アマルフィコースト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 黒鹿毛 2015年2月5日生
調教師牧田和弥(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金2,316万円
収得賞金1,200万円
英字表記Amalfi Coast
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ジプシーハイウェイ
血統 ][ 産駒 ]
High Chaparral
Rose Gypsy
兄弟 モンテエイネン
前走 2017/07/22 報知杯中京2歳S OP
次走予定

アマルフィコーストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/22 中京 9 中京2歳S OP 芝1600 7331.811** 牝2 54.0 浜中俊牧田和弥454(0)1.34.7 -0.034.3⑤⑤⑤アドマイヤアルバ
17/06/10 阪神 5 2歳新馬 芝1400 12445.121** 牝2 54.0 浜中俊牧田和弥454(--)1.22.1 -0.335.2スカーレットカラー

アマルフィコーストの関連ニュース

 現2歳世代最初の特別レース・中京2歳S(OP、芝1600メートル)が22日、中京9Rで7頭によって争われ、浜中騎手が騎乗した1番人気アマルフィコースト(栗・牧田、牝、父ダイワメジャー)が5番手から鋭く伸び、外から迫った2番人気アドマイヤアルバとの追い比べをクビ差で制した。

 タイム1分34秒7(良)。浜中騎手は「新馬戦(逃げ切り)とは違う競馬でしたが、センスがあるぶん、うまく対応してくれました。この時期に2勝して賞金加算できたのはよかったですね」と満足顔だった。次走は未定。

★22日中京9R「中京2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

【中京2歳S】世代初のOP勝ちは牝馬のアマルフィコースト 2017年7月22日() 14:49

 7月22日の中京9R・中京2歳ステークス(2歳オープン、別定、芝1600メートル)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気アマルフィコースト(牝、栗東・牧田和弥厩舎)が7頭立ての5番手追走から、直線は外から伸びてV。タイムは1分34秒7(良)。さらに外を伸びた2着のアドマイヤアルバ(2番人気)の追撃をクビ差しのいだ。さらに4馬身差遅れた3着には逃げ粘ったナムラバンザイ(5番人気)。

 アマルフィコーストは、父ダイワメジャー、母ジプシーハイウェイ、母の父ハイシャパラルという血統。母はアイルランド産で2010年ミエスク賞・仏GIIIの2着馬。祖母のローズジプシーは2001年仏1000ギニー・仏GIの勝ち馬。

 ◆浜中俊騎手(1着 アマルフィコースト)「新馬戦と違う形になりましたが、センスがあるぶん対応してくれました。この時期に2勝することができて賞金を加算できたことが良かったです。まだ伸びしろがありそうですね」

★22日中京9R「中京2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】アマルフィコースト、中京2歳Sへ2017年6月28日(水) 05:00

 ★10日阪神の新馬戦(芝1400メートル)を逃げ切ったアマルフィコースト(栗・牧田、牝)は中京2歳S(7月22日、中京、OP、芝1600メートル)へ。

 ★24日函館の新馬戦(芝1200メートル)を勝ったアリア(栗・沖、牝)は函館2歳S(7月23日、函館、GIII、芝1200メートル)を目指す。

 ★24日阪神の新馬戦(芝1200メートル)を快勝したイイコトズクシ(栗・音無、牡)はフェニックス賞(8月12日、小倉、OP、芝1200メートル)へ。

 ★17日東京の新馬戦(ダ1400メートル)を圧勝したマイネルユキツバキ(美・高木、牡)は流動的だが、北海道2歳優駿(10月31日、門別、交流GIII、ダ1800メートル)が視野に。

[もっと見る]

【2歳新馬】阪神5R アマルフィコーストが逃げ切りV 2017年6月10日() 12:30

 6月10日の阪神5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、浜中俊騎手騎乗の2番人気アマルフィコースト(牝、栗東・牧田和弥厩舎)が熾烈な先行争いを制して先手を取り、直線、後続を突き放してデビュー勝ち。タイムは1分22秒1(良)。

 1馬身3/4差の2着には大外から追い込んだスカーレットカラー(3番人気)、さらに2馬身半遅れた3着に好位追走から最内を伸びたステラローザ(4番人気)。

 アマルフィコーストは、父ダイワメジャー、母ジプシーハイウェイ、母の父ハイシャパラルという血統。母は2010年ミエスク賞・仏GIIIの2着馬。祖母のローズジプシーは2001年仏1000ギニー・仏GIの勝ち馬。

 ◆浜中俊騎手(1着 アマルフィコースト)「調教通り、反応がよかった。最後も余裕がありましたし、センスの高さが光りました」

★10日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】アマルフィコースト2017年6月10日() 05:00

 【阪神5R】母は仏GIII2着の実績。一族にはGIカナディアン国際Sを勝ったヒルスターがいる。5月31日の1週前追い切りでCWラスト1ハロン11秒6の切れ味を披露し、併走馬に5馬身先着。今週7日も余裕をもって坂路4ハロン53秒7−12秒6と動きの良さが目立つ。「スタートは速い部類だし、追ってからの反応もいい。初戦から」と牧田調教師は確かな手応えを感じている。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】アマルフィコースト仕上がりOK2017年6月9日(金) 10:58

 【阪神5R】ダイワメジャー産駒のアマルフィコーストは、先週のCWコースで同期を1秒ぶっちぎり、浜中騎手が乗った今週の坂路では馬なりのまま4F53秒7、ラスト1F12秒6。性能の高さと仕上がりの良さを見せつけた。「反応がいいし、スタートも速い。初戦から動けそうだね」と牧田調教師。内回りの芝7Fも合いそうだ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

アマルフィコーストの関連コラム

閲覧 894ビュー コメント 0 ナイス 5

 先週末9月2日の札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月3日の小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)をもって、「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンが終了。既にアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と4頭のJRA重賞ウイナーが誕生しました。いわゆる“POG本”の発売日が集中している4月下旬からは4か月ほど経過していますし、一般的な“POG期間”も残すところ2017年の秋季競馬と2018年の春季競馬だけ。全体の3分の1くらいは消化したと考えている方が多いかもしれません。

 しかし“POG期間”中の総賞金額に対する割合で見ると、(2歳時の)夏季競馬が占めているのは全体の1割程度。残る9割の賞金(≒ポイント)は今週以降のレースで奪い合うことになります。しかも、G1、G2、G3、オープンの各ワールドは今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されるため、既出走馬を含むすべての2歳馬に入札可能。これから参加するプレイヤーでも十分に優勝を狙えるのがウマニティPOGの醍醐味です。つい最近になって会員登録を済ませたばかりという方もぜひご参加ください!

 今回は先週末9月3日終了時点、すなわち「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンにおける各ワールドの戦況をまとめてみました。ゲーム全体から見ればごく一部に過ぎない時期ではあるものの、「上手いプレイヤーの大半は序盤からそれなりに結果を出せる」というのも否定しがたい事実。今後もしばらくは優勝争いを牽引するであろう猛者たちの指名から、今週以降の入札や来シーズン以降の戦略を考えるうえで参考になりそうな教訓を読み取っていきましょう。

 1頭1オーナー制で争われているスペシャルワールドは、カシアスを獲得しているサウスさんがトップ。既に15頭の指名馬がデビューを果たしたうえ、15頭すべてが賞金を獲得しています。おそらく早期デビュー組を狙う作戦だったのだと思いますが、スペシャルワールドは大半の素質馬がデビュー前の入札で指名されてしまう(=他のプレイヤーが指名できなくなってしまう)ため、希望通りの馬を揃えるのは至難の業。それでいてこの“高打率”はお見事と言うほかありません。サウスさんは未出走組に良血馬が控えていますし、まだまだ獲得ポイントを伸ばしてきそうです。
 ただし、スペシャルワールドの上位グループは混戦模様。サウスさんの総獲得賞金は1億1199万円ですが、2位の藤沢雄二さん、3位のよ〜じさん、4位のmizumizuさん、5位のろーりんぐえっぐさんもそれぞれ9千万円を超えていました。今後もしばらくは頻繁に首位が入れ替わる展開となるでしょう。
 なお、個人的に興味を惹かれているのはアマルフィコースト(ジプシーハイウェイの2015)などを指名しているろーりんぐえっぐさん。まだ12頭しか指名していないため、他のプレイヤーが獲得していない馬であれば、デビュー戦を見てから追加指名することもできます。ここから先はどんな作戦で臨むのか、非常に楽しみです。

 G1ワールドはスペシャルワールド以上の大混戦。1億0968万円を獲得したジャガリコライトさんがトップとなったものの、たいぎぃさんが1億0541万円、ウーピンさんが1億0473万円、九州の田舎者さんが1億0246万円で続いていました。もっとも、首位で夏季競馬を終えたジャガリコライトさんは、アサクサゲンキカシアスをそれぞれデビュー前に獲得。他にも高額なポイントで落札した良血馬が控えていますし、もうしばらく優勝争いを引っ張っていく可能性が高いんじゃないでしょうか。

 G2ワールドは9319万円を獲得した岡八郎さんが一歩リード。7625万円のナリタブライアンさんが2位につけています。ちなみに、トップ10のうち6名のプレイヤーはロックディスタウンを指名していましたが、岡八郎さんはアイアンクロー(ヤマノアイリーの2015)が、ナリタブライアンさんはタイセイプライド(キャニオンリリーの2015)が出世頭で、いずれも重賞ウイナーを指名していません。それでも首位争いをしているのは、指名した馬たちが満遍なくポイントを稼いでいる証拠。これは私がPOGにおいて理想としているスタイルでもあり、今後が楽しみです。

 G3ワールドは1億1559万円を獲得したキーコ21歳さんが単独トップ。ロックディスタウンファストアプローチ(ジョリージョコンドの2015)を指名しており、札幌2歳ステークスで一気にポイントを伸ばしてきました。ロックディスタウンなどデビュー後に指名している馬も多いのですが、デビュー前の入札で獲得した馬たちも堅実に勝ち上がっており、今後はこれらの馬たちによってどこまで獲得賞金を伸ばせるかがポイントになるでしょう。

 オープンワールドの首位は1億2300万円を獲得した2743d9090fさんカシアスゴールドクイーン(サザンギフトの2015)、ステルヴィオ(ラルケットの2015)、フロンティアと、既に4頭の指名馬がオープンクラスのレースを制しています。このあたりが順調に出世していくようなら、このままPOGシーズンの終盤まで優勝争いをリードしていく可能性もありそうです。

 現在行われている第15回入札は9月8日の11:00が締め切り。スペシャル以外の各ワールドは仮想オーナー募集枠が解放されたばかりですし、秋季競馬の開幕に合わせて追加指名を検討しているプレイヤーが多いんじゃないでしょうか。まだどの馬に入札するか迷っているのであれば、好調なプレイヤーの戦略ならびに選択も参考にしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月1日(火) 20:23 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第5回 U指数的既出走馬分析〜
閲覧 1,222ビュー コメント 0 ナイス 12

今年の6月3日から7月30日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースは98鞍。既に763頭が“デビュー”を果たし、そのうち96頭が勝ち上がりました。7月22日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアマルフィコーストが、7月23日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)ではカシアスが2勝目をマークしています。既に重賞ウイナーの仮想オーナーとなったプレイヤーがいる一方、私のようにまだ“デビュー”した馬すらいないというプレイヤーもいるわけで、ある意味コントラストがはっきりしている時期ですね。

 もっとも、本当に明暗が分かれるのはまだまだ先。既に仮想オーナー枠を使い切っている私も「脚をためる作戦なので全馬未出走なのは予定通り!」「ダービーデイまでにゴボウ抜きしてやるぜ!」などと強がっていられますし(笑)、G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますので、評判馬や良血馬、そして既に結果を残している馬などを追加指名することができます。ウマニティPOGの特性を考えると、スペシャル以外のワールドは、むしろ今月以降の時期が指名馬選びの本番とすら言えるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月23日終了時点。以下同)。

●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m カシアス 87.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ウインジェルベーラ 87.7
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アマルフィコースト 86.9
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤアルバ 86.9
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アリア 86.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m デルマキセキ 85.7
●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パッセ 84.7
●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4

 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。上記のベスト10が中京2歳ステークスや函館2歳ステークスの上位馬ばかりなのは当然です。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。こうした傾向を踏まえたうえで分析するのがセオリーと言えます。

 各馬の特性を加味するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月04日 東京05R 芝1600m ステルヴィオ 81.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●06月04日 阪神05R 芝1400m ヴァイザー 80.3
●06月10日 阪神05R 芝1400m アマルフィコースト 79.9
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●06月04日 阪神05R 芝1400m タガノスカイハイ 79.4
●06月04日 阪神05R 芝1400m タニノミステリー 79.4
●07月15日 福島05R 芝1200m オジョーノキセキ 79.3
●06月18日 阪神05R 芝1600m コスモインザハート 79.3
●07月02日 福島06R 芝1200m パッセ 79.2

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」で2位に食い込んでいたのがアエロリット(アステリックスの2014)。その後の活躍ぶりは皆さんもご存じの通りです。当時のコラムで私がアエロリットを「血統的にも将来性が高そう」と評していたように、「U指数」以外の面でも強調材料がある馬は要注目だと思います。今年はステルヴィオ(ラルケットの2015)、ノームコア(クロノロジストの2015)あたりが面白そう。ぜひ注目してみてください。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4
●07月09日 中京01R 芝1600m シュバルツボンバー 84.3
●07月02日 中京01R 芝1400m コーディエライト 84.1
●07月09日 福島02R 芝1200m ビリーバー 83.9
●07月09日 福島02R 芝1200m リープフラウミルヒ 82.9
●07月08日 中京01R 芝1200m ナムラバンザイ 81.9
●07月23日 函館01R 芝1200m キョウエイルフィー 81.6
●07月23日 中京01R 芝1600m シャルルマーニュ 81.4
●07月23日 中京01R 芝1600m タニノミステリー 81.4

 スカーレットカラー(ヴェントスの2015)が勝ち上がった7月23日の中京01R(2歳未勝利・芝1600m)では、2着のシャルルマーニュ(エイブルアローの2015)や3着のタニノミステリー(ブライダルベールの2015)も高い「U指数」をマーク。レベルが高い一戦だったのかもしれませんね。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●07月08日 中京06R ダ1400m マイネルオスカル 81.5
●06月17日 阪神05R ダ1200m ゴールドクイーン 81.3
●07月08日 中京06R ダ1400m レディバード 80.9
●06月17日 阪神05R ダ1200m ヴィグラスファイア 78.0
●06月17日 阪神05R ダ1200m マッスルマサムネ 78.0
●07月08日 中京06R ダ1400m ドンフォルティス 77.6
●07月08日 中京06R ダ1400m アサクサゲンキ 77.6
●06月17日 東京05R ダ1400m マイネルユキツバキ 77.3
●07月15日 福島06R ダ1150m ココロノイコロ 76.8
●07月15日 福島06R ダ1150m ハルキストン 75.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月22日 中京01R ダ1200m マッスルマサムネ 82.1
●07月09日 福島01R ダ1150m コスモジョーカー 81.9
●07月15日 函館01R ダ1000m シンデレラマキ 80.0
●07月22日 中京01R ダ1200m バイラ 79.5
●07月09日 福島01R ダ1150m ヴォルフスブルク 79.1
●07月09日 福島01R ダ1150m ドリュウ 78.4
●07月22日 中京01R ダ1200m メイショウオーパス 74.2
●07月09日 福島01R ダ1150m コントラスト 72.9
●07月09日 福島01R ダ1150m パリモンマルトル 72.9

 それぞれ芝を主戦場としてきた馬よりは落札しやすいと思いますし、芝のビッグレースで活躍するだけのポテンシャルがある馬も混ざっていそう。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年7月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(56)
閲覧 2,560ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年07月22日(土) 中京09R スポーツ報知杯 中京2歳ステークス
【“JRA、かつ新馬のレース”において4コーナーを4番手以内で通過した経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-3-6](複勝率60.0%)
●なし [0-0-0-14](複勝率0.0%)
→デビュー戦の内容を素直に評価したい一戦。“JRA、かつ新馬のレース”において連対経験がない馬も2014年以降[0-0-0-14](複勝率0.0%)と上位争いに食い込めていません。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ新馬のレース”において4コーナーを4番手以内で通過した経験があるのは、アドマイヤアルバアマルフィコーストナムラバンザイマイネルエメの4頭だけ。“JRA、かつ新馬のレース”において連対経験があるのは、アドマイヤアルバアマルフィコーストスカーレットカラーナムラバンザイマイネルサイルーンの5頭だけです。


▼2017年07月23日(日) 福島11R 福島テレビオープン
【前走の出走頭数別成績(2013年以降)】
●12頭以下 [0-0-1-12](複勝率7.7%)
●13頭以上 [4-4-3-27](複勝率28.9%)
→前走が少頭数のレースだった馬は人気を裏切りがち。今年は出走馬の大半の馬がこの条件に引っ掛かりそうなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
福島芝1800m×タニノギムレット×無条件
→複勝回収率277%


▼2017年07月23日(日) 函館11R 函館2歳ステークス
【“JRA、かつ芝、かつ4コーナー通過順が3番手以内だったレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [5-4-5-37](複勝率27.5%)
●なし [0-1-0-28](複勝率3.4%)
→ダートのレースを勝ち上がってきた馬、先行力が高くない馬は不振。また、出走数が2戦以上だった馬も2012年以降[0-2-0-27](複勝率6.9%)と安定感を欠いています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

アマルフィコーストの口コミ


口コミ一覧
閲覧 116ビュー コメント 8 ナイス 36

秋の10番勝負見ました。

なので、自分の買い目を発表します。

スプリンターズステークス・・・メラグラーナ

秋華賞・・・カワキタエンカ

菊花賞・・・ミッキースワローかウインガナドル

天皇賞秋・・・ソウルスターリング

ダートのチャレンジカップ・・・エピカリス

エリ女・・・ヴィブロス

マイル・・・グランシルク

JC・・・レイデオロ

有馬・・・キタサンブラック

ここからは1着15Pです。

阪神JF・・・アマルフィコースト

朝日FS・・・ステルビオ

ホープフルS・・・ワグネリアン

で、いっきま〜〜〜す。

どの馬が出走するかもわからないので、プロの方が考える出走情報を、全面的に信じます。

ではでは・・・

 テラーダ 2017年9月17日() 14:28
【2歳戦評価 】2回新潟まとめ
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】2回新潟まとめ
7/29〜9/3

新潟2歳S
フロンティア 107 2歳重賞・1600万クラス

新潟2歳S
アマルフィコースト 108 2歳OP・1000万クラス
テンクウ 108 2歳OP・1000万クラス

ロックディスタウン 108 2歳OP・1000万クラス
エントシャイデン 108 2歳OP・1000万クラス
ウラヌスチャーム 109 2歳OP・1000万クラス

ラッキーライラック 111 500万クラス
カーボナード 111 500万クラス
サンリヴァル 111 500万クラス
ダリア賞
タイセイプライド 111 500万クラス

ミュージアムヒル 112 500万2着クラス
サクステッド 113 500万2着クラス
マイティーワークス 113 500万2着クラス
オウケンムーン 113 500万2着クラス
スターフィールド 113 500万2着クラス

ピカピカ 114 未勝利クラス
クレバーバード 114 未勝利クラス
マドモアゼル 115 未勝利クラス
ニシノコデマリ 115 未勝利クラス
ロードトレジャー 115 未勝利クラス
エングローサー 116 未勝利クラス
ルリハリ 116 未勝利クラス
ロジャージーニアス 116 未勝利クラス
フローラルシトラス 116 未勝利クラス
セイウンリリシイ 116 未勝利クラス
ニシノウララ 118 未勝利クラス
ダンツセイケイ 119 未勝利クラス
ルッジェーロ 119 未勝利クラス
ノーブルバルカン 119 未勝利クラス
アトレヴィード 119 未勝利クラス
ランスマン 119 未勝利クラス
オーデットエール 123 未勝利クラス

去年の同開催の指数
ヴゼットジョリー 110
コウソクストレート 111

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。

[もっと見る]

 テラーダ 2017年9月17日() 01:36
【2歳戦評価 】9/2.3
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 2

【2歳戦評価 】9/2.3

新潟
カーボナード 111 500万クラス
サンリヴァル 111 500万クラス
オウケンムーン 113 500万2着クラス
ランスマン 119 未勝利クラス

小倉
アンヴァル 108 2歳OP・1000万クラス
シャルドネゴールド 109 2歳OP・1000万クラス
メイショウテッコン 109 2歳OP・1000万クラス
小倉2歳S
アサクサゲンキ 111 500万クラス

札幌
札幌2歳S
ロックディスタウン 109 2歳OP・1000万クラス
スズカフェラリー 109 2歳OP・1000万クラス
リュウノユキナ 110 500万クラス
マイハートビート 113 500万2着クラス
ドラゴンハート 115 未勝利クラス
タイセイアベニール 115 未勝利クラス
 
2週間かけてリニューアルしたので指数が変わってる馬が多いですが精度は上がっているはずです。

牡馬
1位 ワグネリアン 103 
2位 ルーカス 106
3位 レイエンダ 107
3位 ステルヴィオ 107
5位 ダノンプレミアム 108
5位 テンクウ 108
5位 エントシャイデン 108
8位 カシアス 109
8位 ジナンボー 109
8位 シュバルツボンバー 109
8位 シャルドネゴールド 109 NEW
8位 メイショウテッコン 109 NEW

牝馬
1位 ダノングレース 106
2位 モズスーパーフレア 107
3位 ロックディスタウン 108
3位 コーディエライト 108
3位 アンヴァル 108 NEW
6位 ウラヌスチャーム 109
6位 ペイシャルアス 109 
6位 レッドレグナント 109
6位 スズカフェラリー 109 NEW 
10位 アマルフィコースト 110




  

[もっと見る]

⇒もっと見る

アマルフィコーストの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アマルフィコーストの写真

投稿写真はありません。

アマルフィコーストの厩舎情報 VIP

2017年7月22日報知杯中京2歳S1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アマルフィコーストの取材メモ VIP

2017年7月22日 報知杯中京2歳S 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。