注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ノボバカラ(競走馬)

注目ホース
ノボバカラ
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月8日生
調教師天間昭一(美浦)
馬主株式会社 LS.M
生産者萩澤 泰博
生産地新ひだか町
戦績26戦[7-4-5-10]
総賞金16,773万円
収得賞金6,135万円
英字表記Nobo Baccara
血統 アドマイヤオーラ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
ビワハイジ
ノボキッス
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
ライズキッス
兄弟 ノボピュアリティノボサイボーグ
前走 2017/06/18 函館スプリントS G3
次走予定

ノボバカラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/18 函館 11 函館SS G3 芝1200 132240.8107** 牡5 57.0 浜中俊天間昭一502(-16)1.07.5 0.733.5⑬⑬ジューヌエコール
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1681618.4716** 牡5 57.0 柴田大知天間昭一518(+9)1.25.6 2.637.6⑩⑨カフジテイク
16/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------3** 牡4 58.0 内田博幸天間昭一509(--)1.26.3 0.5----ニシケンモノノフ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 16114.931** 牡4 57.0 内田博幸天間昭一512(-2)1.10.2 -0.336.9ニシケンモノノフ
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16476.539** 牡4 57.0 R.ムーア天間昭一514(+6)1.34.8 1.036.1タガノトネール
16/09/22 大井 11 東京盃 G2 ダ1200 14--------9** 牡4 56.0 C.ルメー天間昭一508(--)1.13.2 1.3----ドリームバレンチノ
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 158143.311** 牡4 57.0 M.デムー天間昭一498(-10)1.22.1 -0.136.6ニシケンモノノフ
16/06/09 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 13--------2** 牡4 57.0 桑村真明天間昭一508(--)1.09.9 0.0----ダノンレジェンド
16/05/03 名古 11 かきつばた記 G3 ダ1400 10--------1** 牡4 54.0 M.デムー天間昭一504(--)1.27.0 -0.4----ブルドッグボス
16/04/02 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 148144.231** 牡4 56.0 M.デムー天間昭一502(0)1.22.7 -0.136.1タイセイファントム
16/03/12 中京 12 納屋橋S 1600万下 ダ1400 12333.021** 牡4 57.0 戸崎圭太天間昭一502(-2)1.23.6 -0.336.9アールプロセス
16/02/14 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 15583.313** 牡4 55.0 藤岡康太天間昭一504(-6)1.43.4 0.436.2⑤⑤⑤モルトベーネ
16/02/06 東京 11 白嶺S 1600万下 ダ1600 146104.623** 牡4 55.0 戸崎圭太天間昭一510(+8)1.36.6 0.237.8サノイチ
15/11/21 東京 11 錦秋S 1600万下 ダ1600 165105.935** 牡3 56.0 戸崎圭太天間昭一502(+10)1.37.1 0.838.1プロトコル
15/11/01 福島 11 福島民友C OP ダ1700 144512.073** 牡3 54.0 横山和生天間昭一492(-6)1.44.4 0.237.8ランウェイワルツ
15/10/24 東京 10 秋嶺S 1600万下 ダ1600 165105.935** 牡3 54.0 戸崎圭太天間昭一498(+6)1.36.7 1.037.7④④モーニン
15/08/09 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 1561112.356** 牡3 56.0 北村宏司天間昭一492(-2)1.52.8 0.937.1⑮⑮⑮⑬クロスクリーガー
15/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 1681663.892** 牡3 56.0 北村宏司天間昭一494(+4)1.36.3 0.437.3ノンコノユメ
15/05/17 東京 10 青竜S OP ダ1600 127105.444** 牡3 56.0 武豊天間昭一490(+2)1.37.1 0.736.0ノンコノユメ
15/04/25 東京 6 3歳500万下 ダ1600 9221.911** 牡3 56.0 武豊天間昭一488(-8)1.38.7 -0.535.3ブラインドタッチ

⇒もっと見る


ノボバカラの関連ニュース

 ★オークス2着モズカッチャン(栗・鮫島、牝3)、同厩で14着ハローユニコーン(牝3)はローズS(9月17日、阪神、GII、芝1800メートル)から秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)へ。

 ★ダービー14着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡3)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)が視野に。同厩でヴィクトリアマイル9着ウキヨノカゼ(牝7)は関屋記念(8月13日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★サンケイスポーツ賞さきたま杯2着モーニン(栗・石坂、牡5)は日本テレビ盃(9月27日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)か韓国のコリアC(同10日、ソウル、ローカルGI、ダ1800メートル)の両にらみ。僚馬で3着ベストウォーリア(牡7)はマイルチャンピオンシップ南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。

 ★日経賞2着ミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡4)は体調が整わないため、予定していた七夕賞(7月9日、福島、GIII、芝2000メートル)を自重して秋まで放牧休養。

 ★函館スプリントS2着キングハート(美・星野、牡4)、7着ノボバカラ(美・天間、牡5)はキーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。13着クリスマス(美・伊藤大、牝6)は秋まで放牧休養。

 

【函館SS】レースを終えて…関係者談話2017年06月19日(月) 05:04

 ◆柴山騎手(エポワス3着) 「流れが速かったが、最後はきっちりと伸びている。厩務員さんが定年間際なので勝たせてあげたかった」

 ◆石橋騎手(イッテツ5着) 「3コーナーまで内でじっとしていた。最後は思った以上の脚を使ってくれている」

 ◆吉田隼騎手(エイシンブルズアイ6着) 「エンジンがかかり出したときに内から寄られてブレーキ。本当は惰性をつけて行きたかったんですが…」

 ◆浜中騎手(ノボバカラ7着) 「しまいはびっくりするぐらいの脚を使ってくれた」

 ◆蛯名騎手(レヴァンテライオン8着) 「しまいはじりじりと伸びている」

 ◆岩田騎手(ブランボヌール9着) 「テンから出して行ったので、最後は苦しくなった」

 ◆武豊騎手(シュウジ10着) 「馬とけんかをするのも嫌だったので馬任せで走らせた。ただ、最後は外に逃げ気味だった」

 ◆四位騎手(ラインハート12着) 「周りが速すぎた」

 ◆松岡騎手(クリスマス13着) 「きょうは時計が速すぎた」

★18日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【函館SS】厩舎の話2017年06月16日(金) 05:09

 ◆イッテツ斎藤誠師 「馬体に張りがあるし、滞在競馬と洋芝は合いますね」

 ◆エイシンブルズアイ・吉田隼騎手 「このひと追いで変わってくれれば」

 ◆エポワス・柴山騎手 「この年齢(9歳)でもフレッシュ。洋芝はすごく合うので楽しみ」

 ◆シュウジ・須貝師 「昨年は惜しい競馬だったので、今年こそ。あとは豊君がうまく乗ってくれるでしょう」

 ◆ジューヌエコール・安田翔師 「洋芝、50キロは魅力。だいぶ毛づやが良くなってきた」

 ◆セイウンコウセイ・平田助手 「環境に慣れて落ち着いています。思い通りの調教ができていますね」

 ◆ノボバカラ・天間師 「ダートでは芝スタートの方が良かった。新たな一面が見られれば」

 ◆ホッコーサラスター・池添騎手 「滞在競馬と洋芝は合うので、どこまでやれるか」

 ◆ラインハート・丸山騎手 「動きは良かったし、ブリンカーの効果が出ている」

 ◆レヴァンテライオン・蛯名騎手 「メンバーは強いけど、斤量(52キロ)が軽いのでそれを生かせれば」

函館スプリントSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館SS】追って一言2017年06月15日(木) 05:04

 ◆ジューヌエコール・安田翔師 「折り合い重視で、上手にリラックスして走れていました。きょうの動きが競馬に直結してくれれば」

 ◆ノボバカラ・浜中騎手 「競馬に行って芝で通用するかやってみなければ分からないが、芝の走りの感触は悪くなかった」

 ◆ホッコーサラスター・池添騎手 「先週、先々週としっかりやっていたと聞いていたので、今週はサラッと。滞在競馬と洋芝は合うのでどこまでやれるか」

函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館SS】レース展望 2017年06月12日(月) 18:49

 函館、札幌の順で6週ずつの北海道シリーズが幕を開ける。開幕週の日曜メインは、9月10日の産経賞セントウルSまでの6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第1戦、函館スプリントS(18日、GIII、芝1200メートル)。開港158周年を迎えた異国情緒あふれる函館で行われる名物重賞だ。

 エントリーはフルゲート16頭に満たない13頭と少ないが、何と言っても注目を集めるのは高松宮記念を制した春のスプリント王、セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡4歳)だ。その高松宮記念は、桜花賞レッツゴードンキや、昨秋のスプリンターズSの勝ち馬レッドファルクスを早めの競馬で完封。重賞初制覇をGIで飾った。未勝利を勝ち上がったのが昨年3月。わずか1年でスターホースの仲間入りを果たしたのだから、その成長力には驚かされるばかりだ。

 4歳馬で、ダービー翌週にクラス編成用の賞金が半分になり、収得賞金は4650万円。函館スプリントSは3歳52キロ、4歳以上56キロ(ともに牝馬2キロ減)で、収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円ごとに1キロ加算される別定戦のため、前走より1キロ軽い斤量56キロで出走できるのは有利だ。また、高松宮記念では見た目以上に力を要する稍重の馬場を難なくクリアしており、間違いなくパワータイプ。それだけに初めての洋芝でも不安はないだろう。3カ月近い休養明けだが、順調に乗り込まれており、いい状態で出走できそうだ。

 一昨年の函館でひときわ輝きを放ったのがブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝4歳)。デビュー連勝で函館2歳Sを制した洋芝巧者で、昨夏も札幌のキーンランドCを勝っており、北海道では3戦3勝の戦歴を誇る。近2走はスプリンターズS11着、シルクロードS13着と大敗を喫しているが、放牧を挟んで立て直され、ここに照準を合わせてきた。得意の滞在競馬で、函館の2戦などで騎乗した岩田康誠騎手とのコンビが復活。GI馬にひと泡ふかせる可能性は十分にある。5カ月近い休み明けになるが、キーンランドC勝利時も4カ月近くレース間隔があいていただけに、問題ないだろう。

 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)も高いスプリント能力と洋芝適性の持ち主だ。レコード決着だった昨年のこのレースはハナ差2着。斤量50キロのソルヴェイグを捕らえることはできなかったが、内容としては勝ちに等しい競馬だった。昨年暮れの阪神Cを勝ったあとは、気難しさを見せ、阪神C8着、高松宮記念15着に終わっているが、今回は鞍上に初めて武豊騎手を迎えて挑む。名手の手綱でリズム良く運べれば、当然V争いに加わってくるはずだ。高松宮記念以来だが、この馬も久々は苦にしない。

 実績では見劣るが、充実度ではキングハート(美浦・星野忍厩舎、牡4歳)も引けを取らない。2走前の春雷Sはクビ差2着で涙をのんだが、続く前走の鞍馬Sでは逆にクビ差の接戦をものにし、オープン初勝利を挙げた。スプリント戦は【4・3・0・3】で全て4着以内と堅実。好位で折り合うことができ、決め手も非凡なものを持っている。初めての洋芝への対応が鍵だが、今の充実ぶりなら好勝負は必至だ。コンビを組んで【4・3・0・2】の中谷雄太騎手にとっては、デビュー20年目で悲願の重賞初Vがかかる。

 昨年は勝ち馬から0秒3差の5着だったエポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン9歳)は、函館のスプリント戦で【1・3・0・1】の好成績を残している。9歳を迎えた今年も、4カ月の休み明けだった大阪−ハンブルクCを快勝しており、年齢を感じさせないばかりか、老いてなお盛んだ。日本ダービーレイデオロで勝利し、晴れてダービートレーナーとなった藤沢和雄調教師が送り込む大ベテランが、前記の4歳勢を一蹴するか。

 昨年ワンツーを決めた3歳馬にもチャンスは十分ある。3連勝でデイリー杯2歳Sを勝ったジューヌエコール(栗東・安田隆行厩舎、牝)は、持ち前のスピードを生かせるこの距離は歓迎だろう。昨年の勝ち馬と同じ斤量50キロでVを狙う。

 レヴァンテライオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、前記のブランボヌール同様、デビュー連勝で函館2歳Sを制している。その後は振るわないが、デビュー2年目で積極的な騎乗が持ち味の坂井瑠星騎手で、斤量も52キロと軽い。ここで復活を遂げても不思議はない。

 5歳以上の各馬では、4年前の函館2歳Sの覇者で、この舞台では【3・0・1・0】とオール馬券圏内のクリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝6歳)、昨年の夕刊フジ賞オーシャンS優勝馬エイシンブルズアイ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)、ダート重賞3勝の快速自慢で、初めて芝に参戦するノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)も地力は上位。馬産地競馬の開幕重賞は熱戦間違いなしだ。

函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館スプリントステークス】特別登録馬2017年06月11日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノボバカラの関連コラム

閲覧 2,416ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 根岸ステークス 2017年01月29日(日) 東京ダ1400m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ東京ダ1400mか東京ダ1600mの重賞かオープン特別”において5着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [3-3-3-16](複勝率36.0%)
×なし [0-0-0-23](複勝率0.0%)

 2013年以前を含めても、1400m未満や1600m超のレース、芝のレースや地方のダートグレード競走、条件クラスのレースなどを主戦場としてきた馬は不振。近年は東京競馬場への適性も問われるようになりました。たとえ実績上位でも、この条件をクリアしていない馬は過信禁物です。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月07日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年12月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(24)
閲覧 2,433ビュー コメント 0 ナイス 3

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月10日(土) 中山11R ラピスラズリステークス
【前走の着順別成績(2011年以降)】
●8着以内 [4-5-4-22](複勝率37.1%)
●9着以下 [1-0-1-37](複勝率5.1%)
→基本的に大敗からの一変は期待できないレース。また、前走の馬体重が500坩幣紊世辰診呂2011年以降[0-1-0-12](複勝率7.7%)と苦戦していました。


▼2016年12月10日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【“同年、かつ京都芝外回りか阪神芝外回り、かつ1600万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-5-3-23](複勝率34.3%)
●なし [0-0-0-30](複勝率0.0%)
→右回り、かつゴール前の直線が長いコースのレースに実績のある馬を重視したい一戦。また、前走の着順が9着以下だった馬は2012年以降[0-0-0-24](複勝率0.0%)なので評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年11月29日(火) 11:30 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.15・G1チャンピオンズカップ編〜
閲覧 3,029ビュー コメント 0 ナイス 5

前回の〜ジャパンカップ編〜では、2番人気5着のリアルスティールへの「前肢の伸びない走法や前向きな気性から、距離延長には不安がある」(サラマッポプロ)、3番人気4着のゴールドアクターに対する「前走の走り、府中への適性をみると不安のほうが今回大きい」(スガダイプロプロ)といった声をお届けするとともに、6番人気で3着好走のシュヴァルグランに対しても“G1でも十分通用”“上位進出の可能性十分”“激走に注意したい”といったプロ見解をご紹介。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/4(日)G1チャンピオンズカップ
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て11/28(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント

アウォーディー
 河内一秀 ダート転向後は無敗で一気にG1制覇まで上り詰め、近2走は歴戦のG1馬を相手に着差以上の完勝だった。しかも近5走は、中央G1で掲示板以上を確保できる指数を安定的に記録した上で、近2走はG1連対レベルの指数を記録しての6連勝で、既に勝負付けが済んでいる感すら漂わせるね。
 サラマッポ ダートは6戦全勝。中京ダートは初めてですが、どこからでも競馬ができるので全く問題ないとみています。ここは中心視でいいでしょう。
 くりーく 1週前追い切りは特に目立つ動きではなかったですが、この中間も長めから本数十分に乗り込まれており順調そうにみえます。叩き3戦目で、もう1本追えるのでキッチリと仕上がって出走してくるのではないでしょうか。
 加藤拓 父がジャングルポケットで母父がサンデーサイレンス、元々芝中距離で使われていたように字面は芝中距離向きの血統です。そして、まさにこういう馬がこのレースではよく来ます。4着、1着と2年連続好走したサンビスタも父スズカマンボでした。あとは、JBCクラシックとまったく異なる適性が求めれる中、その対応が出来るかどうか。コパノリッキーが2年連続JBCクラシック1着から惨敗しているように簡単ではないのでしょう。もちろん、この馬は計り知れない馬だと思っていますし、今の勢いでこなしてしまいそうな気配もありますが。
 スガダイ 派手さはないけど強いね。どちらかというと地方向きって気もするし、距離はもっと長い方がいい馬だと思うけど、大きく割り引くほどじゃない。まあ普通に有力だろう。ただ、中京の1800mダートは紛れが生じやすいから、あまりにも人気が被るようだと馬券的にはどうかな。

ノンコノユメ
 スガダイ この馬が去勢されたのはいろんな意味でちょっとショックだった。勘違いしている人もいるくらい牝馬みたいなカワイイ名前の牡馬だった馬が、今度はセン馬になって......。種牡馬としても密かに期待していたんだけど。まあ取られちゃったものはしょうがない。あとは頑張って走るしかない(笑)。脱線した話を戻すと、前走は去勢明けとしては頑張った部類といえるんじゃないかな。ただ、やっぱり府中がいいタイプ。去年は上手く内から追い込んだけど。あんなに上手くいくかな。鞍上の腕に期待ってとこだろうな。
 加藤拓 母父アグネスタキオンで芝要素を持っているのは◎です。昨年は1枠から内で上手く脚を溜めることが出来、進路にも苦労しませんでした。ただ、今年もそれが同じようにハマるかどうか。外を回さないといけない枠、展開だとどうなのか、疑問はあります。ただ、牝馬、セン馬が好走しているように、どちらかというとダート的な力強さより芝的な柔らかさが求められる印象のレース。その意味で、今回セン馬になった影響がいい方向に出ればかなり有力ですね。
 河内一秀 去勢手術明けで4ヵ月ぶりの出走となった前走のJBCクラシックは、−15キロでデビュー以来の最低馬体重での競馬になったことを考慮すれば、まずまずの内容だったと思う。このひと叩きの効果で昨年以上の指数を記録とでもなれば待望のG1制覇のチャンスも広がるけど、去勢明けでの大幅馬体減だけに不安も大きいかな。それにしてもスガダイ......「取られちゃったものは」って(苦笑)。
 くりーく 去勢後の前走時は、乗り込まれてはいたものの時計が物足りない追い切りばかりで状態はあまり良くなかったとみています。先週の追い切りの動きは・・・

[もっと見る]

2016年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第223回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜武蔵野ステークス G3
閲覧 819ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「武蔵野ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、モーニン1頭。
第2グループ(黄)は、ブライトラインから1.0ポイント差(約1馬身差)内のジェベルムーサまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ワイドバッハから同差内のカフジテイクまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位間では総合ポイント1位のモーニンブライトライン間で1.0の溝、総合ポイント8位のカフジテイクゴールドドリーム間に1.3の溝がありますが、かなり小さい溝ですので力差はそれほどない顔ぶれと言えそうです。

私の本命は◎ゴールドドリームとしたいと思います。この馬が崩れたのは地方ダートのみで中央場所ではいずれもハイパフォーマンス!世代を代表する能力の持ち主と見ています。ユニコーンステークスで下したグレンツェントは先週のみやこステークスで負けて強しの内容でしたし、当然この馬も古馬相手に通用すると見ています。雨上がりの高速ダートにめっぽう強い父ゴールドアリュール産駒というのも買い材料です。以下、○ソルティコメント、▲タガノトネール、△キングズガードノボバカラカフジテイクブラゾンドゥリスと印を打ちます。

【馬連ながし】
8

3,4,7,11,12,13

計6点

人気のモーニンは59キロですし、本質的にマイルは長い印象です。2走ボケの雰囲気も漂ってますので思い切って消してみます(^^)/

[もっと見る]

2016年07月13日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(7/9〜7/10)サラマッポプロが的中率66%回収率415%の高精度予想!
閲覧 850ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、10(日)に福島競馬場でG3七夕賞が、中京競馬場でG3プロキオンステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
 
G3七夕賞メイショウナルトがレースを引っ張りますが、クリールカイザーが4コーナーで捉えて直線コースへ差し掛かります。先頭はクリールカイザーでリードは2馬身、2番手にアルバートドック、併せる形でマーティンボロ、外からはダコールも追い込んできます。残り200mを通過、ここで逃げるクリールカイザーを捉えたアルバートドックが先頭に立つとダコールが食らいついて2頭が抜け出す形に。ゴール前まで続いた叩き合いはアルバートドックダコールを半馬身差抑え込んで優勝しました!2着にダコール、そこから3馬身差の3着にオリオンザジャパンが入っています。
 
公認プロ予想家ではろいすプロら3名が的中しています。
 
 
G3プロキオンステークスワンダーコロアールが先頭で直線コースへ。逃げるワンダーコロアールが先頭でリードは1馬身、2番手にノボバカラ、直後にブライトライングレープブランデー、後続からはタガノトネールニシケンモノノフが追い込み態勢。残り100mを通過、ここでワンダーコロアールを交わしたノボバカラが先頭に躍り出ると外からニシケンモノノフ、内からはキングズガードが力強い脚で猛追!3頭が抜け出す形で叩き合いとなります。残り50m、一間歩ごとに差を詰めるニシケンモノノフノボバカラに並びかけますが、ここでノボバカラがもうひと伸び!そのまま粘り込んで中央重賞初制覇を飾りました。半馬身差の2着にニシケンモノノフ、そこからクビ差の3着にキングズガードが入っています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロら7名が的中しています。
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
9(土)中京10Rで『蹄が厚く、道悪◎。降級馬で力的にも上。』と狙った◎ムーンクレストを本命に抜擢!◎△○の印で3連単715.4倍、3連複153倍、馬単70倍を的中させ、9万3840円を払い戻しました!さらには続く中京11Rで『かきこみ走法でダート適性ある。初ダートの今回が狙い目。』とコメントした◎ピオネロから8万4730円を払い戻しました!週末トータル回収率415%、収支プラス20万1970円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
9(土)中京9Rで『雨馬場は熟せる。』とコメントした◎アグネスヒーローの単勝を1万円的中させ、63万6000円を払い戻しました!凾館2Rでも8人気◎リヴァイタライズの単勝を1万円仕留め、41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率224%、収支プラス73万3000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
9(土)凾館2Rで『ここ2走は忙しい競馬で距離が合っていない印象。そして何よりこの馬の大問題はノド。前走は短距離のスピードに慣れてきたような走りだったがノド鳴りの影響でとても苦しい面を見せていた。結果的に手術をする事になったが経過は良好のようなので地力を考えると一気の巻き返しがあっても不思議ではない。枠も絶好で術後いきなりでもここで狙う。』と完璧な見解を披露し、単勝を1万円的中!41万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率185%、収支プラス19万円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
勝負レースに指定した10(日)福島1Rで『ファスリエフ×クロフネという配合でダート変わりで上積み大きそう』と狙った単勝87.5倍の◎シャインヴィットゥが3着に入り、ワイド19.4倍、3連複44.3倍を的中!同じく勝負レースに指定した9(土)函館12Rでも『サウスヴィグラス産駒で瞬発力が要求される東京ダートよりも、他場のダート1200m以下に適性あり』とコメントした◎ヴァーノンからの馬連30.4倍、3連複24.8倍を的中!週末トータル回収率164%をマークしています。
 
 
この他にも覆面ドクター・英プロいっくんプロ馬っしぐらプロ栗山求プロくりーくプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年03月29日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年03月29日号
閲覧 2,752ビュー コメント 0 ナイス 8

▼2016年04月02日(土) 阪神11R コーラルステークス
【前走がフェブラリーステークスではなかった馬の、前走の着順別成績(2009年以降)】
●5着以内 [5-5-6-30](複勝率34.8%)
●6着以下 [0-1-0-60](複勝率1.6%)
→上位に食い込んだ馬の大半は、前走好走馬か前走がフェブラリーステークスだった馬。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が5着以内なのは、グレイスフルリープナガラオリオンノボバカラブライトラインレッドファルクスの5頭だけです。なお、前走がフェブラリーステークスだった馬はいません。

▼2016年04月03日(日) 阪神10R マーガレットステークス
【中央場所、かつ1400〜1600mのレースにおける連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-6-5-37](複勝率31.5%)
●なし [0-0-1-36](複勝率2.7%)
→1200m以下の短距離戦、1800m以上の中距離戦でしか連対経験のない馬は割り引きが必要。また、ローカル場のレースを主戦場としてきた馬も苦戦しています。

▼2016年04月03日(日) 中山10R 伏竜ステークス
【中央場所、かつダート、かつ500万下から上のクラス、かつ4コーナーを4番手以内で通過したレースにおける優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-4-3-20](複勝率35.5%)
●なし [0-0-2-20](複勝率9.1%)
→2勝目の内容やシチュエーションに注目したい一戦。ローカル場のレースや後方待機策で勝ち上がってきた馬は過信禁物です。

▼2016年04月03日(日) 阪神11R 産経大阪杯
【前走が国内のレースだった馬の、前走の着順ならびに1位入線馬とのタイム差別成績(2011年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.3秒以内 [4-5-3-11](複勝率52.2%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.4秒以上 [0-0-2-37](複勝率5.1%)
→前走好走馬が強いレース。前走で優勝争いに食い込めなかった馬は評価を下げるべきでしょう。

▼2016年04月03日(日) 中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー
【中山芝1600〜1800m、かつ1600万下から上のクラスのレースにおいて4着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-4-4-29](複勝率29.3%)
●なし [0-0-0-23](複勝率0.0%)
→コース適性がポイント。中山芝1600〜1800mのレースにこれといった実績がない馬は苦戦していました。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。2016年04月13日に最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)が発売予定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ノボバカラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 2

1着:┘献紂璽魅┘魁璽
2着:キングハート
3着:ぅ┘櫂錺


私の◎にしたセイウンコウセイは4着でした。
1着の┘献紂璽魅┘魁璽襪鰐軌
2着のキングハートは▲
3着のぅ┘櫂錺垢蓮

なので、予想は3連複でしたが、
ハズレました。_| ̄|○

勝った┘献紂璽魅┘魁璽襪蓮∈Fは流れに乗れてました。
軽ハンデも手伝ってレコードタイムで駆け抜けました。

私の◎にしたセイウンコウセイですが、2番手でシュウジをマークする形で
位置取りは問題なかったですが、最後、踏ん張れず、
キングハート、エポワスにも交わされる始末。
時計勝負になると分が悪いのかもしれませんね。

驚いたのが、ノボバカラが上がり最速だったことですね。
ダートの短距離で好走をしてきた馬でしたが、今後、どこを使うかわかりませんが、
気にしておきたい馬ですね。


的中された方おめでとうございます。

 銀色のサムライ 2017年06月16日(金) 20:52
函館スプリントS追い切り診断
閲覧 78ビュー コメント 2 ナイス 13

2017年函館競馬開幕週日曜のメイン・函館スプリントS出走馬の追い切り診断をしていきましょう。

.薀ぅ鵐蓮璽函 ★

まとまった形での最終追い切りでしたが、
もっとキビキビした動きを見せてくれないと厳しいですね。

▲離椒丱ラ ★★

大きなフットワークで函館芝コースを駆け抜けました。
でも、筋肉隆々の馬体の持ち主ですから、ダートでこそだと思います。

キングハート ★★★

函館ウッドコースを元気一杯に駆け抜けていく、という最終追い切りでした。
オープン特別連続好走の勢いそのままにどこまで、といったところでしょうか。

ぅ┘櫂錺后 ★★

美浦坂路で終い重点の時計を何本も記録してから函館入りしています。
最終追い切りの場所は前年と同じ函館芝コース。動き自体は前年と同じような感じでした。

ゥぅ奪謄 ★★

ゆったりとした感じの追い切りでした。
鞍上が追い出してからの反応がイマイチだったので、調教的には推せません。

Εリスマス ★★★

レース間隔が空いていますので、さすがに前走・高松宮記念時の方が動きは良かったんですけど、
最終追い切りでも軽快な動きを見せていますから、特に問題はないと思います。

Д┘ぅ轡鵐屮襯坤▲ぁ ★★

2週前に栗東坂路4F・51秒8、1週前に同じ栗東坂路で4F・52秒9、という上々の時計をマーク。
函館ウッドコースでの最終追い切りでも軽やかな走りを見せています。

┘献紂璽魅┘魁璽襦 ★★★

折り合いをつける事を重視した最終追い切りでしたが、
行きたがるのを懸命に抑えていた前走・桜花賞時とは違い、とてもスムーズな形で追い切る事ができました。
50kgですし、1200mだと折り合いの心配は要りませんから、本番でも侮れない存在になると思います。

レヴァンテライオン ★★★★

函館芝コースでの最終追い切りは2頭による併せ馬。
パートナーを追いかける形になりましたが、楽な手応えで先着しています。
結果が出ていない時でも追い切りだけは良い動きを見せていますし、
唯一勝っている函館コースなら変わり身があっても驚けないと思います。

シュウジ ★★★★★

5月初旬あたりから栗東坂路で時計を出していて、
5月31日にはラスト2ハロン11.8-11.9という猛時計をマークしました。
函館芝コースでの最終追い切りの動き・タイムともに優秀。状態は申し分ないです。

ホッコーサラスター ★★

函館ダートコースでの最終追い切りは時計も動きも平凡。
走りに集中できていない感じでしたし、割引が必要ですね。

セイウンコウセイ ★★★★

G汽曄璽垢良格を漂わせる迫力満点の最終追い切りを披露。
完調ではなくとも、馬体もそこまで緩い感じはしないので、力を出せる状態にはあると思います。

ブランボヌール ★★★★

前半は折り合いに専念し、直線に入ってから伸びやかな末脚を披露する、という追い切りでした。
完調一歩手前かな?という印象はありますけど、悪くても8分ぐらいまでは仕上がっていると思います。

※注意点※
追い切りの時計や動きの良し悪しについては、
JRA−VANが提供している動画やデータからジャッジを下しています。


スプリント戦ですから、どの馬もスピード感あふれる追い切りを見せているのですが、
その中でもシュウジの動きの良さが際立っていました。

気性的に難しいところがあるタイプなので、
武豊騎手とコンビを組む事がプラスに作用すれば、前年2着からのリベンジを果たす可能性は十分あると思います。

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2017年06月16日(金) 13:11
函館スプリントS枠順決まる。出目に馬名を当て嵌めて
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 1

▽時系列出目
枠番
3キングハート
5エイシンブルズアイ
馬番
Εリスマス

▽demedas
枠番
★3キングハート
☆5エイシンブルズアイ
*2ノボバカラ
+5クリスマス
+7ホッコ―サラスター
◆枠連3−5・2・7・8

馬番
★キングハート
☆ゥぅ奪謄
*▲離椒丱ラ
+Εリスマス
+シュウジ
◆馬連−キ↓Ν

ここ2年、8枠が連絡みを果たしているので、
8枠のセイウンコウセイ、ブランボヌールを
連下に付け加えた。

[もっと見る]

ノボバカラの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ノボバカラの写真

ノボバカラ

ノボバカラの厩舎情報 VIP

2017年6月18日函館スプリントS G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ノボバカラの取材メモ VIP

2017年6月18日 函館スプリントS G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。