デンコウアンジュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
デンコウアンジュ
デンコウアンジュ
デンコウアンジュ
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年4月8日生
調教師荒川義之(栗東)
馬主田中 康弘
生産者磯野牧場
生産地浦河町
戦績15戦[2-1-0-12]
総賞金8,924万円
収得賞金1,825万円
英字表記Denko Ange
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
デンコウラッキー
血統 ][ 産駒 ]
マリエンバード
メイショウユリヒメ
兄弟 デンコウスティール
前走 2017/10/14 アイルランド府中牝馬 G2
次走予定

デンコウアンジュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 143320.888** 牝4 54.0 蛯名正義荒川義之452(+10)1.48.6 0.533.5⑩⑩⑧クロコスミア
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18368.538** 牝4 54.0 蛯名正義荒川義之442(-2)1.46.4 0.534.3⑩⑧⑧ダッシングブレイズ
17/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1751067.9112** 牝4 55.0 蛯名正義荒川義之444(0)1.34.1 0.233.2⑨⑪アドマイヤリード
17/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 162316.284** 牝4 54.0 秋山真一荒川義之444(-16)1.47.2 0.436.5⑬⑫ウキヨノカゼ
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 1661265.5107** 牝4 54.0 蛯名正義荒川義之460(+14)1.35.4 1.134.9⑩⑪ミッキークイーン
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1561151.6911** 牝3 54.0 松山弘平荒川義之446(+4)2.13.9 1.033.7⑮⑮⑭⑫クイーンズリング
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 184820.369** 牝3 55.0 内田博幸荒川義之442(+2)1.59.3 0.733.5⑰⑰⑯⑯ヴィブロス
16/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1571228.284** 牝3 54.0 内田博幸荒川義之440(+8)1.47.1 0.434.4⑧⑧シンハライト
16/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 184818.169** 牝3 55.0 川田将雅荒川義之432(-10)2.25.4 0.434.0⑫⑪⑩⑪シンハライト
16/04/10 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 184738.3710** 牝3 55.0 川田将雅荒川義之442(-8)1.34.4 1.034.2⑯⑮ジュエラー
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 161214.965** 牝3 54.0 川田将雅荒川義之450(+4)1.33.1 0.333.6⑧⑦シンハライト
15/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 188177.427** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之446(-2)1.35.4 0.936.4メジャーエンブレム
15/10/31 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 1581482.8121** 牝2 54.0 田辺裕信荒川義之448(-18)1.34.1 -0.033.3⑫⑪メジャーエンブレム
15/10/17 京都 2 2歳未勝利 芝1800 104410.151** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之466(0)1.49.4 -0.134.2⑧⑤ダノンプレシャス
15/10/03 阪神 5 2歳新馬 芝1800 1181148.785** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之466(--)1.50.3 1.536.3④⑤アドマイヤビスタ

デンコウアンジュの関連ニュース

【府中牝馬S】厩舎の話

2017年10月12日(木) 11:34

 アスカビレン・中尾調教師「馬なりでサッとやって上々の動き。状態は良く、舞台も合う」

 アドマイヤリード・須貝調教師「すごくいい動き。前走は外々を回った分。東京は実績がある」

 ヴィブロス・友道調教師「予定どおり。夏場をうまく過ごせたし、しっかりやってこれた」

 キンショーユキヒメ・中村調教師「いい時計が出た。左回りはいいね」

 クイーンズリング・吉村調教師「月曜に追って太め感はない。結果を出して弾みをつけたい」

 クロコスミア・西浦助手「しまいの反応は良かった。どんな競馬でも」

 ゲッカコウ・高橋博調教師「成績は安定したが今までとは相手が違う」

 デンコウアンジュ・荒川調教師「マイルのほうが切れる脚を使えると思う。あとはペース次第」

 トーセンビクトリー・角居調教師「納得のいく追い切り。メンタル的にもしっかりしてきた」

 ハッピーユニバンス・平田調教師「切れる脚があるので舞台は合う」

 バンゴール・尾関調教師「この馬なりに時計も動きも良かった」

 ロッカフラベイビー・鹿戸調教師「スムーズに行ければ脚は使える」

 ワンブレスアウェイ・古賀慎調教師「落ち着きが増したことで、力を出せるようになってきた」(夕刊フジ)

府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【府中牝馬S】追って一言2017年10月12日(木) 05:01

 ◆アスカビレン・中尾師 「馬なりでサッとやったけど動いていたね。いい状態だし、この舞台も合っている」

 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「いい時計が出ていたし動きは良かった。左回りはいいし内田騎手とも手が合う」

 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「動きは問題ない。年を重ねて成績は安定してきたが、この前まで条件馬だったし、今までと相手が違うからね」

 ◆クイーンズリング・吉村師 「去年と同様、月曜に追い切った。太め感なく動きもいい。ひと叩きというより、結果を出して弾みをつけたい」

 ◆クロコスミア・西浦助手 「先週の時点でできているので、しまいの動きを確かめる程度。反応は良かったし、どこからでも競馬はできる」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師 「動きは良かったですよ。マイルのほうが切れると思うのでペース次第だろう」

 ◆トーセンビクトリー・角居師 「しまいを伸ばす指示。納得のいく追い切りができたし、メンタル的にもしっかりしてきて調教もできている」

 ◆ハッピーユニバンス・平田師 「動きは良かった。順調にきているし、切れる脚はあるので舞台は合っている」

 ◆バンゴール・尾関師 「年齢的に調教ですごい動きはしなくなったけど、前走もこんな感じだったので。時計的にも動き的にもよかったですよ」

 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「体調は良く、いい感じで使えそう。スムーズに流れに乗れれば脚を使う」

 ◆ワンブレスアウェイ・古賀慎師 「落ち着きが出て力を出せるようになった。メンバーはそろっているが、楽しみはある」

★府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【府中牝馬S】レース展望 2017年10月10日(火) 17:55

 秋の東京開催2週目は土曜メインに府中牝馬S(14日、GII、芝1800メートル)が行われる。エリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)の重要前哨戦で、1着馬には優先出走権が与えられる。今年の登録馬はフルゲートに1頭満たない17頭だが、GIホースが4頭という豪華版となった。

 昨年の秋華賞馬ヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎、4歳)はドバイターフも制して、実力は世界レベル。今回はそれ以来6カ月半ぶりのレースになるが、ここひと月、栗東で順調に乗り込まれており、今週の追い切りで態勢は整いそうだ。東京コースは初めてだが、同じ左回りのメイダン、中京で勝っているので、問題ないだろう。課題を挙げれば、初めて背負う56キロ。小柄な馬だけに、この克服が特に鍵になる。

 ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎、4歳)は、ひと息入れて出走したクイーンSで最後方から伸びきれず、6着に敗退。今回の登録馬ではトーセンビクトリー(2着)、クインズミラーグロ(3着)、クロコスミア(4着)に先着されてしまった。それでも、洋芝、小回りコースが向かなかった印象。ヴィクトリアマイルを勝った東京コースは好材料で、1800メートルでも2勝しており、変わり身が期待できる。

 昨年の覇者で、その後エリザベス女王杯も制したクイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎、5歳)は、ヴィクトリアマイル6着以来5カ月ぶりのレース。12月の香港C(9着)で歯車が狂い、春はその影響を引きずったようだった。今回は放牧でリフレッシュし、1週前追い切りでも3頭併せで最先着。態勢は整いつつあり、復活の可能性は十分ある。

 リエノテソーロ(美浦・武井亮厩舎、3歳)は交流GI全日本2歳優駿を勝ち、NHKマイルCでも2着と、芝・ダート不問のタイプ。ここ2戦はともにダートでユニコーンS7着、オーバルスプリント5着と振るわず、距離経験も1600メートルまでだが、まだ評価を下げるわけにはいかない。

 GI勝ち馬組以外でも魅力的な馬が多く、最も勢いが目立つのがワンブレスアウェイ(美浦・古賀慎明厩舎、4歳)。安定感がある半面、詰めの甘さが目立つタイプだったが、3月に準オープン・スピカSを快勝した後に休養し、降級初戦の阿武隈Sも勝って再びオープン入りと、ひと皮むけたムードだ。全姉キャットコインはクイーンCを制覇。半姉タガノエリザベートはファンタジーS優勝馬で、半妹ロックディスタウンも札幌2歳S勝ちという上質な血統背景があり、本格化気配が伝わる今なら、重賞初挑戦でも壁はなさそうだ。約3カ月の休み明けだが、調教では力強い動きを見せている。

 中山牝馬S勝ちのトーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、5歳)は前走のクイーンSで2着。安定感を欠くタイプだが、気分良く走れれば、上位争いが可能だ。

 他ではアルテミスSを勝ち、ヴィクトリアマイル2着と東京が得意なデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、4歳)、ここ5戦、いずれも牝馬重賞で3、3、3、2、3着と安定しているクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)、1000万下、準オープンと連勝中のキンショーユキヒメ(栗東・中村均厩舎、4歳)なども争覇圏内だろう。



★府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】特別登録馬2017年10月9日(月) 17:30

[もっと見る]

【エプソムC】デンコウアンジュ切れ絶好2017年6月7日(水) 11:56

 デンコウアンジュヴィクトリアマイルで11番人気2着。最速の末脚(3F33秒2)を繰り出し波乱を演出した。

 栗東坂路で単走。スムーズな行きっぷりから14秒5−13秒3−12秒5とペースを速め、ラスト1Fで少し仕掛けられると素早い反応を見せ、12秒5のフィニッシュを決めた。引き続き、脚さばきの切れはいい。

 「安田記念にも登録したように、前走のダメージは少なかった。前走はスムーズな競馬ができたわけではないが、直線で外に出したら、しっかり伸びた。東京が合うのは間違いない。距離が延びるのはいいとは言えないが、1Fくらいは辛抱してほしい。しまいを生かしたい」と、佐藤助手は差し切りを期待する。(夕刊フジ)

エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムC】デンコウアンジュ、得意の東京で男斬り 2017年6月7日(水) 05:04

 東京競馬の今週のメインはエプソムC(GIII、芝1800メートル)。4歳牝馬のデンコウアンジュは、前走のGIヴィクトリアマイルで11番人気ながら2着と健闘。東京コースが得意であることを、大舞台で改めて証明した。今回は登録のあった安田記念をパスして、必勝態勢で臨む。一昨年10月のアルテミスS以来となる重賞2勝目の好機だ。

 登録していた先週の安田記念を回避し、ここに全力投球だ。4歳牝馬のデンコウアンジュが、勝負気配を漂わせている。6日は、軽快な脚取りで登坂。佐藤助手は好ムードをアピールする。

 「(安田記念の回避が決まってから)エンジンをふかせすぎないように調整している。チャカチャカする馬じゃないし、状態は悪くないよ」

 レース間隔と相手関係などを考慮し、1週間スライド。今週末は阪神で牝馬限定戦のマーメイドSが行われるが、東京コースに高い適性を示していることから、牡馬相手でもエプソムCを選択した。陣営の勝利への強い意欲が伝わってくる。

 前走のヴィクトリアマイルは11番人気の低い評価ながら、後方から直線で大外を通って伸び、メンバー最速タイの上がり3ハロン33秒2を発揮。2着に食い込んだ。「直線で外に出してからはしっかり脚を使ってくれた。広くて直線が長い東京が合うのは間違いない」と佐藤助手。東京は3戦1勝、2着1回。9着のオークスは距離が長く、敗因ははっきりしている。

 前走で激走した反動もなく、調整は順調だ。田倉厩務員は「昨年はレースを使った後、体がすぐに戻らなかったけど、今は回復が早い。カイバもしっかり食べるので、調教もしっかりできる」と成長ぶりを口にする。

 2歳時のアルテミスSは強烈な末脚で、のちにGIを2勝したメジャーエンブレムをくだした。また、これまでにGIを6走と確かなキャリアも積んだ。そろそろ2つめのタイトルをゲットしていいはずだ。佐藤助手は「もっと距離が延びると切れ味が半減するかもしれないけれど、1ハロン延長は辛抱してほしいね。しまいを生かすスムーズな競馬ができれば、最後は来ると思う」と力を込める。デンコウアンジュが牡馬勢を撃破して、さらなる飛躍につなげる。 (斉藤弘樹)

エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

デンコウアンジュの関連コラム

閲覧 1,199ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年6月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年06月04日号】特選重賞データ分析編(50)〜2017年エプソムカップ〜
閲覧 2,797ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800〜2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

[もっと見る]

2017年6月1日(木) 12:00
【濃霧注意報DX】〜安田記念(2017年)展望〜
閲覧 2,946ビュー コメント 0 ナイス 4



 大波乱の皐月賞から一転、2番人気、3番人気、1番人気の馬達で決着した先週の日本ダービー。皐月賞の結果が結果だっただけに、例年以上に様々な視点による様々な結論の予想が生まれると思っていましたが、蓋を開けてみれば多くの方の考え通りな結果になったと言えます。競馬ファンの見る目が洗練されてきているという証拠なのでしょうね。
 とは言え、ダービー史上に残る超スローペースになったことで力を出し切れなかった馬も多数いた印象で、今回の結果をもって勢力図が固まったという印象はあまりありません。ひと夏を越して大きく成長を遂げる馬もいるでしょうし、まだまだこの3歳牡馬世代には頭を悩まされそうな気がします。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、“悩まされる”と言えば今週のメインである安田記念も同じ。
 ここ5年で1番人気馬が3勝、2着1回と書くと非常に堅いレースのように映るのですが、その一方で毎年のように低人気の伏兵の台頭があり、二桁人気馬も当たり前のように馬券に絡んでいます。人気通りに走ってくる馬と、人気以上に走ってくる馬の両方を正確に見出さなければならないというのは意外と難しいもの。今回もコラム執筆を通して、週末の好結果へと繋げていければと思っています。
 というわけで早速……安田記念展望、まいります。



 安田記念の舞台と言えば、お馴染み東京の芝1600m。
 私がこの舞台に対して抱いているのは、”好走馬の血統が独特”ということです。
 直線が長く、軽いスピードが生きやすい東京競馬場が舞台ということで、ディープインパクト産駒に代表される、瞬発力に秀でた血統馬が強いイメージがありますが、この芝1600mという舞台……特にG1に関してはだいぶ違う傾向があるように感じられるのです。
 その独特の傾向が最も顕著に出ていたのが数週前に行われた同舞台のG1・ヴィクトリアマイル。
勝ったアドマイヤリードはサンデー系の中でも馬力や底力に秀でたステイゴールド産駒で、2着のデンコウアンジュも父メイショウサムソン×母父マリエンバードという1600mとは縁薄そうな欧州色の濃い血統馬でした。こうした血統の馬達が、ディープインパクト産駒の切れ者ミッキークイーンスマートレイアージュールポレールらに先着を果たしているというのは非常に興味深い点です。
 振り返れば、昨年の当レースでワンツーを果たしたロゴタイプモーリスも欧州色を感じさせる血統構成の持ち主でしたし、“そこそこの切れ味と重厚感のある血統を兼ね添えた馬”というのが狙い目なように感じます。

[もっと見る]

2017年5月19日(金) 14:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/13〜5/14)☆まんでがんプロが回収率131%、収支プラス23万超をマーク!
閲覧 670ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、14(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは1番人気がミッキークイーンで1.9倍、2番人気がルージュバック7.6倍、以下レッツゴードンキ7.9倍、スマートレイアー8.9倍、クイーンズリング9.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは内からポンと好スタートを切ったソルヴェイグを先頭、2番手に出していったリーサルウェポン、さらにはアスカビレンレッツゴードンキスマートレイアーと続いて先団を形成。中団からはオートクレールジュールポレールミッキークイーンクイーンズリングクリノラホールデンコウアンジュが追走。後方からはアドマイヤリード
ウキヨノカゼルージュバックフロンテアクイーンアットザシーサイドと続いて最後方にヒルノマテーラの態勢。
 
前半の600m通過は35秒6(参考)のスローペース、ソルヴェイグが先頭で直線コースへ差しかかります。先頭はソルヴェイグでリードは半馬身、内からスマートレイアークイーンズリングもこの争いに加わって3頭が並走する形。内がぽっかり空く隊列で各馬横にずらっと広がりながら追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここでソルヴェイグの脚色が一杯となって外に膨れると、そのスペースに切り込んだアドマイヤリードが一気に前との差を詰めて先頭争いに加わります。馬場の大外からはデンコウアンジュが目立つ伸び脚で猛追!1番人気のミッキークイーンは伸びきれません。残り100m、ここでスマートレイアーを交わして単独先頭に立ったのはアドマイヤリード!ゴール前で懸命に追いすがるデンコウアンジュ以下をねじ伏せて優勝しました!
 
勝ちタイムは1分33秒9(稍)。1馬身1/4差の2着にデンコウアンジュ、そこからクビ差の3着にジュールポレールが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロシムーンプロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに選んだ13(土)京都1Rで『◎ダノンメジャーは単騎逃げが見込め、相手関係も楽になり連の軸には最適。穴はクラリティシチー、状態面の上積みがある』と完璧な見解を披露し、馬連31倍を5000円的中!15万5000円を払い戻しました!この他にも新潟3Rで3連単43.2倍を500円的中させ、21万5100円の払い戻しや14(日)東京2Rで◎○▲のパーフェクト予想で22万6370円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率131%、収支プラス23万10円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(土)京都11Rで『単騎で行ければしぶとい。内枠からスンナリ運べれば。』と狙ったダノンメジャーの単勝を1点勝負で的中!翌日の14(日)京都11Rでは『 ダートではまだ底を見せてない。ここでも通用する。』とコメントした◎サイタスリーレッドの単勝7.6倍、馬連5.9倍を本線的中させました!週末トータル回収率171%、収支プラス4万2800円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
14(日)東京11Rヴィクトリアマイルで『昨日の雨ですっかり馬場コンディションが変わり、差し馬も届くようになったのが大きなポイント。アドマイヤリードは前走は大外枠からだったし、ルメール騎手も強くなってから初の騎乗で半身半疑だったハズ。今度は自信を持って乗れるハズ』と狙った◎アドマイヤリードの単勝を5500円仕留め、7万4250円を払い戻しました!この他にも13(土)新潟8Rの◎ツインプラネット、14(日)東京1Rの◎ジュブリーユなど好調予想を披露!週末トータル回収率124%、収支プラス3万9090円をマークしています。
 
この他にも山崎エリカプロいっくんプロ夢月プロdream1002プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年5月18日(木) 10:00 覆面ドクター・英
オークス・2017
閲覧 3,354ビュー コメント 0 ナイス 9



ヴィクトリアマイルも三連単91万馬券と難しかったですね。1着のアドマイヤリードは上昇度ナンバーワンと直前には▲まで上げたのですが、本命を打つ思い切りの良さが足りませんでした(無難に本命を打ったのはミッキークイーン)。2着のデンコウアンジュは「一発屋で田辺騎手でないと」と評価しなかったのですが、1着父ステイゴールド2着父メイショウサムソンと馬場が重かったのだろうなという結果でもありました。3着ジュールポレールは予想通り3着でしっかり買っていたし、人気のマンハッタンカフェ産駒2頭(クイーンズリングルージュバック)は馬場が合わないこともあり「消し」とし、穴人気ウキヨノカゼも追い込めない馬場で「消し」としたのは良かったんですが......。

では、気持ちを切り替えて今週のG1ヘ。桜花賞と皐月賞が終わっていくらも経っていない気がしていましたが、もう今週はオークス、来週にはダービーという時期なんですね。早いですね。案外間隔がなくて、確かに間に一戦トライアルをはさまないほうがいいであろうことは、自分が年取ったら、何となく分かるようになりました(笑)

今年は桜花賞が馬場悪く、前哨戦で勝負づけが終わったかと思ったメンバーでの順番入れ替わりの結果で、さらに今回大幅距離延長により、なかなか難しい一戦となりました。ここまでこの世代の実力上位牝馬達が、能力で距離こなしてしまう組と明らかにパフォーマンス落とす組に分かれ、しかもここ全力投球であとは夏休みに入るであろう渾身の仕上げでの一戦になります。また皐月賞に向かったファンデイーナは体重が減り続けたのもあり秋に備えて休みに入り、トライアルからはモズカッチャンが人気薄での勝利だったが評論家らの高評価を得ての参戦となります。

では恒例の1週前時点での全頭診断を。

1番人気想定 リスグラシュー:堅実に阪神JFでも桜花賞でも2着。東京マイルのアルテミスSを勝ち、阪神マイルのチューリップ賞で3着と間違いなくこの世代の上位形成はしている。だがハーツクライ産駒という血統的距離適性もありオークスで1番人気に持ち上げられるのは、ちょっと違うんじゃないかな、距離延びて案外な走りだったり、ここまで堅実だったが、そろそろ崩れるのもあるのでは、と個人的には思っています。好調な武豊騎手込みでちょっと過剰人気になるのでは。押し出された危険な人気馬な感ありあり。

2番人気想定 ソウルスターリング:桜花賞は断然人気を裏切り、血統的に父フランケルがマイラーだったことなどで距離不安を言われてもいますが、ヨーロッパの馬場でのマイラーくらいが日本の中距離にはいいと思いますし、まだそう気難しい感じにはなってきていないので馬場さえ良ければ、前哨戦で見せてきた高い能力(アイビーSでは皐月賞2着のペルシアンナイトも完封しています)からも巻き返し十分あると思います。

3番人気想定 アドマイヤミヤビ:桜花賞は惨敗したがクイーンCではNHKマイルCを制したアエロリットを余裕で差し切っており、リスグラシューよりこちらが距離延びて良いハーツクライ産駒でしょう。アドマイヤムーンをダーレーに売ったから社台グループの逆鱗に触れてG1勝てる馬をまわしてもらえなくなった、という説は話としては面白いが真実でないと思います。一時期、資金繰り悪化してキャンセルが相次いだりしたように超一流馬を手に入れられなかっただけだと思います。オーナーの2週連続G1制覇も十分あると思いますが、雑な騎乗のデムーロ騎手とはあまり手が合わないようにも思います(連勝中はルメール騎手でした)。

4番人気想定 フローレスマジックディープインパクト×マジックストームという世界的良血と言っていい配合ですが晩成なのか、本命を打ったフローラSでの3着には正直がっかりしました。完成は秋以降まで待たなければならないようで、ここでは消す予定です。

5番人気想定 レーヌミノル:桜花賞馬にしては人気を落としそうです。道悪でワンペースな走りが良かったのもあるのでしょうが、父ダイワメジャー自身もマイラーと思わせて有馬記念3着と案外距離はもつ下地はあり、母父タイキシャトルも厩舎が違ったら、もっと長い距離の馬だった可能性もある馬だったと思います。同世代同士なら距離適性より能力でやれてしまってもおかしくないと思います。

6番人気想定 モズカッチャン:3連勝でトライアルのフローラSを制しての参戦となります。玄人受けするのか競馬雑誌では高く評価する評論家が多いのですが、トライアル好走はあるかと思っていましたが、トップレベルからはちょっとスケールが落ちる感じがします。

ホウオウパフュームハーツクライ×キングマンボでノーザンF生産の本格派で、未勝利、寒竹賞と完勝して軌道に乗ったかと思ったが前哨戦のトライアルがいまいちで、活躍は秋以降か。

ブラックスビーチディープインパクト×キングマンボで角居厩舎とPOGで人気になりそうな組み合わせでスイートピーSを勝っての参戦だが、晩成傾向でここではまだ通用難しいのでは。

ハローユニコーン:桜花賞と同日の忘れな草賞の勝ち馬で、着差以上に楽な勝ちだったが今年はレベルが低かった感じもあり、父ハーツクライからもそこそこ人気になりそうで、あまり妙味は無いか。

ヤマカツグレース:行きたがる面がありトライアルの2000Mでもなだめつつやっとだったので、本番は厳しそう。父ハービンジャーより母が強くでているようでマイルあたりで活躍するのでは。

ミスパンテール:休み明けのチューリップ賞2着と能力見せつつも桜花賞では若さ丸出しで外に逃げ加減でさっぱり。今回人気を落とすだろうが、今度はきちんと走ってくれるかもしれず調教も良く、穴で期待。母父シンボリクリスエスは最近活躍をみせている。

ディアドラ:桜花賞6着まではマイル以下を使われてきたが、ハービンジャー×スペシャルウィークという血統通り距離延びた矢車賞を完勝してきた。間隔詰まるここ使えるか微妙かもしれないが、更に距離延びるここでも通用してよい。

カリビアンゴールド:体重を減らしながらトライアル2着してすべりこんだがもう余力ないのでは。唯一のステイゴールド産駒ということで距離延びて期待する人もいそうだが......。

ディーパワンサ:新馬、中京2歳Sと連勝したが、以降伸び悩みでここは厳しい。

モーヴサファイア:2月に小倉で2000M勝ってからの休み明け。ノーザンFだけに休み明けでも仕上がっているだろうが、ハービンジャーらしく小倉2000Mで夏に活躍するがここではないのでは。

レッドコルディス:フローラS5着と力をつけてきているしデビュー戦勝ちの素質馬だが、1月末の感冒での取り消しがあったように、賞金積めずここは間に合わなかった印象。

ムーンザムーン:スイートピーSは後方から差を詰めてきたが、あの相手を差し切れないようではちょっと物足りない現状。

アドマイヤローザ:フローラS7着はやや期待はずれだったが、母母アドマイヤグルーヴの良血馬でまだまだ伸びしろあり。ここに来て勢いを増すアドマイヤ軍団の二本目の矢も要注意。ヒモで買いたい。

マナローラ:ノースヒルズのハーツクライ産駒で母父もキングマンボと本格派だが、良くなるのは秋以降でまだ物足りない状況。

アルメリアブルーム:父ドリームジャーニーは弟オルフェーヴルが立派過ぎてピンチな状況だがオークスに産駒が出られるのは立派。トップレベルとはまだ差があるか。

ブラックオニキス:昨年夏にクローバー賞と札幌2歳S2着と十分実力以上に稼いだ馬で、今もそれなりに入着で稼いで馬主孝行だが馬券的には要らない。

ブルークランズ:3月末に未勝利を勝ち上がったばかりで先々成長してくるのだろうが今は要らない。

アンネリース:骨折明けのトライアル惨敗で上向くのは先で要らない。


<まとめ>
有力馬として軸候補:ソウルスターリングアドマイヤミヤビレーヌミノル

人気サイドで評価下げたい馬:リスグラシュー(ヒモでは買う予定だが)、フローレスマジック(消し想定)、モズカッチャン(消し想定)

穴として期待の馬:ミスパンテールディアドラアドマイヤローザ

[もっと見る]

2017年5月16日(火) 18:00 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.26・G1オークス2017編〜
閲覧 3,801ビュー コメント 0 ナイス 10



前回の〜ヴィクトリアマイル編〜では、2着デンコウアンジュに対する“変わり身があれば上位入線も”“得意コースでの1発には注意”や、3着ジュールポレールへの“十分勝ち負けできる馬”“G1でも好勝負可能”“牝馬限定であればG1でも上位に食い込める”“かきこむような走法でパワーも兼備したタイプ”との人気薄で好走の2頭へのコメントをご紹介。貴重な情報が詰まった当コラムを、是非予想の参考にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、5/21(日)G1オークス
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/15(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
リスグラシュー
 サラマッポ 軽やかなフットワークと、細身で線のキレイな馬体です。走法と馬体からは中距離で軽い良馬場向きの印象を受けますね。それだけに、力の要る馬場だった桜花賞での好走は地力の証だと思います。腹回りが薄めでスタミナ面には不安が残りますが、例年通りの切れ味勝負なら問題ないと思っています。
 スガダイ 桜花賞ではよく頑張ったね。直線を向いた時は手応えも悪かったし、鞭をいれられても反応がなかったから惨敗するかと思ったけど、そこからバテずに伸びてきた。しぶといね。マイルでは追走に手間取るような感じもあったから距離は延びたほうがいいんじゃないかな。サラマッポが指摘している馬体面は別として、少なくとも牝馬同士なら2400の距離でバテる姿は想像できないね。今回も崩れずに走ってくれるんじゃないかな。
 km 完成度の高さで勝負している馬かと邪推していましたが、桜花賞の走りを見て考え直しました。この馬のベストパフォーマンスはアルテミスS1着時ですし、東京コースに戻れば、距離の不安がないことも併せて首位争い可能でしょう。
 河内一秀 桜花賞では、ソウルスターリングに初めて先着し、アルテミスS以降やや伸び悩んでいた格好の指数面でも自己最高を更新。2着に敗れたとはいえ、改めて力のあるところを見せた印象だよ。距離延長、東京コースへの適性ともに不安は無く、さらなる前進も見込めるだろうね。
 くりーく この馬のこれまでの調教内容を見てみると、1週前にジョッキー騎乗で併せて強めに追い切られ、直前は所属の坂井騎手騎乗で終いを軽く伸ばす内容の追い切りが多く見られます。休み明けだったチューリップ賞だけは本番が先ということもあってか、直前の追い切りが馬なりで仕上げに関しては余裕残しでしたが、桜花賞になると一変して、直前に併せ馬で強めに追われる内容に変わっていました。ある意味『勝負調教』だったように思います。今回は距離延長と関東への輸送があるので、直前は通常の終い軽く伸ばす程度の追い切りが一番良いのではないかと思います。これが軽すぎたり強くやり過ぎたりするとレース結果に悪い影響が出るかもしれません。ただこれまでのレース内容を見ても行きたがるようなところはありませんし、東京コースも経験済で長くいい脚を使える馬。普通の状態なら有力候補の1頭で大崩れはないと思いますね。

アドマイヤミヤビ
 km 桜花賞の敗因は、馬場が悪かったのと、テン乗りのデムーロがこの馬の乗り方を解っていなかったことに求められます。舞台が東京に戻り、(仮に)鞍上が戻れば有望でしょう。
 くりーく そうですね。私も似たような観点で、前走はこれまで乗ってきたルメール騎手と前走から乗っているデムーロ騎手の違いが大きかったと考えています。長くいい脚を使わせるルメール騎手と一瞬の切れを活かすデムーロ騎手では、ルメール騎手が乗っているなら買いたい馬と個人的にはとらえています(詳しくは19(金)の『オークス予想検討会@新橋Gate J.』にて触れたいと思っています)。調教面では、3勝すべてが・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

デンコウアンジュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 5

ドバイを制覇した、ヴィブロスが、5ヶ月ぶりに帰って来た!

坂路調教も、400m、25秒を切っているから、悪くない!

馬体のハリも悪くない!

ほぼ、応援馬券になるが、ヴィブロスに期待する!

ただ、不安は、雨による重馬場と東京コースが、未経験ということ!

どうなるか?わからない!

ルメール次第かな?

対抗は、まだ底を見せてない、ワンプレスアウェイ!

東京コース得意だ!

穴は、やっぱり、デンコウアンジュだろう!

馬体も良いからね!


あとは、パドックを見て決めますわ!

 山崎エリカ 2017年10月14日() 03:34
本日の見所(府中牝馬S)
閲覧 210ビュー コメント 0 ナイス 17

2017年 府中牝馬S
_________

先週の毎日王冠と同じ東京芝1800mで行われる府中牝馬S。東京芝1800mは、1-2コーナーの間にあるポケット地点からスタートして、緩やかにカーブしながら向正面に合流していくコース。東京芝1600m同様に前半から坂を下って行きます。

原則として、下り坂スタートのコースでは逃げ馬が加速がつくのでハイペースになりやすいのですが、このコースはスタートしてすぐ(2F目)に緩やかにカーブを曲がるため、かなりの確率で序盤スローペースが発生するのがポイント。コース形態上、シルポートのような玉砕逃げ馬が、よっぽど前半から気合いをつけて行かない限りは、まず、ペースが上がりません。

しかし、ただのスローペースで終わらせないのが、天皇賞(秋)の前哨戦である毎日王冠であり、エリザベス女王杯の前哨戦である府中牝馬S。序盤のスローペースによって余力を残した逃げ馬が4コーナー手前から再加速することが多いため、高速馬場ならばラスト3F目に10秒台後半から11秒前半のレース最速ラップが刻まれることがほとんど。

弱い馬は4コーナーのペースアップで脱落するために、一見、単調な前残りレースのように見えて、意外と実力どおりに決まっています。このレースが逃げ馬から追い込み馬まで万遍なく上位入線しているのは、ほぼ実力どおりに決まっていることの証と言えるでしょう。

ただし、今回の一戦においては、昨年のこのレースの勝ち馬で、秋のエリザベス女王杯を制したクイーンズリングや今春ヴィクトトリアマイルで上のアドマイヤリードを始めとする実績馬が、近走、前走で勢いを欠いており、全幅の信頼が置けないのも確か。

また、前走で世界を制したヴィブロスは間違いなく強いのですが、その後イスパーン賞を制した仏国トップクラスのザラックや英国マイルトップクラスのリブチェスターなどを撃破した内容は、さすがに強過ぎました…。それゆえに強い疲れが出て、アウォーディーやゴールドドリームの二の舞を演じる可能性が高いと見ていますが、今回でも通用するようならモンスターでしょう。

よって、ここは勢いのある馬を本命にするのがベスト。まして今年のヴィクトリアマイルは、それまで重賞勝ちのなかったアドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレールが上位を独占したように、今春の阪神牝馬Sを下回る低レベル。つまり、重賞で上位の実績があるか、準オープン勝ちの実績に+αがあれば、通用するということです。

[もっと見る]

 マルチーズフォンデュ 2017年10月14日() 02:13
府中牝馬ステークスの予想
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 7

雨ですね…。
馬場はどうなるかわかりませんが、◎3デンコウアンジュは決まりです。
この馬は左回りかどうかだけが問題で馬場は不問ですね。
過去の道悪も敗れたのは右回りだったことが原因と見ます。
左回りなら良馬場よりいいパフォーマンスが期待できるでしょう。
前走のエプソムCは、G1の後の出がらし状態だったため凡走しました。
リフレッシュした今回は、牝馬限定戦でもあり巻き返し必至。
ラストまでしっかり伸びて勝ち負けでしょう。
相手は、普通ならヴィブロスとクイーンズリングですが道悪でどうか…。
道悪得意な7アドマイヤリードと11クロコスミアにもチャンスありです。
しぶとさを生かしたい5トーセンビクトリーも道悪はプラスでしょう。
ワイド5点で勝負します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

デンコウアンジュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:149人 2016年10月25日(火) 21:53:26
2016.9.18(日)
前走は直線で前が壁になり少し外に出そうとした直後に他馬と接触し大失速。
正直不利がなければ勝ち負けまで行っていたのではと思えるような手応えでかなり成長を感じた。
スムーズな競馬で上位馬を脅かしたい。
1:
  花太郎18   フォロワー:149人 2016年10月24日(月) 22:08:30
2016年10月16日
前走は直線で窮屈になり外に出すロス。
この日はかなりの前残り状態で位置取りを考えたら相当中身の濃い競馬だった。
オークスでも他馬にぶつけられなかったらビッシュに迫っていただろうし地力は十分示している。
不利続きなので強烈な末脚で鬱憤を晴らしてほしい

デンコウアンジュの写真

デンコウアンジュ
デンコウアンジュ
デンコウアンジュ

デンコウアンジュの厩舎情報 VIP

2017年10月14日アイルランド府中牝馬 G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デンコウアンジュの取材メモ VIP

2017年10月14日 アイルランド府中牝馬 G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。