ゴールドドリーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
ゴールドドリーム
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年4月19日生
調教師平田修(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[6-3-1-4]
総賞金32,513万円
収得賞金11,640万円
英字表記Gold Dream
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
モンヴェール
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
スペシャルジェイド
兄弟 グリューネヴォッヘペルランヴェール
前走 2018/02/18 フェブラリーS G1
次走予定

ゴールドドリームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 167142.112** 牡5 57.0 R.ムーア平田修524(-14)1.36.0 0.036.4⑩⑧ノンコノユメ
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 165913.081** 牡4 57.0 R.ムーア平田修538(+14)1.50.1 -0.035.2⑨⑩⑪⑪テイエムジンソク
17/10/09 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 16--------5** 牡4 57.0 川田将雅平田修524(--)1.35.8 0.9----コパノリッキー
17/06/28 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 16--------7** 牡4 57.0 M.デムー平田修517(--)2.06.2 1.8----ケイティブレイブ
17/03/25 アラ 9 ドバイWC G1 ダ2000 14--------14** 牡4 57.0 J.モレイ平田修--0000 ------アロゲート
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16235.021** 牡4 57.0 M.デムー平田修520(+4)1.35.1 -0.035.6⑨⑧ベストウォーリア
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 157125.7212** 牡3 56.0 M.デムー平田修516(+2)1.51.4 1.338.5⑥⑥⑤⑤サウンドトゥルー
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16483.422** 牡3 56.0 M.デムー平田修514(-4)1.34.0 0.234.9⑨⑧タガノトネール
16/07/13 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 12--------3** 牡3 56.0 川田将雅平田修518(--)2.06.9 1.2----キョウエイギア
16/06/19 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 166122.921** 牡3 56.0 川田将雅平田修512(-5)1.35.8 -0.035.9ストロングバローズ
16/05/04 園田 10 兵庫CS G2 ダ1870 12--------2** 牡3 56.0 川田将雅平田修517(--)2.01.4 1.2----ケイティブレイブ
16/02/21 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 14577.351** 牡3 56.0 田辺裕信平田修516(-8)1.35.4 -0.335.5⑧⑥ストロングバローズ
16/01/05 京都 3 3歳500万下 ダ1800 147122.511** 牡3 56.0 川田将雅平田修524(-2)1.52.3 -0.136.9⑤⑤⑤スーパーライナー
15/12/13 阪神 6 2歳新馬 ダ1800 16124.531** 牡2 55.0 川田将雅平田修526(--)1.54.0 -0.436.3⑫⑫⑨④フォンターナリーリ

ゴールドドリームの関連ニュース

 5月2日(水)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が4月15日、発表された。

 「第30回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)

【JRA所属の出走予定馬】6頭インカンテーション(牡8歳、栗東・羽月友彦厩舎、三浦皇成騎手)オールブラッシュ(牡6歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎、クリストフ・ルメール騎手)ノンコノユメ(セン6歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)ベストウォーリア(牡8歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)モーニン(牡6歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.アスカノロマン2.クインズサターン3.ブライトンロック4.オールマンリバー

ゴールドドリーム、ドバイ参戦見送り 2018年2月22日(木) 05:01

 フェブラリーSで2着に敗れたゴールドドリーム(栗・平田、牡5)は招待状が届いているドバイワールドカップ(3月31日、メイダン、GI、ダ2000メートル)の参戦を見送ることが21日、明らかになった。ノーザンファームしがらきへ放牧に出され、かしわ記念(5月2日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。

 京都記念6着のディアドラ(栗・橋田、牝4)にドバイターフ(3月31日、メイダン、GI、芝1800メートル)、京都記念4着のモズカッチャン(栗・鮫島、牝4)にドバイシーマクラシック(同、芝2410メートル)の招待状がそれぞれ届いた。出否に関しては未定。

 京都記念8着のクロコスミア(栗・西浦、牝5)はドバイターフ、昨年のカペラSを勝ったディオスコリダー(栗・高橋忠、牡4)はドバイゴールデンシャヒーン(同、ダ1200メートル)への招待をそれぞれ受諾した。

ゴールドドリームの競走成績はこちら★クロコスミアの競走成績はこちら★ディオスコリダーの競走成績はこちら

[もっと見る]

ゴールドドリームはドバイ遠征を見送り 2018年2月21日(水) 13:04

 フェブラリーSで2着に敗れたゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が、招待状が届いているドバイワールドカップ(3月31日、メイダン、GI、ダ2000メートル)への参戦を見送ることが21日、分かった。今後は放牧を挟み、かしわ記念(5月2日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。



ゴールドドリームの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイワールドカップ】ゴールドドリームはドバイ遠征を見送り 2018年2月21日(水) 13:04

 フェブラリーSで2着に敗れたゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が、招待状が届いているドバイワールドカップ(3月31日、メイダン、GI、ダ2000メートル)への参戦を見送ることが21日、分かった。今後は放牧を挟み、かしわ記念(5月2日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。



ゴールドドリームの競走成績はこちら

[もっと見る]

ノンコ、GI初制覇一夜明け元気一杯! 2018年2月20日(火) 05:03

 フェブラリーSで悲願のJRA・GI初制覇を成し遂げたノンコノユメ(美・加藤征、セン6)は一夜明けた19日、美浦トレセンの自厩舎で元気な様子を見せた。「厩舎に帰ってからはカイバもペロリと食べて元気です。レースはとにかくすごかった。ゴールドドリームも強かったし、勝ててよかったです」と石井厩務員。カイ食いが細い馬だけに、工夫しながら体重を維持する点に苦労したという。「思うような結果が出ず、苦労した時期もありましたが、全てが報われました。何とか中央のGIを勝たせたいと思っていたので、本当によかったです」。次走は未定だが、秋の米GIブリーダーズC遠征も含めて、夢は広がっていく。





ノンコノユメの競走成績はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】ノンコ夢叶えたJRA・GI初V! 2018年2月19日(月) 05:06

 第35回フェブラリーステークス(18日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円=出走16頭)今年最初のJRA・GIは、内田博幸騎乗の4番人気ノンコノユメがゴール前の激戦を制し、JRA・GI初制覇。関東馬は1998年グルメフロンティア以来、20年ぶりの勝利となった。タイム1分36秒0(良)。連覇を狙った1番人気のゴールドドリームはクビ差の2着に敗れた。

 ゴール前、王者を追い詰めるジョッキーと馬の迫力に、スタンドがどよめいた。3頭の激しい攻防。大外のノンコノユメが、昨年の覇者ゴールドドリームをクビ差かわしてゴールした。大歓声に包まれたウイニングランで、内田騎手も思わずガッツポーズだ。

 「やっぱり騎手っていいですね。大レースになればなるほど騎手しか味わえない余韻がある。これを味わっちゃうとね」

 2014年にヴィクトリアマイルヴィルシーナで勝って以来3年9カ月、43戦ぶりのGIタイトルにジョッキーも感慨深い表情をみせた。

 スタートしてすぐ後方に下げて馬群の外へ。内田騎手は「コーナーであまり外を回すのはロス。でもスタート直後の直線ならロスはないから。3コーナーまで砂をかぶせないように」誘導した。3~4コーナーで目前にいるゴールドドリームがスッと前にいくと、離されずに食らい付いて直線へ。大外に持ち出してノンコの持ち味、爆発的な末脚を引き出した。

 「あそこまできたら勝ってくれ、と願うしかない。神様と馬頼み。GIを勝つのは簡単なことじゃない。馬が勝てない時期も必死にケアしたスタッフに感謝です」

 ジョッキーが話すように、ノンコノユメも勝てない時期が続いた。3歳時に交流GIジャパンダートダービーを制したが、その後は激しい気性が災いした。陣営は4歳夏に去勢を決断したが、その後も勝てず、GIでは9連敗。「去勢して批判もされました。でも根岸Sで復活してフェブラリーSも勝てた。ホッとしましたね」。加藤征調教師は初めてのJRA・GIに安堵(あんど)の笑みを浮かべる。

 セン馬のため種牡馬になることはかなわない。今後は国内戦が濃厚だが、この勝利で米GIブリーダーズCクラシック(11月3日、チャーチルダウンズ、ダ2000メートル)の優先出走権を手に入れた。「それは興味がありますね」と調教師。ジョッキーも「乗せてもらえるなら僕もうれしいし、勉強します」と前向きだ。念願のタイトルを手にしたノンコノ“夢”は、世界にも広がっていく。 (柴田章利)



★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの関連コラム

閲覧 1,059ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、18(日)に東京競馬場でG1フェブラリーSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーSは、昨年の覇者で17年最優秀ダートホースのゴールドドリームが単勝2.1倍で1番人気。以下は、2番人気テイエムジンソク、3番人気サンライズノヴァと単勝ひと桁台、10倍台には4番人気ノンコノユメ、5番人気ケイティブレイブが続き、良馬場でスタートを迎えます。
好発は内枠3頭とテイエムジンソクあたりが決め、この中から1枠両頭が積極策の姿勢。ニシケンモノノフがハナを取りきると、2番手にケイティブレイブ、3番手にノボバカラ、4番手テイエムジンソク、直後にララベルが続き、ここまでが先団を形成。馬群が途切れて、中団グループにベストウォーリアロンドンタウンインカンテーションが続き、後方勢はベストウォーリアアウォーディーメイショウスミトモレッツゴードンキゴールドドリームノンコノユメサウンドトゥルーとなって、最後方キングズガードの隊列で3コーナーへ。前半3F34.1秒(推定)のハイペースとなる中、依然縦長の馬群は先行勢と中団以降の間でポッカリと途切れる隊列を保ちながら4コーナーに掛けて展開。テイエムジンソクは3番手から徐々に促され、ゴールドドリームは後方から外々を回るように早めの進出を開始します。
先頭をキープするニシケンモノノフに、ケイティブレイブが並び掛けるようにして4コーナーを出ると、外からテイエムジンソクも懸命の伸びを見せますが、これら先行3頭の脚色はすぐに一杯に。後続勢が一気に差を詰めるなか、ゴールドドリームが力強い脚色で坂を駆け上がり、そのまま一気に先頭へ。連れて伸びたインカンテーション、インを割るレッツゴードンキあたりが目立つ伸びを見せると、さらに後方から大外を通ってはノンコノユメがエンジン点火。一旦は、完全に抜け出したゴールドドリームと、その内で応戦する6番人気インカンテーションを、まとめて差し切る勢いのノンコノユメ。ゴール直前で横並びとなりますが、この争いを勢いで完全に勝った外ノンコノユメがクビ差抜け出しV。嬉しいJRA・G1初勝利を挙げています。2着はゴールドドリーム、そこからクビ差の3着にインカンテーションが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロきいいろプロ霧プロ西野圭吾プロKOMプロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロほか計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
18(日)は東京1Rでの3連単的中、計45万3,880円払戻しのビッグヒットを皮切りに、京都8Rの69万2,400円払戻し、東京12Rの41万670円払戻しなど、総払戻額170万オーバーの大活躍!!週末トータル回収率285%、収支133万4,630円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)東京8Rでは、◎ピックミータッチから3連単・3連単・馬単全的中計12万5,750円を払戻し!18(日)にも、京都5Rでの◎○▲パーフェクト的中などの好調予想を披露した先週は、2日連続のプラス収支をマーク。週末トータル回収率215%、収支11万1,040円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
18(日)のG1フェブラリーSを△◎○3連単的中で仕留め、払戻し8万オーバーを記録。他にも小倉10Rなどの的中を披露し、週末トータル回収率187%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(141%)、KOMプロ(131%)、おかべプロ(121%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、伊吹雅也プロ(120%)、スガダイプロ(120%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(116%)、イータン育成プロ(105%)、いっくんプロ(105%)、岡村信将プロ(105%)、蒼馬久一郎プロ(101%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
また、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3~25)』挑戦者の中からは、ゴッツァンゴールさん(314%)、馬侑迦さん(112%)、福福777さん(106%)、内田の予想さん(103%)らがトータルプラスの活躍を披露しています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想に加え、『プロテスト』ラストウィークでの正真正銘ファイナルバトルの行方にもぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月20日(火) 12:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/17,18の結果(フェブラリーS,ダイヤモンドS)
閲覧 524ビュー コメント 0 ナイス 2



2月18日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】ノンコノユメ(10.7倍)
2着:総合ポイント【1位】○ゴールドドリーム(2.1倍)
3着:総合ポイント【6位】△インカンテーション(20.0倍)

第2グループ・総合ポイント3位のノンコノユメが1着、第1グループ・総合ポイント1位のゴールドドリームが2着、第3グループ・総合ポイント6位のインカンテーションが3着という結果でした。


なんと言っても△ニシケンモノノフ(横山典騎手)ですね。やられました。積極策や逃げまでは当然想定していたのですが、あの馬場で34.1秒(推定)で行くとは......。ただ、◎テイエムジンソクはそのハイペースが無くても、あのパドックや返し馬を見た感じでは厳しかったかなと。初競馬場、関東圏への長距離輸送という環境でこの馬を過信してしまったのは、痛恨でした。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点 払い戻し0円


続いて、2月17日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲フェイムゲーム(2.7倍)
2着:総合ポイント【7位】△リッジマン(7.5倍)
3着:総合ポイント【11位】△ソールインパクト(11.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のフェイムゲームが1着、第3グループ・総合ポイント7位のリッジマンが2着、第3グループ・総合ポイント11位のソールインパクトが3着という結果でした。


こちらは▲フェイムゲームが、去年ほどの上り勝負にはならずラスト1Fが掛かるちょうど14年・15年のような展開になって強さを見せましたね。一方、本命◎ホウオウドリームは、やはり現状は上りの速い瞬発戦でないと厳しそうですね。そもそもが、◎ホウオウドリームがもう少し人気が落ち着いてくれて、スローからの瞬発力勝負なら▲フェイムゲームが危ういだろう、というのが予想の中心としてあったので、完敗当然の結果でした(+_+)反省です。


【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点 払い戻し0円

[もっと見る]

2018年2月20日(火) 11:30 ROBOTIPプロジェクトチーム
~運用回顧~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(フェブラリーS G1)
閲覧 809ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。ウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想をお届けしている当コラム。本日は先週の運用結果を振り返っていきたいと思います。

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

早速ですが、先週行われた『フェブラリーS G1』です。結果画像をご覧ください。





全ロボ本命評価となった◎ゴールドドリームは惜しくも2着。それでも、買い目的には馬連を含め仕留めることができましたのでまずまずの結果となりました。2018年最初のG1を的中することができて、まずは良かったです(^^♪





そして、各ロボットの週末トータルの成績です。

【先週の運用結果】




こちらもなかなかの好調週となりました。特に、騎手ロボ・血統ロボの2体は、的中率に加え5万超払戻しの本数も多くトータルプラスを計上。今週から、中山・阪神に舞台は替わってしまいますが^^;、これがさらに追い風となってくれることを期待したいと思います。(前回の中山・阪神初週(12/2~3)はと......よし、好調だった週だ\(^o^)/)



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティの会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年2月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第337回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~フェブラリーS G1
閲覧 864ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーS G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ゴールドドリームのみ1頭。
第2グループ(黄)は、アウォーディーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のノンコノユメベストウォーリアまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、テイエムジンソクから1.0ポイント差(約1馬身差)内のインカンテーションサンライズノヴァレッツゴードンキまで4頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ゴールドドリームアウォーディー間に1.9ポイントと比較的大きな開きが見られ、以下は第4G半ばにかけて“溝”が生じない配置となっています。また、昨年の当コラムでも触れた点ですが、ダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数に与える影響もポイントです。

今回は◎テイエムジンソク、○ゴールドドリームの人気2頭を素直に評価。近3走の安定したハイレベル指数が光る前者と、東京マイルがベストである点が指数にも明確に表れている後者。迷いに迷いましたが、昨年のチャンピオンズCで勝ちに等しい2着だったとみている◎テイエムジンソクのほうを上にとりました。初のマイルではありますが、何が何でも逃げなければという馬でもないですし、近走逃げ・先行好走馬が例年以上に少ないメンバー構成とかなりタフな今の馬場から、この馬の脚質は今回大いに武器になるとみています。チャンピオンズCの雪辱を果たしてくれると期待。
ゴールドドリームは、昨年のフェブラリーSのようなラスト3F35秒台で上がってこれるレースにはならなそうな点が気掛かり。出遅れの危険性とともに、そうでなくても前を捕まえきれない可能性がある点、チャンピオンズCは8番人気という気楽な立場での一発であったことなどを鑑み、G1で初の1番人気を背負うことになるであろう今回、過信禁物とみて2番手評価に。
その対抗評価に止めた○ゴールドドリームが、この凄馬出馬表で下位に差をつけてのトップという状況からも、ここまでの2頭が3番手以下を少し引き離しているのでは、というのが今回の見立て。◎→○の馬単を厚めに、馬券作戦的に◎○2頭軸から配当の安いところは蹴って穴っぽいところへの3連複で勝負としたいと思います。
中でも、臨戦過程はマイナスでもきっちりルメールが仕事をしてくれることを期待しての▲ベストウォーリア、差しにくい馬場でもその交流重賞実績から「終わってみれば、タフな馬場が合った」というシーンやミナリクでの一変を警戒して☆サウンドトゥルーあたりに注目しています。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点

[もっと見る]

2018年2月18日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/フェブラリーS G1(サラマッポプロ)
閲覧 1,119ビュー コメント 0 ナイス 4



 本日は今年最初のJRAのG1フェブラリーSが開催されます。この真冬のダート王決定戦を予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさんです。馬体と走法から競走馬の真の適性を見抜くことのできる相馬の天才は、今年のダートで回収率158.1%という圧倒的な数値をマーク。自ずと期待も高まります。
 サラマッポさんが本命を打ったのは「4戦3勝2着1回と東京マイルを大得意にしている」⑭ゴールドドリーム。「昨年のこのレースも余裕のある勝ちっぷりで、コース適性の高さを見せつけた。有利な外枠も当たり、勝ち負け必至」と自信をのぞかせました。
 対抗は①ニシケンモノノフ。「昨年は厳しい流れを先行し、上位と差のない競馬だった。スンナリ先行できるようなら一発ある」と評価しています。印を打つのはこの2頭のみで、馬券は単勝⑭、馬連・ワイド①⑭で勝負です。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年2月18日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(フェブラリーS G1)
閲覧 611ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『フェブラリーS G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎ゴールドドリームで、勝率は27.3%と出ています。2位以下がひと桁台で続いているように、かなり圧倒的な状況のようです。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】


<勝率&印>



<買い目>




こちらも◎ゴールドドリームで、勝率22.6%との算出。多少は差が詰まった状況ですが、それでも“対抗格”と呼べるほど明確な2番手は見当たらない、そんな状況です。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



騎手ロボも本命は◎ゴールドドリーム。勝率27.6%で今回最高の評価となっています。R・ムーアですもんね~。


【まとめ】
今回は◎ゴールドドリームがかなりの差をつけて全ロボ本命◎の状況。東京マイルやチャンピオンズCでのパフォーマンスからも、納得の指数評価といった印象ですね。あとは、かなり上がりを要する馬場で去年とはまた違ったレース質となりそうですので、その辺りがどう出るかでしょうか。
いずれにしても、2018年最初のJRA・G1のスタートが今から楽しみです(^^)/



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの口コミ


口コミ一覧
閲覧 115ビュー コメント 0 ナイス 2


武豊アウォーディーが「格落ち」ドバイで復活の走り? 昨年5着善戦も「絶望的」状況に比べれば......─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年3月27日 8時15分 http://biz-journal.jp/gj/2018/03/post_6181.html

 31日深夜に開催されるドバイワールドカップ(G1)。日本からは、昨年に続けてアウォーディー(牡8 栗東・松永幹夫厩舎)が出走する。

 昨年のこのレースでは5着と気を吐いたアウォーディー。ゴールドドリームら日本馬では最先着と、実力が世界水準であることを証明した。

 ただ、「アノ時」のアウォーディーと「今」のアウォーディーが同じ状態でないことは、ファンなら誰もが知るところである。

 2016年は6戦して4勝2着2回、日本ダート界の紛うことなきトップホースとして参戦、そして一定の結果を残した。それに比べて2017年は、ドバイを除き国内3戦で「3着、4着、5着」と右肩下がり。今年に入っても初戦の川崎記念を3着、初のマイル挑戦となった2月のフェブラリーSでは9着と、ダート転向後初めて掲示板を外す大敗も喫してしまった。今年のドバイ参戦は、まるでいいところなく迎えるわけである。

 ドバイからギリギリのタイミングで招待が来た際にも「なんでこの成績で招待状がくるんだ」と疑問の声も多かった。JRAがドバイワールドカップの馬券を発売したいがために"ねじ込んだ"のでは、という憶測すら流れたほどだ。基本的には昨年の上位馬というのが大きいのかもしれないが......。

 さて、そんなアウォーディーだが、陣営はといえば弱気ではない。17日の国内最終追い切りの際には松永調教師が「昨年と同じような状態で行ける」とコメントし、27日に武豊騎手も「ばらく勝ち星から遠ざかっているけど、ポテンシャルは高い」とその評価は変わらない様子だ。「チャンスはある」という考えを持っているのは間違いない。

 また、今年は「周囲の状況が少々違う」という意見もある。

?次のページ 昨年は「世界最強コンビ」のワンツーだった

 昨年は米国最強馬として出遅れながらも追い込みで後続をちぎり捨てるという破格のレースを見せつけたアロゲートが優勝、2着にはそのアロゲートを超える活躍で最終的に年度代表馬に選出されたガンランナーという「世界最強コンビ」のワンツーだったことは記憶に新しい。アウォーディーは5着だったものの、その実力差は残念ながら「絶望的」だった。

 そんな昨年と比較すれば、今年は「まだマシ」か。ここまで10戦6勝、3着を外したことがないウェストコーストが不動の大本命ここ2戦はいずれもガンランナーに完敗している状況だ。仏の強豪タリスマニックは初芝がネック、北米最優秀古牝馬のフォーエヴァーアンブライドルドは牡馬相手が初と、いくらでも疑問符がつけられるライバル。アウォーディーが「昨年の姿」を取り戻すことができれば、一気の上位進出もあるのでは......。

「あくまで希望的観測の域は出ませんけどね。ウェストコーストも昨年と比較されるだけで十分に"怪物"扱いしていい存在で、世界ランクもガンランナー、ウィンクス(豪)に次ぐ存在。タリスマニックもフォーエヴァーアンブライドルドも格でいえば世界トップレベルですし、成績が下降気味のアウォーディーと比較するとその差は歴然です。

ただ、日本では滅法強いゴールドドリームが昨年のドバイで14着したように『適性』という点ではアウォーディーにはプラスに働きそうな舞台であることもまた事実。不安の多い上位陣が崩れ、アウォーディーが過去の姿をここで取り戻すようなことがあれば......と期待もしてしまいますね。ここの『一発』を願って応援してもいいかと」(現場記者)

 以前は「先頭に出るとソラを使う」だったのが「走る気が失せた」とすらいわれてしまっているアウォーディー。8歳ということで衰えも見え隠れするのが普通だが、もうひと踏ん張り、ここでその存在を知らしめてほしいものだ

 マリオおっさん 2018年3月23日(金) 01:35
高松宮の主要ローテ
閲覧 28ビュー コメント 1 ナイス 5

独断回顧が例のごとく大幅に遅れている中、春のG1シーズンが始まります、、。
これではまずいので、出走馬の前走等から未回顧のレースを抽出して回顧しておきます。(これもメモ要素が強いですが。)
シルクロードS→前後半がほぼ一緒。京都の重賞でこのペースだと先行した馬たちに分があった。追い込んだ3・4着馬は次走で共に不発だが、3着馬は次走も僅差まで来ており、4着馬は次走もペースが上がらなかったのが大きく、今後巻き返しも。
阪急杯→ここも前後半に大きな差はない。単騎逃げが叶ったダイアナヘイローが外から迫った人気2頭を抑えて逃げきり。ただ、本番は鞍上が乗り替わっているのと、やはりハナ争いが不安か。外から迫ったレッドファルクスは短距離G13勝目に向けて視界良好か。
オーシャンS→ここは1200mの重賞らしく前半3ハロンが33秒台。勝ったキングハートはしばらく危険馬扱いしていた馬だが、変わり身の理由はいまいち分からない。フロックなのか。中山が合うのか。ナックビーナスは中山巧者。レーヌミノルは外枠が痛かったか。ネロは逃げれば渋太いが、ダイアナヘイローとの兼ね合いがつくか。
(番外)フェブラリーS→ペースはかなり早め。先行馬は人気のテイエムジンソクを含めて苦しくなり、早め抜け出しのゴールドドリームすら後方待機のノンコノユメに捕まるという結果。ただ、各馬の前走の中で展開は一番高松宮記念に近いか。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年3月7日(水) 12:16
> ダンビュ陣営から悲鳴? 
閲覧 245ビュー コメント 0 ナイス 9

武豊騎手「ドバイ挑戦」決定で「大阪杯挑戦」のダンビュライト陣営から悲鳴!? 代役候補の松若風馬騎手も「評判ガタ落ち」で......─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2018年3月7日 5時57分 http://biz-journal.jp/gj/2018/03/post_6001.html

 2年連続のドバイワールドカップ(G1)出走を目指すアウォーディー(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)陣営の元へ、先日になってようやくドバイ側からの招待状が届いた。昨年の最優秀ダートホースで、すでにドバイ回避を表明しているゴールドドリームから遅れること約1カ月以上のタイミングだった。

 その間、ドバイワールドカップ招待を目指し、川崎記念(G1)とフェブラリーS(G1)のダブル出走という強行軍を行ったものの、結果が出なかったアウォーディー。陣営はすでに事実上ドバイ挑戦を諦め掛け、14日に行われるダイオライト記念(G2)への出走を発表していた。

 そんな土壇場で届いた招待状。アウォーディー陣営にとっては願ったり叶ったりの結果となったが、あまりにも予想だにしない逆転劇だっただけに、周囲に「歪み」が生じてしまうのはある意味当然か。歓喜して旅支度を整えるアウォーディー陣営の一方「予定が狂った」と悲鳴を上げている陣営もいるようだ。

「大阪杯(G1)へ出走を予定しているダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)の陣営ですね。どうやら武豊騎手とのコンビ結成でまとまり掛けていたようですが、ドバイ挑戦が決まってご破算になってしまったようです。今年のドバイワールドカップは大阪杯と日程が丸被りで、騎手はどちらかにしか騎乗できないんですよ」(競馬記者)

 ダンビュライトと武豊騎手は、昨年のクラシックでコンビを組んで戦い抜いた間柄だ。その後は、騎乗馬の関係でコンビ解消となっていた。

 一方でダンビュライトは、M.デムーロ騎手とのコンビで1月のAJCC(G2)で重賞初制覇。一躍大阪杯の有力馬になったが、デムーロ騎手は今週末の金鯱賞(G2)に出走するスワーヴリチャードとのコンビでの大阪杯参戦が濃厚と言われている。

 そういった中で、ダンビュライト陣営は昨年までコンビを組んでいた武豊騎手に白羽の矢が立てた。ほぼ決定というところまで漕ぎ着けたが、土壇場になってアウォーディーのドバイ挑戦が決まったことで白紙に......。鞍上問題は宙に浮いたままになっているようだ。

????次のページ 一部の関係者から『アイツはやっぱり駄目だ』と厳しい声が上がって

「デムーロ騎手も武騎手もダメとなると、次に浮上するのは昨年末のサンタクロースS(1600万下)でコンビを組んだ松若風馬騎手になります。音無調教師としても弟子の松若騎手を推したいところなんですが、実はここに来ての評判があまり良くなくて......」(同)

 松若騎手といえば先月4日のきさらぎ賞(G3)で、昨年の皐月賞馬アルアインの全弟にあたるダノンマジェスティとのコンビで惨敗。和田竜二騎手の騎乗停止で急遽巡ってきたチャンスだったが、気性に問題を抱えた馬をまったく御し切れないまま10頭中9着に大敗......単勝2.2倍の1番人気を裏切る格好になってしまった。前出の記者は言う。

「そのレースぶりを見た一部の関係者から『アイツはやっぱり駄目だ』と厳しい声が上がって。レース前の調教では『外に行く感じはなかった』と自信を深めていた松若騎手でしたが......。油断があったわけではないんでしょうが、近しい関係者からすると『案の定』といった結果だったようです。

その一件があって、音無秀孝調教師もダンビュライトの鞍上に松若騎手を強く推せなくなっているとか。まだ完全にその線が切れてしまったわけではないですが、他の"代役"に決まってもおかしくはない状況のようです」(同)

????次のページ ダンビュライトは、鞍上問題にシビアなサンデーレーシングの所属馬

2014年の新人王で、その後も順調に勝ち星を積み上げている松若騎手は誰もが認める若手ホープの1人だ。ダンビュライトとデビュー戦以来のコンビとなった、昨年末のサンタクロースSは見事に勝利。本馬が上げた3勝の内、2勝を上げる相性抜群の組み合わせだけに、当然「代打筆頭」に上っても良い存在といえる。

 ただ、すでに重賞勝ちのある松若騎手だが、G1での実績はまだない。それだけに、今や大阪杯の有力候補の1頭に上り詰めたダンビュライトの鞍上となれば「大抜擢」となってしまう。ましてやダンビュライトは、鞍上問題にシビアなサンデーレーシングの所属馬。チャンス十分のG1挑戦を前に、オーナーサイドを納得させるのは至難の業となるのかもしれない。

 師匠の音無調教師からすれば、弟子に晴れ舞台を経験させたいだろうし、ダンビュライトを応援するファンからも松若騎手とのフレッシュなコンビを歓迎する声もある。ただ、武豊騎手のドバイ挑戦で急遽浮上したダンビュライトの鞍上問題は、もう少し右往左往しそうな気配だ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドドリームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  当たる馬券は何処?   フォロワー:1人 2018年2月19日(月) 18:27:39
ゴールドドリーム連覇の夢はシルバードリームになってしまいました。平田調教師がノンコノユメの強さは認めながら敗因は騎手が早く動き過ぎたとコメント。日本人騎手ならば名指し出来ても、世界の名手では遠慮するとは。
1:
  b8e6e121c2   フォロワー:0人 2016年12月5日(月) 22:19:35
タガノエトワールの処置を、ゴールドドリーム見てたんじゃ無いのかな?覇気が無かった

ゴールドドリームの写真

ゴールドドリームの厩舎情報 VIP

2018年2月18日フェブラリーS G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドドリームの取材メモ VIP

2018年2月18日 フェブラリーS G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。