会員登録はこちら
フラワーカップ2017

2017年3月20日(

フラワーカップ G3

中山競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜フラワーカップ2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
ファンディーナは皐月賞挑戦へ
 20日のGIIIフラワーCで無傷の3連勝を飾ったディープインパクト産駒のファンディーナ(栗東・高野友和厩舎、牝3歳)は、牡馬相手の皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に向かうことが決まった。25日朝、高野調教師が発表したもので、「クラブ側からの要望もあって(皐月賞挑戦が)決まりました。馬の様子を見て、問題なさそうなので」とゴーサインを出したことを明かした。引き続き、岩田康誠騎手とコンビを組む。 また、皐月賞の後については、「結果次第ではダービーに行ってほしいということです」というクラブ側の要望もあり、牡馬2冠への挑戦も検討されている。フラワーCのレーティングは109ポンドというもので、シーザリオやダンスインザムードといった、のちの牝馬クラシック勝ち馬よりはるかに高い評価。3戦すべて相手を問題にしない圧勝の連続だけに、期待は膨らむばかりだ。 なお、皐月賞にはクラシック登録をしておらず、追加登録料を支払っての参戦となる。牝馬の皐月賞Vは1948年のヒデヒカリを最後に途絶えたまま。69年ぶりの快挙に向けて、レースぶりが注目される。★ファンディーナの競走成績はこちら
3月25日() 12:10

 2,342

【高松宮記念】レッツゴードンキ躍動感十分
 京都牝馬S優勝で完全復活した’15桜花賞馬レッツゴードンキは、栗東坂路で単走。気負う面はないがスピード感はたっぷりで、躍動感十分に好調をアピールした。ラスト1Fでやや仕掛けられると鋭く反応し、12秒4のフィニッシュだ。 「スカッと勝てたのが大きい。なかなか勝てなかった馬が、1つ勝つとポンポン行くのは少なくないから。(岩田)ジョッキーもあの勝利以降、いいところ(フラワーC=ファンディーナ)で勝っているしね」と、梅田調教師も絶“口”調。 6Fは未勝利も、「見た目、体がムキムキでいかにもスプリンターという感じ。気性は以前からスプリンター向きだったが、体型もそうなってきた。落ち着きが出てきたし、混戦の今年ならチャンス。きれいに乗った馬が勝つんじゃないかな」と、桜花賞前の強気が完全に戻ったようだ。(夕刊フジ)★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月23日(木) 11:38

 2,044

【3歳次走報】シーズララバイ、フローラSなど選択肢に
 ★ファルコンS快勝のコウソクストレート(美・中舘、牡)は22日、福島・ノーザンファーム天栄に移動。「疲れが出た」と中舘調教師。NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に使う場合は直行となる。 ★フラワーC2着シーズララバイ(美・竹内、牝)は、桜花賞を回避。サンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)などが選択肢に。
3月23日(木) 05:00

 1,096

【東西現場記者走る】ドンキ電撃“向きムキ”ボディー
 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI限定の連載企画「東西現場記者走る」。高松宮記念を担当するのは大阪サンスポの山口大輝記者(25)だ。初日のターゲットは京都牝馬Sを快勝して完全復活を果たしたレッツゴードンキ。6ハロン戦で2度目のGI制覇に挑む桜花賞馬の陣営を直撃した。 先週は土曜、月曜と両競馬場のメインレースが的中し、予想&馬券が好調と気分がいい。いきなりの雨天スタートに水を差されはしたが、気合は十分だ。雨がっぱで対策もばっちりとして、全休日の取材へ向かった。 初日のターゲットは、2015年の桜花賞馬レッツゴードンキだ。初めてのスプリント戦だった昨年は8着だったが、前走のGIII京都牝馬S(芝1400メートル)で1年10カ月ぶりの勝利と勢いがある。梅田調教師を直撃するとやはりトーンが高かった。「勝ちみに遅い馬は、ひとつ勝てばポンポンと勝つことがあるからね。前走の勝ちは大きいね。良薬になったよ」と、明るい表情だ。 その前走は中団から上がり3ハロン34秒0の末脚で、1番人気に応えた。逃げ切った桜花賞と違う戦法での勝利。気性面で成長したことの証明だ。指揮官は「レースにいくと変わらない部分もある」としながらも「装鞍所、パドック、返し馬と、ゲートを出るまでが、だいぶ落ち着いてきた」。戦前の体力の消耗が減り、レースぶりにも幅が出た。 「今は見た感じでも体がムキムキで、いかにもスプリンターって感じの体つきだよ」。桜花賞時に464キロだった馬体重も、前走時は502キロと40キロ近く増加。心身ともにたくましくなった。 ふと思い出したのが、以前に聞いた梅田調教師の言葉だ。「母がマルトクだもんね。成長力はあるよ」。父の梅田康雄元調教師が管理していた母は、2〜6歳時に5勝を挙げる活躍。その母の血が伝わったなら、5歳時の本格化も納得できる。 鞍上の岩田騎手も強力な味方だ。20日のGIIIフラワーCもファンディーナで快勝して、重賞3勝目を挙げたばかり。 「今年はみんな色気を持ってるからね。どれだけきれいに乗ったかで、勝ちが決まると思う。ジョッキーの調子が上がってきているのはいいんじゃない」 梅田調教師の笑顔に応援したい気持ちも芽生えたが、まだ初日。水、木曜の追い切りもじっくり吟味し、勝ち馬を探したい。 (山口大輝)★展望 確たる主役は不在で混戦ムードだが、夕刊フジ賞オーシャンSを快勝したメラグラーナ、ベストの距離に戻るシュウジ、京都牝馬S快勝で復活を果たしたレッツゴードンキ、昨秋のスプリンターズSを制したレッドファルクスなどが中心を形成する。他にも、この距離では底を見せていないセイウンコウセイ、ワンスインナムーンといった新星や、遅咲きの阪急杯勝ち馬トーキングドラム、さらに安定感のあるソルヴェイグなども上位をうかがう力量の持ち主。見応えある電撃戦となりそうだ。★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載東西現場記者走る 2014年の春から続くGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者たちが、トレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日。山口記者は初めてこの連載を担当した昨年のエリザベス女王杯で、3連単15万8930円を見事に的中した。
3月22日(水) 05:09

 1,852

【フラワーC】レース展望
 変則3日間開催の中山月曜メインは、3歳牝馬によるフラワーC(20日、GIII、芝1800メートル)。過去の優勝馬では桜花賞を制覇したのが2004年ダンスインザムード、06年キストゥヘヴンの2頭で、2着にも05年シーザリオ、10年オウケンサクラと好走例が多い。トライアルではないが、牝馬3冠初戦に関連が深く、シーザリオ、02年スマイルトゥモローとオークス馬も誕生しているレース。注目の一戦だ。 ファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)は新馬戦で9馬身差で逃げ切り、続く500万下・つばき賞でも1馬身3/4という着差以上に強い内容で好位から差し切って連勝中。前に行けるスピードがあり、かつ2走とも上がり3ハロンはメンバー中最速だった。気性が穏やかで、500キロを超す恵まれた馬体の持ち主。初の長距離輸送も問題なくこなせるだろう。栗東坂路での1週前追い切りで4ハロン50秒9の好タイムをマークし、さらに調子を上げている。中山の急坂克服が鍵になるが、ポテンシャルが高く、3連勝で重賞Vの可能性が濃厚だ。 ディーパワンサ(栗東・松下武士厩舎)はデビュー戦、中京2歳Sと連勝。その後もデイリー杯2歳S4着、阪神ジュベナイルフィリーズ4着と重賞でも堅実に走っている。レースセンスがよく、引っ掛かるタイプではないので、距離延長、スローペースでも不安はなさそうだ。引き続き上位が期待できる。 デアレガーロ(美浦・大竹正博厩舎)は新馬→500万下と連勝中。逃げてよし、控えてよしとレースセンスの高さが光る。少しテンションが高くなる面が課題ながら、2走は中山芝2000メートル、1800メートルだったので、舞台適性は高い。 コーラルプリンセス(美浦・高橋裕厩舎)は2走前の赤松賞で2勝目をゲット。スタートがいいほうではなく、前走のフェアリーSも最内枠で出遅れて馬群をさばき切れずに8着に終わったが、距離延長で追走が楽になりそうな今回は巻き返しがあっても不思議はない。 ハナレイムーン(美浦・堀宣行厩舎)は新馬勝ち後の前走のクイーンCで5着と掲示板に載り、素質の高さをアピール。中間は目立って速い時計は出していないが、ここを目標に順調に調整している。まだ体がきゃしゃで、もまれた場合に不安は残るが、枠順と立ち回り方次第で上位争いが可能だ。 キャリア1戦ながら新馬勝ちの内容が鮮やかだったウインシャトレーヌ(栗東・大久保龍志厩舎)、1ハロンの距離短縮と牝馬限定で見直せるサンティール(美浦・鹿戸雄一厩舎)。さらに、レースぶりが粗削りながらも能力は高いシーズララバイ(美浦・竹内正洋厩舎)や、中山コースはサフラン賞勝ちがあるトーホウアイレス(美浦・田中清隆厩舎)などにも注意が必要だ。★フラワーCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月13日(月) 18:08

 5,376

【フラワーC】怪物娘誕生!ファンディーナぶっちぎりV3
 第31回フラワーカップ(20日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走13頭)圧倒的1番人気に推された岩田康誠騎乗のファンディーナが、レース史上最大着差となる5馬身差をつけて重賞初制覇を飾った。タイム1分48秒7(良)。無傷の3連勝で牝馬クラシック戦線に名乗りを上げたが、桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かうかは未定。日本ダービーのクラシック登録も済ませており、今後の動向に注目が集まる。 遅れてきた大器が、裏路線からクラシックへの扉をこじ開けた。ファンディーナが単勝1・3倍の圧倒的な支持に応え、デビューから3連勝で重賞初制覇。全て牝馬で今年の重賞3勝目を飾った岩田騎手は、圧勝劇に笑みがはじけた。 「思った以上に走ってくれたし、期待通りに成長していると思います」 搭載エンジンが違う。スタートからスピードの違いを見せて楽に2番手につけると、軽く仕掛けられただけで4コーナーで先頭を奪い、直線では独壇場。鞍上が冷静にターフビジョンを見る余裕があり、ほとんど追われることなく後続をぶっちぎった。2着につけた5馬身差がレース史上最大なら、勝ちタイム1分48秒7も他場での代替開催を除けばレースレコードだ。 「完歩が違うので、無理に抑えることなく反応してくれました。レースに行ったらすごく言うことを聞いてくれます」とジョッキーはべた褒め。2着に9馬身差をつけた衝撃のデビュー戦からわずか57日。土つかずで重賞タイトルを手にし、堂々とクラシック戦線に名乗りを上げた。 フラワーCの優勝馬として単勝支持率60・2%は、2004年の桜花賞馬ダンスインザムードの65・1%に次ぎ、05年のオークス馬シーザリオの59・5%を上回った。のちにクラシックを制した名牝2頭に割って入る数字が、さらに大きな飛躍を予感させる。 高野調教師は「輸送は思ったよりスムーズだったし、テンションやカイ食いも問題なかった。それが一番の収穫です」と安堵(あんど)の表情。今後については「馬の状態を見てから」と明言を避けたが、早くから期待が高く、日本ダービー(5月28日)のクラシック登録も済ませてある。桜花賞を2勝しているジョッキーが「(距離の短縮にも延長にも)どっちでも対応できる」と太鼓判を押すように、どこに駒を進めても主役になることは間違いない。 タイ語で「良い夢を」と名付けられたファンディーナが夢見る先には、輝かしい飛躍のステージが待っている。 (藤沢三毅)★20日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら
3月21日(火) 05:05

 4,158

【フラワーC】牝馬限定戦ならシーズララバイ
 シーズララバイは昇級してから(4)(6)着だが、勝ったウインブライト、トリコロールブルーはともにフジテレビ賞スプリングSに出走と、いずれもかなり強力な牡馬が相手だった。 牝馬同士なら激変の可能性を秘めているだけに、けいこにも熱がこもる。16日の坂路ではラスト1F12秒7をマークし、「いい状態で臨めますね。それほど強い攻め馬は必要ないタイプだけど、いい姿勢で駆け上がっていた」と、竹内調教師は目を細めていた。 「前走は意識的に控えたが、うまく折り合い最後は伸びてきた。これまでやってきた相手とこの馬の脚を考えれば、重賞でも足りるはずです」と開業3年目、38歳のヤングトレーナーはイケイケムード。自慢の末脚で大物食いだ。(夕刊フジ)★フラワーCの枠順はこちら 調教タイムも掲載
3月18日() 11:37

 3,795

【フラワーカップ】特別登録馬
2017年3月20日(月)に中山競馬場で行われるフラワーカップ(GIII)の登録馬は以下の通り。ウインシャトレーヌ 牝3エバープリンセス 牝3コーラルプリンセス 牝3サクレエクスプレス 牝3サンティール 牝3シーズララバイ 牝3デアレガーロ 牝3ディーパワンサ 牝3トーホウアイレス 牝3ドロウアカード 牝3ハナレイムーン 牝3ファンディーナ 牝3ブライトムーン 牝3モリトシラユリ 牝3ヴィーナスアロー 牝3◆フラワーカップ(GIII)の重賞攻略はこちら。
3月12日() 17:30

 3,734

フラワーCのニュースをもっと見る >

フラワーCの直前追い切り情報をもっと見る >

フラワーCの口コミ情報をもっと見る >

●フラワーカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜フラワーカップ2017〜

第31回 フラワーカップ G3

2017年3月20日()中山11R 芝1800m 13頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 12 94.8 ファンディーナ 牝3 54.0 岩田康誠 高野友和 栗東 508(-4) 1.3 1 1.48.7
2 5 6 86.0 シーズララバイ 牝3 54.0 柴田善臣 竹内正洋 美浦 422(-4) 76.1 8 1.49.5
3 6 8 82.3 ドロウアカード 牝3 54.0 武豊 角田晃一 栗東 442(0) 48.6 7 1.49.5 クビ
4 8 13 80.8 エバープリンセス 牝3 54.0 吉田豊 久保田貴 美浦 440(-4) 234.1 12 1.49.6 クビ
5 7 10 89.9 ハナレイムーン 牝3 54.0 A.シュタ 堀宣行 美浦 420(-2) 12.0 4 1.49.7 3/4
6 1 1 90.0 ディーパワンサ 牝3 54.0 内田博幸 松下武士 栗東 440(+8) 9.1 3 1.49.7 クビ
7 4 4 84.6 サンティール 牝3 54.0 津村明秀 鹿戸雄一 美浦 450(-4) 21.6 5 1.49.9 1 1/4
8 5 7 83.1 トーホウアイレス 牝3 54.0 蛯名正義 田中清隆 美浦 468(+4) 78.7 10 1.50.0 3/4
9 3 3 83.1 モリトシラユリ 牝3 54.0 江田照男 堀井雅広 美浦 482(0) 45.6 6 1.50.0 ハナ
10 6 9 80.7 サクレエクスプレス 牝3 54.0 大野拓弥 加藤征弘 美浦 480(+4) 157.0 11 1.50.1 1/2
11 4 5 87.2 デアレガーロ 牝3 54.0 C.ルメー 大竹正博 美浦 470(-2) 6.0 2 1.50.4 1 3/4
12 2 2 77.8 ブライトムーン 牝3 54.0 田辺裕信 大久保龍 栗東 414(0) 76.3 9 1.50.4 クビ
13 7 11 82.6 ヴィーナスアロー 牝3 54.0 吉原寛人 金田一昌 金沢 392(-25) 481.0 13 1.51.6
ラップタイム 12.6-11.9-12.0-12.3-12.3-12.3-12.4-11.2-11.7
前半 12.6-24.5-36.5-48.8-61.1
後半 59.9-47.6-35.3-22.9-11.7

■払戻金

単勝 12 130円 1番人気
複勝 12 110円 1番人気
6 540円 7番人気
8 580円 8番人気
枠連 5-8 1,460円 5番人気
馬連 6-12 2,370円 8番人気
ワイド 6-12 920円 9番人気
8-12 970円 11番人気
6-8 8,460円 46番人気
馬単 12-6 2,560円 10番人気
3連複 6-8-12 13,990円 41番人気
3連単 12-6-8 36,520円 103番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜フラワーカップ2017〜

フラワーCのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜フラワーカップ2017〜

2016年 フラワーカップ 2016年3月21日(月) 中山11R 芝1800m 良 16頭

フラワーカップ2016

1着 9 エンジェルフェイス 2.9倍(1人気) 福永祐一 1:49.3 91.8
2着 3 ゲッカコウ 6.7倍(2人気) 松岡正海 1 1/4 90.4
3着 10 ウインクルサルーテ 96.6倍(14人気) 秋山真一郎 ハナ 90.4
単勝 9 290円(1人気) 3連複 3−9−10 24,920円(90人気)
馬連 3−9 1,120円(1人気) 3連単 9→3→10 82,600円(279人気)

2015年 フラワーカップ 2015年3月21日() 中山11R 芝1800m 良 16頭

フラワーカップ2015

1着 1 アルビアーノ 3.2倍(1人気) 柴山雄一 1:49.4 91.1
2着 5 アースライズ 58.9倍(12人気) 三浦皇成 1 1/2 89.8
3着 12 ディアマイダーリン 3.8倍(2人気) M.デムーロ ハナ 89.8
単勝 1 320円(1人気) 3連複 1−5−12 14,380円(43人気)
馬連 1−5 12,520円(37人気) 3連単 1→5→12 83,850円(242人気)

2014年 フラワーカップ 2014年3月21日() 中山11R 芝1800m 良 16頭

フラワーカップ2014

1着 7 バウンスシャッセ 6.8倍(3人気) 北村宏司 1:51.3 91.7
2着 9 マイネグレヴィル 7.1倍(4人気) 柴田大知 89.7
2着 13 パシフィックギャル 11.2倍(6人気) A.シュタルケ 同着 89.7
単勝 7 680円(3人気) 3連複 7−9−13 7,750円(24人気)
馬連 7−9 1,110円(8人気) 3連単 7→9→13 20,200円(128人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/16
フラワーカップ
中山 14 サクラプレジール 3.6倍 2 横山典弘 1:50.0 88.9
2012/03/17
フラワーカップ
中山 16 オメガハートランド 10.2倍 6 石橋脩 1:53.3 90.7
2011/03/26
フラワーカップ
阪神 18 トレンドハンター 8.6倍 5 岩田康誠 1:47.0 94.5
2010/03/20
フラワーカップ
中山 16 オウケンサクラ 7.9倍 3 後藤浩輝 1:50.3 96.4
2009/03/21
フラワーカップ
中山 16 ヴィーヴァヴォドカ 43.6倍 11 村田一誠 1:49.3 92.2
2008/03/22
フラワーカップ
中山 16 ブラックエンブレム 2.0倍 1 松岡正海 1:49.5 91.4
2007/03/17
フラワーカップ
中山 16 ショウナンタレント 2.4倍 1 柴田善臣 1:49.6 91.2
会員登録はこちら

●フラワーカップ 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜フラワーカップ2017〜

フラワーカップは、1969年に中山競馬場芝外回り1600mの4歳(現3歳)牝馬限定別定オープン特別競走、フラワーカップとして施行されたのが始まり。
1987年からは中山競馬場芝1800mの4歳(現3歳)牝馬限定別定重賞(GIII)競走、フラワーカップとして新設され、関東圏における桜花賞の前哨戦として位置付けされた。

桜花賞のトライアル競走ではないため、優先出走権は得られないが、同じ中山競馬場で施行される桜花賞トライアルのアネモネステークスより、多くの美浦の有力馬が賞金加算狙いで出走してくるため、桜花賞の前哨戦として重要な競走に位置付けられている。本競走から桜花賞までのローテーションが中2週ときつく、距離・コースとも異なるため、本競走で好成績をあげた馬が桜花賞で連対することはほとんどなかったが、2000年代になると本競走の優勝馬が桜花賞でも好成績を残しており、新しいローテーションとして定着しつつある。

GIII格付け以後の優勝馬には、ホクトベガシーキングザパールスマイルトゥモローダンスインザムードシーザリオキストゥヘヴンブラックエンブレムなどがいる。


☆フラワーカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る