セイクリムズン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  青毛 2006年3月13日生
調教師服部利之(栗東)
馬主金田 成基
生産者清水スタッド
生産地様似町
戦績60戦[16-11-10-23]
総賞金26,299万円
収得賞金21,365万円
英字表記Sei Crimson
血統 エイシンサンディ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エイシンウイザード
スダリーフ
血統 ][ 産駒 ]
サウスアトランテイツク
スダフラウ
兄弟 マイネルナポレオンセイントリーフ
前走 2015/05/05 かしわ記念 G1
次走予定

セイクリムズンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------7** 牡9 57.0 幸英明服部利之518(--)1.39.5 2.1----ワンダーアキュート
15/03/17 高知 5 黒船賞 G3 ダ1400 12--------8** 牡9 58.0 戸崎圭太服部利之511(--)1.29.0 1.7----ダノンレジェンド
14/11/03 盛岡 9 JBCスプリ G1 ダ1200 16--------4** 牡8 57.0 戸崎圭太服部利之504(--)1.09.2 0.2----ドリームバレンチノ
14/10/01 大井 11 東京盃 G2 ダ1200 11--------3** 牡8 57.0 戸崎圭太服部利之492(--)1.10.7 0.5----ノーザンリバー
14/06/12 門別 11 北海道SC G3 ダ1200 14--------5** 牡8 58.0 岩田康誠服部利之524(--)1.11.9 0.9----アドマイヤサガス
14/05/28 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------3** 牡8 57.0 岩田康誠服部利之514(--)1.27.2 0.5----ノーザンリバー
14/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 8--------2** 牡8 57.0 戸崎圭太服部利之514(--)1.39.6 0.4----コパノリッキー
14/04/02 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 16--------2** 牡8 57.0 岩田康誠服部利之511(--)1.11.3 0.6----ノーザンリバー
14/03/18 高知 4 黒船賞 G3 ダ1400 12--------1** 牡8 58.0 岩田康誠服部利之514(--)1.27.6 -0.4----ドリームバレンチノ
14/02/02 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1681643.7912** 牡8 57.0 北村宏司服部利之514(0)1.24.1 0.736.3⑧⑧ゴールスキー
13/12/08 中山 11 カペラS G3 ダ1200 167137.234** 牡7 57.0 北村宏司服部利之514(-9)1.11.0 0.336.0⑧⑨ノーザンリバー
13/11/04 金沢 9 JBCスプリ G1 ダ1400 12--------3** 牡7 57.0 岩田康誠服部利之523(--)1.27.5 0.4----エスポワールシチー
13/10/14 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 13--------3** 牡7 57.0 岩田康誠服部利之515(--)1.35.8 0.7----エスポワールシチー
13/07/07 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 16117.852** 牡7 57.0 岩田康誠服部利之514(0)1.21.9 0.035.7⑤⑥アドマイヤロイヤル
13/05/29 浦和 11 さきたま杯 G2 ダ1400 12--------2** 牡7 57.0 岩田康誠服部利之514(--)1.27.5 0.1----テスタマッタ
13/05/06 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 11--------5** 牡7 57.0 内田博幸服部利之513(--)1.39.1 1.3----ホッコータルマエ
13/04/10 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 16--------2** 牡7 57.0 岩田康誠服部利之516(--)1.11.8 0.1----ラブミーチャン
13/03/19 高知 4 黒船賞 G3 ダ1400 12--------1** 牡7 58.0 岩田康誠服部利之518(--)1.27.3 -0.1----ダイショウジェット
13/02/17 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1623144.8164** 牡7 57.0 藤岡佑介服部利之516(+2)1.35.4 0.335.8⑭⑬グレープブランデー
13/01/27 東京 11 根岸S G3 ダ1400 161248.7103** 牡7 58.0 岩田康誠服部利之514(-1)1.23.7 0.035.4メイショウマシュウ

⇒もっと見る


セイクリムズンの関連ニュース

関連ニュースはありません。

セイクリムズンの関連コラム

関連コラムはありません。

セイクリムズンの口コミ


口コミ一覧

霜月Sを考える(2010〜2012)

 藤沢雄二 2016年11月20日() 12:53

閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 4

続いて2010〜2012年の3回分です。

2010年(ハンデ・16頭)
1.▲札ぅリムズン 牡4 57 幸 3人気 先 栗・服部
2.Ε吋ぅ▲ぅ謄鵐献 牡4 56 柴田善 4人気 逃 栗・白井
3..織泪皀リエイト 牡5 53 大庭 7人気 差 栗・小原
《消えてくださった人気馬》
4.ゥ淵爛薀織ぅ織 牡4 57.5 熊沢 1人気 差 栗・大橋
11.Д汽鵐ルロ 牡4 57 吉田豊 2人気 追 美・大久保洋
【ハロンラップ】
12.4-11.0-11.3-12.0-11.9-12.0-12.5=1.23.1(良)
【メモ】
3番人気のセイクリムズンが快勝。春に栗東Sでオープン勝ちの後、秋2戦で3着→3着の後にここ。
2着のケイアイテンジンもここが秋3走目。セイクリムズンよりはムラのある成績だったけど、この馬も既にオープン勝ちあり。
問題は3着のタマモクリエイトを拾えるかで、前走は東京2100mのブラジルCを13番人気で0.2秒差4着。わりと長めの距離を使われていたから穴で3着なら…という手はあったのかも。
4着のナムラタイタンは前走のプロキオンS3着以来の4ヶ月半ぶりの一戦。デビューから破竹の6連勝を飾って、そのプロキオンSで初黒星もオープン特別なら…ってことか。
11着のサンカルロはここが初ダート。2走前にスプリンターズSで3着だったのに、富士Sで8着の後にここだからブレていたのかもね。

2011年(ハンデ・16頭)
1.ケイアイテンジン 牡5 56 後藤 6人気 逃 栗・白井
2.ナニワトモアレ 牡5 55 御神本 4人気 差 栗・鮫島
3.バーディバーディ 牡4 58 坂井 5人気 先 栗・池江寿
《消えてくださった人気馬》
7.ウィキマジック 牡3 55 F.ベリー 1人気 差 栗・領家
8.Дぅ鵐撻螢▲襯沺璽 牡4 56 嶋田 3人気 先 栗・音無
13.ブライトアイザック 牡5 57 江田照 2人気 差 美・菅原
【ハロンラップ】
12.3-10.8-11.5-11.6-11.6-11.9-13.0=1.22.7(重)
【メモ】
勝ったケイアイテンジンは前年2着だからリピーターですね。秋4走目とソコソコ使われていたのもよかったか。
2着のナニワトモアレは前走も同じ舞台のペルセウスS2着だったのだが追い込み脚質が割引材料だったか。
3着のバーディバーディは前年のユニコーンSの勝ち馬で、東京大賞典・フェブラリーS・帝王賞で3着と実績上位ながらも58kgが嫌われたんだな。
なんでウィキマジックが単勝1.9倍だったんだっけ?と思ったら、前走の大阪スポーツ杯でインペリアルマーチを負かしていたのね。で、F.ベリーを確保。そりゃ人気だわ。ただ、昇級戦だったのよね。
3番人気8着がそのインペリアルマーチ。春のアハルテケSで単勝1.6倍を裏切っているので人気サイドなら切りで正解。しかし鞍上が嶋田って、この時に当日の落馬負傷の乗り替わりがあったんだっけ?
13着に大敗したブライトアイザックは東京1400で人気のない時に走ったイメージがある。春に同じ舞台のアハルテケSを勝って、5ヶ月半ぶりのペルセウスSで3着の後がここだった。


2012年(ハンデ・15頭)
1.哀─璽轡鵐ΕД坤 牡5 55 戸崎 2人気 先 栗・服野中
2.┘哀螢奪拭璽Εぅ鵐 牡5 55 武幸 9人気 差 栗・友道
3.Д汽ラシャイニー 牡5 55 松田 13人気 差 栗・羽月
《消えてくださった人気馬》
4.マルカベンチャー 牡6 56 幸 1人気 差 栗・松永昌
6.ゥ┘ぅ轡鵐魯鵐廛肇 牡5 55 木幡広 3人気 差 美・宗像
【ハロンラップ】
12.4-11.1-11.7-12.2-12.2-11.5-11.5=1.22.6(重)
【メモ】
勝ったのは外国産馬のエーシンウェズン。春の東京のオアシスS6着以来、7ヶ月の休み明けでこれといったオープン実績がないのに勝っちゃうのだから、危なっかしい人気馬ほど買えということか?
2着のグリッターウイングはずっと1800前後の距離を使われていて、ここは2100mのブラジルC5着からの激走。
3着のサクラシャイニーは叩き3走目での激変。春にも叩き3走目の天保山Sで複穴を開けていた。
マルカベンチャーが1番人気だったのはなんで?と思ったら、前走の室町Sでも1番人気で2着だったんだな。ただ2年以上勝っていない6歳馬だったから過信しちゃいけなかったのだろう。それにここはミルコ→幸だったし。
シセイオウジが3番人気だったのは、昇級戦のペルセウスS4着でオープンにもメドが立ったということか。ただ追い込み脚質の馬は人気サイドでは買いにくいね。

 山崎エリカ 2016年6月1日(水) 02:23
さきたま杯の予想
閲覧 171ビュー コメント 0 ナイス 10

豪華メンバー構成
勝つのはどの路線馬か?
____________

さきたま杯は、主にかしわ記念で凡退した馬、東京スプリントやかきつばた記念の上位馬が集うレースです。かしわ記念はG1ですので、一見、かしわ記念の上位馬が出走してくれば最有力のように感じるかもしれません。しかし、昨年のかしわ記念の2着馬セイクリムズン(2番人気)がこの舞台で3着だったように、大崩れしないまでも人気よりも着順がやや下回る傾向があります。確かにセイクリムズンのかしわ記念は、展開に恵まれての2着ではありましたが、かしわ記念はG1でありながら帝王賞の前哨戦的な位置付けで、それほどレベルが高くないことは頭の片隅に置いたほうがいいでしょう。

一方、東京スプリントで3着以内だった馬のこの舞台での成績はというと、東京スプリントが創設された2009年以降、【3・1・1・2】と、意外と活躍を見せています。先行力が必要とされる小回りの浦和1400mが舞台なので、マイル路線組と同じくらいの力関係ならば短距離適性があったほうがいいのでしょう。連対馬の4頭は、2012年セイクリムズン・1着、2013年セイクリムズン・2着、2014年ノーザンリバー・1着、2015年ノーザンリバー・1着で、内3頭が前走でかしわ記念かかきつばた記念に出走していた馬でした。東京スプリントからの直行馬よりも、一走挟んでいるほうが好ましい傾向にあるようです。

また、当然ながら格上の馬の活躍も目立ちます。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7270

予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016060118020311

[もっと見る]

 山崎エリカ 2016年1月31日() 08:33
本日の見所(シルクロードSなど)
閲覧 153ビュー コメント 1 ナイス 10

2016年 根岸S、シルクロードS
_______________

●根岸S

フェブラリーSの前哨戦の位置付けの根岸S。しかし、実績馬は根岸Sよりも格上の川崎記念や東海Sを前哨戦として選択するため、本番にはあまり繋がらないレースとなっています。どちらかと言えば、スプリント路線の頂点を競うレースとしての意味合いのほうが強いでしょう。

また、このレースは、昨年暮れのカペラS以来の短距離重賞ということもあり、例年、スプリント路線組が大挙出走してきます。よって、序盤から激しい攻防が繰り返され、馬場状態に関係なく速い流れになる傾向がとても強く、過去10年を振り返ってもほぼハイペースです。

特に近4年は、強い逃げ、先行馬が不在というのもありますが、2012年シルクフォーチュン1着、2013年メイショウマシュウ1着、2014年シルクフォーチュン3着、2015年ワイルドバッハ2着になるなど、直線一気の追い込み馬が連発して馬券に絡んでいます。

逆に逃げ馬の3着以内はゼロ(8年前まで遡らなければいない)、先行馬はペースが速くなったところで動かず、一旦、位置取りを下げる形ならば、2013年ガンジス2着、セイクリムズン3着、2014年ノーザンリバー2着など、それなりの活躍を見せていますが、完全先行から押し切ったのは、2012年のトウショウカズンのみで、最内をロスなく立ち回っての2着でした。基本は、差し、追い込み馬が断然有利のレースで、先行馬を狙うのであれば、差す競馬でも結果を出してきた馬でなければ厳しいものがあります。

ただ、今年はというと、スプリント路線組が差し、追い込み馬ばかりで、逃げ馬はシゲルカガしかいません。確かにシゲルカガが逃げるのであれば、前半34秒台は濃厚で、東京ダ1400mを34秒台で逃げれば、まず後半は36秒台に突入してくるのでハイペースは免れないでしょう。

しかし、2列目がマイル路線の先行馬タガノトーネル、モーニンがつけていくとなると(プロトコルは近走、控える競馬を覚えさせているので差す形が濃厚)、シゲルカガから離されての2番手を形成する形が濃厚。それだと逃げ馬だけがハイペースを刻んで、2列目以降の馬が実質、差しの競馬をすることになるので、前に行った馬でも十分残り目はありそうです。ただヒモ穴として、差し、追い込み馬を穴馬として仕込んでおくのも面白いでしょう。


●シルクロードS

昨夏の北九州記念で2着に敗れて、スプリンターズS出走権を逃したビッグアーサーが、高松宮記念を意識する上で何としても勝利で賞金加算をと、M..デムーロ騎手への手替わりで出走してきます。昨秋の京阪杯、阪神Cともに2,3着に終わった同馬ですが、今度こそ重賞での勝利をもぎ取ることができるか。高松宮記念を占う意味でも非常に興味深い一戦となりました。

また、京都コースは今週からBコース使用で、内外に大きな差がなくなり、ほぼペース次第の馬場状態。シルクロードS当日は晴れ予報で、全体の傾向としては馬場回復化で前が残りやすくなるでしょう。

しかし、この一戦は、アクティブミノル、ローレルベローチェ、ネロ、セイコーライコウ、芝では前に行けるかどうかわかりませんが、ダートでは逃げ馬のヒルノデイバローと逃げ馬揃いなので、極端なスローペースになる可能性は低いでしょう。前半3F34秒台の平均ペースで流れて、どのポジションからでも能力を出し切れる展開が濃厚と見ています。よって、能力重視の予想を組み立てたいです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイクリムズンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セイクリムズンの写真

投稿写真はありません。

セイクリムズンの厩舎情報 VIP

2014年2月2日根岸ステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セイクリムズンの取材メモ VIP

2014年2月2日 根岸ステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。