会員登録はこちら
函館スプリントS G3   日程:2018年6月17日() 15:25 函館/芝1200m

レース結果

函館スプリントS G3

2018年6月17日() 函館/芝1200m/16頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分06秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

セイウンコウセイ

牡5 57.0 池添謙一  上原博之 500(0) 1.07.6 5.9 3
2 5 9

ヒルノデイバロー

牡7 56.0 四位洋文  昆貢 506(-10) 1.07.6 ハナ 26.6 10
3 4 7

ナックビーナス

牝5 54.0 三浦皇成  杉浦宏昭 522(0) 1.07.7 クビ 4.3 1
ラップタイム 11.8-10.4-10.9-11.3-11.3-11.9
前半 11.8-22.2-33.1-44.4-55.7
後半 55.8-45.4-34.5-23.2-11.9

■払戻金

単勝 1 590円 3番人気
複勝 1 230円 3番人気
9 610円 10番人気
7 160円 1番人気
枠連 1-5 4,170円 16番人気
馬連 1-9 10,410円 39番人気
ワイド 1-9 3,180円 41番人気
1-7 580円 2番人気
7-9 1,740円 20番人気
馬単 1-9 16,560円 65番人気
3連複 1-7-9 11,690円 35番人気
3連単 1-9-7 81,900円 274番人気

函館スプリントSのニュース&コラム

【函館SS】セイウンコウセイ復活V!
 第25回函館スプリントステークス(17日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1200メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)サマースプリントシリーズの初戦は唯一のGI馬が気を吐いた。池添謙一騎乗で3番人気のセイウンコウセイが積極的にハナを切って逃げ切りV。昨年の高松宮記念以来、1年2カ月ぶりの勝利を飾った。タイム1分7秒6(良)。夏場は休養し、秋はスプリンターズS(9月30日、中山、GI、芝1200メートル)を目標に調整される。 ひんやりとした潮風に乗り、GIホースが高らかに復活を告げた。セイウンコウセイが1番人気で4着に終わった昨年のリベンジを果たし、2017年高松宮記念以来の勝利を飾った。 「しっかりスタートを切って自分のレースをしようと思っていた。際どかったが、最後はよくしのいでくれた。復活のお手伝いができてうれしいです」 レース史上最多の4勝目を飾った池添騎手は、初コンビでの逃走劇に会心の笑みを見せた。スタートはそれほど速くなかったが、最内枠からハナを主張。猛追してきたヒルノデイバローをハナ差振り切り、重賞2勝目のゴールへ飛び込んだ。 GI制覇後、7連敗中だっただけに、上原調教師はひと安心といった表情。「枠順がよかったし、(今回から着けた)チークピーシズも効いていた。ジョッキーもうまく乗ってくれた。GI馬ですし、ホッとしています」。昨年より遅い1分7秒台の決着も、本領発揮をアシストした。 夏場は北海道日高町の西山牧場で休養。秋はスプリンターズSを最大目標に調整される。輝きを取り戻したコウセイが、再びスプリント界の一等星を目指す。(漆山貴禎)★17日函館11R「函館スプリントS」の着順&払戻金はこちらセイウンコウセイ 父アドマイヤムーン、母オブザーヴァント、母の父カポウティ。栗毛の牡5歳。美浦・上原博之厩舎所属。北海道新ひだか町・桜井牧場の生産馬。馬主は西山茂行氏。戦績23戦7勝。獲得賞金2億5784万6000円。重賞は2017年GI高松宮記念に次いで2勝目。函館スプリントSは上原博之調教師が1995年&96年ノーブルグラスに次いで3勝目、池添謙一騎手は2004年&05年シーイズトウショウ、11年カレンチャンに次いで4勝目。馬名は「冠名+恒星」。
2018年6月18日(月) 05:03

 575

【函館SS】レースを終えて…関係者談話
 ◆四位騎手(ヒルノデイバロー2着) 「デキがよかったし、あそこまでいったら勝ちたかった」 ◆三浦騎手(ナックビーナス3着) 「3番手でスムーズに運べて頑張っているのですが…」 ◆岩田騎手(アドマイヤゴッド4着) 「展開がはまれば、突き抜ける脚は持っていますよ」★17日函館11R「函館スプリントS」の着順&払戻金はこちら
2018年6月18日(月) 05:02

 466

【函館SS】ヒルノデイバロー、ハナ差届かず2着…四位「あそこまでいったら勝ちたかった」
 6月17日の函館11Rで行われたサマースプリントシリーズ(全6戦)の第1戦、第25回函館スプリントステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気セイウンコウセイ(牡5歳、美浦・上原博之厩舎)が逃げ切り勝ち。昨年の高松宮記念以来の重賞2勝目となった。 ハナ差の2着には3番手集団追走から直線外から伸びた10番人気ヒルノデイバローが入った。 四位洋文騎手「デキが良かったし、あそこまでいったら勝ちたかった。悔しいね」★【函館スプリントS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年6月17日() 19:52

 339

【函館SS】1番人気ナックビーナスは3着 三浦騎手「前が止まらない馬場で…」
 6月17日の函館11Rで行われたサマースプリントシリーズ(全6戦)の第1戦、第25回函館スプリントステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気セイウンコウセイ(牡5歳、美浦・上原博之厩舎)が逃げ切り勝ち。昨年の高松宮記念以来の重賞2勝目となった。 1番人気に支持されたナックビーナスは先行集団から抜け出しを図るも3着に終わった。 三浦皇成騎手「ゲートは出たけど、前が止まらない馬場でしたからね。それでもスッと3番手につけて、最後までよく頑張っていますよ」★【函館スプリントS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年6月17日() 19:49

 293

函館スプリントSのニュースをもっと見る >

【函館SS】厩舎の話
アドマイヤゴッド・須貝調教師「動きはまずまず。洋芝に良績がある」エポワス・藤沢和調教師「美浦でやってきた。年齢的な衰えもない」キングハート・星野調教師「調整程度。今年も頑張ってくれると思う」ジューヌエコール・北村友騎手「モタれた。いいころに比べると…」セイウンコウセイ・池添騎手「GI馬らしい雰囲気。洋芝は合うはず」ダイアナヘイロー・原田助手「雨の洋芝でもしっかり走った。上向き」タマモブリリアン・南井調教師「もたついたが、洋芝実績はある」ティーハーフ・国分優騎手「しまいの反応が抜群。いい状態をキープ」ノボバカラ・天間調教師「ジョッキーが乗って気合も入ってくるはず」ヒルノデイバロー・昆調教師「走れる態勢。馬場が悪くなるとどうか」ユキノアイオロス・石毛調教師「動きは良かった。しまい勝負にかける」ライトフェアリー・柴山騎手「復帰週から乗せてもらえるし、全力で」ラインスピリット・森一騎手「動きは上々。カイ食いも戻っている」ワンスインナムーン・鈴木助手「しっかり負荷をかけた。状態はいい」★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 12:00

 1,531

【函館SS】ナックビーナス確信の“静”
 高松宮記念3着のナックビーナスは、“静”に徹した。久々に晴れ上がった空の下、函館Wコースで単走。スタートからゆったりと進み、最後まで馬なり。ごく軽めの内容だったが、異様にテンションが高かった火曜に比べて落ち着きを増してきたのは好材料だ。 「日曜に着いたので、追い切りまで間隔を空けたくて木曜追いにした。調整程度だけど、雰囲気は悪くない。最低でも賞金を加算したいし、そろそろ重賞を勝ちたいね」と田面木助手。シリーズ初戦から全力投球だ。(夕刊フジ)★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 12:00

 1,061

【函館SS】函館なら武!ダイアナ態勢万全
 函館スプリントステークスの追い切りが13日、函館競馬場と美浦トレセンで行われた。函館ではダイアナヘイローが芝コースで一番時計をマーク。前走の高松宮記念で18着に敗れたダメージはなく、調子を上げてきた。4年連続で函館開幕週に参戦する武豊騎手(49)を背に重賞3勝目を狙う。 夜景の名所・函館山に垂れ込める雲を振り払うような快走だ。前走最下位からの大逆転Vへ、ダイアナヘイローが芝コース2周のハード追いを敢行した。 断続的に小雨が降る中、向こう正面から芝コース入り。そのままゆったりしたペースで約3/4周し、残り6ハロンの標識から徐々に速度を上げていった。雨で渋った馬場を苦にすることなく、ビシッと追われてラスト1ハロンは11秒9をマーク。5ハロン61秒6は文句なしにこの日の一番時計だ。 「先週は移動直後で軽めになったのでビシッと追いたかった。雨の洋芝にも脚を取られず、しっかり走ってくれました」 相棒の頑張りに原田助手は白い歯をこぼした。前走・高松宮記念は18着と大敗したが、連戦で目に見えない疲れもあったのだろう。2走前の阪急杯ではのちの安田記念馬モズアスコットを振り切ってV。GIIIならスピードは上だ。 今回は全7勝中6勝を挙げている武豊騎手とのコンビが復活する。函館開幕週に4年連続の参戦で、前3年で計9勝とさすがの存在感を示している。前人未到のJRA通算4000勝まであと26勝と迫る第一人者だが、4月以降3勝とスローダウン。勝率では全10場中、福島(24・2%)に次いで高い函館(22・3%)。相性のいい舞台でペースを上げたいところだ。 「ユタカさんはこの馬のことをよく分かっていて、うまくコントロールしてくれる。手綱が戻ってピリッとしたところを見せてほしいですね」と原田助手は期待を寄せる。 この後は連覇のかかる北九州記念に転戦し、サマースプリントシリーズ制覇を狙う。「函館は直線が短いので前に行ける分、有利だと思います。ここ数週でグングン調子も上がっていますし、シリーズ初戦で勢いに乗っていきたいですね」。昨年6~8月に4連勝を飾った快速娘が、まだ肌寒さの残る函館に夏の訪れを告げる。 (漆山貴禎)★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 05:05

 1,644

【函館SS】キングハート、軽め14秒0
 昨年2着のキングハートは、函館Wコースで5ハロン73秒4、3ハロン42秒8-14秒0と軽めの内容。後方から追いついてきた内クリノレオノール(500万下)を1馬身突き放してゴールした。 「馬場が悪かったので調整程度。中間は骨瘤(こつりゅう)が出て京王杯SCを使えなかったが、プール調整で良くなった。今年も頑張ってくれると期待しています」と星野調教師。夕刊フジ賞オーシャンS以来の重賞2勝目を狙う。★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月14日(木) 05:04

 670

函館スプリントSの直前追い切り情報をもっと見る >

函館スプリントSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月17日 15:24更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv127 

590円
590円
25,960円
Lv113 
590円 5,900円
Lv112 
580円 58,000円
Lv111 
160円 160円
Lv107 
610円 61,000円

的中情報をもっと見る >

函館スプリントS過去10年の結果

2017年6月18日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ジューヌエコール 北村友一 1:06.8 7.2倍 106.1
2着 キングハート 中谷雄太 2 1/2 10.1倍 102.0
3着 エポワス 柴山雄一 クビ 22.4倍 102.0
2016年6月19日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ソルヴェイグ 丸田恭介 1:07.8 39.4倍 100.1
2着 シュウジ 岩田康誠 ハナ 6.0倍 100.1
3着 レッツゴードンキ 吉田隼人 1 1/4 8.1倍 98.0
2015年6月21日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ティーハーフ 国分優作 1:08.3 6.3倍 102.1
2着 アースソニック 丸田恭介 2 1/2 78.7倍 98.0
3着 レンイングランド 菱田裕二 ハナ 52.0倍 98.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

函館スプリントSのデータ分析とレース傾向

コース図函館芝1200m

サマースプリントシリーズの指定レースである函館スプリントステークス。「夏は牝馬」の格言通りに、牝馬の活躍が目立つレースで、2008年以降だけでも5勝、2着1回、3着5回の好成績。なかでも、3~4歳牝馬に絞ると【5.1.3.9】という上々の結果を残している。また、単勝オッズ5番人気以内に支持された牝馬は【4.0.3.8】。人気サイドの牝馬の好走率が高いのも、大きな特徴だ。総合すると「人気サイドの3~4歳牝馬が強い」という結論に至る。舞台となる函館芝1200mは直線が約260mしかない小回りコース。相当なハイペースにでもならない限り、追い込み馬にとっては厳しい戦いとなる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

函館スプリントSの歴史と概要


2012年の優勝馬ドリームバレンチノ

夏の函館開催の幕開けを告げるスプリント重賞。札幌開催時代の第2~3回(1995~1996年)はノーブルグラスが連覇し、第3回に騎乗していた安田富男騎手は、この勝利で史上初となるJRA全10場重賞制覇記録を達成した。開催時期が6月に移ってからはややレベルが低下した感があるが、7月開催時代は、第4回(1997年)のマサラッキ、第6回(1999年)のシンコウフォレスト、第9回(2002年)のサニングデール、第10回(2003年)のビリーヴ、第15回(2008年)のキンシャサノキセキ、第18回(2011年)のカレンチャンと、G1馬やのちのG1馬が数多くの勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

函館スプリントSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月1日(
CBC賞 G3
ラジオNIKKEI賞 G3

競馬番組表

2018年6月30日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2018年7月1日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る