ビリーヴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1998年4月26日生
調教師松元茂樹(栗東)
馬主前田 幸治
生産者上水牧場
生産地鵡川町
戦績28戦[10-3-5-10]
総賞金46,031万円
収得賞金10,275万円
英字表記Believe
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
グレートクリスティーヌ
血統 ][ 産駒 ]
Danzig
Great Lady M.
兄弟 ダイワマジックエアステビア
前走 2003/10/05 スプリンターズS G1
次走予定

ビリーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
03/10/05 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 156112.212** 牝5 55.0 安藤勝己松元茂樹476(+2)1.08.0 0.034.4デュランダル
03/09/14 阪神 11 セントウルS G3 芝1200 13221.812** 牝5 57.0 安藤勝己松元茂樹474(-6)1.07.8 0.033.7テンシノキセキ
03/07/06 函館 11 函館SS G3 芝1200 11671.711** 牝5 56.0 安藤勝己松元茂樹480(+4)1.09.3 -0.335.8アグネスソニック
03/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 183522.4912** 牝5 56.0 安藤勝己松元茂樹476(-6)1.32.8 0.734.8アグネスデジタル
03/05/18 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 13696.948** 牝5 57.0 安藤勝己松元茂樹482(+10)1.21.8 0.835.1テレグノシス
03/03/30 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 181110.131** 牝5 55.0 安藤勝己松元茂樹472(-2)1.08.1 -0.234.9サニングデール
03/03/02 阪神 11 阪急杯 G3 芝1200 156103.729** 牝5 57.0 武豊松元茂樹474(+16)1.09.6 1.135.3⑤⑤ショウナンカンプ
02/12/15 香港   香港スプリン G1 芝1000 14--------12** 牝4 55.3 武豊松元茂樹458(--)0.58.1 0.0----ALL THRILLS TOO
02/09/29 新潟 11 スプリンタS G1 芝1200 11442.211** 牝4 55.0 武豊松元茂樹478(+2)1.07.7 -0.133.7アドマイヤコジーン
02/09/08 阪神 11 セントウルS G3 芝1200 12112.011** 牝4 54.0 岩田康誠松元茂樹476(-8)1.07.1 -0.733.5⑥⑤パイアン
02/08/17 小倉 11 北九州短距離 1600万下 芝1200 11662.011** 牝4 56.0 岩田康誠松元茂樹484(+6)1.07.8 -0.434.3オースミエルスト
02/07/20 小倉 11 佐世保S 1600万下 芝1200 118101.911** 牝4 56.0 福永祐一松元茂樹478(0)1.07.7 -0.134.4オースミエルスト
02/06/08 中京 11 テレビ愛知 OP 芝1200 18591.917** 牝4 53.0 福永祐一松元茂樹478(+6)1.09.3 0.735.7ネイティヴハート
02/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1881714.973** 牝4 55.0 福永祐一松元茂樹472(-4)1.20.5 0.234.4④④ゴッドオブチャンス
02/04/14 阪神 11 淀屋橋S 1600万下 芝1200 167143.911** 牝4 54.0 岩田康誠松元茂樹476(+16)1.07.7 -1.033.9レスレクシオン
02/03/24 中山 10 船橋S 1600万下 芝1200 11662.513** 牝4 54.0 安藤勝己松元茂樹460(-8)1.08.2 0.434.1⑥⑦ハッピーマキシマム
02/03/10 阪神 10 武庫川S 1600万下 芝1600 158155.343** 牝4 54.0 福永祐一松元茂樹468(-2)1.34.0 0.835.5⑩⑤④グラスワールド
02/02/17 京都 11 山城S 1600万下 芝1200 10223.712** 牝4 54.0 福永祐一松元茂樹470(+6)1.08.2 0.434.1ショウナンカンプ
01/12/15 阪神 11 逆瀬川S 1600万下 芝1600 166128.563** 牝3 53.0 小牧太松元茂樹464(+6)1.34.2 0.335.6メイショウキオウ
01/11/10 京都 12 醍醐特別 1000万下 芝1200 13228.561** 牝3 53.0 福永祐一松元茂樹458(0)1.08.8 -0.235.1チェックザラック

⇒もっと見る


ビリーヴの関連ニュース

 11月11日の京都11Rで行われた第52回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、スプリントGIで2勝を挙げたビリーヴを母に持つ5番人気ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿舎)が、アンドレア・アッゼニ騎手に導かれて快勝。デビューから2連勝で重賞初制覇を達成した。同騎手は日本での重賞初勝利。タイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着はカツジ(4番人気)で、さらに2馬身1/2離れた3着にケイアイノーテック(3番人気)が入った。



 カクリョウがレースを引っ張り、メガリージョンカツジフロンティアケイアイノーテックジャンダルムと続く展開。出遅れたロードイヒラニは最後方からのレースとなり、メガリージョンは故障発生で3コーナーで競走を中止した。直線でカツジが抜け出したが、その内からジャンダルムがグングンと伸びてかわすと、力強くゴールを駆け抜けた。1番人気フロンティアは外から伸び切れず4着だった。



 ジャンダルムは、父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンスという血統で、母ビリーヴは2002年スプリンターズS、03年高松宮記念のGI・2勝を含め重賞4勝。米国産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は2戦2勝。デイリー杯2歳S池江泰寿調教師、アンドレア・アッゼニ騎手ともに初勝利。



 池江泰寿調教師はJRA重賞通算70勝目。2011年2月に引退した父・泰郎元調教師の重賞通算勝利数に並んだ。



 ◆アンドレア・アッゼニ騎手「豊さん(武豊騎手)のけがで騎乗が回ってきましたが、結果でお返しできてよかったです。直線でエンジンがかかってからのスピードがすごかったですよ。一頭になってから少しソラを使ったりと、まだ子供っぽいところはありますけど、まだ2戦目でしたし、これから成長すると思います」



★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

【2歳新馬】阪神5R ビリーヴの息子ジャンダルムがV 2017年9月9日() 12:31

 9月9日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1600メートル)は、武豊騎手騎乗の2番人気ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿厩舎)が3番手追走から直線は馬場の真ん中を伸びてデビュー勝ち。タイムは1分37秒3(良)。

 1馬身1/4差の2着には好位から脚を伸ばしたロードラナキラ(4番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に中団追走から内めを伸びたスターリーステージ(1番人気)。

 ジャンダルムは、父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンスという血統。母はスプリントGIを2勝。半兄ファリダットは2008年阪神C・GIIの2着馬。半姉フィドゥーシアは2017年アイビスSD・GIIIの2着馬。

 ◆武豊騎手(1着 ジャンダルム)「レースにいっても期待通りの走りをしてくれました。気性も素直です。4コーナーで少し外に逃避しましたが、それ以外は完璧でした。先頭に立っても自分で加減して走っていました。今後もかなりたのしみな馬ですね。距離も大丈夫」



★9日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントウルS】フィドゥーシア、夏王獲っていざGI! 2017年9月5日(火) 05:04

 いよいよ、秋競馬の開幕だ!! 日曜の阪神では、今年から産経賞の冠がついたセントウルステークス(GII、芝1200メートル)が行われる。サマースプリントシリーズの最終戦で注目されるのは、名牝ビリーヴを母に持つフィドゥーシア。晩成の血を開花させた素質馬が母子制覇を飾り、スプリンターズS(10月1日、中山、GI、芝1200メートル)の主役を狙う。

 競馬の暦では今週から秋に突入するが、まだ夏の戦いは終わっていない。名スプリンターだったビリーヴを母に持つフィドゥーシアが初重賞&サマースプリントシリーズ制覇に燃えている。

 「何とかタイトルをひとつ取らせてあげたい。シリーズ優勝のチャンスもあるし、勝ちたいね」

 滋賀県の栗東トレセンが全休日だった4日、母も手掛けた吉田厩務員が熱く意気込みを語った。

 サマースプリントシリーズはここまで5ポイント。産経賞セントウルSを勝てば17ポイントとなり、他馬の着順に関係なく逆転優勝となる。それだけに、どの陣営よりもこのレースに懸ける思い入れは強い。

 母は2002年のこのレースで重賞初制覇。続くスプリンターズSも勝ち、一気にGI馬へ上り詰めた。その母と同じく、娘もキャリアを積むごとにじわじわと力をつけて、5歳秋を迎えて本格化。成長著しい愛馬に吉田厩務員が名牝と姿をだぶらせる。

 「お母さんも晩成だったように、この血統は奥手だね。目方(体重)はそんなに変わらないけど、つくべきところに(筋肉が)ついて体に幅が出てきたし、短距離馬っぽい体になってきた」

 近3走で2勝、2着1回の成績が、充実ぶりを証明している。前走のアイビスSD(2着)は惜しくもゴール前でクビ差かわされたが、レース内容は勝ちに等しいものだった。そして、中間の調整過程も順調だ。初めて千直を走った2走前は少し反動があったが、前走後は「ダメージはそれほどなかったし、調整はしやすかった」と好調ぶりに胸を張る。

 「1000メートルを2回使ったので掛からなければいいけど、先行馬が有利な開幕週だし、無理に引っ張らなくていい。以前と違って粘り腰が出てきた。道中リラックスして走って、あとは押し切れるかどうかだね」と吉田厩務員は期待を込める。

 この後はスプリンターズSを予定。晩成の血が開花したフィドゥーシアが秋の開幕を告げるスピード決戦を制して、母と同じサクセスストーリーを歩む。 (斉藤弘樹)



★産経賞セントウルステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★母も同じ道を

 母ビリーヴは1998年生まれのサンデーサイレンス産駒。フィドゥーシアと同じ栗東・松元茂樹厩舎に所属した。4歳時の2002年夏に頭角を現し、同年のセントウルSで重賞初制覇。続くスプリンターズSも制した。翌年の高松宮記念も制すなどスプリント戦線で大活躍。通算28戦10勝、重賞4勝の戦績で引退し、米国で繁殖入りした。

[もっと見る]

【セントウルS】フィドゥーシア、スプリント女王へ邁進 2017年9月4日(月) 17:03

 秋の阪神のオープニングは、今年から“産経賞”にリニューアルした電撃戦。サマースプリントシリーズ最終戦「第31回セントウルS」(10日、GII、芝1200メートル)が行われる。夏はもちろん、秋の王者も見据えるのがスプリント女王ビリーヴの子フィドゥーシアだ。

 快速フィドゥーシアのターゲットは、まずはサマースプリント王者。アイビスSDは無念のクビ差2着で現状は5ポイント(10位タイ)だが、GIIで突き抜ければ12ポイントを加算。現在首位の“おじいちゃん”エポワスを一気に捕らえることが可能だ。

 前走は石橋騎手が「これで何が足りないのか…」とうつむくほどのほぼパーフェクトな内容。素直に“千直職人”西田騎手=ラインミーティアの技量を褒めるべきで、“10ポイント級”のパフォーマンスといえた。「勝った馬にうまく乗られただけで、自身のスピードは見せられた」と、松元調教師にも悲観の色はない。

 GIIの今回も強調材料はある。過去5年で逃げ馬が3勝と、阪神開幕週の典型的な前残り傾向。千直でもハナを主張してきた快速娘にベストオブベストの条件といえる。

 「5歳にして完成の域に達してきた感。スプリンターズSでも色気が持てるような結果を期待したい」とトレーナー。ここも勝てば、かつて母ビリーヴ(02年スプリンターズS、03年高松宮記念)が極めた頂点も自然と視界に入る。今の充実ぶりなら、“二兎をも得る”最高のシナリオが待っているかもしれない。(夕刊フジ)

産経賞セントウルステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

ビリーヴの関連コラム

閲覧 218ビュー コメント 0 ナイス 2

第291話 「スプリンターズS

今年のスプリンターズSは新潟開催となります。
ここがポイントになるのは間違いありません。

新潟芝1200mコースはコース適性【瞬1平4消5】というもので中山の【瞬0平2消8】に比べて瞬発力が問われやすい舞台といえそうです。
坂の上り下りはあまりなくフラットなコースで3〜4コーナーのRがきつめなのでここで一旦ペースが落ちやすいのが要因だと思われます。

新潟開催のスプリンターズSといえば過去には02年にも開催されたことがあります。
33.7-34.0 =1.07.7 ±0△5△3 消耗戦
というラップでビリーヴが勝利をしたレースです。
春の高松宮記念を圧勝したショウナンカンプがハイペースで逃げてそれを2番手3番手で追走したビリーヴアドマイヤコジーンのワンツーとなりました。
その3頭のラップギアを見てみると


ビリーヴ      【瞬0平3消5】
アドマイヤコジーン 【瞬1平3消4】
ショウナンカンプ  【瞬0平0消7】

10年前のレースなので馬場状態や血統など参考程度として考えないと行けないかもしれませんが走破時計の速さと前傾度合いを見ると近年のスプリンターズSに近い印象です。
昨年の考察はこちら

まとめると
・瞬発戦平坦戦実績重視
・休養明けは不利
・前走4コーナー5番手以下は不利

今年の登録馬で有力と思えるのは
ハクサンムーンリトルゲルダ
穴では
エーシントップマジンプロスパーメイショウイザヨイ
エーシントップメイショウイザヨイは除外対象…)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ハクサンムーンリトルゲルダマジンプロスパー

【追記】
リトルゲルダ回避のため
ハクサン→マジン→セイコーライコウ
で行ってみます。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2012年3月19日(月) 14:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」高松宮記念2012前走分析
閲覧 117ビュー コメント 0 ナイス 21

以下は、過去10年の高松宮記念優勝馬と前走指数の一覧である。

■2011年 キンシャサノキセキ
56.1 オーシャンステークス(2着)

■2010年 キンシャサノキセキ
56.3 オーシャンステークス(1着)

■2009年 ローレルゲレイロ
58.1 阪急杯(2着)

■2008年 ファイングレイン
57.2 シルクロードステークス(1着)

■2007年 スズカフェニックス
56.2 阪急杯(3着)

■2006年 オレハマッテルゼ
56.2 阪急杯(3着)

■2005年 アドマイヤマックス
57.5 阪急杯(4着)

■2004年 サニングデール
57.3 阪急杯(1着)

■2003年 ビリーヴ
52.9 阪急杯9着(香港帰り)

■2002年 ショウナンカンプ
58.6 オーシャンステークス(1着)

前走が香港遠征帰りの一戦だったビリーヴを除くと、前哨戦(オーシャンステークス、阪急杯シルクロードステークス)で4着以内に入線し、56.1以上の指数を記録した馬が優勝している。

以上の分析を踏まえて、前走で4着以内に入線し、56.1以上の指数を記録している馬を、今年の出走予定馬からピックアップしてみよう。

57.9 ワンカラット(オーシャンステークス1着)
57.5 マジンプロスパー阪急杯1着)
57.3 グランプリエンゼル(オーシャンステークス2着)
57.3 ロードカナロアシルクロードステークス1着)
56.7 ベイリングボーイ(オーシャンステークス3着)
56.7 カレンチャン(オーシャンステークス4着)

上記6頭の中から、今年の優勝馬が出る可能性が高いと結論付けたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

2010年3月22日(月) 20:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」高松宮記念2010前走分析
閲覧 157ビュー コメント 0 ナイス 0

以下は、過去10年の高松宮記念優勝馬と前走指数の一覧である。

■2009年 ローレルゲレイロ
57.6 阪急杯2着

■2008年 ファイングレイン
57.4 シルクロードステークス1着

■2007年 スズカフェニックス
56.1 阪急杯3着

■2006年 オレハマッテルゼ
56.3 阪急杯3着

■2005年 アドマイヤマックス
57.4 阪急杯4着

■2004年 サニングデール
57.4 阪急杯1着

■2003年 ビリーヴ
52.4 阪急杯9着(香港帰り)

■2002年 ショウナンカンプ
58.7 オーシャンステークス1着

■2001年 トロットスター
56.6 シルクロードステークス1着

■2000年 キングヘイロー
52.7 フェブラリーステークス13着(初ダート)

前走が香港遠征帰りの一戦だったビリーヴと、前走が初ダートだったキングヘイローを除くと、前哨戦に出走し最低でも56.1以上の指数を記録した馬が優勝している。

以上の傾向を踏まえて、前走指数が56.1以上という条件を満たしている馬を、今年の出走予定馬からピックアップしてみよう。

58.5 アルティマトゥーレシルクロードステークス1着)
57.8 エーシンフォワード阪急杯1着)
56.8 サンカルロ阪急杯3着)
56.3 キンシャサノキセキ(オーシャンステークス1着)
56.3 エーシンエフダンズ(オーシャンステークス2着)

上記5頭の中から、今年の優勝馬が出る可能性が高いと結論付けたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

ビリーヴの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ビリーヴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ビリーヴの写真

投稿写真はありません。

ビリーヴの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ビリーヴの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。