会員登録はこちら
函館スプリントステークス2017

2017年6月18日(

函館スプリントステークス G3

函館競馬場/芝/1200m

最新出走予定馬情報 〜函館スプリントステークス2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【古馬次走報】クイーンズリング、府中牝馬Sで始動
 ★ヴィクトリアマイル6着クイーンズリング(栗・吉村、牝5)は、府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)で始動予定。 ★ユニコーンS1着サンライズノヴァ(栗・音無、牡3)は、ジャパンダートダービー(7月12日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目指す。同3着サンライズソア(栗・河内、牡3)は川田騎手でジャパンダートダービーへ。 ★鳴尾記念1着ステイインシアトル(栗・池江、牡6)は、引き続き武豊騎手で函館記念(7月16日、函館、GIII、芝2000メートル)に参戦する。 ★ダービー13着クリンチャー(栗・宮本、牡3)は、神戸新聞杯(9月24日、阪神、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)を予定。 ★かしわ記念2着インカンテーション(栗・羽月、牡7)はエルムS(8月13日、札幌、GIII、ダ1700メートル)に向かう。 ★函館スプリントS3着エポワス(美・藤沢和、セン9)は、キーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)。同4着セイウンコウセイ(美・上原、牡4)は、放牧に出され、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)に直行。同5着イッテツ(美・斎藤誠、牡5)は、UHB賞(8月6日、札幌、OP、芝1200メートル)からキーンランドCへ。 ★皐月賞11着のサトノアレス(美・藤沢和、牡3)は、ルメール騎手との新コンビで巴賞(7月2日、函館、OP、芝1800メートル)に向かう。 ★関東オークス1着クイーンマンボ(栗・角居、牝3)はブリーダーズゴールドC(8月17日、門別、交流GIII、ダ2000メートル)。僚馬でマーメイドS9着トーセンビクトリー(牝5)はクイーンS(7月30日、札幌、GIII、芝1800メートル)を予定。 ★水無月S1着ファインニードル(栗・高橋忠、牡4)は北九州記念(8月20日、小倉、GIII、芝1200メートル)に挑む。 ★エプソムC16着のレッドレイヴン(美・藤沢和、牡7)は、中京記念(7月23日、中京、GIII、芝1600メートル)へ。
6月22日(木) 05:00

 1,231

【古馬次走報】ダイワキャグニー、毎日王冠視野に
 ★オークス2着モズカッチャン(栗・鮫島、牝3)、同厩で14着ハローユニコーン(牝3)はローズS(9月17日、阪神、GII、芝1800メートル)から秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)へ。 ★ダービー14着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡3)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)が視野に。同厩でヴィクトリアマイル9着ウキヨノカゼ(牝7)は関屋記念(8月13日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。 ★サンケイスポーツ賞さきたま杯2着モーニン(栗・石坂、牡5)は日本テレビ盃(9月27日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)か韓国のコリアC(同10日、ソウル、ローカルGI、ダ1800メートル)の両にらみ。僚馬で3着ベストウォーリア(牡7)はマイルチャンピオンシップ南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。 ★日経賞2着ミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡4)は体調が整わないため、予定していた七夕賞(7月9日、福島、GIII、芝2000メートル)を自重して秋まで放牧休養。 ★函館スプリントS2着キングハート(美・星野、牡4)、7着ノボバカラ(美・天間、牡5)はキーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。13着クリスマス(美・伊藤大、牝6)は秋まで放牧休養。 
6月21日(水) 05:00

 1,091

【函館SS】短距離界に新星!ジューヌ超速レコード大勝
 第24回函館スプリントステークス(18日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走13頭)サマースプリントシリーズの初戦は、北村友一騎乗の3番人気ジューヌエコールが直線で抜け出して1分6秒8(良)のコースレコードで快勝した。この後はキーンランドC(8月27日、札幌、GIII、芝1200メートル)に向かう。2着はキングハート、1番人気のセイウンコウセイは4着に敗れた。 高速馬場と50キロを味方に突き抜けた。春のスプリント王セイウンコウセイや昨年2着のシュウジが直線でもがくのを尻目にジューヌエコールが躍動。昨年のソルヴェイグに次ぐ3歳牝馬Vで、この日の8Rで更新されたコースレコードを0秒7更新する驚がくの走りを見せた。 「うれしいですね。力がある馬が先行すると思っていたので、その後ろにいて能力を生かせるように。きょうは50キロも良かったですし、いい脚でした」 北村友騎手が充実した表情で振り返る。道中は有力馬を見る形で中団待機。3コーナー途中から外めに持ち出すと、直線の入り口では逃げるシュウジと2番手を進むセイウンコウセイを早々と射程圏に入れた。 「この中間はリラックスしていたので、望みは持っていましたね。馬場と斤量差を考慮して、早めに動いていく競馬をしようとジョッキーと話していました」と管理する安田隆調教師の次男、翔調教師も作戦成功にしてやったりの笑顔だ。 一方、東京競馬場で吉報を待ち望んでいた安田隆調教師も「強かったね。直線に向いても十分手応えがあったし、抜け出し方にも余裕があったので、最後は安心してみていられた。高速決着に対応できたのも大きな収穫」と愛馬のさらなる飛躍に手応えを得た様子。 放牧を挟んで、次走はキーンランドCに向かう。のちに年度代表馬までに登り詰めた同厩のロードカナロアが、4歳のときに2着に敗れたレースを3歳でV。しかも、スプリント戦初挑戦だった。短距離界に現れた新星の未来は輝かしいものになるに違いない。 (花田隆)★18日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!ジューヌエコール 父クロフネ、母ルミナスポイント、母の父アグネスタキオン。鹿毛の牝3歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績7戦4勝。獲得賞金1億881万5000円。重賞は2016年GIIデイリー杯2歳Sに次いで2勝目。函館スプリントSは、安田隆行調教師が11年カレンチャンに次いで2勝目、北村友一騎手は初勝利。馬名は「大規模艦隊に強力な小型艦で対抗する19世紀の海軍の戦略思想(フランス語)」。
6月19日(月) 05:06

 1,625

【函館SS】キングハート、成長見せた2着
 第24回函館スプリントステークス(18日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走13頭)人馬ともに重賞初Vを狙った4番人気キングハートは2馬身半差の2着。中谷騎手は「勝ち馬とは斤量差(6キロ)がありましたからね。乗るたびに力をつけていることを実感。秋は大きなところを狙っていけるようになれると思います」と今後の飛躍に太鼓判を押す。星野調教師も「間でどこを使うかは未定だけど、スプリンターズSに使いたい」と自信を深めていた。★18日函館11R「函館スプリントステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
6月19日(月) 05:05

 1,217

【函館スプリントステークス】特別登録馬
2017年6月18日(日)に函館競馬場で行われる函館スプリントステークス(GIII)の登録馬は以下の通り。イッテツ 牡5エイシンブルズアイ 牡6エポワス セ9キングハート 牡4クリスマス 牝6シュウジ 牡4ジューヌエコール 牝3セイウンコウセイ 牡4ノボバカラ 牡5ブランボヌール 牝4ホッコーサラスター 牝6ラインハート 牝6レヴァンテライオン 牡3◆函館スプリントステークス(GIII)の重賞攻略はこちら。
6月11日() 17:30

 5,852

【高松宮記念】レッツゴードンキに桜当時の勢い
 長い潜伏期間はもはや過去の話。再び軌道に乗ったレッツゴードンキの勢いはまだまだ止まらない。 デビューから桜花賞まで(1)(3)(2)(2)(3)(1)着。その後、約1年も絶不調期間が続いたのち、昨夏の函館スプリントSから前走・京都牝馬Sまでが(3)(3)(9)(2)(2)(1)着。唯一馬券圏外だった9着にしても、0秒2差のスプリンターズSで、完全に桜クラシック時代の勢いを取り戻した形だ。 もっとも、2400メートル(オークス)と2000メートル(秋華賞)を挟むことで、自分を見失ってしまう期間があるのが一流牝馬の宿命でもある。ようやく桜冠の呪縛から解き放たれたということだろう。 もともと母マルトクはダート1400メートル以下で5勝したバリバリのスプリンター。「奥手の血統だとは思っていたが、ここにきて心身のバランスが取れて、いよいよ見た目からしてスプリンターっぽくなってきた」と梅田調教師は言う。 昨年のスプリンターズSではメンバー唯一の上がり3F32秒台をマークし、近2走のターコイズS→京都牝馬Sでも1位&2位。と思えば、ダートのJBCレディスクラシックでは1〜2番手から2着と、“妄想騎士”ドン・キホーテから取った馬名のとおり、展開によって七変化できるのも大きな魅力だ。 ここ2戦が極端な追い込みだったにもかかわらず、パートナーの岩田騎手に「前にはこだわらず出たなりで」と一見“?”なことを言わせてしまうのも、異次元ドンキたるゆえんでもある。 落差のある成績に一戦ごとに変わる脚質−思えば廣崎利洋オーナーのネーミングセンスは秀逸すぎる。どんな戦法になろうと、“安定期間”に突入した今なら、とんでもないパフォーマンスを目の当たりにすることになりそうだ。 “究極の3連単”はドンキ1着、完全本格化は秋−のシナリオとみて南半球産メラグラーナ2・3着止まりの計12点で。(夕刊フジ)★高松宮記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
3月25日() 12:32

 4,975

【函館SS】レース展望
 函館、札幌の順で6週ずつの北海道シリーズが幕を開ける。開幕週の日曜メインは、9月10日の産経賞セントウルSまでの6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第1戦、函館スプリントS(18日、GIII、芝1200メートル)。開港158周年を迎えた異国情緒あふれる函館で行われる名物重賞だ。 エントリーはフルゲート16頭に満たない13頭と少ないが、何と言っても注目を集めるのは高松宮記念を制した春のスプリント王、セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡4歳)だ。その高松宮記念は、桜花賞馬レッツゴードンキや、昨秋のスプリンターズSの勝ち馬レッドファルクスを早めの競馬で完封。重賞初制覇をGIで飾った。未勝利を勝ち上がったのが昨年3月。わずか1年でスターホースの仲間入りを果たしたのだから、その成長力には驚かされるばかりだ。 4歳馬で、ダービー翌週にクラス編成用の賞金が半分になり、収得賞金は4650万円。函館スプリントSは3歳52キロ、4歳以上56キロ(ともに牝馬2キロ減)で、収得賞金3000万円超過馬は超過額2000万円ごとに1キロ加算される別定戦のため、前走より1キロ軽い斤量56キロで出走できるのは有利だ。また、高松宮記念では見た目以上に力を要する稍重の馬場を難なくクリアしており、間違いなくパワータイプ。それだけに初めての洋芝でも不安はないだろう。3カ月近い休養明けだが、順調に乗り込まれており、いい状態で出走できそうだ。 一昨年の函館でひときわ輝きを放ったのがブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝4歳)。デビュー連勝で函館2歳Sを制した洋芝巧者で、昨夏も札幌のキーンランドCを勝っており、北海道では3戦3勝の戦歴を誇る。近2走はスプリンターズS11着、シルクロードS13着と大敗を喫しているが、放牧を挟んで立て直され、ここに照準を合わせてきた。得意の滞在競馬で、函館の2戦などで騎乗した岩田康誠騎手とのコンビが復活。GI馬にひと泡ふかせる可能性は十分にある。5カ月近い休み明けになるが、キーンランドC勝利時も4カ月近くレース間隔があいていただけに、問題ないだろう。 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)も高いスプリント能力と洋芝適性の持ち主だ。レコード決着だった昨年のこのレースはハナ差2着。斤量50キロのソルヴェイグを捕らえることはできなかったが、内容としては勝ちに等しい競馬だった。昨年暮れの阪神Cを勝ったあとは、気難しさを見せ、阪神C8着、高松宮記念15着に終わっているが、今回は鞍上に初めて武豊騎手を迎えて挑む。名手の手綱でリズム良く運べれば、当然V争いに加わってくるはずだ。高松宮記念以来だが、この馬も久々は苦にしない。 実績では見劣るが、充実度ではキングハート(美浦・星野忍厩舎、牡4歳)も引けを取らない。2走前の春雷Sはクビ差2着で涙をのんだが、続く前走の鞍馬Sでは逆にクビ差の接戦をものにし、オープン初勝利を挙げた。スプリント戦は【4・3・0・3】で全て4着以内と堅実。好位で折り合うことができ、決め手も非凡なものを持っている。初めての洋芝への対応が鍵だが、今の充実ぶりなら好勝負は必至だ。コンビを組んで【4・3・0・2】の中谷雄太騎手にとっては、デビュー20年目で悲願の重賞初Vがかかる。 昨年は勝ち馬から0秒3差の5着だったエポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン9歳)は、函館のスプリント戦で【1・3・0・1】の好成績を残している。9歳を迎えた今年も、4カ月の休み明けだった大阪−ハンブルクCを快勝しており、年齢を感じさせないばかりか、老いてなお盛んだ。日本ダービーをレイデオロで勝利し、晴れてダービートレーナーとなった藤沢和雄調教師が送り込む大ベテランが、前記の4歳勢を一蹴するか。 昨年ワンツーを決めた3歳馬にもチャンスは十分ある。3連勝でデイリー杯2歳Sを勝ったジューヌエコール(栗東・安田隆行厩舎、牝)は、持ち前のスピードを生かせるこの距離は歓迎だろう。昨年の勝ち馬と同じ斤量50キロでVを狙う。 レヴァンテライオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、前記のブランボヌール同様、デビュー連勝で函館2歳Sを制している。その後は振るわないが、デビュー2年目で積極的な騎乗が持ち味の坂井瑠星騎手で、斤量も52キロと軽い。ここで復活を遂げても不思議はない。 5歳以上の各馬では、4年前の函館2歳Sの覇者で、この舞台では【3・0・1・0】とオール馬券圏内のクリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝6歳)、昨年の夕刊フジ賞オーシャンS優勝馬エイシンブルズアイ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)、ダート重賞3勝の快速自慢で、初めて芝に参戦するノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)も地力は上位。馬産地競馬の開幕重賞は熱戦間違いなしだ。★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
6月12日(月) 18:49

 4,921

【函館SS】厩舎の話
 ◆イッテツ・斎藤誠師 「馬体に張りがあるし、滞在競馬と洋芝は合いますね」 ◆エイシンブルズアイ・吉田隼騎手 「このひと追いで変わってくれれば」 ◆エポワス・柴山騎手 「この年齢(9歳)でもフレッシュ。洋芝はすごく合うので楽しみ」 ◆シュウジ・須貝師 「昨年は惜しい競馬だったので、今年こそ。あとは豊君がうまく乗ってくれるでしょう」 ◆ジューヌエコール・安田翔師 「洋芝、50キロは魅力。だいぶ毛づやが良くなってきた」 ◆セイウンコウセイ・平田助手 「環境に慣れて落ち着いています。思い通りの調教ができていますね」 ◆ノボバカラ・天間師 「ダートでは芝スタートの方が良かった。新たな一面が見られれば」 ◆ホッコーサラスター・池添騎手 「滞在競馬と洋芝は合うので、どこまでやれるか」 ◆ラインハート・丸山騎手 「動きは良かったし、ブリンカーの効果が出ている」 ◆レヴァンテライオン・蛯名騎手 「メンバーは強いけど、斤量(52キロ)が軽いのでそれを生かせれば」★函館スプリントSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
6月16日(金) 05:09

 4,395

函館SSのニュースをもっと見る >

函館SSの直前追い切り情報をもっと見る >

函館SSの口コミ情報をもっと見る >

●函館スプリントステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜函館スプリントステークス2017〜

第24回 函館スプリントステークス G3

2017年6月18日()函館11R 芝1200m 13頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 8 89.9 ジューヌエコール 牝3 50.0 北村友一 安田隆行 栗東 482(-2) 7.2 3 R1.06.8
2 3 3 96.5 キングハート 牡4 56.0 中谷雄太 星野忍 美浦 492(+4) 10.1 4 1.07.2 2 1/2
3 4 4 97.9 エポワス セ9 56.0 柴山雄一 藤沢和雄 美浦 484(+6) 22.4 7 1.07.2 クビ
4 8 12 100.8 セイウンコウセイ 牡4 56.0 幸英明 上原博之 美浦 502(+2) 2.1 1 1.07.3 1/2
5 4 5 95.9 イッテツ 牡5 56.0 石橋脩 斎藤誠 美浦 490(+6) 55.8 11 1.07.4 クビ
6 5 7 98.4 エイシンブルズアイ 牡6 56.0 吉田隼人 野中賢二 栗東 470(-4) 25.8 8 1.07.4 クビ
7 2 2 97.4 ノボバカラ 牡5 57.0 浜中俊 天間昭一 美浦 502(-16) 40.8 10 1.07.5 クビ
8 6 9 85.1 レヴァンテライオン 牡3 52.0 蛯名正義 矢作芳人 栗東 490(+8) 28.3 9 1.07.5 アタマ
9 8 13 94.7 ブランボヌール 牝4 54.0 岩田康誠 中竹和也 栗東 440(-6) 11.5 5 1.07.5 ハナ
10 7 10 96.6 シュウジ 牡4 56.0 武豊 須貝尚介 栗東 500(-2) 4.7 2 1.07.7
11 7 11 91.9 ホッコーサラスター 牝6 54.0 池添謙一 飯田祐史 栗東 472(+6) 83.0 12 1.07.9 1 1/2
12 1 1 94.3 ラインハート 牝6 54.0 四位洋文 上原博之 美浦 468(0) 236.0 13 1.08.0 クビ
13 5 6 97.3 クリスマス 牝6 54.0 松岡正海 伊藤大士 美浦 456(+6) 15.1 6 1.09.1
ラップタイム 11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2
前半 11.7-21.8-32.2-43.2-54.6
後半 55.1-45.0-34.6-23.6-12.2

■払戻金

単勝 8 720円 3番人気
複勝 8 270円 3番人気
3 320円 4番人気
4 490円 7番人気
枠連 3-6 2,800円 11番人気
馬連 3-8 3,090円 11番人気
ワイド 3-8 1,060円 11番人気
4-8 1,760円 21番人気
3-4 1,580円 19番人気
馬単 8-3 6,000円 21番人気
3連複 3-4-8 13,120円 43番人気
3連単 8-3-4 55,520円 177番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜函館スプリントステークス2017〜

函館SSのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜函館スプリントステークス2017〜

2016年 函館スプリントS 2016年6月19日() 函館11R 芝1200m 良 16頭

函館スプリントステークス2016

1着 16 ソルヴェイグ 39.4倍(12人気) 丸田恭介 1:07.8 100.1
2着 3 シュウジ 6.0倍(2人気) 岩田康誠 ハナ 100.1
3着 1 レッツゴードンキ 8.1倍(7人気) 吉田隼人 1 1/4 98.0
単勝 16 3,940円(12人気) 3連複 1−3−16 43,840円(142人気)
馬連 3−16 17,090円(54人気) 3連単 16→3→1 397,650円(1,104人気)

2015年 函館スプリントS 2015年6月21日() 函館11R 芝1200m 良 16頭

函館スプリントステークス2015

1着 9 ティーハーフ 6.3倍(4人気) 国分優作 1:08.3 102.1
2着 16 アースソニック 78.7倍(14人気) 丸田恭介 2 1/2 98.0
3着 13 レンイングランド 52.0倍(12人気) 菱田裕二 ハナ 98.0
単勝 9 630円(4人気) 3連複 9−13−16 200,320円(323人気)
馬連 9−16 19,550円(49人気) 3連単 9→16→13 944,140円(1,572人気)

2014年 函館スプリントS 2014年6月22日() 函館11R 芝1200m 良 14頭

函館スプリントステークス2014

1着 3 ガルボ 35.9倍(8人気) 津村明秀 1:08.5 103.9
2着 10 ローブティサージュ 21.0倍(6人気) 三浦皇成 クビ 103.9
3着 9 クリスマス 12.1倍(4人気) 丸田恭介 アタマ 103.9
単勝 3 3,590円(8人気) 3連複 3−9−10 89,720円(139人気)
馬連 3−10 27,340円(42人気) 3連単 3→10→9 872,270円(865人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/06/16
函館スプリントS
函館 16 パドトロワ 18.0倍 6 勝浦正樹 1:08.5 99.1
2012/06/17
函館スプリントS
函館 11 ドリームバレンチノ 6.7倍 2 松山弘平 1:09.4 103.2
2011/07/03
函館スプリントS
函館 12 カレンチャン 2.7倍 1 池添謙一 1:08.0 106.2
2010/07/04
函館スプリントS
函館 15 ワンカラット 4.2倍 2 藤岡佑介 1:08.2 107.1
2009/07/05
函館スプリントS
札幌 16 グランプリエンゼル 4.1倍 1 熊沢重文 1:08.5 100.9
2008/07/06
函館スプリントS
函館 16 キンシャサノキセキ 1.8倍 1 岩田康誠 1:08.4 106.7
2007/07/01
函館スプリントS
函館 16 アグネスラズベリ 6.5倍 3 角田晃一 1:08.9 103.3
会員登録はこちら

●函館スプリントステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜函館スプリントステークス2017〜

函館スプリントステークスは、夏季競馬の短距離重賞の充実を図る目的で1994年に4歳(現3歳)以上の別定混合重賞競走、札幌スプリントステークスとして創設。第1回は札幌競馬場芝1200mで施行された。

1997年からは同年の番組改定で札幌競馬と函館競馬の開催順入れ替えにより、施行場所を函館競馬場の芝1200mに移し、名称を函館スプリントステークスに変更した。2006年からはサマースプリントシリーズの第1戦に指定されている。

夏季競馬開催の最初の短距離重賞競走と言う事もあり、秋のスプリンターズステークスを見据える馬、サマースプリントシリーズ制覇を目論む馬たちがここで激突するケースも見られる。

尚、函館スプリントステークスは安田富男が1996年にノーブルグラスに騎乗して優勝し、JRAの全10競馬場の重賞競走制覇の記録を史上初めて達成した競走でもある。

函館スプリントステークスの優勝馬からはマサラッキサニングデールキンシャサノキセキカレンチャンらがGI競走を優勝している。

過去の優勝馬には他にシンコウフォレストメジロダーリングビリーヴシーイズトウショウビーナスラインアグネスラズベリグランプリエンゼルワンカラットドリームバレンチノなどが名を連ねる(GIII格付け以後を対象)。

☆函館スプリントステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る