会員登録はこちら
キーンランドカップ G3   2017年8月27日() 15:35 札幌/芝1200m

キーンランドカップのニュース&コラム

【古馬次走報】サクラアンプルール、直行で秋天へ
 ★札幌記念快勝のサクラアンプルール(美・金成、牡6)は、直行で天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)に臨むことになった。引き続き蛯名騎手とコンビを組む。 ★キーンランドC2着のソルヴェイグ(栗・鮫島、牝4)は、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)に向かう。 ★鳴尾記念6着から休養しているデニムアンドルビー(栗・角居、牝7)は、産経賞オールカマー(24日、中山、GII、芝2200メートル)か府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)の両にらみ。 ★朱鷺S9着マイネルホウオウ(美・畠山、牡7)は、ポートアイランドS(10月1日、阪神、OP、芝1600メートル)へ。 ★ダービー15着の後、休養に入ったウインブライト(美・畠山、牡3)は、来週中に放牧から帰厩。毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)や富士S(同21日、東京、GIII、芝1600メートル)などが視野に。 ★BSN賞3着アルタイル(美・手塚、牡5)は、放牧へ。福島民友C(11月19日、福島、OP、ダ1700メートル)が視野に。6着センチュリオン(美・田村、牡5)、7着ストロングサウザー(美・久保田、牡6)、14着サンマルデューク(美・小島太、牡8)は、いずれもラジオ日本賞(17日、中山、OP、ダ1800メートル)。 ★札幌記念12着ディサイファ(美・小島太、牡8)は、産経賞オールカマーへ。 ★札幌日経オープン2着シルクドリーマー(美・黒岩、牡8)はひと息入れてステイヤーズS(12月2日、中山、GII、芝3600メートル)を目指す。 ★稲妻Sを勝ったアペルトゥーラ(美・国枝、牡6)はルミエールオータムダッシュ(10月29日、新潟、OP、芝・直1000メートル)へ。 ★朱鷺Sを逃げ切ったワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝4)と、同厩でキーンランドC9着イッテツ(牡5)はともにひと息入れる予定。 ★朱鷺S3着トウショウドラフタ(美・萱野、牡4)は信越S(10月15日、新潟、OP、芝1400メートル)へ。 ★エルムS7着ピオネロ(栗・松永幹、牡6)はシリウスS(30日、阪神、GIII、ダ2000メートル)へ。 ★小倉日経オープン2着ケントオー(栗・西橋、牡5)、4着スーサンジョイ(栗・岩元、牡5)はポートアイランドSへ。
2017年9月1日(金) 05:00

 590

【古馬次走報】ナックビーナス、スプリンターズSへ
 ★キーンランドCを制したエポワス(美・藤沢和、セン馬う9)の次走は阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)の予定だが、年内休養の可能性もある。僚馬で函館記念6着サトノアレス(牡3)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)か富士S(同21日、東京、GIII、芝1600メートル)が視野に。 ★キーンランドC3着ナックビーナス(美・杉浦、牝4)はスプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)に登録する。賞金面で出走できるか微妙だが、他の選択肢は検討中。5着ライトフェアリー(美・石毛、牝5)はセプテンバーS(9月23日、中山、1600万下、芝1200メートル)や信越S(10月15日、新潟、OP、芝1400メートル)が視野に。10着ノボバカラ(美・天間、牡5)はスプリンターズS出走も検討されている。 ★右前脚上腕筋挫傷で高松宮記念を回避して休養しているビッグアーサー(栗・藤岡、牡6)は、福永騎手とコンビを組み産経賞セントウルS(9月10日、阪神、GII、芝1200メートル)で復帰する。僚馬で札幌記念4着サウンズオブアース(牡6)は秋は京都大賞典(10月9日、京都、GII、芝2400メートル)、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の3戦を予定。 ★知床特別を快勝したローリングタワー(美・伊藤伸、牡3)はセントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)へ。 ★中山グランドジャンプ連覇後、右第1指骨剥離骨折のため戦列を離れているオジュウチョウサン(美・和田郎、牡6)は東京ハイジャンプ(10月15日、東京、J・GII、芝3110メートル)で復帰する。 ★BSN賞5着スズカリバー(美・伊藤圭、牡5)はラジオ日本賞(9月17日、中山、OP、ダ1800メートル)かシリウスS(同30日、阪神、GIII、ダ2000メートル)。 ★日本海Sを逃げ切ってオープン入りを決めたグランアルマダ(栗・西園、牡5)は産経賞オールカマー(9月24日、中山、GII、芝2200メートル)に挑む。 
2017年8月30日(水) 05:01

 539

ブランボヌール引退 中竹調教師「繁殖に上がります」
 キーンランドCで11着に敗れたブランボヌール(栗・中竹、牝4、父ディープインパクト)がこのまま引退することが29日、分かった。「繁殖に上がります。種(牡馬)は決まってないけど、アメリカに持って行きます」と中竹調教師。通算12戦3勝、重賞は2015年函館2歳S、16年キーンランドCの2勝。★ブランボヌールの競走成績はこちら
2017年8月30日(水) 05:00

 259

【キーンランド】エポワス9歳V!JRA平地重賞史上5度目
 第12回キーンランドカップ(27日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金4100万円、1着馬にスプリンターズステークスの優先出走権=出走13頭)クリストフ・ルメール騎乗で12番人気の伏兵エポワスが、直線鋭く伸びて先行馬を一気にかわし、6度目の重賞挑戦で初勝利。9歳以上による平地重賞Vは、JRA史上5度目となった。タイム1分9秒0(良)。優先出走権を獲得したスプリンターズSには向かわない見込みだ。首差2着は2番人気のソルヴェイグ。1番人気モンドキャンノは6着に敗れた。 ターフにどよめきまじりの歓声がこだました。馬群を割って力強く伸びてきたのは、単勝12番人気の9歳馬エポワスだ。待望の重賞初勝利に導いたルメール騎手も興奮を隠せなかった。 「ごっつぁんです!! きょうはおじいちゃんと勝ちました。最初は少し忙しかったけど、直線で進路があいてラスト150メートルはよく伸びました」 よどみない流れになった道中は中団の後方を進む。徐々にエンジンをふかして直線に向くと、眼前にVロードが開けた。馬群を縫うようにメンバー最速の上がり3ハロン34秒4の末脚を繰り出し、通算6度目の挑戦で重賞タイトルをつかんだ。 3歳時にデビュー2連勝でGIIIラジオNIKKEI賞にエントリーしたが、左肩跛行で出走取り消し。約2年の休養を強いられて去勢も行った。苦労を重ねてきた馬だけに、人間でいえば40歳近いといわれる9歳馬の快挙に喜びもひとしおだ。 藤沢和調教師は「去年(6着)も一昨年(9着)もアンラッキーで悪くはなかった。きょうはうまく乗ってくれたね。それに(担当の大館)厩務員さんは(2走前の)函館スプリントS(3着)で定年だったけど、今回は臨時で来てもらったんだ」と厩舎を支えてきた人馬をねぎらった。さらにこの白星で歴代単独2位のJRA通算1359勝を達成。「エポワスと一緒で、長くやらせてもらって、応援もしてもらっているからね。もう少し頑張ります」と喜びをかみしめた。 サマースプリントシリーズでトップに立ち、14点で優勝の条件も満たしたが、ベテランは決して無理をしない。シリーズ最終戦のセントウルSやスプリンターズSには向かわず、年末の阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)に目標を定める。トレーナーは「GIにはいかない。こういう重たい馬場じゃないとね」と適性重視の方針を明言。大きな勲章を手にしたエポワスは、これからも“適材適所”で輝きを放ち続ける。 (川端亮平)★27日札幌11R「キーンランドC」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!エポワス 父ファルブラヴ、母マニックサンデー、母の父サンデーサイレンス。鹿毛のセン9歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は 多田信尊氏。戦績29戦7勝。獲得賞金2億219万円。重賞初勝利。キーンランドCは、藤沢和雄調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「フランスの地名」。
2017年8月28日(月) 05:04

 862

キーンランドカップのニュースをもっと見る >

【キーンランド】シュウジ折り合いOK
 スランプ脱出へ、快速シュウジがモデルチェンジを狙った追い切りに臨んだ。 小林騎手(レースはモレイラ騎手)を背に、札幌芝コースでクリノクーニング、アドマイヤメテオと併せた。スタート直後はやや力みが見られたが、2頭を前に置きジッと折り合いに専念。直線で外に持ち出すとため込んだパワーを爆発させて、一気に2馬身突き抜けた。 「朝一番で他の馬も多くてイライラしていたから掛かるかと思ったが、しっかり折り合えた。GOサインを出してからの反応はさすが」と、鞍上は好感触。 ここ2戦はハイペースで先行して自滅したが、「我慢の利いた競馬をさせたくて、こういう追い切りにした。じっくりと待って追い出してからの動きが良かったね」と、須貝調教師はプランどおりの走りにご満悦だ。昨年のキーンランドCと函館SSで2着と舞台は十二分。あとは“マジックマン”モレイラの手綱に小倉2歳S、阪神Cに続く重賞3勝目を託す。(夕刊フジ)★キーンランドカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月24日(木) 10:45

 1,760

【キーンランド】ネロ上昇ムード
 苦戦が続くネロは札幌芝コースで単走。1週間で栗東→函館→札幌と2度の長距離輸送を行ったためにごく軽めだったが、筋肉の張りは前走時以上。ひと叩きされて上昇ムードだ。 「輸送は問題なくクリアできたし、追い切りの反応も良かった。昨秋との比較ではどうかだが、使った分の上積みはあると思う」と日高助手。 昨年のアイビスSDとセントウルSで2着と、本来のスピードを発揮できれば巻き返しも十分だ。(夕刊フジ)★キーンランドカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月24日(木) 10:44

 1,948

【キーンランド】ノボバカラ素軽い動き披露
 新コンビの田辺騎手を背に、札幌芝コースで単走。これまでダートを主戦場に使われてきたとは思えないほど、素軽いフットワークが印象的だった。初芝の前走で上がり3F33秒5を叩き出したのも納得だ。 ◆天間調教師「函館でも結構乗り込んで、まあまあの仕上がり。これまでのダート戦でも芝部分でのスピードの乗りが良かった。もまれなければ」(夕刊フジ)★キーンランドカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月24日(木) 10:44

 1,606

【キーンランド】フミノムーン走りリズミカル
 福島のバーデンバーデンCを制してきた。札幌ダートコースで単走。軽めの内容も、鞍上と息の合ったリズミカルな走りで状態は良さそうだ。 ◆勝浦騎手「厩舎スタッフの努力でうまくコントロールできるようになった。大きな上積みこそないけど、いい状態をキープできている。重い馬場は得意だから、雨が降ればプラスになるはず」(夕刊フジ)★キーンランドカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月24日(木) 10:43

 1,408

キーンランドカップの直前追い切り情報をもっと見る >

キーンランドカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月27日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 

2,120円
550円
32,000円
Lv113 
860円 25,800円
Lv110 
340円 340円
Lv107 

15,390円
860円
86,950円
Lv106 
13,640円 68,200円

的中情報をもっと見る >

キーンランドカップ過去10年の結果

2016年8月28日() 札幌競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2015年8月30日() 札幌競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2014年8月31日() 札幌競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

キーンランドカップの歴史と概要

キーンランドカップは札幌競馬場の芝1000m、4歳(現3歳)以上による混合・別定オープン競走「キーンランドカップ」として1996年に施行されたのが始まり。

キーンランドカップは2000年に距離を現行の1200mへ変更し、ハンデキャップ戦になった。2006年に短距離路線の整備によりキーンランドカップはGIIIに格付けされ、サマースプリントシリーズに指定された。2009年からは国際競走となり、外国調教馬の出走も可能になった。尚、2013年は札幌競馬場の改修工事に伴い、函館競馬場にて施行された。2014年より中央・地方の所属を問わず、本競走の1着馬にはスプリンターズステークスの優先出走権が与えられるようになった。

過去の優勝馬にはチアフルスマイルクーヴェルチュールタニノマティーニビービーガルダンワンカラットカレンチャンパドトロワフォーエバーマークローブティサージュが名を連ねる(GIII格付け以後を対象)。

キーンランドカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る