キーンランドカップ2017

2017年8月27日(

キーンランドカップ G3

札幌競馬場/芝/1200m

最新出走予定馬情報 〜キーンランドカップ2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 口コミ情報
【古馬次走報】クイーンズリング、府中牝馬Sで始動
 ★ヴィクトリアマイル6着クイーンズリング(栗・吉村、牝5)は、府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)で始動予定。 ★ユニコーンS1着サンライズノヴァ(栗・音無、牡3)は、ジャパンダートダービー(7月12日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目指す。同3着サンライズソア(栗・河内、牡3)は川田騎手でジャパンダートダービーへ。 ★鳴尾記念1着ステイインシアトル(栗・池江、牡6)は、引き続き武豊騎手で函館記念(7月16日、函館、GIII、芝2000メートル)に参戦する。 ★ダービー13着クリンチャー(栗・宮本、牡3)は、神戸新聞杯(9月24日、阪神、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)を予定。 ★かしわ記念2着インカンテーション(栗・羽月、牡7)はエルムS(8月13日、札幌、GIII、ダ1700メートル)に向かう。 ★函館スプリントS3着エポワス(美・藤沢和、セン9)は、キーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)。同4着セイウンコウセイ(美・上原、牡4)は、放牧に出され、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)に直行。同5着イッテツ(美・斎藤誠、牡5)は、UHB賞(8月6日、札幌、OP、芝1200メートル)からキーンランドCへ。 ★皐月賞11着のサトノアレス(美・藤沢和、牡3)は、ルメール騎手との新コンビで巴賞(7月2日、函館、OP、芝1800メートル)に向かう。 ★関東オークス1着クイーンマンボ(栗・角居、牝3)はブリーダーズゴールドC(8月17日、門別、交流GIII、ダ2000メートル)。僚馬でマーメイドS9着トーセンビクトリー(牝5)はクイーンS(7月30日、札幌、GIII、芝1800メートル)を予定。 ★水無月S1着ファインニードル(栗・高橋忠、牡4)は北九州記念(8月20日、小倉、GIII、芝1200メートル)に挑む。 ★エプソムC16着のレッドレイヴン(美・藤沢和、牡7)は、中京記念(7月23日、中京、GIII、芝1600メートル)へ。
6月22日(木) 05:00

 636

【古馬次走報】ダイワキャグニー、毎日王冠視野に
 ★オークス2着モズカッチャン(栗・鮫島、牝3)、同厩で14着ハローユニコーン(牝3)はローズS(9月17日、阪神、GII、芝1800メートル)から秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)へ。 ★ダービー14着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡3)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)が視野に。同厩でヴィクトリアマイル9着ウキヨノカゼ(牝7)は関屋記念(8月13日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。 ★サンケイスポーツ賞さきたま杯2着モーニン(栗・石坂、牡5)は日本テレビ盃(9月27日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)か韓国のコリアC(同10日、ソウル、ローカルGI、ダ1800メートル)の両にらみ。僚馬で3着ベストウォーリア(牡7)はマイルチャンピオンシップ南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。 ★日経賞2着ミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡4)は体調が整わないため、予定していた七夕賞(7月9日、福島、GIII、芝2000メートル)を自重して秋まで放牧休養。 ★函館スプリントS2着キングハート(美・星野、牡4)、7着ノボバカラ(美・天間、牡5)はキーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。13着クリスマス(美・伊藤大、牝6)は秋まで放牧休養。 
6月21日(水) 05:00

 846

【函館SS】短距離界に新星!ジューヌ超速レコード大勝
 第24回函館スプリントステークス(18日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走13頭)サマースプリントシリーズの初戦は、北村友一騎乗の3番人気ジューヌエコールが直線で抜け出して1分6秒8(良)のコースレコードで快勝した。この後はキーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)に向かう。2着はキングハート、1番人気のセイウンコウセイは4着に敗れた。 高速馬場と50キロを味方に突き抜けた。春のスプリント王セイウンコウセイや昨年2着のシュウジが直線でもがくのを尻目にジューヌエコールが躍動。昨年のソルヴェイグに次ぐ3歳牝馬Vで、この日の8Rで更新されたコースレコードを0秒7更新する驚がくの走りを見せた。 「うれしいですね。力がある馬が先行すると思っていたので、その後ろにいて能力を生かせるように。きょうは50キロも良かったですし、いい脚でした」 北村友騎手が充実した表情で振り返る。道中は有力馬を見る形で中団待機。3コーナー途中から外めに持ち出すと、直線の入り口では逃げるシュウジと2番手を進むセイウンコウセイを早々と射程圏に入れた。 「この中間はリラックスしていたので、望みは持っていましたね。馬場と斤量差を考慮して、早めに動いていく競馬をしようとジョッキーと話していました」と管理する安田隆調教師の次男、翔調教師も作戦成功にしてやったりの笑顔だ。 一方、東京競馬場で吉報を待ち望んでいた安田隆調教師も「強かったね。直線に向いても十分手応えがあったし、抜け出し方にも余裕があったので、最後は安心してみていられた。高速決着に対応できたのも大きな収穫」と愛馬のさらなる飛躍に手応えを得た様子。 放牧を挟んで、次走はキーンランドCに向かう。のちに年度代表馬までに登り詰めた同厩のロードカナロアが、4歳のときに2着に敗れたレースを3歳でV。しかも、スプリント戦初挑戦だった。短距離界に現れた新星の未来は輝かしいものになるに違いない。 (花田隆)★18日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!ジューヌエコール 父クロフネ、母ルミナスポイント、母の父アグネスタキオン。鹿毛の牝3歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績7戦4勝。獲得賞金1億881万5000円。重賞は2016年GIIデイリー杯2歳Sに次いで2勝目。函館スプリントSは、安田隆行調教師が11年カレンチャンに次いで2勝目、北村友一騎手は初勝利。馬名は「大規模艦隊に強力な小型艦で対抗する19世紀の海軍の戦略思想(フランス語)」。
6月19日(月) 05:06

 1,396

【函館SS】ブランボヌール太め感なし
 ブランボヌールは函館2歳S、キーンランドCなど北海道で3戦全勝。好相性の地で巻き返しを図りたい。久々にコンビを組む岩田騎手を背にWコースで単走。太め感のない仕上がりで、サッと駆け抜けていった。 「無理しないでしっかり走れていた。以前より馬体が成長しているし、落ち着きもある。洋芝も合うからね」と、鞍上は腕まくり。(夕刊フジ)★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
6月15日(木) 11:59

 2,040

【函館SS】レース展望
 函館、札幌の順で6週ずつの北海道シリーズが幕を開ける。開幕週の日曜メインは、9月10日の産経賞セントウルSまでの6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第1戦、函館スプリントS(18日、GIII、芝1200メートル)。開港158周年を迎えた異国情緒あふれる函館で行われる名物重賞だ。 エントリーはフルゲート16頭に満たない13頭と少ないが、何と言っても注目を集めるのは高松宮記念を制した春のスプリント王、セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡4歳)だ。その高松宮記念は、桜花賞馬レッツゴードンキや、昨秋のスプリンターズSの勝ち馬レッドファルクスを早めの競馬で完封。重賞初制覇をGIで飾った。未勝利を勝ち上がったのが昨年3月。わずか1年でスターホースの仲間入りを果たしたのだから、その成長力には驚かされるばかりだ。 4歳馬で、ダービー翌週にクラス編成用の賞金が半分になり、収得賞金は4650万円。函館スプリントSは3歳52キロ、4歳以上56キロ(ともに牝馬2キロ減)で、収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円ごとに1キロ加算される別定戦のため、前走より1キロ軽い斤量56キロで出走できるのは有利だ。また、高松宮記念では見た目以上に力を要する稍重の馬場を難なくクリアしており、間違いなくパワータイプ。それだけに初めての洋芝でも不安はないだろう。3カ月近い休養明けだが、順調に乗り込まれており、いい状態で出走できそうだ。 一昨年の函館でひときわ輝きを放ったのがブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝4歳)。デビュー連勝で函館2歳Sを制した洋芝巧者で、昨夏も札幌のキーンランドCを勝っており、北海道では3戦3勝の戦歴を誇る。近2走はスプリンターズS11着、シルクロードS13着と大敗を喫しているが、放牧を挟んで立て直され、ここに照準を合わせてきた。得意の滞在競馬で、函館の2戦などで騎乗した岩田康誠騎手とのコンビが復活。GI馬にひと泡ふかせる可能性は十分にある。5カ月近い休み明けになるが、キーンランドC勝利時も4カ月近くレース間隔があいていただけに、問題ないだろう。 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)も高いスプリント能力と洋芝適性の持ち主だ。レコード決着だった昨年のこのレースはハナ差2着。斤量50キロのソルヴェイグを捕らえることはできなかったが、内容としては勝ちに等しい競馬だった。昨年暮れの阪神Cを勝ったあとは、気難しさを見せ、阪神C8着、高松宮記念15着に終わっているが、今回は鞍上に初めて武豊騎手を迎えて挑む。名手の手綱でリズム良く運べれば、当然V争いに加わってくるはずだ。高松宮記念以来だが、この馬も久々は苦にしない。 実績では見劣るが、充実度ではキングハート(美浦・星野忍厩舎、牡4歳)も引けを取らない。2走前の春雷Sはクビ差2着で涙をのんだが、続く前走の鞍馬Sでは逆にクビ差の接戦をものにし、オープン初勝利を挙げた。スプリント戦は【4・3・0・3】で全て4着以内と堅実。好位で折り合うことができ、決め手も非凡なものを持っている。初めての洋芝への対応が鍵だが、今の充実ぶりなら好勝負は必至だ。コンビを組んで【4・3・0・2】の中谷雄太騎手にとっては、デビュー20年目で悲願の重賞初Vがかかる。 昨年は勝ち馬から0秒3差の5着だったエポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン9歳)は、函館のスプリント戦で【1・3・0・1】の好成績を残している。9歳を迎えた今年も、4カ月の休み明けだった大阪−ハンブルクCを快勝しており、年齢を感じさせないばかりか、老いてなお盛んだ。日本ダービーをレイデオロで勝利し、晴れてダービートレーナーとなった藤沢和雄調教師が送り込む大ベテランが、前記の4歳勢を一蹴するか。 昨年ワンツーを決めた3歳馬にもチャンスは十分ある。3連勝でデイリー杯2歳Sを勝ったジューヌエコール(栗東・安田隆行厩舎、牝)は、持ち前のスピードを生かせるこの距離は歓迎だろう。昨年の勝ち馬と同じ斤量50キロでVを狙う。 レヴァンテライオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、前記のブランボヌール同様、デビュー連勝で函館2歳Sを制している。その後は振るわないが、デビュー2年目で積極的な騎乗が持ち味の坂井瑠星騎手で、斤量も52キロと軽い。ここで復活を遂げても不思議はない。 5歳以上の各馬では、4年前の函館2歳Sの覇者で、この舞台では【3・0・1・0】とオール馬券圏内のクリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝6歳)、昨年の夕刊フジ賞オーシャンS優勝馬エイシンブルズアイ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)、ダート重賞3勝の快速自慢で、初めて芝に参戦するノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)も地力は上位。馬産地競馬の開幕重賞は熱戦間違いなしだ。★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
6月12日(月) 18:49

 4,775

【福島牝馬S】V条件そろったウキヨノカゼ
 ウキヨノカゼは、距離もコーナー4つも初めてだった中山牝馬Sで0秒2差6着。上がり3F33秒5は最速だった。「スローの前残りだったけど、あれで折り合えたのは収穫だった。福島ならもう少しペースが速くなるはずだし、斤量も他の馬と同じ54キロになる。力量はこのメンバーでも上のほうだと思うんだけどね」と、菊沢調教師はニヤリ。逃げ候補がズラリとそろってお膳立ては整い、15年キーンランドC以来の美酒に手が届く。★福島牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
4月21日(金) 11:53

 3,643

【ヴィクトリア】ウキヨ、7歳熟女初タイトルに色気!
 ヴィクトリアマイルは昨年、ストレイトガールが中央競馬史上初めて、7歳牝馬としてのGI制覇を成し遂げた。今年も2頭の7歳馬が参戦するが、注目されるのはウキヨノカゼだ。福島牝馬Sで3度目の重賞Vを果たした“熟女”を、先週のNHKマイルCでGI初勝利を飾った厩舎の勢いも後押し。まだまだ若さを保つ実力馬が、一発を狙う。 プリンシパルS(ダイワキャグニー)、NHKマイルC(アエロリット)と前週の東京で土日メインジャック。絶好調の菊沢厩舎が古馬マイル女王決定戦に送り出すのは、福島牝馬Sを勝った7歳馬ウキヨノカゼだ。 その前走は勝負どころで前が塞がる不利があったが、福島の短い直線で鮮やかな差し切り。菊沢調教師は「ウチの馬はみんなゴール板を知っているね。ウキヨノカゼには最後だけ一生懸命走る意識が植え付けられている」とほほえむ。 7歳牝馬として史上2頭目のGI制覇を狙う熟女は、ここまで、山あり谷ありの競走生活だった。クイーンCを勝った後に左前屈腱炎を発症し、1年9カ月の戦線離脱。5歳時にキーンランドCを制したものの、昨年はヴィクトリアマイル7着後に剥離(はくり)骨折。それでも再び復活した。「馬も人も大変だった。なかなかできることじゃない。(國分純)オーナーも辛抱強く見守ってくれた」とトレーナーは感謝の気持ちを口にする。 メンバー最年長だが、休養が長かったためキャリアはわずか17戦。菊沢師は「数を使っていないぶん馬は若いし、気持ちの衰えもない。暖かくなって体にも柔らかみが出ている」と馬はフレッシュな状態だ。さらに「1600、1200、1800メートルという感じ(順番)で勝つのは珍しい」と続ける。鞍上の意のまま動けるセンスの良さが、どんな距離でも好結果が残せる要因だ。 前走で復活Vに導いた吉田隼騎手が引き続き手綱を取る。くしくもNHKマイルCで1着の調教師と2着の騎手のタッグだ。前週に「勝たなきゃ意味がない」と悔しがったジョッキーも、ウキヨノカゼには「馬は若々しいし、すごくいい脚を持っている」とほれ込む。 9日は坂路1本とプールのメニュー。「勝った後も見た目は元気があるし、初の中2週でも大丈夫そう」と郷原助手は好感触を伝えた。調教が終わると4歳年下のGI馬アエロリットの隣の馬房へ。次は私の番…。何度も苦境を乗り越えたウキヨノカゼが、7歳で悲願のGI制覇をかなえる。 (板津雄志)★ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
5月10日(水) 05:08

 3,023

【中山牝馬S】レース展望
 中山の日曜メインは中山牝馬S(12日、GIII、芝・内1800メートル)。ヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)をにらむ牝馬にとってのステップである一方、クラブ法人に所属する6歳馬などにとっては、引退の花道という一戦でもある。過去10年で10頭、単勝10番人気以下の馬が3着以内に食い込むなど、波乱も多い。馬券的にも注目したいところだ。6日現在、トップハンデ56.5キロのヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、6歳)と55キロのタッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、5歳)は、金鯱賞出走が濃厚。ここでは回避扱いとする。 注目は今回がラストランとなりそうなマジックタイム(美浦・中川公成厩舎、6歳)だ。中山コースでの2勝はダービー卿チャレンジT、ターコイズSと、ともに重賞。特に前走のターコイズSでは後方待機から直線、馬群を割って豪快に抜け出す強い勝ちっぷりだった。当時2着だった桜花賞馬レッツゴードンキが続く1月の京都牝馬Sを快勝したことを考えれば、レベルが高かったとみていい。2カ月半ぶりのレースになるが、順調に調教を消化して仕上がりも上々だ。ただ、重賞2勝の外回りと違い今度は内回りになる。また、勝ち鞍も1600メートルまで。1800メートルは2戦してともに2着にとどまっている点が鍵だが、同じハンデ戦だった前走と変わらない56キロのハンデは明らかに恵まれた。チャンス十分だ。 パールコード(栗東・中内田充正厩舎、4歳)は重賞未勝利ながらもサンスポ賞フローラS2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯4着とトップクラスとの戦いで好走している。4カ月ぶりの実戦でも乗り込み量は十分。55キロのハンデは少し見込まれた印象だが、まとめて差し切る能力は秘めている。 オークス3着の実績があるビッシュ(美浦・鹿戸雄一厩舎、4歳)は前2走が秋華賞10着、ジャパンC16着と案外な結果。だが、中間は放牧でオーバーホールして立て直してきた。小柄で仕上がり早のタイプ。中山コースもともに内回りで2戦2勝と好相性だけに、55キロのハンデなら見直せる。 ウインファビラス(美浦・畠山吉宏厩舎、4歳)は2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズで2着に好走した実績の持ち主。クラシックで完敗し、勝ち星から遠ざかっているが、前3走の内容には復調の兆しが見えている。以前に比べて気性面で落ち着きが出て、体重が減らなくなったのも好材料。ハンデも53キロと手頃で、立ち回りひとつで上位争いができそうだ。 クインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)は再昇級初戦だった前走の愛知杯で3着。中山内回りでは紫苑Sを勝っている。昨夏は430キロ台だった馬体も、現在では460キロ台までに成長。同じハンデだった前走より1キロ軽い52キロで出走できる点も魅力だ。 サンソヴール(美浦・和田正一郎厩舎、6歳)は芝重賞初挑戦だった前走の愛知杯で2着と好走。今の充実ぶりと据え置きの52キロのハンデなら再度好走が可能だろう。 デニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、7歳)=55.5キロ=は長期休養から復帰後の3戦はいいところがないが、叩き4戦目で牝馬限定戦となる今回は、GI・2着2回の実績を無視できない。同厩のトーセンビクトリー(5歳)も母がトゥザヴィクトリーという血統を考えると成績は上がっていないが、53キロのハンデでもあり、引き続き目が離せない。 ウキヨノカゼ(美浦・菊沢隆徳厩舎、7歳)=55キロ=は休養後のここ2戦が不振。1600メートルを超える距離も未経験だが、クイーンC、キーンランドCと重賞2勝で、スプリンターズSでも3着と好走した実績は侮れない。 準オープンの初音Sを快勝したフロンテアクイーン(美浦・国枝栄厩舎、4歳)=53キロ、2走前のエリザベス女王杯で逃げて5着と善戦したプリメラアスール(栗東・鈴木孝志厩舎、5歳)=51キロ、単騎逃げがかなえばしぶといシャルール(栗東・松永幹夫厩舎、5歳)=54キロ=あたりも展開次第で上位争いに加わってきそうだ。★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月6日(月) 18:23

 3,023

キーンランドのニュースをもっと見る >

閲覧 49ビュー

☆函館スプリントSの予想☆
馬場状態
平成28年の開催終了後、コーナー、向正面、および正面の内側(内柵から最大で7m幅)を中心に約7,900m2の芝張替を行いました。併せて更新作業を実施するとともに、散水や肥料散布等の生育管理に努めた結果、芝の生育は概ね順調で全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分8秒台前半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:瞬発力勝負になったり持久力勝負になったり微妙。
脚質:好位〜中団で競馬できる方が無難かな?
人気:1着馬5頭中、2・4・6・8・12番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭中、56kg・58圓稜呂2頭ずつ。50圓稜呂1頭。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
先行勢に楽な流れの時は、先行勢が34秒台前半の上がり3Fで1・2着だったり、
先行勢に厳しい流れの時は、差し・追い込み馬が34秒台前半の上がり3Fで1・2・3着独占したり、
展開によって、1着馬や上位にくる馬の脚質が全然違うんで、展開を読めるかどうかがかなりポイントになってきそうですね。

で、展開をどっちに読むかですけど、
・過去5年で、3・4コーナー6番手以内の馬が1・2着のパターンが3回
・今年は13頭立て
などを考えると、先行勢が上位にくるパターンかな?ということで、

なので、1200mこなせるスピードがあって、前めで競馬ができる先行力があって、34秒台前半の上がり3Fでまとめられるような馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎セイウンコウセイ
1200mのGI馬、先行脚質、上がり3F34秒台前半の決着にも対応可能、馬場不問のタイプなんで洋芝も全然大丈夫そう。
など、好材料ばっかりなんで、3ヶ月ぶりでも力を出せる状態に仕上がってれば勝ち負けかな〜。

本命馬がセイウンコウセイに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
かなり人気集中すると思うんで手が出せません。

「相手を選んで馬連流し」
相手次第でかなり安くなりそうなんで、2・3頭までに絞り込みたいです。

ということで、馬券は、
「相手を2・3頭選んで馬連流し」
でいってみましょう。

〇キングハート
重賞でどうかな〜ってとこはあるけど・・・。
1200mのOP特別で連続好走中、好位から競馬できる脚質、上がり3F34秒台前半の決着にも対応可能、パワーもそれなりにあるんで洋芝も対応できそうなんで好走期待したいです。

▲ブランボヌール
前走の大敗がどうかな〜ってとこはあるけど・・・。
1200mの重賞勝ちあり、好位から競馬できる脚質、上がり3F34秒台前半の決着にも対応可能、札幌のキーンランドC1着あるんで洋芝もOK。
前走テン乗りの和田から以前ずっと乗ってた岩田に替わって騎手強化やし好走期待したいです。

☆函館スプリントS 買い目☆
馬連 12−3・13 各1000P 合計2000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆ユニコーンSの予想☆
天気予報
15時から雨マークになってるけど、時間も15時台やし、弱い雨って書いてるんで、ユニコーンSにはあまり影響ないのかな?良馬場想定で。

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分36秒台前半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団ぐらいまでで競馬できた方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、2・3番人気馬が2頭ずつ。1番人気馬が1頭。
斤量:1着馬5頭全てが、56kgの馬。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
持久力勝負になりやすいのと、3歳限定戦というのもあってか、世代上位の能力をもってそうで上位人気に支持されるような馬がよく勝ってますね〜。
なので、1着馬に関しては素直に世代上位レベルの馬を選ぶと当たりやすいのかも?

なので、1600mを問題なくこなせるスピード・スタミナがあって、持久力勝負に対応できて、世代上位レベルの能力をもってそうな馬を本命にするといいのかな?
(エピカリスとともにドバイに遠征した世代の上位馬のアディラートが除外されてなかったら、1秒で本命決まってたんですけどね〜。残念ですが、9R青梅特別で頑張ってほしいです)

☆結論☆
◎サンライズソア
ダート2戦2勝で底見せてないし、重馬場とはいえ東京ダ1600mのOP特別を1.35.2で勝ってるし、ダ1800mでも勝ってるからスタミナの不安もないんで期待できそう。
重賞未勝利の岩崎騎乗は不安ですけど、エピカリスもアディラートも不在のここなら勝ち負けしてくれるかな?

本命馬がサンライズソアに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
2番人気でも前日の夕方で5倍ぐらいついてるならおいしいかな〜。
騎手の経験値が低いんで、1着〜着外まで着順の振り幅広いと思うから、負けても傷浅くすむ単勝1点だけでいいかも。
正直、このレースあまり購買意欲がわきません。

ということで、馬券は、
「単勝1点」
でいってみましょう。

☆ユニコーンS 買い目☆
単勝 15(サンライズソア) 1000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆米子Sの予想☆
馬場状態
今週からBコースを使用します。コースの変更に伴い傷みは概ねカバーされ、全体的に良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分34秒台前半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:瞬発力勝負になりやすい。
脚質:中団ぐらいまでで競馬できる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。3・4・11番人気馬が1頭ずつ。
斤量:1着馬5頭全てが、56kgの馬。

予想
過去5年の1着馬の傾向のうち、良馬場で10頭立て・12頭立ての2015年と2014年の傾向を重視して見ると、
2015年と2014年の1〜3着馬6頭中6頭がメンバー中3位以内の上がり3Fを出してるんで、脚質はあまり気にせず単純に出走馬の中でメンバー中3位以内の上がり3Fを出せそうな瞬発力の質が高い馬を優先したらいいのかも。

なので、直線長いコースの1600mでメンバー中3位以内の上がり3Fを出せそうな馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎ブラックムーン
このメンバーの中だったら、この馬の瞬発力の質の高さが1番だと思うし、直線長いコースの1600mもベストに近いし、重賞でももっとやれる馬だと思うんで10頭立てのOP特別ぐらいは4ヶ月ぶりでも楽に勝ってほしいところです。
騎手がデムーロなのも頼りになりますね。

本命馬がブラックムーンに決まったんで、馬券をどう買うか・・・。
「単勝」
1・2番人気になりそうで安そうですけど、10頭立てなんで馬連もこの馬からじゃ相手次第でかなり安くなりそう。
だったらもう負けても傷浅くすむ単勝1点だけでいいかな〜。
正直、このレース全く購買意欲がわきません。

ということで、馬券は、
「単勝1点」
でいってみましょう。

☆米子S 買い目☆
単勝 4(ブラックムーン) 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
天保山S コウエイエンブレム・・・3着

1.6倍の1番人気馬だったし、安心して見てられると思ったんですが、大丈夫か?おい大丈夫か?と、かなりヒヤヒヤさせられましたが3着確保。

複勝1.1倍で全く割に合わない結果でしたが、今年初めて1万P超えたんでよかったです。

投資9800Pが10700Pに増えました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
函館スプリントS セイウンコウセイ

本命馬ですし、明日のOP以上の3レースの中で3着以内なら1番安心して見てられる馬だと思うんで、安くてもいいから着実に増やしておきたいです。

☆買い目☆
複勝 12 10700P


--------------------------------------------------------------------------------

☆6月18日の2歳新馬戦予想対決の指名馬☆
函館5R(芝1200m) 指名馬 リンガラポップス
母がロゼカラーの娘という良血馬で、父が早熟スプリンターを多く出してるイメージのキンシャサノキセキなんで期待。

阪神5R(芝1600m) 指名馬 ラテュロス
「直線長いコースの1600m・1800mは黙ってディープインパクト産駒買っとけの法則」に従って選びました。

東京5R(芝1600m) 指名馬 ブルヴェルソン
ショウナンパンドラの半弟という良血で騎手がルメールなら新馬戦アッサリかな?

東京6R(芝1400m) 指名馬 オグマンテ
母がシーイズトウショウの娘でスピードありそうやし、父が瞬発力の質高かったダノンシャンティなんで、母系と父のいいところが出れば東京1400mはかなり条件いいかも?


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


☆コピーして貼り付け用☆
いろんな企画で指名馬書くとき面倒だと思うんで、よかったら、ここからコピーして貼り付けで使ってください。
複勝ころがし 函館R 阪神R 東京R 指名馬
おいしい単勝 函館R 阪神R 東京R 指名馬
2歳新馬予想 函館5R 指名馬
2歳新馬予想 阪神5R 指名馬
2歳新馬予想 東京5R 指名馬
2歳新馬予想 東京6R 指名馬



--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
下ネタがNGワードになって、こちらには転載できませんでした・・・

浪花のクマさん 6月12日(月) 21:48
函館スプリントS・登録馬と展望
閲覧 65ビュー


新馬戦が次々組まれ、降級馬も登場、おまけに
北海道シリーズが今週から始まります。益々
競馬(馬券)が難しくなりますね・・
開幕週の函館に、昨年に続いて武豊Jが参戦、
北が盛り上がりそうです。

注目は宮記念チャンプのセイウンコウセイ、スプ
リント路線転向後、素質が開花、頂点まで登り
つめた。初の洋芝でも大丈夫か・・
昨年2着のシュウジ、昨年は斤量に恵まれたが
徐々に力は付けてきた。気分よく走れば・・
昨夏のキーンランドCの勝ち馬ブランボヌール
その後連敗だが、洋芝3戦3勝は怖い・・
名前はクリスマスだが、この季節は走る。洋芝
6戦4勝、3着1回この馬もコース巧者だ・・
コース巧者なら、9歳馬エポワスも侮れない。
函館(1.3.0.1)なら大駆けも・・
ジューヌエコール以下もそれ程明確に差は
無い筈・・面白いレースを期待する。



函館スプリントS・登録馬と予定騎手

セイウンコウセイ (幸)
シュウジ (武豊)
ブランボヌール (岩田)
クリスマス (松岡)
ジューヌエコール (北村友)
キングハート (中谷)
エイシンブルズアイ (吉田隼)
エポワス (柴山)
レヴァンテライオン (坂井)
ホッコーサラスター (池添)
ノボバカラ (浜中)
イッテツ (石橋)
ラインハート (丸山)

[もっと見る]

U指数コラムを見る

展望コラム〜キーンランド2017〜

過去10年の結果 〜キーンランドカップ2017〜

2016年 キーンランドカップ 2016年8月28日() 札幌11R 芝1200m 良 14頭

キーンランドカップ2016

1着 14 ブランボヌール 5.6倍(2人気) 戸崎圭太 1:08.5 106.2
2着 4 シュウジ 2.3倍(1人気) J.モレイラ 1/2 105.1
3着 12 レッツゴードンキ 7.4倍(3人気) 岩田康誠 1/2 104.1
単勝 14 560円(2人気) 3連複 4−12−14 2,190円(3人気)
馬連 4−14 920円(2人気) 3連単 14→4→12 10,550円(9人気)

2015年 キーンランドカップ 2015年8月30日() 札幌11R 芝1200m 良 16頭

キーンランドカップ2015

1着 13 ウキヨノカゼ 29.1倍(8人気) 四位洋文 1:08.6 100.0
2着 16 トーホウアマポーラ 30.4倍(9人気) 福永祐一 3/4 99.0
3着 10 ティーハーフ 2.9倍(1人気) 国分優作 1/2 98.0
単勝 13 2,910円(8人気) 3連複 10−13−16 33,630円(91人気)
馬連 13−16 30,690円(56人気) 3連単 13→16→10 370,520円(762人気)

2014年 キーンランドカップ 2014年8月31日() 札幌11R 芝1200m 良 16頭

キーンランドカップ2014

1着 7 ローブティサージュ 6.4倍(3人気) 三浦皇成 1:09.0 102.0
2着 15 レッドオーヴァル 3.4倍(1人気) 池添謙一 クビ 102.0
3着 14 マジンプロスパー 9.8倍(5人気) 福永祐一 アタマ 102.0
単勝 7 640円(3人気) 3連複 7−14−15 4,610円(11人気)
馬連 7−15 1,340円(2人気) 3連単 7→15→14 24,680円(64人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数 動画
2013/08/25
キーンランドカップ
函館 16 稍重 フォーエバーマーク 5.2倍 4 村田一誠 1:11.7 104.1
2012/08/26
キーンランドカップ
札幌 14 パドトロワ 6.4倍 3 安藤勝己 1:07.6 104.6
2011/08/28
キーンランドカップ
札幌 16 カレンチャン 1.9倍 1 池添謙一 1:08.6 106.3
2010/08/29
キーンランドカップ
札幌 16 ワンカラット 3.7倍 2 藤岡佑介 1:08.4 103.5
2009/08/30
キーンランドカップ
札幌 16 ビービーガルダン 4.8倍 2 安藤勝己 1:08.4 104.7
2008/08/31
キーンランドカップ
札幌 16 タニノマティーニ 161.4倍 16 秋山真一郎 1:07.9 105.9
2007/08/26
キーンランドカップ
札幌 16 クーヴェルチュール 7.1倍 4 横山典弘 1:08.6 104.6

歴史・レース概要 〜キーンランドカップ2017〜

キーンランドカップは札幌競馬場の芝1000m、4歳(現3歳)以上による混合・別定オープン競走「キーンランドカップ」として1996年に施行されたのが始まり。

キーンランドカップは2000年に距離を現行の1200mへ変更し、ハンデキャップ戦になった。2006年に短距離路線の整備によりキーンランドカップはGIIIに格付けされ、サマースプリントシリーズに指定された。2009年からは国際競走となり、外国調教馬の出走も可能になった。尚、2013年は札幌競馬場の改修工事に伴い、函館競馬場にて施行された。2014年より中央・地方の所属を問わず、本競走の1着馬にはスプリンターズステークスの優先出走権が与えられるようになった。

過去の優勝馬にはチアフルスマイルクーヴェルチュールタニノマティーニビービーガルダンワンカラットカレンチャンパドトロワフォーエバーマークローブティサージュが名を連ねる(GIII格付け以後を対象)。

キーンランドカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年6月25日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2017年6月24日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2017年6月25日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノアラジン 牡6
42,366万円
10 シュヴァルグラン 牡5
41,291万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
10 モズカッチャン 牝3
11,403万円
» もっと見る