注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

デンコウアンジュ(競走馬)

注目ホース
デンコウアンジュ
デンコウアンジュ
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年4月8日生
調教師荒川義之(栗東)
馬主田中 康弘
生産者磯野牧場
生産地浦河町
戦績12戦[2-0-0-10]
総賞金5,122万円
収得賞金1,800万円
英字表記Denko Ange
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
デンコウラッキー
血統 ][ 産駒 ]
マリエンバード
メイショウユリヒメ
兄弟
前走 2017/04/22 福島牝馬ステークス G3
次走予定 2017/05/14 ヴィクトリアマイル G1

デンコウアンジュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 162316.284** 牝4 54.0 秋山真一荒川義之444(-16)1.47.2 0.436.5⑬⑫ウキヨノカゼ
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 1661265.5107** 牝4 54.0 蛯名正義荒川義之460(+14)1.35.4 1.134.9⑩⑪ミッキークイーン
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1561151.6911** 牝3 54.0 松山弘平荒川義之446(+4)2.13.9 1.033.7⑮⑮⑭⑫クイーンズリング
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 184820.369** 牝3 55.0 内田博幸荒川義之442(+2)1.59.3 0.733.5⑰⑰⑯⑯ヴィブロス
16/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 1571228.284** 牝3 54.0 内田博幸荒川義之440(+8)1.47.1 0.434.4⑧⑧シンハライト
16/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 184818.169** 牝3 55.0 川田将雅荒川義之432(-10)2.25.4 0.434.0⑫⑪⑩⑪シンハライト
16/04/10 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 184738.3710** 牝3 55.0 川田将雅荒川義之442(-8)1.34.4 1.034.2⑯⑮ジュエラー
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 161214.965** 牝3 54.0 川田将雅荒川義之450(+4)1.33.1 0.333.6⑧⑦シンハライト
15/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 188177.427** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之446(-2)1.35.4 0.936.4メジャーエンブレム
15/10/31 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 1581482.8121** 牝2 54.0 田辺裕信荒川義之448(-18)1.34.1 -0.033.3⑫⑪メジャーエンブレム
15/10/17 京都 2 2歳未勝利 芝1800 104410.151** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之466(0)1.49.4 -0.134.2⑧⑤ダノンプレシャス
15/10/03 阪神 5 2歳新馬 芝1800 1181148.785** 牝2 54.0 川田将雅荒川義之466(--)1.50.3 1.536.3④⑤アドマイヤビスタ

デンコウアンジュの関連ニュース

【福島牝馬S】ウキヨノカゼ、重賞3勝目! 2017年04月23日() 05:02

 第14回福島牝馬ステークス(22日、福島11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権 =出走16頭)吉田隼人騎乗で3番人気のウキヨノカゼが後方から鋭く伸び、ゴール前の大接戦を制して快勝。ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。2015年キーンランドC以来、1年8カ月ぶりの勝利で、重賞は3勝目となった。タイム1分46秒8(良)。4番人気のフロンテアクイーンがクビ差の2着で、さらにクビ差の3着が1番人気のクインズミラーグロだった。

◆吉田隼騎手(ウキヨノカゼ1着) 「しまいの切れ味がある馬なので、この馬のリズムを守って運びました。直線で前が壁になるロスがあって、短い直線でどうかなと思ったけど、きっちりと差し切ってくれました。7歳には見えないくらいフレッシュで、自信がありました」

◆北村宏騎手(フロンテアクイーン2着) 「道中はタイトな形になったけど、リズムを崩さずに走れたし、3着馬にこられても踏ん張ってくれました。もう少しでした」

武豊騎手(クインズミラーグロ3着) 「道中はいい感じだったけど、結果的に4コーナーで仕掛けをワンテンポ遅らせてもよかったかも。一瞬の脚が身上のタイプだからね」

◆秋山騎手(デンコウアンジュ4着) 「早めに動いて直線で手応えは良かったけど、抜け出すと内にモタれて、推進力が下がってしまいました。牝馬同士ならまだチャンスはありそう」

◆丹内騎手(リーサルウェポン5着) 「いい位置を取れて、流れに乗れました。近走の内容を考えれば頑張ってくれましたよ」

★22日福島11R「福島牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【福島牝馬S】厩舎の話2017年04月21日(金) 05:00

 ◆ウインファビラス・畠山師 「落ち着きがあり、状態はいい。小回りのこの条件は合う」

 ◆ウエスタンレベッカ・崎山助手 「小回りはいいけれど、相手がそろっているので…」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「キビキビした動き。併せ馬で集中力を保って、落ち着きもある」

 ◆エテルナミノル・鈴木助手 「状態に変動が少ない馬。変わりなくきているし、前走に比べ相手は楽になった」

 ◆ギモーヴ・鮫島駿騎手 「先週も乗ってしっかりやっている。近走を見てもチャンスはある」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「戦法を(差しから先行に)変えたことで良くなった」

 ◆クロコスミア・西浦助手 「軽い追い切りは予定通り。福島1800メートルは合いそう」

 ◆タマノブリュネット・高柳瑞師 「体調は変わりなくいい。芝をこなしてくれるかどうか」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ペースが速く流れて、差しが生きる展開にならないと」

 ◆トウカイシェーン・北出師 「今のところ馬体は減っていない。輸送で減らなければ」

 ◆ハピネスダンサー・高野師 「ここ2走はふがいないが、この1週間はいい感じできている」

 ◆ブリガアルタ・尾形和師 「状態はかなりいい。相性がいい福島で切れ味を生かしたい」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「落ち着きが出て雰囲気がいい。馬体も維持しており楽しみ」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「好調キープ。コーナー4つの小回りなら距離の不安はない」

 ◆リーサルウェポン・武市師 「踏み込みが力強くなり、上向いているが、相手が強い」

 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「体に柔軟性が出て、牝馬同士なら重賞でも見劣りしない」

福島牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬S】追って一言2017年04月20日(木) 05:02

 ◆ウインファビラス・畠山師 「落ち着きがあり状態はいい。小回りのこの条件は合う」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「併せ馬で集中力を保って、落ち着きもある」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「変わりなく順調。戦法を(差しから先行に)変えたことで良くなっている」

 ◆クロコスミア・西浦助手 「軽い追い切りは予定通り。体は維持できている」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「器用な馬ではないので、差しが生きる展開にならないと」

 ◆ハピネスダンサー・高野師 「この1週間はずっといい感じできている」

 ◆ブリガアルタ・尾形和師 「動き、状態ともかなりいい」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「雰囲気がいい。馬体も維持しており楽しみ」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「小回りなら距離の不安はない」

 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸師 「使われてさらに良化」

福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬S】レース展望 2017年04月17日(月) 17:24

 3週間にわたる春の福島開催も最終週。ラストを飾るのが、土曜メインに組まれている福島牝馬ステークス(22日、GIII、芝1800メートル)だ。勝ち馬にはヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられるだけに、注目される。

 データ的には、中山牝馬S組が圧倒的に強い(2008〜14年までの7年間で連対14頭中13頭が該当)ことで知られていたが、ここ2年は愛知杯組がV。果たして今年はどんな結末が待っているだろうか。また、波乱の歴史があることも見逃せない。前3年連続で、3連単の配当は20万円を超えている。伏兵馬にも目配りが必要なレースだ。

 先行脚質に転換して1、3、3着のクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)。前走の中山牝馬Sは1列前にいた勝ち馬を捕らえられなかったが、スローでもきっちりと折り合えた。昨年は中団から外を回って5着。機動力という点では昨年以上に競馬がしやすくなっているので、いい勝負に持ち込めるだろう。過去3度騎乗(うち1勝、3着1回)している武豊騎手の手綱も魅力だ。

 中山牝馬Sは8着だったフロンテアクイーン(美浦・国枝栄厩舎、4歳)だが、勝ち馬とは0秒3差。クインズミラーグロとは0秒2差で、クインズが52キロだったのに対してこちらは53キロだったのだから、着順ほどの差はない。もともと3歳時にはクイーンCメジャーエンブレムの2着、紫苑Sビッシュヴィブロスの3着だった馬。一線級とは力の差があるが、牝馬同士のGIIIなら上位争いできるだけの力はある。

 逃げるとしたらクロコスミア(栗東・西浦勝一厩舎、4歳)かペイシャフェリス(美浦・高市圭二厩舎、6歳)だろう。クロコスミアは昨秋のローズSで勝ち馬シンハライトとわずかハナ差だった。久々のサンスポ杯阪神牝馬Sも4着。マイペースの先手が取れれば今回も面白い。一方のペイシャフェリスは、前走の六甲Sで逃げてクビ差2着。福島は3戦して3着が2回あり、適性はある。控えても問題ないが、自分のリズムで走るのが好走の条件だ。

 末脚が切れるウキヨノカゼ(美浦・菊沢隆徳厩舎、7歳)は小回りコースで仕掛けどころが難しいが、はまれば突き抜けるだけの力がある。年齢の割にキャリアは浅く、切れ味は全く衰えていない。阪神JFメジャーエンブレムの2着だったウインファビラス(美浦・畠山吉宏厩舎、4歳)は、勝ちきれないレースが続いていまだに1勝馬。ただ、その1勝が福島芝1800メートルの未勝利戦だった。1年9カ月ぶりに走る初勝利の舞台で復活があるか。

 格下ながら勢いのあるブリガアルタ(美浦・尾形和幸厩舎、4歳)も侮れない。福島芝では2戦2勝。勝浦正樹騎手もすっかり手の内に入れており、軽視は禁物だろう。前走で1000万下を快勝したロッカフラベイビー(美浦・鹿戸雄一厩舎、5歳)も、5歳春にしてようやく本格化ムード。前走の強い勝ち方からも、充実ぶりがうかがえる。

 休み明けを叩いたデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、4歳)や、徐々にオープンに慣れてきたエテルナミノル(栗東・本田優厩舎、4歳)、大崩れのないギモーヴ(栗東・池添学厩舎、4歳)など関西の4歳馬勢も上位をうかがう存在だ。

福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬ステークス】特別登録馬2017年04月16日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

デンコウアンジュの関連コラム

閲覧 466ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、22(土)に福島競馬場でG3福島牝馬Sが、23(日)に京都競馬場でG2読売マイラーズC、東京競馬場でG2フローラSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3福島牝馬Sは、内からウエスタンレベッカが先手を奪って前半1000mを58.9秒で通過。デンコウアンジュが早めスパートを仕掛け、2番人気クロコスミアあたりもどっと押し寄せて馬群はここからペースアップしていきます。クロコスミア先頭で4コーナーを出ると、2列目からはフロンテアクイーンクインズミラーグロリーサルウェポンらが横に広がって差を詰めに掛かります。そしてさらにその後方からはウキヨノカゼが鋭い伸び脚で猛追を開始。結局、先に抜け出したフロンテアクイーンクインズミラーグロの2頭をゴール直前で捉えた3番人気ウキヨノカゼが差し切りV!重賞3勝目を挙げ、ヴィクトリアマイルの優先出走権を手中にしています。クビ差の2着に4番人気フロンテアクイーン、さらにクビ差の3着に1番人気クインズミラーグロが入っています。
 
公認プロ予想家では覆面ドクター・英プロ、おかべプロ、岡村信将プロ、ジ ョ アプロ、伊吹雅也プロ、イータン育成プロ、霧プロ、スガダイプロ、ろいすプロら計12名が的中しています。
 
G2読売マイラーズCは、最内枠を利してサンライズメジャーがハナに。1番人気エアスピネルも好発を決めて先行勢の一角を占めますが、頭を上げてやや行きたがる素振りをみせます。その他の人気各馬は直後に続いて、前半800mを47.4秒のゆったりしたペースで通過。サンライズメジャー先頭のまま迎えた直線、2番手からヤングマンパワー、直後からインを突こうとイスラボニータ、そして外からエアスピネルと好位勢が迫ります。先頭に躍り出たヤングマンパワーに、イスラボニータエアスピネルの人気両頭が外から並び掛けると、最後は中イスラボニータが割って伸び1/2馬身差でV。嬉しい2年7か月ぶりの勝利となりました。2着エアスピネルから3/4馬身差の3着にはヤングマンパワーが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロほか計13名が的中しています。
 
G2フローラSは、ホウオウパフュームが1番人気の支持を集めるなか、こちらも上位人気に支持された同枠のタガノアスワドがハナを切って、前半1000m61.5秒のマイペースで運び直線へ。終始2、3番手で駒を進めたヤマカツグレースフローレスマジックが直後から手応えよく伸びて、内ラチ沿いのタガノアスワドはやや劣勢。残り200mを切って好位抜け出しを決めた2頭が後続との差を広げにかかり、完全に勝負の行方はヤマカツグレースフローレスマジックの2頭かと思われたところ、内を抜けてスルスルと伸びてきたのは12番人気モズカッチャン。ゴール直前で、前を行く2頭の外に進路を持ち出すとそのまま差し切って先頭でゴール!鮮やかな差し切り勝ちを決めて、3連勝での重賞初Vを挙げました。クビ差の2着にヤマカツグレース、さらにそこからアタマ差の3着にフローレスマジックが入り、ここまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得しています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロ、シムーンプロら計3名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
22(土)を東京2Rの◎ロマンスマジック的中などでプラス収支で終えると、翌23(日)の福島1Rで馬連・3連複フォーメーションを駆使し、▲メモリートニック(単勝30.4倍)の単勝的中含め計10万9790円払い戻しのスマッシュヒットを記録。さらに福島7Rでも11万2750円を払戻すなど、2日続けて好調予想を連発!週末トータルでは回収率171%、収支24万9330円プラスといずれもトップの文句なしの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
23(日)のフローラSで◎モズカッチャンの予想を披露。馬券は馬連(320.1倍)的中となり、35万2110円払戻しのビッグヒットとなりました。土日トータル回収率は108%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
22(土)を的中率56%、回収率122%で折り返すと、23(日)には東京1Rで3連単1290倍的中+馬連156倍的中で、計17万6020円を払い戻すなど午前中から絶好調。2日ともにプラス収支達成の先週は、回収率128%、収支11万1800円プラスのハイアベレージで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →プロ
22(土)東京5Rで◎▲○的中を披露、23(日)には東京1R京都1Rなどで好配当を記録するなど、序盤の未勝利戦で勝負を決めた先週は、トータル回収率124%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
22(土)東京5Rで○サッチンディスパーションで馬連一点勝負を仕留め、19万4000円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!この日は他にも福島牝馬S福島12Rなどでも身上の一点勝負的中を披露し、週末トータル回収率160%、収支16万1000円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
22(土)福島牝馬Sで◎ウキヨノカゼ1着固定の3連単を的中し12万3950円を払戻し。翌23(日)福島4Rでは3連単536.9倍を800円的中などで計43万640円払い戻しのビッグヒットをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
23(日)東京6Rで◎ハイドロフォイルユークリッド馬連一点的中を披露。47万3000円払い戻しの高額払い戻しを記録しました。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
23(日)東京5Rで◎スターフラッシュの単勝1点勝負的中をマーク。26万払い戻しのスマッシュヒットを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(日)の読売マイラーズCで◎イスラボニータエアスピネルの本線から3単的中し、12万4300円を払い戻しました!先々週の1000万払い戻しに引き続き、ここぞ!というところでの勝負強さを発揮したいっくんプロからますます目が離せません。
 
この他にもセイリュウ1号プロ (114%)、ろいすプロ(106%)、シムーンプロ(104%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら!


いよいよ6週連続G1シーズンに突入する今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月09日(金) 10:30 【ウマニティ】
【U指数的分析】阪神ジュベナイルフィリーズ
閲覧 831ビュー コメント 0 ナイス 1

阪神ジュベナイルフィリーズ

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは阪神ジュベナイルフィリーズです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ

<ポイント➀>

・指数88以上が信頼でき、【3 1 2 6】で勝率25.0%、複勝率50.0%、単勝回収率210.0%、複勝回収率128.3%と優秀→人気を裏切った指数88未満の代表例は以下の通り

2011年 指数84.3 エピセアローム   2人気12着
2012年 指数85.4 コレクターアイテム 1人気4着
2012年 指数84.1 サンブルエミューズ 2人気8着
2013年 指数85.6 レーヴデトワール  3人気9着
2014年 指数83.5 コートシャルマン  3人気10着
2015年 指数82.9 デンコウアンジュ  2人気7着

<ポイント◆

・高指数の馬が活躍している一方、上位独占というケースはない。連勝馬券は上位人気からヒモ荒れを狙うのが得策。指数1〜3位を1列目、指数4位以下を2列目に配置した馬連フォーメーションを購入した際の回収率212.4%

<ポイント>

・指数83.5以下の好走はほとんど見られない。例外は新馬戦を1番人気で勝利した1戦1勝馬。この手のタイプは指数こそ低いものの、未知の可能性にあふれているので、切るのは賢明ではない(11年1着のジョワドヴィーヴル、12年3着のレッドセシリア等)。これを除くと【0 0 0 33】となる。基本的に低指数馬は用なしと考えていい。


予想U指数は会員登録(無料)でご覧いただけますので会員登録がまだの方は是非ご登録ください!来週は朝日杯フューチュリティステークスをお届けいたします!(^^)!


--------------------------------------------------------------------------------U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年11月17日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/12〜11/13)おかべ育成プロが3複1点勝負で57万超払い戻し!
閲覧 722ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は13(日)に京都競馬場でG1エリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザベス女王杯マリアライトが3.1倍で1番人気、2番人気ミッキークイーンが3.6倍、以下クイーンズリング6.1倍、タッチングスピーチ6.2倍、パールコード8.4倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、外から気合いをつけてプリメラアスールが先手を奪って第1コーナーへ差し掛かります。2番手にメイショウマンボ、続いてパールコードシングウィズジョイシャルールマキシマムドパリと追走して先行集団を形成。そこから2馬身ほど間があいて中団からはミッキークイーンマリアライトヒルノマテーラクイーンズリングプロレタリアトと追走。後方からはタッチングスピーチシュンドルボンアスカビレンと続いて最後方にデンコウアンジュの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒8(参考)の緩い流れ。隊列に変わらぬまま、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はプリメラアスールでリードは2馬身、その後ろ、2番手グループは固まってメイショウマンボパールコードシングウィズジョイが追走、人気のミッキークイーンマリアライトは馬場の外めから追い出しにかかります。
 
残り200m、粘るプリメラアスールを交わしてシングウィズジョイが内から抜けて先頭!これを追うのがパールコード、さらに一列後ろからは内クイーンズリング、外ミッキークイーンが差を詰めてきます!マリアライトはやや置かれて勝負圏外に。残り100m、ミッキークイーンにいつもの末脚は見られず、逃げ込みを図るシングウィズジョイ、差を詰めるクイーンズリングの2頭が抜け出してのマッチレース!激しい叩き合いとなりましたが、ゴール前、クイーンズリングシングウィズジョイをクビ差捉えて優勝!悲願の初G1制覇となりました!勝ちタイムは2分12秒9(良)。2着にシングウィズジョイ、そこから1馬身1/4差の3着にミッキークイーンが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾育成プロほか3名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
おかべ育成プロの神髄1点予想が今週も炸裂!13(日)京都6Rで○スルターナスターリーウインドエヴォリューションの3連複57.3倍を的中!57万3000円を払い戻しました!この他にも12(土)京都9Rで馬連8.3倍、京都2Rで馬連6.5倍をそれぞれ1点で仕留めました!週末トータル回収率353%、収支プラス55万7900円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)福島2Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露!中でも3着▲デュアルフレイムは79.7倍の大穴で3連複は374倍の高配当!単勝、馬連、ワイド、3連複を総取りし、8万970円を払い戻しました!翌日の13(日)京都3Rでまたも◎○▲のパーフェクト予想で4万5040円を払い戻し!週末トータル回収率118%、収支プラス5万5360円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
12(土)京都1Rで『芝でも前に着ける脚はある。切れ味不足はダートで補う。外枠から先行できれば粘りこみの期待はある。』と本命に推した単勝31.3倍◎キタノユーリンが1着!単複を仕留め、19万600円を払い戻しました!さらに東京1Rでも単勝50.4倍の◎ヨイマチグサを本命に抜擢し、複勝14.2倍を8000円的中!10万3600円を払い戻しました!週末トータル回収率109%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(土)東京9Rで『前走はチグハグな競馬。スンナリ運べれば勝機。』と狙った◎シゲルコングシゲルベンガルトラの馬連84.2倍を500円的中!4万2100円を払い戻しました!週末トータル回収率119%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年11月10日(木) 18:30
【濃霧注意報DX】〜エリザベス女王杯(2016年)展望〜
閲覧 3,061ビュー コメント 0 ナイス 3

 展望コラムを書くにあたって、必要なのはやはり”出走馬を知る”こと。
 中心と目される有力馬であっても、全く人気のなさそうな馬であっても、まずは公平な目で近走のレースを見るようにしています。
 しかし、そうすることによって得られる結果はレースによって様々。
 文章を書き始める頃には既に当日の予想すら固まりかけているレースもありますし、全馬の走りに目を通したことで、迷いだけが増幅されるレースもあります。
 では、今週のメイン且つ題材であるエリザベス女王杯はどうかというと……今のところ間違いなく後者の部類。前回の天皇賞(秋)時も、似たようなふわふわとした感覚で執筆していましたが、何となく近い雰囲気を感じています。
 しかし、天皇賞(秋)が難しかったのは出走馬のキャラが妙に濃かったが故。
 エリザベス女王杯の難しさは、また別のところにあるように思うのです。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



 近年、芝コースの重賞を圧倒的な質と量で席巻するディープインパクト産駒。
 当レースにおいても、一昨年のラキシス、昨年のマリアライトと2年連続で勝ち馬が出ているばかりか、13年、12年も含めて実に4年連続で馬券圏内に入っています。
 セントライト記念や菊花賞といった”鬼門”すらも制してきた今年の勢いならば、5年連続で馬券圏内に同産駒が飛び込んできても全く不思議ないように感じます。
 しかし、この点こそが今年のエリザベス女王杯の難しさ。
 現時点における出走予定馬の中でディープインパクト産駒なのは、昨年の当レースの覇者マリアライト、昨年の牝馬クラシック二冠馬ミッキークイーン、昨年の当レース3着馬タッチングスピーチの3頭。いずれも実績からお分かりいただける通り、立派な有力馬。もしかしたら1〜3番人気を独占するかもしれませんが、3頭が3頭とも、簡単には信用できなさそうな不安を抱えているのです。

 まず触れてみたいのは昨年の覇者マリアライト
 今年に入ってもハイレベルな宝塚記念を制すなど、実力に翳りはないように見えます。
 が、指数等からレースレベルを推測した際、昨年の当レースの内容は例年に比べてもかなり低調なものでしたし、今年に入っても大きく成長したという部分は見当たりません。
 そんな中で極端にハイレベルな競馬をしているのが、有馬・宝塚の両グランプリの舞台である中山2500mと、阪神内回り2200m。いずれも”小回り且つ直線に急坂がある”という設定で、こうした条件こそが本馬のベスト舞台なのでしょう。
 この2場に共通するのは、早めに動いて最後まで脚を使える持続力が重要であるという点。そのため、ある程度のスタミナを備えた馬が有利になりますが、そうした血統適性は今回の舞台である京都外回り2200mにもうっすらと通じるもの。直線が長く、しかも平坦という舞台は本来合わないはずですが、特殊な適性を求められる距離と舞台だった分が昨年の伸びに繋がったように思います。
 こうした2200mや2500mを得意とするタイプは、似たような条件下で何度も好走する、所謂”リピーター”になりがちですが、本馬の場合は昨年の時点で既に4歳。当レースにおける近年の”リピーター”はラキシスヌーヴォレコルトスノーフェアリーのように、3歳から4歳にかけての連続好走であることがほとんどですから、5歳の本馬が昨年以上の走りをしてくるという可能性は低いのではないかと感じています。
 前述の通り、適性ドンピシャの宝塚記念以外の走りは低調ですし、前走のオールカマーにしても、昨年と着順は同じでもレースレベルはかなり下。調教の動きも全く目立たないものでしたし、ここを叩かれてどこまで上向いてくるかが鍵となるでしょう。

 マリアライトに上積みなしと考えれば・・・

[もっと見る]

2016年11月10日(木) 17:30 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016エリザベス女王杯〜
閲覧 1,780ビュー コメント 0 ナイス 3

京都芝2200m右回りで行われるエリザベス女王杯
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■

4コーナーでラチが途切れて幅が広くなるので内をロスなく立ち回れる可能性が高い内枠が有利。
3コーナーから4コーナーにかけての下りでかなりスピードがつきやすいため、脚がもつならここから仕掛けるのがベストでしょう。
しかしここから仕掛けるのは通常の競馬からするとタイミングが早く、ロングスパートに自信がない、又は経験がない馬はスパートを遅れさせる傾向にあります。
この“下り“が遅くなるか速くなるかが、逃げが残るか差しが決まるか、の分かれ目なので、持続性のある脚を持っている馬をチェックしてペースを読むのが精度を上げるコツです。
問われる能力が特殊なため、他のコースでの好走は結果的に過大評価になることが多く、エリザベス女王杯に近い条件・展開での好走に注目するといいでしょう。

■前走の分析■

アスカビレン
●前走府中牝馬S G2 4着 (経由6頭)
直線で進路を探すのに手間取り、仕掛けが遅れる不利。
完全にスピードが乗ってからは勝ち馬以上の加速を見せており、スムーズならかなり追い詰めたはず。
勝負所でモタモタする面があるので京都外回りのように下りを利用出来る舞台なら巻き返せるだろう。
ただこの馬の問題は距離。
2000m戦のラストで脚が鈍っているのが気になり、またもともとは気性面に課題があることからも距離延長が歓迎とは思えない。
前々走は相手が弱すぎるのでどうにでもなったが、今回は相手強化でどこまでやれるのか。
秋華賞でそれなりの見せ場を作っていたので妥当な人気、もしくは穴人気のようなイメージ。

[もっと見る]

2016年11月10日(木) 16:30 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016エリザベス女王杯〜
閲覧 1,233ビュー コメント 0 ナイス 0

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.12・G1エリザベス女王杯編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7991
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。


前回の天皇賞(秋)編では、調教評価Aのリアルスティールが2着に好走。その他注目馬2頭も2着、3着と頑張ってくれました。調教がすべてではありませんが、調子の良い馬はよく走ってくれますので今週の調教分析にも注目して下さい。


◇優先出走馬◇

クイーンズリング
<前走時>1着  調教B   パドックB(スッキリした馬体で好仕上り)
休み明けで関東への輸送があるので1週前にデムーロ騎手で強めに追われ好時計。先週仕上げているので直前は軽めの内容。
<今回>調教A
休み明け2戦目で1週前にジョッキー騎乗で強めに追われていることは順調な証拠。動きも悪くなく、併せて先着しており、今年は良い状態で出走できそう。

◇賞金順◇

メイショウマンボ
<前走時>13着  調教C  パドックC(集中力、力強さなし)
脚も前に出ておらず、走りに力強さがない。
<今回>調教B
特に動きが悪い訳ではなく、時計も出ていて後は気持ちの問題。今回はジョッキー乗り替わりが刺激になるか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デンコウアンジュの口コミ


口コミ一覧

重賞の≪振り返り≫

 馬券のエース 2017年04月25日(火) 09:23

閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 5

会員ページの方に
☆今週の格上馬★結果
☆22日23日特別戦出走表★結果
★会員さんの結果報告
を更新してますので、【見直し】【復習】で使って下さい(*^^*)/

////////////

【今週の重賞】

≪福島牝馬S≫
1着:ウキヨノカゼ【馬指数2位】〔上がり1位〕【総タイム2位】
2着:フロンテアクイーン〔上がり4位〕【総タイム3位】
3着:クインズミラーグロ【馬指数5位】【総タイム2位】≪イケてる騎手≫

※ここもタイム指数2位と3位タイの馬だけで決着。◎ウキヨノカゼが脚質的には合わないかも!?
と思いつつも完勝!馬指数1位リーサルウェポン、穴指名のデンコウアンジュも見せ場があり、
狙った高配当まであと一歩。ドキドキを味わえるレースでした^^

≪マイラーズC≫
1着:イスラボニータ【馬指数1位】〔上げ幅1位〕≪G宜チポジ●≫
2着:エアスピネル【馬指数2位】〔テン2位〕〔上り2位〕【総タイム1位】≪好走ポジ●≫
3着:ヤングマンパワー〔上り4位〕

※京都開催になってから「関東馬ナシ」ではあったものの、指数も上げ幅も揃って1位の
イスラボニータが格上の1着。調教からも今回は「勝ちに来た」のが見えてましたね。
週中のデータやタイム指数から◎ブラックスピネルでしたが、イスラの単勝だけは
買ってました。

≪フローラS≫
1着:モズカッチャン〔上り2位〕【総タイム3位】
2着:ヤマカツグレース〔テン1位〕【総タイム2位】
3着:フローレスマジック【馬指数1位】〔上げ幅1位〕〔テン4位〕〔上り1位〕【総タイム1位】

※総タイム指数の1・2・3位で・・番人気の決着ヽ( ̄д ̄;)ノ
過去5年の3着以内馬の半数以上が≪好走ポジ●≫だったことから・モズカッチャンと
・タガノアスワドの2択でデータ的にも◎タガノを信用しての敗北。モズカッチャンを選択した方も
多かったみたいで、お見事でした♪指数表は間違いなかったですが、読み取る力が皆さんの
方が上でしたね(笑)(。>0<。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先週の皐月賞に引き続き、人気薄でもタイム指数上位馬の活躍が目立ちましたね♪
会場が変わって、スッカリそんなことは忘れての予想でしたが、お仲間さんの中には
それを考慮して的中された方も多いようで、正直…(;`д´)くやしいですっっ(笑)
ですが、馬券師ではないので、分析が合っている点は大変嬉しいことです♪
内容からするともっと勝ててたと反省の残る週でしたが、
今週のキョウイチは土曜京都メインの彦根S!
オーヴィレール/裕ぁ櫂錺ノヒビキ人気の2頭軸で馬連・3連複&
ワキノからのワイドW2点的中。
ココはワンポイントで推奨した3頭で決まって気持ち良かった(^o^)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

入会費のみで、何年でも毎週、分析情報を見て頂けます^^
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

 人参好 2017年04月23日() 12:38
マイラーCフローらS
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 3

福島牝馬は

馬場がいい福島、壊滅的なHまではならないと踏んで先行勢を中心に組立て。
12.4-11.1-11.4-12-12-11.8-11.8-12.1-12.2
とデンコウアンジュの捲りもあって先行壊滅的なペースに・・・・
かすりもせずの結果でした・・

3F目の11.4、そこから息も入れずなんですが、悩ましいのが5着リーサルウェポン5番手追走で5着と健闘。
追込みのリーサルウェポンが大外から先行で掲示板に残った はなんででしょうか?

福島芝はオレンジとピンクの帽子がメイン以外は非常に目立ちました。
10R伏拝特別では勝タイムが1.9.7で上りが35.6
1,2着が距離短縮組

ということからして芝状態がどうも読みとは違うのではないかと思ってます。
 1)力のいる馬場
 2)内は”やや”不利
   もパワー型のタイプはこなせる
 3)軽い馬場が得意なタイプは厳しそう

ではないかと疑っています上りが結構かかってますね。
京都、府中も同様で前行けば有利というほど高速馬場ではなさそう。




ではマイラーズC
これ、行くのはどの馬なんでしょうか
前走逃げたブラックスピネルかそれともイスラボニータか
大外引いたイスラが番手取りに行ったすきにハナ切りもありえそう、あるいはサンライズメジャーあたりかも
東京新聞杯と同じような展開になりそうで

 一連の流れを考えると以下が着順通りのレース上り

 京都金杯
  エアスピネル   34.9
  ブラックスピネル 34.7
  フィエロ     34.6

 東京新聞杯
  ブラックスピネル 32.7
  プロディガルサン 32.0
  エアスピネル   32.3

 エアスピネルとブラックスピネルはあんまり差がなくちょっとしたことで順が変わりそう。
 フィエロ、プロティガについては脚質や枠と展開でWスピネルと変わりそうで力の差はないと思います。

 今回展開はスローになりそうで後半勝負、34秒切るくらいかと
 少頭数で、よーいドン! となりそう。やっぱりディープか・・・となるような気がしてますが・・・

 ということで

 ◎フィエロ     前走高松使ったことで追走楽では?
 〇プロディガルサン 前走距離長かったか。
 ▲エアスピネル   枠内目の分  
 △イスラボニータ  外枠はきつそう
 △サンライズシャーク京都4勝


フローラS

 ◎ホウオウパフィーム
 〇タガアスワド
 ▲フローレンスマジック
 △ディーワパンサ
 △ザクイーン

 人気3頭が抜けてそう










 
  


 

[もっと見る]

 アイざん 2017年04月22日() 19:38
デンコウアンジュ
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 1

福島牝馬S。デンコウアンジュ狙いましたが、惜しくも4着
次に期待します!
ふら付くのは仕方ないか。
メジャーエンブレムを破った素質馬ですから、長い目でみますよ。

[もっと見る]

デンコウアンジュの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:129人 2016年10月25日(火) 21:53:26
2016.9.18(日)
前走は直線で前が壁になり少し外に出そうとした直後に他馬と接触し大失速。
正直不利がなければ勝ち負けまで行っていたのではと思えるような手応えでかなり成長を感じた。
スムーズな競馬で上位馬を脅かしたい。
1:
  花太郎18   フォロワー:129人 2016年10月24日(月) 22:08:30
2016年10月16日
前走は直線で窮屈になり外に出すロス。
この日はかなりの前残り状態で位置取りを考えたら相当中身の濃い競馬だった。
オークスでも他馬にぶつけられなかったらビッシュに迫っていただろうし地力は十分示している。
不利続きなので強烈な末脚で鬱憤を晴らしてほしい

デンコウアンジュの写真

デンコウアンジュ
デンコウアンジュ

デンコウアンジュの厩舎情報 VIP

2017年4月22日福島牝馬ステークス G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デンコウアンジュの取材メモ VIP

2017年4月22日 福島牝馬ステークス G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。