

福島記念 2分00・8秒
ラップ 12.3 - 11.3 - 12.0 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.6 - 11.5 - 12.8
ペース 12.3 - 23.6 - 35.6 - 48.4 - 61.0 - 73.1 - 84.9 - 96.5 - 108.0 - 120.8 (35.6-35.9)

馬場は時計掛かってたものの48,4−47、7秒とスロー。3コーナーからペースあがてきて後ろの馬がついてこれず結局差してきたのはゼ―ヴントだけどそれでも届かないレース。2000mの理想はスローからのロングスパートという理想的な展開になれば可能性はあるが・・斤量54キロの分もふまえれば心もとない。

小倉大賞典
ラップ 12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9
ペース 12.2 - 23.3 - 34.8 - 46.2 - 57.6 - 69.3 - 81.0 - 92.9 - 105.8 (34.8-36.5)

福島記念とは一転消耗戦ラップに持ち込んで完勝したレース。ここで新たな1面は見れた気がする。46.2−48,2とこのラップが2000mでも刻めるようなればキャプテントゥーレになりえるのかもしれないがこの馬にとって1ハロン伸びると、パフォーマンスが落ちちゃうんだろう。けどこのレースも最後の直線みるとマルターズアポジー自身もばててるようにみえるし、対戦相手に恵まれた感じもする。

秋風S 1600m
ラップ 12.3 - 11.5 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 11.3 - 11.6 - 12.0
ペース 12.3 - 23.8 - 35.7 - 47.2 - 58.7 - 70.0 - 81.6 - 93.6 (35.7-34.9)

中山マイルながら入りは35,7秒とスロー気味。一応ここ数年のダービー卿みると入り 35前半ー34前半要求されるレースになるし、今年のダービー卿のメンバーも結構粒ぞろいなのでもう一つスピードをあげれるか鍵になりそう。


今回
大阪杯出走想定するとなると、逃げにこだわるとまず目はないだろうと思う。どんなペースであれ逃げれたとしてもコース体系的に必然的にペースが3コーナーからはっきりわかるコース形態しているし何より2000mとなると持ち時計の面で寂しい。番手に控える競馬もすると思えないしそうなるとキレ負け。小倉大賞典みたいな消耗ラップ刻んでもやっぱり1ハロン長いかなと思う。ただ出ると出ないとでは展開面でかなり影響ある馬には違いない。この馬がでたおかけで展開向く馬もいれば出ないほうが展開向く馬はいるだろう。

ダービー卿のが結構チャンスがあるようにみえ、逃げ馬がアポジー、マイネルアウラートあたりが行くのだが、アポジーが小倉大賞典でみせた前半から消耗線ラップ刻ムペースをだせれば番手につく馬次第ではチャンスの芽は出てくるのではないかなと思う。ただ、秋風よりもう1つスピードをあげてかないと1600mでは難しい。

騎手の腕の部分に左右されやすい馬で現状武士沢があってるので、良い成績につながってる思う。この馬自体はスローから入り長く脚が使えるタイプなので1600mは前半早いタイム対応できるか、2000mなるとキレ負けイメージ。前半―後半ペースのバランスの取れてる1800mがベスト何だろうと思えば頷ける。大阪杯は目なし、ダービー卿なら印を打ちたい1頭。

[もっと見る]

いぞうさん 3月25日() 16:43
高松宮記念 G1 出目考察 パート2
閲覧 51ビュー

前日出目が出ました。
一気に出目がスッキリしましたね^^
一番来て欲しかった出目が示現してくれたと思います^^

★G1出目・・・・・・・・・03-09-10
 フェブラリーSの出目です。有馬記念からの連チャンはありません。
 フェブ→高松宮の連チャン率は60%と高いです。
 また、連チャンした出目は年間を通して高示現しています。


★同レース出目・・・・・・・・04-06-08
 4レース連チャン否定後、2015-2016で「04」が1着2連チャン中です。
 その前の連チャンが2011年の「04」でした。
 「04」は示現率の高い出目ですが、このレースは3連チャン以上の爆連は過去にありません。


★前日メイン出目・・・・・・09-02-06
 「09」が3連チャンの絶好調出目です!


★連動レース出目・・・・・・・02-01-11
 小倉大賞典の出目と5年連続連動中!



〜激アツ出目〜
◎=09
○=06
▲=02


〜注意〜
出目の抽出には万全を期しておりますが、最終的には僕の好きな数字を選んでいたりますw
新月・満月の日、皆既月食・日食の日、彗星・流星群が観測される日、大安吉日、ゾロ目の日のご利用をお薦めいたします。

[もっと見る]

いぞうさん 3月23日(木) 11:09
高松宮記念 G1 出目考察 パート1
閲覧 38ビュー

いよいよ高松宮記念です!
出目ソースは全て揃っていませんので、土曜日のメイン出目確定後に最終判断となります。
抽出出目は見事にバラバラですが、前日出目の出方で激アツ出目抽出となりそうです。


★G1出目・・・・・・・・・03-09-10
 フェブラリーSの出目です。有馬記念からの連チャンはありません。
 フェブ→高松宮の連チャン率は60%と高いです。
 また、連チャンした出目は年間を通して高示現しています。


★同レース出目・・・・・・・・04-06-08
 4レース連チャン否定後、2015-2016で「04」が1着2連チャン中です。
 その前の連チャンが2011年の「04」でした。
 「04」は示現率の高い出目ですが、このレースは3連チャン以上の爆連は過去にありません。


★前日メイン出目・・・・・・?-?-?
 3/25中京のメインの結果待ちです。


★連動レース出目・・・・・・・02-01-11
 小倉大賞典の出目と5年連続連動中!

さあ、大変です。
綺麗に出目がバラけてしまいました。
全ての出目を番号順に並べると・・01-02-03-04-06-08-09-10-11です。
こういったパターンは歯列矯正出目で狙うのが僕流です。
歯抜けとなっているのは・・・「05」「07」です。
まずはこの2つの印は確定です。

フェブラリーSからの引っ張り率の高さから「03」「09」「10」の中からもピックアップする必要があります。
それは前日メイン出目が確定してから検討します。

なお、前日メイン出目は「09」が連チャン中で、1着連チャンは15レース否定中です。
「13-09-03」の出目から1着出目が示現する確率が理論値で83.3%あります。
「03」「09」が示現すればG1出目とも被るので歯列矯正を無視して激アツ出目抽出となりそうです。


〜注意〜
出目の抽出には万全を期しておりますが、最終的には僕の好きな数字を選んでいたりますw
新月・満月の日、皆既月食・日食の日、彗星・流星群が観測される日、大安吉日、ゾロ目の日のご利用をお薦めいたします。

[もっと見る]

あらすぺさん 3月12日() 21:52
ひとり反省会 金鯱賞
閲覧 15ビュー

先週からスランプである。
いやもっと前からかもしれない。

そのスランプからようやく脱出できそうである。
この土日にあった重賞のうちフィリーズレビューと中山牝馬ステークスは、
守りに入った馬券とはいえ当たったのでよしとする。これをきっかけに調子を上げていきたい。

問題は今回から開催時期が変わった金鯱賞である。

本命はヤマカツエースにした。
有馬記念で4着になったものの勝ち馬に0.3秒差に迫ったことを高く評価したものである。
ヤマカツエースは去年の秋の天皇賞まではパッとしなかったのに、
前回の金鯱賞から急に本格化したように思う。

対抗はステファノスにした。
これは同じ2000mで行われた秋の天皇賞をものさしにしたからである。
モーリスが1着でステファノスは3着で0.4秒差である。
ちなみに同じく出走したルージュバックは7着(8着)、ヒストリカル8着(14着)、サトノノブレス10着(11着)、ヤマカツエース15着(1着)である。 ※ ()内が今回の着順

3番手はプロディガルサンにした。
前走の東京新聞杯でエアスピネルにより先着し勝ち馬にクビ差の2着だったからである。

今回は難解だったが、あとでよく見たらどうして気がつかなかったのだろうと思うことはある。
まず2着のロードヴァンドールだが逃げるか先行するかで安定してよい成績を収めている。
問題は前走の小倉大賞典をどう評価するかである。
私はローカルのハンデ重賞だったこともあり重視していなかったが、それがまずかった。
マルターズアポジーが逃げて強い競馬をし、0.3秒差の2着につけたことが見えていなかった。

それから3着のスズカデヴィアスである。
前走の白富士ステークスでは1着になっているが、
注目すべきは2着がこの前の中山記念で2着につけたサクラアンプルールだということだ。
これは馬柱をよく見ていたら気づいていたはず。

重賞レースの常連を意識しすぎなのかもしれない。
過去のレースでの相手関係と強さの比較をしっかりしておかないと肝心なことを見過ごしてしまいそうである。

メモ:金鯱賞の「鯱」の字は「しゃちほこ」で変換すると出てくる。

[もっと見る]

浪花のクマさん 3月10日(金) 23:12
第53回 金鯱賞 最終決断
閲覧 33ビュー


金鯱賞(G供

◎ ロードヴァンドール
○ ステファノス
▲ ヤマカツエース
△ ルージュバック
△ プロディガルサン
☆ フルーキー


逃げて良し、番手に構えても・・のロードヴァンドール
を狙う、前走小倉大賞典 は、ハイペースの競馬、
先行勢で最後まで上位争い、相手関係は強力
だが、ここでも面白い・・

馬単マルチ
◎⇒○▲△△☆

[もっと見る]

●小倉大賞典 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜小倉大賞典2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 4 7 94.9 マルターズアポジー 牡5 56.0 武士沢友 堀井雅広 美浦 530(-6) 7.8 4 1.45.8
2 7 14 98.5 ヒストリカル 牡8 57.0 高倉稜 音無秀孝 栗東 458(-2) 14.8 8 1.46.1
3 6 11 96.2 クラリティスカイ 牡5 57.5 田辺裕信 斎藤誠 美浦 504(+4) 9.7 5 1.46.2 クビ
4 8 16 93.6 ロードヴァンドール 牡4 54.0 太宰啓介 昆貢 栗東 500(-2) 26.8 11 1.46.2 クビ
5 1 2 94.1 ストロングタイタン 牡4 54.0 北村友一 池江泰寿 栗東 530(+6) 4.9 1 1.46.3 クビ
6 6 12 98.9 フルーキー 牡7 57.5 浜中俊 角居勝彦 栗東 504(+14) 10.6 6 1.46.3 クビ
7 1 1 93.4 レッドソロモン 牡5 56.0 加藤祥太 庄野靖志 栗東 480(-6) 34.6 12 1.46.6 1 1/2
8 7 13 93.1 スピリッツミノル 牡5 55.0 吉田隼人 本田優 栗東 496(-6) 50.6 13 1.46.7 3/4
9 2 4 96.3 コスモソーンパーク 牡9 55.0 丹内祐次 池上昌弘 美浦 488(-4) 113.5 16 1.47.0 1 3/4
10 8 15 97.8 ダコール 牡9 58.0 丸山元気 中竹和也 栗東 468(-20) 55.5 14 1.47.0 アタマ
11 2 3 96.4 ダノンメジャー 牡5 55.0 小牧太 橋口慎介 栗東 492(+4) 18.5 10 1.47.0 クビ
12 4 8 98.1 ベルーフ 牡5 57.0 S.フォー 池江泰寿 栗東 492(0) 5.5 2 1.47.0 ハナ
13 3 5 96.0 クランモンタナ 牡8 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 480(-2) 71.9 15 1.47.1 1/2
14 5 10 96.2 ケイティープライド 牡7 52.0 鮫島克駿 角田晃一 栗東 492(-4) 17.8 9 1.47.7 3 1/2
15 5 9 94.5 パドルウィール 牡6 55.0 松山弘平 中尾秀正 栗東 498(+8) 11.2 7 1.47.8 3/4
16 3 6 97.6 マイネルハニー 牡4 56.0 柴田大知 栗田博憲 美浦 480(+6) 6.6 3 1.47.9 1/2
ラップタイム 12.2-11.1-11.5-11.4-11.4-11.7-11.7-11.9-12.9
前半 12.2-23.3-34.8-46.2-57.6
後半 59.6-48.2-36.5-24.8-12.9

■払戻金

単勝7 780円 4番人気
複勝7 320円 4番人気
14 390円 7番人気
11 350円 5番人気
枠連4-7 2,220円 10番人気
馬連7-14 9,790円 44番人気
ワイド7-14 3,500円 47番人気
7-11 1,990円 25番人気
11-14 3,070円 45番人気
馬単7-14 14,190円 63番人気
3連複7-11-14 34,780円 132番人気
3連単7-14-11 141,970円 557番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
詳しくはこちら

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜小倉大賞典2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
2月19日の勝ち組
2/19 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 小倉大賞典
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 キン肉アタル キン肉アタル Lv 83 5% 125% 87,010円 なし
2位 eZwyte eZwyte Lv 86 12% 199% 329,100円
3位 タイセイ72 タイセイ72 Lv 99 43% 356% 589,300円 なし
4位 雷轟 雷轟 Lv 93 10% 305% 306,380円
5位 ◎なり ◎なり Lv 107 20% 188% 254,210円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
2月19日の勝ち組
2/19 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 小倉大賞典
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 eZwyte eZwyte Lv 86 12% 199% 329,100円
2位 雷轟 雷轟 Lv 93 10% 305% 306,380円
3位 うまうまうま太郎 うまうまうま太郎 Lv 69 33% 946% 253,800円
4位 グッドホース グッドホース Lv 92 54% 203% 220,910円
5位 いなか いなか Lv 103 16% 118% 66,720円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜小倉大賞典2017〜

2016年 小倉大賞典 2016年2月21日() 小倉11R 芝1800m 良 16頭

小倉大賞典2016

1着 2 アルバートドック 5.7倍(2人気) 川田将雅 1:46.7 102.2
2着 1 ダコール 8.9倍(6人気) 小牧太 アタマ 102.2
3着 11 ネオリアリズム 8.5倍(5人気) 岩田康誠 1/2 101.5
単勝 2 570円(2人気) 3連複 1−2−11 8,620円(22人気)
馬連 1−2 2,700円(8人気) 3連単 2→1→11 45,220円(114人気)

2015年 小倉大賞典 2015年2月22日() 小倉11R 芝1800m 重 16頭

小倉大賞典2015

1着 6 カレンブラックヒル 5.4倍(3人気) 秋山真一郎 1:48.3 100.5
2着 2 コスモソーンパーク 13.6倍(6人気) 丹内祐次 1/2 99.9
3着 1 ダコール 19.0倍(11人気) 藤岡佑介 1/2 99.2
単勝 6 540円(3人気) 3連複 1−2−6 21,520円(92人気)
馬連 2−6 4,670円(21人気) 3連単 6→2→1 93,800円(361人気)

2014年 小倉大賞典 2014年2月23日() 小倉11R 芝1800m 良 16頭

小倉大賞典2014

1着 4 ラストインパクト 2.7倍(1人気) 川田将雅 1:45.3 104.4
2着 1 カフナ 20.9倍(8人気) 藤岡康太 2 1/2 101.7
3着 6 ブレイズアトレイル 10.2倍(4人気) 丸田恭介 アタマ 101.7
単勝 4 270円(1人気) 3連複 1−4−6 9,000円(27人気)
馬連 1−4 2,760円(9人気) 3連単 4→1→6 34,990円(92人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/02/17
小倉大賞典
小倉 16 ヒットザターゲット 10.6倍 6 大野拓弥 1:46.4 101.6
2012/02/04
小倉大賞典
小倉 16 エーシンジーライン 16.3倍 5 川須栄彦 1:46.3 99.5
2011/02/05
小倉大賞典
小倉 16 サンライズベガ 19.7倍 6 秋山真一郎 1:45.3 103.7
2010/02/06
小倉大賞典
中京 16 オースミスパーク 20.1倍 7 藤岡康太 1:47.2 104.0
2009/02/07
小倉大賞典
小倉 16 サンライズマックス 13.8倍 7 横山典弘 1:44.9 105.2
2008/02/09
小倉大賞典
小倉 16 アサカディフィート 13.3倍 6 中舘英二 1:47.7 102.9
2007/02/03
小倉大賞典
小倉 16 アサカディフィート 22.8倍 10 小牧太 1:46.8 103.9

●小倉大賞典 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜小倉大賞典2017〜

小倉大賞典は、1967年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ重賞競走、小倉大賞典として創設。第1回小倉大賞典は現在と同じ小倉競馬場芝1800mで施行されている。1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。
かつては、北九州記念小倉記念の2つの競走と共に「小倉三冠」と言われ、2005年にはメイショウカイドウが、史上初の同一年度での小倉三冠を達成した。過去には、アトラス・ロッコーイチ・ミヤジマレンゴの3頭が複数年での小倉三冠を達成している。しかし、北九州記念の距離短縮に伴い「小倉三冠」の呼称は使われなくなった。
歴代優勝馬には、他にトウショウレオサイレンススズカスエヒロコマンダーミスズシャルダンメイショウバトラーアサカディフィートなどがいる(グレード制導入後を対象)。ちなみに、2008年優勝のアサカディフィートは、当時史上初となる10歳馬のJRA平地重賞優勝の記録をこのレースで樹立している。

小倉大賞典の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年4月1日(
ダービー卿チャレンジトロフィー G3
2017年4月2日(
大阪杯 G1

競馬番組表

2017年4月1日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2017年4月2日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
7 ラストインパクト 牡7
44,359万円
8 メイショウマンボ 牝7
43,520万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 ソウルスターリング 牝3
12,494万円
2 カデナ 牡3
10,012万円
3 サトノアレス 牡3
9,945万円
4 レーヌミノル 牝3
9,653万円
5 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
6 レイデオロ 牡3
8,477万円
7 ウインブライト 牡3
7,471万円
8 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
9 リスグラシュー 牝3
7,268万円
10 ペルシアンナイト 牡3
7,176万円
» もっと見る